ホーム
社労士
FP
中小企業診断士
宅建士
行政書士
  1.  
解説記事
新着記事

社労士の基礎知識(資格の種類・難易度・仕事内容・勉強法)を全て解説!

更新日時 2019.09.29

近年注目を集めている社会保険労務士(以下、社労士)という資格。

しかし「聞いたことはあるけど、どんな資格なのかはよく知らない…」という方もいるのではないでしょうか。

この記事では 社労士の基礎知識を全て紹介します

この記事を読めば、社労士資格の種類から試験対策におすすめテキストまで、社労士について一通りのことを学ぶことができます。

社労士ってどんな仕事?

社労士は長年多くの受験生が取得を試みる 大人気の国家資格であり、主に就業規則に関わる法律のプロフェッショナルです。

ここではまず、社労士の仕事内容や年収、将来性について紹介していきます。

社労士の仕事内容

社労士の仕事内容は、主に 労務に関わる書類作成・手続き や、会社の人事・労務管理上のコンサルティングです。

コンサルティング業務は年金や保険に関する内容にも対応しています。高齢化の進行と共に、近年では年金に関する相談が急増しているので、社労士の仕事は今後ますます需要を高めていくと予想されます

社労士の仕事についての詳しい情報は、以下の記事をご確認ください。

社労士の仕事のやりがい

社労士は人事のプロフェッショナルとして、企業の経営者の方や社内の方から厚い信頼を獲得することができます

周囲から頼られる存在として、やりがいを持って仕事をすることができると言えます。

社労士の仕事のやりがいについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

企業に勤務する社労士の特徴は?

社労士として働く人のうち約3分の1が企業に勤める勤務社労士として活躍しています

勤務社労士についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士は主に人事部や総務部で活躍

人事のプロフェッショナルである社労士であるので、企業内では人事部や総務部で活躍することが多いです。

特に社労士は人事系の資格の中で最高峰のランクなので、非常に重宝されます。

社労士資格は開業も可能

士業である社労士はその資格を生かして独立開業することが出来ます。

開業すれば自分のペースで仕事ができるほか、超高収入も夢ではありません。

社労士の開業についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

開業にはリスクも伴う

社労士として開業をすることで脱会社員をすることができますが、一方で当然開業にはリスクも伴います

独立して間も無く廃業してしまうケースもあるので、開業の際には十分な準備が大切になってきます。

社労士の廃業についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士として働くには登録が必要?

社労士として対外的に活動をするためには、資格取得だけでなく社労士会に登録をする必要があります。

登録にはお金がかかるほか、登録の種類もいくつかあるので気をつけましょう。

詳細は以下の記事でご確認ください。

実務経験に注意

社労士の登録に際して多くの人が直面する問題が「実務経験の有無」です

社労士登録をする際には基本的に実務経験が必要ですが、実務経験がなくても登録する手段はあります。

社労士の実務経験についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士の就職・転職事情

社労士の就職先は、社労士や税理士等の士業の事務所や、一般企業であることが多いです。一般企業の中でも、社労士の専門知識を生かせるコンサルティング会社での需要が高いです。

社労士は会社の経営をする上で必要不可欠な存在であるため、社労士資格を持っていれば就活や転職で有利になることは間違いないでしょう。

社労士の就職・転職事情についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士事務所への転職

社労士資格をお持ちの方や社労士を目指されている方の中には、将来は大手事務所で実務経験を積んでみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、単に大手であるということは転職先として最良ではない場合が多いです。

大手事務所についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士の年収

社労士の平均年収は400万〜900万程度 で推移しています。

社労士の約3分の2は企業に勤めず社労士として独立・開業をしていることが特徴です。開業した社労士の中には 年収1000万を超える人もいます

社労士の年収についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士の副業

社労士資格を生かした副業はいくつか存在します。

企業に勤めながらでも出来る副業や、多くの人が実践出来る副業もあります。

社労士の副業についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士の副業は資格がなくても可能?

社労士の仕事の中でも一部の事務手続きは、実は資格がなくてもできるものがあります。

社労士事務所でのパート・アルバイトの際の資格の必要性についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士資格は大人気!

社労士の資格は他の国家資格と比べても無類の人気を誇ります

資格取得の難易度が高すぎない点や、企業勤務も独立開業も選べるフレキシブルな点も評価を集めています。

社労士資格が人気の理由についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士の将来性

社労士の仕事内容は企業の経営に必要不可欠であるので、将来性は非常に良いと言えます。

社労士の将来性についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

AI時代における社労士

特に現代ではAIに仕事が奪われるのではないか、という不安が蔓延しています。

社労士の仕事はAIの登場によってどうなってしまうのかについては、以下の記事で詳しく説明しています。

社労士の仕事は必要ない?

インターネット上では社労士の仕事が必要ないと言われていたり、社労士は食えない資格だと書かれているのをよく見かけます。

これらの情報は信じても良いのでしょうか。

以下の記事では社労士の仕事は本当に必要ないのかについて解説しています。

働き方改革も影響

労働環境を整える役割をもつ社労士ですから、働き方改革の影響は仕事に大きく影響します。

働き方改革により社労士を欲する企業は増えてきていると言えるでしょう。

働き方改革と社労士の関係については、以下の記事を参考にしてください。

社労士と特定社労士の違いは?

社労士の資格取得者の中で、「社労士登録」 をしていて、なおかつ 「特別研修」 と呼ばれる司法研修を修了した人は「特定社労士」と呼ばれます。

特定社労士は通常の社労士の業務の他に、紛争解決代理業務と呼ばれる業務を行うことができます。

特定社労士についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士資格を取得するメリット

社労士資格は難関資格ではありますが、その取得メリットは取得の労力に見合うものです。

社労士の資格を取得することで、独占業務が与えられるほか、就職・転職で有利になるので、年齢性別を問わず多くの人から人気を集めています。

社労士資格を取得するメリットについてより詳しく知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士に相談できる内容

社労士に相談できる内容は非常に多岐に渡ります。

社労士に相談できる内容を知ることで、社労士という仕事についての理解を深めることができるでしょう。

以下の記事では社労士に相談できることをまとめているので、ぜひご覧ください。

障害年金を扱う社労士

近年では障害年金を専門とする社労士事務所も増えています。

障害年金の手続きは非常に煩雑なので、こうした障害年金特化の社労士は多くの人に頼られる需要の高い仕事となっています。

障害年金を扱う社労士については、以下の記事を参考にしてください。

社労士試験向けの勉強会も存在

社労士として仕事を始めたものの、分からないことに直面したり、これからどうしていけば良いのか不安になることも何度かあるかと思います。

そういった際には社労士向けの勉強会が役立つことがあります。

勉強会では社労士が陥りがちな悩みを解決することができます

勉強会についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士の資格試験について

ここでは、社労士の資格試験の日程や受験資格、試験科目について紹介していきます。

試験科目の総合的な内容が知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士資格の難易度

社労士は比較的難易度の高い国家資格です。

ここ数年の資格試験の合格率は6%前後であり、合格までに必要な勉強時間は1000時間程度(約1年間) だと言われています。

社労士の難易度についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

国家資格の中ではどれくらい難しい?

社労士は国家資格の難易度ランキングだとどれくらいの位置にランクづけされるのか、気になる方も多いかと思います。

社労士試験は超難関資格という訳ではありませんが、比較的上級の資格として知られています。

具体的な難易度ランキングについては以下の記事を参考にしてください。

社労士試験の合格率

社労士試験の合格率はおよそ6%前後ですが、実は合格率がここまで低くなったのは最近のことであり、数年前までは10%近い合格率を出していたこともありました

社労士試験の合格率についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

2015年には驚異の合格率2.6%

社労士試験の合格率で史上最も低かったのが、2015年社労士試験の2.6%です

この異常に低い合格率は、当時の社労士受験界隈を震撼させました。

この合格率2.6%の背景についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

試験の出題形式と試験科目

社労士試験の試験科目は法律毎に別れており、10科目存在します

各科目それぞれに 選択式択一式の2種類の出題形式があります。

社労士試験の試験科目についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士試験の合格点

社労士試験には科目ごとに合格基準点が設定されており、一科目でもこれを下回ると一発で不合格になってしまうという厳しい合格条件が設定されています。

また、社労士試験の合格ラインは毎年変わるので、一概に何点取れば大丈夫とは言えませんが、毎年およそ65%の得点率で合格できるようになっています

社労士試験の合格ラインについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

救済の存在も重要

社労士試験では各科目に合格点が指定されていますが、難易度が高かった科目に対しては「救済」といって合格基準点が他の科目よりも引き下げられます。

救済の有無は合否にも直結する重要なポイントです。

社労士試験の救済についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

試験日程と受験資格

社労士の試験は年に1度だけ実施されます。社労士の受験には学歴または実務経験などの受験資格が必要です。

大学を卒業された方であれば受験資格を既に持っていることになりますが、専門学校等を卒業された方は受験資格に注意が必要です

専門学校卒業生の受験資格についての詳細は、以下の記事を参考にしてください。

高卒でも社労士試験は受けられる?

社労士の受験資格はいくつか存在し、そのいずれか一つを満たせば受験することが出来ます。したがって高卒だからといって社労士資格の取得を諦める必要はありません

以下の記事では高卒の方が社労士資格を目指す際のポイントについて解説しています。気になる方はチェックしてみてください。

試験の受験料

社労士試験の受験料は9,000円です

予備校や通信講座によっては受験料を負担してくれる場合がありますので、受験の際は確認しておくと良いでしょう。

社労士試験の試験会場

試験会場はいくつかの候補の中から自分で希望の場所を選べます。ただし申し込みが直前だと希望が通らず、社労士試験センターに割り当てられた場所で試験を受ける羽目になるのでご注意を。

社労士試験の試験会場についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士試験の受験者層

社労士試験を受験する人は非常に様々です。

ここでは社労士試験の受験者層について見ていきましょう。

社労士試験の受験者数

社労士は国家資格の中でも極めて難易度が高く、受験者数は毎年4万人近くいます。

社労士試験の受験者数や合格者数の推移についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士試験受験者の年齢層

社労士試験を受験するのは主に30代以上の社会人の方です。学生の方で受験される方は殆どおらず、全体の1%にも満たないです。

社労士受験者の年齢層について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

女性の受験者が多い

社労士の女性割合の高さは士業の中でも有数であり、女性の特性と業務内容の相性が良いと言えます。

また、同業者にも女性が多いことから、仕事がしやすい環境が整っています。

女性社労士についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士を目指す主婦は多い

社労士の資格を取得して再就職や転職に生かそうと考えている主婦の方は大勢いらっしゃいます

育休などの休職期間を資格勉強に当てることで、他の受験生よりも有利に勉強を進めることができるでしょう。

主婦が社労士試験を目指すことについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士試験合格のための勉強時間・勉強法

社労士の試験は難易度が高いため、闇雲に勉強しても合格できる可能性は低いです。

ここでは社労士試験に向けた効果的な勉強方法と、合格までに必要な勉強時間について解説していきます。

社労士合格までの勉強時間とその勉強法

社労士試験は難易度が高く、多くの人が予備校や通信講座に通って勉強していることが特徴です。 独学のみでの合格者は10~15%と推定されています。

一般に 合格に必要な勉強時間は1000時間程度 とされており、合格までに1年以上かかるのが普通です。

試験範囲も広いため、合格するためには適切な勉強方法で学習に臨む必要があります。

社労士試験に向けた勉強方法についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

また、勉強時間についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

択一式試験と選択式試験の対策法

社労士試験は択一式試験と選択式試験に分かれています。

択一式試験は210分の長期戦であり、きちんと対策をしていく必要があります。

択一式試験の対策法についてより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

選択式試験はとにかく1科目3点以上を獲得することに主眼を置いて対策する必要があります。

選択式試験は択一式試験とは違った対策が必要なので、勉強法をきちんと確認しておきましょう。

一般常識に要注意

社労士試験の試験科目の中で最も厄介なのが一般常識です。

一般常識は対策がしにくい科目であり、足切りを食いやすい科目でもあります。

社労士試験の一般常識の内容や対策法について知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士試験の平均受験回数は?

社労士試験は難易度が高く、合格率も非常に低いので、一回の受験で合格を掴める人はあまり多くありません。

社労士試験の平均受験回数は3回から5回と言われており、資格取得を目指される方はこうした現実をしっかりと把握した上で勉強を始める必要があると言えます。

社労士試験の平均受験回数についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士は独学でも合格できる?

社労士試験に独学で合格するのは簡単ではありません

自分の力だけで合格を目指すにはいくつか押さえておきたいポイントがあります。社労士の独学合格について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

独学で必要な勉強量

独学だと予備校や通信講座等を利用する人と比べて多くの勉強時間が必要です。

どれくらいの勉強期間が必要なのかを把握し、試験本番の日から逆算して勉強を開始するのが大切になってきます

独学者が勉強にかかる時間については、以下の記事を参考にしてください。

独学者は法改正に要注意

独学者は法改正対策に戸惑うものです。

法改正は受験する年に確定されたものも試験範囲に含まれてしまうので、対策時期には注意を払う必要があります。

独学者向けの法改正対策については、以下の記事を参考にしてください。

社労士合格には過去問対策が必須!

範囲の広い社労士試験を効率よく突破するためには過去問の活用が欠かせません。ただ闇雲に過去問を解くだけでは他の受験生に差をつけられてしまいます

以下の記事では過去問を上手に使った効果的な勉強方法を紹介しています。社労士を目指す方であれば一度は目を通しておくべきでしょう。

模試の受験も大切

社労士試験に合格するためには、各予備校が実施している模試を有効活用することも非常に大切です

模試の基本的な活用法については以下の記事を参考にしてください。

また、各予備校によって実施している模試ごとの特徴や難易度が異なってきます

本番試験と模試の難易度差について知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士対策に六法は必要なのか

法律系資格の対策といえば六法を思い浮かべる方も多いかと思います。

多くの法律を学ぶ社労士にとっても六法は役立つものですが、社労士の資格試験に関しては六法はあまり役に立ちません。

社労士試験における六法の立ち位置についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士試験対策におすすめのテキスト

社労士試験の独学合格を目指されている方にとって、テキスト選びは非常に重要なものです。

ここでは社労士試験対策用のおすすめテキスト・問題集を紹介していきます。

社労士試験対策におすすめテキスト・問題集

社労士テキストのおすすめ人気ランキングを以下の記事で紹介しています

テキスト選びのポイントや併用すべき問題集も紹介しています。 ぜひチェックしてみてください。

社労士試験勉強におすすめのアプリ

スマートフォンのアプリを活用することで、社労士試験の勉強をより効率よく進めることができます。

社労士試験対策ができるスマホアプリはいくつか存在しますが、特に資格の大原が作成している社労士トレ問というアプリがおすすめです

社労士資格取得におすすめな通信講座

通信講座は社労士の資格取得に非常に効果的です。

実際、社労士試験の合格者の8割は予備校や通信講座に通っていると推定されます。

ここでは社労士通信講座のおすすめ人気ランキングや各講座の特徴・評判を紹介していきます。

社労士講座おすすめ人気ランキング

以下の記事では、社労士通信講座のおすすめランキング を紹介しています。

社労士通信講座について知りたい方や、おすすめの通信講座が知りたい方は是非参考にして下さい。

フォーサイトの社労士講座の評判は?

フォーサイトの社労士通信講座は、合格までの手厚いサポート全国平均より圧倒的に高い合格率 が特徴です。

講座費用も安く受講生からの評判も高いです。社労士試験対策に1番おすすめの通信講座といえます。

フォーサイトの社労士講座の評判はこちら!

アガルートの社労士講座の評判は?

アガルートの社労士講座では合格すれば受講料全額返金という驚きの合格特典があります。

講座費用はやや割高ですが、合格に自信のある方にはこれ以上ない通信講座です。

アガルートの社労士講座についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

クレアールの社労士講座の評判は?

クレアールの通信講座は非常識合格法と呼ばれる独自の勉強法を活用しているのが特徴です。

また、セーフティコースでは1度受験に失敗したとしても次年度の講義を無料で受けることができます

クレアールの社労士講座の評判をチェックしたい方は以下の記事をご覧ください。

ユーキャンの社労士講座の評判は?

ユーキャンの社労士通信講座は、テキストの分かりやすさリーズナブルな価格設定が魅力的です。

webサイトなどを活用した現代的なサービスにも力を入れており、不満のない仕上がりになっています。

ユーキャンの社労士講座についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

スタディングの社労士講座の特徴

スタディングの社労士講座は2019年に開講されました。

まだ開講してまもない講座ですが、業界最安値の価格良質な学習システムで早くも人気を集めています。

スタディングの社労士講座についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

資格スクエアの社労士講座の特徴

資格スクエアは最先端のテクノロジーを駆使した学習システムが特徴的な通信講座です。

AIを用いた出題予測「未来問」が注目を集めており、近年受講者数が激増している人気講座です。

資格スクエアの社労士講座についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士試験対策にCDは効果的?

社労士を独学で勉強している方の中には、今から通信講座を新たに受講するか、CDを購入して講義動画で学ぶかで迷っている方もいらっしゃると思います。

結論から言えば、市販のCDでの学習にはデメリットが多く、避けるのが無難でしょう。

以下の記事ではCD学習について詳しく解説しています。

あわせて読みたい
[object Object]
{ "default": "" }
{ "default": "" }

社労士と他の国家資格のダブルライセンス

国家資格を取りたいと考えている人の中には、社労士以外にも取得を迷っている資格があるのではないでしょうか。

ここでは社労士と他の国家資格を比較していきましょう

社労士とダブルライセンスの相性が良い資格一覧

社労士として活躍するにはダブルライセンスの取得が極めて有効です。ダブルライセンスの候補としてはファイナンシャルプランナーや行政書士、中小企業診断士などが挙げられます。

社労士のダブルライセンスにおすすめの資格については以下の記事で詳しく解説しています。

社労士とキャリアコンサルタントのダブルライセンス

社労士とキャリアコンサルタントは、どちらもコンサルティングとの関わりが深いという点で共通しています。

この2つの資格のダブルライセンスの相性やメリットについては、以下の記事で解説しています。

社労士と社会福祉士を比較

社労士と社会福祉士は名前が似ていますが、その試験難易度や業務内容は大きく異なります。

この社労士と社会福祉士の関係について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

社労士と税理士を比較すると?

社労士と同じく国家資格である税理士ですが、資格の難易度は税理士の方がかなり高いです。

その分、税理士になるメリットは非常に大きいので、一概に社労士の方が良いとは言えません。

社労士と税理士をもっと詳しく比べてみたい方は以下の記事を参考にしてください。

社労士と行政書士を比較すると?

社労士と行政書士は性質が似ている資格であり、その取得難易度もほとんど同じだと言われています

行政書士と社労士資格を詳しく比較したい方は以下の記事を参考にしてください。

社労士とFPのダブルライセンス

社労士とFPはどちらも非常に多くの受験者数をほこる大人気国家資格です。

社労士とFPのどちらを取得されるかを迷っていらっしゃる方も多いかと思います。

以下の記事では社労士とFPの難易度差や仕事内容、ダブルライセンスの相性について解説しています。

社労士資格と簿記の関係

簿記は資格の中でも最も親しまれているものの一つですが、社労士資格との相性を知っている方は多くはないでしょう。

特に、就活を控えた大学生の方や、転職を視野に入れている方はどちらの資格が就職・転職に有利か知りたいかと思います。

以下の記事では簿記と社労士の難易度差やメリットの差まで詳しく解説しています

社労士についてまとめ

社労士まとめ
  • 毎年多くの受験生が取得を目指す大人気資格
  • 合格率は6%前後と高難度
  • 資格取得で就職・転職に有利となる
  • 独学よりも通信講座がおすすめ

社労士についての基本事項について説明してきました!

社労士の資格は 就職や転職で有利になる だけでなく、今後も高い需要が期待される 大人気資格です。

是非一度受験を検討してみてはいかがでしょうか。

資格Timesでは社労士をはじめ、様々な資格についての記事を豊富に取り扱っています。 是非チェックしてみてください。

あわせて読みたい
[object Object]
{ "default": "" }
{ "default": "" }
人気記事