解説記事
新着記事

【2020年】今注目の資格ランキング|トレンドから雑学系まで徹底まとめ!

更新日時 2020/05/26

資格は社会の変化や需要、技術の発達により毎年増え続けており、今やその数は1000を超えます

資格を取得することでその分野に関する一定以上の知識・専門性の証明となるので、就職や転職で有利になることも多いです。

一方で中には直接的な取得メリットが薄そうな雑学系の資格も存在するなど、資格は実に多種多様です。

ここではそんな数ある資格の中から、今注目されている資格をピックアップしてご紹介します

G検定

G検定は日本ディープラーニング協会が主催している、人工知能(AI)に関する基礎的な内容を問う試験です。後述するE資格と合わせて、日本においてAI関連の資格の先駆けとなった資格です。

G検定ではAIの技術の中でも特に重要な「機械学習・ディープラーニング」に関する事項を重点的に取り扱っており、これからの時代を乗り越える鍵となる知識を身に付けることができます。

今世界は空前のAIブームであり、最近ではAIという言葉を聞かない日はないほどにまでなっています。

その流れの中でG検定は極めて注目を集めており、2017年に誕生したばかりの資格であるにも関わらず累計受験者数は既に約15,000人に達しています。(2020年1月時点)

試験難易度

G検定には受験資格はありません。また、どんな業界でも生きる一般的(ジェネラル)なAIの知識を学べるので、実際にプログラミングなどでAIを作ったりすることに携わらない人でも挑戦しやすい資格となっています。

G検定に合格するまでの勉強時間は、個人差はあるもののおよそ20~30時間程度で、合格までの期間は1~2ヶ月程度です。

また、合格者の方の多くは一日あたり1時間と言った形でコツコツ勉強されていた方が多いようです。

試験内容そのものはやや難しいもののボリュームとしてはそこまで多くはないので、比較的短期間で合格が狙えるコスパの良い資格だと言えるでしょう。

G検定を取るメリット

AI、その中でも特にディープラーニングの技術を使った産業は今後ますます発展していきます。

こうした世の中の流れに取り残されることなく生きていくためには、G検定の知識は必須とも言えるでしょう。

また、最近では大手企業も次々とAI産業に参入してきているので、G検定を持ったAIリテラシーの高い人材は重宝され、就職や転職でも有利になるでしょう

G検定についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

E資格

E資格はディープラーニングを実装できる人材であることの証明となる資格であり、G検定と同じく日本ディープラーニング協会によって作られたAI関連の資格です。

ジェネラリストを生み出すG検定とは違ってE資格はエンジニア向けの資格であり、プログラミングができる人を対象にしています。

E資格は世界初のAIエンジニアの資格であり、日本のみならず各国から注目を集めています。

取得方法と難易度

E資格の受験資格は「JDLA認定プログラムを試験日の過去2年以内に修了していること」です。(JDLAは日本ディープラーニング協会の略)

エンジニア向けの資格ということもあり、受験ハードルはG検定と比べるとグッと上がると言えるでしょう。

JDLA認定プログラムにはAI初学者向けのものから、既にある程度ディープラーニングの知識がある人向けのものまで様々あるので、受験を決意した際にはまずプログラム選びから入ることになるでしょう

試験難易度もG検定よりかなり高く、試験勉強を通じて高度な専門性を身に付けることができます。

ちなみに合格率は60~70%と一見合格しやすそうに感じますが、そもそも全ての受験生が認定プログラムでしっかりと対策をしてきているので、数値が示すよりも合格するのは難しくなっています。

E資格を取るメリット

AI技術の需要に対してAI人材は全く足りておらず、世界で70万人以上不足していると言われています。

特に日本のAI人材不足はかなり深刻であり、あらゆる企業がAI人材の獲得に乗り出しているというのが現状です。

つまり、今日本でAI人材はこの上なく貴重な、絶大に求められている人材だということです。

特にE資格の取得者はまだ900人程度と極めて希少な存在です(2020年1月時点)。今E資格を取得することで、引く手数多の人材になることができるのは間違いないでしょう

E資格についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

スマート介護士

スマート介護士は介護ロボットなどのツールを介護現場に導入することで、介護の質を保ちつつ生産性を向上させることを目的として作られた資格です。

介護業界は人手不足が深刻である一方で、介護ロボットなどのツールを用いた打開案はなかなか浸透していません。その原因の一つに「どのように導入すれば良いのかが分からない」という介護現場の声があります。

スマート介護士の資格はこうした事態を減らすために生み出された、介護業界の技術リテラシーを高めるための資格です。具体的には、介護ロボットなどのツールそのものの知識やツール導入にあたって考慮すべき影響について学ぶことができます。

つまり、スマート介護士は現状停滞している介護現場の生産性を向上させ、介護の人材不足問題を打破する力を持った資格なのです

スマート介護士の難易度

スマート介護士には入門資格であるBasicと実践レベルの「考え方」まで求められるExpertの2種類が用意されています。

Basicの難易度は簿記3級やFP3級などの入門資格レベルであり、勉強時間も20時間前後で合格できます。

ExpertはBasicと比べるとかなり求められるレベルが高くなりますが、それでも資格試験の中では比較的難易度は低く、介護業界とあまり関わりのない方でも30時間前後の勉強で合格することができます。学習期間としては1~2ヶ月見ておけば大丈夫でしょう。

スマート介護士は介護業界の未来を担う?

今、介護現場に介護ロボット等を導入する動きは活発になってきており、介護ロボットを正しく扱える力の需要は非常に高まっています。

この動きは厚生労働省などの行政も巻き込んで起こっており、この需要に合わせてスマート介護士は新たにBeginnerとProfessionalという資格を新設する予定です。

スマート介護士の資格を取得しておくことで、この流れに遅れを取らずに介護現場の最先端をゆく知識・考え方を身に付けることができるでしょう

スマート介護士についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

認知行動療法師

認知行動療法師はうつ病などの心理的問題に対して効果が確認されている認知行動療法について、その基本的知識と技術を広めるために設立された資格です。

認知行動療法師の資格は2019年11月27日に設立が発表されたばかりの資格であり、まだまだ資格制度として固まっていない部分もありますが、現代社会に深く根付いている心理的問題解決の一助となることが期待され、注目を集めています。

受験資格についてはまだ明確に規定されていませんが、医師や公認心理士、臨床心理士などのメンタルヘルス支援の専門資格を持つ人が試験を受けられるとされています。

認知行動療法は今後ますます重要になってくると予想されるので、早い段階で認知行動療法師の資格を意識しておくことは意義のあることだと言えるでしょう。

なお、資格取得後も5年ごとに資格の更新が必要となるようなので、その点には注意が必要です。

SEO検定

SEO検定は一般社団法人全日本SEO協会が主催している検定試験です。SEO検定ではその名の通り、資格取得を通じてSEO対策をする際に必要な知見を得ることができます

SEO対策とは(Search Engine Optimization)の略であり、インターネットの検索結果で自分のWEBページをより上位に表示させる(目立たせる)対策のことです

現代では日本だけでも毎日何千万人という人がインターネット検索を行っています。そして、多くの人が閲覧する検索結果において自分のページを目立つ位置に置けるということは、自分のページを沢山の人に見てもらえるようになるということを意味します。

つまりSEO対策を行うことによって、企業あるいは個人は、WEBを通じた集客を行うことができるようになるということです。

今やSEO対策は企業の集客において欠かせない施策になってきている一方で、正しいSEOの知識を持っている人はそう多くありません。

そのためSEO検定で自身のSEO対策の力を証明することができれば、SEOを重んじる企業から重宝される人材になることができるでしょう。

ちなみに、SEO検定には4級から1級までの4種類が用意されています。難易度は4級がWEBマーケティング初学者レベル、1級は難易度が高くSEO対策の実務経験者でないと内容理解に時間がかかるでしょう

SEO検定についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

IoT検定

IoTとは"Internet of Things"の略であり、日本語では「モノのインターネット」という表現をされることが多いです。

IoTでは従来はインターネットと接続されていなかったモノ(ドアや照明など)にもインターネットを繋ぐことを意味し、これにより例えば直接ドアを見ずとも開閉状況を把握したり、人がいるときだけ自動で照明をつけたりといったことが可能になります。

この技術は極めて応用範囲が広く、今後の産業の発展に決して欠かせない技術です。

IoT検定ではこの技術の基礎知識からIoTに関わる法律、IoTの設計までを学ぶことができます。

難易度は現状ユーザー・レベル1・レベル2の3種類存在し、レベル3については策定中です。

IoT検定を受験することでIoT技術を用いた事業計画の立案や、IoTシステムの構築にも役立つ知識を得ることができるでしょう

IoT検定の詳細は以下の記事で解説しています。

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士はアパートやマンションと言った賃貸住宅の管理に必要な専門知識や技能などを身に付けることができる資格です

賃貸不動産経営管理士の資格を取得することで、賃貸住宅管理に関する重要事項説明書の記名などの業務を行うことが許可されます。また、その業務範囲は今も増え続けています。

つまり、賃貸不動産経営管理士でなければ行えない業務が増えてきているということです。

その活躍ぶりは年々認知されるようになってきており、今のところ公的資格ですが国家資格化も検討されているところです

宅建を中心に人気資格の多い不動産系資格の中でも特に注目されている資格であり、その受験者数は年々増加しています。

元々合格率は80%を超えているなど難易度の低い資格だったのですが、年々合格率が大幅に下がっており、令和元年度試験では36.84%にまで下がってしまいました

この傾向は資格の国家資格化に伴いさらに加速すると考えられるので、今のうちに取得しておきたい資格だと言えるでしょう。

日本健康マスター

日本健康マスターは日本の健康リテラシーの向上を目的として設立された資格です

2017年に誕生したばかりの日本健康マスター資格ですが、近年の健康意識の高まりもあって既に25,000人以上の人が資格試験に合格しています

これは新興資格の中でもトップクラスの普及スピードであり、日本健康マスターがいかに注目されている資格であるかが伺えます。

高齢化が顕著な現代日本において、健康寿命(個人が自立して過ごせる期間)を伸ばすことは重要な課題となっています。

そしてそれを達成するためには、まずは一人一人が正しい健康に関する知識を身に付ける必要があると言えるでしょう。

検定試験はベーシックとエキスパートという2つのレベルに分かれており、エキスパートの方が難易度が高くなっています。合格率はベーシックが70~80%、エキスパートが50~60%です。

日本健康マスター資格の勉強をすることで、私生活でも正しい知識をもとに健康に配慮することができるようになるほか、デタラメな健康情報に惑わされることのなくなります。

また、介護や食、美容などの健康関連分野の事業に携わる方であれば、身につけた知見をもとにより良いサービスを創出できるようになるでしょう。

より詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

食生活アドバイザー

食生活アドバイザーは食についての幅広い知識を身につけ、食生活に関するアドバイスを行うことができるようになる資格です。

試験は2級と3級が存在し、いずれも受験資格がないので気軽にチャレンジすることができます

3級の難易度は易しく、合格率も65%と合格しやすい試験となっていますが、2級になると一気に上がるので注意が必要です。

2級の合格率は35%程度であり、学習内容もより高度なものとなります。

食生活アドバイザーの資格取得を通じて、自身の食生活はもちろん周囲の人間関係にも良い影響を及ぼすことが期待されます。

また、健康意識の高い人が増えてきている現代において、正しい「食」がいかに大切であるかは徐々に周知されてきています。食生活アドバイザーは今後のこの流れを受けてさらに注目度を高めていくでしょう

他にも、人気芸能人であるローラさんが取得していることでも話題になることが多いです。

食生活アドバイザーについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

食育実践プランナー

食育実践プランナーは食生活アドバイザーとは少し異なり、主に「食育」にテーマをあてた資格となっています。

食育というのは、食を通じて身体だけでなく心も健康に保つといったように、食そのものだけでなく食が人に与える影響まで包括しています。

食育実践プランナーの資格取得を通じて、例えば子供にどんなものを食べさせたら良いのかや、美味しい食材を見極める目利き方法などを学ぶことができます。

名称が食生活アドバイザーと似ていますが、食生活アドバイザーは主に衛生管理や法律知識を学ぶことになるので、食育実践プランナーの方がより実践的な内容を学べると言えるでしょう

試験の難易度は易しく、在宅で受験できるということもあって取得するのは簡単な資格だと言えるでしょう。

ただし試験を受験し資格を取得するためには、ユーキャンの食育実践プランナー講座を受講・修了する必要があるので注意が必要です。

試験はマークシート方式で、合格ラインは正答率7割以上です。

野菜スペシャリスト

野菜スペシャリストは野菜と果物に関するあらゆる知識を身に付けることができる資格です。

普段の食生活の中でもどんな野菜とどれくらい、どのように食べれば良いのかを学ぶことができるので、自分や家族の健康を守る知識を得られると言えるでしょう。

また、ビタミン等が豊富な野菜・果物は健康だけでなく美容にも良い影響を与えるので、特に女性から大きく注目されている資格でもあります。

もちろん資格は履歴書にもかけるので、食に関わる仕事であれば就職やアルバイトなどの面接で有利になるでしょう。

野菜スペシャリストの検定試験も食育実践プランナー同様自宅受験ができるようになっていますが、受験するためにはユーキャンの野菜スペシャリスト講座を受講・修了する必要があることは知っておきましょう。

より詳しく野菜スペシャリストについて知りたい方は以下の記事もご覧ください。

薬膳コーディネーター

薬膳コーディネーターは、日々の食事や介護に役立つ薬膳に関する知識を学ぶ資格です。中国薬膳業界の権威である本草薬膳学院が主催している資格となります。

薬膳は食材と生薬を組み合わせた料理のことであり、食べる人の健康維持を目的として作られるものです。

薬膳コーディネーター試験も食育実践プランナーや野菜スペシャリストと同様ユーキャンの通信講座を受講・修了することで受けることができるようになっており、試験は自宅で受験することができる点も同様です。

また、試験は正答率で60%以上なら合格となります。ユーキャンの講座で学ぶことになるので、指導通りに学習を進めていけば間違いないでしょう。

薬膳コーディネーター資格を取得することで自分や家族の健康的な食生活を支える知見を得ることができます

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターは色に関する基本的な知識から色を使った具体的なコーディネート方法まで学ぶことができる資格です

試験には3級から1級まであり、3級と2級はマークシート試験、1級はマークシート試験と論述試験の組み合わせとなっています。

また1級は「ファッション色彩」「商品色彩」「環境色彩」の3種類に分かれています。

それぞれの合格率は次のようになっています。

合格率
3級 60~75%
2級 30~55%
1級(平均) 30~40%

合格率は比較的高めですが、問われる内容は専門性が高く、特に1級はかなり取得難易度が高くなっています。

色は私たちの生活のあらゆる場面に関わってくるものです。カラーコーディネーターを取得することでファッションやデザイン関係の仕事はもちろん、広告事業などでも活躍することができるでしょう

ちなみによく似た資格として色彩検定がありますが、こちらはより服飾系に強い資格となっています。また、難易度は色彩検定の方が若干易しくなっています。

もちろん、カラーコーディネーターと色彩検定のダブルライセンスを取得する人も多いです。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターはその名の通りインテリア(家具などで構成される部屋の内装)を専門的な知見から構成する知識を身につけられる資格です。

試験は1次試験と2次試験に分かれており、総合合格率はおよそ23%です。

1次試験は択一式試験なのですが、2次試験には記述式で論文作成及びプレゼンテーションが課されます。また、2次試験は1次試験合格者でなければ受験することができません。

インテリアコーディネーターは専門性の高い資格であり、取得することでインテリアメーカーはもちろん、建築業界や内装施工業界などで活躍する力を手に入れることができます

もちろん自分の部屋をより快適な空間にすることもできるので、仕事でもプライベートでも活躍する資格だと言えるでしょう。

ねこ検定

ねこ検定は猫の気持ちの理解に一歩近づくことができる試験です

自分の愛猫についてもっと知りたい!という方は非常に多く、2017年に設立されてからの僅か3回の試験で合計受験者数が10,000人を超えています。

試験は初級・中級・上級の3種類に分かれており、初級は猫の感情がある程度読み取れる程度、上級までくると猫に関わる法律や猫関連の職業についての知識まで勉強します。上級はまさに猫マスターと言うのにふさわしいでしょう。

受験資格は特にないので、猫を飼っていないという方でも気軽に受験することができます。

ねこ検定の資格を持っていると、ねこカフェやペットショップなどの就職・アルバイト面接などに有利になるほか、とても可愛らしい資格なので友人との会話のネタにもなるでしょう。

ねこ検定についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

紅茶検定

紅茶検定は美味しい紅茶の淹れ方や茶葉・産地ごとの特徴を学ぶことができる資格です。また、紅茶の歴史や文化についても知ることができるので、紅茶好きにはうってつけでしょう。

紅茶検定には初級・中級・上級の3種類が存在します。それぞれの合格率は以下の通りです。

合格率
初級 約85%
中級 約75%
上級 約70%

表を見てわかるように総じて合格率は高く、今の段階で紅茶について全く知らないという方でも十分合格を狙える試験だと言えます

勉強は日本紅茶協会監修の公式テキストをしっかり読み込めば大丈夫でしょう。

紅茶検定のような珍しい資格を持っていることは、会話のきっかけ作りになったり相手方に覚えてもらいやすくなったりと、意外にもメリットは沢山あるものです。

紅茶検定についてより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

注目の資格まとめ

注目の資格

  • AI時代を乗り切るための超重要資格「G検定・E資格」
  • 介護の質と生産性向上を両立する「スマート介護士」
  • メンタルヘルス関連の最新資格「認知行動療法師」
  • WEB集客で重要なSEOを学べる「SEO検定」
  • AIと並ぶ重要技術IoTを学ぶ「IoT検定」
  • 国家資格化も検討の人気資格「賃貸不動産経営管理士」
  • 健康リテラシーの向上が狙える日本健康マスター
  • 食に関する知識を得られる「食生活アドバイザー・食育実践プランナー・野菜スペシャリスト・薬膳コーディネーター」
  • ファッション業界で活躍できる「カラーコーディネーター」
  • 家具メーカーや建築業界などで活躍する「インテリアコーディネーター」
  • 話題作りにもぴったりの「ねこ検定」「紅茶検定」

ここでは注目の資格を紹介しました!

最先端技術を学べる資格から癒し系の資格まで、資格には本当に様々なものが存在します。

資格Timesで自分にぴったりの資格を見つけ、是非あなたの生活をより豊かにしてください!

人気記事