【2022最新】ヨガインストラクターおすすめ通信講座ランキング|人気11講座を比較

更新日時 2022/09/17
【2022最新】ヨガインストラクターおすすめ通信講座ランキング|人気11講座を比較 【2022最新】ヨガインストラクターおすすめ通信講座ランキング|人気11講座を比較

「ヨガインストラクターになるために講座を見つけたい!」

「ヨガについて学べる通信講座ってどこがいいんだろう… 」

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

最近はヨガブームが到来していることもあり、ヨガインストラクターを目指して通信講座を受講する方は年々多くなってきています。

また、受講生の増加に合わせて、現在ヨガインストラクター資格を取得できる通信講座やヨガについて学べる通信講座は大小合わせて20以上存在し、各講座が独自に様々なサービスを展開しています。

その一方、初めてヨガの通信講座を選ぶ方にとっては、各講座の違いやメリット・デメリットがわからず、どれが自分に一番フィットした講座かわからずに困ってしまうものですよね。

そこで今回の記事では、資格Timesがヨガインストラクター通信講座を開講している11社を徹底的に比較・分析し、ヨガの通信講座選びに必要な

  • 講座価格
  • 教材内容
  • サポート体制
  • 取得できる資格
  • 会社の信頼性

の5つの観点からランキング形式で公開していきます。

ヨガインストラクターのおすすめ通信講座ランキング

以下では、ヨガインストラクターのおすすめ通信講座をランキング形式で紹介していきます。

1位:資格のキャリカレ

career_college

キャリカレのヨガインストラクター養成講座の特徴

  • 講座費用は50,600円から
  • 豊富なDVD教材でビジュアル学習可能
  • 6つのヨガインストラクター資格に対応
  • スクーリングによる研修生ども完備

資格のキャリカレは、医療系・趣味系資格を中心としてユニークな講座を数多く開講している通信講座会社です。

キャリカレのヨガインストラクター養成講座の特徴は、開講コース数や取得可能な資格数の多さと個人によるスクール設立を見据えたサポートの手厚さです。

本気でヨガインストラクターとしての開業を考えている方には非常におすすめの講座といえるでしょう。

キャリカレのヨガ講座に関する資料請求は無料ですることができます。興味のある方は是非一度資料請求なさってください。

資格のキャリカレの評価項目

キャリカレの講座費用は通常価格60,600円(税込)となっており、フォーミーよりは少し高くなってしまうものの、相場通りの価格と言えるでしょう。

また、インターネット申し込みの場合は1万円割引の50,600円(税込)で受験できるので、実質相場よりリーズナブルな価格で受講可能です。

ただし、受講料と別に資格試験の受験料5,600円がかかってしまうので、そこも加味した上で講座を選ぶようにしましょう。

キャリカレのヨガインストラクター講座の教材

キャリカレのヨガインストラクター養成講座は、「1日15分の勉強でしっかり身に付く」をモットーに掲げており、初学者の場合でも無理なく継続できるカリキュラムとなっているのが特徴です。

教材の構成としては、写真を多様した8冊のフルカラーテキストと専属インストラクターの解説付きのDVD6枚からなります。

初学者にもわかりやすい内容となっているため、楽しみながら継続することができるでしょう。

コースも受講期間別に「コアヨガインストラクターコース」や「リラックスヨガコース」など6つに分かれているため、使える時間や費用を勘案した上で選択することができます。

キャリカレのヨガインストラクター養成講座は、インストラクターとしての知識を深めるために講座修了後に有料のスクーリング制度が導入されています。

スクーリング制度では、この講座を担当するプロのヨガインストラクター4人に直接指導してもらうことができ、レクチャーのコツやインストラクターとしての心構えを教えてもらうことができます。

また、質問対応や開業後のサポートなども完備されているので、資格取得後のヨガスタジオ開設を考えている方でも安心して受講することができます。

先ほどお伝えしたお伝えしたように、キャリカレのヨガインストラクター養成講座は6種類のコースが開設されています。

コース数の多さは他の講座に比べてもダントツで多く、取得できる資格の数で選ぶならキャリカレで決まりといっても過言ではないでしょう。

各講座の受講修了後には各コースのレベルに合わせた資格試験を受験することができ、合格すれば「ヨガインストラクター」や「コアヨガインストラクター」などコース別に資格を取得することができます。

これら6つの資格は全て一般社団法人の日本能力開発推進協会により認定されているものであるため、権威性も高く、ジムへの就職やヨガ教室の開業の際に大きく役に立つことでしょう。

資格のキャリカレは、2008年に設立された広島に本社を置く通信教育事業を展開する会社で、現在150を越える通信講座を開講しています。

登録販売者や保育士といった公的な資格から、ヨガやタロット占いなどの趣味系資格など様々な資格が用意されているので、ぜひ一度チェックしてみてください。

キャリカレのヨガ講座を受講した方の口コミ(一部抜粋)

ある程度時間に余裕が出てきたので、ヨガインストラクターを目指して申し込みをしました。

体は固く、筋力は落ちている、それを何とかしたくて始めたのですが、ビデオを見て、真似をして、体で覚える。基本的なことができるようになるとうれしくて、あっという間に認定試験を受けました。

毎日ピラティスをする習慣ができてたのもこの講座のおかげです。楽しく続けられたのがとても良かったです。

サポート体制もしっかりしているので、分からないことは質問することも出来ました。それも良かったです。 レビューより

ヨガのポーズだけでなく、歴史や哲学などヨガの本質から学ぶことができ、興味も深まりました。

シニアヨガ、キッズヨガなど色々な分野のヨガも幅広く学べて、とても良かったです。

ポーズは動画で見れるので分かりやすいし、基本的なものは十分学べる内容でした。 レビューより

基本的なことがよくわかった。細切れで学べるので、育児や家事の合間で頑張れるのが主婦にとってよかった。

基本的なことはわかったが、インストラクターとしてはまだまだ趣味に毛が生えたようなものなので、プラスで学びを続けたいし、そのきっかけを下さってよかった。 レビューより

キャリカレのヨガ講座を受講した方の口コミでは、非常にわかりやすくヨガの基本が学べたとの声が多数聞かれました。

また、質問体制など受講生に対する親身な姿勢も高評価を集める結果となりました。

キャリカレのヨガインストラクター講座の詳細は下記の記事をチェックしてください。

2位:フォーミー

formie

フォーミーのヨガインストラクター講座の特徴

  • 受講費用は他社と比較して安め
  • スマホテキストなのでいつでも勉強可能
  • 質問回答や開業サポートも豊富
  • 受講すればほぼ確実に資格を取得できる

フォーミー(formie)は、日本能力開発促進協会認定(JADP)とタイアップした初心者向けのヨガインストラクター講座を開講しています。

フォーミーのヨガインストラクター講座の特徴は、教材がスマホを使ったオンライン教材であるため、いつでも・どこでも勉強を進められることや、他社と比べても受講期間が1ヶ月と短く、短期間での資格取得が可能であることです。

また、独立・開業に向けたサポートも豊富なので、ヨガのインストラクターとしてプチ開業を考えている初心者の方にもおすすめの講座となっています。

フォーミーの公式サイトはこちら

フォーミーの評価項目

フォーミーのヨガインストラクター講座の費用は、資格の認定料や資格試験の受験料込みで38,500円(税込)となっています。

ヨガインストラクターの通信講座の相場費用は50,000円〜60,000円と言われているので、業界内では比較的リーズナブルな通信講座と言えるでしょう。

またインストイラクター資格を取得できる通信講座の中では、フォーミーのヨガインストラクター資格取得講座が最安となりますので、コスパ良く資格を取得したい方にはこの講座がぴったりといえます。

なお、フォーミーでは月額3,980円で始めるサブスクリプションプランも存在するので、お試しで受講してみたい人にもおすすめです。

フォーミーのヨガインストラクター資格取得講座は、動画教材とテキスト教材が存在します。

これらは、全てデジタル式の教材となっており「いつでも」「どこでも」隙間時間を使って勉強を進めることができます。

またテキストで内容がわからないところも、動画を見て実践してみることで視覚的に理解することができるでしょう。

さらに、標準受講期間も1ヶ月となっているので仕事で忙しい方や子育てで忙しい方でも負担なく勉強を進めて資格取得につなげることができます。

フォーミーは、他社と比べてサポート体制が充実していることでも有名です。

フォーミーでは、メールサポートサービスを敷いており、受講期間中は無制限の質問回答サービスを提供してくれます。

また独立や開業についてのサポートも手厚く、資格取得後は独立や開業に向けてホームページの作り方や名刺作成方法などを紹介してくれるため、自宅でのヨガスクールやスタジオの開講まで行えることでしょう。

フォーミーのヨガインストラクター資格取得講座の受講後には試験を受けることで日本能力教育促進協会認定資格の「ヨガインストラクションマスター資格」を取得することができます。

試験はオンライン試験であるため非常に簡単で資格試験の合格率は非常に高く、仮に不合格でも再受験料1500円を支払うことで何度でも試験を受けることができるので、諦めなければ必ず取得できることでしょう。

フォーミーはヨガインストラクター以外にも「ファスティングコンサルト」や「紅茶アナリスト」といったスマホを使った様々な資格を扱っている人気通信講座会社となっています。

普段の学習から資格試験、その後の開業サポートまで全てオンラインで済んでしまうフォーミーの革新的カリキュラムが話題となり、昨年からananやCLASSY.などの雑誌でも特集されるなど世間の注目を集めています。

また、述べ受講者数は2022年時点で50,000人を数えていることなども考慮すると実績や信頼性は比較的高めと言えるでしょう。

フォーミーのヨガインストラクター講座を受講した方の口コミ(一部抜粋)

私はヨガを長年続けており、ヨガについてもっと深く知りたいと以前から思っていました。

色々な本やヨガの勉強をしてきましたが、その中でもこちらのヨガインストラクター講座は簡単かつ深くヨガを学ぶ事ができました。

ヨガの起源やチャクラやスピリチュアルの事など、今までのヨガに対しての印象とは180度変わってヨガの事を深く知る事ができとても勉強になりました。

他にはヨガのポーズやアシスト方法なども動画でわかりやすく解説してくれているので、誰でも簡単にヨガの基礎をしっかりと学ぶ事ができる講座だと思います。 受講者の口コミ・評判より

ヨガに出逢うまでは、肩凝りやスポーツでの怪我に悩まされていました。ヨガは腹式呼吸が基本ですが、これを普段の生活でも意識することで、代謝があがり、血液の循環がよくなったのか冷え性も改善されました。

悩みだったデスクワークで凝り固まった肩も、この講座で学んだようなヨガを始めたことで、凝りがとれ、腕をらくに回せるようになるなど、体調がととのい、日常生活のフットワークも軽くなりました。

健康を維持するためにも、これからも続けたいと思います。 受講者の口コミ・評判より

この講座では、ポーズ(アサナ)の説明やアシスト方法などを動画で分かりやすく説明してくれているので、何度も繰り返して復習することができました。

また、ヨガの起源や哲学、またヨガの実践に欠かせないチャクラの話なども端的に分かりやすく説明されているのでヨガの全体的な知識の把握に役立ちました。 受講者の口コミ・評判より

フォーミーの受講者の意見として、ヨガの基本をしっかりと学べたとの声や、健康状態がヨガを実践することで改善したとの声が挙がりました。

座学としてのヨガの基本はもちろん、実践で生きるヨガの知見もしっかりと身に付けられる優れた講座であるとことがうかがえるでしょう。

3位:ゼロカラYOGA

zerokara

ゼロカラYOGAの特徴

  • 権威あるRYT200資格をオンラインで取れる!
  • 初心者でもみっちりヨガを学べる講座
  • 価格は同資格講座で業界最安値!
  • 講座修了後の継続学習もばっちり

ゼロカラYOGA最大の特徴として、信頼性抜群のRYT200資格を完全オンラインで取得できる点にあります。(オンライン取得は全米ヨガアライアンスが期間限定で認めています。)

講座は未経験でもヨガインストラクターに必須の知識を効果的に学べるようカリキュラムが組まれており、初めての方でも安心です。

受講料もRYT200資格の講座の受講料相場が30~60万円のところ132,000円となっており、超リーズナブルな価格で講座を受講することができる点も大きな魅力であるといえるでしょう。

ゼロカラYOGAの公式サイトはこちら

ゼロカラYOGAの評価項目

冒頭でもお伝えしたように、ゼロカラYOGAの受講料は「RYT200 養成講座」で本来187,000円(税込)のところ、期間限定で132,000円(税込)となっており、非常にリーズナブルです。

RYT200資格の取得講座は30~60万円が相場といわれているなど、従来大きな費用負担を強いられていたことから、このような破格の値段で受講できる点は、当講座の大きな魅力といえるでしょう。

ゼロカラYOGAでは、実績ある日本人講師から充実の指導を受けることができます。

RYT200資格取得にあたって、外国の講座を選択するパターンもありますが、そのような場合と比較すると、母国語でみっちり指導を受けることができるため、指導内容をより深く理解することができます。

また、オンライン修了生は200名以上を突破していることからもその指導クオリティの高さがうかがい知ることができるでしょう。

ゼロからYOGAのオンライン受講のイメージ

ゼロカラYOGAでは、ZOOMを用いてオンラインにてヨガレッスンを受けることができます。

視聴手段は、ZOOMでのLIVE講座と録画視聴の2種類が準備されており、自分の都合に合わせてどちらの手段も選択できる点は、オンラインならではの強みといえます。

これにより、仕事で忙しい方でも無理なくヨガインストラクターとしての知見を積み重ねていくことができます。

ゼロカラYOGAはRYT200資格をオンラインで取得することができます。

RYT200資格は全米ヨガアライアンスから認定を受けており、ヨガインストラクターを目指す方にとって登竜門ともいえる代表的な資格です。

自宅で手軽に取得が可能となっているので、ヨガインストラクターを目指される方にとっては非常にありがたい講座であるといえるでしょう。

(RYT200資格のオンライン受講は新型コロナウイルスの特別措置として全米ヨガアライアンスが期間限定で認めています。今後の最新の動きにご注意ください。)

ゼロカラYOGAの講座は修了生満足度95%を記録した、信頼度抜群の講座です。

日本人講師が基本の基本から丁寧に指導を行った結果として、高い満足度をたたき出していることがうかがえます。

受講料が安く信頼性に疑問を持たれる方もこの結果から安心して受講を決断してください。

ゼロカラYOGAを受講した方の口コミ(一部抜粋)

オンラインなので、割と淡白な講座だろうなと最初は思っていたのですが、先生や他の受講者の方のとコミュニケーションをとる機会もたくさんあったのでみんなでRYT200取得というゴールに向かっているような気がしました。 修了生の声より

Nanako先生は個々に合わせて丁寧に指導してくださって、哲学や解剖学も分かりやすく、論理的だっとので、自分としてはとても勉強になりました。

Nanako先生に教わることができて幸運だったと思っています。 修了生の声より

Nanako先生は生徒が何を質問しても的確に回答くださり、その豊富な知識にびっくりしました!そして生徒一人ひとりをしっかり見てくれているのを感じました。

機会があればまた先生が行う様々なタイプのクラスを受けてみたいです。 修了生の声より

ゼロカラYOGA受講者からは、講師への満足度の高さを述べる声や、オンライン講義でもしっかりとノウハウを学ぶことができたとの声が挙がっていました。

圧倒的低価格で、高品質の講座を提供できているといえるので、これから受講する方は安心して受講することができるでしょう。

4位:ユーキャン

ucan

ユーキャン「初めてのヨガ&ピラティス講座」の特徴

  • 講座費用は業界屈指の最安値
  • ヨガとピラティスの両方を実践的に習得
  • 信頼度抜群の大手通信講座

日本最大の通信講座会社である「ユーキャン」の名前は、テレビCMや新聞の折り込み広告を通して一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ユーキャンの「はじめてのヨガ&ピラティス講座」は、インストラクター資格の取得こそできないものの、業界最安の講座費用でヨガとピラティスについての基本的な技能を身に付けることができます。

ユーキャンの公式サイトはこちら

ユーキャンの評価項目

ユーキャンの「初めてのヨガ&ピラティス講座」は、受講料金が29,000円(税込)と業界の中でも抜群に安くなっているのが魅力の講座です。

インストラクター資格の取得こそできないものの、ヨガやピラティスについて、なるべく安い費用でマイペースに極めて行きたいと考えていらっしゃる方にはぴったりの講座といえるでしょう。

ユーキャンの「初めてのヨガ&ピラティス講座」のメイン教材はレッスンDVD6枚とテキスト2冊からなり、その他副教材としてウェルネスブックやヨガマットがついてきます。

テキストでは、初心者の方でも理解しやすいようにポーズ一つ一つについて、目的やポイントなどを丁寧に解説してくれるため、テキストを読むだけでもヨガの基礎について簡単にマスターすることができます。

また、実際の動きに関してはDVDをみながら講師と一緒に実践していく形式なので、「座学よりも実践を重視したい」という方には大満足の講座となることでしょう。

ユーキャンの「初めてのヨガ&ピラティス講座」は、資格の取得を目的とした講座ではないため質問の回答や添削を受け付けていません。

とはいえ、DVDやテキストの説明が非常に丁寧であるため、レッスンに突っ掛かったり、何をすれば良いのかわからず途中でつまずいてしまったりするということは、基本的には起こらないでしょう。

先ほどもお伝えしたようにユーキャンの「初めてのヨガ&ピラティス講座」は資格取得を目的とした講座ではなく、初心者のヨガやピラティスへの入門講座という位置付けになっています。

資格を取得できないため、少し敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、この講座を通して身に付くヨガやピラティスの知識・技術は、インストラクター資格を取得する時の基礎になります。

そのため、将来的にインストラクター資格の取得を見据えている方でヨガについての基礎固めをしたい初心者の方や、資格に縛られずにコスパよくヨガの基礎を身につけたい方におすすめの講座といえるでしょう。

ユーキャンは、1954年創業の大手通信講座会社になります。

初学者向けの丁寧なテキストと、数多くの資格を扱う網羅性の高さは受講生の人気を呼び、「資格講座=ユーキャン」と言われるほどの超有名企業となっています。

ユーキャンのこれまでの受講生人数は延べ1800万人を誇り、中国やアメリカでも事業展開するなど、その実績と信頼性は他の講座と比較しても群を抜いて高い講座といえるでしょう。

5位:SARAスクールジャパン

sara

SARAスクールジャパンヨガ資格取得講座の特徴

  • 講座費用は相場よりも高め
  • 専属のスタッフによるサポート
  • 2つの資格を確実に取得可能

SARAスクールジャパンは、資格の取得を通して女性のキャリアデザインや社会進出を支援する通信講座会社で、心理カウンセラー資格やレジン、音楽療法などの他の講座では扱わないような資格を運営しています。

SARAスクールジャパンのヨガインストラクター講座は、79,800円と他社と比べると少し高くなっていますが、課題提出だけで2つの公的団体から認定されたヨガインストラクター資格を取得できる魅力的な講座となっています。

SARAスクールの公式サイトはこちら

SARAスクールジャパンの評価項目

SARAスクールジャパンのヨガインストラクター講座は、「ヨガ基本コース」と「ヨガプラチナコース」の2つに分かれています。

「ヨガ基本コース」は、資格試験とは別にヨガの基礎を学びたい方向けのコースで、受講料は59,800円となっています。

一方「ヨガプラチナコース」は、資格取得を目指した実践的なヨガ指導を受けたい方向けのコースで受講料は79,800円となっています。

SARAスクールジャパンのヨガインストラクター講座の教材は、テキスト2冊と練習問題、模擬試験、添削問題から構成されています。

テキストは、ヨガのプロインストラクターが直々に監修し、初学者にもわかりやすい内容をかなり噛み砕いて解説してくれています。

また、定着度を確認するための模擬試験や練習問題なども豊富なので復習や学び直しも簡単にできることでしょう。

ただし、紙媒体の教材が充実しているだけにDVDなどの実践的な教材が無いのが少し残念です。

SARAスクールジャパンのヨガインストラクター講座受講者は、スタッフによるサポートが手厚いと評判の講座です。

受講期間中は、自分専属のスタッフが無料の質問回答を行ってくれます。

また、カリキュラムも独立・開業を意識したものとなっており、ヨガスタジオ開業のノウハウをしっかりと身につけることができます。

SARAスクールジャパンは、「ヨガプラチナコース」を受講して課された添削課題を全てクリアした後に、資格協会により課される卒業課題を提出することでヨガライフセラピストとヨガインストラクターjpを取得できます。

試験などはなく、出された課題に対してレポートを書くだけなので合格率は100%となっておりますので、いますぐに資格が欲しい方には非常におすすめです。

SARAスクールジャパンは最新の調査により

  • 顧客満足度No.1
  • 対応満足度No.1
  • 女性が選ぶ通信講座No.1

信頼度指標の3冠を達成した講座となっています。

よって、多くの人が安心して受講できる講座であるといえ、その点は非常に頼もしいといえるでしょう。

6位:FIRSTSHIP

firstship

FIRSTSHIPのヨガインストラクター通信養成講座の特徴

  • 講座費用は相場よりリーズナブル
  • ヨガスタジオのレッスンを自宅で受けられる
  • 通信講座でRYT資格は取得できない

FIRSTSHIPは、世界で最も知名度の高いヨガ資格運営団体である「全米ヨガアライアンス」の認定を受けたヨガインストラクターの養成機関です。

質の高い優れたインストラクターを養成するために、緻密なカリキュラム設計がなされており、将来的なスタジオの開業や経営拡大などを考えられている方におすすめの講座といえます。

ただし、通信講座のみでは国際的な信頼性の高い資格であるRYT200やRYR500などのインストラクター資格の取得ができない点に注意しましょう。

FIRSTSHIPの評価項目

FIRSTSHIPのヨガインストラクター通信養成講座は、受講費用は税込みで29,800円と大変リーズナブルになっています。

RYT200などのインストラクター資格を取得したい場合は、別途200~300時間程度の通学講座を受講する必要がありますが、これらの講座のレベルは非常に高いものとなっています。

そのため、将来的にRYT200(全米ヨガアライアンス認定200時間)、RYT500(全米ヨガアライアンス認定500時間)といった資格の取得を目指す初心者の方が、通学講座を受けるための橋渡しとして受講されることをおすすめします。

FIRSTSHIPのヨガインストラクター講座は、「本場のヨガスタジオの授業」を「1日15分で受けられる」というコンセプトから生まれた講座となっています。

そのため講座の教材はシンプルで、DVD4枚と書籍1冊、テキスト2冊からなります。

DVDでは、ヨガの基礎はもちろんのことヨガ哲学や機能解剖学などについても触れるほか、今後の高齢化社会で需要が増えると予想されるシニアヨガについても学ぶことができます。

本場の高度なヨガ指導を受けられる講座となっていますので、他の講座よりもワンランク上の知識を身に付けることができるでしょう。

FIRSTSHIPでは、専任講師によるメールを使った質問回答サービスのほか、受講修了者にはRYT200取得のための通学講座の20,000円割引特典を受けることができます。

また、教材セットの返品保証サービスもついているため安心して講座を申し込むことができるでしょう。

FIRSTSHIPのヨガインストラクター講座を受講して、ウェブテストに70%以上の正解率で合格した方にはFIRSTSHIP通信講座修了証が発行されます。

ただし先ほどもお伝えしたように、この講座を受講するだけでは、世界的に信頼性の高いRYT200(全米ヨガアライアンス認定200時間)やRYT500(全米ヨガアライアンス認定500時間)を取得することはできません。

これらの資格の取得を考える場合は、通学講座の受講を検討しましょう。

FIRSTSHIPは、冒頭でも述べたとおり「全米ヨガアライアンス」に認定されたヨガインストラクターの養成学校です。

これまでに10,000人を超える受講生がRYT資格を取得し、一部の卒業生はFIRSTSHIPの留学・就職斡旋プログラムによって国内や海外で一流ヨガインストラクターとして活躍しています。

また、FIRSTSHIの母体であるベンチャーバンクグループは、ヨガスタジオのLAVAを運営しているため、ヨガについての専門性は他社と比較しても圧倒的に高いと言えるでしょう。

和(なご)みのヨーガ実践講座

和(なご)みのヨーガ実践講座は、通信講座会社のがくぶんが運営する初心者向けにのヨガ講座で、本場のヨガを日本人向けにアレンジした講座という特徴があります。

また、カリキュラムは全体としてストレスからの回復に重点を置いており、講師の指導に応じて呼吸をすることで筋肉をほぐし、血液やリンパの流れを促進して疲労や刺激からの回復に導きます。

講座の標準受講期間は半年間で、受講費用は39,900円(税込)となっており、資格は取得できませんが「心のケア」「癒し」に重点をおいたヨガを学べるのは和みのヨーガ実践講座だけとなっています。

がくぶんの公式サイトはこちら

エクセレントホールディングス

エクセレントホールディングスは、教育・保育・生活の分野で資格教育事業を提供する1991年創業の通信講座会社で現在200以上の講座を扱っています。

エクセレントホールディングスのヨガ講座は、会社設立当初からある歴史の長い講座で長年のノウハウと実務経験豊富な講師陣による指導は、インストラクターになってからの仕事に役立つと定評があります。

講座費用は65,000円(税込)で、講座に付属するマークシート式に試験を受験して80%以上の正答率を達成すれば、日本メディカルセラピー協会公認インストラクターを取得することができます。

一般社団法人日本ハッピーライフ協会

般社団法人日本ハッピーライフ協会は、「ベビーヨガ」「親子ヨガ」「ママヨガ」などママのヘルスケアに役立つヨガを学ぶことができます。

講座費用は59,800円となっていますが筆記試験と実技試験をクリアすることで、JAHA認定のインストラクター資格を取得してインストラクターとして活躍することができます。

JAHA認定のインストラクター資格の合格率は100%なので、ヨガスクールの開業やインストラクターとしての就職に役立てることができます。

RHKトータルアカデミーここいろ

RHKトータルアカデミーここいろの「ヨガアドバンスインストラクター講座」では、10年以上のヨガ経験がある講師やサロンでの指導経験がある理事の監修したテキストを用いてヨガに関する幅広い知識を学ぶことができます。

「ヨガアドバンスインストラクター講座」は、一般社団法人SBG公認のインストラクター養成講座ですから、信頼性は抜群と言えます。

標準受講期間は2~3ヶ月間、講座費用は32,890円(税込)となっており、認定試験に合格してディプロマ申請書を提出した方はSBG協会総本部の発行するお洒落なディプロマを受け取ることができます。

諒 設計アーキテクトラーニング

諒 設計アーキテクトラーニングは、SARAスクールジャパンと同じくヨガライフセラピストとヨガインストラクターjpの2資格を同時取得できる通信講座となっています。

講座では、ヨガの歴史や基礎知識に加えてヨガの効果・食事療法などトータルスキルを身に付けることができ、骨盤の歪み矯正やむくみ解消にも役立つため女性からの人気が高いのが特徴となっています。

コースは「ヨガインストラクターjpW資格取得講座」と「ヨガインストラクターjpW資格取得スペシャル講座」の2つが開講されており、受講費用はそれぞれ59,800円(税込)と79,800円(税込)になっています。

「ヨガインストラクターjpW資格取得スペシャル講座」では、試験免除でヨガライフセラピストとヨガインストラクターjpの資格を取得できるので、初心者の方はこちらを受講されることをおすすめします。

ヨガインストラクターの通信講座比較表

ヨガインストラクターの主要通信講座を比較した表は以下の通りとなります。

順位 講座名 おすすめポイント 総合点 価格 教材 サポート 資格 信頼性
1 キャリカレ 6種の資格試験に対応 95 17 20 20 19 19
2 フォーミー 短期間で資格を取れる 93 18 19 20 18 18
3 ゼロカラYOGA オンラインでRYT200資格を取得可能 92 18 18 19 20 17
4 ユーキャン 業界最安値の受講費用 91 20 19 16 16 20
5 SARAスクールジャパン 2つの資格を同時にとれる 90 16 17 18 19 20
6 FIRSTSHIP ヨガスタジオのレッスンを自宅で体感可能 89 19 18 17 16 19

この表から、各講座独自の強みを持っていることがわかります。

こちらの表の講座を中心に、自分に合ったヨガインストラクターの通信講座を探してみるとい良いでしょう。

特に1位のキャリカレは、6種類の資格取得に対応した講座となっており、これ一つでヨガインストラクターに必要な幅広い知識を習得することができます。

教材レベルも非常に高くなっていることから、幅広い方におすすめできる講座に仕上がっていると言えるでしょう。

ヨガインストラクターの通信講座選びのポイント

ヨガインストラクター選びの画像

講座費用

まず一番最初に比較すべきポイントは、講座の受講費用でしょう。

ヨガインストラクターの通信講座の相場費用は50,000円〜60,000円と言われており、分割払いなどのサービスを実施している会社は多いと言えど、かなり高額な出費になってしまいます。

そのため、講座費用が高い講座は「なぜ高いのか」「他社よりサービスが充実しているか」をしっかりと確認する必要があります。

また、資格取得を目的とした講座は受験料や認定料・登録料などが講座費用に含まれるか、別途支払う必要があるのかについても確認しておく必要があります。

教材の内容

講座費用の次に大切なチェックポイントが、教材の内容です。

テキストとは初学者にもわかりやすいようにか書かれているか、DVDなど実践教材は付属しているか、資格試験がある場合は練習問題などがセットになっているかを確認しておきましょう。

また教材は多ければ多いほど良いというものではなく、受講期間内にこなし切れる適切な量を選ぶのもポイントになります。

サポート体制

サポート体制も欠かせないチェックポイントです。

ヨガの通信講座では、受講期間中の質問回答や添削サービスはもちろん、独立・開業に向けたノウハウのレクチャーや返金制度など各社がバラエティ豊かなサポートを用意しています。

受講後の教室開講や勉強の継続などを加味した上で、自分に合ったサポートを提供してくれる講座を選ぶと良いでしょう。

取得できる資格

ヨガの通信講座の受講を検討される方は「自分のためにヨガを極めたいタイプ」と「インストラクターとしてヨガの素晴らしさを広めたいタイプ」の2つに分かれると言われています。

特に後者の方は、今後ご自身でヨガスクールを開講したり自宅でサロンを開業したりする時を想定した場合に、どのような資格を持っておくべきか事前に考えておく必要があります。

ヨガのインストラクター資格は、「ヨガインストラクター」や「ヨガライフセラピスト」など身に付くスキル別に様々なものが存在するため、将来どういったスクールを開きたいかによってどんな資格を取得したいか決めると良いでしょう。

ただし、RYT200やRYT500といった権威ある資格の取得を目指す場合には、通信講座での取得は難しいので、通学講座を検討しなければならないことに留意しましょう。

会社の信頼性

講座を選ぶ際は、上記4つのポイントに加えて「会社の信頼性」もチェックしておきましょう。

どれくらいの受講者がいるか、ヨガスクールを運営しているのか、口コミや評判では良い評価を得られているかなどの点を中心に確認していきます。

会社の信頼性を確かめておくことで、ヨガの通信講座と見せかけて宗教団体である場合や、自己啓発セミナーに勧誘されるといったアクシデントを回避することができます。

通信講座と通学講座どちらがおすすめ?

ヨガのインストラクターになるには、インストラクター資格の取得が必須という決まりは一切ありません。

そのため、独学や資格なしでの開業や就職も可能ですが、安定してお客さんを獲得したい場合はヨガのインストラクターに関する民間資格を取得しておくことが必須となります。

実際に、ヨガのインストラクターやトレーナーとして活躍されている方のほとんどは何らかのヨガインストラクター資格を取得しています。

資格の取得を考えた場合、通学講座を利用すると、「全米ヨガアライアンス」「インド中央政府公認資格」といったヨガインストラクターの有名資格が取得できます。

しかし、これらの講座は全部で20回以上の長期間にわたるレッスン参加が必須であるのに加えて、受講料も非常に高く20~40万円が相場になります。

そのため、ヨガインストラクター資格取得のための通学講座は時間的負担・金銭的負担を考えると仕事や子育てで忙しい方やプチ開業を目指すママさんには不向きといえるでしょう。

その点、通信講座は国際的なヨガインストラー資格こそ取れないものの、自分の好きな時間に勉強できたり、リーズナブルな費用で受講できたりといったメリットがあります。

時間的・金銭的な観点から現実的な取得方法を考えるのであれば、インストラクターとしての国際的な活躍や全国的なヨガスタジオの経営を目指していない限り、通信講座での資格取得で十分といえるでしょう。

ヨガインストラクターの通信講座まとめ

ヨガインストラクターの通信講座まとめ

  • 1位:資格のキャリカレ
  • 2位:フォーミー
  • 3位:ゼロカラYOGA
  • 4位:ユーキャン
  • 5位:FIRSTSHIP
  • 6位:SARAスクールジャパン

ヨガインストラクター講座についてお伝えしました。

ヨガインストラクターの資格の取得は、ヨガに関する知識の証明となるだけでなく、取得までの勉強を通して独学では到達することのできないような深い知識とスキルを手に入れることができます。

ヨガスクールの開業やインストラクターとしての就職を考えていらっしゃる方はもちろん、自分自身のためにヨガを極めたい方もぜひ取得を検討してみてください。

人気記事
資格Timesは資格総合サイト信頼度No.1