1. 監修者

監修者の一覧

資格Timesの記事を監修している監修者の一覧を見ることができます。どの監修者もそれぞれの資格試験や資格取得後の実際の業務に潤沢な知識と経験を持った専門家です。

脇田弥輝

税理士。1976年東京生まれ。お茶の水女子大学理学部物理学科卒業。 大学卒業後、システム情報会社にシステムエンジニアとして就職。結婚を機に退職後、出産。

その後、会計・税務知識ゼロから税理士を目指す。個人税理士事務所、税理士法人勤務を経て、2016年脇田弥輝税理士事務所開業。同年4月より東亜大学大学院法学専攻非常勤講師。

「『外部の税理士の先生』ではなく、『内部の敏腕経理』と思って頂き、お客様とともに事業を成長させる」を理念とし顧問先と付き合う。

著書に「ダンゼン得する知りたいことがパッとわかる青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本」(ソーテック社)、「世界一やさしい電卓の教科書1年生」(ソーテック社)がある。

脇田先生の税理士ブログはこちら

宮城彩奈

高校卒業後、新卒で就職するも挫折。フリーター時代を数年送るが「行政書士」という独立向き国家資格を知り、法律初学者で受験を決意。4度の受験を経て平成27年度行政書士試験に合格。平成28年に横浜市にて即独立開業。

開業以降、建設業・宅建業・酒類販売免許など企業の許認可取得をサポートする業務をメインとした事務所経営を行い、現在は大手企業などを顧客先とした許可取得後の会社運営についてのアドバイスなども担当する。

また、YouTubeチャンネルを開設し、独立開業・事務所経営・取り扱い許認可の解説動画などを投稿。これから開業する予定の資格者や、許認可に関係する企業からの定評がある。

安藤広真

精神科医師。1992年生まれ。出身は神奈川藤沢市です。

岐阜大学医学部医学科に入学し、平成29年施行の第111回医師国家試験に合格し、医師免許の交付を受けました。

岐阜大学医学部医学科を卒業後、都立松沢病院・多摩総合医療センターでの勤務経験を経て、岐阜大学医学部附属病院精神病理学分野入局しました。

「患者さんに寄り添うこと」をモットーに、現在はのぞみの丘ホスピタル(岐阜県美濃加茂市)にて薬物療法、心理療法、社会福祉的な指導を行なっています。

精神医学一般に明るく、特にうつ病、パニック症、児童発達障害、精神薬理学を専門としています。

最近は、栄養学や美容医学も勉強中です。

第111回医師国家試験で認定された医師免許証

Haruka. M

1997年生まれ。岐阜県岐阜市出身。県立岐阜高校を卒業後、現役で国立大後期日程で京都大学法学部に入学。(前期日程の東京大学は不合格。)

法学部4年の時に司法試験予備試験に合格し、京都大学法科大学院の1年目で司法試験に一発合格。司法試験に合格したため、京都大学法科大学院は1年で中退し、2021年3月から1年間、74期司法修習生となります。

その後は大阪で企業法務弁護士となる予定です。特にベンチャー支援、スタートアップ関連法務に興味があり、最近は、京都のVC(ベンチャーキャピタル)で広報担当アシスタントをしています。

法学部生だけでなく、他学部生、社会人の方で予備試験から司法試験を目指される方の一助になれば幸いです。

司法試験の合格証書

田中健斗

大阪の地元中学校で遊びに明け暮れた後、カナダの公立高校に留学。

高校卒業後、日本に帰国し、高3の11月から大学受験の勉強を開始。現役で慶應義塾大学法学部法律学科に合格し、進学しました。

大学入学後に公認会計士試験の勉強を開始し、2020年8月に実施された公認会計士試験短答式試験に合格。同年11月に実施された公認会計士試験論文式試験を受験し、現在その結果待ち。

予備校はTAC。論文期はCPAに裏切りました…。得意科目は企業法、租税法。僕なりの公認会計士試験の短期合格のメソッドをみなさんにお伝えできれば幸いです。

田中の令和2年公認会計士試験短答式試験合格通知書

あーるぐれい

二児の父です。都内の進学校から早稲田大学に進学しました。現在は理工系の企業でサラリーマンとして働いております。

経済や財務の総合的な知識の取得とそれを活かしたことをしたいと考え中小企業診断士の資格取得を決意し、2次試験には一度不合格になるものの、働きながらの勉強で中小企業診断士試験に合格いたしました。

働きながらで時間がないという社会人の方や、そもそもどんな資格かも分からないが興味があるという学生の方のために、中小企業診断士の資格の詳細や、最短で合格するための勉強法について解説していきます。

受験について検討されている方や興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

中小企業診断士の登録証

なつめ

北海道出身で、現在早稲田大学社会科学部にてし主に経済・金融の分野を学んでいます。また学業と並行して人材系企業でインターンをしており、新卒事業周りのマーケティングを担当しています。

企業におけるファイナンスに興味があり、より深く学びたいと思いから今年の11月に簿記2級の勉強をスタートし、通信講座を利用して3ヶ月間で合格することができました。

もともと暗記が苦手で、勉強にも十分時間を割けない中での簿記試験でしたが、根本的な原理を覚える工夫をしたり、インプットとアウトプットをバランス良く行う勉強法を編み出したりと簿記2級取得までの過程でたくさんの勉強ノウハウを確立してきました。

本記事では、自分と同じような境遇の簿記受験生にこのノウハウを余すところなく伝えられたらと思います。

簿記2級合格証書

ねっち

現在、東京大学法学部第一類3年です。

2~11歳をシンガポールで過ごし、インターナショナルスクールに通っていました。

帰国後、小6で英検一級を取得し、私立洗足学園に入学しました。中高は部活動に勤しみ、高2の東大模試ではE判定でした。しかし、塾や学校で勉強に励み、東京大学に現役合格できました。得意科目は、英語・世界史・国語です。高3の東大模試では英語で全国2位でした。

大学ではIELTS8.5(TOEIC990点以上)とHSK5級(中国語検定)を取得し、複数の語学の習得に励んでいます。また英語塾講師として小2~高3の多くの生徒を指導しています。

英語力向上のための効率的な学習法を発信させていただきます。

IELTSの点数

しゅがー

中国人の親を持つものの、家庭では方言の上海語を中心に話していたため、独学で一から標準語を勉強し2年目でHSK5級を取得しました。

その後、中国語を専攻するために東京外国語大学に進学し、細かい文法事項や会話表現を学び直しています。

資格Timesでは自身の独学の経験や大学で学んだ勉強のノウハウを生かし、中国語に関する記事を担当しています。

中国語の学習で、日本人が最初につまづきやすい発音やピンイン、中国語特有の文法事項などをわかりやすく解説しています。またHSKや中国語検定を取得するための効率的な勉強法も紹介しています。

是非チェックしてみてください。

HSK5級の合格証明書

矢野 雄己

現役東大生エンジニアで、株式会社ベンドではCTOとしてエンジニアチームをマネジメントする。

業務で使用している主な技術はHTML、CSS(Sass)、PHP、JavaScript(TypeScript)、MySQLなど。好んで使用するフレームワークはLaravel、Vue.js、Nuxt.js。CakePHPやReactも使用経験がある。

インフラ構築にも知見があり、AWSの運用も行っている。AWSではEC2、RDS、ALB、ACM、Route53、CloudFront、CloudWatch、S3、ACM、Cloud9などの使用経験がある。ウェブサーバーはApacheを使用することが多い。APIの型定義にSwaggerを使用する。

ウェブサイトの構築が得意で、ドメイン取得からインフラ構築、バックエンドのコーディング、フロントエンドのコーディング、データベースの要件定義、アクセス解析、通信速度改善、ABテスト分析など、ウェブエンジニアリングに関する経験が豊富。

大学では工学部物理工学科に所属しており、専攻は固体物理学。主に有機導体のミクロな電子状態やそのガラス状態について研究しており、これらの物性研究ではPythonを用いた解析・フィッティングも行っている。

秋田 こまち

千葉大学医学部医学科に入学。現在も同学科に在学中。医学部に入学後は、大学の講義で医学を専攻する。レポートや医療の実習などを専門レベルでこなし、単位が認定され進級。

大学以外の課外活動として某有名医療ベンチャーでのインターン経験がある。患者との実際のコミュニケーションをとる中で、現在の医療ITの問題点を痛感。その他にも医療関連のビジネスコンテストに出場し、優秀な成績を収める。

これらの経験を生かして、資格Timesでは医療事務や介護など、医療に関する記事を中心に、その内容の正当性を監修する。

  1. 監修者