解説記事
新着記事

登録販売者の基礎知識(仕事内容・難易度・受験資格・勉強法)を全て解説!

更新日時 2020/05/23

最近、「登録販売者」という資格の知名度が上がってきています。

この記事を読んでいる皆さんも「登録販売者」という名前くらいは、耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、比較的新しい資格ということもあり、「実際どんな仕事なんだろう、どうしたら登録販売者になれるんだろう」と内容をあまり詳しく知らない方も多いと思います。

そこで、資格Timesでは登録販売者の基礎知識を全て紹介します!

これを読めば登録販売者の業務内容や登録販売者になるための方法、資格試験の難易度まで登録販売者について詳しく知ることができます。

登録販売者ってどんな仕事

ここでは登録販売者の仕事内容についての基本事項をわかりやすく説明していきます。

登録区販売者の仕事内容

登録販売者の主な仕事内容は医薬品の販売です。

医薬品の販売といっても全ての医薬品を販売できるわけではなく、一般医薬品のうち、第二類医薬品と、第三類医薬品の販売をすることができます。

第一医薬品と第二類医薬品は一般医薬品の9割を占めるのでほとんどの一般医薬品を販売することができます。

そのほかにも、健康や薬に関する相談を受けたりします。

また、どこで働くかによって仕事内容も変わっています。

登録販売者の仕事内容についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

薬剤師との違いは?

登録販売者の仕事内容を見てみると、「薬剤師と何が違うんだろう」と思う方が多くいると思います。

薬剤師と登録販売者の仕事内容は共通しているものが多いですが、大きな違いがあります。

それは、薬の調剤をできるか否かです。

登録販売者は医薬品の販売を行うことはできますが、処方箋に従って薬の調合を行うことはできません。

また、薬剤師は大学の薬剤師養成過程を6年間修了し、国家試験に合格しなければ薬剤師になることができません。

一方、登録販売者に受験資格はなく、各都道府県が実施する試験に合格すると、資格を得ることができます。

登録販売者と薬剤師の違いについてもっと詳しく知りたいという方は、こちらのご覧ください。

登録販売者の仕事はキツイ?

医薬品の販売が主な仕事内容ですが、登録販売者の仕事内容はキツイと感じる人もいるようです。

主な原因としては、売り場に立たなければいけない仕事なので、立ち仕事が多いことや、商品の搬入など力仕事という一面があることです。

登録販売者の仕事がキツイのかもっと詳しく知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

性別や年齢は関係ない

登録販売者は性別や年齢問わず、誰でも活躍できる仕事です。

男性でも活躍できる?

前述した通り、登録販売者に男女比はあまりありませんが、薬局の店員さんというと女性のイメージがあり、男性でも活躍できるのかという疑問を抱いている方もいると思います。

職場によって様々ですが、登録販売者は時に体力が求められることがあります。

思い在庫を搬入したり、夜勤をしたり、長時間立ち続けたりすることも少なくはありません。

よって、体力のある男性が活躍できる機会が多くあります。

男性の登録販売者の事情についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者の男女比

ドラッグストアや薬局の店員さんといえば女性を思い浮かべる人が多いと思います。

実際、薬剤師は女性の比率が大きく、男性は占める割合は少ないです。

しかし、登録販売者においては、男女比にそこまで大きな差異は見られません。

むしろ、男性の方が人数が多いと言われています。

登録販売者は男女問わず人気のある資格となっています。

登録販売者の男女比についてもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事を参考にしてください。

登録販売者に年齢は関係ある?

年齢が理由で登録販売者の資格取得に躊躇している方もいると思います。

しかし、登録販売者に年齢はほぼ関係ありません。

年齢による受験制限はありませんし、年齢制限をしている求人情報も稀です。

登録販売者は年齢を問わず活躍できる仕事ということを知っておきましょう。

登録販売者と年齢の関係についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者の試験について

登録販売者になるためには試験に合格する必要があります。

登録販売者の試験は各都道府県で毎年行われています。

ここでは登録販売者の試験について解説します。

登録販売者の試験の受け方

登録販売者の試験を受けるためには各都道府県が交付している願書を入手し、申し込む必要があります。

都道府県によって試験日程は変わるので、自分が受ける試験の日程は必ず確認しておきましょう。

詳しい試験日程や受験方法などは以下の記事に載っているので参考にしてください。

登録販売者の試験は年に1回

登録販売者の試験は各都道府県で毎年1回行われます。

自分が受ける都道府県の試験日程をチェックし、期日までに願書を提出することが必要です。

以下の記事でも、試験日程や受験方法を解説しているので気になる人は参考にしてください。

試験の難易度

登録販売者は国家試験の中では比較的取得しやすい資格です。

独学でも合格が可能であり、中には2〜3ヶ月で合格する人もいます。

しっかり対策をすれば合格できる試験と言えます。

登録販売者の試験の難易度についてもっと詳しく知りたいという人は以下の記事を参考にしてください。

試験の合格率は40%ほど

都道府県によって合格率は異なりますが、登録販売者の合格率は40%ほどです。

合格率が1桁の国会資格も少なくはないので、比較的合格しやすい試験だと言えます。

登録販売者の合格率についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

合格点は7割

登録販売者の試験の合格点は約7割です。

出題形式は全てマークシートで120問出題されます。

試験項目は5項目あり、医薬品に共通する特性と基本的な知識、人体の働きと医薬品、主な医薬品とその作用、薬事関係法規・制度、医薬品の適正使用・安全対策です。

項目ごとに3.5~4割以上の得点がなければ、全体で7割以上正解していても合格することはできません。

よって全ての項目を満遍なく対策することが必要です。 登録販売者の試験の合格点についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

合格率は都道府県によって異なる

登録販売者の試験は各都道府県によって行われます。

よって都道府県にごとに問題や合格率は異なります。

登録販売者の試験は受験回数に制限がないので、日程が重複しない限り、何回でも受験することができます。

そのため、近隣の都道府県で複数回受験することで、合格できる可能性をあげることができます。

近隣の合格率の高い都道府県を調べ、そこでも受験することが一発合格や短期合格に繋がります。

北海道は合格率が高い傾向にあります。

一方九州地方は合格率が低い傾向にあります。

登録販売者の都道府県ごとの合格率についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者の勉強方法

登録販売者になるには試験に合格する必要があります。

試験に合格するために有効な勉強方法を紹介します。

独学で合格は可能

登録販売者の試験は独学でも合格することができます。

費用を抑えることができ、自分のペースで勉強を進めることができます。

しかし、独学で勉強するにあたって、わからないことがあっても質問することができなかったり、教材選びに苦戦する可能性があるでしょう。

独学で勉強をするメリット・デメリットをしっかり知って自分にあった勉強方法を選択することが必要です。

独学のメリット・デメリット、勉強時間などについてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

主婦の方にもおすすめ

登録販売者の資格は主婦の方にもおすすめです。

登録販売者はいろいろな働き方ができるので、子育てや家事をしながらでも、働くことが可能です。

主婦の方でも独学でコツコツと勉強することで十分に合格できます。

忙しくて、なかなか勉強時間が取れない主婦の方におすすする勉強方法を紹介しているので、気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

テキストを使用しよう

登録販売者に限らず、分かりやすいテキストを選ぶことはとても大切です。

通信講座を利用する場合はテキストが付いてくるので、別途購入する必要はあまりありませんが、独学で勉強する人には慎重にテキスト選びを行って欲しいです。

テキストを選ぶ際のポイントやおすすめテキストをランキングで紹介しているので、気になる方は以下の記事を参考にしてください。

過去問は有効

登録販売者の試験は過去に出題された問題が出ることが少なくありません。

また、過去問を解くことで問題の出題形式を知ることができ、有効に勉強を進めることができます。

よって登録販売者の試験を受けるにあたって、過去問題を解くことはとても重要です。

過去問題は一般に発売されているので購入することができます。

また、「過去問クイズ.com」というサイトでもクイズ形式で登録販売者の過去問題を解くことができるので利用するといいでしょう。

登録販売者の過去問事情についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

勉強時間は約300時間

登録販売者の試験に合格するために必要な勉強時間はおよそ300時間と言われています。

一日3時間の勉強を3ヶ月続けるとおよそ300時間になります。

しかし、個人差があり中には100時間ほどの勉強時間で合格する人もいます。

コツコツと勉強を継続することが大切です。

登録販売者の勉強時間についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

おすすめ勉強方法

登録販売者の試験は暗記することがたくさんあります。

薬品の成分名や専門用語など日常生活では聞くことの無いような単語をたくさん詰め込むことになります。

さらに、合格するためには過去問やテキストを繰り返し解き、苦手分野をなくすことが大切です。

以下の記事では、登録販売者試験の試験範囲の各項目ごとに学習のポイントや暗記のコツをまとめているので、気になる方は参考にしてみてください。

成分名の覚え方

登録販売者の試験では難しい成分名を覚える必要があります。

馴染みのない成分名は暗記するのに苦労することでしょう。

そこで、出題頻度の高い成分名から覚えていきましょう。

また、成分表や語呂合わせを作るなどして工夫して覚えることが有効です。

成分名の覚え方についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

漢方の覚え方

登録販売者の試験では漢方も出題されます。

漢字ばかりでとっつきにくいと感じる人もいると思います。

しかし、漢方の出題率はそこまで高くありません。

地道に努力を重ねて覚えていきましょう。

漢方名も語呂合わせや表を作るなどすることが有効です。

漢方の覚え方についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

合格したらすべきこと

ここでは、登録販売者の試験に合格した後、どのようなことをすればいいのか紹介します。

合格後の流れ

登録販売者として働くためには試験に合格することのみではできません。

従事登録、研修、実務経験などが必要です。

合格後の流れについてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

従事登録をしよう

試験に合格しただけでは登録販売者として働くことはできません。

登録販売者として従事する場合は各都道府県で従事登録をする必要があります。

そのためには診断書や登録料が必要です。

詳しい従事登録の仕方は以下の記事を参考にしてください。

診断書について

登録販売者の従事登録をするためには診断書を入手し、申請する必要があります。

「診断書」と聞いて驚く必要はありません。

様式はインターネットからダウンロードできますし、それをかかりつけの病院に持っていき、お医者さんに記入してもらうだけでOKです。

詳しい診断書の入手方法は以下の記事を参考にしてください。

研修を受けよう

登録販売者として働くためには毎年外部研修を受けることが定められています。

研修は集合研修とeラーニングに分かれています。

登録販売者の外部研修についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしたください。

実務経験が必要

正規の登録販売者として認められるためには直近5年以内に2年以上の実務経験をする必要があります。

これは受験資格が撤廃された代わりに定められたものです。

正規の登録販売者でい続けるためには休職する際も3年以上のブランクを作らないように気をつける必要があります。

登録販売者の実務経験についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

実務経験がない場合は?

直近5年以内に2年以上の実務経験がない場合は正規の登録販売者として認められず、研修中の登録販売者となります。

研修中の登録販売者は一人で医薬品の販売が行うことができず、薬剤師か正規の登録販売者の監督のもとでのみ販売することができます。

研修中の登録販売者についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

合格後働かなくてもOK

登録販売者の試験に合格したのち、登録販売者として働かなくても資格は消滅しません。

しかし、登録販売者として再就職する際、直近5年以内に2年以上の実務経験がないと、正規の登録販売者として認められないので注意が必要です。

合格後働かないことについてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

資格は永久

何もしなければ資格は消えてしまうのかと思う人もいるかもしれませんが、一旦取得した登録販売者の資格は消えません。

ただ、正規の登録販売者として働き続けたい場合には実務経験などを申告する必要があります。

「育児のために休んでいたけれど、登販の資格を生かしてもう一度働きたい!」などの事情で登録販売者の資格とブランク期間の関係について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

更新をしよう

登録販売者の資格自体は消えませんが、研修や実務経験がないと正規の登録販売者として認められなくなります。

研修の参加証明書や、実務経験証明書を提出して登録販売の更新をしましょう。

更新に際しては、実務経験証明書の提出や普段からの勤怠簿・業務日誌の記入が必要となってきます

登録販売者の更新についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者の求人

登録販売者はどのようなところで働けるのでしょうか。

また、転職事情はどうなっているのでしょうか。

ここでは登録販売者の就職・転職の基本情報を紹介します。

主な職場はドラッグストア

登録販売者の主な就職先はドラッグストアです。

医薬品の販売を行うだけではなくスタッフとしてレジ打ちや、商品の管理をする必要があります。

ドラッグストア以外にも薬局やコンビニ、スーパーなどで働くこともできます。

職場によって仕事内容や勤務時間は変わってくるので自分にあった職場選びが大事です。

登録販売者の就職先についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者は履歴書に書ける資格

登録販売者は履歴書に書くことのできる資格です。

ただし履歴書に記入する際は、正式名称である「医薬品登録販売者」として記入するようにしましょう。

またドラッグストアなどで働く場合、実務経験の有無は採用する側にとって非常に大切な情報になりますので、確実に履歴書に記入しておくことが必要です。

以下の記事では、登録販売者の履歴書の書き方や書くときに気をつけるポイントについて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

薬局で働くことも可能

登録販売者は薬局で働くことも可能です。

薬局といえば薬剤師が思い浮かぶかと思いますが、登録販売者は一般医薬品の販売や調剤補助、窓口対応などをします。

薬剤師と一緒に働けるということもあり、登録販売者としては、かなり魅力の多い職場です。

登録販売者が薬局で働く場合の給料や仕事内容などについて、もっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者の転職事情

登録販売者はどのような職業に転職するのでしょうか。

基本的にヘルスケア系の仕事が多いですが、様々な分野で活躍することができます。

例えば、医薬品に関する知識を活かして、製薬会社の営業職、介護サービス業、エステなど、様々な職業に転職しています。

登録販売者の転職先や転職の仕方などについてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

漢方薬局を開業

登録販売者の資格を得た後に、漢方薬局を開業することも可能です。

東洋医学が見直されている昨今、漢方薬局はブームになってきていますし、独立するのはたくさんの費用がかかりますが自分で営業する楽しさがあります。

漢方薬局での仕事内容や漢方薬局で扱う薬に興味がある方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者は英語力が生かせる

登録販売者は英語力が生かせる仕事です。

近年、外国人観光客や、在日外国人が増加しています。

そのため、登録販売者の主な就職先であるドラッグストアは日本人のみならず、たくさんの外国人が利用します。

そこで、英語でお客さんと対応できることができれば、とても役に立ちます。

英語力があると、就職の際も有利になることでしょう。

登録販売者と英語の関係についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者の給料

登録販売者の給料はどれくらいなのでしょうか。

月給20万円ほど

登録販売者の月給は20万円ほどです。

登録販売者と言っても正社員、店長、アルバイト、パートなど様々な雇用形態があります。

時給は850~1100円程度で、夜勤や早朝手当が支給される場合もあります。

開業をするとさらに高収入を狙うことができます。

登録販売者の給料についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者の将来性

登録販売者は2006年に設立された比較的新し資格ですが、これからの需要はどうなるのかみていきましょう。

登録販売者の今後

登録販売者という資格は今後需要が伸びていくと言われています。

なぜなら、登録販売者の主な職場であるドラッグストアは成長産業であり、これからも店舗数は拡大していくと思われるからです。

また、医薬品を販売したいスーパーやコンビニも増加しています。

そのため登録販売者を求める店舗はたくさんあります。

よって登録販売者の需要は今後も高い水準にあるでしょう。

登録販売者の将来性についてもっと詳しく知りといという方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者は仕事がない!?

一方、登録販売者は仕事がないという声もあります。

これは需要が少ないという意味ではありません。

前述した通り、登録販売者の求人は豊富にあります。

登録販売者が仕事がないと言われる理由は、主な就職先がドラッグストアや薬局に限られるからです。

登録販売者の仕事がないということに興味がある方は以下の記事を参考にしてください。

役に立つ資格

「登録販売者は役に立たない資格だ」と言われることがあります。

登録販売者が役に立たないと言われてしまう理由は、薬剤師という上位資格があったり、取得人数が非常に多かったりするからと言われています。

しかし、実際は登録販売者は勉強することでとても役に立つ資格です。

医薬品や健康に関する知識は生活する上でもいかせますし、成長産業であるヘルスケア業界では、需要もかなり大きな資格です。

登録販売者が意味のある資格なのか気になる方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者の意義

登録販売者の仕事は、とても意義深い仕事です。

健康や医薬品に関する知識はとても大切ですし、今後も必要となってくるでしょう。

薬剤師は数が限られています。

セルフメディケーションが大事になってきている現在、医薬品をより身近に利用できるために登録販売者の存在が不可欠です

登録販売者は意味のある仕事なのか、もっと知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者の本音

実際、登録販売者として働く人の意見を調べてみると、シフトがキツイ、仕事内容がハード、などという意見があるようです。

しかし、お客さんの役に立つ仕事なのでやりがいも感じられます。

これから登録販売者を目指す場合は、こういった実際に働いている方の口コミや生の声を聞きたいと思われるのでは無いでしょうか。

登録販売者として働く人の率直な意見を知りたい、という方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者のおすすめ通信講座

登録販売者の資格取得を目指すら、通信講座を利用することがおすすめです。

通信講座を利用することで効率的に学習をすることができます。

そこでおすすめの登録販売者の通信講座を紹介します。

ユーキャン

ユーキャンは、言わずと知れた通信講座の大手です。CMやチラシを見てその存在を知っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

料金は少し高めですが、大手だからこその安心感があります。

添削指導やフォロー制度も充実しています。

ユーキャンの登録販売者講座の教材やサポート体制、優れているポイントや残念なところについてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

たのまな

たのまなの登録販売者は長期間のサポートが受けられることがポイントです。

一度試験に失敗したとしても、サポートを受けながら再挑戦できることは大きな魅力ですね。

教材も分かりやすいと評判で、料金も良心的です。

たのまなの講座の教材やサポート体制、メリットやデメリットについて登録販売者講座が気になる方は以下の記事を参考にしてください。

登録販売者についてまとめ

登録販売者についてまとめ

  • 登録販売者は成長産業であるドラッグストアで活用できる資格
  • 医薬品や健康に関する知識が身につく
  • 難易度はそこまで高くはなく、コツコツ勉強することで合格が可能

登録販売者について紹介してきました。

登録販売者の需要は高く、短期で合格が狙えるのが魅力です。

ぜひ取得を検討してみてください !