登録販売者合格に必要な勉強時間は?独学での勉強方法や試験対策を解説!

更新日時 2020/05/11

「登録販売者の試験に合格するには、どれくらいの勉強時間が必要なのか?」

このように感じている人もいるのではないでしょうか。

登録販売者の試験に合格するため、勉強を進めていく上で気になってきますね。

この記事では、登録販売者の試験に合格するための必要な勉強時間や独学での勉強方法・試験対策を解説していきます。

読み終わった人は、安心して勉強に取り組めるでしょう。

登録販売者合格に必要な勉強時間についてざっくり説明すると

  • 勉強時間は400時間前後が目安
  • 合格基準は120問中84点以上が必要
  • 合格率は40%台を推移している

登録販売者合格までの勉強時間はどれくらい?

時間を考える

登録販売者の試験に合格する事を目指している人は、一般的な勉強時間が気になるはずです。勉強時間は400時間前後ですが、個人差はあります。

中には90時間前後で合格する人もいますが、合格ラインのギリギリになる可能性もあるでしょう。

反対に勉強期間が長過ぎてしまい、せっかく覚えた知識やモチベーションが続かない事もあり得ます。

上記で勉強時間が400時間前後と説明しましたが、ピンとこない人もいるでしょう。

1日約2時間の例では、平日1時間・土日5時間で勉強すると約7ヵ月の期間が必要です。平日に時間があまり無く、土日に集中する人はこのような時間割になるでしょう。

他には1日4時間の例では、平日2時間・土日9時間で勉強すると約4ヵ月の期間が必要です。スケジュール的には厳しくなりますが、短期的に合格を目指したい人には良いでしょう。

自らの生活スタイルに合わせた勉強時間を確保して、計画を立てていくのがおすすめです。

独学で登録販売者取得をするための勉強法は?

勉強を考える

社会人になると働きながら、勉強を進めていくのは大変ですね。限られた時間や場所で勉強するため、独学を選ぶ人もいるでしょう。1人で勉強を進めていくのは、不安や疑問に感じる事が多くあるはずです。

その不安や疑問を解消するために1つずつ独学の勉強法や対策などを、説明していきます。

まず、登録販売者の試験科目は以下のようになります。

  • 医薬品に共通する特性と基本的な知識
  • 人体の働きと医薬品
  • 主な医薬品とその作用
  • 薬事関係法規・制度
  • 医薬品の適正使用・安全対策

上記の試験科目をしっかりと勉強する必要があります。どのようにスケジュールを組めば良いのか、迷いますね。ここからは、疑問に感じている事を解決いきましょう。

登録販売者の独学スケジュール

試験では、5つの試験科目がある事が分かりました。次に各試験科目をどのタイミングで取り掛かっていいのか、悩むでしょう。また、1つの試験科目に費やす勉強時間も知りたいですね。

まず、最初に勉強する科目は「主な医薬品とその作用」が良いでしょう。この「主な医薬品とその作用」は、出題数が最も多く暗記する専門用語もあり、時間と労力を相当費やします。

登録販売者の試験でキーポイントとなる「主な医薬品とその作用」の勉強時間は、約150時間を充てても良いでしょう。この科目でどれだけ点数を取れるか、合格への大事なポイントです。

その他の科目も平均的に勉強する必要がありますので、取り組みやすい科目から挑戦していきましょう。

初期

最初は「主な医薬品とその作用」の科目から、勉強に取り掛かっていきます。大事な科目なので、しっかりと勉強を進めるようにしましょう。

他の科目も順番に勉強をしていき、使用しているテキストを1周して全体の感じを掴みましょう。

完璧に覚えていくのはなかなか難しいので、全体の感じを把握しつつ単語や用語などを1つずつ頭の中に入れていくと良いです。各試験科目がどのような内容に分かれているのかを知り、着実に知識を深めていきましょう。

中期

テキストを1周した後は、過去問を解き始めると良いです。過去問を解く事は、覚えた知識を確認する絶好の機会になります。最初は間違えても良いので、どんどん問題を解いて構いません。

今の知識でどれくらい解く事が出来るのか、現在の実力を把握しましょう。また、試験問題に慣れて試験の傾向を掴む事も出来ます。

間違えた問題についてはしっかりとチェックして、納得するまで解き直しましょう。自分の弱点を克服しながら、得点を伸ばす事が合格への近道です。

後期

テキストと過去問を解き進めていき、だいぶ知識を深めたはずですね。後は隙間時間などを有効的に使いながら、知識を定着していく事です。多くの単語は1度に覚える事は難しいので、日々勉強して頭の中に入れましょう。

また、過去問を解く際に1問あたり2分を目安にして当日の試験に近い状態にすると良いです。時間を掛けるよりも一定の時間で解き進めていく事で、当日の試験でも落ち着きを保てます。

1つでも多くの問題を解く事を意識して、試験で存分に実力を発揮しましょう。

科目別勉強法

ここからは、各科目別の勉強方法を説明していきます。登録販売者の試験で最も大事な「主な医薬品とその作用」を含めて、各科目ごとの特徴や勉強方法を把握しましょう。

各科目ごとにどのような出題がされて、どう勉強をしていけば良いのかを知る事は効率的に進めるために大切な事です。限られた時間の中、自分の合ったスタイルで知識を深めていきましょう。

第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識

最初の章である「医薬品に共通する特性と基本的な知識」は、常識的な問題が多くなります。また、試験勉強を始めるのに取り組みやすく科目です。試験では満点を狙える科目でもあるため、9割以上の正答率を目指しましょう。

初心者には、基礎を学ぶために最適な科目です。基礎の部分だからこそ、試験ではミスをすることなく、積極的に満点を取りましょう。

第2章 人体の働きと医薬品

続いて「人体の働きと医薬品」の科目は人体の構造を知るために、図を参照すると良いです。文字だけでは分かりずらいので、図を使う事は最適です。

この科目の内容には薬が働く仕組み・副作用があり、難しい専門用語が多く出てきます。

そのため、しっかりと専門用語を覚えて頻出ポイントを掴めば得点を伸ばせるでしょう。また、第3章との関わりが強くなっており、この科目の理解を深める事は大事です。

第3章 主な医薬品とその作用

登録販売者の最も大事な科目が、第3章の「主な医薬品とその作用」です。試験の出題数が全部で120問あり、第3章は40問と3分の1を占めています。この数値を見れば、とても大事だと分かりますね。

「主な医薬品とその作用」は暗記の内容が多く、1つずつ覚えていく事が大事です。頻出語句は確実に覚えて、本試験で間違える事がないようにしましょう。

また、生薬・漢方を覚える事が大変なため、キーワードを絞って効率的に勉強する事が必要です。

第4章 薬事関係法規・制度

第4章の「薬事関係法規・制度」は、問題を解き進めていき知識を深めてきましょう。その中で重要なポイントを掴んでいき、正答率を上げる事が必要があります。

また、法規に関しては改定されますので、最新情報の確認を怠らないようにしましょう。気付かないうちに情報が変わっている事もあり得ますので、情報収集も大事な試験対策です。

第5章 医薬品の適正使用・安全対策

最後の第5章は「医薬品の適正使用・安全対策」で、他の科目との関連性が高くなっています。そのため、各科目の仕上げとして取り組むと良いでしょう。各科目で勉強した事を確認する機会になります。

この章は、毎年似たような問題が出る傾向になっており、高得点を狙えるでしょう。過去問を解く事で、正答率を上げる事が出来ます。

暗記をするときのコツ

試験勉強を進めていく順番としては、最初に参考書を解きます。参考書を1周した後は、過去問に取り組んで慣れていきましょう。勉強をしていく中で、様々なコツがあります。

例えば、難しい専門用語や文章を覚える時に語呂合わせを使う事です。逆に文章で理解しずらい場合は、イラストで覚えてノートを活用するもありでしょう。

また、日常生活で得た知識で解ける問題もあり、近くにある医薬品を見るだけでも勉強になります。自分がしやすい方法で勉強をしていきましょう。

過去問を中心に学習をする

テキストを使った後は、過去問を中心に勉強を進めていく事がおすすめです。登録販売者試験の出題範囲は限られているため、過去問を解く事は有効的になっています。

ちなみに過去問は各都道府県のホームページに掲載されており、それぞれの地域の過去問も解く事も可能です。問題の選択肢がなぜ違うのか知る事も、知識をより深められます。

合格基準を意識する

ここでは、登録販売者の試験に合格する基準について説明していきます。登録販売者の試験の合格基準は、全体の7割以上の得点を取る事です。

且つ、各試験項目ごとの出題数に対して3.5割以上の正答が合格の条件になっています。都道府県によっては、4割以上の場合もあります。

出題数が120問で1問1点の120満点になっているため、84点が7割です。この数値を覚えておくと、良いでしょう。また、5科目で3.5もしくは4割以上取らなければいけません。そのため、苦手科目を作らないようにしましょう。

試験では難問が出題される可能がありますが、その場合は気にぜすに解ける問題から取り組む事が大事です。

難題に時間を費やし過ぎては、解ける問題まで手が回らない可能性があります。確実に得点を取るためには、解ける問題から取り組みましょう。

試験の解答はマークシート形式で、細かい成分名まで完璧に覚える必要はないです。完璧を求め過ぎずに、しっかりと全体の勉強をしていきましょう。

手引きの改定に注意する

手引きは試験前の3月30日に発表されて、改定される場合もあります。試験については各都道府県が作成しますが、厚生労働省からガイドラインが発表されるのです。

特に第4章「薬事関係法規・制度」は変更・追加される事が多く、最新の情報を見逃さないように情報収集する必要があります。勉強をしながら情報収集は大変でしょうが、試験対策の1つとして行いましょう。

独学する人におすすめのテキストは?

登録販売者の独学におすすめのテキストは、「解説がとっつきやすい」「図やイラストが豊富」「カラー印刷」という3つの特徴を備えたテキストです。

独学をする場合、文章ばっかりの難しめのテキストを買ってしまうと途端にモチベーションが下がってしまい、毎日の勉強が続かなくなってしまいます。

そのため、独学の参考書・テキスト選びのコツは、分厚い文字ばっかりのテキストを買うよりもカラフルでイラストが豊富な楽しい見た目のテキストを買うのがおすすめです。

以下の記事では、独学でおすすめの参考書について解説していますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

内部リンク1219番

効率的に合格を目指すなら通信講座がおすすめ

学ぶと方法 登録販売者試験はもちろん独学可能な試験ですが、短期間で確実な合格を目指す場合は、通信講座を利用するのがおすすめです。

通信講座なら効率的な対策ができる

通信講座は、受講費用こそかかってしまうものの、独学で勉強するのに比べて効率的に対策することができます。

通信講座で使用する教材は、長年の出題形式を徹底的に分析して「出題される箇所」のみをピックアップして丁寧に解説したテキストですから、医薬品に関する知識が全くない方でも難なく勉強することができるでしょう。

また、添削や質問対応などのサポートがついている講座も少なくないので、疑問点を何日も引きずらずに効率的でスピーディーな勉強をすることができます。

「仕事で忙しいけれど合格を目指したい」「初学だけど一発合格したい」といった方は、効率的で確実な勉強ができる通信講座を利用するのが正解と言えるでしょう。

講座費用が助成金で安くなる場合も

登録販売者の通信講座の講座費用は、30,000円〜40,000円と非常に高いものになってしまいます。

しかし、厚生労働省が実施する「教育訓練給付制度」の対象講座を受講したり、「母子・父子家庭等自立支援給付金制度」を利用することで講座費用の割引が受けられる可能性があります。

前者の「教育訓練給付制度」は、厚生労働省が指定する講座を受講する場合に、収入などの一定条件を満たした方に対して講座費用の最大2割が給付される制度です。

後者の「母子・父子家庭等自立支援給付金制度」は、教育訓練給付金制度を利用した母子家庭の母もしくは父子家庭の父に対して講座費用の最大6割を支給する制度です。

どれも受給に条件こそあるものの、当てはまる場合は講座費用を大幅に割り引いて受講できる可能性があるのでしっかりチェックしておきましょう。

おすすめの通信講座はユーキャン

登録販売者の通信講座で、資格Timesがおすすめしているのが、先述した「教育訓練給付制度」の対象にもなっている「ユーキャンの登録販売者講座」です。

業界No.1の有名企業ユーキャンの登録販売者講座のカリキュラムは、他の講座と比べても群を抜いて素晴らしく、初学の方や育児・仕事で忙しい方でも短期間で合格を目指せる教材・サポート体制が揃っています。

わかりやすいイラスト豊富なテキストや充実の添削・質問対応制度など、登録販売者を目指す方なら受講しておいて損はない高クオリティな講座なので、是非この機会にチェックしてみてください。

登録販売者の難易度は高くない!

数値を確認

登録販売者の試験を受けようとする人は、難易度が気になるでしょう。実は、登録販売者の難易度は高くないのです。国家試験の中でも、取得しやすい資格になっています。

その理由は合格率が高く、毎年40%台もあるのです。2019年には60000人以上が登録販売者の試験を受けて、合格率は43.4%もありました。しっかりと勉強をすれば、合格する事は可能な資格です。

また、2015年からは実務経験の無くても受験が可能になったため、誰でも受験する事が出来ます。受験資格が無くなり多く人が受ける事が可能で、合格率も上がったのでしょう。

登録販売者受験者の受験動機は?

考えると書く

国家資格の中でも難易度が高くない登録販売者ですが、毎年多くの人が受験しており、2019年には60000人以上の受験する人気の資格です。この受験者数で、合格率が40%台の国家資格はなかなかないでしょう。

ちなみに登録販売者の受験者は、どのような受験動機があるのでしょうか。当然、仕事の業務で必要なため資格習得をしようとしている人は多くいるはずです。一体、どのような動機があるのか紹介していきます。

働いている人以外にも受験している人もいるはずなので、意外な理由もあるでしょう。400時間の勉強時間が必要な資格なため、明確な理由やモチベーションがなければ長続きません。

医療や健康に関わる仕事がしたい

登録販売者の試験の受験動機として、医療関係の仕事が就きたい・医薬品やヘルスケア全般に興味があるなどがあります。幅広い知識や専門用語もあり、資格習得する事で一定の知識があると証明出来ますね。

医療関係で仕事をする上で役に立つ資格なため、資格習得を目指すのでしょう。また、医薬品やヘルケア全般に興味がある人も、知識を深めて関連する仕事に就こうとしています。

専門資格がほしい

上記でも説明しましたが、登録販売者の資格を習得すれば就職・転職の時に有利になるでしょう。専門的な知識を得ていますので、登録販売者を求める会社はいくつもあります。

例えば、ドラッグストアや薬局では医薬品を取り扱うため、登録販売者が必要になってきます。また、全国展開するドラッグストアや薬局が住まいの近くであれば、働く事も可能です。自分の仕事の幅を広げる事が出来るでしょう。

試験当日はどんな流れなの?

確認を行う

試験当日を迎えた受験者は期待と不安を抱いたまま、会場に向かいます。日々、勉強を進めてきた成果が問われるため、緊張している人も多いですね。

試験に落ち着いて臨む事が大事ですが、しっかりと準備をしているでしょうか。

会場に入ってから、忘れ物がないように事前の準備が必要です。特に受験票や筆記用具などを忘れてしまっては、今までの苦労が水の泡になりかねません。前日から試験に持っていく物を確実に整えましょう。

そして、試験当日の朝には余裕を持って起き、改めて持ち物をチェックをして万全の状態にしましょう。気持ちに余裕が出来ると本番の際、より集中して臨めます。

試験当日の持ち物

ここでは、試験当日に必要な持ち物を紹介しましょう。必須になるのは受検票・筆記用具の2つです。もし、当日に受験票を紛失したとしても仮の受験票を発行してもらえますので安心して下さい。

試験形式はマークシートになっており、シャープペンシルよりも鉛筆の方が良いです。事前に、鉛筆を使って慣れておく事をおすすめします。

他の準備物として、腕時計も用意しましょう。これは、試験会場に時計が付いていない場合や席から見えにくい時の対処方法です。ただ、検索機能付きの腕時計はダメですので注意しましょう。

試験時間はどれくらい?

登録販売者試験は、午前と午後に分かれています。午前と午後の各試験とも問題数は60問で、時間は120分になっております。その間に45分~1時間の休憩時間があり、外出は可能です。

試験中の退出は、開始から一定時間が経ってから可能になります。午前の試験を早く終えて、午後の試験勉強をした人は早めに退出する事も良いでしょう。

しかし、1度退出してしまうと戻れなくなります。解答に誤りや会場に忘れ物がないか、よく確認した上で判断をしましょう。

出題の順番は各地域によって異なりますので、自分が受ける場所の試験案内を確認しましょう。

当日に自己採点ができる

受験者は試験が終わった後、当日インターネットで解答速報が見れる事が出来ます。早い場合は午前の試験が終わった時点で、解答を見る事も可能です。休憩中に自己採点をして、午後の試験に臨む事が出来ますね。

また、午後の試験での目標点数や弱点を把握して、気持ちを引き締められるでしょう。

合格発表はいつ?

試験を終えた受験者にとって、合格発表がいつになるのか気になりますね。東京都ですと受験日が2019年9月8日の場合、合格発表は10月8日です。試験日から約1ヵ月後前後が目安になるでしょう。

発表方法は東京都福祉保健局ホームページです。また、合格者全員に郵送で通知されます。合格者の中には郵送で通知されてから、実感する人もいるでしょう。

登録販売者合格を掴み取るコツ

気持ちが大事

ここまで登録販売者の試験について、勉強時間や勉強方法など独学での試験対策を伝えてきました。合格率が40%台と他の国家試験に比べて、難易度は低くなっています。

しっかりと勉強を積み重ねていけば、試験に合格する事は可能です。しかし、勉強時間の目安である400時間を超える事は大変でしょう。時間的な部分と気持ち的な部分が、上手く噛み合わないといけません。

時間にゆとりのある計画を立てても、モチベーションが低くては途中で挫折してしまいます。モチベーションを高く保ったまま、短期間に集中して勉強を続けて合格を掴み取るのが理想的な勉強プランとなります。

ここで鍵になるのが「合格後の姿を考える」ことと「ライバルを作る」ことです。

モチベーションを高く保ち続けるために、ぜひ「合格したらどんなメリットがあるか」を箇条書きにしてみてください。そうすることで、合格後のイメージが湧き、また勉強に向き合うことができます。

加えてライバルを作るのも有効です。わからない所を聞けるだけでなく、勉強時間を競ったり進捗をくらべたりすることでお互い刺激になり、一人で勉強するよりも高いレベルで勉強に取り組むことができます。

モチベーションは「自分で操るもの」ですから、しっかりと高く保って維持していきましょう。

登録販売者合格に必要な勉強時間についてまとめ

登録販売者合格に必要な勉強時間についてまとめ

  • 登録販売者の試験は独学可能
  • 「医薬品に共通する特性と基本的な知識」の科目が合格を左右する
  • 5科目中1科目でも一定の基準を超えなければ、不合格

登録販売者合格について、様々な項目に分けて解説してきました。

試験勉強をコツコツと行っていけば、独学でも十分可能です。

自分のスタイルに合った計画を立てて、合格を目指しましょう!