【2020最新】登録販売者通信講座ランキング|主要8社を徹底比較!

更新日時 2020/05/21

「登録販売者の通信講座を受講したいけど、色々あってどれが良いのかわからない・・・」

そんな風に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

通信講座は決して安くはないので、各講座の特徴をきちんと把握して慎重に選びたいですよね。しかし、どの講座も一見似たようなものが多く、選ぶのがなかなか難しいという方も多いと思います。

この記事では、資格Times運営陣が登録販売者の通信講座を他社と比較しながら徹底的に分析し、通信講座を選ぶ際に重要な

  • 価格・費用
  • 教材内容
  • サポート体制
  • 講座のバリエーション
  • 会社の信頼性

の5つの基準をもとにランキング形式で紹介します。

1位:ユーキャン

ユーキャン

ユーキャンの登録販売者講座の特徴

  • 値段はやや高め
  • 種類豊富な質の高い教材
  • 初学者や忙しい人でも安心の充実したサポート
  • 大手企業で信頼度は非常に高い

ユーキャンは「通信講座の王様」と呼ばれており、通信講座業界では最大手の1つとなっています。

知名度が高いだけでなく、講座内容でも高い評価を受けています。特に、7回の添削指導や学習スケジュール作成など、学習サポートが充実していることが特徴です。

費用はやや高いですが、それに見合った質の高いサービスを受けることができます。初学者や忙しい人など、学習に不安がある方に特にオススメの講座です。

ユーキャンの登録販売者講座の評価項目

ユーキャンの講座費用は、デジタルテキスト付きの場合、一括払いで税込49,000円、13回の分割払いで税込49,400円となっています。

デジタルテキスト無しですと、一括払いで税込46,000円、13回の分割払いで税込46,540円です。

登録販売者の通信講座の相場が40,000円程度であることを考えると、相場より高いといえます。その分サポート内容は充実しているので、確実に合格したい方にオススメです。

ただし一般教育訓練給付制度の対象であり、「現在働いているか、仕事を辞めて1年以内である」「添削課題を期限までに提出し、基準点を満たす」などの条件を満たせば、学費の20%が支給されます。

ユーキャンのメインテキストはカラフルで読みやすいです。また、各レッスンの初めに学習ポイントを確認し、終わりに「check test」で理解度を確認することで、効率良く学習を進めることができます。

メインテキストで一通り勉強した後、「分野別問題集」で問題演習を行います。問題が分野別にまとまっているため、苦手な分野を集中的に勉強することで効率良く苦手を克服することができます。

また、日頃のちょっとした隙間時間や試験直前での勉強に便利な「重要ポイント&チェック」、本番の試験より30分短い時間で解くことで解答力と時間感覚が身につく「210分チャレンジ模試」といったテキストもあります。

ユーキャンの最大の特徴は、添削課題6回と、模擬試験1回、計7回の添削指導を行ってくれることです。

提出した回答はコンピュータで分析され、詳しい解答と解説と共に返却されます。

添削指導によって、自分では気づけない弱点や得点を上げる方法を知ることができたり、時には先生から温かいメッセージをもらえたりします。

また、受講者1人1人の受講開始時期に合わせて専用の学習スケジュールを作成してくれるので、初学者でも安心して勉強できます。

万が一学習が遅れてしまってもスケジュールを作り直してくれますし、ユーキャンの標準学習期間は8ヶ月ですが、最大14ヶ月まで全てのサービスを利用することができます。

1日の質問回数は3回までですが、他社よりサポートは圧倒的に充実しているといえるため、サポート体制の観点で満点の評価とさせて頂きました。

ユーキャンの登録販売者講座は、デジタルテキスト付きデジタルテキスト無しの2種類があります。

デジタルテキスト付きのコースを受講した場合、メインテキストや「重要ポイント&チェック」など4種類のテキストが全て収録されたデジタルテキストがついてきます。

費用は3,000円程度プラスされてしまいますが、デジタルテキストがあれば、スマートフォンやタブレットでいつでもどこでも勉強できます

ですので、デジタルテキスト付きのコースを選ぶ価値は十分にあるといえます。

CMや新語・流行語大賞などで「ユーキャン」の名前を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。ユーキャンは1954年に創業された歴史ある企業で、通信講座業界でも大手となっています。

現在では約130の講座が用意されており、年間約60万人がユーキャンの通信講座を利用しています。長年の実績により通信講座に関する豊富なノウハウが蓄積されていることから、信頼性では満点の評価となりました。

ユーキャンを実際に使った人の口コミ(一部抜粋)

女性/初心者でも合格できた

メインテキストでは、最初にこのレッスンで学ぶことが書いてあったので、ポイントをつかみやすかったです。医薬品とその効能についてもわかりやすくまとめてありました。

『重要ポイント&チェック』は、本番の試験に同じ問題が出て、非常に役立ちました。私は全くの初心者でしたが、ユーキャンのおかげで合格できました。

30代女性/先生からのメッセージに励まされ合格

試験直前の模擬試験が合格ラインに全く達しておらず、諦めかけていました。そんな時に先生から、「努力は裏切らないから頑張れ」というメッセージを頂きました。

その言葉に勇気づけられ最後まで勉強を続けた結果、合格することができました。

2位:ヒューマンアカデミー『たのまな』

たのまな loading=

ヒューマンアカデミー『たのまな』の登録販売者講座の特徴

  • 価格は相場と同じくらい
  • 重要箇所がわかりやすい教材
  • 質問が何度でもできる上、セミナーまで開催
  • 内容が違う2種類の講座を用意

ヒューマンアカデミーは、通信講座以外にも様々な教育サービスを展開している企業です。そのノウハウを活かして、試験対策セミナーなども開催しています。

また、テキストは重要箇所がわかりやすくなっていたり、質問サービスが回数無制限であったりと、総合的に見て非常に講座内容の質が高いといえます。

たのまなの公式サイトはこちら

ヒューマンアカデミー『たのまな』の登録販売者講座の評価項目

たのまなの講座費用は一括払いの場合、講義解説動画や過去問題がついた「登録販売者合格総合講座」が税込44, 800円、それらがついていない「登録販売者合格講座」が税込37,700円となっています。

どちらの講座も、登録販売者の通信講座としては一般的な価格といえるでしょう。

さらに、一般教育給付金制度の対象となっているため、一定の条件を満たした方は受講料の最大20%がハローワークから支給されます。

たのまなのテキストは、専門用語が「WORD」で目立つようになっていたり、重要語句や数字が赤字になっていたりと、どこを覚えるべきかがわかりやすくなっています

またテキストの随所に、重要ポイントを簡単にまとめた「ここがツボ!!」、要点を○✕クイズで確認できる「重要確認チェック」といったカテゴリが設けられています。

さらに、各ポイントの最後には、過去問題を抜粋した小テストで理解度を確認できます。覚えにくい成分名などをまとめた「受験対策 重要ワード集」という教材もテキストに付属しています。

たのまなでは通信講座に加えて、「登録販売者試験直前対策セミナー」といったセミナーを開催し、合格できるか不安な方をサポートしています。

また、サポート期間内は質問サービスを回数無制限で利用することができます。

教材に付いている質問表かメールで質問することができ、疑問をすぐに解決してスムーズに学習を進めることができます。

たのまなの登録販売者講座は、登録販売者合格総合講座登録販売者合格講座の2種類あります。

2つの講座の違いとしては、「登録販売者合格総合講座」には18ヶ月のeラーニング視聴期間、マルチデバイス対応、講義解説動画、過去問題、進捗管理といったサービスがついていることです。

2つの講座の差額は約7,000円と決して小さくないので、自分がどれだけ勉強できるかを考慮して慎重に選ぶとよいです。

ヒューマンアカデミーは通信講座だけでなく、資格の専門スクール、ビジネススクール、オンライン英会話など様々な教育サービスを用意しています。

1985年に開講して以来、142万人以上の修了生・卒業生を輩出し、20万人以上の受講生が資格・検定試験に合格しました。さらに、専門的学習サービスに対する国際規格の認証を取得しています。

資格に留まらず様々な教育サービスで高い評価を受けている企業といえます。

ヒューマンアカデミー『たのまな』を実際に使った人の口コミ(一部抜粋)

30代主婦/わかりやすいテキストと充実したサポート

テキストはわかりやすく、持ち運びに便利な「受験対策 重要ワード集」はとても役に立ちました。 テストの際に頂く先生からのメッセージに励まされるなど、サポート体制もしっかりしています。

無事に資格を取得することができ、たのまなを受講して本当に良かったです。

20代学生/eラーニングが役に立った

自分でどう勉強すればよいのかわからず、たのまなの通信講座を受講しました。

まとまった勉強時間がなかなか確保できませんでしたが、隙間時間にパソコンやスマートフォンで過去問を繰り返し解きました。その結果、受講を開始してから半年で合格できました。

たのまなの公式サイトはこちら

3位:三幸医療カレッジ

三幸医療カレッジ

三幸医療カレッジの登録販売者講座の特徴

  • 値段は他社と比べてリーズナブル
  • 独自のサイクルに基づいた教材
  • 通信講座でも担任講師がついてくる
  • 模擬試験や直前対策セミナーも利用可能

三幸医療カレッジは登録販売者に特化して通学講座なども展開しています。そのため、担任講師や全国模擬試験、セミナーなど、通信講座では珍しいサービスを受けることができます。

教材も独自のサイクルにこだわることで、受講者が確実に内容を理解し知識を定着させられるようになっています。

さらに、値段もeラーニングコースで35,200円と相場より安くなっています。この値段でこういったサービスが受けられるというのは、非常にコスパが良いといえます。

三幸医療カレッジの登録販売者講座の評価項目

三幸医療カレッジの講座費用は、eラーニングコースで税込35,200円、DVDコースで税込47,300円となっています。

eラーニングがついて3万円半ばというのは、登録販売者の通信講座としては安いといえますので、価格・費用において満点となっています。とにかく価格を抑えたいという方に、三幸医療カレッジはオススメです。

さらに、自宅で受験する全国公開模擬試験とDVDで視聴する直前対策セミナーをセットで申し込めば、受講料が20%OFFになります。

どの講座も一般教育訓練給付制度の対象であり、対象者には講座修了後に受講料の20%が支給されます。

まずは通学コースでの授業を再現した講義動画を、eラーニングまたはDVDで視聴し、出題範囲を一通り勉強します。それと平行して、頻出項目をベースにした練習問題集を解いて自分の理解度を確認します。

次にテキストを読みながら、ワークブックで重要語句の穴埋めをしていきます。その際に、苦手な箇所に印をつけたり、テキストの説明を書き加えたりすることで、ワークブックを自分オリジナルのノートにしていきます。

テキストは白黒ですが、図や表が多く使われていたり、よくある質問がQ&A方式で解説されていたりと、わかりやすくなっています。

その後、もう一度講義動画を視聴して知識を定着させます。最後に全360問ある予想問題集を解いて、知識が完全に定着したか確認します。ただし、この予想問題集は別売りなので注意しましょう。

三幸医療カレッジでは、通信講座にしては珍しく受講者1人1人に担任講師がつきます。通学講座も強い三幸医療カレッジならではの特徴といえるでしょう。

担任講師が受講者の理解度を把握し、適切なアドバイスをしてくれることで、苦手の克服がしやすくなります。ただし、提出課題は3回分しかありません。

三幸医療カレッジの登録販売者講座は、eラーニングコースDVDコースの2種類があります。

eラーニングコースはパソコンやスマートフォンで受講する一方、DVDコースではDVDを視聴します。費用はかなり高額になりますが、ウェブ上の操作が苦手な方にオススメです。

またこの2つのコースに、自宅または会場で受験する全国公開模擬試験や、DVDまたは通学で受講する直前対策セミナーをセットにすることができます。

模擬試験のみセットにしても模擬試験とDVDの両方をセットにしてもOKです。

これらを組み合わせることで、8種類の受講パターンが存在しており、その多さから講座のバリエーションの観点で満点となりました。

三幸医療カレッジは登録販売者に特化しており、登録販売者試験の通学講座がある上、資格取得後の継続研修も開催しています。

このことから、登録販売者に関する豊富な知識や経験があるといえるでしょう。

また三幸医療カレッジでは、毎年受講生の合否結果を調査し、合格率を公表しています。

なぜなら、受講するか判断する際に合格率は大切な判断材料であると考えているからです。

ちなみに2020年度の登録販売者試験における三幸医療カレッジの合格率は82%で、全国平均の43%と比べて2倍近くになっています。

自信を持って合格率を公表していることから、会社の信頼性を高く評価しました。

三幸医療カレッジを実際に使った人の口コミ(一部抜粋)

40代女性/教材がわかりやすかった

合格率の高さを見て、三幸医療カレッジの受講を決めました。教材はわかりやすく、授業動画の順番に沿って勉強することで、大切な基礎を身につけることができました。

40代女性/質問サービスが便利

テキストはわかりやすく、ワークブックや手引き集も自宅での勉強に役立ちました。

勉強の仕方について時々質問していましたが、先生の丁寧なアドバイス通りに取り組んだ結果、着実に力をつけることができました。

本番の試験ではテキストに載っていることがたくさん出題され、落ちついて問題を解くことができました。

4位:資格のキャリカレ

キャリカレ

資格のキャリカレの登録販売者講座の特徴

  • 値段はやや安め
  • 教材として過去問題集がついてくる
  • 不合格の場合の全額返金サービスがある
  • 資格取得後の自宅開業までサポート

どの資格試験でも、実際に出題された問題を解くことは非常に大切です。資格のキャリカレでは、教材に直近1年分の過去問題集が含まれているので、出題傾向をつかむことができます。

また、値段は相場よりやや安い上に、サポート体制は充実しています。特に通信講座の選択に自信がない方、資格取得後に不安がある方にオススメの講座です。

資格のキャリカレの登録販売者講座の評価項目

キャリカレの受講費用は一括払いの場合、税込38,500円となっています。24回に分割して支払う場合、1回1,830円で合計43,920円となります。

登録販売者の通信講座の相場は40,000円程度ですので、ほぼ同じか若干安いといえます。

ただしこれらの値段は、インターネットから申し込んだ場合の値段です。それ以外の方法で申し込むと1万円プラスになり、相場よりかなり高くなるため、インターネットから申し込むとよいでしょう。

さらに試験に合格すると、人気の講座の中から自分の受講したい講座を1つ、無料で受講できます。そこで選んだ講座が、同様に2講座目無料サービス付きだった場合、試験に合格すれば3講座目も無料になります。

キャリカレの教材における最大の特徴は、全都道府県の直近1年分、計1,200問の問題を収録した過去問題集です。

登録販売者試験は出題内容、特に薬事に関する制度や法規に関して改定が多く行われます。ですので直近の過去問題を解くことが必要です。

また、本番の試験では過去問題と似た問題が多く出されることがあるので、過去問題に多く触れることが合格に効果的なのです。

教材到着後、1年以内の試験に合格できなかった場合、受講料を全額返金してくれます。

通信講座は決して安くないので、「試験に合格できなかったらどうしよう・・・」と不安な方でも、安心して受講することができます。

また、何度でも質問に無料で答えてくれたり、標準学習期間が3ヶ月のところ最大1年間までサポートしてくれたりします。

さらにキャリカレは、就職・転職サポートに加えて、自宅開業する際のホームページ制作を支援してくれます。資格取得後のアフターフォローが充実していることがキャリカレの特徴です。

資格のキャリカレの講座は、基本は「登録販売者合格指導講座」の1種類のみです。しかし、この講座に加えて、税別12,800円で登録販売者試験直前対策講座を受講することができます。

この講座では、試験の頻出語句を集めた「徹底分析BOOK」、需要ポイントを理解するための一問一答、本番と同一形式の模擬試験などが含まれています。

2つの講座をセットにすると割引にもなるので、確実に合格したい方は「試験直前対策講座」も利用するとよいでしょう。

資格のキャリカレは2008年に創立された比較的新しい企業ですが、現在では150以上の通信講座を用意しています。

創立から10年余りでここまで多くの通信講座の取り揃えられるということは、1つ1つの通信講座の評判が高いと考えられます。今後の成長が非常な楽しみな通信講座会社です。

資格のキャリカレを実際に使った人の口コミ(一部抜粋)

40代会社員/映像講義で内容を理解

テキストばかり読んでいると憂鬱になりますが、映像講義で気分転換することができ、理解度を深めることができました。テキストと映像講義と両方あるのが良かったです。

WEB添削の返信も早く、スムーズに勉強を進められました。時々メールが送ってくれるのがとても心強かったです。

40代男性/添削の際のメッセージがやる気に

添削の際に先生に褒めて頂き、1人で勉強していても応援されているような気がして、さらに学習意欲がわきました。テキストも分野ごとに分かれてているため、勉強しやすかったです。

その他の登録販売者講座

いろんな人口コミ

上のトピックで扱った4社以外にも、通学を含めて登録販売者の勉強ができる講座はたくさんあります。

このトピックでは、独自のカリキュラム・受講形式を敷いていたり、講座に関する情報が少なかったりしたためにランキングにて比較するに至らなかった講座について、様々な講座の魅力をお伝えしていきます。

LEC東京リーガルマインド

こちらの通信講座では、2時間半の映像授業を10回分視聴できるほか、テキストはメインテキスト、資料集、練習用過去問題集が用意されています。

特に資料集は、右脳や左脳の特徴を活かしたLEC式合格法に基づいて作られています。

費用はテキスト有りで37,690円、テキスト無しで32,590円となっています。テキストの有無も選べるため、授業は聞きたいけどテキストは自分で選びたいという方にもおすすめです。

基本の講座に加えて「過去問解説講座」も用意されており、セットで受講することが可能です。

GOGO+1

こちらの講座は、通関士試験の指導で実績がある「マウンハーフジャパン」という会社によって運営されています。

授業の全体像をつかんでから映像講義を視聴する「反転学習」や、「リボルビング学習」といった独自の理論に基づくカリキュラムを提供しています。

ただし、現在「GOGO+1」の一部ホームページがつながらない状態にあり、正確な情報が得られなくなっておりますのでご注意ください。

未来ケアカレッジ

未来ケアカレッジは、年間約27,600人が受講する介護資格の専門スクールであり、登録販売者の通学講座も展開しています。

カリキュラムとしては、1日6時間を6日間などといった例があります。同じ目標を持つ仲間達と励まし合いながら勉強できるので、1人で勉強するのが不安がある方にオススメです。

独学と通信講座はどちらがおすすめ?

女性

独学の場合、費用は1万円以下程度に抑えられ、自分のペースで勉強できるといったメリットがあります。また、登録販売者は合格率40%程度と国家資格の中では難易度が低いほうとされています。

その一方、合格率40%程度ということは、受験者の半分以上が試験に落ちているということです。ですので、確実に合格したいという人は通信講座がおすすめです。

通信講座のメリットとしては、疑問や悩みがあれば質問できるということです。

また、通信講座ではカリキュラムが組まれており、教材もパッケージ化されているため、自分で学習計画を立てたり教材を選んだりする必要がありません。

また、登録販売者試験は出題内容が変わることがあり、特に医薬品に関する法規・制度は度々改正されます。

そうした情報を自分で把握するのは大変ですが、通信講座を利用すれば安心です。

以上の理由から、費用が多少かかっても通信講座を利用する価値は十分にあるといえます。

一般教育訓練給付制度の対象になっている講座も多いので、費用を抑えたい方は自分が制度の対象であるか確認しましょう。

登録販売者の通信講座まとめ

登録販売者の通信講座まとめ

ここまで、おすすめの登録販売者通信講座について解説してきました!

この記事を参考にして、自分に最適な講座を見つけ、登録販売者への1歩を踏み出しましょう!