ホーム
社労士
FP
中小企業診断士
宅建士
行政書士
  1.  
解説記事
新着記事

宅建士の基礎知識(試験・難易度・仕事内容・勉強法)を全て解説!

更新日時 2019.10.21

毎年20万人以上の人が取得を試みる宅地建物取引士(以下、宅建)の資格。

国家資格の中でも抜群の人気を誇る宅建ですが、「どんな資格なのか正直よく分かってない・・・」という方もいらっしゃるかと思います。

そこで、ここでは宅建士の基礎知識を全て紹介します!

宅建士試験で学ぶ内容や資格の取得難易度、仕事内容から需要の高さまで、一通りのことはバッチリ分かります!

宅建はどんな資格なのか

宅建士は不動産系の資格の中で最もポピュラーな国家資格です。

宅地建物取引業に関する専門家であるほか、民法についても一定の知識を有する法律の専門家でもあります。

宅建を取得するメリット

宅建を取得するメリットは、他の国家資格と比べても非常に大きいことが特徴です。

独占業務を有するので不動産業界では極めて重宝されるほか、その他多くの業界でも身につけた知識を生かして活躍することが可能です。

もちろん転職や就職に有利になりますし、資格を持っているだけで年収が上がることも多いです。

宅建資格のメリットについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建資格を取得する難易度

宅建士は国家資格の中では比較的難易度が低く、メリットの割に取得しやすい方だと言われています。

それでも合格率は例年15%前後であり、大半の人が落ちてしまう試験ではあります。

宅建の難易度についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建の士業化について

宅建士は元々は宅地建物取引主任者という名称であり、士業ではありませんでした。

しかし、宅地建物取引業法が改正されたことで宅地建物取引士と名称変更され、宅建は税理士や公認会計士と同じ士業の仲間入りを果たしました

こうした宅建の士業化に伴い、宅建士証交付の手続きなどで一部変更がなされています。

宅建の士業化についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建士の仕事

ここでは、宅建士の仕事内容や年収、就職先などについて紹介していきます。

宅建士の仕事内容

宅建の仕事内容は主に不動産の購入及び賃貸の取引の際に顧客へ行う重要事項説明です。

これは宅建士の独占業務であり、この取引の際の契約書への記名・押印も同じく独占業務です。

つまり簡単に言えば、宅建士がいないと不動産業者は取引を行うことが出来ないということです。

宅建士の仕事内容についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建士の設置義務

上述の独占業務の他にも、宅建士の需要を高めている要因として「宅建士の設置義務」があります。

これは宅地建物取引業者の従業員のうち5分の1以上は宅建士でなければならないという決まりです。

こうした決まりがあることで、宅建士はあらゆる不動産業界から引く手数多の存在となっています。

宅建の仕事はキツい?

一部では宅建の仕事は激務で大変だという噂が流れています。

こうした宅建の仕事に対する考え方は正しいのでしょうか。

以下では宅建の仕事の大変さについて解説しています。

宅建士として働くには登録が必要

宅建試験を無事に突破したとしても、すぐに宅建士として働けるわけではありません。

試験合格後に「資格登録」及び「宅建士証の交付」を終えて、初めて宅建士としての業務を行うことが出来るようになります。

一方で資格試験の合格は一生涯有効なので、試験に合格した後しばらく資格登録などをせずとも問題ありません。

宅建士登録についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

資格登録後は更新が必要

宅建士証の有効期限は5年なので、一定期間ごとに更新する必要があります。

宅建士の資格登録や更新についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建の登録には実務経験が必要?

宅建士として登録を完了させるためには2年以上の宅建業の実務経験が必要となります。

しかし実務経験がない方でも「登録実務講習」を修了することで宅建士登録が可能になります

登録実務講習についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建に登録しない人も

宅建士登録にはお金や時間がかかるので、宅建取得者の中には試験合格後に登録手続きを行わない人もいらっしゃいます。

登録しないことによるデメリットや、節約できるお金についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建資格で開業はできる?

実際に宅建士として開業を行い、不動産売買で生計を立てている方もいらっしゃいます。

ただし、不動産業で独立開業するためには必ず事務所が必要となる点に注意が必要です。

また、その他初期費用もかかるので、開業の際は十分な準備が必要となるでしょう。

宅建士の独立開業についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建士の就職・転職事情

宅建士は独占業務や設置義務の存在もあって、不動産業界への就職・転職に極めて有利になります

また、不動産業界以外にも、住宅ローンなどを扱う金融業界や、物件の売買を行う建築業界など、幅広い業界で重宝されます。

そもそも不動産と全く関連のない業界はかなり少ないことを考えれば、宅建士の需要の高さは想像に難くないでしょう。

宅建士の就職・転職先についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建士の平均年収

宅建士の平均年収は約500万円と言われています。

一口に宅建士といっても不動産営業マンや宅建事務の方など、仕事内容によって大きく年収が変わるのが特徴です。

特に営業マンの場合は歩合制であることが多いので、資格を生かして営業を有利に進めれば年収1000万円を超えることも珍しくないようです。

宅建士の年収についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建士の資格手当

宅建士は多くの場合資格手当をもらえるので、資格を保有していることが直接年収アップに繋がることが多いです。

資格手当は月に5,000円から30,000円、平均するとおよそ20,000円です。

資格を持っているだけで年収が24万円ほど増加するというのは、資格の取得難易度を考えれば非常に魅力的なメリットです。

宅建士の資格手当についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建士の副業

宅建士の副業は不動産会社での重要事項の説明など、宅建士しかできない業務を求められることが多いです。

アルバイトやパートの募集は常にたくさんあるので、副業が見つからなくて困ることはないでしょう。

また、宅建士を目指す人向けの家庭教師といったバイトも募集されています。

宅建士の副業についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建の名義貸し

宅建士は不動産業界にとっては必須の存在であるので、何としても数を揃えようと「名義貸し」を求める企業も存在します。

宅建士の方は、実際には自分が勤めていないにも関わらず、宅建士としての自分の名前や免許番号を「貸す」ことで月に数万円の収入を得ることができてしまいます

当然ながらこうした名義貸しは犯罪であり、禁止されています。懲役が科せられたり罰金を支払うことになってしまうので、絶対にやめましょう

宅建の名義貸しについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建の将来性

宅建は数年前に士業化されたばかりということもあり、今後も不動産業界で存在感を放っていくことは間違いありません

将来的にも高い需要が期待されることもあり、宅建試験の受験者数は年々増加しています

宅建士は士業の中でも特に将来性の高い資格・職業だと言えるでしょう。

宅建の必要性や将来性についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建士の資格試験について

ここでは宅建試験の日程や受験資格、受験料や試験科目などの基本事項を確認していきましょう。

宅建試験の受験資格

宅建試験には受験資格がありません。学歴や年齢、他の資格の有無に関わらず誰でも受験することができます。

12歳という若さで合格する人もいれば、90歳で取得された方もいらっしゃるようです。

難易度がそこまで高くないこともあり、受験ハードルの低い試験だと言えるでしょう。

宅建の試験日程

宅建試験は毎年10月の第三日曜日に実施されます。

同じく受験者数の多いFPやTOEICなどとは異なり、年に1度しか行われないので、受験者にとっては失敗できない試験となっています。

申し込みは7月中であまり期間は長くないので、受験を検討している方は申し込みを忘れないようにしましょう。

宅建の試験会場

宅建試験は全国各地で実施されます。

基本的には自分の住んでいる都道府県の会場で受験することになりますが、同じ地区に複数の会場が用意されている場合は申し込みの際に自分の受けたい会場を選ぶことができます

ただし、割り当ては先着順なので、申し込みは早めに行うように心がけましょう。

宅建の試験会場についてより具体的に知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

試験の受験料

宅建試験の受験料は7,000円です。

何度も再受験していると結構な金額になってしまうので、是非とも一発合格を目指したいところです。

試験の合格基準点

宅建試験は1問1点の50点満点で行われます。

合格基準点は毎年変わりますが、例年34~37点で推移しています

近年では合格基準点が少しずつ高くなっているのが特徴です。

宅建の合格ラインについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建の試験科目

宅建士の試験科目は以下の4つです。

ただし試験科目ごとに別々のテストを受けるわけではなく、それぞれの分野の問題が1つのテストの試験範囲として登場します。

宅建の試験科目
  • 宅建業法
  • 権利関係(民法など)
  • 法令上の制限
  • 税・その他

宅建の試験科目の難易度や配点などについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

民法の難易度が高い

宅建試験の科目の中で特に難易度が高いのが民法です。

民法は非常に範囲が広い上に単純な暗記では太刀打ちできないので、しっかりと事例を理解することが求められます。

過去には民法を完全に捨ててしまって、残りの科目で合格を目指すという戦法も取られるほどでしたが、現在は合格基準点の高まりもあって、こうした作戦は通用しなくなっています。

宅建の民法についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

登録講習で5点免除

不動産の実務に携わる方であれば、登録講習を受講することで5点分の問題が免除されます

したがって他の受験生よりも有利に試験を受けられるということです。実際、登録講習受講生の合格率は一般受験生の平均合格率よりも高いです。

登録講習についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

高卒でも合格できる?

宅建試験には受験資格が存在しないので、もちろん高卒の方でも十分にチャンスがあります

また、宅建の試験内容は一部の法学部生以外にとっては全く新しい分野となるので、大学で勉強している人が有利ということはありません。

一方で高学歴の人は効率的な勉強の仕方を身につけている場合も多く、そういった意味で学歴による差を感じる場面もあるかもしれません。

高卒の人が宅建士を目指すことについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建試験に向けた勉強法

宅建士は他の難関国家資格と比べれば比較的取得しやすいものの、毎年8割以上の人が落ちていることもまた事実です。

ここでは宅建試験に向けた勉強について、効率的な勉強法や注意点を解説します。

宅建合格に必要な勉強時間と勉強法

宅建試験に合格するまでに必要な勉強時間は約300時間とされています。

1日の勉強時間が平均2時間だとすると、5ヶ月間の勉強期間となります。実際、半年前後の勉強期間で合格される方が多いようです。

宅建試験は7割の得点率で合格できる試験であるので、闇雲に全範囲を網羅的に学習するのは非効率となることが多いです。

宅建試験の勉強時間や勉強法についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

また、以下では効率的な勉強のコツをまとめています。

これから宅建の資格を目指されるという方は、ぜひご覧ください。

30点の壁に注意

宅建の勉強を進めていると、多くの方が30点前後で点数が伸び悩んでしまいます

この30点の壁を突破するためには一度勉強法を見直すことが必要になってきます。

宅建試験の攻略法についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建は独学合格できる?

宅建は比較的独学でチャレンジしやすい試験ではあります。実際多くの受験生が独学で合格を手にしています。

一方で独学では自己流の非効率な勉強法を取ってしまいがちなので、短期間で合格を目指される方にはあまりオススメしません。

独学で勉強を進める場合は、余裕を持って7~8ヶ月前の3月ごろから勉強を開始するのが良いでしょう

宅建の独学についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

また、独学者向けの学習スケジュールについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事が参考になるでしょう。

宅建試験は過去問がカギ!

どの国家試験でも過去問は有効な教材となりますが、宅建試験では特にその傾向が顕著です。

過去問は最低でも10年分は完璧にして試験に臨むのが良いでしょう。

また、独学者の場合は過去問を使ってなるべく学習範囲を絞ることも大切になってきます。

過去問を解く際は本番直前に腕試しとして解くだけでなく、普段の学習から参考書や問題集と合わせて過去問にも触れておくことが大切になってきます

宅建の模擬試験の活用法

宅建試験の模擬試験は多くの予備校が毎年複数回実施しています。

模試は会場受験のものと自宅受験ができるものもありますが、都合がつく限りは会場受験のものを利用するのが良いでしょう。

模試を受ける回数や利用する際の注意点についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建試験の直前対策

直前期となる9月後半から10月にかけては暗記科目である「法令上の制限」に注力しつつ、全範囲に一通り目を通すことが大切です。

また、直前期になって急に勉強量を増やすのではなく、生活リズムが狂わないように気をつけつつ、万全の体調で試験に臨めるようにしておくのも重要です。

宅建試験の直前対策についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建士取得におすすめの通信講座

何度も不合格になるという事態を避けるために通信講座を利用する方も大勢いらっしゃいます。

実際、通信講座利用者の宅建合格率は平均と比べてかなり高い水準となっています

ここでは宅建士通信講座のおすすめ人気ランキングや、それぞれの通信講座の特徴や評判を解説していきます。

宅建士講座おすすめ人気ランキング

以下の記事では、宅建士通信講座のおすすめ人気ランキングを紹介しています。

宅建士講座をお探しの方、各講座を比較してみたい方は必見です。

フォーサイトの宅建士講座の評判は?

フォーサイトの宅建士講座は、受講生の合格率が例年70%前後(全国平均の4倍〜4.5倍)と極めて高いのが特徴です。

圧倒的な合格実績に裏打ちされた「不合格者への受講料全額返金制度」も非常に魅力的であり、フォーサイトの受講生には「タダで受講できる」か、「合格するか」という最高の2択しか残されていません

このように実績もサポートも完璧であり、1番おすすめできる宅建士講座となっています。

フォーサイトの宅建士講座についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

スタディングの宅建士講座の評判は?

スタディングの宅建士講座は、他の通信講座と比べてスマホを使った勉強に特化している点が特徴です。

スマホ1つで講義動画の視聴から問題演習、過去問演習まで、あらゆる学習が可能となっています。

さらに講座費用は業界最安値であり、毎年非常に多くの受験生から選ばれている通信講座となっています。

スタディングの宅建士講座についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

アガルートの宅建士講座の評判は?

アガルートの宅建士講座は合格すると「合格祝い金2万円」「受講料の全額返金」という非常に大きな特典がついてくるのが特徴です。

つまり、アガルートを利用した場合、2万円を受け取りつつ宅建試験の合格者になれるということです。

教材も学びやすさを追求したフルカラーテキストであり、他の通信講座に引けを取らない内容となっています。

アガルートの宅建士講座についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
[object Object]
{ "default": "" }
{ "default": "" }

宅建士と他の資格を比較

宅建以外の国家資格と宅建を見比べて、取得難易度やメリット、ダブルライセンスの相性を知りたい方も多いのではないでしょうか。

ここでは宅建士と他の国家資格を比較していきます。

不動産鑑定士

どちらも不動産系の資格ですが、それぞれ扱う内容は大きく異なります。

不動産契約のタイミングに特化している宅建士とは異なり、不動産鑑定士は土地の価格を評価するのが主な仕事です。

試験範囲は大きく重なっているものの、総じて不動産鑑定士試験の方が深い内容が問われるので、かなり難しくなっています。

宅建士からステップアップする際の最終目標に位置付けられることの多い資格です

宅建士と不動産鑑定士の関係についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

マンション管理士

マンション管理士(以下、マン管)は「管理業務主任者」と並んで、宅建と一緒に取得される方の多い資格です。

マン管は宅建よりも明らかに難易度が高いので取得メリットもその分ありそうなものですが、実は取得後の活躍は宅建士の方がしやすくなっています。

宅建士からのステップアップを目指すのであれば、まずは「管理業務主任者」から取得するのをおすすめします。

宅建士とマン管の関係についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

管理業務主任者

上述のように、管理業務主任者は宅建士とダブルライセンスされやすい資格の筆頭です。

試験範囲が宅建士と大きく被っていることや、合格率が20%以上と難易度があまり高くないことから、1つ目のダブルライセンスとしておすすめです。

宅建と管理業務主任者のダブルライセンスがあれば、不動産業界での転職で極めて有利に立ち回れるはずです。

宅建と管理業務主任者の関係についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

建築士

建築士はもちろん建物の設計が主な仕事ですが、不動産に関する法律や税金についての知識も持ち合わせていることが求められています。

実際に建築士と宅建士のダブルライセンスをしている方は多く、需要の高さが伺えます。

建築士と宅建士の関係についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

司法書士

一見関係が薄そうな2つの資格ですが、試験範囲が被っていることもありダブルライセンスを検討される方も一定数いらっしゃいます。

ただし、司法書士の方が圧倒的に難易度が高いので、司法書士の資格を持っている人が宅建士を取得するケースが多いです。

司法書士と宅建士の関係についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

行政書士

行政書士は様々な資格とのダブルライセンスが期待される資格であり、宅建士も例外ではありません。

行政書士の携わる仕事の中には不動産売買に関するものも多くあるので、実は関連度が高い組み合わせとなっています。

ただし資格試験の範囲はほとんど被っていないのでダブルライセンスの難易度は高いです。

行政書士と宅建士の関係についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

宅建士とのダブルライセンスにおすすめの資格

これまで見てきた資格の他にも、宅建士とのダブルライセンスの効果が期待される資格は多く存在します

以下の記事に宅建士とのダブルライセンスの相性が良い資格を整理して紹介していますので、ぜひご確認ください。

宅建士についてまとめ

宅建士まとめ
  • 宅建は難易度は低くないが、取得メリットは非常に大きい資格である
  • 宅建士は不動産取引には欠かせない存在であり、高い需要を誇る
  • 宅建士は不動産業界をはじめとした様々な業界での就職・転職で有利になる
  • 独学合格も不可能ではないが、通信講座を利用する人も多い
  • 宅建士と相性の良い資格は多く、ダブルライセンスの選択肢が豊富である

宅建士の基礎的な知識を全て紹介しました!

宅建は近年士業化したこともあり、ますます注目を集めている大人気の国家資格です。

是非一度取得を検討してみてはいかがでしょうか。

資格Timesでは宅建士をはじめ、様々な資格についての記事を豊富に取り扱っています。是非チェックしてみてください。

あわせて読みたい
[object Object]
{ "default": "" }
{ "default": "" }
人気記事