ホーム
社労士
FP
中小企業診断士
宅建士
行政書士
  1.  

宅建の勉強時間の目安は?平均勉強期間と最短合格するための勉強法を紹介!

更新日時 2019/09/22

「宅建合格の平均学習時間はどれくらいだろう?」

「最短で宅建を合格するためにはどんな勉強が効果的だろう?」

この記事を読まれているあなたは、きっと上記のような疑問をお持ちの方ではないでしょうか?

宅建は人気の高い国家資格となっており、所有していると不動産や金融業界はもちろん様々な業界で高い評価を得ることができます

これから就職・転職活動を考えている人であれば、宅建資格を取得するために勉強を始めようという方もいらっしゃると思います。

この記事では、宅建についての勉強時間や最短合格に向けてのオススメ学習法について解説します!

宅建資格を検討されている方は是非ご一読くださいませ。

宅建の学習時間についてざっくり説明すると
  • 宅建合格に必要な勉強時間は300時間程度
  • 科目別に見ると、民法が一番時間がかかる
  • 他人気国家資格と比べると、中程度のレベル

宅建に合格するまでの勉強時間

時間 宅建を合格するまでに必要な勉強時間は、200~400時間程度必要だと言われています。

当然ですが、この勉強時間はあくまで目安程度にとどめておきましょう。宅建についての事前知識の有無や、勉強の得意・不得意など、必要な勉強時間については個人差によるところが大きいです。

また、中には100時間で宅建合格!などを謳ったブログもありますが、閲覧数を稼ぐために大げさにつけられていることが考えられます。あまり気にしないようにしましょう。

分野別の勉強時間

宅建は複数科目で構成されていますが、科目毎の必要な勉強時間について表にまとめてみました。平均して300時間を目安に設定しています。比較的民法に時間がかかることが分かります。

科目 勉強時間
宅建業法 80時間
民法など 100時間
法令上の制限 60時間
税・その他 60時間

民法の学習には参考書を用意すること

宅建における民法は近年かなり難しく、ここで挫折して宅建取得を諦めたという方も多くいらっしゃいます。

宅建の基本テキスト1冊で理解できるものではありませんので、別で1冊わかりやすい参考書を準備することをオススメします。

宅建の勉強時間を他資格と比較

他の人気国家資格の勉強時間についてもまとめてみました。宅建の勉強時間と比較してみてください。宅建の資格取得難易度は国家資格の中でも中程度のレベルとなります。

資格 勉強時間
宅建 200~400時間
社労士 1,000時間
中小企業診断士 1,000時間
行政書士 500~800時間
FP2級 150~300時間

一方で取得後には引く手数多の資格ということで、宅建は非常にコストパフォーマンスの高い資格であると表現されることが多いです

合格までにかかる期間はどれくらい?

期間 宅建の学習に必要な勉強時間から、どれくらいの期間が必要になるのか表にまとめてみました。

合計勉強時間 1日の平均勉強時間 勉強期間
200時間 2時間 100日
200時間 4時間 50日
300時間 2時間 150日
300時間 4時間 75日
400時間 2時間 200日
400時間 4時間 100日

1日に確保できる勉強時間や事前知識の有無などによって変わりますが、ボリュームゾーンとしては3~5か月くらいを目安にするといいでしょう。

1~2ヶ月で合格することも不可能ではありませんが、試験は1年に1回しかありません。

無理に短期間で合格しようとして試験に失敗してしまうと、結局1年追加で勉強しなければならなくなってしまいます。一発合格を目指すのであれば最低でも3ヶ月は勉強期間を確保するようにしましょう

独学の場合は時間がかかることを前提に

独学 宅建は独学での合格も十分狙える資格となっています。

独学のメリットは、予備校や通信教育などにかかる高額な受講料がかからないことにありますが、反面デメリットも存在します。

分からないところは自力で調べる必要がある

独学ではわからない問題が出てきた場合、自力で理解にまでたどりつかなければなりません

予備校などであれば先生に質問すればあっさり理解できるような問題でも、いざ自力だけで理解しようとなると理解に思わぬ時間がかかる場合もあります。最悪の場合、最後まで理解できずに試験に臨むということも考えられます。

勉強のペースを構築するまでに時間がかかる

予備校や通信教材だと学習するボリュームや計画がしっかり立てられているので、学習時間にどれだけかかるのか、各科目どのようなペースで進めていけばいいのかを明確にすることができます。

一方で独学の場合だと自分で学習時間の管理・振り分けをしなければなりません

特に社会人の方で仕事が忙しくなかなか時間が取れない方や、学生時代から長い期間勉強から離れていた人の場合は、学習スケジュールの管理は鬼門となります

モチベーションの維持が難しい

予備校であれば同じ目的の人たちと一緒に学習することができるためモチベーション向上につながりますが、独学では一人でも学習を継続していく強い意思が必要になります

思うように勉強が進まなくても、独学で宅建合格を目指す場合は平均よりも時間がかかるものだと考えて学習の計画を立てていきましょう。

最短で合格するための丸秘勉強法

勉強 宅建は合格することだけを狙うのであれば、100時間程度の勉強時間であっても不可能ではありません。

宅建は資格を持っているだけでももちろん価値はありますが、宅建の知識を得るという観点で考えると、本来の勉強の意義が失われてしまいます。

また、無理に短時間で合格を目指した結果、うまくいかずに不合格となってしまって再受験となれば、受験料も無駄になってしまいます。

これは宅建に限った話ではなく、自分の知識として根付かせるためには、ある程度の勉強時間を確保してじっくりと取り組むことが大切です。

以下は正直おすすめはできませんが、とにかく短時間で合格を目指したいという方向けの勉強法になります。

基礎・基本事項は確実に理解すること

宅建試験において、基本的な論点は毎年必ずと言っていいほど出題されます。 ここの理解を怠ると短期間で合格することはできません。基礎・基本事項だけは確実に理解するようにしましょう。

応用など細かい部分については捨てることも重要です。宅建の出題範囲は膨大な量になりますので、完璧を求めて学習を進めていてはあまりにも非効率であると言えます。

短期間の学習で合格を目指すのであれば、高い頻度で出題される問題のみを徹底的に理解し、出題頻度の低い問題は捨てることが重要です。10年に1回しか出ないような問題に力を注ぐのはあまりにも非効率であるということです。

忘れる前に全て学び終えてしまう

短期間で知識を詰め込むことにおいて重要なのは、忘れる前に集中して詰め込み切ってしまうことです。

短期間だと宅建の広い試験範囲を繰り返し何周もすることは難しいです。

一回の学習で記憶に長い期間のこすのは、脳の構造上不可能です。であれば、忘れる前に本番試験を迎えるのがベストでしょう。

このような詰め込み型の勉強をする際は、勉強時間は1日4~5時間は確保して、1ヵ月以内に全ての科目をやりきりましょう

隙間時間を活用する

最短合格を目指すのであれば、通勤や通学の時間、お風呂の時間なども勉強時間として活用することを意識しましょう。

また座って勉強することができない時も、テキストを読んだり、学習したことを口に出して復習してみましょう。

日々のちょっとした時間にはなりますが、積み重ねることで記憶への残り方が大きく変わってきます

過去問を極める

宅建は過去問の対策をすることが何よりも重要です。短い中でも、過去問で出た問題だけは最低限完璧にしておきましょう

過去問で出題される問題の多くは、宅建士として活躍するために必須な知識です。そして、その内容は時がたっても大きく変化することはありません。

つまり、過去問の問題さえ完璧にしておけば、宅建士として最低限の知識は確保できるということです。

また、時間配分を意識しながら問題を解くことで本試験でも意図せず時間切れになってしまう事態を避けられるでしょう。

暗記科目は直前に覚える

暗記科目である「法令上の制限」は過去問で解けずとも気にせず、直前で一気に覚えてしまいましょう。

暗記科目を早めに取り掛かったとしても、覚えることが大量にありますので大体を忘れることになってしまいます。

試験の1週間前くらいに一気に詰め込んでしまう方が効率が良いです。それまでは民法や宅建業法に重点的に時間をかけましょう。

あわせて読みたい
[object Object]
{ "default": "" }
{ "default": "" }

宅建は最短合格よりも一発合格を狙おう

合格

ここまで最短合格についての対策方法について解説しましたが、宅建試験の合格率は約15%と一朝一夕で合格できるような試験ではありません

短い勉強時間で合格することを目指すよりも、確実に一発で合格できるようしっかり準備をして臨む方が後悔せずに済むことが多いはずです。

合格率を重視した勉強法

宅建試験の合格率を考えれば、予備校や通信講座を利用するのがおすすめです。

通信講座であれば予備校よりもはるかに安く受講することができますし、合格率も独学とは比べ物にならないほど高いです。

特に合格実績が高いものとして、受講生の合格率が全国平均の4.54倍のフォーサイトの通信講座が挙げられます。

更に、フォーサイトの宅建講座を利用して不合格だった場合には受講料が全額返金されるという制度も用意されています。確実に合格を掴みたい方であれば、利用しない手はないでしょう。

フォーサイトの公式サイトはこちら

宅建の勉強時間まとめ

宅建最短合格に向けての学習法まとめ
  • 合格だけを狙うのであれば、100時間程度でも可能
  • 学習したことを忘れる前に詰め込んでしまおう
  • 過去問を完璧にしよう
  • 暗記科目は直前に頭に叩き込む
  • 最短合格よりも一発合格を狙う

宅建の学習時間や最短合格に向けての学習法について解説してきました。

確実に合格することを狙うのであれば、学習時間をしっかりと確保して、頭に知識を定着させてから試験に臨む方が望ましいのは間違いありません。

自分の状況にあった勉強法を選択して、ぜひ合格を勝ち取ってください。

あわせて読みたい
[object Object]
{ "default": "" }
{ "default": "" }
人気記事