登録販売者は英語ができると有利?免税店や家電量販店への転職方法まで解説

更新日時 2020/05/11

近年、爆買いという言葉が話題になるほど、多くの訪日外国人観光客がドラッグストアで買い物を楽しんでいます。

そのような外国人観光客が頻繁にくる店の販売員が英語を話すことができたら、即戦力になるということは誰にも予測がつくことでしょう。

ドラッグストアでは、薬の販売ができる薬剤師や登録販売者という資格を持った人が多く勤務をしています。

もし、あなたが登録販売者の有資格者で、なおかつ英語を話すことができたら、ドラッグストアで就職をする時に有利になるのでしょうか

まずはそのあたりを見ていきましょう。

登録販売者は英語ができると有利?についてざっくり説明すると

  • 優遇される
  • 海外事業の責任者などになれる可能性がある
  • 免税店・課税量販店などにも転職できる

登録販売者は英語ができると有利

考えている女性

薬剤師に次いで一般薬品を販売することができる資格の登録販売者ですが、資格を取得する時には英語力は問われません

そんな登録販売者は英語ができると有利になることはあるのでしょうか?もし有利になるとしたらどのような理由からなのでしょうか。そのあたりも含めて説明していきます。

登録販売者が英語ができると有利な理由

登録販売者が英語ができると有利だといわれるのには、どのような理由があるのでしょうか。英語ができることで、英語ができない登録販売者と比較した場合に、どのようなアドバンテージがあるかを見ていきましょう。

外国人に日本の市販医薬品が人気

登録販売者が英語ができたら有利と言われるのは、どのような理由からでしょう。

最近では、欧米からだけでなく東南アジアからも多くの外国人が日本に訪れます。 その数は年々増加の一途をたどっています。

外国人観光客にとって人気のお土産は、日本の医薬品で、クオリティの良さを愛しなんども買いに訪れてくれます。また、一度に購入する量がとても多いというのも特徴です。

そのため多くのドラッグストアに、外国人観光客が押し寄せて医薬品をお土産として購入します。この傾向は、大都市だけでなく、地方都市でも似たような傾向がみられます。

外国人観光客がドラッグストアに来るようになると、観光客が探しているものを的確に見つけることが出来たり、困っている観光客を助けたりできる英語力がある登録販売者は有利になります。

サービスの向上が可能になる

お店によっては、外国人観光客が多く来るために、通常の社員などとは別に外国人留学生を雇用して対応するなどの策をとっている場合もあります。

しかしながら、この場合のデメリットは外国人留学生は英語が話せても登録販売者の資格をもっていないために医薬品を販売することができず、有資格者と2人で対応をすることになります。

これは、店側としては人件費の無駄となります。もしも、登録販売者に英語力があれば、お客に対してのサービス向上になりますし、お店として別途バイトを雇うこともありません。

登録販売者には、英語ができるということで資格手当を上乗せすれば済むことです。また、客が多く来た時に、2人で1人のお客の対応をするのは、スムーズな対応とは言えません

また、すでに薬品の知識をもっている登録販売者が英語でダイレクトに外国人観光客に製品の説明をすることができたら、店の印象もよくなるでしょう。

働きながら英語力を向上させられる

登録販売者の人が英語に興味・関心がある場合、外国人観光客が多く働く店で勤務することで英語力のブラッシュアップを図ることができます

英会話学校などに通わずとも、生の英語に触れる機会が職場にあるのですから、登録販売者にもメリットがあります。

英語力を伸ばしたいと考えている登録販売者は、大都市や外国人観光客が頻繁に訪れる市町村での就職を考えると、勤務しながら英語力をつけることができるでしょう。

登録販売者が英語ができると有利な店舗

登録販売者の有資格者が英語ができる場合に、どのような店舗に就職することで、英語力を活かすことができるでしょうか?登録販売者にとって有利な店舗についてみていきましょう。

免税店

免税店とは、外国人観光客のように日本に住んでいない人たちが利用できるお店で、家電、民芸品などの一般物品や食品・医薬品などのような消耗品を免税販売しているお店です。

日本人に住んでいない外国人の方を対象としたお店であることから、利用者は自然と日本語を話すことができない人が多くなり、英語を話す人の割合が増えます。

そのため、免税店では英語を話すことができる人を優遇して採用します。

先ほども述べたように免罪店でも消耗品として医薬品を販売できるため登録販売者の有資格者が必要です。

空港などにある免税店は飛行機の乗り換え、乗る前の短時間に利用するため、客のほとんどに時間がありません。

そのような時に英語を話すことができる販売員がいると、スムーズに対応できるため英語力が必要とされます。

観光地にある家電量販店やディスカウントストア

外国人観光客に人気がある観光地の家電量販店やディスカウントストアは、消耗品である医薬品などのほかにも様々なものが販売されています。

人気の家電、民芸品、あるいは食品などを目当てに日本に来る観光客も多いため、家電量販品店やディスカウントストアがツアーに組み込まれていることもあるほどです。

そのような、お店では外国人の接客をするために外国人を雇用しているケースもあります。

このような外国人が多く訪れる観光地の家電量販店やディスカウントストアでは英語ができる販売員が必要とされます。

もしも、あなたが英語力がある場合は、そのスキルを買われ就職や転職がしやすかったり、英語ができることで手当てや昇給もあるでしょう。

海外事業でも活用できる

東南アジアの各国では、日本の医薬品、ヘルスケアが人気があります。国内市場が飽和ということもあり、海外に新規に店舗を作るドラッグストアも多くその数は増加中です。

海外に進出したドラッグストアに勤務中の場合は、英語ができる場合は海外勤務も可能になります。

お店によっては、登録販売者として勤務するだけではなく英語力次第では役職として勤務をすることも可能になります。

英語のスキルを活かしてワールドワイドに活躍することが可能となるでしょう。

英語力はどれくらい必要?

会話

英語のスキルがあるといい、と何度か書いてきましたが、どの程度の英語力が必要とされるのでしょうか。ここからはより具体的に登録販売者があるとよいとされる英語力についてみていきましょう。

英語の資格は重要でない

英語の先生などになるわけではないので、英語のスキル力といっても、日常会話を外国人とできる程度があるとよいでしょう。

コミュニケーション能力が最も重要なので、TOEICで900点をとるとか英検1級が必要ということではありません。

英語の資格そのものは不要です。

また、ビジネス用語というよりも販売する薬品について詳しく説明できるかが問われます。そのため、販売している製品に関する英単語は最低限必要とされるでしょう。

免税店などの採用条件、応募条件などには日常英会話程度ができると優遇と掲載しています。

先ほど、英語の資格は不要といいましたが、それでも自分の英語のスキルがどのくらいかわからないときは、英検やTOEICなどを受けてみるのもよいでしょう。

客観的に英語力を示すこともできますし、良い点数がとれると自信にもつながります。

TOEICのスコアC470~700が「日常生活で困らない英語力がある、または業務上のコミュニケーションができる」となっていますので、目安に英語力を高めてみるとよいでしょう。

出典:Toeicスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表

外国人とのコミュニケーション経験が重要

採用時にどのようなことをアピールするとよいのでしょうか。

英語ができるということを客観的に資格で伝える以外にも、外国人と会話をしたときのエピソードを伝えることで自分の英語力を伝えることができます。

観光旅行で行った先で、外国人が困っているところを助けたや、オーガナイズドされパックツアーではなくバックパックなどの個人旅行の経験が豊富のような情報は、様々な状況で英語と使って困難を解決できることのアピールになります。

そのほか日常的に、外国人の友人が多く英語で会話をする機会が多いなどのことを伝えることで、日常会話が困らないことを伝えることができます。

登録販売者が英語力を活かして転職する方法

鳥の写真

もしもあなたが日常英会話に全く不自由しないほどの英語力があり、登録販売者の資格を英語を活かして転職するにはどうすればいいのでしょうか。

その方法を下記でご紹介します。

免税店に転職する

前述したように、免税店には多くの外国人観光客が訪れることから、英語を話す機会があります。まあ、免税店では医薬品の販売をしている場所もあるので、登録販売者としての資格を活かすことができます

免税店の求人情報をよく読んでみると、採用条件のところに、英語を使う仕事、あるいは英語ができる人などと表記している場合があります。そのような免税店へ転職を考えましょう。

免税店の多くは空港ですが、場所によっては通常のドラッグストア、ディスカウントストアでもDutyFree、Tax freeなどと消費税を免税している店もあります。

そのようなお店では外国人観光客が多く訪れるので英語ができる販売員を探しています。

Durty freeは関税、酒税、消費税などと多様な税を免税できます。そのため、通常のドラッグストアではTax freeと表記しています。

そばに免税店がないと思わずに、Tax Freeの店がないかを探してみると英語を活かした転職ができるかもしれません。

家電量販店やディスカウントストアに転職する

観光地、大都会の家電量販店やディスカウントストアでは英語力がある販売を必要としています。

医薬品なども扱っているディスカウントストアのドン・キホーテなどでは、登録販売者の有資格者の求人をしていることがあります

求人サイトなどでも登録販売者の有資格者でなおかつ、英語ができる人という求人みかけますので、求人・転職サイトのタグに家電量販店/ディスカウントストア+英語を淹れて検索し必要な情報を引き出しましょう。

免税店舗や海外進出に注目して企業を選ぶ

英語力を活かして転職を考えている場合は、海外に進出予定のドラッグストアに注目しましょう。そのほか、免税店をもっている小売り企業も英語力がある人材を探している場合があります。

このような小売企業は、店舗ごとに正社員を探すのではなく、本社で一括採用という形をとります。

どのような店舗があるかは、観光地、繁華街の路面店をチェックし免税対応をしているかを調べた後に、ホームページなどで本社の人事に連絡を取るとよいでしょう。

既に英語でビジネスレベルのスキルがある場合は、海外支店での勤務も夢でありません。転職サイトなどで海外進出している日本企業に応募してみるとよいでしょう。

転職サイトを利用する

免税店、ドラッグストアやディスカウントストアなどでも英語力のある登録販売者を人材としてほしいところですが、英語を話すことができる登録販売者の数は少ないのが現実です。

そのため、免税店などでは人材募集のところに英語力に関しては不問としたまま外国人を別途採用する傾向があります。

英語ができる登録販売者を免税店および他の外国人観光客が訪れるお店側としては欲しいわけですから、転職サイトなどのタグなどを上手に活用し自分にマッチした企業を見つけ出しましょう。

スマホなどで使える転職マッチングサイトなどが多くあります。転職コンサルタントなどを利用することで効率よく英語力を必要としている免税店などの面接にこぎつけることでしょう。

転職コンサルタントは、一社に絞らずに三社ほど登録しておくとよいでしょう。

転職コンサルタント会社の特徴やおよびコンサルタントによって得意とする分野も異なりますし、あなたとの相性もありますので、いろいろと比較しながら利用するのがおすすめです。

外国人の接客に役立つツール

ヒント

日常英会話に困らないほどの英語力があっても、医薬品に関する英語は難しいです。ここからは、外国人の接客に役立つツールをご紹介します。

指さしツール

ママ薬プラス「めざえ!ワールドワイドな薬剤師というサイトがあります。

薬剤師向けの情報サイトですが、同じように薬品を取り扱う登録販売者も活用できる情報が満載です。

なかでも薬局ですぐに使うことができる英語、中国語、韓国語の三言語に対応した「薬局で使える!指さしツール」は、無料でダウンロードしてすぐに活用できるから、便利です。

こちらのサイトの資料をダウンロードをクリックすると「薬局で使える!指さしツール」をダウンロードできます。

指さしツールは、三言語に対応しているだけでなく、わかりやすいイラスト付きで、体のどの部分が痛むのかか、どのような症状があるのかを解説しています。

そのため、登録販売者は適切なお薬を販売することができます。

Google 翻訳

スマートフォンある場合は、音声翻訳を使うのもいいでしょう。医薬品の用語は大変難しいので覚えるのも大変です。

また、間違った薬を販売するわけにもいきません。正しく服薬指導でき、薬を販売するためにはテクノロジーに頼りましょう。

ここから、グーグル翻訳を起動さえます。

英語だけでなく他の言語にも訳すことができます。テキストを打ち込むほか、音声でも反応しますのでどちらでも使いやすい方で活用しましょう。

また、グーグル翻訳機は、翻訳した後の単語や文章を音声でよみあげることができますので、その機能も活用しましょう。

病院・薬局で使える外国語会話集

医者、看護師など医療従事者にとって必要な会話文が病院と薬局とに分かれてHPに掲載されています。

選択できる言語は英語のほかに、韓国語、タガログ語、ポルトガル語、スペイン語、中国語、ロシア語と全部で7ヶ国語に対応しています。

この外国語会話集は、受け付け、会計などのように状況に応じた会話文となっています。そのため、そのまま状況にあわせて使うことができる非常に実践度の高い内容の会話文集になっているのが特徴です。

そのため、英語以外の言語の会話文は、慣れていなく読み上げにくいと思った場合は、スマホやタブレットの画面で必要な文章をお客に見せて活用するとよいでしょう。

または、ダウンロードをすることもできますので、印刷してカウンターにおいて、外国人が来た時に見せるとよいでしょう。このような会話文を活用することで、外国人に適切なお薬を販売することができるでしょう。

田辺三菱製薬「病院・薬局で使う外国語会話集」は、こちらから利用することができます。

登録販売者の英語についてまとめ

登録販売者の英語についてまとめ

  • 英語ができれば就職・転職に有利
  • 海外の方を接客できるので昇給も可能
  • 海外のクライアントと関わるような大きな仕事ができる

登録販売者の資格を取得する際には、英語は不要です。国内で日本人を相手に接客する時には英語を使うということはまずないでしょう。

しかしながら、ドラッグストアには、日本のコスメ、医薬品などが大好きな外国人が多く訪れるます。そのため、英語できる販売員がいると、買い物のお手伝いをしてあげることができます。

英語のできない登録販売者と違い、外国からの観光客の接客ができるということで昇給があったり、別途手当などの手厚い優遇があります。

英語ができる登録販売者の資格を持つ人は、ぜひ就職、転職の時にそのスキルを存分にアピールしましょう。

また、海外へ進出しているドラッグストアなども多く出てきています。英語のスキルをもっていても、英語を使った仕事をしたいと思った時は、海外事業所での勤務を希望するのもいいでしょう。

もしかすると販売員としてではなく、英語のスキル次第ではもっと大きな仕事、役職に就くことができるかもしれません。

英語ができるというのは、採用面接などで大変有利になりますので、ぜひ登録販売者の有資格者は、英語のブラッシュアップを日々心掛けるようにしましょう。