登録販売者の資格は役に立たない?取得後の需要や将来性を徹底考察

更新日時 2020/05/11

「登録販売者の資格を取得しても意味ないって本当?」

「登録販売者の仕事はなくなるって聞いたけどどうなの?」

このような疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

インターネット上では「登録販売者の資格を取得しても意味ない」「採用で有利に働かない」「取得しても役に立たない」という意見が散見されます。

しかし、実際には「意味ない」というのは誤りで将来性は非常に高く需要もあります。

こちらの記事では、登録販売者の「取得しても意味ない」噂の根拠や取得後の将来性などについて解説します!

登録販売者の取得メリットについてざっくり説明すると

  • 「取得しても意味ない」という意見は誤り
  • 将来性が高く、需要は高い
  • 資格手当などの金銭的メリットがある
  • キャリアアップにもつながる

登録販売者とは

働く女性

登録販売者ができること

登録販売者は医薬品に関する高い見識を持っている人であり、主にドラッグストアや薬局などで働いています。

医薬品には第一類・第二類・第三類に分けれており、登録販売者は医薬品の中でも副作用のリスクが低い第二類・第三類医薬品の販売を行うことができます。

第一類医薬品が扱えないため「取得しても意味ない」と言われることがありますが、第二類・第三類医薬品は医薬品全体の約9割を占めるため、登録販売者は薬剤師不足を補う重要な存在として幅広く活躍できるのです。

ほとんどの医薬品の取り扱いできるため、医薬品を取り扱う店舗では貴重な人材として評価されます。

登録販売者と薬剤師の違い

ここで、薬剤師と登録販売者の違いについて確認しておきましょう。

薬剤師は処方箋に基づいて保険調剤を行うことができますが、登録販売者は保険調剤を行うことができません。

また、医薬品の中で副作用のリスクが高い第一類医薬品の販売は薬剤師しか行うことができません。

また、試験の受験資格にも違いがあり、登録販売者に受験資格は特に設けられていないのに対し、薬剤師試験を受験するには6年制の薬学課程を卒業しなければなりません。

このような縛りがあるため、薬剤師試験の方が圧倒的に難易度は高いです。

登録販売者の現状

登録販売者は、2009年の薬事法改正によって創設された資格です。

2015年度より受験資格が撤廃され誰でも受験できる資格となりました。

合格率も約40% と高いため毎年多くの人が受験している人気資格であり、毎年20,000人以上が合格してます。

なお、2018年度時点で累計合格者数は253,398人となっています。

登録販売者のメリット

喜ぶ人

仕事がなくなる可能性は低い

まず、登録販売者のメリットとして、「仕事がなくなる可能性が低い」ということが挙げられます。

というのも登録販売者は、高齢化の進む日本においてセルフメディケーションを推進するために政府が作った資格であり、少子高齢化が今後数十年に渡って続くことが確定的である以上、仕事がなくなる心配はありません。

登録販売者は不足している

登録販売者の人手は不足しており、いわゆる売り手市場の状態です。

そのため様々な企業や店舗が登録販売者の求人を出しており、求人数も安定しています。

ドラックストアやコンビニなどでは特に人手が不足していて、ギリギリの人員で回している店舗も多いです。

ドラッグストアなどでは店舗に配置させなければいけない人数や時間帯などが法律で決められているため、登録販売者の需要がなくなることはありません。

登録販売者の採用事情

薬剤師不足を補うことができ、薬剤師よりも人件費がかからないことから登録販売者を積極的に採用している企業は多いです。

また、採用において年齢はあまり関係なく、幅広い年齢層の人が活躍しています。

男性よりも女性の方が採用されやすい傾向がありますが、店舗によっては力仕事などの体力が求められる業務もあるため、男性でも活躍することができます。

また、豊富な医薬品知識を生かして製薬会社の営業として採用されることもあり、活躍できるフィールドは非常に広いと言えるでしょう。

需要は拡大している

近年新しく創設されたセルフメディケーションの推進により、ドラッグストア市場が再び活性化しています。

医薬品は生活には欠かせないものなので、24時間営業を始めるドラックストアなどが増えていることから、登録販売者の需要も増えています。

また、薬局やドラッグストア以外にも医薬品を取り扱うスーパーやコンビニ、家電量販店、ホームセンターなどが増えているため、実際に様々な店舗で登録販売者が求められています。

2014年からは一部の医薬品を除く一般用医薬品が一定の条件の下インターネットなどで販売できるようになった影響もあり、活躍の場はますます広がっていくでしょう。

さらに、高齢化によって医療や福祉分野の仕事は需要が高くなるため、医薬品に詳しい登録販売者は福祉の現場でも様々な仕事が増えていくでしょう。

このように、「登録販売者を取得しても意味ない」という意見は誤りなのです。

待遇が良くなる

待遇の面でも取得メリットは多く、以下の内容を読めば「取得しても意味ない」という意見は間違っていることが分かります。

登録販売者の年収は300~400万

登録販売者の年収は300万~400万円程度、店長クラスだと450万円~600万円程度、エリアマネージャークラスだと600万円以上と言われています。

なお、より専門性の高い薬剤師の平均年収は550万円程度となっています。

収入アップが可能

資格を取得することで、月に1万円程度の資格手当を支給してくれる企業が多いです。

つまり、資格を持っているだけで年収が12万円上がることになります。

また、資格を取得したことで自身の評価を高めることができ、昇給や昇進につながりやすいメリットもあります。

また、ドラックストアでは、美容部員・調剤事務員として働きながら、登録販売者の資格を取得して収入を上げることも可能です。

パートやアルバイトの場合でも優遇されることが多く、資格手当として時給が50円~130円ほど上乗せしてくれる企業が多いです。

勤務条件が良い

登録販売者の求人は短時間勤務のものも多く、家庭の都合に合わせて働きやすいメリットがあります。

また、パートでもほかの業種と比べると時給は高いため、主婦でも働くモチベーションを持ちやすいです。

募集している時間帯の幅も広いため、資格を取得した後に産休育休を経た子育て中のママさんでも活躍することが可能です。

キャリアアップが可能

資格を取得することで、医薬品販売の専門家として仕事の幅が広がり責任のある仕事を任せられます。

これが仕事のやりがいに繋がり、好循環をもたらすことができるでしょう。

また、資格取得を正社員になる条件としている企業が多く、実際に大手ドラッグストアや大型スーパーの従業員が多く取得しています。

ドラッグストアなどで働くためには今後必須の資格になっていくでしょう。

店舗管理者にもなれるため、キャリアアップを目指している男性にも人気となっています。

なお、人材が不足していない店舗であれば登録販売者は医薬品コーナー専門として採用され、他の売り場の業務が求められないこともあります。

以前は薬剤師や薬種商のみ医薬品販売店を開業できましたが、現在は登録販売者の資格を取得することで開業が可能となったため、独立も夢ではありません。

専門知識を活かすことができる

介護用品といった医薬品以外の学習機会を設ける企業もあり、このような機会を積極的に利用することで福祉などの広い知識を身に着けることもできます。

また、小さい子供は病弱なケースも多く、保育士といった他の職業でも専門知識を生かすことができます。

このように、登録販売者の知識は普段の生活と密接に関わっていて、多くの場面で頼りにされる存在なのです。

合格しやすい国家資格である

登録販売者は国家資格であるため信用性が高く、就職や転職にも役立ちます。

医療事務や調剤薬局事務は民間の検定試験なので資格手当の対象になりにくいデメリットはありますが、登録販売者は様々なメリットを享受できます。

受験資格がなく合格率が高い試験であるため、興味がある人は積極的に受験するべきでしょう。

今後の需要や人材の供給状況によっては試験が難化する可能性もあるため、今のうちに資格を取得しておくと良いでしょう。

登録販売者のデメリット

冴えない表情

実務経験の要件が必要

合格後に正式に登録販売者を名乗れるようになるためには、面倒な要件があります。

それは、 「一人前の登録販売者になるためには直近5年以内に通算2年以上の実務経験があることが必要」という内容です。

実務経験を積んでいる間は薬剤師や登録販売者の指導の下を受けながらでなければ、業務をすることができません。

正式な登録販売者になるまでの間は研修中という扱いになり、資格手当も少なくなることもあります。

合格後すぐには登録販売者になれず、この時期は有利に働かないことがある点には注意しましょう。

販売目標がある

小売業では、医薬品に加えて健康食品やドリンクなど、各商品に販売目標が月ごとに課せられるケースが非常に多いです。

そのため、販売目標を達成しなければならないプレッシャーは常に付きまとう点は、登録販売者のデメリットと言えるでしょう。

ただし、販売目標はあくまでも目標に過ぎないため、店のおすすめだけでなくお客さんの症状に合った医薬品を販売する必要があります。

目標に気を取られて本来の業務を逸脱しないように気を付けましょう。

仕事がハード

資格を取得することで仕事の幅が広くなるメリットがある反面、登録販売者は人手不足で忙しいため仕事量が増えハードになる点にも注意が必要です。

特に販売業だと勤務中は立っている時間が長くあわただしいため、想像以上に肉体的に疲れる仕事である点は覚悟しておきましょう。

また、処方箋が立て込んでしまうとお客さんを待たせることもあるため、クレームなどにならないような工夫も必要となります。

休日の面でも、営業中は必ず一人は登録販売者が店舗にいなければならない規定があるため、休日出勤しなければならない場面も出てくるでしょう。

なお、コンビニでは医薬品の販売に加えてレジ業務や商品の陳列など通常のコンビニ店員としての仕事も行わなければならず、かなり多忙なのが現実です。

アルバイトやパートが増える可能性

医薬業界の保険点数制度の見直しなどにより、各店舗では人件費を抑えるために薬剤師の数を減らしてアルバイトやパートとして登録販売者を採用することが増えることが予想されています。

そのため、正規職員としての採用や枠は削られていく恐れは否定できません。

資格取得後に就職に関してしばらく困ることはないものの、高収入・好待遇を求めるのであれば責任者や管理職を目指す必要があるため、今後の求人の動向には注意を払うべきです。

登録販売者になるには

障害を超える人

登録販売者試験を受験する

登録販売者になるための流れや、試験の詳細情報についてお伝えします。

試験はいつ実施されるの?

試験は年1回で8~10月に多く実施されており、試験の申し込みについては例年4~6月に公示されます。

試験は都道府県ごとに実施され、申込期間や試験日程、試験内容も各都道府県で異なるため、ホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

なお、日程がかぶらなければ複数の都道府県で受験できるため、合格の可能性を高めたい人はダブル受験も考えておくと良いでしょう。

試験の詳細は、各都道府県のホームページで確認できます。

試験を受験するまでの流れ

試験を受験するまでの流れは、以下のようになっています。

  1. 試験日程と受験申込期間を確認する
  2. 都道府県別の窓口に問い合わせて願書を受け取る
  3. 願書が届いたら、受験手数料を支払う
  4. 申請書類をそろえる

手続きが済むまでにかなり手間がかかるため、受付が始まったら早めに申し込みを済ませておくようにしましょう。

登録販売者試験の合格率は約40%

上記は、登録販売者試験の直近7年間の受験者数、合格者数、合格率を示したグラフになります。

グラフをみると、登録販売者試験の合格率は約40%前後を推移していることや、2015年以降合格率が下がっていることがわかるでしょう。

これは2015年に、それまで登録販売者試験の受験資格として掲げられていた「実務経験」や「学歴」の条件が撤廃されて受験者数が増加したことが原因と考えられています。

登録販売者の試験内容

試験は択一式試験でマークシート方式で回答していきます。

問題は全部で120問あり、試験時間は合計240分となっています。

試験問題は厚生労働省から通知される「試験問題作成の手引き」を基にして都道府県ごとに作成されており、難易度も各都道府県で微妙に違います。

なお、出題範囲や問題数、試験時間は以下の表のとおりです。

項目 問題数 試験時間
1章  医薬品に共通する特性と基本的な知識 20問 40分
2章  人体の働きと医薬品 20問 40分
3章  主な医薬品とその作用 40問 80分
4章  薬事関係法規・制度 20問 40分
5章  医薬品の適正使用・安全対策 20問 40分

試験の合格基準は7割

合格ラインは、「試験全体の70%以上の正解」となっています。

つまり、3割は間違えても合格できるということです。

ただし、1科目でも正解率が35%または40%以下(都道府県によって異なります)だと不合格になってしまう足切り制度がある点には注意が必要です。

この足切りに引っかからないためにも、苦手を作らないように各科目でバランス良く点数を取る必要があります。

試験合格後にやるべきこと

登録販売者として働くためには、試験に合格した後に手続きを行って都道府県に登録販売者として活動するための登録を行う必要があります。

また、一人前の登録販売者として認められるためには、規定された年数の実務経験を積む必要があります。

「販売従事登録」が必要

登録販売者として働くためには、勤務先のある都道府県で販売従事登録を行う必要があります。

申請に当たり、合格通知書住民票、医師による診断書などが必要となります。

多くの準備書類があるので、勤務先から求められたときにすぐ提出できるよう備えておきましょう。

一人前になるには実務経験が必要

1人で医薬品を販売するには、過去5年以内で通算2年以上(毎月80時間以上)の実務経験が必要となります。

それまでは研修中の身分となり、実務経験の要件を満たした登録販売者か薬剤師の管理・指導の下で「研修中の登録販売者」として実務経験を積まなければなりません。

一度実務要件を満たした後であっても、休職などで「過去5年以内に2年以上の実務経験」の条件を満たさなくなった場合は、再び研修中として実務経験を積み直す必要があります。

登録販売者の勉強方法

勉強する人

独学で勉強する

登録販売者試験は独学可能な試験ですが、独学のメリット・デメリットをしっかりと理解しておくことが大切です。

独学のメリット

独学の最大のメリットは、勉強の費用が抑えられる点でしょう。

通信講座などを利用すると数万円の受講料などがかかってしまう一方で、独学であればテキストや過去問題集など、最低限の書籍代で合格を狙うことも可能です。

また、自分のペースで勉強できる点も独学のメリットです。

特に、一人で勉強することに慣れている人や日頃の生活に勉強することをルーティンとして取り入れることが苦にならない人は、独学で挑む価値があるでしょう。

独学のデメリット

独学だと、疑問点や分からない問題に遭遇した時などに相談する相手がおらず、勉強が停滞してしまう恐れがあります。

不明点を放置するとどんどん疑問が増えていき、本番までに対応できなくなってしまうこともあるため注意が必要です。

また、独学だと自分で計画を立ててモチベーションを保ち続ける必要があります。

通信講座だと予め効率的なカリキュラムが組まれているため、この点で独学は不利と言えるでしょう。

なお、ネットにのっている体験談や独学合格談などは時代や事情が異なる場合があるので当てにはせず、参考程度にとどめておきましょう。

独学におすすめのテキストはこちら

独学の際に最も苦労するのが「テキスト選び」でしょう。自分に合ったテキストや参考書を見つけるのは、なかなか難しいものですよね。

独学の参考書選びのポイントは、「ビジュアルの楽しさ」と「解説の分かりやすさ」の2つを基準に自分に合った参考書を見つけることです。

というのも、独学では楽しさ・分かりやすさが無いと勉強を継続するのは難しく、文字ばっかりの難解で分厚いテキストを買ってしまった場合、すぐに勉強がつまらなくなって挫折してしまう危険性があるからです。

以下の記事では、独学の参考書選びについて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

内部リンク1219番

通信講座で勉強する

確実に合格したい場合は、通信講座を利用することが必要です。

ただし、通信講座にもメリット・デメリットがあるので、しっかりと理解しておくようにしましょう。

通信講座のメリット

通信講座の教材は効率的なカリキュラムが事前に組まれており、自分で計画を立てる必要がない点が大きなメリットです。

また、申し込めばすぐに勉強が始められる点や、自分の好きな時に勉強できる点も通信講座ならではのメリットと言えるでしょう。

メールなどを用いて疑問を解決することもできるため、独学では不安だという人はこのようなサービスがあるのも心強いでしょう。

通信講座のデメリット

通信講座では受講料などで3~4万円程度かかってしまいます。

「あまり高い金額は出せない」という人は、一般教育訓練など国からの給付制度があるので、条件に当てはまる人は利用すると良いでしょう。

また、いくら効率的な教材だったとしても、合格するかしないかは結局のところ本人の努力次第なので、手を抜かずにしっかりと勉強する必要があります。

効率的に合格するなら通信講座がおすすめ

効率的で確実な合格を目指すなら通信講座がおすすめです。

資格Timesがおすすめする「ユーキャンの登録販売者講座」では、初心者でも分かりやすい要点が凝縮されたテキストや7回にわたる添削サポートなど圧倒的に充実したカリキュラムによって効率的な対策を行うことができます。

就職活動のサポートなども行っているので、「家事で忙しいけれど、将来働くために登録販売者の資格が欲しい」という主婦の方におすすめの講座となっています。この機会にぜひチェックしてみてください。

通学講座で勉強する

「家で一人で勉強するのは不安」「誰かに対面で教えてもらいたい」という場合は、通学講座を受講することもできます。

通学講座のメリット・デメリットはどのようになっているのでしょうか。

通学講座のメリット

通学講座の授業に参加することで、出題範囲を一通り網羅でき効率的な勉強が可能となります。

また、講師がすぐそばにいてくれるので、疑問があればその場で講師に質問できる点も大きなメリットと言えるでしょう。

また、試験合格という同じ目標を共有できる仲間ができるため、情報交換やモチベーションの維持といった観点からもメリットが享受できます。

通学講座のデメリット

通信講座はあらかじめ授業の日程が決まっているため、仕事や家庭の都合などで出席できないこともあり得ます。

また、近くにスクールがない場合は諦めざるを得ず、スクールがあったとしても多額の費用がかかってしまう点は通学講座のデメリットと言えるでしょう。

また、授業に参加するだけで学力は身に着かないため、講座終了後も自分で復習していく姿勢が重要となります。

独立開業は現実的か?

チェスの駒

取得しても意味ないと言われることがある登録販売者ですが、独立開業することも可能です。

ただし、いきなり独立開業しても食っていくことはできず、数年の実務経験を積んでおかないと事業を成功させることは難しいでしょう。

また、あくまでも登録販売者として開業する場合は、原則通り第二類と第三類医薬品しか扱うことができない点には注意が必要です。

独立開業するのであれば、

  • コンビニのフランチャイズ契約をして医薬品を取り扱う

  • 保険薬局指定と薬局開設許可を得て店舗管理者として自分の店舗を開業する

以上のというケースが多く現実的です。

実際に多くの登録販売者が開業しているため、実務経験と確かな知識さえあれば、独立開業は夢ではなく現実的であると言えるでしょう。

登録販売者の取得メリットまとめ

登録販売者の取得メリットまとめ

  • 仕事がなくなることはあり得ず、高い需要がある

  • 「合格しても意味ない」という噂は嘘である

  • キャリア面でも金銭面でも取得メリットは多い

  • 独立開業の可能性も広がる

登録販売者を取得することで、様々な取得メリットがあることが理解できたと思います。

「有利に働かない」などネガティブな意見に惑わされることなる、しっかりと勉強に集中するようにしましょう。

今後活躍の場が広がる魅力的な資格なので、ぜひ合格を掴み取ってください。