一生使える資格とは?一生困らない役立つ資格から手に職資格まで男女別で解説!

更新日時 2020/05/13

一生使える資格ってどんな資格なんだろう?

と疑問をお持ちの方もいるでしょう。

一生使える資格には共通した特徴があります。また、女性向きの資格や主婦におすすめの資格も存在するため、自分に合った資格を選ぶことが大切です。

今回は、一生使える資格について、男女それぞれにおすすめの一生困らない資格を紹介していきます。

これを読めば、あなたにぴったりの一生使える資格が見つかるはずです。

一生使える資格についてざっくり説明すると

  • 仕事に役立ち将来性のある資格を選ぶべき
  • 資格が役に立つかは取得後の自分次第
  • 忙しい社会人や主婦には通信講座の活用がおすすめ

使える資格と使えない資格

こちらを見る女性

一生使える資格と使えない資格にはどのような差があるのでしょうか。

一生使える資格とは?

一生使える資格および一生食べていける資格には以下のような特徴があります。

  • 就職や転職、または現職のキャリアアップに役立つ

  • 取得によって給料アップが見込める

  • 資格および業界に将来性がある

  • ライフスタイルに柔軟に対応した働き方ができる

  • 独立開業の際に役立つ

就職や転職に役立つなど、仕事に明確な好影響を与える資格は、一生使える資格になる可能性があるでしょう。

また資格やそれにまつわる業界に将来性があるかどうかも重要な観点です。

さらに、その資格を使ってどのような働き方ができるのかについても、合わせて確認しなければいけません。

使えない資格とは?

一方で使えない資格には以下のような特徴があります。

  • あまりに難易度が低く、誰でも取得が可能

  • 資格の需要や認知度が低い

  • 専門性に乏しい

  • 資格や業界に将来性がない

資格自体にある程度の希少価値がなければ、一生使える資格にはなりません。そのため一生使える資格には、高度な専門性を有する高難度のものが多いです。

また将来性がなければ一生食べていける資格とは言えません。一時的なブームなど一過性の資格は避けるべきです。

使える・役立つ資格選びの際に注意すべき点

パソコンを見る二人

使える・役立つ資格を見抜くには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

資格取得を最終ゴールにしないこと

資格を取得したとしても、それを活用する能力や努力がなければ意味を持ちません。資格は目的ではなく、あくまで成功のための手段なのです。

そのため「今の自分には何もないから、とりあえず資格を取れば良いことがあるだろう」などと考えるべきではありません。良いことがあるかどうかは自分次第と言えます。

資格取得を目的とせず、それをどのように活用していくかということまで見据えた上で、試験勉強などに取り組むべきです。

世の中の人気・評判に流されない

「みんな取っているから」や「テレビで良いと言っていたから」などの短絡的な理由で資格取得に臨むのはやめましょう。

資格によっては、主催団体などの巧みなプロモーションにより人気があるだけの資格も存在します。そうした資格は、受験生の数は多いものの実用性はなく、仕事には全く活かせないことも多いです。

世間の人気や評判ではなく、自分自身が本当に必要だと思う資格を取得しましょう。

需要・供給のバランスの良い資格かどうかをしっかりと見極める

その資格の市場における需要・供給のバランスを見極めることも重要です。

一定の需要に対して、供給(資格の保有者)が少ないと資格の価値は上がります。

供給過多の資格はそもそもあまり価値がありません。一方で供給の少ない資格は有用ですが、その分取得の難易度は高くなります

例えば、需要に対して供給があまりにも少ない弁護士は、超難関資格の一つです。そのような資格は、時間や費用的な面も含め、取得までにかなりの困難を極めると言えます。

自分に本当に向いている資格なのかを判断する

自分の興味のある分野や得意な領域の資格を取ることが大前提となります。

いくら使える資格と言っても、自分が全く興味のない分野を勉強するのは困難です。

勉強が捗らず、資格取得に必要以上の時間がかかることもあるでしょう。決してコストパフォーマンスの良い選択とは言えません。

自分の得意・不得意も判断基準に加え、自分に向いているかどうかを見定めた上で取得する資格を決めるようにしましょう。

自分の今のレベルよりワンランク上の資格を目指す

資格の難易度も重要な要素です。自分の現状レベルより少し上の資格を取得することをおすすめします。

ワンランク上を目指す方が、勉強のやりがいや意義が感じられるため、モチベーションの維持がしやすいからです。

あまりに簡単な資格だと、受験する意味はあまりないと言えます。取得する意味に疑問を持ったような状態では、勉強も捗りません。

そもそも資格を取ることのメリットは?

続く道と女

資格を取得することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

就職・転職に役立つ

資格を取得することで、就職や転職で有利になるものも多いです。

また、そもそも資格を取得していることが、業務を行う上での前提条件となっている職業もあります。

特に業務独占資格の場合は、資格を保有していないと特定の業務を行えません。弁護士や弁理士などがその例です。

名称独占資格では、資格を取得していないと特定の名称や呼称を使うことはできません。具体例は保育士や管理栄養士などです。

その分野において専門家である証明にもなる

資格はある分野に関する知識や技術を客観的に証明してくれるものです。

そのため保有していることで、企業をはじめ世間に対するアピールとなります。

実務経験が浅い場合でも、資格があればカバーすることが可能です。資格を所有してるということが、専門家としての信頼性を担保してくれます。

異なる業界へ転職する際には、資格に助けられることも多いでしょう。

新しいコミュニュティができる

資格を取得する過程には様々な出会いがあるでしょう。通信講座やセミナーなど、同じ志を持った人たちと接する機会は多いです。

資格によっては試験合格後の研修などでコミュニティができることもあります。

そうした人脈が、資格取得後のキャリアで役立つこともあるでしょう。仕事の悩みを相談したり、転職の情報を共有することも可能です。

独立・開業の可能性も出てくる

一生困らないと言われるような資格を持っていれば、ライフスタイルを柔軟に変化させることが可能です。

資格の知識と自分のスキルを上手く組み合わせれば、独立開業もできるでしょう。

働き方改革が進む現代においては、フリーランスで働く人も多いため、資格があれば仕事に多様な選択肢が生まれます。

また独立開業とまではいかなくても、副業として資格を活用することも可能です。

一生使える女性におすすめの国家資格

こちらを見る女性

ここからは特に女性におすすめの一生使える資格を紹介します。

看護師

看護師は国家資格のため信頼性が高く、医療分野なので将来性も十分です。よって就職や転職には困らない資格と言えます。

高齢化の進行に伴って、医療分野の需要は今後高まっていくと予想されます。実際に病院などの医療施設は増設されているようです。

そのため、看護師の活躍の場は多くあります。条件を選ばなければ、60歳を超えて働くことも可能でしょう。まさに一生食べていける資格だと言えます。

基本情報

看護師の試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 指定の学校を卒業する必要がある
試験形式 必修問題・一般問題・状況設定問題がある筆記試験
合格率 約9割と高め
難易度 試験自体は容易だが受験までの過程が大変
受験料 5,400円
独学できるか 参考書などがあるのできちんと対策を行えば十分可能

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは2016年から始まった比較的新しい資格で、個人の職業選択や能力開発の専門家です。

厚生労働大臣によって認定される国家資格になります。

主な勤務先は、企業の人事部や大学のキャリアセンター、公的就業支援機関などです。

働き方改革などキャリアが多様化する現代において、需要が高まっている職種の一つと言えます。

資格を取得すれば独立開業して活躍することも可能です。

基本情報

キャリアコンサルタント試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 厚労相が認定した講習を修了・実務経験・技能検定キャリアコンサルティング職種の学科又は実技試験に合格 など
試験形式 学科試験(論述)と実技試験(面接)
合格率 キャリアコンサルティング協議会:26.2% JCDA(日本キャリア開発協会):34.6%(平成30年)
難易度 やや難しい
受験料 学科:8,900円 実技:29,900円
独学できるか 十分可能

*キャリアコンサルタント試験の実施団体は2つあります。

行政書士

行政書士は、行政手続きに関する書類作成の専門家です。

具体的には、官公署に提出する書類作成および権利義務・事実証明に関する書類作成を独占業務に持ちます。

また他の資格によって独占されていない業務に関しても請け負うことができるため、仕事の幅が広い資格です。

試験の難易度は高めですが、士業系資格の中では簡単な部類だと言えます。取得すれば独立開業も可能です。

基本情報

行政書士試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 択一式と記述式
合格率 10%前後
難易度 難しいが士業系資格の中では簡単なレベル
受験料 7,000円
独学できるか 難しいが可能

社労士

社労士は人材の専門家で、人事系資格の最上位です。多くの業界で信頼されています。

試験の難易度が高いですが、女性の合格割合が高い資格です。

社労士の業務は細かい事務など女性向きと言えるものが多いため、女性におすすめできる資格と言えます。

ちなみに社労士の独占業務は、労働や社会保険に関する手続き代行と帳簿作成です。独占業務以外には、コンサルティングなどを行います。

基本情報

社労士試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 学歴・実務経験・試験合格の3要件のうちいずれかを満たす
試験形式 選択式と択一式
合格率 6%前後
難易度 難しい
受験料 9,000円
独学できるか かなり難しいが可能

保育士

保育士は名称独占の国家資格です。小児の保育や保護者への保育指導を行います。

共働きやシングルマザー(ファザー)の増加によって、近年需要が高まっている職業の一つです。

法律のよって保育士の配置基準が決められているため、サービスを必要とする子供が増えるほど、その分保育士が必要となります。

試験には筆記試験と実技試験がありますが、保育士資格は定員制ではないため、合格基準を突破すれば誰でも合格が可能です。

基本情報

保育士試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 大卒もしくは短大卒・高卒かつ実務経験・中卒かつ実務経験 など
試験形式 筆記試験と実務試験
合格率 10〜20%
難易度 やや難しい
受験料 12,950円
独学できるか 十分可能

Webデザイン検定

ウェブデザイン技能検定は、インターネットスキル認定普及協会が実施する、Web関連資格では唯一の国家試験です。

インターネットの普及により、Webを使ったマーケティングの需要性が高まっています。ホームページ制作などには、Webデザインの知識や技能の持った人材が必要です。

現代では活用の場が沢山ある資格と言えるでしょう。フリーランスや自宅開業など、自由な働き方をしたい人におすすめの資格です。

基本情報

ウェブデザイン技能検定に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 1級:【学科試験】7年以上の実務経験・学歴かつ実務経験・2級合格かつ実務経験のいずれか 【実務試験】学科試験の合格 2級:2年以上の実務経験・大卒・3級合格者など 3級:なし
試験形式 学科試験と実務試験
合格率 1級:80%程度 2級:50%程度 3級:70%程度
難易度 比較的易しい
受験料 1級学科:7,000円 1級実技:25,000円 2級学科:6,000円 2級実技:12,500円(35歳以上)・7,000円(35歳未満) 3級学科:5,000円 3級実技:5,000円(35歳以上)・3,000円(35歳未満)
独学できるか 3級は独学での合格者多数

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、ある程度経験を積んだエンジニアがさらに上を目指すための試験です。IT関連の業務を行う上での発展的な知識や技能が学べます。

情報処理技術者試験の一つであり、ITパスポート試験や基本情報技術者試験の上位資格にあたります。

ちなみに情報処理技術者試験とは、情報処理に関する法律に基づき、経済産業省が認定する国家資格です。

高度なIT人材に与えられる国家資格のため、取得者の年収は高い水準で安定しています。取得すれば幅広い活躍が可能です。

基本情報

応用情報技術者試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 午前試験(四肢択一)と午後試験(記述式)
合格率 20%前後
難易度 比較的難しい
受験料 5,700円
独学できるか やや難しいが可能

一生使える・職に困らない女性におすすめの公的資格

勉強する女性

引き続き女性におすすめの資格を紹介します。こちらも上手く活用すれば、職に一生困らない資格です。

登録販売者

登録販売者の業務は一般用医薬品の販売です。扱えるのは第二類および第三類医薬品で、副作用のリスクが低い風邪薬や鎮痛剤などになります。

薬事法の改正に伴い創設された公的資格です。

薬剤師がいなくても、一般用医薬品の約9割を販売できるため、薬局やドラッグストアなどで高い需要があります。

薬剤師を雇って調剤薬局を開業することも可能です。

基本情報

登録販売者の試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 120問の筆記試験
合格率 40%前後
難易度 比較的易しい
受験料 12,800〜18,100円
独学できるか 十分可能

*登録販売者の試験は各都道府県ごとに行われるため、受験料や試験日程などは試験によって異なります。

介護職員初任者研修

介護職員者人者研修は、これから介護の仕事を始めたいという人におすすめの資格です。

この資格を取得することで「身体介護」を行えるようになります。研修では介護に関する基本的な知識から応用的・実践的な内容までを学ぶことが可能です。

受験者は、排泄や入浴などの生活援助に関わる介護術を身に付けます。

3ヶ月程度で取得できる、新人向けの介護系資格です。

基本情報

介護職員初任者研修に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 130時間の講習と試験
合格率 ほとんどが合格
難易度 講習さえ受ければ誰でも合格できる
受験料 6万円〜15万円程度
独学できるか 講習を受ける必要がある

*介護職員初任者研修の受講料は、研修実施校ごとに異なります。

介護福祉士

介護福祉士は、高齢者や障害のある人の介助や生活相談などを行う国家資格です。

有能な介護人材であることの客観的な証明となるため、基本給アップやキャリアアップに繋がります。

また、介護福祉士は施設側にもメリットのある資格です。介護福祉士の有資格者が一定数以上いる施設には、国から補助金が支給されます。

雇用する側にも恩恵があることから、就職や転職にはかなり有用な資格と言えるでしょう。

基本情報

介護職員初任者研修に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 実務経験・福祉系高校卒業 のいずれか
試験形式 筆記試験と実技試験(基本なし)
合格率 70%程度
難易度 比較的易しい
受験料 15,300円
独学できるか 十分可能

ケアマネージャー

ケアマネージャー、正式名称「介護支援専門員」は、ケアマネジメントに関する専門職です。介護福祉士のさらなるステップアップの資格として位置付けられています。

ケアマネージャーの仕事は、要介護者に合わせたケアプランの作成や、事業者への要望やクレームの代行などです。

ケアマネージャーは一般の介護職員よりも給与が高く、時間の融通も利くため、介護職につくなら是非とも取得したい資格と言えます。

基本情報

ケアマネージャー試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 5年以上の実務経験
試験形式 60問の筆記試験
合格率 25.1%(2017年度)
難易度 比較的難しい
受験料 6,600円〜14,400円
独学できるか 比較的難しいが可能

*ケアマネージャー試験は各都道府県ごとに実施されるため、受験料は試験によって異なります。

金融窓口サービス技能士

金融機関において窓口業務を行うのに必要となる国家資格です。取得することで「金融窓口サービス技能士」の称号を使用することができます。

この資格があれば、金融業界への就職や転職で有用です。

独学もしくは通信講座を利用した試験対策を行えば、十分合格することができる難易度になります。

比較的易しい試験にしては取得のメリットが大きいため、コスパの良い資格と言えるでしょう。

基本情報

金融窓口サービス技能士試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 1級:4年の実務経験・2級合格・テラー技能審査2級合格のいずれか 2級:2年の実務経験・3級合格・テラー技能審査3級合格のいずれか 3級:なし
試験形式 学科試験(マークシート方式)と実技試験
合格率 1級:9.5%(学科)・42.9%(実技) 2級:22.4%(学科)・30.7%(実技) 3級:44.3%(学科)・73.0%(実技)
難易度 3級は比較的易しい
受験料 1級:8,500円(学科)・15,000円(実技) 2級:6,500円(学科)・7,000円(実技) 3級:3,800円(学科)・4,000円(実技)
独学できるか 3級は十分可能

主婦注目の手に職資格

多数の手

手に職をつけられるものは、一生使える資格と言えるでしょう。

手に職をつければ副業程度に活用することもできるので、主婦の方には特におすすめです。

整体師

整体師は手技によって骨格の歪みを矯正し、体の不調を改善する施術を行います。

整体師は資格がなくても活動することが可能ですが、民間資格を取得することで専門家としての信頼性を高めることが可能です。

整体師は主に以下のような現場で活躍します。

  • 整体院

  • カイロプラクティック院

  • リラクゼーション施設

  • スパ

  • 温泉施設

  • スポーツトレーナー

基本情報

整体師に関する民間資格の一つであるMTC療術師協会の認定試験に関する詳細は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 専門スクールに入学しコースを修了
試験形式 不明
合格率 99%
難易度 スクールを卒業すればほとんどが合格できる
受験料 35万円〜70万円程度
独学できるか スクールに通う必要がある

*受講料はコースによって異なります。試験形式などのさらなる詳細に関しては、スクールを直接お問い合わせ下さい。

ネイリスト

ネイリストは各人の要望に合わせて、爪に装飾を施したりすることが仕事です。爪の健康状態によって、ネイルケアやイクステンション、アートなど施術を変える必要があります。

ネイリストも資格がなくても働ける職業ですが、ネイリスト技能検定などの民間資格を取得しておくのが望ましいでしょう。

ネイルケアにはリラクゼーション効果もあり、女性に人気のサービスです。手に職を付けたい主婦の方にはぴったりの資格と言えるでしょう。

基本情報

ネイリスト技能検定に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 1級:2級合格 2級:3級合格 3級:なし
試験形式 実技試験と筆記試験
合格率 1級:40%前後 2級:50%前後 3級:70〜90%
難易度 2級以上は比較的難しい
受験料 1級:12,500円 2級:9,800円 3級:6,800円
独学できるか 2級以上の実技試験に関しては厳しい

日商簿記

簿記とは、一定のルールで日々の企業経営に関する記録や計算、整理を行う技術のことです。

簿記試験の中では日商簿記が有名で、実務に役立つ会計や経理に関する知識が身につきます。企業では新入社員に受験を義務付けているところもあるそうです。

就職や転職で活用したいなら、日商簿記2級以上を取得しましょう。ちなみに2級は、高校卒業レベルの試験内容です。

基本情報

日商簿記に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 筆記試験
合格率 1級:10%前後 2級:15〜30%前後 3級:40〜50%
難易度 2級以上は比較的難しい
受験料 1級:7,850円 2級:4,720円 3級:2,850円
独学できるか 比較的難しいが可能

社会人・学生の男性におすすめの一生食べていける・困らない資格

親指を立てる男

ここからは社会人や学生向けの一生食べていける・一生困らない資格を紹介します。

税理士

税理士の独占業務は以下の3つになります。

  • 税務代行

  • 税務書類の作成

  • 税務相談

財務代行では、クライアントから税務代理についての書類をもらった上で、税務署に対する税金の申告作業を行います。税金は法人税や所得税、相続税、贈与税です。

また、申告に必要な税務書類の作成についても税理士が行います。

さらに、節税対策や税金の計算法に関する相談を受けることも税理士の仕事です。

独占業務以外に税理士が行うことには、コンサルティング業務が挙げられます。

内容は、記帳作業や試算表・決算書類の作成など経営面のアドバイスです。また、企業の運営方針に関する助言を行うこともあります。

基本情報

税理士試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 大卒かつ指定科目の履修・日商簿記1級合格・実務経験など
試験形式 科目合格制(5科目の合格が必要)
合格率 10〜20%
難易度 比較的難しい
受験料 10,000円
独学できるか 難しいが可能

公認会計士

公認会計士とは、国家資格を有する会計士のことです。経理や会計などの業務を行います。

医師や弁護士とともに三大国家資格に数えられ、経済系資格では最高峰に位置する資格です。

公認会計士の主な仕事は、企業が作成する財務諸表のチェックになります。不備や不正のない適切なものかを点検するのが公認会計士の役目です。

基本情報

公認会計士試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 短答式試験と論文式試験
合格率 10%前後
難易度 比較的難しい
受験料 19,500円
独学できるか 難しいが可能

宅建士

宅建士は不動産取引の専門家です。不動産売買において、専門知識のない顧客が不利な契約を結ばされないよう、専門的な見地から助言を行います。

圧倒的な受験数を誇る、国家資格の中でも超人気の資格です。

不動産業界はもちろん、住宅ローンを取り扱う金融業界でも役に立ちます。直接有利になる業界は限られていますが、特定の業界においては絶大の効果です。

また宅建士は難関資格のため、直接関係のない業界においても、試験に合格したこと自体は評価されます。

目標を実現するために努力し、学び続けることができる人材だと見なされるでしょう。

基本情報

宅建士試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 マークシート方式
合格率 15〜17%程度
難易度 比較的難しい
受験料 7,000円
独学できるか 比較的難しいが可能

弁理士

弁理士は知的財産の専門家です。独占業務として、特許庁への知的財産権の申請作業を代行します。知的財産権とは、著作権や実用新案権、意匠権、商標権などです。

また、知的財産に関するコンサルティング業務も弁理士の仕事になります。

その内容は、知的財産権の取得に関する相談や自社製品を模倣された時の対処、他社の権利を侵害していないかの調査など様々です。

基本情報

弁理士試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 短答式試験・論文式試験・口述式試験
合格率 7%程度
難易度 難しい
受験料 12,000円
独学できるか かなり難しいが可能

土地家屋調査士

土地家屋調査士は、不動産の表示に関する登記の専門家です。正確な不動産の状況を登記記録に反映しておくことで、不動産取引の安全が確保されます。

具体的な業務内容は、不動産の表示に関する登記に必要な土地や家屋の調査・測量です。

また不動産表示に関する登記の申請手続や審査請求手続、筆界特定の手続の代理も行います。

基本情報

土地家屋調査士試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 筆記試験と口述試験
合格率 9.5%程度
難易度 比較的難しい
受験料 8,300円
独学できるか 比較的難しいが可能

中小企業診断士

中小企業診断士は、企業経営に関するコンサルティングの専門家です。独占業務はありませんが、あらゆる業界から信頼を得ている資格になります。

日本版MBAとも呼ばれており、非常に需要の高い資格です。

日本企業の99%は中小企業であるため、中小企業診断士には幅広い活躍が期待されています。将来性も十分な資格です。

基本情報

中小企業診断士試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 筆記試験(1次)と口述試験(2次)
合格率 1次・2次ともに20%前後
難易度 比較的難しい
受験料 1次:13,000円 2次:17,200円
独学できるか 比較的難しいが可能

MOS資格

MOSはエクセルやワードなど、Microsoft Office製品の取り扱いに関する国際資格です。MOSはマイクロソフトオフィススペシャリストを意味します。

試験はスペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)の2種類です。

パソコンスキルはどの業界においても役に立つため、実用的な資格だと言えます。

基本情報

MOS資格の試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 マルチプロジェクト
合格率 スペシャリスト:80%程度 エキスパート:60%程度
難易度 比較的易しい
受験料 スペシャリスト:10,780円 エキスパート:12,980円
独学できるか 十分可能

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(FP)は個人の資金計画に関する専門家です。住宅ローンや保険、年金制度など、暮らしに関わるお金の知識に精通しています。

FPを取得すれば仕事のみならず、自分のライフプラン設定に知識を役立てることも可能です。

FPとして活躍する女性は多いため、男性だけでなく女性にもおすすめの資格と言えます。

資金計画を通じて多くの人生をサポートできるため、とてもやりがいのある職業です。

基本情報

FP試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 3級はなし
試験形式 学科試験と実技試験
合格率 1級:10%程度(学科)・80%程度(実技) 2級:40%程度(学科)・60%程度(実技) 3級:80%程度(学科)・85%程度(実技)
難易度 2級までは比較的易しい
受験料 1級:8,900円 2級:8,700円 3級:6,000円
独学できるか 2級までは十分可能

不動産鑑定士

不動産鑑定士は、不動産の価値および有効利用の専門家です。地価の公示や調査などの不動産鑑定業務とコンサルティング業務を行います。

この資格は、取得難易度がそれほど高くないのにもかかわらず、高年収が見込める資格です。受験資格がないため、高卒から不動産鑑定士になることもできます。

不動産鑑定士は全国に9,000名程度存在しますが、鑑定事務所は3,000箇所しかありません。つまり三人に一人は自分の鑑定事務所を持っているということになります。

独立開業が当たり前の資格なので、高収入を得られる可能性が高いのです。

基本情報

不動産鑑定士試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 3級はなし
試験形式 短答式試験と論文式試験
合格率 短答式:30%程度 論文式:15%程度
難易度 そこまで難しくない
受験料 12,800円
独学できるか 比較的難しいが可能

電気主任技術者試験

電気主任技術者試験、通称「電験」は、電気設備の保安監督を行うのに必要な国家資格です。取得すれば発電所や変電所、工場などで働けます。

第一種から第三種まで存在し、それぞれで扱える電圧が決まっています。第一種はすべての事業用電気工作物を扱うことが可能です。

電気設備が今後なくなることは考えられないため、需要および将来性のある資格だと言えるでしょう。

基本情報

不動産鑑定士試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 一次試験と二次試験(第三種は一次のみ)
合格率 第一種:25%程度(一次)・15%程度(二次) 第二種:25%程度(一次)・15%程度(二次) 第三種:9%程度
難易度 比較的難しい
受験料 第一種:12,400円 第二種:12,400円 第三種:4,850円
独学できるか 比較的難しいが可能

男性・女性関係なく一生使える資格

勉強する子供

以下では、男女を問わずおすすめできる資格を紹介します。

気象予報士

気象予報士の主な仕事は、天気や気温、降水確率を予測することです。予測には、気象庁から提供される各地の観測データや、気象レーダーの情報を分析して用います。

専門性の高い資格であることに加え、時代に関わらず需要のある仕事です。そのため将来性は十分と言えるでしょう。

上手く活用すれば、男女を問わず一生食べていける資格になります。

TOEIC

TOEICは日本人向けに作られた英語資格です。グローバル化が進む現代においては、英語力を客観的に測ることが可能なこれらの資格は重宝されます。

この試験はスコア制のため、仕事で活かすにいは一定以上の成績を取らなければいけません。

履歴書に書く場合は、最低でも平均点以上である650点は取りたいところです。

また外資系企業で活躍したいのなら、730点以上の高得点を目指しましょう。

定年後を見据えた一生困らない資格

本を読む少年

定年後に使うことを想定して資格を取得するのも良いでしょう。

仕事をリタイアした後も収集源があるのなら一生困らないと言えます。

マンション管理士

マンション管理士は、マンション管理に関するコンサルティングを行う国家資格です。

マンション管理組合の管理者やマンションの区分所有者などを相手に、管理組合の運営や修繕をはじめとする技術的問題などに関する相談業務を行います。

この資格の特徴は、中高年の受験者が多いことです。そのため、定年後を見据えて取得するには最適の資格と言えます。

基本情報

マンション管理士試験に関する基本情報は以下の通りです。

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 50問の筆記試験
合格率 7〜9%前後
難易度 難しい
受験料 9,400円
独学できるか 難しいが可能

資格取得で転職を成功させるためには

本に座って本を読む

資格を取得して一生食べていけるようになるには、どのように資格取得と向き合えば良いのでしょうか。

資格取得後のビジョンをしっかり定める

資格を取得した後に、自分自身がその資格をどのように活かすのかということが非常に重要になります。

一生食べていける資格になるかどうかは、取得後の自分次第です。

年収アップに繋がる一生困らない資格を取りたいと思う人は、事前によく調べてから受験するようにしましょう。

その資格が世間で必要とされているのか、どの程度の需要のある資格なのかなどを把握することが重要です。

効率的な勉強が重要

試験勉強は要領よく行うことが肝心です。特に多忙な社会人こそ、効率的な勉強をするべきだと言えます。

なぜなら、仕事の合間を縫って勉強を継続するのは困難だからです。そのため、なるべく短期間でさっさと済ませる方が良いでしょう。

試験対策に特化した効率の良い勉強には、通信講座の活用がおすすめです。

忙しい社会人や独学での勉強に不安を覚える人には、ぴったりの勉強法だと言えます。

通信講座で取得する

一生使える資格とはいえ、試験勉強の期間はなるべく早く終わらせ、早く資格を活かした人生を送りたいと考える人が多いでしょう。

こうした人には自宅や通勤時間も効率的な勉強の時間にできる通信講座を利用するという選択も多いにアリといえます。

たのまなは行政書士・社労士・保育士・登録販売者・簿記検定・宅建・中小企業診断士・MOS・ファイナンシャルプランナー・TOEICや、ネイル・Webデザインに関する講座まで多数一生ものの講座を揃えています。

たのまなの通信講座は受講者の満足度も高い講座で、受講がおすすめできる講座です

たのまなの公式サイトはこちら

一生使える資格についてまとめ

一生使える資格についてまとめ

  • 仕事に繋がる将来性のある資格がおすすめ
  • 資格取得はゴールではない
  • 短期間で効率よく勉強するには通信講座の利用がおすすめ

今回は、一生使える資格を多数紹介しました。

一生使える資格となるかは取得後の自分次第のため、資格はあくまで成功のための手段と捉えましょう。

多忙な社会人や主婦の方には、通信講座で効率よく学ぶのがおすすめです。

人気記事