ホーム
社労士
FP
中小企業診断士
宅建士
行政書士
税理士
  1.  
  2. 行政書士
  3. 行政書士と司法書士の違いは?独占業務の違いや試験の難易度を徹底解説!

行政書士と司法書士の違いは?独占業務の違いや試験の難易度を徹底解説!

「行政書士と司法書士ってどっちがいいの?」

「行政書士と司法書士の仕事内容の違いって何?」

「行政書士と司法書士のダブルライセンスは有効?」

この記事を読まれているあなたは、このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

行政書士と司法書士はどちらも国家資格の士業になります。どちらも法律に関する仕事だという事は想像に容易いかと思いますが、それぞれの仕事内容の違いをお分かりでしょうか?

この記事では、行政書士と司法書士の業務内容やその違いの解説、そして試験難易度の比較を行いました。

行政書士と司法書士どちらを目指すかお悩みの方は、是非参考にしてみてください。

行政書士と司法書士の違いについてざっくり説明すると
  • 行政書士は役所への許認可申請など行政書類の専門家
  • 司法書士は法務局などの法的書類作成や登記の専門家
  • 司法書士の方が試験難易度が高い

行政書士と司法書士の違い

仕事 「行政書士」と「司法書士」ですが、そもそも違いは何でしょうか?

どちらも士業で法律に関する業務になりますので、これらの職種は混同されがちです。

ここではそれぞれの仕事内容・独占業務の違いや、試験形式の差異について解説していきます。

どちらも仕事内容は「書類の代行」と「手続きの代行」

行政書士とは、「官公署に提出する書類および権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出手続きの代理又は代行、作成に伴う相談に応ずる人」と定義されています。

具体的には、飲食店を始めたい人や会社を起こしたい人への許認可申請であったり、中小企業に対してのビジネスコンサルティングであったり、法律トラブルを未然に防ぐための予防法務について、個人もしくは企業をサポートすることになります。

一方、司法書士とは、「他人の依頼を受けて、裁判所や検察庁、法務局に提出する書類を作成する仕事や、登記手続について本人を代理して行う仕事をする人」と定義されています。

こちらも具体的に説明すると、不動産や会社・法人の登記であったり、裁判所・検察庁へ提出する書類作成だったり、民事トラブルの法律相談を行います。

対応できる独占業務に違いはあれど、どちらの資格においても法律に関する悩みやトラブルについてのサポートをする仕事であり、役所手続きや書類作成の代行業務としてはどちらにおいても共通しています。

以下ではそれぞれの独占業務の違いについて詳しく解説してきます。

行政書士ができること

行政書士は、総務省が管轄する国家資格であり、「官公署に提出する書類作成・提出代理・代理作成・作成に関する相談」「その他権利義務又は事実証明に関する書類の作成・提出代理・代理作成・作成に関する相談」を独占業務として行うことができます。

具体的な仕事内容としては、故人名義の預貯金口座の相続手続が挙げられます。故人名義の預金口座は死亡した事実を銀行が把握した段階で、口座が凍結されます。

これを相続人の間で分配・引継するためには、相関関係説明図遺産分割協議書を銀行へ提出しなければなりません。

他にも手続きに必要な戸籍を集めたり、故人が契約している銀行の数だけ相続作業が発生することになるので、非常に手間がかかります。これら作業を行政書士が代行業務として請け負うことができます。

司法書士ができること

司法書士は法務省が管轄する国家資格であり、「登記又は供託手続き代理とその相談」「「法務局への提出書類作成や審査請求手続代理とその相談」「裁判所又は検察庁への提出書類の作成とその相談」を独占業務として行うことができます。

具体的な仕事としては、「会社設立のための登記業務」「不動産の名義変更」「家庭裁判所への申立てが必要な相続放棄手続き」 などが挙げられます。

行政書士と司法書士の試験難易度の違い

試験 行政書士と司法書士の試験難易度は違いはどれくらいなのでしょうか?

それぞれの試験内容や合格率を整理しましょう。

まずは以下の表をご覧ください。

行政書士 司法書士
試験範囲 憲法、行政法、民法、商法 憲法、行政法、民法、商法 不動産登記法、商業登記法、供託法、民事保全法
試験日 11月第2週 7月(筆記)、10月(口述)
試験形式 5肢択一式、多肢択一式、記述式 多肢択一式、記述式、口述式
合格ライン 得点率60% 得点率70~80%
合格率 6~13% 3~4%
受験者数(平成30年度) 39,105人 14,387人
合格者数(平成29年度) 4,968人 621人

試験も司法書士のほうが難しい

行政書士の試験範囲は、「基礎法学」「憲法」「行政法」「民法」「商法」だけであり、形式も記述式試験のみとなっています。

それに比べて司法書士は試験範囲が「憲法」「民法」「刑法」「商法」「不動産登記法」「民事訴訟法」「商業登記法」「民事執行法」「民事保全法」と範囲が広いうえに、試験形式は記述に加えて口述試験も入っています。

試験範囲が広く、口述試験対策も必要な司法書士の方が試験難易度としては高いです。

司法書士は合格率わずか3~4%の難関

行政書士は、合格ラインが60%の得点率であるため、合格率が6~13%と比較的高く、毎年の受験者約5万~7万人のうち4~6000人は合格しています。

これに比べて司法書士は、合格ラインが70~80%の得点率と言われており、毎年の合格率も3~4%とかなり低く、毎年約2~3万人いる受験者のうち6~800人しか受かりません。合格率の点からみても司法書士の方が難易度は高いです。

行政書士と司法書士の人数について

人数 行政書士・司法書士資格を持つ方は国内にどれくらいいるのでしょうか?

以下は行政書士と司法書士の登録者数を表にしたものです。

年度 行政書士 司法書士
平成元年度 34,515人 15,908人
平成29年度 46,205人 22,283人

行政書士は司法書士の約2倍近くのスピードで増加しています。毎年の受験者数の差がそのまま登録者数の差に現れていると見て取れます。

また、どちらの資格についても年々増加傾向にあります。

男女比について

行政書士・司法書士ともに男女比としては8:2の割合となっています

どちらも肉体労働ではありませんので女性に不利というわけではありません。女性の社会進出が進む影響で、今後は女性比も上がってくることが予想されています。

行政書士と司法書士どっちがおすすめ?

? 行政書士と司法書士の資格どちらを目指すべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

合格後具体的にやりたい業務が決まっている人であれば、当然それに合わせて受験することを決めた方が良いのですが、この章では二つの資格のメリットとデメリットを解説していきます。

お悩みの方はどちらを受験するか参考にしてみてください。

行政書士と司法書士どっちがいいの?

行政書士と司法書士では業務内容が違うため、一概にどちらの資格がいいと比較評価することは難しいです。

あえて言うとするならば、司法書士は試験の難易度が高い分、扱うことのできる仕事の幅が広いため受注できる仕事が多いと言うことができます。

個人差が大きいですが、平均年収も行政書士と比べて少し高めになっています。

とはいえ、司法書士はその難易度ゆえに勉強に2000~3000時間以上もかかり、資格予備校で専門的な勉強が必要となります。

人によっては合格するまでに何年もかかってしまう場合もあります。

サラリーマンや子育て中の方などまとまった勉強時間を確保することが難しい方には、500~800時間の勉強で合格可能といわれている行政書士資格の取得にチャレンジする方が勉強のモチベーションも保ちやすいと思われます。

平均年収は司法書士の方が高い

独立・開業することが多い行政書士や司法書士は年収の幅も広く、1000万円以上稼ぐ人もいれば、生活するので精一杯という程度しか稼げない人もいるのが現状です。

そういった中で、行政書士の平均年収は600万円前後、司法書士の平均年収は870万円前後といわれています。司法書士の方が平均年収が高くなっていますが、試験難易度を考えれば妥当な数字だと言えます。

稼げるかどうかは営業力次第

独立開業するということはつまり社長になると同義です。資格を取得して晴れて独立したとしても、お客がきてくれなければ食っていくことはできません。

知り合いやツテをたどって顧客を紹介してもらったり、顧客を広げていく活動を自ら行わなければなりません。平均年収について記載しましたが、こういう事情から全く参考にならないということがご理解いただけたかと思います。

年収については、いかに顧客を獲得できるか営業力がその差を分けることになります。資格を取得したら後は安泰だと考える人が意外に多いですがそれは間違いです。

取得してからどう活動していくのかを絶えず考えていかないといけないことを忘れないでください。

行政書士と司法書士を将来性で比較

将来性という面では、AIによって代替される可能性が比較的低い司法書士の方が高いと言えます。

司法書士は法律知識の専門性が高い点や、企業内司法書士として活躍することもできることから将来性を高めています。

行政書士の仕事はなくなるって本当?

近年では行政書士の資格保有者が増えており、それに伴い受注競争も激しくなってきています

おのずと報酬単価が昔と比較すると下がってきているのが現状です。またAIなどの登場により、書面作成などが機械にゆだねられるようになるため、「行政書士(司法書士も)は、数年以内に仕事がなくなる」という声が多く上がっています。

とはいえ、法的な独占業務がある以上、仕事が枯渇するということは考えにくいです。

書類作成作業自体はAI化により代替化が進むでしょうが、行政書士の仕事の核は、顧客からの法的・行政的な手続きに関するコンサル業務です。一般人にとって法律理解は敷居が高いため、法律知識の専門家を頼る顧客が無くなるということは考えにくいです。

そう簡単に行政書士という仕事が無くなることはないでしょう。

あわせて読みたい

行政書士と司法書士のダブルライセンスは効果的?

ダブルライセンス 上記にも記載した通り、最近では行政書士の資格を持っていても以前に比べて稼ぐ難易度が上がっています

行政書士資格保有者数が増加したことにより、受注する上でのライバルが増えていることや、それに付随して報酬単価が年々下がってきていることが要因です。

そこで受注可能な業務範囲を増やすため、司法書士資格の追加取得を狙ういわゆる「ダブルライセンス」が今増加しつつあります。

士業の仕事は顧客の紹介で繋がっていくケースが多いため、様々な業務に対応できるようにしておけば、それだけ顧客の悩み解決に携わることができるため、顧客の信頼獲得及び受注拡大にも繋がります。

行政書士と司法書士のダブルライセンスは試験範囲が一部重複している部分があるので、試験勉強の点においてはとても相性の良い資格です。

まだどちらの資格も取得していない方は、まずは行政書士資格の方から取得を目指すことをオススメします。試験難易度が行政書士の方が低いことから、挫折してしまうリスクも減りますし、司法書士学習の効率も上がります。

まずは行政書士資格の取得を目指そう!

行政書士と司法書士の違いについてまとめ
  • 司法書士は合格率3~4%の高難度資格
  • 行政書士の仕事が将来無くなることは考えにくい
  • 行政書士と司法書士のダブルライセンスが相性◎

行政書士と司法書士の違いや難易度比較について解説してきました。

現時点でまだどちらの資格を専門として働きたいか決まっていない方は、行政書士の資格取得から目指してみましょう。

法律知識を一から勉強するのはやはりそれなりに根気が必要となってきます。解釈によって考え方が変わったり、完全に理解できるようになるまでにはどうしても時間がかかります。途中で勉強が嫌になるシーンも出てくることでしょう。

司法書士は試験範囲も膨大で、合格ラインも高い試験なので、知識の無い状態でいきなり目指すのはよほどの覚悟が無いと続かないでしょう。その点、行政書士は試験範囲も絞れて、合格ラインも60%と低めなので、基本事項をしっかり押さえておけば十分合格を狙える資格となっています。

行政書士試験合格に向けて頑張ってください!

あわせて読みたい
人気記事