社労士
FP
中小企業診断士
宅建士
行政書士
司法書士
税理士
公務員
簿記
マン管・管業
医療事務
司法試験
注目の資格
  1. 行政書士
  2. 資格スクエア行政書士講座の評判は?実際に使ってみた感想まで完全公開!

資格スクエア行政書士講座の評判は?実際に使ってみた感想まで完全公開!

更新日時 2019/12/28

「資格スクエアの行政書士講座について知りたいけど、なるべく実際に使った人の話を聞いてみたい・・・」

このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

行政書士試験は非常に難易度が高いため、独学ではなく予備校や通信講座を活用して勉強する人が多いです。

一方で、自分に合った講座選びができないとせっかく受講しても満足のいく結果が出ないこともあります。行政書士試験は年に1度しかチャンスがありませんし、大事な試験結果を左右する通信講座は慎重に選びたいものです。

そこで今回は資格スクエアの行政書士講座について、客観的な視点から他の通信講座と比較しつつ、資格Times運営陣が実際に受講した感想も交えて講座の実態を完全解剖します!

これを読めば資格スクエアの行政書士講座についてはバッチリです!

資格スクエアの行政書士講座をざっくり説明すると
  • 講座費用は高め
  • 使いやすいWEB学習システム!
  • アウトプット重視で解答力がつく!
  • AIを使った出題予測「未来問」

資格スクエアの公式サイトはこちら

資格スクエアの行政書士講座の特徴

勉強する子供

資格スクエアの特徴をまずは一覧で確認してみましょう。

  • 受講料はやや高い
  • フルカラーで分かりやすいテキスト
  • WEB学習システムの利便性が極めて高い
  • 高い的中率を誇る予想問題「未来問」
  • 日本e-learning大賞AI・人工知能部門特別賞を受賞
  • IMS JAPAN賞を受賞
  • 教育訓練給付制度の対象講座ではない

資格スクエアは優れたWEB学習システムと最先端のAI技術が魅力の通信講座です。

特にAIを使った出題予測は日本eラーニング大賞やIMS JAPAN賞(テクノロジーの教育利用に多大な貢献の合った事例を顕彰する賞)など極めて名誉ある賞を受賞しており、資格業界のみならず様々な業界で大きな注目を集めています。

このように魅力的な側面が目立つ一方で、講座の価格がやや高めであったり、WEB問題演習機能が無かったりなど、一部残念な側面も存在します。

それではこれらの特徴について、他の通信講座とも比較しつつ詳しくみていきましょう!

資格スクエア行政書士講座の費用は高め

高額なイメージ

資格スクエアの講座費用は99,700円です。

行政書士通信講座の費用相場は80,000円なので、資格スクエアは相場よりも2万円近く高額ということになります。

最も安いスタディングの行政書士講座の受講料は54,800円なので、最安値講座と比べると4万円ほど高くなることが分かります。

また、合格者に合格祝い金として10,000円を贈呈する制度も用意されていますが、合格者への全額キャッシュバックを実施している講座もあることを考慮すると、こちらについても優れているとは言えません。

このように資格スクエアは他講座と比べても高いと言わざるを得ないでしょう。

ちなみに資格スクエアの価格は税込なので、これに更に税金がプラスされることはないというのは地味に嬉しいポイントです。(他の通信講座は税抜表示であることが多いです)

最安値講座であるスタディングについてより詳しく知りたい方は、以下ページを参考にしてください。

教育訓練給付制度も対象外

教育訓練給付制度とは、一定の用件を満たした方であれば対象講座を受講した際に費用の20%をハローワークから受け取ることができる制度のことです。

残念ながら資格スクエアは当制度の対象講座ではありません。そのため給付制度を利用して講座を受けようとお考えの方は注意する必要があります。

資格スクエア行政書士講座の教材を実際に使ってみた!

今回は資格Times運営陣が実際に資格スクエアの有料講座を受講してみました!

ここでは講座を使って勉強してみて分かったことをお伝えします。

講義画面の利便性が高い

資格スクエアを受講してみてまず最初に感じたことは、講義画面が非常に使いやすいということです。

自分が今したいアクションが直感的に取れるようになっているので、オンライン講座でもストレスなく学習を進めることができました。

見やすさが追求された講義画面

講義画面

資格スクエアの講義画面は左に講義画面、右にレジュメという構成になっており、講師の話に合わせてレジュメを読み進めることができるようになっています。

また、後述のようにマイレジュメ作成や単語帳の作成、講師への質問までこの画面で行えるなど、あれこれページを移動しなくてもあらゆる操作が可能となっています。

オリジナルレジュメで復習も簡単

資格スクエア受講の様子

画面右側にあるレジュメは画像のように自己流に編集可能です。

講義を受け身で聞くだけでなく、自分で要点をまとめたりレジュメ上にメモを残すなど主体的に講義に取り組むことで知識の吸収率も高くなるでしょう。

ちなみにレジュメを編集しても元データは残るほか、同じレジュメから複数のオリジナルレジュメを作成することもできるので、何枚か練習で作ってみても全く問題ありません。

マイ単語帳は暗記に最適

資格スクエアの単語機能

講義中に新しい用語が登場した場合でも、画面左側からすかさず単語帳に登録することが可能です。

行政書士試験は暗記が非常に重要な科目ですが、このように逐一覚えるべき内容を整理することで知識漏れもなくなるでしょう。

もちろん単語帳は隙間時間に確認することができるので、通勤時間などのちょっとした時間を使った復習にも最適でしょう。

大内講師のハッキリとした解説

資格スクエアの行政書士講座を担当してくださるのは大内容子講師です。

大内講師は非常にハキハキとお話をされる上、滑舌も良いので大変聞き取りやすいと感じました。

また、法律内容の解説も明瞭であり、要点を押さえた質の高い講義を行ってくださいました。

講義時間がコンパクト

資格スクエアの講義動画

講義を受講していて非常に魅力的だと感じたのが、1つ1つの講義時間がコンパクトであることです。

画像のように講義時間は大体5~8分、長いものでも15分前後であり、移動中などのちょっとした時間でもサクッと見終えることができました。

あまりやる気が出ない日でも「とりあえず1講座だけ…」と手軽に勉強が開始できるのも非常に良いと思いました。

速度は1.5倍速がおすすめ

資格スクエア受講の様子

資格スクエアの講義動画は倍速再生も可能です。

速度は0.1倍刻みで変更可能であり、3倍にまで早めることができます。私は1.5倍で視聴していました

上述のように資格スクエアの講義時間は6分前後なので、1.5倍速だと4分ほどで1講座を受けることができます。

大内講師の話す速度を考えると2倍以上にする機会はないと思いますが、自分好みのスピードに調整できるということは知っておきましょう。

分かりやすいフルカラーテキスト

資格スクエアでは講義中に確認できるレジュメだけでなく、冊子のテキストと問題集もセットでついてきます。

特にテキストはカラーや図表を豊富に用いているので、難解な法律でも視覚的に理解することができると感じました。

理解が甘いと感じた箇所や重点的に学習したい分野はこれらの教材を用いて勉強するのが良いでしょう。

移動時間は音声のみも便利

講義は映像なしの音声だけで流すこともできるようになっています。

電車に乗っている際や徒歩での移動中などはこうした音声のみの再生が活躍しました。

音声のみで流すことで通信量を抑えながら講義内容を頭に入れることができるので、ぜひ上手に使い分けてみてください。

AIを駆使した未来問は必見

資格スクエアの未来問

資格スクエアの最大の特徴はやはり未来問でしょう。

未来問とは、AIに過去の本試験問題の情報を与え、これまでの出題傾向を分析することで作成された本試験の予想問題のことです。

未来問は行政書士試験のみならず宅建試験や司法試験予備試験でも作成されていますが、その的中率は極めて高く、宅建試験試験においてはカテゴリー的中率78%という驚異的な数字を叩き出しています。

行政書士試験で未来問が導入されるのは今年が初めてですが、行政書士試験でも多くの問題を的中させて受講生の合格を大きくサポートしてくれると期待されます。

ただし現状、行政書士試験では未来問は択一式試験問題にのみ対応しており、記述式試験の未来問はないので注意が必要です。

未来問の予測は人間よりも優れているのか

AIによる予測と言えば聞こえは良いですが、予想問題の作成自体はこれまでもプロの講師が行ってきています。

未来問の予測は従来の講師による予測よりも優れていると本当に言えるのでしょうか。

理論上はどちらが優れているかの優劣はつけられないでしょう。実際の本試験がどれくらい過去の試験の傾向を受け継ぐかは年度によってバラつきがありますし、問題作成にあたっては現在の世情なども影響してくるからです。

ただし、実際には未来問の予測の方が圧倒的に精度が高いケースがほとんどでしょう

従来の予測では人によって精度の差が激しいという課題がある上に、予測者の主観やクセが予測に少なからず反映されてしまうからです。

対して未来問ではAIを用いることによってこうした「個人のバイアス」を完全に排除して、純粋にこれまでのデータのみから予測をすることができます。

そして、やはり属人的なバイアスを取り去った予測の方が安定して高い的中率を出し続ける可能性が高くなると言えるのです。

各界から大注目のAI技術

未来問は数々のメディアに取り上げられるなど、資格学習の世界だけでなくあらゆる業界から大きな注目を集めています

2019年には日本eラーニング大賞の「AI・人工知能特別部門賞」やIMS JAPAN賞の優秀賞(人工知能の教育利用に大きな影響を与えた証)を受賞しており、まさに今大注目の技術だと言えるでしょう。

未来問だけであれば資格スクエアの講座を受講せずとも無料で手に入れることができるので、この機会にぜひ最先端の出題予測を体験してみてください。

資格スクエア行政書士講座の合格率は?

喜ぶ子供

通信講座を選ぶにあたって合格率は非常に気になるポイントですが、残念ながら資格スクエアの行政書士講座では合格率や合格者数といったデータを公表していません

しかし実は通信講座で合格実績を公表していないのは非常に一般的なことであり、公表していないことに対して不信感を感じる必要は全くありません

通信講座が合格実績を公表していないのは、校舎を持たないために受講生の受験結果の把握が非常に困難だからです。

合否結果の確認方法としてはメールによるアンケート調査くらいしか手段がなく、これではなかなか実態に即した結果が集計できないというのが通信講座会社のホンネです。

つまり、どこの会社も基本的には「実績が悪いから公表していない」ということではないので、合格率を公開しているかどうかだけで講座の優劣を判断するのは避けた方が良いでしょう。

資格スクエア行政書士講座の残念なポイント

びっくりマーク

ここでは資格スクエア行政書士講座の、他の通信講座と比べて正直惜しいポイントについてお伝えします。

コスパが良いとは言えない

資格スクエアの講座でまず気になるのは講座費用の高さです。

資格スクエアは元々の講座費用が高いことはもちろん、大きな割引制度や受験結果によるキャッシュバック制度などが設けられていません。

そのためどんな受講パターンでも10万円近くの費用がかかってしまいます。

例えばフォーサイトの行政書士講座は講座費用が89,800円と、こちらも相場よりもやや高い値段設計ですが、これには不合格者への全額返金保障制度がついています

他にもスタディングのような元々受講料が圧倒的に安い講座もあることを考えると、資格スクエアは価格の面で他講座よりも劣っていると言わざるを得ないでしょう。

ただし、予備校に通学する場合は20万円前後の費用がかかるので、予備校と比べると半額以下の値段で受講可能とも言えます。

不合格者に対する全額返金保障があるフォーサイトの行政書士講座については、以下ページで詳しく解説しています。

テキストもデジタルで閲覧したい

資格スクエアではPCやスマホでレジュメを閲覧することはできるものの、配布されるテキストをWEB媒体で読むことはできません

そのため出先でテキストの内容を確認したい時は、冊子のテキストを持ち歩く必要が生じてしまいます。

フォーサイトやスタディングの行政書士講座ではテキストは全てデジタルでも閲覧可能であることを見ると、資格スクエアでもぜひ対応してもらいたいと考えてしまいます。

スマホ学習機能はまずまず

資格スクエアの行政書士講座ではスマホで使える問題演習機能や学習スケジュール管理機能が搭載されていません

特に問題演習機能は「ゲーム感覚で学習できる」とフル活用する方も多いので、用意されていないことに不満を感じる方も少なからずいらっしゃるかと思います。

スマホを積極的に使ってテキストを読んだり問題演習を行いたいとお考えの方は、業界随一のスマホ学習機能を持つスタディングの行政書士講座がおすすめとなります。

スタディングは講座費用も安く非常にコスパが良いので、この機会にぜひチェックしておきましょう。

資格スクエア行政書士講座のコース一覧

サービス名 価格
行政書士合格パック 99,700円
音声ダウンロード 33,000円

資格スクエアのコースは予備校などのように細かく分かれておらず、どの受験生も「行政書士合格パック」を受講することになります。

コースが1種類なので「どのコースを選べば良いか分からない…」といった心配はありません。

ちなみに合格パックを受講された方は音声ダウンロードのオプションをつけることも可能です。

音声ダウンロードをつけることで通信量なしでいつでも講義音声を聞くことができるようになります。出先で講義を聞く機会が多い方などにおすすめのオプションとなっています。

上記コースは一度受講してしまえば初学者からでも合格レベルまで一貫して学習することができるので、追加であれこれ料金が加算されるといったことがないのも魅力です。

あわせて読みたい

資格スクエア行政書士講座の評判・口コミ

笑顔の女性

資格スクエアの受講生は現在物凄い勢いで増加しており、有料会員数は直近3年間でなんと約7倍にまで伸長しています。

実際の受講生の方の声を見ても講座内容に大満足されている方が非常に多く、資格スクエアが毎年たくさんの人に選ばれる理由がわかります。

以下では資格スクエア受講生によるリアルな口コミを確認していきましょう。

学習システムが便利だった

資格スクエア受講生の方からの口コミで多かったのが、学習システムが便利だったというものです。

ここではその一部を抜粋して紹介します。

  • 資格スクエアは法律科目が項目別で細かく分類されている上に、自分の視聴回数が履歴として残るようになっていました。そのため自分がどこまで講義を進めたのかが一目でわかり、講座を進めやすかったです。また、視聴回数が分かることで多く視聴している項目は自分の苦手分野だと自覚することもできました。

  • 資格スクエアは通学の必要がなく、いつでもどこでも学習できるのでフルタイムの会社員には大変助かりました。また、各講座の視聴履歴が残るので突然の予定で中断してもすぐに次の講義に戻ることができました。

ポイントを絞って対策ができた

資格スクエアの講義の質の良さについて言及している方も多く見られました。

  • 「行政書士 重要判例59早回し」講座では憲法と行政法の判例をポイントを絞って学習できました。ここでじっくり条文と判例をセットで学習していなければ、本試験の記述式問題に全く対応できなかったと感じています。おかげ様で短い時間で費用対効果の高い勉強ができました。

  • 講義の量がコンパクトである上に倍速再生もできたので、試験範囲全体の重要論点をスピーディーに学べるのが良かったです。

  • 資格スクエアは講義レジュメの管理も楽で、本番試験の会場に持っていくものを絞るのも簡単でしたし、もう一度受けておきたい講義の選定も簡単でした。苦手意識のあった分野をピックアップして視聴するなど、自分に合った学習ができたことは大きかったと感じています。

資格スクエアの通信講座まとめ

資格スクエアの行政書士講座まとめ
  • 便利で使いやすいWEB講義!
  • レジュメや単語帳を駆使して暗記学習もしやすい!
  • 未来問で注目を集めるなど大躍進中の通信講座!

資格スクエアの行政書士講座について、実際に使ってみた感想も踏まえて説明しました!

スマホ学習システムが乏しいなど少々惜しいポイントも見られましたが、総合的にみて非常におすすめできる通信講座だと言えます。

あなたも資格スクエアを受講して、行政書士の合格に向けた大きな一歩を踏み出してみませんか?

資格スクエアの公式サイトはこちら

あわせて読みたい
人気記事