社労士
FP
中小企業診断士
宅建士
行政書士
司法書士
税理士
公務員
簿記
マン管・管業
注目の資格
  1. 司法書士
  2. 司法書士試験の必要な勉強時間とは?試験の内容や効率の良い勉強方法

司法書士試験の必要な勉強時間とは?試験の内容や効率の良い勉強方法

更新日時 2019/12/18

司法書士は私たちの権利や財産を守る「身近な法律家」として知られています。

また、不動産取引の増加や企業法務などの重要性が上昇しているため、社会的な要請やニーズがさらに期待できる職業です。

高い人気を誇る国家資格のひとつでもあることから、目指したいと思っている人は多いのではないでしょうか。

ここでは合格率数%の狭き門である司法書士試験の内容を紹介し、合格に必要な勉強時間や勉強のコツなどを解説します

司法書士合格までの道のりをざっくり説明すると
  • 筆記試験と口述試験の両方に合格する必要がある
  • 例年合格率は3~4%であり、非常に取得難易度が高い
  • 試験範囲も膨大であり、一般に合格までには3,000時間の勉強時間が必要と言われている

司法書士試験とは?

講義のイメージ 司法書士試験は年に1回だけ行われる試験で、願書の提出は5月中旬です。

内容は筆記試験と口述試験に分かれており、7月の第1日曜日に行われる筆記試験の合格者だけが10月の口述試験を受けることができます。

筆記試験は午前と午後の部があり、午前の部では憲法や民法など4科目の択一式問題が、午後の部では民事訴訟法や司法書士法といった7科目の択一式問題と記述式問題が出されます。

午前と午後の試験時間はそれぞれ2時間と3時間です。

注意が必要なのは絶対評価試験ではないという点です。既定の合格点に達した者をすべて合格させるわけではありません。

司法書士試験は相対評価の試験であり、成績上位者の一部を合格させるというシステムです。

また、筆記試験には基準点が設けられており、達しない場合は足切りされ、不合格となります。

基準点の発表は8月の初旬、筆記試験の合格発表は9月末~10月初旬、最終合格発表は11月初旬に予定されています。

口述試験で不合格になるケースは少ないことから、受験対策を講じるなら筆記試験に的を絞ることになります

司法書士試験の合格率・受験資格

司法書士は様々なフィールドで活躍している法律のエキスパートです。そのため根強い人気を誇っており、資格試験の受験者数は14,000人を超えています。

ただし、合格率は4%程度と低く、極めて難度の高い国家試験のひとつです。

また、合格者の男女比は7対3ほどで、受験地別に見た合格者数にはかなりの差があります。

東京都、大阪府、横浜市がトップ3で、さいたま市や神戸市などが続いています。

司法書士試験の受験資格には学歴、国籍、年齢などの規定要件がないという点も大きな特徴です。

受験生の平均年齢は38歳ほどで、上は80歳、下は未成年の合格者がいます。

司法書士法5条2号により、未成年で合格しても20歳になるまで司法書士としての活動はできませんが、2022年からは成人年齢が18歳に引き下げられます。

それに合わせて司法書士の登録年齢の引き下げが検討中であり、将来的には18歳の司法書士が活躍できる可能性があります。

司法書士試験合格のために必要な勉強時間とは?

勉強部屋の様子 司法書士試験は、数ある国家試験のなかでも難関のひとつであり、合格するためには3,000時間ほどの勉強時間が必要と言われています。

もちろん、事前知識や理解度には個人差があるため、2,000時間ほどで合格ラインに達するケースもありますし、3,000時間では足りないということもあります。

ただ、これから試験に挑むという人にとって、3,000時間はひとつの目安になります。

試験の日程から逆算して、1日にどれくらの勉強時間を確保すればいいのか計画を立てる際に使えるため便利です。

司法書士試験において専業・兼業受験生の勉強時間と期間

受験生といっても、資格試験勉強だけに専念できる「専業」と仕事や大学に通いながら合格を目指す「兼業」があります。

両者は確保できる勉強時間に大きな開きがあるため、それぞれのケースに分けて対策を紹介する必要があります。

専業受験生

専業受験生とは、試験勉強だけに専念できる受験生を指します。

専門学校に通ったり、独学したり、と様々に選べますし、勉強時間を充分に確保できるメリットがあります。

独学なら完全に自分のペースで勉強を進められますが、体系的に勉強することは難しいというデメリットもあります。

さらに、周囲に仲間やライバルがいないため、甘えが生じやすくなります。このようにメリットがデメリットに変わりやすい環境に置かれるため注意が必要です

専業受験生の場合は、1日8時間のペースで勉強すると1年間で2,920時間に達します。

ただし、これは年間を通じて休みなく勉強したケースであり、現実的とは言えません。

効率的に勉強するなら、リフレッシュが必要です。暗記科目が多いため、それなりの時間を設けて頭をリセットすることも無駄ではありません。

週に1日程度の休みを入れるとすれば、1年と3ヶ月ほどで目安の3,000時間をクリアできます。

兼業受験生

兼業受験生とは、仕事に就きながら勉強したり、大学などに通ったりしながら合格を目指している受験生を指します。

とくに就業者は自由に使える時間が少ないため、受験勉強に充てる時間を確保することが物理的に難しくなります

仕事を終えた後で勉強するとしても、疲労との戦いが待っています。疲労を取るための休日も勉強に費やすことを覚悟しなければなりません。

大学生などは就業者よりも時間を確保できますが、単位の取得や論文の作成などでそれなりの時間を削られます。

生活費や学費、ダブルスクールの費用を工面するためにアルバイトをしなければならない場合は、就業者と変わらない環境だと言えます。

平日に3時間、土日に11時間勉強すると目安の3,000時間をクリアできるのは1年8ヵ月ほどです。

しかし、これは理想的なケースであって、完全に実行できるとは言い難い計画です。仕事をしていれば疲労が溜まりやすく、寝不足も続きます。

そのような環境に置かれていることを考慮すれば、疲労やストレスを解消しながら勉強を進めるという計画が建設的です。

長期的なスパンで受験を考え、専業受験生よりも効率的で計画的な受験勉強を目指す必要があります

司法書士試験の勉強を効率よく行う方法

黒板の文字 充分な勉強時間を確保できるはずの専業受験生であっても、計画通りに進めることは難しいという現実があります。

仕事などに時間を割かなければならない兼業受験生であればなおさらです。

しかし、なかには2,000時間ほどで合格したケースも見られることから、効率性にこだわった勉強法を確立できるかどうかがカギになります。

ここでは、勉強時間を短縮するための勉強法について紹介します。

テキストは1冊に絞り込む

書店に足を運べば数多くの参考書が売られていますし、ネットでも手軽に購入できます。

しかし、必要となるのは、的確に要点がまとまっていて、論点の解説がわかりやすく記されてあるテキストです。

それならば予備校や通信講座などの資格学校で提供されているものが最適です

「傾向と対策」が施されていることはもちろん、体系的に学べるため、勉強の効率性を高めることができます。

あれも、これも、と手を出すより、このようなテキストだけに的を絞って勉強することで集中力を持続させることができますし、短期的かつ早期的な合格の近道になります。

アウトプットに時間を割く

司法書士試験は11科目を受験しなければなりません。しかも択一式問題と記述式問題に分かれているため、それぞれに対策を講じる必要があります。

いずれも専門的な内容ですので、インプットしなければならない量は多く、覚えるには相応の時間がかかります。

それらを真に理解しているかどうか確かめるには、できるだけ多くの問題を解くことがカギになります。

また、受験勉強の着実性も実感できるため精神的に余裕が生まれます。

知識の吸収度を自覚しながら、できるだけ非効率性を排除した勉強を進めるには、アウトプットに軸足を置くことが肝心です。

スキマ時間を利用する

限られた時間しか確保できない兼業受験生であっても、3,000時間に満たない勉強時間で合格する人たちがいます。

このような方達は日常生活の中に隠れているスキマ時間を見つけ、漏れなく受験勉強に充ててきた方が多いです

朝のプラチナタイムは慌ただしいものですが、少し起床時間を早めて通勤ラッシュを避けられれば、電車内でリラックスして勉強できます。

勤務中は休憩や昼食時間を勉強に充てることができますし、昼食を軽く済ませることで眠気を防ぎ、質の高い時間を過ごせます。

帰宅後は、入浴やストレッチなどで疲労を取り、短時間しか確保できなくてもこれだけは絶対にやる、という実現可能な目標を立てて行うことがコツです。

1日のなかで確保できるのは数十分から数時間かもしれませんが、1週間、1ヶ月と積み重ねれば相当な時間になります。

1年を通して続けることができれば、合否を左右するほどの時間に化けるということです。

試験の内容・構成を把握しておく

司法書士試験は筆記試験と口述試験に分けられますが、口述試験で不合格になるケースは少ないため、筆記試験対策が柱になります

筆記試験は11科目と多いものの、すべての科目が同じ量で出題されるわけではありません。

民法、商法、不動産登記法、商業登記法の4つが主要科目となっているため、よりポイントを押さえた勉強が必要です。

なかでも民法は出題数が多く、基礎的な内容まで理解しておくことはもちろん、法改正の影響を受けることもチェックしなければなりません

また、筆記試験では択一式問題と記述式問題のいずれにも基準点が設けられています。クリアできなければ足切りとなり、合計が合格点を上回っている場合でも不合格となります。

そのため、主要4科目を押さえることは不可欠ですが、他の科目もバランスをよく勉強する必要があります

学習計画を立てる

司法書士試験は年に1回しか行われませんし、筆記試験は7月、口述試験は10月という日程もほぼ変わりません。そのため、試験勉強を開始する時期が重要になってきます

受験日までの期間が明確になるため、そこから逆算して学習計画を立てる必要があるからです。

無計画のまま闇雲に勉強したところで、いい結果は望めません。

合格に必要な時間がおおよそ3,000時間と言われていることから、それだけの時間をどう確保するのかは、この学習計画の立て方にかかっています。

ただ、得られた知識やその理解度には個人差があるため、先ずは自分の実力を冷静に見極めることが必要です。その上で、1日にどれだけの学習時間を確保すればいいのかを判断します。

しかし、あまりタイトにスケジュールを組むと息切れするので注意が要ります。

休憩する日を設けたり、体調不良などの影響を考慮したりして、より現実的な計画を立てることが計画倒れしないコツです

試験経験者から情報収集する

司法書士試験は国家試験ですが、受験資格の規定はありません。そのため、様々なタイプの受験生がいますし、予備校で学ぶか独学を選ぶかといった違いもあります。

予備校に通えば、同じ道を目指している生徒から刺激を受けることはもちろん、受験の専門家である講師から学ぶことができます。

最短で合格を目指すのであれば、司法書士試験について長年分析してきた予備校に通うことのメリットは大きくなります。しかし、受講料が必要になるため、経済的に余裕がなければなりません。

一方、独学であれば授業に縛られることがなく、必要な費用はテキスト代だけです。ただし、受験に関する最新の情報を得にくいというデメリットがあります。

自分に合った方法を見つけるには、受験の経験者や合格者から話を聞いたり、おすすめのテキストを教えてもらったりすることが近道です。

近しい人たちのなかに経験者や合格者がいない場合は、ネット上で情報を集めるのも手です。

成功例だけなく失敗例も学ぶことができ、同じ轍を踏まずに済みます。

ただしインターネット上の情報の信憑性は高いとは言えないので、その情報の真偽には常に注意を払いましょう

通信講座を活用する

予備校に通って勉強する場合、かなりの経済的な余裕が必要です。予備校の講座費用は50万円前後ですし、不合格になってしまった場合はさらに追加で費用がかかります。

一方で、通信講座なら受講料は20万円前後と比較的割安である上に、内容は通学クラスと大差ありません。

さらにスキマ時間を最大限に利用したい受験生のために、学習内容が最適化されています。スマホ一つで講義動画を観たり問題集を解いたりと、いつでもどこでも勉強することができます

音声データをスマホにダウンロードすることも可能なので、通勤中や食事中でも聞き流すことができるため便利です。

またほとんどの通信講座は添削指導も用意されているので、記述式の対策も安心です。

通信講座を受講するなら

司法書士通信講座を受講するならスタディングの司法書士講座が非常におすすめです。

スタディングの受講料は107,000円と、予備校の5分の1の値段・通信講座の相場の半分の価格であり、あらゆる司法書士講座の中でも圧倒的な安さを誇ります

安くても講義動画やデジタルテキストなどのスマホ学習システムが極めて優れており、添削指導までバッチリついているので、司法書士合格に全く不足のない内容となっています

忙しい中でもスキマ時間を使って勉強できると、社会人の方を中心に人気を集めている通信講座です。この機会にぜひ受講されてみてはいかがでしょうか。

スタディングの公式サイトはこちら

あわせて読みたい

司法書士の試験勉強においての注意点

勉強の様子 勉強時間に恵まれている専業受験生でも、時間の使い方を誤れば兼業受験生よりも合格への道が険しくなります。

兼業受験生であれば、より時間の使い方にこだわらなければなりません。

ここでは、それぞれの受験生に待ち受けるワナについて触れ、注意しなければならないポイントを紹介します

一度に長時間勉強しない

司法書士試験を突破するために必要な時間の目安は3,000時間ほどであり、長丁場の努力が必要になります。

試験勉強だけに集中できる専業受験生であっても1年以上を費やさなければ合格は見込めませんし、仕事などをしながら勉強する兼業受験生であればさらに時間をかけて挑まなければなりません。

そのため、モチベーションや集中力をどう維持するかということがポイントになります。

専業受験生は時間に恵まれていますが、1日にこれだけやる、といった厳格なルール作りが課題です。

受験日から逆算して学習計画を立ててみると、考えていたよりも余裕がないことがわかります。

短期的かつ早期的に合格するという強い自覚で臨まなければ、1年に1回の試験には太刀打ちできません。

兼業受験生が陥りやすいのは、休日にたくさん勉強すればいいと考えてしまいがちなことです。平日の分を取り返そうと思うからです。

しかし、急用が入ったり、体調が悪化したり、と予期せぬ事態が起こることは間々あります。

そうなったときに慌てないよう、平日のスキマ時間の有効利用をより重視して計画を立てる必要があります

土日を使って長時間勉強するときは、集中力が欠けてきたと感じたら小休止のサインです。

自分なりの方法でリフレッシュし、心と体と頭をリセットして臨めば吸収力も回復します。

難しい問題から取りかからない

とくに兼業受験生であれば自由に使える時間が少ないため、なるべく早く、多くの問題に触れておきたいと考えるのも頷けます。

しかし、インプットを疎かにしてしまうと、応用問題に挑んでも歯が立たないということになりかねません。こうなると精神的にショックも受けますし、苦手意識や挫折に繋がります。

司法書士試験は11科目で構成されているので、聞き慣れない法律用語が多く、しっかり覚えるまでには時間がかかってしまうものです。

とくに民法は他の科目を理解する上での基礎になるため、インプットが足りないと致命的です。

先ずは時間をかけてでも基礎的な知識をしっかりとインプットし、簡単な問題演習を通じて基礎を押さえてから難しい問題を解く、という意識が欠かせません。

遊びの誘いには乗らない

資格試験の勉強で重要なポイントのひとつが時間の管理です。

今日はこれだけの時間を勉強に充てる、という自分なりのルールを守ることができなければ、せっかく立てた学習計画も無駄になります。

さぼった分を取り返そうとするなら、睡眠時間を削るしかありません。寝不足は集中力を失わせる大敵ですし、体調を崩しがちになります。病気に罹れば、さらに勉強時間をロスしてしまいます。

長いスパンで勉強を続けていればストレスが溜まります。リフレッシュや情報交換の機会を兼ねて遊びに行きたい、という気持ちが起こりやすくなります。

しかし、自分なりのルールに従い、学習計画に沿って着実に勉強した者が合格している、という現実があります。

大きな目標達成のために、目先の楽しみには打ち克たなければならないということです。

学習計画は予定通りには進むとは限らない

専業・兼業受験生とも、自分の生活に最適なプランを作り、着実に勉強を進めれば合格に近づきます。

しかし、あまりタイトなスケジュールでは不測の事態に対応できません。

とくに兼業受験生は残業が入ったり、抜けられないような会合に出席したりと予定を変更せざるを得ないケースが増えます。

そんなときに頭を抱えなくてもいいよう、計画には余裕を持たせなければなりません。

そのせいで受験勉強に充てる日数が増えたとしても、柔軟性のあるスケジュールなら焦燥感から解放されます。

精神衛生的に有効ですし、高い集中力を持続するためにも必要です。

司法書士試験の勉強時間は余裕を持って確保しておこう

司法書士試験の勉強時間まとめ
  • 司法書士の合格までには3000時間が必要と言われており、実際には個人差が大きいものの、学習スケジュール設計の際には一つの目安として有用である
  • 膨大な学習期間を少しでも短縮するために、スキマ時間を活用したり効率の良い勉強を心がける

司法書士試験は人気が高く、合格率の低い国家試験です。

合格するためには3,000時間も勉強しなければならないと言われています。

それだけの時間を確保するには、事前にしっかりと計画を立てることはもちろんですが、計画倒れに陥らないよう、ある程度の余裕を持たせる必要があります。

さらに「専業」や「兼業」という受験生の形態にかかわらず、勉強の効率化を図り、質を向上させる取り組みも不可欠です。

なるべく効率よく学習を進めて、短期間での合格を目指しましょう!

あわせて読みたい
人気記事