基本情報技術者の難易度は難しすぎ?合格率・合格点から勉強時間まで詳細解説!

更新日時 2020/05/10

「基本情報技術者試験は難しすぎるというのはほんとなの?」

「合格率はどれくらい?」

このような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

結論から言うと、「難しすぎ」ではありません。確かに試験の難易度は高めですが、基本情報技術者試験は、新人エンジニアの登竜門です。

今回は、基本情報技術者試験の難易度について、合格率や合格点、合格に必要な勉強時間まで、詳しく解説します。

これを読めば、基本情報技術者試験が、IT業界においてどのような位置付けにあるのか、よく分かるはずです。

基本情報技術者試験の難易度をざっくり説明すると

  • 合格率20%台の新人エンジニアの登竜門
  • 合格点は100点満点中60点
  • 200時間の勉強が必要だが、人によっては50時間でも合格可能

基本情報技術者試験の難易度

顔を隠す人

基本情報技術者試験の難易度はどのくらいなのでしょうか。

そもそも基本情報技術者試験って?

基本情報技術者試験は、ITエンジニアにとっての登竜門とも呼べる試験です。「情報処理の促進に関する法律」に基づき、経済産業省により認定される国家試験になります。

IPA(情報処理推進機構)の公式サイトによると、その試験の対象者は「高度なIT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身につけたもの」だそうです。

つまり基本情報技術試験とは、IT業界で生きていくために必要な、常識的知識の理解が試される試験だと言えます。

基本情報技術者の難易度はやや高い

IT業界の登竜門である試験のため、ITに馴染みのない者にとっては、やや難しい勉強内容および試験だと言えます。

合格率の平均は20〜30%ですが、近年は20%台前半で推移することが多いです。合格率20%というのは、他の資格試験と比較しても、低めの水準となります。

情報処理技術者試験は、レベル区分でいうとレベル2に分類される試験です。そのため、レベル1のITパスポートよりも、難易度は高いと言えるでしょう。

情報処理技術者試験では、特にテクノロジーに関する深い知識が求められるため、難易度が高くなっています。

基本情報技術者の偏差値は49

IT系の資格の中での、基本情報技術者試験の偏差値は49だと言われています。

よく比較されるITパスポートの偏差値は45です。そのため偏差値で見ても、基本情報技術者試験の方が難易度は高いと言えます。

一方で、応用情報技術者試験の偏差値は65です。応用情報技術者試験は、基本情報技術者よりも発展的な知識を扱う、いわゆる上位資格となります。両者の偏差値を比べると難易度には、かなりの差があると言えるでしょう。

そのため、基本情報技術者試験は、難易度はある程度高いものの、一番難しい試験というほどではありません。

受験資格について

基本情報技術者試験に受験資格はありません。そのため、誰でも受験が可能です。

ちなみに情報処理技術者試験には、基本的に受験資格が存在しません。基本情報技術者試験もITパスポートも、情報処理技術者試験の一種です。よって、それらの試験は誰でも受けることができます。

基本情報技術者試験の試験範囲

教室の風景

基本情報技術者試験は、午前試験と午後試験に分けて実施されます。

午前試験は、四肢択一のマークシート方式で、出題数は80問です。試験時間は、9時30分〜12時までの150分間となります。

午後試験は多肢選択式で、11問から5問を選択して解答する形式です。試験時間は、13時〜15時30分の150分間となります。

基本情報技術者試験の出題範囲は、以下の通りです。

【午前試験】

  • テクノロジ系(50問前後)
大分類 中分類
基礎理論 基礎理論
アルゴリズムとプログラミング
コンピュータシステム コンピュータ構成要素
システム構成要素
ソフトウェア
ハードウェア
技術要素 ヒューマンインタフェース
マルチメディア
データベース
ネットワーク
セキュリティ
開発技術 システム開発技術
ソフトウェア開発管理技術
  • マネジメント系(10問前後)
大分類 中分類
プロジェクトマネジメント プロジェクトマネジメント
サービスマネジメント サービスマネジメント
システム監査
  • ストラテジ系(20問前後)
大分類 中分類
システム戦略 システム戦略
システム企画
経営戦略 経営戦略マネジメント
技術戦略マネジメント
ビジネスインダストリ
企業と法務 企業活動
法務

【午後試験】

試験範囲 詳細
コンピュータシステムに関すること ソフトウェア・データベース・ネットワーク
情報セキュリティに関すること 情報セキュリティポリシ、情報セキュリティマネジメントなど
データ構造及びアルゴリズムに関すること 配列、リスト構造、木構造など
ソフトウェア設計に関すること ソフトウェア要件定義、ソフトウェア方式設計など
ソフトウェア開発に関すること プログラミング、テスト、デバッグなど
マネジメントに関すること プロジェクトマネジメント・サービスマネジメント
ストラテジに関すること システム戦略・経営戦略/ 企業と法務

午後問題に関しては、長文形式の出題があります。また、大問の中に設問が複数あるという形式です。

「情報セキュリティに関すること」および「データ構造及びアルゴリズムに関すること」は全員共通で、それ以外は選択式になります。

「アルゴリズム」と「ソフトウェア開発」に関しては、配点が高いため、重点的な対策が必要です。

基本情報技術者試験の合格率・合格点

本とメガネ、ペン

基本情報技術者試験の合格率や合格点についての詳細を解説します。

合格率は20~30%の間で推移

基本情報技術者試験の合格率は、例年20〜30%の間を推移しており、近年では20%前半が多くなっています。これは、ITパスポートや情報セキュリティマネジメント試験の合格率と比べて、低い水準です。

以下、平成21年度から平成31年度春季までの、基本情報技術者試験の合格率を表にしました。

年度 合格率
平成21年度春期 27.4%
平成21年度秋期 35.4%
平成22年度春期 22.2%
平成22年度秋期 23.4%
平成23年度春期 24.7%
平成23年度秋期 26.2%
平成24年度春期 23.7%
平成24年度秋期 27.1%
平成25年度春期 23.0%
平成25年度秋期 22.1%
平成26年度春期 23.9%
平成26年度秋期 23.6%
平成27年度春期 26.0%
平成27年度秋期 25.6%
平成28年度春期 30.4%
平成28年度秋期 23.6%
平成29年度春期 22.5%
平成29年度秋期 21.8%
平成30年度春期 28.9%
平成30年度秋期 22.9%
平成31年度春期 22.2%

基本情報技術者試験の合格点は6割

基本情報技術者試験には、午前試験と午後試験がありますが、それぞれの試験は100点満点で行われます。合格点は60点です。

午前試験は80問、配点は1問1.25点になります。テクノロジ系が出題の半分近くを占めるため、この分野でいかに得点できるかが合格の鍵です。

午後試験は、11問から5問を選んで解答します。情報セキュリティ(第1問)とデータ構造とアルゴリズム(第6問)は必須問題です。

問2〜5では、ソフトウェア・データベースやシステム戦略の中から2問を解答します。

また問7〜11においては、Javaなどのプログラミング言語を一つ選択する問題です。

午後試験は以下のような配点で行われます。

問い番号 回答数 配点割合
1 1 20点
2〜5 2 各15点
6 1 25点
7〜11 1 25点

午後試験では、プログラミングとアルゴリズムが配点の半分を占めます。そのため、これらの2分野の攻略は必須です。

勉強時間は200時間が目安

基本情報技術者試験の合格に必要な勉強時間は、IT初学者の場合で、約200時間と言われています。

200時間というと、毎日3時間勉強したとしても、2ヶ月以上かかる計算です。継続的な勉強が必要となります。

IT初心者ではなく、情報処理系の知識をある程度持っている受験者なら、50時間程度の勉強でも合格は可能です。

1日3時間を3週間程度続ければ、50時間はクリアできます。事前知識次第では、短期集中型の勉強でも。合格が可能な試験です。

試験範囲の中では、特にストラテジ系とマネジメント系の知識が重要となります。それらは重点的に対策を行いましょう。

ITに関する知識や経験の有無で、必要な勉強時間は変わります。自分自身の実力を見極めた上で、勉強時間を見積もるようにしましょう。

基本情報技術者試験の合格者年齢層

以下は基本情報技術者試験の合格者について、平均年齢や最年少・最年長合格者を、試験ごとにまとめたものです。

開催年 平均年齢 最年少合格者 最年長合格者
平成21年春季 26.3歳 15歳 63歳
平成21年秋季 26.0歳 14歳 75歳
平成22年春季 26.2歳 13歳 67歳
平成22年秋季 25.3歳 13歳 75歳
平成23年春季 25.2歳 14歳 61歳
平成23年秋季 25.3歳 14歳 66歳
平成24年春季 25.0歳 13歳 65歳
平成24年秋季 25.3歳 10歳 65歳
平成25年春季 25.4歳 13歳 65歳
平成25年秋季 24.6歳 13歳 64歳
平成26年春季 25.8歳 14歳 65歳
平成26年秋季 24.5歳 14歳 61歳
平成27年春季 25.5歳 13歳 66歳
平成27年秋季 24.9歳 12歳 66歳
平成28年春季 25.3歳 14歳 67歳
平成28年秋季 24.6歳 14歳 66歳
平成29年春季 25.1歳 13歳 64歳
平成29年秋季 24.7歳 14歳 64歳
平成30年春季 25.0歳 14歳 70歳
平成30年秋季 24.8歳 13歳 69歳
平成31年春季 25.2歳 9歳 75歳
令和元年秋季 24.8歳 14歳 75歳

基本情報技術者試験の合格者の平均年齢は、例年25歳前後となっています。これは他の資格試験と比べても若い水準です。

この試験は就職の際や入社直後に受験するケースが多いため、平均年齢が若くなっています。

最年少合格者は概ね10代前半となっており、平成31年春季に関しては9歳です。今後はプログラミング教育の推進によって、合格者の年齢もさらに若くなっていくことが予想されます。

基本情報技術者の難易度はほかの資格から見るとどれくらい?

海を見る子供たち

ここからは他の情報処理技術者試験と比較しながら、基本情報技術者試験の難易度を考察します。比較対象は、ITパスポート・情報セキュリティマネジメント・応用情報技術者試験の3つです。

ITパスポート

ITパスポート試験、通称Iパスは、ITを利用・活用する全ての社会人・学生を対象とした資格です。ITの利用及び活用のために必要なIT関連知識の証明を目的としています。

ITパスポート試験の合格率は50%程度です。これは基本情報技術者試験の20〜30%という数字に比べると、かなり高い数字だと言えます。合格難易度は基本情報技術者試験の方が高いということです。

IPA(情報処理推進機構)のレベル区分においても、基本情報技術者試験の方が難易度が高いことが分かります。ITパスポートはレベル1なのに対し、基本情報技術者試験はレベル2です。

情報セキュリティマネジメント

情報セキュリティマネジメント試験は、2016年に開始された、比較的新しい国家資格です。インターネットの急速な普及に並行して、増加・進化しているサイバー攻撃に対抗すべく、セキュリティ人材の育成を目的に設立されました。

情報セキュリティマネジメント試験も、レベル2に分類されます。そのため、レベル区分においては、基本情報技術者試験と同等です。

しかし合格率を見ると、基本情報技術者試験の方が、合格難易度は高いと言えます。情報セキュリティマネジメント試験の合格率は50%前後ですが、基本情報技術者試験の合格率は20〜30%でした。

応用情報技術者

応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験の上位資格であると言えます。ワンランク上を目指すエンジニアに向けた試験です。

応用情報技術者試験の合格率は20%前後を推移しており、合格率の観点では、基本情報技術者試験の難易度と遜色ありません。近年は基本情報技術者試験も、20%台前半を推移しています。

しかし、受験者のレベルを考えると難易度の差は明らかです。基本情報技術者試験は、ITエンジニアの登竜門のため、新人が多く受験します。

一方で、応用情報技術者試験では、ある程度経験を積んだエンジニアがこぞって受験する試験です。競う相手を考えると、応用情報技術者試験の方が、難易度は高いと言えるでしょう。

もちろん試験内容は、応用情報技術者試験の方が難しくなります。

やはり上位資格である、応用技術者試験の方が、様々な観点から、基本情報技術者試験よりも難易度が高いと言えるでしょう。

基本情報技術者を取るメリット

上を見る犬

基本情報技術者試験は、人気の高い国家資格の一つです。その人気の理由は、取得のメリットが多いということになります。

IT技術者に必要な基礎知識を習得できる

基本情報技術者試験は、ITエンジニアの登竜門的存在です。IT企業に入社すれば、必須となる知識を体系的に学ぶことができます。

この資格を取得しておくことによって、意思疎通をはじめ、業務が円滑に進められるでしょう。これから新人エンジニアとなる者にとっては、心強い試験です。また、企業にとっては、新人教育にもってこいの試験だと言えます。

また、基本情報技術者試験では、マネジメントや経営に関する知識も習得可能です。そのため、ITエンジニア界隈だけでなく、他部署の人とのコミュニケーションにも良い影響はあるでしょう。

就職・転職に活かしやすい

IT企業でエンジニア職を目指すなら、基本情報技術者試験の合格は有利に働くでしょう。

取得していることで、ITに関する基本的な知識や技術を持っていることの証明になります。

企業によっては、入社後に受験を義務付けているところもあり、すでに取得していれば周りと差別化を図ることも可能です。

また、一般企業からIT企業の転職を考える際にも、基本情報技術者試験の資格は強い見方になるでしょう。

前職でIT経験が浅いことも、基本情報技術者試験に合格していれば、大きなビハインドにはなりません。即戦力に近い形で採用され、前職の経験を活かして活躍できることもあるでしょう。

企業からの信頼を得られる

基本情報技術者試験は、IT関連の国家資格として信頼度の高い試験です。そのため、取得するだけで、自身の評価は高まります。

また、企業によっては資格手当が出る場合もあるでしょう。一時金として貰える企業もあれば、給料に上乗せして評価される企業もあります。

具体的には、一時金で5,000円程度が受け取れる場合があるそうです。額としてはそれほど多くはないかもしれませんが、国家資格を取得したことで得られる企業からの信頼は、額面以上に大きなものでしょう。

基本情報技術者は独学で合格できる?

飛び上がる二人

基本情報技術者試験は、独学で合格が可能な試験です。実際に独学で合格した人も多数存在します。

おすすめ勉強法を実践しよう!

独学で合格を目指す場合、勉強法が重要です。どんな仕方で勉強するかによって、知識の習得具合は大きく変わります。

一度効率の悪い勉強法が定着してしまうと、なかなか改善は難しいでしょう。そのため、これから紹介する勉強法を参考に、初めから正しい方法で勉強に臨むようにしましょう。

まずはスケジュールを立てる

合格には、継続的な勉強が何よりも大切です。そのために、まずは学習スケジュールを立てましょう。合格までの道筋をはっきりさせておくことで、勉強の継続が容易になります。

特に独学の場合は、勉強のリズムを崩さないためにも、スケジュールが有効です。

試験範囲を把握した上で、自分に必要な勉強時間を設定しましょう。試験日から逆算して、予定を立てることも重要です。

スケジュールを立てる上でのポイントは、適度な時間的ゆとりを設けることになります。過密日程では疲れてしまう一方で、あまりにゆったりさせ過ぎてもモチベーションの維持が難しくなるでしょう。

また、全ての範囲を満遍なく対策するのではなく、頻出範囲を重点的に特訓するような勉強内容を、スケジュールに盛り込むべきです。

インプットとアウトプットのバランスを大切に

独学における勉強法の基本は、インプットとアウトプットです。基本情報技術者試験においても、この方法で合格できます。

インプットとアウトプットの勉強時間の比率は、7:3が一般的ですが、IT初学者の場合はインプットにさらなる時間を使っても良いでしょう。

ちなみにインプットとは、テキストを読み込んで基本知識を蓄えることです。これに対しアウトプットは、問題集や過去問で演習を行うことになります。

インプットを行う際は、基本用語の理解を中心に、試験範囲の全体像を大まかに捉えましょう。

アウトプットは、問題演習を通して、頻出問題や出題傾向を把握することが重要です。分からない問題はテキストに戻って復習し、弱点を確実に克服していきましょう。

インプットからアウトプット、そして再びインプット(復習)というサイクルがおすすめです。この方法を用いることによって、知識が頭に定着しやすくなります。

過去問の活用が合格へのカギ

基本情報技術者試験は、様々な方法で入手可能です。オンライン上では、IPA(情報処理推進機構)のホームページで公開されています。また、過去問の中からランダムに問題が出題されるサイトもあるようです。

過去問題集の書籍も販売されているため、そちらを使うのも良いでしょう。

過去問を解くことで、頻出問題や出題傾向が把握できます。それによって試験の要点を掴みやすくなるため、積極的な活用がおすすめです。

過去問演習は、自らの弱点を洗い出す良い機会にもなります。

特に午前試験では、過去問の類似問題が多数出題されるため、徹底的に対策を行いましょう。

基本情報技術者試験対策におすすめのテキスト

基本情報技術者試験の独学を行う際には、わかりやすいテキストで勉強を行うことが重要です。

勉強の進み具合が格段に変わってきます。

今回紹介するテキストは、「キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者」です。

この本の最大の特徴として、解説がイラストベースで進められていることから、内容の理解が深まるということです。

書く内容の詳しい仕組みも理解でき、演習もしやすいので、試験対策はこれ1冊で完璧といえるでしょう。

通信講座がおすすめ

基本情報技術者試験には数多くの通信講座が存在します。

わかりにくい内容をわかりやすく解説してくれたり、学習の進度を明確に示してくれるなど受講することで計り知れない学習メリットを享受することができます。

今回おすすめする通信講座は、スタディングの基本情報技術者講座です。

この講座の大きな特徴として、業界の平均価格を大きく下回る価格設定とスマホでの学習システムです。

特に学習システムに関しては、わかりやすい講義から充実の解説がついている演習までスマホの上ですべて行うことができます。

忙しい中受験する人も多いので、そんな人には特におすすめの講座といえるでしょう。

情報処理技術者試験について

はてなと白い人

基本情報技術者試験や応用情報技術者試験、ITパスポート試験は、全て情報処理技術者試験に含まれます。

情報処理技術者試験の種類

情報処理技術者試験は、経済産業省が一定水準以上の「知識・技能」を持つ情報処理技術者を認定する国家資格です。

情報処理技術者試験には、「ITを利活用する者」向けの試験と「情報処理技術者」向けの試験に大別されます。

試験の種類は以下の通りです。なお、【】内は対象者を示します。

【ITを利活用する者】

  • 情報セキュリティマネジメント試験

  • ITパスポート試験

*前者は「ITの安全な地活用を推進する者」、後者は「全ての社会人」に向けた試験です。

【情報処理技術者】

  • 基本情報技術者試験

  • 応用情報技術者試験

  • 高度試験(9種類)

応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験の上位資格ですが、高度試験はその上に位置します。高度試験の種類は以下の通りです。

  • ITストラテジスト試験

  • システムアーキテクト試験

  • プロジェクトマネージャ試験

  • ネットワークスペシャリスト試験

  • データベーススペシャリスト試験

  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験

  • ITサービスマネージャ試験

  • システム監査技術者試験

  • 情報処理安全確保支援士試験

なお、情報処理技術者試験に受験資格はありません。どのレベルの試験においても、あらゆる人が受験できます。

基本情報技術者試験の難易度まとめ

基本情報技術者試験の難易度まとめ

  • 難易度は高いが新人エンジニア向けの試験
  • 午前試験と午後試験で、6割得点すれば合格
  • ITの初心者なら200時間、事前知識のある者なら50時間の勉強が目安

基本情報技術者試験の難易度について、詳しく解説しました。

基本情報技術者試験の合格率は20〜30%程度で、ITパスポート試験や情報セキュリティマネジメント試験に比べると、難易度は高いと言えます。

しかし、あくまで新人エンジニア向けの試験であり、応用情報技術者試験や高度試験と比べたら、まだまだ易しい試験です。「難しすぎ」ではありません。

ぜひしっかり準備をした上で試験に臨んでみてください!