社会福祉士は独学も可能?目安の勉強期間や最短合格のためのテキストの選び方も解説!

更新日時 2020/07/31

「社会福祉士ってどんな資格なの?」

「社会福祉士って独学でも合格できる?」

社会福祉士に興味がある方は、このような疑問を持つのではないでしょうか。

この記事では、社会福祉士の資格取得は独学でも可能なのか、勉強期間はどのくらい必要かなど、社会福祉士の勉強方法について解説しています。

社会福祉士試験について詳しく知り、ぜひ社会福祉士試験の合格を目指しましょう!

社会福祉士は独学で受かるかについてざっくり説明すると

  • 福祉系卒業などの受験資格があれば、試験自体は独学で合格可能
  • 試験合格で必要な勉強期間は半年から1年程度
  • 合格率は20~30%

社会福祉士試験に独学合格は可能?

勉強する男性

社会福祉士試験を受ける人の中で、そもそも独学で合格している人はいるのでしょうか。

4年制大学で指定科目の単位を取得しそ卒業しなければならないなど、受験資格を得るには12通りがあります。そのため、完全な独学のみでの合格はできません。

国家資格試験の対策自体は独学のみで行えます。ただし、試験の難易度は非常に高くなっています。確実に合格したいという方は、通信講座や予備校を利用することをおすすめします。

結論としては、「試験対策は独学では可能だが、難易度は高い」ということになります。

社会福祉士の合格率は25~30%

社会福祉士試験の合格率はどのくらいなのでしょうか。以下に、過去7年の合格率をグラフでまとめました。

このように、社会福祉士の合格率は25~30%の間を行き来しています。試験の合格率としては低い方だと言えます。

合格率が低い理由

合格するためには、総得点が6割前後を超えること、全科目で最低1点以上得点することが条件となります。なお、合格点は毎年変わるため、何点取れれば合格するというものではありません。

また、出題科目は18科目(群)もあるため、試験対策も難しくなります。

社会福祉士の受験生には、仕事と家事を両立する方、受験資格を得るために学校に通ったり、実務経験を得るために働いたりしながら試験勉強をする人が多く見られます。

そのため、膨大な量の勉強をするための時間が取れず、満足いく勉強が出来ない人が多いことも合格率が低い原因の一つでしょう。

社会福祉士の受験資格

受験資格を得るためには、主に以下のような方法があります。

  • 福祉系の4年制大学で指定科目を履修する
  • 福祉系の短大で指定科目を履修し、実務経験を1~2年積む
  • 一般の4年制大学を沿うt凝視、一般養成施設に1年以上通う
  • 一般の短大を卒業し、実務経験を1~2年、さらに一般養成施設に1年以上通う
  • 実務経験を4年以上、一般養成施設に1年以上通う

社会福祉士になるための最短ルートは、福祉系の大学に通うことです。

試験科目は18科目

社会福祉士試験での試験科目は以下の通りです。

  • 人体の構造と機能および疾病
  • 心理学概論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 現代社会と福祉
  • 地域福祉の理論と方法
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会保障
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 保健医療サービス
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 社会調査の基礎
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 相談援助の理論と方法
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 就労支援サービス、 更生保護制度

このように18科目(群)あります。合格するためには全ての科目で得点しなければなりません。そのためには、広く浅く勉強するのがポイントです。

勉強期間は半年以上

社会福祉士に合格するために必要な勉強期間は300時間程度と言われています。1日2時間勉強しても、半年程度かかってしまいます。

学校や仕事と試験勉強を両立させたい人にとって、勉強時間の確保は難しい問題です。

通学時間、通勤時間、休憩時間などの隙間時間に勉強するようにし、隙間時間を有効活動しましょう。

また、合格するためには半年以上かかるため、モチベーションを維持することも重要です。自分に合ったモチベーションの保ち方を実践し、勉強を続けられるようにしましょう。

独学で試験対策をするメリット

ジャンプする女性

社会福祉士は受験資格を得るために大学などに行く必要があります。しかし、受験資格を満たしていさえすれば試験自体は独学でも合格が可能です。

そこで、独学で試験対策をするメリットについてご紹介します。

支出が小さい

資格スクールに通う場合、費用は10万円前後かかります。また、学費だけではなく交通費も合わせると、かなりの支出になってしまうでしょう。

全課程を受講するお金がないからと、短期講座や直前対策講座だけを受講しようとする人もいます。

短期講座や直前対策講座でも学費は数万円かかりますし、模擬試験を1回受けるだけでも1万円弱かかってしまうため、金銭的な余裕がなければ受講することは難しいでしょう。

しかし、独学ならテキスト代しかからないため、費用を節約することができます。

自分でペースを調節できる

社会福祉士の試験は18科目(群)もあり、科目のテーマもさまざまです。そのため、人によって得意な科目、不得意な科目が出てきてしまいます。

資格スクールでは、どの科目も同じような授業時間で進んでしまうので、苦手な科目の講義を何回も受けるとか、苦手な科目の集中講義を受けるということはできません。

しかし、独学で勉強する場合には、自分の苦手な科目に時間を割いて勉強をすることができます。

また、仕事や家事の状況に合わせて勉強時間を臨機応変に変えることもできます。

好きな時間・場所で勉強できる

独学では、早朝、通勤時間、仕事の休憩時間、夜寝る前など、自分の好きな時間に勉強できます。

また、カフェや図書館など、勉強する場所も自由に選ぶことができます。モチベーションを保つために、お気に入りの場所で勉強するようにするのもよい方法です。

地方の場合には、近くに資格スクールがないことが多いため、必然的に独学になってしまうといケースもあります。

資格スクールに通いたいけれど近くにないという方は、自宅のみで勉強しているとモチベーションが下がってしまう恐れがあります。自宅以外で勉強できる場所を何か所か見つけておくことが必要です。

独学のデメリットも知っておこう

落ち込む女性

ここまで、独学のメリットをご紹介しました。しかし、独学にはメリットだけではなくデメリットもあります。どのようなデメリットがあるのでしょうか。

最新情報を入手しにくい

福祉や介護の分野は制度の改正が頻繁に行われます。そのため、試験では改正点について出題されることがよくあるので注意が必要です。

最新の制度についてはしっかり勉強しておく必要がありますが、参考書の中には最新の改正点については載っていないものもあります。

ですから、全てを独学にするのではなく、基本的には独学をしながら、重要なところは資格スクールの講座をいくつか受講するという方法が一番よいでしょう。

例えば、試験対策全般は独学でしながら、資格スクールで最新情報について講義をする回だけ受講するといった方法が一番よい方法です。

モチベーションが維持できない

社会福祉士の試験に合格するためには300時間ほどの勉強期間が必要だとされています。働きながら勉強しようとすると、約1年はかかってしまうことになります。

また、受験資格をまだ持っていない方の場合、受験資格を得るための学校への通学、仕事、受験勉強の3つを両立させるのは非常に難しいことです。

独学の場合は、応援してくれる友人や先生がおらず、自分でモチベーションを上げながら勉強しなければならないため、挫折してしまう人も多くいます。

独学で合格するという目標を持つ方は、モチベーションの保ち方についても意識的にならなければ、独学での合格は難しくなるでしょう。

自分の苦手分野がわからない

社会福祉士の試験に合格するためには、全ての科目で最低でも1点を取らなければなりません。そのためにも苦手な科目をなくすことが大切です。

しかし、独学の場合は自分の本当の実力がわかりにくく、本当は苦手な科目であるにもかかわらずそれに気付けないことがあります。

独学で勉強したいという方は、定期的に模擬試験を受け、自分の得意な科目・不得意な科目について把握しておくようにしましょう。

そして、不得意科目については勉強時間を多く設けたり、不得意科目について自分で問題を作って解いたりするなどの工夫をして、不得意科目をなくしていくことが必要です。

どんな人が独学で合格できる?

考えている女性

社会福祉士の試験を独学で勉強したいという方は少なくありませんが、どのような方が独学で合格できるのでしょうか。ここからは、独学で合格できるタイプについて解説していきます。

他の福祉系資格を保有している方

社会福祉士の試験では、すでに精神保健福祉士の資格を持っている方は、共通科目の11科目が免除されます。

そのため、精神保健福祉士の資格を持っている方の試験勉強は、社会福祉士の8つの専門科目のみ勉強すればよいということになりますので、試験勉強は比較的楽になるでしょう。

また、介護福祉士やケアマネージャーなどの福祉系資格をあらかじめ取得している方は、福祉に関する内容を理解しやすいため、試験勉強もしやすいでしょう。

一人で勉強し続けた経験のある方

すでに他の資格を独学で合格したことがある方は、試験勉強の計画の立て方、モチベーションを維持する方法などがわかっています。

そのため、社会福祉士の試験勉強も独学で勉強しやすく、合格もしやすいでしょう。

また、資格試験以外でも、大学受験などを独学で勉強を続けた結果合格できたという経験がある方も、社会福祉士試験を独学で勉強するのに向いています。

自分一人で何かをすることが得意な方、不安を覚えることがないという方は、独学をしていても精神的なストレスがないため、独学に向いているのです。

独学者におすすめな社会福祉士のテキスト

たくさんの本

社会福祉士の試験を独学で勉強する場合、基本的にはワークブックを勉強し、試験の2ヶ月くらい前から模擬問題集に取り組むのがよいでしょう。

社会福祉士国家試験受験ワークブック

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック2021(共通科目編)
3300円
社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック2021(共通科目編)
3300円
社会福祉士国家試験受験ワークブック2021(専門科目編)
3300円
社会福祉士国家試験受験ワークブック2021(専門科目編)
3300円

『社会福祉士国家試験受験ワークブック』は、共通科目編と、社会福祉士の専門科目編があります。

この本は「傾向と対策」「重要項目」「一問一答」の3つで構成されており、さらに試験直前の対策まで網羅しています。

また、この本は毎年改訂されているため、制度の改正点など最新情報が載っていることも特徴の一つです。

試験勉強の基本テキストとして、何度も読み込むことをおすすめします。

社会福祉士国家試験模擬問題集

社会福祉士国家試験模擬問題集2021
3740円
社会福祉士国家試験模擬問題集2021
3740円

『社会福祉士国家試験模擬問題集』は、出題基準、過去問などを分析して作られた450問の模擬問題が掲載されています。

また、本番の試験と同じように、150問の模擬問題が3回分掲載されています。

解答は本から取り外すことができるため便利です。また、解答では、それぞれの問題の選択肢ごとに詳しく解説されています。

一度解いて終わるのではなく、何回も解くことによって知識を身に付けることができる本です。

テキストを選ぶ際の注意点

社会福祉士試験のテキストはさまざまあります。多すぎてどれを選べばよいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そこで、テキストを選ぶ際に注意すべき点についてご紹介します。

最新情報を反映したものか確認する

福祉の分野は法改正が頻繁にあるため、制度が改正されることもよくあります。そのため、試験では制度の改正点についてよく出題されます。

しかし、テキストの中には最新情報について掲載していないものもあります。買う前に、最新情報を網羅しているテキストなのかチェックしましょう。

色んな問題集に手を出しすぎない

たくさんの問題集を買ってやろうとしても、全てが中途半端になってしまいます。

いろいろな問題集を中途半端にやるよりも、同じ問題集を何回も解く方が知識が定着します。問題集を買うときには、内容をしっかり見て知識が定借しやすい問題集なのかチェックし、慎重に選びましょう。

スマホも有効活用しよう

最近は、社会福祉士の試験対策・問題解説のアプリや動画があります。特に動画は、講義形式になっているためテキストでわからなかった部分もわかりやすくなっています。

通勤時間や休憩時間などの隙間時間の勉強には、このようなアプリ・動画を利用するのがよいでしょう。本で勉強するのは人の目が気になるという方でも、スマホであれば周りに知られずに勉強することができます。

独学で最短で合格する方法

男性とボード

社会福祉士試験を独学する際、できることなら最短で合格したいものです。そこで、独学かつ最短で合格するためのポイントをご紹介します。

オリジナルノートを作る

社会福祉士試験は、全ての科目で1点は得点しなければならないため、苦手科目があり、正解できない分野があると合格することができません。そのため、苦手科目の克服は必須となります。

苦手科目の克服のためには、苦手な部分をノートにまとめて、何度も繰り返し読んで復習するのがよいでしょう。また、ノートは常に持ち歩き、定期的に見直す習慣をつけましょう。

また、苦手科目に関しては、なぜ苦手なのか、なぜ正解できないのか分析することも大切です。その分析部分もノートにまとめ、苦手科目を克服するために出来ることは全てやりましょう。

過去問演習はやり方が大切

自分の得意科目や不得意科目、また試験の出題傾向を知るためには、ただテキストを読むだけではなく、実際の問題を解くことが大切です。

試験の本番は240分で150問を解くことになっています。そのため、過去問を解く際には1問を1分で解く練習をしておきましょう。

解いたら必ず復習する

復習することは重要ですが、その中でも過去問の解説を暗記するくらい読み込むことは正解率が上がるコツです。

社会福祉士の試験は過去問と似ている問題が出題されることが多いため、過去問を分析してしっかり復習し、完璧に解けるようにしておくと合格できる確率が上がります。

自分の実力を可視化する

試験勉強をするときには、自分の実力について主観で判断することはやめましょう。例えば根拠もなく「何となくできている」と思うようなことです。

何となくではなく、問題集の正答率、過去問の正答率などで客観的に実力を把握しなければなりません。

模擬試験を受験しよう

模擬試験を受けることによって、自分が現在どのくらいのレベルなのかや、苦手な部分を知ることができます。

また、本番と同じような状況で試験を受けるわけですので、試験当日の過ごし方や、試験中のペース配分についてなどの点で、本番の練習にもなります。

法改正は常にチェックする

社会福祉士の試験は、法改正に関する問題がよく出題されます。テキスト選びのときは最新情報が掲載されているものを選ぶことが重要です。

ただ、最新情報を掲載したテキストが出版されたあとでまた法改正があれば、テキストを勉強しただけではカバーできないことになります。

最新情報を知るためには、テキストで勉強するだけではなく、厚生労働省のホームページを定期的にチェックしておくことが大切です。

長期間やる気を保つ秘訣

社会福祉士の試験に合格するには300時間ほどが必要だと言われています。その間、ずっとやる気を保つにはどのような秘訣があるのでしょうか。

自分を見つめ直す

今までの自分の勉強方法を振り返り、自分に合わない勉強方法は変えてみましょう。例えば、ただ機械的に暗記するのが合わない場合は、暗記の仕方を変えてみるのです。

また、社会福祉士を目指す理由を思い出したり、資格取得をして実際に社会福祉士として働いている自分を想像したりすることで、やる気が出てきます。

自分自身にプレッシャーをかける

周りに「社会福祉士試験を受ける」と宣言し、自分にプレッシャーをかけるという方法もあります。

周りが合格を期待することで、プレッシャーがかかり勉強する気力が湧いてきます。周りから直接何か言われるのが嫌だという人は、SNSで仲間を見つけ、SNS上の交流でモチベーションを保ちましょう。

定期的にリフレッシュする

勉強に疲れたときには、軽い運動をするようにしましょう。そうすることによって脳が覚醒し、また勉強がはかどるようになります。

どうしても勉強がはかどらない場合は、少し勉強を休みリフレッシュしましょう。

また、一ヶ月、数か月、一年などの単位で目標を定めて、達成したときには自分にご褒美を上げるようにするとやる気が出てきます。

社会福祉士資格をとるメリット

黒板とイラスト

社会福祉士資格を取得すると、さまざまなメリットがあります。人の役に立てることや、キャリアアップに繋がるメリットばかりです。具体的にどのようなメリットがあるのかご紹介します。

困っている人を助けられる

社会福祉士は、さまざまな問題を抱える人の相談に乗り、適切な支援をする仕事です。

「困っている人を助けたい」「困っている人の役に立ちたい」と思っている方にはぴったりの仕事であると言えます。

実際に、そのような思いを抱いて社会福祉士になり、助けができることに対してやりがいを感じている人は多いです。

また、支援対象者の方から感謝されることも多くあります。人の役に立つことができ、感謝もしてもらえるということは大きなメリットです。

活躍の場が幅広い

社会福祉士は、高齢者、障がい者、子供などさまざまな人に対し相談支援業務ができます。そのため、老人ホーム、医療機関、福祉施設などさまざまな場所で働くことができます。

他の福祉系の職業では、希望の施設で働くことはなかなか難しいこともありますが、社会福祉士の場合は複数の職場から働きたいところを選べる場合もあります。

少子高齢化が進んでいることから、今後社会福祉士の需要はさらに高まっていくでしょう。現在でも求人は多数出ていますので、気になる方はチェックしてみてください。

信頼できる国家資格

社会福祉士は「名称独占資格」といい、資格がないと名乗れない資格です。ただ、業務独占資格ではありません。つまり、社会福祉士の資格がなくとも相談支援の業務をすることは可能なのです。

しかし、社会福祉士は相談支援の資格を持っている専門家として社会的な信用を得ています。

一般人の方に相談するのと社会福祉士に相談するのとでは全く違います。社会福祉士は適切な支援をすることが出来るという点でプロフェッショナルなのです。

他の関連資格を取得しやすくなる

試験において、社会福祉士と精神保健福祉士は共通科目が11科目あります。ですから、社会福祉士の資格を持っていれば、精神保健福祉士の試験を受けるときには共通科目が免除され、試験に受かりやすくなります。

また、社会福祉士の資格を持っていれば、社会福祉主事、児童福祉司、身体障害者福祉司、知的障害者福祉司などの資格要件を満たしていることになるため、社会福祉士を取ることは、福祉系の他の資格も取りやすいということになります。

予備校や通信講座は利用したほうがいいの?

眼鏡とパソコン

先ほどは独学についてご紹介しました。しかし、スクールに通ったり、通信講座を受けたりする方法もあります。結局はどの勉強方法がよいのでしょうか。

スクールに通う方法もある

民間の資格スクールに通うという方法もあります。資格スクールは専門の講師やスタッフによるサポートが手厚いのが特徴です。また、資格スクールでは、合格という同じ目標を持つ受験生たちとも出会うことができ、仲間ができるのがメリットです。

ただし、学費などの費用が高額になることや、好きな時間・好きな場所で勉強できないというデメリットもあります。

効率良く合格するなら通信講座

通信講座では、効率のよいカリキュラムが組まれています。また、サポート体制も充実しており、例えばわからない点をメールや電話で質問できる通信講座もあります。

また、通信講座では自分の好きな時間・好きな場所で勉強できるところもメリットです。自分のペースで勉強できる通信講座は、仕事や家事で忙しい方には合っているでしょう。

おすすめの通信講座

社会福祉士を通信講座で学習する場合は、ユーキャンの社会福祉士講座がおすすめです。

講座は合格に必要な知識を厳選して、それらをわかりやすく説明したテキストや、添削指導などの充実のサポートが備わっているなど万全の態勢で受講生の合格を後押しします。

ユーキャンの講座のクオリティの高さは、合格実績となって表れており、2004~2018年までの15年間で合わせて6,615名もの合格を輩出していることからも明らかであるといえるでしょう。

対策の際には、ぜひユーキャンの通信講座を使ってみてはいかがでしょうか?

\公式ページを今すぐチェック!/

社会福祉士は独学で合格できるかについてまとめ

社会福祉士は独学で合格できるかについてまとめ

  • 独学には、自分のペースで勉強できるメリットがあるが、最新情報を入手しにくいデメリットもある
  • 模擬試験を定期的に受けて、自分の実力を客観的に把握しよう
  • 効率よく勉強したいのなら通信講座の受講をするのがおすすめ

社会福祉士は独学で合格できるかについて解説しました。

既に受験資格をお持ちの方は、独学で社会福祉士の試験に合格することは可能です。しかし、最新情報を知ることが出来なかったり、モチベーションを保てなかったりするデメリットもあります。

通信講座を受講すれば、忙し方でも勉強しやすいため、おすすめです。