【2020年最新】社会福祉士のおすすめ人気テキスト・問題集ランキング5選!

更新日時 2020/09/29

「社会福祉士の勉強で一番人気のあるテキストや問題集ってどれ?」

「社会福祉士の問題集やテキストはたくさんあるけれど、それぞれどんな特徴や違いがあるの?」

社会福祉士の勉強をしようと思っている人の中には、このような疑問を感じている人もいるでしょう。

書店には社会福祉士に関するテキストや問題集がたくさん出ています。しかし購入する前にページをめくってみても、なかなかそれぞれのテキストや問題集の違いやポイントがわかりません。

そこで、今回は数ある社会福祉士のテキストや問題集の中でも、特に人気が高いものをランキング形式でご紹介します。それぞれの具体的な中身の特徴についても解説します。

これを読めば、きっと自分にぴったりの問題集やテキストが見つかりますよ。ぜひ参考にしてください。

社会福祉士のおすすめテキスト・問題集についてざっくり説明すると

  • テキストは出題範囲がコンパクトにまとめられているかに注目
  • 必ず最新版のものを購入する
  • 出版社なら中央法規など大手のものを選択する

そもそも社会福祉士ってどんな資格?

黒板に書かれたクエスチョンマーク 社会福祉士は、数ある福祉系の資格の中では唯一、国家資格に認定されています。名称独占資格でもあるため、試験に合格しないと「社会福祉士」と名乗って仕事をすることはできません。

合格率は低くなっておりその主な原因が科目数の多さです。それぞれの科目にかける時間配分がわからないなどの理由から、勉強不足で試験日を迎える人が多くいます。

福祉系に限らず他の資格の中には、一夜漬けで勉強すれば合格できるものもあります。ですが、社会福祉士の試験はそのような甘いものではありません。じっくり時間をかけて試験対策をしなければ取得できない資格です。

ですが、ただ時間をかければ良いというものでもありません。自分に合ったテキストや問題集を選び、効率良く試験対策をすることが、合格に繋がります。

社会福祉士のテキストの選び方

たくさんの本の上で読書する人 社会福祉士の勉強を進める上で重要になるのが、テキスト選びです。具体的にどのような点に注目して、テキストを選べば良いのでしょう。

社会福祉士の試験対策の重要な鍵とも言えるテキスト選びのポイントをご紹介します。

出題範囲を効率よく学習できる参考書を

社会福祉士の試験は、出題範囲が大変広いという特徴があります。科目数も大変多いため、一つずつ細かく勉強していると時間がいくらあっても足りません。コンパクトにまとめられた参考書を選びましょう。

ただし、いくらコンパクトにまとめられた参考書が良いからと言って、コンパクトすぎる参考書を購入してしまうと、勉強は進まなくなります。自分の理解度を考慮に入れる必要があるのです。

自分の目で見て合っていると感じるもの、更に直近の試験傾向が反映されているものを基準に選びましょう。そして「これ!」と決めたらそれを使い続けて勉強することが大切です。

出題頻度が示されているものが良い

社会福祉士の試験では、新しい傾向のものや難しいものも数多く出題されます。ですが、そのような問題ばかりではなく、過去に出題された問題と似ているものもいくつかあります。

合格に近づけるためには、過去に出題された問題を押さえておくと良いでしょう。過去問の中には、出題頻度が高いものもあります。これらを確実に押さえることで、合格点に近づけることができます。

テキストの中には、出題頻度が示されているものも多くあります。出題頻度の高さが明確にわかるテキストを選ぶと、試験で点数が取りやすくなるでしょう。

テキストは最新版にする

これは当然ですが、必ずテキストは最新版のものを購入しましょう。最新版のものは、直近の出題傾向も研究した上で編集し直されています。

社会福祉の試験は、法制度の改正などで出題内容が大きく変わることがあります。最新版ではこれらも考慮に入れた上で再編集されてますから、実践に近い学習を進めることができます。

中央法規などの大手のテキストが安心

社会福祉士のテキストや問題集は、さまざまな出版社から出ています。そんな数ある出版社の中でもおすすめは大手の出版社です。

中央法規などの大手の出版社が出しているテキストや問題集は、過去のデータが大変豊富です。積み重ねてきた膨大な試験データと最新の試験内容を組み合わせて、最新版を編集しています。

中央法規のような有名で大きな出版社は、多くの人たちから信頼されているからこそ、出版社として大手になったとも言えます。安心して勉強を進めることができるのでおすすめです。

社会福祉士のおすすめテキスト・問題集5選

親指にとまったちょうちょ 社会福祉士を目指している人の中で特に人気の高いテキストや問題集を、ランキング形式でご紹介します。それぞれのポイントなども解説しますので、参考にしてください。

1位:見て覚える!社会福祉士国試ナビ2021

見て覚える!社会福祉士国試ナビ2021
3080円
見て覚える!社会福祉士国試ナビ2021
3080円

おすすめのテキスト・問題集の1位は、「見て覚える!社会福祉士国試ナビ2021」です。いとう総研資格取得支援センターから出版されており、価格は3,080円です。

オールカラーで重要項目をわかりやすく解説

社会福祉士のテキストは出題範囲が広いため、どうしても文字ばかりになってしまいます。ですが、文章ばかりではわかりにくい点も多く、途中で挫折してしまう人もいます。

このテキストは、オールカラーで図式やイラストを使いながらわかりやすい説明がなされています。視覚的にも楽しいテキストになっているので、途中で嫌になってしまうことはあまりないでしょう。

また、試験内容を徹底的に分析し、「91項目」の単元に整理されてます。出題範囲の全体像が掴みやすく、効率良く学習が進めることができるように工夫されているのも、大きな特徴です。

合格に近づくためには、重要事項と頻出事項をどれだけ理解し、記憶しているかが重要です。このテキストでは重要事項と頻出事項を効率良く理解・記憶していく勉強法も解説しています。

2位:社会福祉士国家試験過去問解説集2021: 第30回-第32回完全解説+第28回-第29回問題&解答

社会福祉士国家試験過去問解説集2021: 第30回-第32回完全解説+第28回-第29回問題&解答
4080円
社会福祉士国家試験過去問解説集2021: 第30回-第32回完全解説+第28回-第29回問題&解答
4080円

2位は「社会福祉士国家試験過去問解説集2021: 第30回-第32回完全解説+第28回-第29回問題&解答」です。

出版社は日本ソーシャルワーク教育学校連盟で、価格は4,180円です。

直近5年分の計750問の問題を掲載

次回の試験で合格するための基礎力がつくように工夫されている問題集です。丁寧な解説がなされているので、わからない点はスムーズに理解できます。

特に直近3回分の試験問題については、それぞれ一つずつ丁寧に解説しています。解説を読むだけでも基礎力が身につき、合格に近づくことができるでしょう。

19科目ごとに、直近で出題された問題の範囲や傾向などがわかるようになってます。具体的に何をどのように勉強しておくと良いのか、という勉強方法も説明されているのがポイントです。

試験に合格するためには、まずはどのような試験なのかを知ることが重要です。この問題集は各問題を丁寧に解説しているので、解説をまず読んでから問題を解くという勉強法もできます。

3位:社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック2021(共通科目編)

社会福祉士国家試験受験ワークブック2021(専門科目編)
3300円
社会福祉士国家試験受験ワークブック2021(専門科目編)
3300円

3位は「社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック2021(共通科目編)」です。同シリーズとして「専門科目編」もあります。

出版社は社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック編集委員会で、価格は3,300円です。

合格に必要となる知識を完全網羅

合格のために必要な知識が完全に網羅されたテキストです。「傾向と対策」「重要項目」「一問一答」の3つで構成されているため、基礎的な知識から応用力まで身につけることができます。

特に「一問一答」は、覚えた内容が確実に身についているかをチェックするための問題です。間違えた問題も復習しやすいように工夫されているため、試験直前までサポートしてくれます。

改定された法制度や近年の動向など、最新情報も収録されています。次の国家試験に向けての対策はこれ一冊でばっちりです。

4位:社会福祉士国家試験受験ワークブック2021(専門科目編)

社会福祉士国家試験受験ワークブック2021(専門科目編)
3300円
社会福祉士国家試験受験ワークブック2021(専門科目編)
3300円

4位は「社会福祉士国家試験受験ワークブック2021(専門科目編)」です。3位でご紹介したテキスト「(共通科目編)」とセットになっている「(専門科目編)」です。

出版社は3位と同様の社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック編集委員会で、価格はこちらも3位と同じ3,300円です。

傾向と対策から一問一答まで収録

テキストの構成については「共通項目編」と同様です。「傾向と対策」「重要項目」「一問一答」の3つで構成され、「一問一答」は試験直前まで学習をサポートしてくれます。

試験センターでは「出題基準」が示されています。これと合わせて過去5年分の試験で出題されたテーマを、科目ごとに一覧表で収録しています。更に、これらの情報から出題傾向を分析し、次回の試験対策が掲載されています。

特に重要な用語については色文字を使って強調しています。付属の赤シートを使うと、強調された文字が消える仕組みになっているので、スキマ時間にも勉強できます。

5位:社会福祉士国家試験のためのレビューブック2021

社会福祉士国家試験のためのレビューブック2021
5280円
社会福祉士国家試験のためのレビューブック2021
5280円

5位は「社会福祉士国家試験のためのレビューブック2021」です。同シリーズとして「過去問題集」も出ています。

出版社は医療情報科学研究所です。看護師や管理栄養士など、医療系のテキストや問題集を数多く出版している出版社です。価格は5,280円です。

国試10年分の内容をコンパクトに掲載

過去10年分の試験内容がコンパクトにまとめられた参考書です。10年分と言うと「多い」と感じる人もいるかもしれません。ですが、そのうちの直近5年分は青字が使われているので、重要ポイントは一目でわかります。

需要キーワードは赤字で表示されています。赤シートを使えばそれらのキーワードは隠れるので、穴埋め問題集としても活用できるテキストです。

「健康保険法」「社会福祉法」「児童福祉法」などのような法律問題は、頻繁に法改正されます。すると出題傾向も大幅に変更されてしまいます。このテキストでは最新の法改正にも対応しているので安心です。

テキストの価格が5,280円と高めなのは、共通科目と専門科目の両方が網羅されているからです。これ1冊でどちらも勉強できるように工夫されています。

社会福祉士の独学勉強法

開いたノート 社会福祉士の国家試験は、大変難しいと言われています。ですが、ご紹介したおすすめテキストを使えば、独学でも合格を狙うことは可能です。

そこで、社会福祉士の独学勉強法をご紹介します。どのような勉強法で学習を進めれば良いのか具体的に解説しますので、参考にしてください。

勉強時間は300時間以上確保しよう

一般的に社会福祉士の資格を取得するために必要とされる勉強時間は300時間と言われています。これは、受験資格を取得するために必要とされる期間を除いた時間です。

社会福祉士の受験資格を得るには、一定の実務経験が必要です。それに付け加えて更に最低でも300時間の勉強時間を確保しなければ合格できないと言われています。

当然、多くの人たちは仕事をしながら社会福祉士の試験を目指します。勉強時間を確保するため、睡眠時間を削った勉強法で学習を進める人も少なくありません。ですが、睡眠時間を削ると効率が悪くなります。

短期勝負ではなく、睡眠時間をしっかり確保して長期戦覚悟の勉強法で学習を進めることをおすすめします。長期戦の勉強法はモチベーションの維持が難しくなるため、継続して勉強することを意識しましょう。

計画的に参考書と問題演習を繰り返す

社会福祉士の試験出題科目は18科目もあります。計画的にスケジュールを立てて学習を進めいないと、学習漏れなどが起こってしまいます。また、最初に学習したことを忘れてしまうということも起こります。

ポイントは、インプットとアウトプットを交互に行なう勉強法を取り入れることです。参考書と問題集を使って、インプットとアウトプットを繰り返し交互に行ないましょう。

インプットとアウトプットの期間はできるだけ空けずに行なってください。18科目分すべてをこまめに行なうことで、知識が定着しやすくなります。おすすめは3~5日程度の頻度で繰り返し行なう方法です。

インプットとアウトプットの問題演習で、間違えた問題については必ず参考書を使って知識を定着させましょう。間違えたということは、知識の定着が充分ではないということだからです。

また、間違えた問題だけではなく、正解した問題や理解できている問題についても、定期的にインプットとアウトプットを行ないます。期間が空いてしまうと記憶があやふやになり、試験当日に忘れてしまう可能性が高くなります。

過去問には必ず取り組もう

社会福祉士の試験で合格するには、過去問は非常に重要なポイントとなります。過去問を解くことで、試験問題の雰囲気や出題傾向がわかり、試験対策も立てやすくなります。

テキストを利用した勉強がある程度進んだら、過去問題に取り組みましょう。過去問題集の中には、丁寧な解説付きのものもあります。このような過去問題集を使うことで、深い知識を定着することも可能です。

過去問題集を解くことは、苦手科目や問題の把握にもつながります。間違った問題やわからない問題は、知識が定着していないサインです。それらの部分を中心にして新たな勉強法を考えたり、学習計画を見直しましょう。

実際の試験では240分で150問の問題に取り組むことになります。単純計算で1問につき1分半で解かなければならないということです。一つの問題でつまづいてしまうと、あっという間に時間不足に陥ってしまいます。

何度も過去問題集を解いておくと、時間配分の感覚もつかめるようになります。問題に解き慣れることもできるので、実際の試験で焦るということは少なくなるでしょう。

すでに他の福祉関連の資格を持っている人は、先に過去問を解いてみるという勉強法もおすすめです。理解が不足している部分が明確になるので、より効率良く勉強を進めることができるでしょう。

通信講座の利用もおすすめ

参考書だけでの勉強が厳しいと感じている人は、社会福祉士の通信講座を利用して対策を進めることがおすすめです。

特にユーキャンはわかりやすいテキストや充実のサポート体制を通して、初心者でも安心して学習を進められる体制を整えているイチオシ講座です。

15年間で6,615名という圧倒的な合格実績を誇ることから、信頼性も抜群であるといえるでしょう。

ぜひ以下のサイトから概要をチェックしてみてください。

\公式ページを今すぐチェック!/

社会福祉士のおすすめテキスト・問題集についてまとめ

社会福祉士のおすすめテキスト・問題集についてまとめ

  • 図解やイラストを使用したテキストを選ぶとわかりやすい
  • 問題集は丁寧な解説がされているものを選ぶと理解が深まる
  • インプットとアウトプットを繰り返し行なうことが重要

社会福祉士のおすすめテキスト・問題集について解説してきました。出題範囲が膨大なため、文章だけのテキストでは挫折する可能性が高くなります。

テキストなら図解やイラストが使用され、重要なポイントをコンパクトに収録したものを選びましょう。問題集なら、丁寧に解説されているものがおすすめです。

社会福祉士は自分に合ったテキストや問題集を選ぶことで、独学でも合格を狙うことができます。ご紹介したテキストや問題集を参考にして、社会福祉士の資格取得を目指してください。

人気記事
この記事に関連するタグ