FP資格は女性にぴったり!FPの魅力・メリットから求人事情まで女性目線で紹介!

更新日時 2019/08/14

「FP資格が人気と言われている理由を知りたい!」

「女性がFP資格を手に入れるメリットは?」

「産休、育休中でもFP資格は取得できるの?」

近年女性に人気となっているFPですが、あまり深くは知らないという方も多いのではないでしょうか?

この記事では、FP資格が女性に向いている理由取得のメリットを分かりやすくまとめました。

これからFP資格の取得を検討している女性の方は、ぜひ参考にしてみてください。

FP資格が女性に向いている理由をざっくり説明すると

  • 家計管理に役立てることができる
  • 再就職、転職において有利になる
  • 女性ならではの経験や目線を活かすことができる
  • 難易度は比較的低く、産休や育休中にも取得が可能

ファイナンシャルプランナーは女性におすすめ

腕時計をつけた女性 FPは国家資格の中でも、人気ランキングで常に上位にランクインしているポピュラーな資格です。その人気の理由の一つとして、仕事と実生活における知識の有用性が挙げられます。

「お金の専門家」とも呼ばれるFPは、税金や保険、年金などお金に関する幅広い知識を学ぶことができます

家計管理を担うことの多い女性にとって、一生もののお金に関する知識を身に付けられるのは大きな魅力です。ですがメリットはそれだけに留まりません。

そしてFPは他の国家資格と比べて女性の取得率が高いのが特徴です。テレビなどのメディアでも女性のファイナンシャルプランナーの方が活躍している姿を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

次ではさらにFP資格の取得をすることで、女性にどんなメリットがあるのかどうして女性と相性が良いのかなどを詳しく解説していきます。

女性がFPを取得するメリット

机の上に積まれたお金

最適な家計管理ができるようになる

FPはそれぞれの相談者に合わせお金に関するライフプランニングを提案することができる資格です。

したがってFPの知識を持っていれば、当然自分の描くライフプラン自分自身でプランニングし、最適な資金計画を練ることができるようになります。

例えば 「家を建てたい」 と考えていたら、住宅ローンの上手な組み方や、住宅控除の申請等の税金についての知識が役に立つでしょう。

また 「子供の大学資金を貯めたい」「老後のために資金を蓄えたい」 と考えている場合にもFP知識は役立ちます。

家計の見直しや最適な保険商品の選び方を見直すことで支出を減らし、貯蓄することで将来のために備えられるからです。

このようにFPの知識を持っていれば、他人に相談しにくいお金の悩みも自己解決でき、家計のやりくりも上手にできるようになることは間違いありません

突然の出来事にも対応できるようになる

FPの知識を使うことができるのは普段の家計管理だけではありません。

例えば 「相続」に関する知識は、経験がない限り持ち合わせてない方が多いと思います。

しかし身内の他界などは遅かれ早かれ突然やってくるもの。そんな時、FP資格による相続の知識があれば余裕をもって対応することができます。事前対策によって相続税を減らすことにも繋がります。

また離婚などの問題でも、お金のいざこざで揉めるケースが多くあります。そんな時、FP資格で学ぶお金に関する知識は、強い味方となってくれるでしょう。

このようにFPの知識は、現在のみならず将来直面する問題にも対応することができます

資産運用もできるようになる

現在の定期預金はほとんど金利がつかず、預けていてもあまりメリットがないのが実情です。

投資信託や株などの資産運用には「興味はあるけれどよくわからない」や「十分な知識がないため損しそう・・・」といったネガティブな印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

一口に資産運用と言っても、方法もそれに伴うリスクも様々です。金融商品がどれも大きなリスクを伴うものではありません。

例えば株式投資信託では値動きの大きいものもあれば小さいものもあるので、選ぶ銘柄や商品によってリスクも違いますよね。

同様に外貨建て保険商品円建て保険商品もリスクが異なります。

こんな時、資産運用の専門的な知識を保有し、商品や仕組みについて理解していれば、自分に最適な資産運用の方法を選べます。

つまりFP資格を取得することで、収入を変えることはできなくても、支出を減らしたり今持っているお金を増やす手段を得ることができるようになるのです。

就職・転職で有利になる

FP資格は保険会社や金融機関だけではなく、不動産会社や住宅メーカーをはじめ様々な業種から求められている評価の高い資格です。そのため就職や転職する際には大きなアピールポイントとなり得ます。

また女性は家計管理の経験であったり、出産や育児などの経験もあることから、相談者の気持ちを理解しやすく、経験を踏まえてのアドバイスや提案が可能です。そういった理由で女性のFPを求める声は多いです。

実際にFPの求人を見ると、女性が働きやすいよう勤務時間や福利厚生がきちんと用意されているケースが多くあります。

仕事と家庭の両立に対する配慮を見ると、企業の女性FPへの需要をひしひしを感じ取ることができますね。

FPとして独立することもできる

FPという国家資格は、一度取得すると更新がなく生涯使っていくことが可能な資格です

日々変化していく経済状況の中、知識をアップデートしていく必要はありますが資格の価値は変わりません。出産や育児などで一度退職した人であっても資格があると、復職しやすいという利点もあります。

また企業に属して働くことが難しい場合には、FP資格を生かして独立することも可能です。独立すると軌道に乗るまで不安定であったり、自ら顧客を獲得していかなければならないなどのデメリットもあります。

しかしやり方次第で時間や仕事場所をある程度コントロールできるというのは、仕事と家庭の両立をする女性にとって嬉しいメリットですね。

働き方の選択肢を増やすことができるところも資格の強みの1つです。

資格を生かした副業もできる

最近自宅で行う副業が人気を集めています。テレビCMやブログなどで見かけて気になっている人もいるのではないでしょうか?

副業の内容はWEBデザインであたりデータ入力であったり様々ですが、その中でも女性に人気なのが「ライティング」と呼ばれる業務です

基本的にこの業務では、指定されたテーマやキーワードに沿ってブログやWEBに掲載するための記事を作成します。テーマは多岐に渡りますが「お金」に関する記事作成の募集は多数あります

内容は節約術や今話題のポイントサイトに関するものから、保険資産運用など専門的知識を求めるものまで幅広く用意されています。

専門的知識が必要な記事作成は、報酬が高いものが多く人気案件ですが、募集要件として 「FP資格を有する人」という条件がついている場合が多いです。

報酬など条件が良い場合、FPに限らず資格保有を必須とするケースが多いです。

このような観点から副業する際もFP資格は有利になるといえます。

産休・育休中に目指す人も多い

お母さんと子供 近年産休や育休中に資格の取得をする女性が増えています

産休や育休中は時間に少しゆとりが出ることで、今後の自分のライフプランを見つめなおし、スキルアップや転職を考えて資格の取得をする人が多いようです。

産休や育休中は、それまでの生活と一転して子供中心と生活へと変わります。そんな特殊な環境下で、社会との繋がりや自分の時間を確保するために資格の勉強を始める人もいます。

しかし産休や育休中は、普段よりは時間があるといっても家事や育児に追われ、まとまった勉強時間を確保することは難しいもの。

実は数ある資格の中でもFPは比較的難易度が低く取得のしやすい資格です。試験も年3回実施されているので、どの時期から勉強を始めても大丈夫。産休や育休などの限られた期間内で取得が十分可能です。

知識の内容も身近で馴染みがあり、普段の経験から既に知識のあるものが多いので、勉強を進めやすいことも特徴です。

出産や育児という多くのお金が必要になる場面ならなおのこと、FP資格の勉強が捗ることでしょう。

女性がFP資格を目指すなら

女性の後ろ姿 FP資格は難易度によって3級から1級まであります

お金に関する基本的な知識や家計管理など自分自身のための知識が欲しいのであれば、受験資格もなく手軽に挑戦することができる3級で十分です。

しかし転職やキャリアアップを考えて仕事の実務や将来FPとして独立を考える人は2級の取得がおすすめです。

もちろん勤務先等により求められるレベルは変化しますが、実務に生かすことができるレベルは2級からという考えが一般的です。

どのようにFP知識を使うかによって目指すレベルは異なりますが、FP2級の方が仕事にも実生活にも生かすことができ利用価値が高いと言えます。

女性とファイナンシャルプランナーまとめ

女性とFP資格の相性まとめ

  • FP知識は女性にとって馴染み深く実生活に利用しやすい

  • FP資格は復職の際有利となり、選択肢を増やすことができる

  • 女性ならではの視点や話しやすさなどから女性FPの求人は多い

  • FP資格の産休や育休中の取得は十分可能

FP資格がどうして女性と相性が良いのかご紹介しました!

FPは数ある国家資格の中でも比較的難易度も低く、女性の場合には特に企業から需要が高い資格です。

資格取得を検討されている方はぜひ参考にしてくださいね。