FP2級を取得するメリットは?就職・転職や日常生活で役立つ場面を紹介!

更新日時 2020/01/08

「FP2級ってどんな場面で役に立つの?」

「FP2級を取得するメリットってあるの?」

このような疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

FPは毎年多くの人が受験する大人気の国家資格です。

また、3級では就活などで役立つ場面はあまり多くありませんが、2級を取得することで大きく評価が上がり、様々な面で有利になることがあります。

こちらの記事では、FP2級を取得するメリットや役立つ場面を解説していきます!

FP2級についてざっくり説明すると

  • 日常生活からキャリアアップにまで様々な面でメリットがある
  • 取得すれば生涯有効の資格である
  • FPとして独立も可能であり、仕事のやりがいも大きい

FP2級を取得するメリット

家計の管理

FPはファイナンシャルプランナーという名のとおり、家計相談などの資金計画のプロフェッショナルです。

FP2級を受験する人はおおよそ15万人前後いて、非常に人気資格であることがわかります。

以下で、FP2級を取得する具体的なメリットをお伝えしていきます!

就職・転職が有利になる

FPは個人の家計相談や中小企業に対する事業承継や節税について相談などを行います。

そのため、FP2級を持っていると金融知識を豊富に持っているという証明になるため、金融業界や保険業界などへの就職・転職で有利に働くことが非常に多いです。

銀行や信用金庫などへの就活を予定している学生が在学中にFPの取得をできると非常に大きな強みとなります。

また、FP2級は難易度が低い割には社会的信用が高く「コスパが良い資格」です。

就職や転職活動の際には履歴書に「2級FP技能士」と書くことが出来るため、それだけで周囲と差を付けることができます。

家計のやりくりに役立つ

FP試験の勉強では、税金や生命保険・相続対策など、お金に関する幅広い知識を学ぶことができます。

これらの知識は、人に教えるだけでなく、当然のことながら自分自身の節約や資金繰りにも非常に役立ちます。

近年は少子高齢化の影響もあり、相続税の基礎控除引き下げ(実質的に増税)や、消費税の増税が続いており、今後も個人負担は増えていくでしょう。

このような時代背景でも、FPの資格を生かして家計を防衛したり、FPを生かした副業などで収入源を新たに作るなど、様々な面で自分の生活に役立てることができるでしょう。

資産運用などにも活用できる

FP2級の試験勉強では、投資信託や株式投資など、様々な金融商品に関する資産運用に役立つ内容もしっかりと学ぶことができます。

最近は「老後2000万円不足問題」に代表されるように、老後の年金不安が問題になっています。

そこで重要になるのが「お金に働いてもらう」ことです。

これは、普通預金に預けっぱなしにしている資金を投資に回し、大きなリターンを狙うことを意味します。

このリスク管理はFP資格を持っていることで上手に調整することができるため、資産運用に関しても非常に役立つのです。

FP資格は副業でも生きる

近年は国も副業を後押ししている影響もあり、副業を解禁する企業が増えています。

当然、何の資格を持っていない人よりも、FP資格を持っていることで副業面でも有利になります。

興味がある人は、試しに「FP 副業」と検索してみてください。クラウドワークスやランサーズなど、様々な案件がヒットします。

具体的には、FPの知識を生かしたライター業務などの副業が非常に多く、そこで多くの経験を積みスキルアップすることで、セミナー講師などの単価の高い案件も受注できるようになるでしょう。

FPの副業についてより詳しく知りたい方は、以下ページを参考にしてください。

一度取得すれば生涯有効の資格

国家資格の中には、更新が必要になり、そのために関連する業務の実務経験が求められることもあります。

しかし、FP技能士の資格は一度取得すると有効期限が無く生涯有効なので、関係のある業務を経験する必要もありません。

2級は3級と違い、誰でも簡単に合格できる資格ではありませんが、しっかりと勉強すれば資格取得までに必要な時間も3~5ヶ月程度で済みます。

忙しい社会人の方も通勤時間などを使って合格できる難易度の資格なので、効率的な勉強を進めていけば十分合格できる知識を身に付けることが出来ます。

最近では通信講座を使うことでスマホを使って勉強ができるので、工夫をしてコツコツ頑張っていきましょう。

FPとして独立も視野

FPは、将来的に独立する道も視野に入れることが出来ます。

ただし、取得してからいきなり独立開業しても上手くいくケースは非常に少ないです。

そのため、まずはいきなり独立に専念するのではなく、今の仕事を続けながら副業的にFPとして活動して実力を磨いていくと良いでしょう。

独立開業すると、勤務時間も勤務場所にも縛られない自由な働き方が可能になり、また自分が頑張った分だけ収入に反映されるので非常にモチベーションの維持がしやすいと言えます。

このような自由な働き方に憧れがある人や、高収入を狙いたい人はFPを取得してからコツコツと実務経験を積むと良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーとして働くメリット

笑顔の職場

FP2級と一緒にAFPも取得することで、資金設計をアドバイスする実務も学べるので独立も現実的になります。

ここではFPという働き方の魅力をお伝えしていきます。

直接人の役に立つことができる

FPは、顧客と面と向かって相談する仕事がほとんどです。

そのため、自然と顧客から直接感謝の言葉を聞く機会が多くなり、それがモチベーションとなる人が多いようです。

FPは個人法人問わず、様々な方面から頼られる存在なので、人の役に立っているという実感が得やすく、とてもやりがいのある仕事と言えるのです。

現在の仕事であまりやりがいを感じることが少なく、人から感謝される実感を得たい人は、FPとしての働き方がオススメです。

AIの発達でFPの仕事は脅かされる旨の研究もありますが、きめ細かいサービスや心配りは人間にしかできないので、今後もFPが活躍できるフィールドは広いでしょう。

新たな人脈が広がる

FPとして活動していると、他のFPの人と交流したり、凄い経歴の持っている人を顧客にプランニングをするチャンスがあるなど、これまで関わることのなかった人たちと出会える機会に恵まれます。

また、FPは税理士や弁護士など他の士業の人たちと一緒に仕事を進めていくことも多いため、必然的に人脈が広がっていきます。

人脈を広げることで、独立したときに他の士業の人から顧客を紹介してもらえたり、また顧客の紹介から新たな顧客を紹介してもらるなど、様々なメリットがあるのです。

そのため、日頃から人脈を大切にする意識を持ちましょう。

頑張り次第で高収入も狙える

サラリーマンとして働く場合と違い、独立した場合は自分の頑張った分だけ収入が得られます。

独立しているFPの方の中には、年収1000万円を超える人もおり、高収入を狙うことも現実的に可能です。

ただし、もちろんFP資格を持っているということだけで顧客を獲得できるわけではありません。

特に営業活動はとても重要です。

自分の存在を広く知ってもらえないと当然のことながら顧客を獲得できないため、様々な工夫をこらして自分をアピールしていく必要があります。

独立を成功させるためには、継続した能力啓発や営業努力が求められるのです。

FP2級を取得するのはどんな人?

笑顔の男性

試験の受験には受験資格が必要

FP2級には受験資格が設けられており、保険会社などに勤めた経験のない人であれば、FP2級の受験資格を得る方法は主に次の2つです。

  • FP3級の資格を取得する
  • 日本FP教会が認定するAFP認定研修を修了する

2つ目のAFP認定研修を修了した場合は、AFP登録も可能になるため様々なメリットがありオススメです。

「AFP認定研修を受ける」ことは、「予備校・通信講座の対象講座を受講する」こととほとんど同じです。

そのため、FP2級の取得を目的とする方は、3級を経由せずに最初からFP2級講座を受講した方が、効率的かつ多くの費用をかけずに2級を取得できるためオススメです。

AFP認定研修を含むおすすめの講座は?

AFP認定研修がセットになっている(3級を受けずに2級の受験資格が得られる)通信講座の中でもおすすめなのがフォーサイトのFP2級講座です

FP2級は3級と比べるとグッと難易度が上がりますが、フォーサイトであれば受講生の合格率が全国平均の2倍以上なので、安心して試験に臨むことができます。

テキストや講義も非常に分かりやすく、初学者の方でも問題なく合格を目指すことができます。

プロの指導を活用して効率よく学習を進め、一気に2級合格を掴みましょう!

フォーサイトの公式サイトはこちら

FP2級を目指す人

金融業界や保険業界に勤める人

FPと金融・保険業界は親和性の高く、FPで学ぶ知識が自分の仕事に直結するので、FP資格取得を目指す人が非常に多いです。

会社の規則によっては、就職後にFP2級の取得を求められる場合もあります。そのため、金融・保険業界への就職や転職を考えている人はFP2級は必須の資格です。

また、資格取得による資格手当が支給される場合もあり、それを目当てに取得を目指す方もいます。

このように、FP2級は様々な面で取得メリットがあるのです。

主婦

出産や育児休業中の主婦の方も、再就職などに役立てるためにFPの取得を検討する人が増えています。

近年では、高齢者や女性の社会進出がしやすくなっている背景もあって、実際に育休などを利用してFP2級を目指す主婦の方も増えています。

子育てをしながら勉強を並行して行うのは簡単ではありませんが、FP2級はそこまで難易度が高くなく、効率良く勉強すれば隙間時間を利用しての合格が可能です。

今現在主婦の方は、積極的に勉強を開始してみましょう。

学生

就活で生かすために、学生のうちにFP2級を取得する人が増えています。

特に学生はまとまった勉強時間を確保することができ、FPに関連する講義を積極的に受講することで、短期間で取得を狙うことができます。

特に、銀行や信用金庫などの金融機関へ就職活動を予定している学生は在学中にFPを取得することができれば非常に大きな強みとなり、面接などでも格好のアピール材料となります。

また、若いうちからマネーリテラシーを身に付けておくことで私生活でも浪費を防ぐなど、様々なメリットも期待できます。

公務員

FPは公務員にも人気の資格です。

その理由は、公務員が安定して給与を得られることや、身分保障も手厚く将来設計がとてもしやすいことに起因しています。

公務員の給与は安定しているものの、若手~中堅の内は比較的安い月給です。そこで、給与以外の不労所得を作るために投資信託や株式投資など、資産運用を積極的に行う公務員が増えているのです。

また、公務員は社会的信用が非常に高く、住宅ローンの審査なども通りやすいです。そこで、不動産価値やローンの金利など、FPの勉強で学んだ知識を生かして自己防衛ができるメリットもあるのです。

FP2級の勉強方法

FPの合格基準点は6割なので、頻出論点を絞って勉強すれば十分合格できます。

頻出論点の絞り方は、過去問の活用が最も効率的です。

過去問は試験の直前に解くのではなく、テキストと並行して進めていきましょう。過去問を何度も解くことで、自然と頻出論点がわかってきて、出題傾向や引っかけるパターンなども見えてきます。

解いた問題は時間を置いて何度も解きなおして、解説を覚えてしまうくらい取り組みましょう。

また、通信講座などでは既に論点が絞られたカリキュラムとなっているので、指導通りに学習を進めていけば自然と最短ルートで合格を目指すことができるでしょう。

FP2級のメリットまとめ

FP2級のメリットまとめ

  • 取得するメリットは非常に多く、
  • 勤務する際にも、独立する際にも使える生涯有効な資格
  • 比較的簡単に取得できるので非常にコスパの良い資格である
  • 学生から主婦の方まで幅広い層に人気がある

FP2級は3級よりもかなり難易度が上がるため、しっかりと勉強時間を確保し対策を練る必要があります。

しかし、FP2級は難易度が比較的低いわりには様々な面で取得メリットがある大変コスパの良い資格です。

興味がある人は、ぜひFP2級の勉強を始めましょう!