社労士
FP
中小企業診断士
宅建士
行政書士
司法書士
税理士
公務員
簿記
マン管・管業
医療事務
司法試験
公認会計士
注目の資格
  1. 司法試験
  2. 弁護士と結婚する方法は?出会いに適した年齢やメリット・デメリットまで徹底解説!

弁護士と結婚する方法は?出会いに適した年齢やメリット・デメリットまで徹底解説!

更新日時 2020/03/22

結婚するなら弁護士の男性としたいですか?弁護士を職業としている男性は人気がありますよね。しかし、弁護士と結婚して妻になるのは不安に思うこともたくさんあるはずです。

この記事を読めば、そんな不安を吹き飛ばし、自信を持って弁護士の妻になれるはずです。

弁護士との出会いに適した年齢からメリット・デメリットまで解説していきます。弁護士の夫を持つ妻として、幸せな結婚生活を送りましょう!

弁護士との結婚についてざっくり説明すると
  • 弁護士の年収にはバラつきがある
  • 仕事最優先の生活
  • 問題を冷静に対処してくれる
  • 知的で信頼できる女性を好む傾向にある

弁護士ってどんな資格?

複数の本 弁護士は医師資格と並ぶ国家資格のトップに君臨しています。世間のイメージとしては、やはり高収入が期待できる資格だというところではないでしょうか。

弁護士は難関である司法試験を突破し、晴れて弁護士になっています。一度で司法試験に合格するのは難しく、何回も受けてようやく弁護士になれる人も多い職業ですので、勉強家で努力家の人が多いです。

弁護士の魅力はそれだけではありません。弁護士は法律のプロフェッショナルでもあるため、社会的ステータス・名誉共にトップクラスの資格でもあるのです。ですから、弁護士はモテる職業でもあります。

年収にはばらつきがある

年収は一般企業から見たら、当然収入も高いです。しかし、実際には弁護士はその時の時勢などにより、年収が大きく変動します。

さらには個人の能力により、かなり収入に格差が出てきます。また年齢によっても、収入にばらつきが見られ、50代の男性が1000万超えているのに対して、30代の男性では800万前後と差がでてきます。

ですから、一概に弁護士は高収入だとは言い切れない部分があるのも事実です。

様々な働き方がある

弁護士の一般的なイメージは、法律事務所で働くことではないでしょうか。今の時代は、一口に弁護士といっても、法律事務所以外に、経営者、企業内弁護士、個人経営などさまざまな働き方があります。

また、弁護士の中でも扱う分野によっても、もらえる報酬が変わってきます。例えば、企業内弁護士の場合、年収が1000万円未満の人の方が多いです。

個人経営の場合は、成功するかしないかで年収にも大きく差が出てきます。個人経営が成功した場合、年収数億円も夢ではありません。

弁護士との結婚生活

会話をしている男女 弁護士との結婚を夢見ている女性も多いでしょう。弁護士と結婚できたら、どんな生活が待っているのか気になりますよね。弁護士との結婚生活についてご紹介していきます。

労働時間が長く家にあまりいれない?

弁護士の資格を取りたての頃は、仕事も軌道に乗らないこともあるでしょう。しかし、働き盛りである30代や40代になると、かなり仕事も忙しくなります。

平日も土日も関係なく働くという生活が大半を占めています。労働時間も長く、家には寝るためだけに帰ってくるということも少なくありません。

なかなか家でゆっくり過ごすことは難しいので、奥さんとはすれ違いの生活が続くこともありますし、会話をする時間を取ることもできず、寂しい思いをすることも多々あるでしょう。

仕事が最優先の生活になる

弁護士はいざ業務が終わったとしても、飲み会に行くことが多いです。弁護士が飲み会というのは想像つかないですよね。弁護士にとっては、飲み会も仕事のうちだと言われています。

弁護士の飲み会には、接待・同僚同士・勉強会後に弁護士同士で飲み会へ行くことが多いです。

その理由として、弁護士は信用第一であり、今の時代弁護士は買い手市場であるため、クライアントとのコミュニケーションがとても大事になっていることが挙げられます。

パートナーにもマナーが求められる

弁護士の妻になると、弁護士は信用第一の職業ですので、冠婚葬祭や何かの会などに呼ばれ、頻繁に同伴を求められることが多くなります。そこでマナーをしっかりわかっていないと、恥ずかしい思いをします。

自分自身のマナーのなさで、弁護士の夫に迷惑をかけてしまうことにもなるのです。旦那からマナーについて口うるさく言われることもあるでしょう。

「弁護士の妻なのだから、きちんとやってほしい」と毎回のように言われたら、イライラすることもあります。こういったことに批判的な態度を取ってしまう妻の場合、今後うまくやっていくことは難しくなるのです。

弁護士と結婚するメリット

手を広げている女性 弁護士と結婚する場合、メリットとデメリットが存在します。まずは、弁護士と結婚するメリットをご紹介します。

年収は比較的高い

あまり稼げないとも言われている弁護士ですが、それでも平均年収1000万円超えてくるのが弁護士です。一般のサラリーマンに比べると、圧倒的に年収は高いです。

結婚してマイホームを建てたり、子供の養育費のことなど考える時にプラスになります。一般と比べたら裕福な生活ができるので、弁護士の妻になればお金には不自由しません。

何か問題があっても冷静に対処してくれる

弁護士という職業上、法律のプロフェッショナルなので、日常生活において何か問題に巻き込まれたりした時には頼もしい存在になります。

「弁護士の妻」だと言えば、相手は怖気づいて逃げていくことも多いでしょう。

さらにはちょっとした問題でも、パートナーであることで気軽に相談しやすいですし、的確にアドバイスをくれます。弁護士なので説得力もありますよね。

浮気されるリスクが低い?

弁護士は仕事上嫌というほど、浮気や不倫の損害・代償・恐ろしさを目の当たりにしてきています。

弁護士は社会的ステータスも高く、女性にモテる職業ではあります。しかし、浮気や不倫の恐ろしさを誰よりも把握しているために、自分は浮気をしないと考えている人も多いです。

一途に妻のことを愛してくれるのは嬉しいことです。旦那に浮気されるリスクは低いですが、もし妻が浮気をしたとしたら、恐ろしさを知っているからこそ余計に許せない気持ちが出てくるでしょう。

社会的な信用が得られる

家のローンを組む時、何かの契約をする時など、弁護士であるということは審査の上で非常に有利に働くと言えます。信用第一の弁護士なので、法的審査に引っかかるようなことは一切ないでしょう。

また両親に紹介する時も、旦那になる人が弁護士だと知ったら、反対されるよりも喜んでくれることがほとんどです。

さらには、弁護士の妻だということがわかると、周りの友人や周囲の人間からの反応が全く違うものとなり、うらやましく思われることも多いです。

弁護士が好むパートナー像

犬を散歩させている女性 弁護士を職業に持つ男性は、どのような女性を好む傾向にあるのでしょうか。

女性が弁護士の男性と結婚したいと思うように、弁護士の男性も女性に対して結婚相手に対する理想像を掲げていることも多いです。弁護士が好むパートナー像をご紹介します。

好まれる奥さんとは?

弁護士の奥さんになるには、弁護士の男性に好かれないといけません。弁護士に好まれる奥さんにならないと、弁護士の男性との結婚は程遠いものになります。好まれる奥さん像をご紹介していきましょう。

信頼できる女性

弁護士は日々嘘やトラブルと向き合っていることもあり、パートナーである女性に対して一番重要視していることは、やはり正直であること、口が堅いことです。

平気で嘘をついたり、秘密にしておかなくてはいけないことでもペラペラと喋ってしまうような女性は、信頼できません。

守秘義務として弁護士の仕事を全うしていることもあり、パートナーに対しても無意識にそういったことを求めている可能性もあるのです。

知性のある女性

弁護士は、日常会話の中でも論理的に話す人が多いです。物事を冷静に考えることができ、感情をあらわにすることも少ないでしょう。

そういったことから、パートナーに対しても感情的にならず、論理的に考えることができる女性を好む傾向にあります。

弁護士としての苦労を受け入れてくれる女性

弁護士という職業は、難しい裁判に挑んだり、苦労することもさまざまあります。また、弁護士は職業的に自立している人が多いです。

プライベートでも自分で何でもこなしてしまう器量を持ち、女性としての立場がないと考える女性も中にはいるでしょう。

こういったライフスタイルを肯定し、弁護士としての苦労を素直に受け入れてくれるパートナーを選ぶ傾向にあります。

女性弁護士に好まれる理想の旦那

現在では、女性弁護士も多くなってきています。弁護士は、世間的に見てもステータスが高い職業であり、自然と相手にも社会的ステータスの高い男性を求める傾向にあります。

社会的ステータスの高い男性を探すのは、なかなか大変です。パートナーを探そうとしても見つかりにくいというのが現状です。

女性弁護士が理想の旦那を見つける場合、ほとんどが同業の弁護士だったり、医者や経営者といった人たちをパートナーにすることが多いです。

選ばれる女性になるためには

黒板とクエスチョンマーク 弁護士と結婚するためには、弁護士の男性に選ばれなくてはいけません。選ばれる女性になるために、何をしたら良いのか考える必要があります。選ばれる女性になるための2つの方法をご紹介します。

出会える環境に身を置く

選ばれる女性になるためには、弁護士との出会いから始まります。黙っていても弁護士の男性は現れません。まずは、自分自身が弁護士と出会える環境にいなくては何も始まらないのです。

弁護士と出会うには、エリート職の多い結婚相談所やマッチングアプリを利用したり、積極的にパーティーに参加してみるなど有効活用してみてください。

弁護士と出会える環境にあれば良いですが、もともと弁護士と出会える環境にない場合、自分から積極的に動く必要があります。

自分を磨く

選ばれる女性になるためには、自分を磨くことも大切です。弁護士の男性に選ばれたい場合は、外見だけ磨いても難しいです。弁護士はステータスの高い職業なので、外見はもちろん大事でしょう。

しかし、外見は良くても、マナーがなかったり、弁護士の嫁にするにはふさわしくない性格や行動だった場合、選ばれる候補からは外されてしまいます。

外見だけではなく、内面も大切です。自分を磨くというのは、外見も内面も磨くことでもあるのです。

どんな職業の女性と結婚するのか?

たくさんのクエスチョンマーク 弁護士という職業は、毎日が忙しくて生活も不規則になりがちです。恋人が欲しい、結婚したいと思っていても、女性との出会いもなかなかないでしょう。

ステータスの高い職業である弁護士は、どんな職業の女性と結婚することが多いのかを職業別に見ていきます。

法曹関係の女性

弁護士が結婚する女性に一番多いのは、やはり同業の女性です。法曹関係に携わっていることで、お互いに相談し合ったり、弁護士の仕事の話をされても、しっかりと理解できます。

そういった時間と空間を共有することで、一緒にいて気が楽になり、安心感を与えます。話がよく合うと、結婚するうえで楽しく過ごすことができるでしょう。

また、毎日忙しい日々を送っている弁護士は、生活スタイルも一般の会社員とは違うことも多いです。

同業の女性なら、生活スタイルも同じなので、お互いの生活スタイルを理解しています。すれ違いの生活で寂しさを感じることも少ないです。

また、司法試験を突破するためには何年もかけてきた人がほとんどであるため、共に同じ目標に向かって取り組んできた結果、そのまま結婚するというパターンもあるのです。

法律事務所の事務員

弁護士は勤務時間が長く、平日も土日も関係なく働いています。弁護士という職業上、急に仕事が入ることも多々存在します。

普段から弁護士の仕事を間近で見ている法律事務所の職員は、結婚相手として選ばれやすいと言えます。このような弁護士業務をサポートする人のことをパラリーガルといいます。

パラリーガルには一般事務とほとんど変わらない秘書業務、弁護士の指示で法律の分野に携わる法律業務があります。どちらも法律関係の知識や経験の有無は問われていません。

国家資格も必要なく、法学科を卒業していなくてもなれる職業なので、誰でも目指すことが可能です。

弁護士は司法試験に合格しないとなれない職業なので、ハードルが高いです。その点、法律事務所の事務員は、弁護士と出会って結婚するならおすすめの職業だと言えるでしょう。

女性医師

女性医師は、弁護士同様ステータスの高い職業の中のひとつです。ステータスの高い職業同士パートナーに選びやすい傾向にあります。

弁護士も女性医師も年収の高い職業であるため、生活に困らない裕福な暮らしができます。ただし、お互いに激務のため、すれ違いの生活や苦労することも多くなるでしょう。

すれ違いの生活から離婚に至るケースも多く存在するので、そこらへんをどう解決していくかは結婚してからの課題となるところです。

あわせて読みたい

弁護士と結婚する方法

パソコンを見ている男女 弁護士が結婚を考えるのはいつ頃なのでしょうか。弁護士は、一般的に結婚を考えるようになる30代頃に、自分も結婚を考えるようになることが多いです。

周りが結婚ラッシュになると、焦りも出てきて、結婚相手をさがすようになるのです。弁護士としての仕事が忙しくなってくる頃に、パートナーが欲しいと思い始めます。

忙しくなってくることで、早く結婚をして生活を落ち着かせたいと考えるようになるのです。そこで、弁護士はどこで出会いを探すのか気になるところでしょう。弁護士と結婚する方法をご紹介します。

大学時代の友人

大学時代は弁護士になるために忙しい日々を送っています。まだ結婚することは考えられないでしょう。結婚するのは弁護士になって落ち着いてからでも良いと思うのです。

しかし、弁護士となりいざ働いてみると、仕事が忙しすぎて、結婚相手を探す暇がなくなります。そのため、大学時代のサークルの友人、学部の友達が結婚相手になることも多々あります。

大学時代からの友人なら、お互いのことをよく理解していて、一緒にいても安心できる存在です。結婚相手を探す暇がないのなら、手っ取り早いのが友人なのです。

友人から恋愛関係に発展することはなかなか難しいかもしれませんが、何かのきっかけがあれば、恋愛・結婚とスムーズに進んでいくでしょう。

マッチングアプリ

今やオンライン上で出会いを見つけることも自然になってきています。マッチングアプリには、結婚相手が欲しい人同士がマッチングするための「婚活マッチングアプリ」が存在します。

婚活マッチングアプリでは、本当に結婚したい人だけが登録しています。さらには男女ともに料金発生、独身や年収の証明書の提出を求められたりと、安全性が徹底されています。

ですから安全に結婚相手を見つけることができるでしょう。探す前に自分の趣味を入力することができ、出会う前に自分に適した女性を探すことができます。

出会いを求めるには、積極的に出歩いて見つけなくてはいけないことも多いですが、マッチングアプリを利用することで、日々の忙しい業務の合間を縫って探すことができるのです。

結婚相談所

アプリを使うのは少し抵抗があるという人の中には、昔ながらの結婚相談所を使う人もいます。結婚相談所は敷居が高いですが、安全に結婚相手を探すことができます。

オフラインで探すことができるので、結婚相手に対するミスマッチや不安感も拭うことができるでしょう。

街コン・合コン・パーティーでも出会いを見つけることはできますが、いきなり結婚相手を見つけるというのは難しいです。

街コン・合コン・パーティーの場合は、友人を見つける目的、恋人を見つける目的に分かれます。結婚を前提に考えている場合は、結婚相談所で真剣に見つけた方が時間の削減にもつながるのです。

弁護士と結婚する妻まとめ

弁護士と結婚する妻まとめ
  • すれ違いの生活が生まれることもある
  • 比較的裕福な暮らしができる
  • 自分を磨いて選ばれる女性になること
  • 積極的に出会いの場所へ出向く

弁護士という職業は、日々忙しく、苦労も絶えません。出会いを見つけている暇もないため、結婚相手には身近にいる女性、あるいは弁護士同様ステータスの高い職業同士で結婚するケースが多くなっています。

弁護士の嫁になりたいと思っているなら、自分を磨くことはもちろんのこと、弁護士にふさわしい女性になることが大切です。弁護士の嫁になって、幸せな結婚生活を手に入れましょう!

あわせて読みたい
人気記事