社労士
FP
中小企業診断士
宅建士
行政書士
司法書士
税理士
公務員
簿記
マン管・管業
医療事務
司法試験
注目の資格
  1. 司法試験
  2. 彼女が弁護士だとどうなる?悩みや女性弁護士と付き合うための条件まで徹底解説!

彼女が弁護士だとどうなる?悩みや女性弁護士と付き合うための条件まで徹底解説!

更新日時 2020/03/17

「弁護士の彼女が欲しいなぁ・・・」

「弁護士の子と付き合うことになったけど、どんな特徴があるんだろう?」

弁護士と聞くと高学歴・高収入のハイキャリアなイメージを持たれる方が多いです。そんな弁護士を彼女にできたら、みんなに自慢できるのではないでしょうか。

この記事では、弁護士女性の特徴、彼女にするメリット・デメリット、出会い方について解説していきます。

弁護士の女性についてざっくり説明すると
  • 堅実で真面目な人が多い
  • 法律や一般知識が豊富
  • 経済的に自立している

彼女が弁護士だとどうなるの?

彼女

実際のところ女性弁護士ってどのくらいいるの?

日本弁護士連合会の公表資料によると、2019年の弁護士数41,118人の中で女性は7,717人と報告されています。

割合にすると全弁護士における女性の占める割合は、18.8%となっております。かなり少ないと言う印象を受けるのではないでしょうか。

人数が少ないため、一般には知られていることのない「女性弁護士」の魅力ですが、以下のトピックでは資格Timesが知られざる「女性弁護士」の素敵なポイントを徹底紹介していきます。

弁護士は恋人として人気の職業?

彼女2 法治国家である我が国において、弁護士を知らない人はいません。テレビドラマの影響で刑事事件の弁護人をする仕事と思われがちですが、社会における様々なトラブルを解決に導く仕事もしています。

高学歴・高収入で仕事がバリバリできるというイメージがあり、世間一般からしても憧れの大きな職業です。

弁護士の人気の理由とその魅力

ハイキャリアを求める女性にとって、弁護士は相性が良く人気の高い職業です。

働き方のバランス次第では、子育てを両立できることも女性人気の理由の一つとなっています。ここでは、彼女が弁護士の魅力を解説していきます。

堅実で真面目

弁護士はちょっとやそっとでなれる職業ではありません。長い期間勉強を続けて司法試験を合格しなければいけません。毎日コツコツと努力を積み重ねてきた人だけがなれる職業です。

そういう過程があるため、弁護士の女性は自ずと堅実で真面目な性格の人が多いです。

知識豊富で話がおもしろい

弁護士は様々な法律についての知識を兼ね備えています。普段の生活の中で感じる法律に関する出来事について即時に判断してもらえるので、とても心強い存在になるでしょう。

また法律についてだけではなく一般知識も豊富なので、話が途切れることもありません。

経済的に守ってくれる

弁護士は専門性の高い職業になりますので、給料面においても一般の女性社会人に比べて多く稼いでいます。将来結婚して家庭を築いていくこともイメージしやすいでしょう。

また、弁護士は独立して事務所を持っている方が多いためもし自分がクビになったとしても事務所で事務員として雇ってもらうことができるでしょう。

弁護士を彼女にするデメリット

悩み ハイスペックでいいことずくめの弁護士ですが、一方で弁護士を彼女にするデメリットというのも存在します。

忙しくてあまり会えない

弁護士はハイキャリアを目指すために就いているという方が多いため、プライベートよりも仕事を優先するという人も少なくありません。案件が重なってしまうと、連絡すら取れなくなってしまうかもしれません。

そんな状況の中でしつこく彼女に迫っていったとしても、返って重荷に感じられてしまい最悪は別れを告げられる可能性があります。

忙しい彼女の支えになってあげるためにはどうしたらいいのかを考え続ける必要があります。

プライドが高い人が多い

弁護士は職業上プライドを持って働いている方が多いです。

そういった彼女の仕事ぶりに対して否定するような行動をとっては必ず衝突してしまいます。仕事ぶり優しく支持してあげることで、彼女も気持ちよく仕事に打ち込むことができるでしょう。

また、私生活においても同様の傾向になりがちです。彼女のプライドを傷つけないような配慮をしてあげましょう。彼女の好みや価値観を理解して合わせていく必要があります。

喧嘩になった時に大変

付き合うことになれば当然喧嘩するようなシーンも出てくるでしょうが、あなたが論争する相手は弁護士です。

あらゆる出来事に対して論理的に意見をぶつけてきますので、よほど相手に落ち度が無い限りこちら側が白旗を降ることになるでしょう。

日々清廉潔白に過ごすことと彼女の性格を理解して行動することが重要です。なにせ相手は弁術のプロですので喧嘩に負けないためには、喧嘩を起こさない方法を考えた方が効率的です。

感情的に動かないこと

弁護士という仕事柄、常に論理的に物事を考えています。感情で発言したり行動したりするようなことはありません。そういう相手に感情で動いたとしてもあっさりと否定されてしまうことになります。

対策としてはこちらも論理的に行動する癖をつけていく必要があります。

日々の行動に裏付けを持つことを意識していくと行動に一貫性が出てきますので、発言する際にも説得力が生まれてきます。彼女の行動パターンを先読みすることも重要です。

弁護士と付き合うためには

交際 弁護士というハイキャリアな女性と付き合うためにはどうすればいいのでしょうか。

当然ですが相手からも魅力に思ってもらわなければ付き合うことなんかできません。弁護士と付き合うためのポイントについて解説していきます。

知性と品格を持つこと

相手は弁護士です。難関試験に合格できる知性の持ち主ですので、当然あなた自身も彼女と釣り合えるだけの知性を兼ね備える必要があります。

知性や価値観が違うと、普段の会話や興味の部分においてお互いに噛み合いません。それはやがて摩擦やすれ違いを生む原因となります。

お互いに共有できる価値観のあるものを用意するか、彼女が持ちあわせていない知識に特化して補い合うといった対策が必要です。

多忙であることを理解

弁護士という仕事柄、案件が重なってしまうと休み無しで働かなくてはならない時期も出てきます。

当然デートや二人の時間が減ることになるので、彼女との距離を遠く感じてしまうことがあるかもしれません。

職業柄そういうことがあることを理解してお付き合いする必要があることを自覚しておきましょう。彼女に依存し過ぎないよう自分の中でも集中できるような趣味や仕事を準備しておくといいでしょう。

彼女と同等のスペックを持つこと

弁護士は世間一般から見てもハイスペックな職業です。彼女の家族や友達関係、生活スタイルや価値観においても相応なレベルで関係性を構築しています。

そんな中であなたと彼女の能力やキャリアに大きな差があるとなると、人によっては良くない反応を示すこともあります。

当人同士は良いと感じていても、周囲の見えない圧力やプレッシャーにストレスを感じるケースも出てくるでしょう。

彼女に見合うキャリア・スペックを兼ね備えていれば、周囲の反応も気にする必要がありません。

あわせて読みたい

弁護士彼女と出会う方法

出会い 弁護士の女性とはどういった場所で知り合うことができるのでしょうか。下記を参考に検討してみてください。

職場恋愛

同じ職場で働いていることをきっかけに恋愛へ発展するケースは多いです。特に弁護士はプライベートにあまり時間を避けられないため、ほとんどを職場で過ごすことになります。

仕事の悩みや価値観、生活スタイルも同じですので、一緒に仕事をしていく間に好意が生まれることは自然の流れであると言えます。

弁護士の彼女が欲しいのであれば、自分も弁護士になるのが近道なのかもしれません。

大学・サークルでの出会い

弁護士として働くとプライベートの時間が少なくなりますので、出会いの機会がありません。

新たな人間関係の構築ができないため、最終学歴で関係を築いたメンバーが最も濃厚な期間を過ごしていることになります。

そのため、学生時代の友人であったりサークル活動のメンバーと恋愛関係に発展することも少なくありません。

学生時代の人間関係を掘り返してみて弁護士女性と接触を図っていくと思わぬ発見があるかもしれません。

婚活サイト

職場や学生時代の友人関係にも素敵な人がいないと悩みを抱えている弁護士女性は、婚活サイトに登録して結婚相手を探す人もいます。

婚活サイトではプロフィールに希望条件を提示することができますので、価値観の合う人とマッチングしやすいというメリットがあります。

同等のキャリア・価値観を兼ね備えた人を結婚相手に求める人がほとんどですので、自分もハイキャリアであることをPRしていく必要があります。

合コン・街コンサービス

婚活サイトには頼らずに自分から彼氏を見つけたいと考えている人は、友人や知り合いの伝手で合コンに参加したり、街コンを利用して彼氏を探す人もいます。

街コンは職業や趣味などいろんな属性に焦点を当てた企画で開催されています。

弁護士女性が参加しそうな企画を探して参加してみるといいでしょう。合コン・街コンでの出会いを生かして次の出会いに繋げるといった方法もあります。

弁護士の彼女に見合う男になろう!

弁護士の彼氏になるには・・・
  • 弁護士は多忙なので仕事への理解が必要
  • 弁護士と同等のキャリア・能力を兼ね備えること
  • 職場や学生時代の友人、婚活サービスを活用しよう

弁護士に限ったことではありませんが、彼女の理解が最も重要になります。彼女から頼られる男性になるために、自分のキャリア・能力を磨いておくことも重要です。

あわせて読みたい
人気記事