ビジネスマネジャー検定ってどんな資格?合格率推移や・難易度・評判まで全て解説!

更新日時 2020/05/22

「ビジネスマネジャー検定ってどんな資格なのか?」

このように疑問に感じた人もいるのではないでしょうか。

ビジネスマネジャー検定に興味を持った人は、合格率・難易度がどれくらいなのか知りたいですね。

この記事では、ビジネスマネジャー検定はどんな資格なのか、合格率・難易度・評判まで解説していきます。

ビジネスマネジャー検定についてざっくり説明すると

  • ビジネスマネジャー検定は、あらゆるマネジャーに共通する
  • 2015年に始まった新しい検定
  • 難易度は高くはないが、年々難しくなっている

ビジネスマネジャー検定ってどんな資格?

内容を確認

あなたが興味を持ったビジネスマネジャー検定は、2015年から始まった新しい検定です。あらゆるマネジャーに適応している検定ですが、どのような資格なのか気になるでしょう。

ここではビジネスマネジャー検定について、詳しく説明していきましょう。ビジネスマネジャー検定を受けるか迷っている人も、きっと前向きな考えになるはずです。

自らのスキルアップにも繋がるため、受験する価値は十分にあります。今後の人生に役に立つ知識を得て、自分の目指す道を歩んでいきましょう。

ビジネスマネジャー検定とは

ビジネスマネジャー検定はあらゆるマネジャーが共通しており、身につけておくべき必要な基礎知識を習得が出来る資格です。また、効率的にマネジャーの基礎知識を学べる事を目的としています。

2015年から始まったビジネスマネジャー検定は、東京商工会議所の主催で他にも日商簿記検定やビジネス実務法務検定試験を開催しています。

ビジネスマネジャー検定の難易度

どうなのか調べる

上記でビジネスマネジャー検定がどのような資格なのか、解説しました。あらゆるマネジャーに共通する基礎知識を得るため、スキルアップに繋がります。

周囲からの評価・評判も上がるため、積極的に資格を取得しても良いでしょう。

ただ、合格率・難易度がどれくらいになっているのか知りたいですね。自分が受ける試験の詳しい情報を把握した上で、試験勉強に取り組みたいはずです。気持ちの準備もしっかりとする必要があります。

ここではビジネスマネジャー検定の難易度・合格率に加えて、試験範囲・出題形式について紹介していきます。試験範囲・出題形式が分かる事で試験勉強もしやすくなるでしょう。

ビジネスマネジャー検定の試験範囲と出題形式

まず、ビジネスマネジャー検定の試験はマークシート方式です。選択問題になっており、試験時間は2時間と決まっています。

試験の範囲は基本的に公式テキストから出題されます。また、時事問題など身近な事も出題される可能性もあるのです。

ここからは、ビジネスマネジャー検定の試験範囲を紹介します。

試験範囲は「マネジャーの役割と心構え」・「人と組織のマネジメント」・「業務のマネジメント」・「リスクのマネジメント」の4つがあります。

1つ目の「マネジャーの役割と心構え」は、マネジャーが直面するビジネス環境・マネジャーに求められるミッションと5つの役割・マネジャーの資質・マネジャーの心得を学ぶ事が出来ます。

2つ目の「人と組織のマネジメント」は、マネジャー自身のマネジメント・コミュニケーションの重要性・部下のマネジメントを勉強していきます。

また、上司や外部とのコミュニケーション・人材の育成と人事考課・チームのマネジメントと企業組織論について、学んでいくのです。

3つ目は「業務のマネジメント」で、 経営計画・事業計画の策定・マネジャーに求められる業務のマネジメント・成果の検証と問題発見およびその解決を身に付けていきます。ここでは、経営に関わる基礎知識を習得するのです。

4つ目は「リスクのマネジメント」で、 リスクマネジメントの基本的な考え方と実践を学びます。

職場におけるリスクマネジメント・業務に関わるリスクマネジメント・組織に関わるリスクマネジメント・事故・災害時に関わるリスクマネジメントなど、リスクに関する事を学びます。

この4つの試験範囲を学ぶ事は、ビジネスマネジャー検定試験の合格後も役に立つため、価値のある資格でしょう。

ビジネスマネジャー検定の合格率推移、合格ライン

ビジネスマネジャー検定試験の合格ラインは、100点満点中70点以上です。全体の7割を正解する事が出来れば、合格です。また、ビジネスマネジャー検定の合格率は、平均50%~60%を推移しています。

年度 受験者 合格者 合格率
2019年 10,777人 5,896人 54.7%
2018年 12,814人 7,387人 57.6%
2017年 10,652人 5,845人 54.9%
2016年 10,380人 4,685人 45.1%

更にビジネスマネジャー検定試験の難易度についてですが、2015年に出来た資格なので断言するための情報は少ない状況になっています。

現時点では、比較的簡単な試験になっているものの、今後は年々と難易度が上がるでしょう。今後、試験の評価・評判が少しずつ分かってくるはずです。

ビジネスマネジャー検定を取ることをおすすめする人

この資格の習得をする人は、どのような人に向いているのでしょうか。おすすめの人について、紹介していきます。

まずは、管理職の昇進試験において、ビジネスマネージャーの取得が必須である人が該当するでしょう。管理職の立場には、ビジネスマネジャーの知識は大事になります。

他にも、マネジメント能力を磨きたい人や組織やプロジェクトのリーダーポジションを務める人にはおすすめです。多くの人と関わり、的確な指示や綿密な計画を立てるのに必要になります。

ビジネスマネジャー検定の勉強法

勉強の方法

ここまで、ビジネスマネジャー検定の概要や試験内容・難易度について紹介してきました。2015年に出来たばかりの試験のため、ハッキリとした難易度は定かではありません。

しかし、ビジネスマネジャー検定試験を通して、様々なマネジャーに求められる知識を得る事が出来ますね。次に、試験に向けて対策をしていきましょう。試験勉強の方法や独学が可能なのか、1つずつ説明していきましょう。

特に社会人は時間が限られているため、効率的な勉強方法を知りたいはずです。勉強を積み重ねて、ビジネスマネジャー検定の試験に合格しましょう。

ビジネスマネジャー検定の勉強法は?独学は可能?

主な勉強方法は、公式テキストとサンプル問題を繰り返して解く事です。試験問題は公式テキストから出題されるようです。公式テキストを何度も解ければ、合格基準の7割の得点は取れるでしょう。

特に重点的に勉強する項目は、「人と組織のマネジメント」と「業務のマネジメント」です。

しっかりと要点を抑えて、勉強しましょう。勉強時間の目安としては、2週間くらいになります。自信がない人は1ヵ月ぐらいの期間を確保するのが、良いです。

また、時事問題・計算問題や新聞・ニュースなどのリサーチ力が試されます。日頃から情報をチェックして、知識を仕入れておきましょう。しっかりと勉強や情報収集を行えば、独学も可能です。

おすすめテキスト・問題集

これから試験勉強を独学で進めていく上で、おすすめの問題集を紹介します。宜しければ、参考にして見て下さい。

おすすめのテキストは「ビジネスマネジャー検定試験®公式テキスト 3rd edition ~管理職のための基礎知識~」です。

出版社は株式会社中央経済社で、価格は2800円(税別)になっています。この1冊で管理職に求められる知識を学ぶ事が出来ます。

続いて、おすすめの問題集は「ビジネスマネジャー検定試験®公式問題集 2020年版」です。出版社は中央経済社で、価格は2200円(税別)です。

試験に類似した問題を解く事が出来るでしょう。

過去問は存在する

上記でおすすめのテキスト問題集を紹介しましたが、もう1冊おすすめがあります。

ビジネスマネジャー検定は過去問があり、「ビジネスマネジャー検定試験完全対策 過去&模擬問題集日本能率協会マネジメントセンター(定価:2200円)」を解いてみると良いです。※上記は税込価格になっています。

更に、ビジネスマネジャー検定の公式ホームページには模擬問題が掲載されています。独学で勉強を進めるには、これだけのテキストと問題集が揃えば安心でしょう。

通信講座もある

試験勉強をする方法には、ビジネスマネジャーの公式が行っている公式の通信講座があります。対象となるのは、管理職・中堅・若手社員の方が対象です。

教材は、改訂オリジナルテキスト3冊・練習問題集・出題分布表・財務諸表問題解法・過去問題直近3回(解説付き)・添削課題3回・コンピュータ添削型と内容は濃くなっています。

通信講座の標準学習期間は3ヶ月(6ヶ月まで添削してくれる)です。

受講料は26500円で、BasicTestが付いてきます。ちなみにBasicTestがない場合、23100円と少し値段が安くなるのです。通信講座では練習問題などもあり、試験対策は整っています。

ビジネスマネジャー検定の勉強をするメリット

メリットを調べる

上記では、試験勉強の方法について詳しく解説してきました。ビジネスマネジャー検定に向けて、段取りが分かったでしょう。ここまで読み進めた人は、試験勉強する直前になっているはずです。

試験勉強を進めていく前に、ビジネスマネージャー検定の勉強をするメリットを紹介してきましょう。やみくもに試験勉強をするよりも、明確なメリットを知る方が良いです。

受験者には様々な立場の人がいるはずですが、それぞれのメリットを知る事で勉強意欲が高まるでしょう。ビジネスマネジャー検定試験に合格した後の人生に、是非とも活かしましょう。

ビジネスマネジャー検定を取ることで昇進に繋がる

試験に合格する事のメリットの1つとして、マネジメント能力を評価する試験のため、昇進に繋がります。また、転職の時に履歴書に書けてアピールポイントとして役に立つでしょう。

社内では昇進、就職活動では採用に繋がるアピールポイントと良い影響を与えるはずです。自らにスキルアップのためにも、資格取得を目指してみましょう。

マネジメントスキルに価値がある

マネジメント能力を評価する試験のビジネスマネジャー検定は、マネジメントやリーダーとしての素質が身に付きます。改めて、マネジメント能力を身に付けたい人にはおすすめです。

また、業種問わずプロジェクトを率いる立場の人には役に立ち、とても価値がある資格です。様々な立場でマネジメントスキルは価値があるので、積極的に勉強して自らの能力を高めましょう。

ビジネスマネジャー検定の試験日程・会場・申し込み方法

詳細を確認

ここまで読み進めた人は、ビジネスマネジャー検定試験を受けるため勉強に取り掛かろうとしている人も多いでしょう。自分の生活スタイルに合った計画を立てやすくなったはずです。

上記には、試験勉強で用意するテキストや問題集をいくつか紹介しました。続いて、試験の日程についても気になってきますね。試験の日程・会場・申し込み方法など項目ごとに解説していきましょう。

試験勉強をする事も大事ですが、試験を受けるための準備も忘れてはいけません。ビジネスマネジャー検定試験の基本情報を理解して、ゆとりを持って申し込みを行いましょう。

ビジネスマネジャー検定の基本情報

年に2回、ビジネスマネジャー検定は実施されております。試験の時期については、8月上旬・11月下旬頃です。

ビジネスマネジャー検定試験の実施会場は、全国で124都市で行われています。

申し込み期間は、試験の約2ヶ月前から始まって約1ヵ月間ほどあります。

受験後の合格発表は3週間後なので、忘れないようにしましょう。

ビジネスマネジャー検定に受験資格・受験料は

次にビジネスマネジャー検定の受験資格は、制限がなく誰でも受験可能になっています。他の資格によっては受験資格が設定されておりますが、ビジネスマネジャー検定はないため、積極的に受験が出来ます。

ビジネスマネジャー検定の受験料は、6600円(税込)です。本格的に受験を検討している場合は、早めに準備を進めていきましょう。

ビジネスマネジャー検定の試験後の流れ

流れを把握

試験を終わった後、結果や詳細な成績が知りたくなりますね。成績については、インターネット上で期間内に確認する事が可能です。成績表は合否だけではなく、項目ごとの得点・平均点・模範解答なども把握が出来ます。

受験後に自らがどれぐらいの知識を得ているのか、確認する事は大事です。合否に関わらず、自らに足りない分野は改めて勉強する事をおすすめします。スキルアップのために着実に身に付けていきましょう。

また、試験の合格者は合格証が普通郵便で送られてきます。ようやく手元に合格を証明するものが届けば、実感出来るでしょう。発送日に合格証が届くのが待ち遠しいですね。

ビジネスマネジャー検定と合わせて取りたいおすすめ資格

何か組み合わせる

自らのスキルアップのためにも重要なビジネスマネジャー検定は、誰にでも挑戦が出来る資格です。社内での昇進に役に立ち、就職活動の際にもアピールポイントになります。

ここでは、ビジネスマネジャー検定と合わせて取っておきたい資格について、紹介していきましょう。ビジネスマネジャー検定の資格は単独でも活かす事は可能ですが、他の資格と合わせるとより良い効果を生みます。

下記にいくつかの資格を挙げてみますので、参考にして見て下さい。自分に合った資格が見つかるはずです。複数の資格を得た事で、自らのスキルも大幅にアップするでしょう。

ビジネスコンプライアンス検定

ビジネスコンプライアンス検定は、コンプライアンスを担当する人に必要な資格です。この検定は、コンプライアンス能力を判定する試験になっています。主催は、サーティファイ コンプライアンス検定委員会です。

合格率は約60%となっており、難易度はそこまで難しくないようです。試験には初級と上級があり勉強をコツコツと積み重ねていけば、合格出来る資格になっています。

ビジネスマネジャー検定と組み合わせれば、現代社会に求められているコンプライアンスに沿った仕事が出来るでしょう。会社にとって、コンプライアンスはとても重要で知識を持った人が求められています。

より効率的で安全な業務をする事が可能になります。リスクを抑えて、安全で安心出来る仕事を行っていきましょう。

ビジネス実務法務検定

次に紹介するビジネス実務本務検定は東京商工会議所が主催しています。ビジネス実務法務検定は法務に関する部門だけではなく、営業・販売・総務・人事などの幅広い職種で必要となる法律の知識を身に付ける資格です。

正しい知識を持って判断すれば、必然的にトラブルを防ぐ事が可能になっています。会社のリスクのみならず、自らのリスクも防げるため取得しておいて良い資格です。

ビジネス実務法務検定試験は3級から1級まであり、3級の合格率が約80%です。試験の難易度は級によって変わってきますが、3級は比較的簡単な資格になっています。

ただし、2級・1級は順に難易度が上がるため、ある程度の勉強が必要になるでしょう。ビジネスマネジャー検定と一緒に取得していれば、リスクの回避が出来ますね。

経営学検定試験(マネジメント検定)

最後に紹介する経営学検定試験(マネジメント検定)は、経営に関する基礎的・専門的な知識や応用能力を身に付ける資格です。応用能力には経営管理能力や問題解決能力があり、一定の水準を満たさなければ合格は出来ないでしょう。

経営学検定試験(マネジメント検定)は日本経営協会が主催しており社会人のみならず、学生も対象で経営に関する一定の水準の学習を目的としています。

経営に関する知識を身に付けよう考えている人にとっては、取得しておくべきでしょう。

試験の級は初級・中級・上級の3つに分かれており、レベルに合わせて受験が可能です。

合格率は初級が40~50%を推移して、年度によって大きく差があります。難易度は比較的簡単な方ですが、しっかりと勉強を積まなければ、合格は厳しいです。

ビジネスマネジャー検定についてまとめ

ビジネスマネジャー検定についてまとめ

  • 合格率が平均50~60%
  • 独学で取得可能な資格
  • 他の資格と組み合わせると良い

ビジネスマネジャー検定とは、どのような資格なのか解説してきました。

試験に合格すれば、自らのスキルアップを証明する事が出来ます。

あらゆるマネジャーに共通する基礎知識を得るために、積極的に試験を受けてみても良いでしょう。