電験三種合格に必要な勉強時間は?科目ごとの勉強方法や独学合格は可能かも解説!

更新日時 2021/01/14

「電験三種合格に必要な勉強時間はどれくらい?」

「また、科目ごとの勉強方法・独学合格は可能なのか?」

このような疑問を感じている方もいるはずです。

電験三種に合格するためにはどれくらいの勉強時間が掛かるのか、気になるでしょう

ここでは、電験三種合格に必要な勉強時間について、詳しく解説してきます。

この記事を読み終わった頃には、電験三種の合格に向けて勉強を始めているでしょう。

電験三種合格に必要な勉強時間は?科目ごとの勉強方法や独学合格は可能かも解説!

電験三種の勉強時間についてざっくり説明すると

  • 電験三種の試験に合格するために必要な勉強時間は約1000時間
  • 電験三種の試験科目は「理論」・「電力」・「機械」・「法規」の4つ
  • 独学で合格は可能でも、相当難しい
目次
  • 電験三種合格に必要な勉強時間

  • 電験三種の独学は可能?

  • 電験三種の試験勉強で苦労する点は?

  • 電験三種合格のための科目毎の学習法

  • 電験三種の合格に有効な勉強方法

  • 電験三種の勉強時間についてまとめ

電験三種合格に必要な勉強時間

電験三種の勉強時間表

電気主任技術者の三種の試験に合格するために必要な勉強時間は、約1000時間と言われています。ただ、この勉強時間は目安になり、初心者・理系の大学卒業者など受験する方の立場によって、大きく差が生じるでしょう。

電験三種の試験内容としては、化学・物理など科目が出題されるため、理系の出身者・理系科目が得意な方が勉強を進めやすくなっています。受験する方が理系・文系なのか、試験勉強する内容・時間が変わってくるでしょう。

ここでは、電験三種の試験に必要な勉強時間について、詳しく説明していきましょう。

1000時間の学習が必要

電験三種の試験を1年ではなく、数年かけて1科目ずつ合格を目指して資格を習得を計画した場合は、総勉強時間が1000時間と言われています。例えば、毎日3時間ずつ勉強を続けたとして、約11カ月かかるようになっています。

もし、社会人・忙しい方が資格の取得を目指す場合は、しっかりとした勉強計画を立てて効率的な勉強をする必要があるでしょう。短期間で合格することは難しく、長期的な勉強計画を立てると良いです。

目安となる勉強期間は約3年

電験三種の試験に合格して資格の取得を目指す方法として、数年かけて1科目ずつ合格をしていくことが良いでしょう。試験科目は4つに分かれており、それぞれの科目に免除期間があります。

免除期間は翌年・翌々年の試験までとなっているため、1回の試験で1・2科目の合格を目指すようになるでしょう。このことから、目安の期間として3年かけて資格の取得することがおすすめです

初心者はより長い勉強時間が必要

電験三種の試験を受けようと考えている方の中には、「電気工事士などの資格を持って実務経験を積んでいる方」・「電気・物理を学んでいる理系出身者」など、知識・経験を積んでいる方がいます。

そのため、電験三種の初学者の場合、目安の勉強時間よりも長めの時間を設定すると良いです。初学者は、約1500時間の勉強時間が必要となるでしょう。

勉強時間の目安をまとめると

以下が電験三種の試験勉強を始める際の学力に応じた勉強期間になります。

試験勉強を始める際の学力 電験三種合格に必要な勉強時間
電気・数学に関する知識がない方 1000~1200時間
高校で電気について学んだことがある方・電気以外を学んでいた方 700~900時間
大学で電気を専攻した方・現在電気設備に関する仕事をしている方 400~600時間

受験者で文系出身の初心者は、勉強時間が1000時間以上が必要となります。また理系出身者の方は、文系出身者の方よりも勉強時間が短いです。

しかし、高校・大学・社会人で学んでいた科目・経験している職種によって、勉強時間に差が生じてくるでしょう。文系出身者で知識・経験が無い方は、相当な時間・量の勉強をして攻略しなければ、合格できません。

合格に向けての心持ち

受験者が試験の合格に向けて、大事なことは油断しないことです。試験の合格に必要な勉強時間から長くなっており、しっかりとした試験対策も必要です。そのため、少しでも油断してしまうと合格できずに後悔するでしょう。

試験の合格を目指す方は、ただの資格だと考えないようにしましょう。過去に受験した高校受験・大学受験の際の一生懸命な気持ちを思い出すと良いです。必ず試験に合格するという強い気持ちを持つようにしましょう。

電験三種の独学は可能?

独学は可能か?

受験者の中には、電験三種の試験合格を独学で目指す方もいるでしょう。電験三種は、独学で合格をすることは可能になっております。勉強方法としては、通信講座など利用すれば効率的な学習ができるできるでしょう。

ここからは電験三種の独学について、紹介していきます。

電験三種を独学で合格するのはかなりの難易度

電験三種の試験勉強をする際、長期的な期間の勉強期間が必要となります。この試験は過去問からの出題が少なくなっており、電験三種の本質的な理解をしなければ合格できません。

試験内容の専門性が高く試験の範囲も広くなっております。独学で試験に合格することは可能ですが、かなり難しいでしょう。人によっては、勉強方法が独学だけの場合もあるでしょう。

独学で試験の合格を目指す方は、途中で投げ出さずに最後までやり遂げる強い意志が持って攻略しましょう。

電験三種の独学合格が難しいわけ

電験三種の試験を独学で合格することは、かなり難しくなっています。試験を攻略するためには専門用語な用語が多く、本質を理解する必要があるため、勉強が不十分な場合が多くなっているのです。

また、電験三種の試験の合格率は9.3%(令和元年度)と低くなっています。合格率が1桁となっており難易度も高く、合格することは簡単ではありません。

更に各科目ごとに合格基準があり、一定の点数を取らなければ合格できないのです。

電験三種の試験勉強で苦労する点は?

勉強で苦労する点。

続いて、電験三種の試験に合格するために勉強する上で苦労する点を紹介していきましょう。試験内容は専門性が高く、試験範囲が広くなっているので攻略することは簡単ではありません。

モチベーションの維持

この試験に合格するために必要な勉強時間としては、1000時間だと言われています。勉強時間が1000時間と勉強する期間が長くなるため、高いモチベーションを持ち続ける必要があるでしょう

高校・大学受験などの受験勉強と同じく、テレビ・ゲームなどの誘惑に負けないようにしければいけません。

ただ、適度なリフレッシュ・休憩を取るために活用することは良いことです。試験に合格するためには、勉強を毎日継続していきましょう。

暗記が多めの試験内容

電験三種の試験に合格するためには「専門用語」・「知識」など暗記する必要があります

また、計算問題もできるようにならなければいけません。問題が解けるようになるためにはやることが多く、途中で諦めてしまう人が多くいます。

受験者の中には年配の方もおり、多くの知識・用語を暗記することが大変だと感じているようです。記憶力が必要となるため、できるだけ若いうちに受験した方が良いでしょう。

試験の応用問題が難しい

電験三種のテキストの内容から、しっかりと理解しておくことが必要です。本試験の際に応用問題が出題された場合に問題が解けない可能性があります。そのため、過去問を解いて基礎となる部分を理解するべきです。

過去問を解く際にテキストの内容をしっかりと理解できていれば、問題を解くことができるでしょう。基礎的な部分を理解しておくことで、応用の問題が出題されても動揺せずに落ち着いて答えを導けるでしょう。

学習スケジュール通りの勉強ができないことも

独学で勉強をしていく方はしっかりとした勉強スケジュールを立てることが大事です。また、試験当日まで勉強を継続していきながら、高いモチベーションを持ち続けましょう。

ただ、独学で勉強する方にとって、計画通りに勉強を続けていくことが相当大変なことだと言えます。そのため、具体的な計画を立てずに勉強を進めてしまい、準備不足のまま試験日を迎える方も少なくないのです。

電験三種合格のための科目毎の学習法

学習方法とは何か?

次に電験三種の試験に合格するための各科目の学習法について、見ていきましょう。電験三種の試験科目は「理論」・「電力」・「機械」・「法規」の4つです

試験内容の各科目ごとの学習法を知り、効率的な方法を学んで攻略していきましょう。

「理論」の勉強法

まず、「理論」の科目は他の科目と共通する部分が多くなっています。更に電験三種の試験の土台となる基礎科目であるため、しっかりと勉強する科目だと言えるでしょう。

また、試験範囲が広くなっており多くの公式も覚える必要があり、難易度が高くなっています。「理論」の中でも、「直流回路」・「交流回路」・「電磁力」・「静電気」の基礎的な知識を身に付けるようにしましょう。

更に計算問題が全体の約8割を占めており、基礎知識だけではなく問題を解いて応用力も養っていきましょう。

「電力」の勉強法

「電力」の問題では、「発電に関する問題」・「送電」・「配電に関する問題」がメインに出題されます。この3つを勉強しておくことで、「電力」の科目を合格に近付けるでしょう。基礎的な知識を身に付けるようにしましょう。

この科目は実務経験のある方なら非常に勉強しやすいでしょう。初心者の方はそれぞれの仕組み・設備の違いを学んで、しっかりと理解しましょう。

日頃、電力について詳しく勉強することがないため、それぞれの知識をしっかりと覚えましょう。

「機械」の勉強法

「機械」の科目は出題の範囲が広く覚えることも多くなっています。また、実務で使われることも多く出題されるため、勉強しやすい科目でしょう。この科目は出題の範囲が広く、勉強する前から苦手意識を持つ可能性があります。

しかし、勉強しやすい科目になっているので、1つずつ覚えていくようにしましょう。1つずつ理解できるようになれば、覚えることが楽しくなっていくはずです。

この科目では様々な機械について出題されますが、「直流機」・「変圧機」・「誘導機」・「同期機」の4つの機会は必ず覚えておきましょう。4つの機械は重要になるため、混同しないようにそれぞれを学ぶようにしましょう。

「法規」の勉強法

「法規」の科目は、「電気事業法」・「電気工事法」などの法律を学びます。更に「電気設備の設置基準」・「電気施設管理」などの知識も覚える必要があるため、暗記を行っていきましょう。

最初は、覚える内容が複雑で混同してしまう可能性があります。ただ、1つずつ確実に暗記して、違い・意味をしっかりと理解しましょう。

また、この科目では「計算問題」・「正誤判定問題」・「穴埋め問題」などが出題されます。暗記をしていくことは大事になり、勉強が偏らないようにバランス良くしましょう。

電験三種の合格に有効な勉強方法

有効な勉強方法。

続いて、電験三種の合格に有効な勉強方法を紹介していきましょう。この試験に合格するためには、どのような勉強方法をすれば良いのか、解説していきます。

科目合格でコツコツ合格を目指そう

電験三種の試験には「科目別合格制度」というものがあります。4つの科目である「理論」・「電力」・「機械」・「法規」にはそれぞれに合格基準があり、基準をクリアしている場合は翌年・翌々年の試験免除が受けられます。

この試験は「試験全体の合格率」は低くなっていますが、「科目別の合格率」はそこまで低くありません。そのため、数年かけて科目ごとに合格をしていき3年を目標に資格の取得を目指すと良いです。

理論を最優先で取得しよう

試験では、4つの科目から問題が出題されます。それぞれの科目には共通する部分もあり、どの科目から試験勉強を進めていくのかで効率が変わってくるでしょう。

言い換えれば、勉強をする科目の順番が良ければ、勉強時間を短縮できます。

ちなみに「理論」で勉強する内容は、4科目の全ての基礎となる知識を学ぶのです。そのため、「理論」から勉強を始めることをおすすめします。

「法規」に関しては、暗記の科目になるので最後に勉強すると良いでしょう。勉強をする順番は「理論」・「電力」・「機械」・「法規」にすると良いです。

動画教材をフル活用しよう

電験三種の試験勉強を始める際には、参考書で「インプット」するようにしましょう。また、動画の教材なども使って「インプット」を行うと、より効率的が良い勉強をすることができます。

試験勉強をする際にはテキストだけではなく、講義などの動画を視聴するのも良いです。講義を視聴することで、知識が定着しやすくなります。

更に動画だけでなく、スマホを使って学習を進めていく方法も良いでしょう。

本番演習を取り入れよう

最初、問題を解こうとする際に気を付けることは、1問ずつに時間をかけても本質を理解するようことです。問題の本質を理解していないと、似たような問題が出題された際に解くことができないでしょう。

また、多くの問題を解いて慣れてきたら、本試験の時間を考慮して勉強を進めていくようにすると良いです。本試験で時間内に1問でも多く問題が解く必要があります。試験勉強の時から時間を意識していくようにしましょう。

過去問を正しく復習しよう

電験三種の試験は、過去問を解いただけでは合格できません。過去問を解くことで問題の本質を理解していきます。本試験には過去問が出題されませんが、しっかりと問題を解くことで応用力が身に付くでしょう

過去問を解く際は正答率にこだわる必要はありません。1問ずつ問題を解いていき、答えまでの解き方の過程を確認しながら勉強を進めていきましょう。

電験三種合格のための参考書・テキスト

電験三種の試験に合格できるのかは、テキスト・参考書選びが大きく影響されます。自らの合ったテキスト・参考書を選ぶことも大事になり、見やすくて分かりやすいものを選ぶようにしましょう。

ここでは、おすすめの電験三種のテキスト・参考書について紹介していきます。

どのようなテキスト・参考書があるのか、見ていきましょう。

みんなが欲しかったシリーズがおすすめ

以下が、電験三種のおすすめのテキスト・参考書になります。

  • みんなが欲しかった! 電験三種 理論の教科書&問題集
  • みんなが欲しかった! 電験三種 電力の教科書&問題集
  • みんなが欲しかった! 電験三種 法規の教科書&問題集
  • みんなが欲しかった! 電験三種 はじめの一歩
  • みんなが欲しかった! 電験三種 機械の教科書&問題集

「みんなが欲しかった! 電験三種 理論の教科書&問題集」・「みんなが欲しかった! 電験三種 電力の教科書&問題集」・「みんなが欲しかった! 電験三種 法規の教科書&問題集」は、分かりやすい教科書・問題集です。

また、「みんなが欲しかった! 電験三種 機械の教科書&問題集」も初学者・独学者に向けた教科書・問題集で、フルカラーで分かりやすい説明になっています

続いて、「みんなが欲しかった! 電験三種 はじめの一歩」は、文系出身者・初学者でも電験三種が合格できる易しい入門書です。

「みんなが欲しかった! シリーズ」でTACが出版されており、全ての対策が共通しています。そのため、試験勉強を効率良くすることができるのです。

過去問集は10年以上解こう

電験三種の試験科目の「理論」は過去問からの出題が少ないですが、繰り返して解いておく必要があります。

最後に「みんなが欲しかった! 電験三種の10年過去問題集 2020年度」を紹介していきます。

この特徴としては、10年分の本試験が収められており、丁寧で詳しい解説になっています。初学者でも分かりやすく、復習しやすいです。

通信講座なら効率よく勉強できる

電験三種試験の対策を効率よく行いたいなら、通信講座の使用をおすすめします。

特にユーキャンはその圧倒的な実績を電験三種講座にも生かして、クオリティの高い内容に仕上げていることから、対策の際には活用をおすすめします。

頻出分野に的を絞ったこだわりのテキストを中心に学習を進められるので、知識をもれなく身につけることができるのです。

対策をこれから行おうと考えている人は、ぜひユーキャンの講座受講を検討してみてください!

\おすすめNo.1講座はこちら!/

電験三種の勉強時間についてまとめ

電験三種の勉強時間についてまとめ

  • 電験三種の試験勉強はモチベーションが大事になる
  • 電験三種の試験には「科目別合格制度」がある
  • テキスト・参考書は「みんなが欲しかったシリーズ」がおすすめ

この記事では、電験三種合格に必要な勉強時間について、解説してきました。

また、電験三種の科目ごとの勉強方法・独学合格は可能なのかについても紹介してきました。

独学で合格することは可能になっており、積極的に試験に挑戦しましょう

日々継続して勉強を進めていくことは大変ですが、きっと良い結果が出るはずです。

人気記事
この記事に関連するタグ
資格Timesは資格総合サイト信頼度No.1