電験三種の合格率の推移は?実際の難易度から科目ごとの合格点まで詳しく解説!

更新日時 2020/09/14

「電験三種の合格率はどれくらい?」

「電験三種の試験の難易度はどうなっているのか?」

このような疑問を感じ方がいるでしょう。

電験三種の試験は合格率が低いと言われていますが、実際にはどれくらい難しいのか知りたいという方は多いです。

ここでは電験三種の試験の合格率だけでなく、実際の難易度や科目ごとの合格点まで解説していきます。

電験三種の合格率についてざっくり説明すると

  • 電験三種の合格率は約8%と低い
  • 科目合格制度があり、合格した科目は翌々年まで免除が可能
  • 数年かけてじっくりと合格を目指す方法もある

電験三種試験は合格率が低く難しい

数値が低いのか。

電験三種(第三電気主任技術者)の試験は、難易度が高いと言われていますが、実際の電験三種の試験はどの程度難しいのでしょうか。まずは過去の「全体の合格率」・「科目合格率」のデータを見ていきましょう。

電験三種の合格率は8%

以下が電験三種の年度ごとの「受験者数」・「合格率」・「科目合格率」の数値です。

年度 受験者数 合格率 科目合格率
令和元年度 41543人 9.3% 32.1%
平成30年度 42976人 9.1% 28.7%
平成29年度 45720人 8.0% 26.6%
平成28年度 46552人 8.5% 28.9%
平成27年度 45311人 7.7% 29.5%

受験者数は、年々減っている傾向になっています。試験の全体の合格率は約8%と、1桁台の数字です。電験の中では最も簡単と言われる三種の試験でも、このような低い数字となっています。

電験三種の各科目ごとの合格率

続いて、電験三種の年度ごとの「試験科目」・「受験者数」・「合格者数」・「合格率」を以下にまとめています。

年度 試験科目 受験者数 合格者数 合格率
令和元年度 理論 33939人 6239人 18.4%
電力 30920人 5646人 18.3%
機械 29975人 7989人 26.7%
法規 33079人 5858人 17.7%
平成30年度 理論 33749人 4998人 14.8%
電力 35351人 8876人 25.1%
機械 30656人 5991人 19.5%
法規 33594人 4495人 13.4%
平成29年度 理論 36608人 7085人 19.4%
電力 36721人 4987人 13.6%
機械 32850人 5354人 16.3%
法規 35825人 5798人 16.2%
平成28年度 理論 37622人 6956人 18.5%
電力 35352人 4381人 12.4%
機械 36612人 8898人 24.3%
法規 35198人 4985人 14.2%
平成27年度 理論 37007人 6707人 18.1%
電力 35260人 6873人 19.5%
機械 34126人 3653人 10.7%
法規 35047人 7006人 20.0%

科目別の合格率としては20%を超えることがあります。これは10人中2人が合格していることになります。このように一年に1つずつ科目の内容をしっかりと合格レベルまで勉強していけば、最終的に全科目を合格することが可能です。

他資格との合格率・難易度比較

電験三種の令和元年度の合格率は、「全体合格率9.3%」・「科目別合格率32%」となっています。科目別合格率に関しては、電気通信主任技術者・エネルギー管理士などの合格率と同じぐらいです。

また、試験全体の合格率が9%となっており、これは不動産の関連資格である「マンション管理士」等と同じレベルになっています。

電験三種試験の合格率が低い理由

低い理由とは。

ここでは、電験三種の試験の合格率が低い理由について、紹介していきます。 試験全体の合格率が9%と1桁になっています。その理由を見ていきましょう。

専門的な知識が必要で難易度が高い

難易度の高い資格として「司法書士」・「社労士」・「マンション管理士」など科目数が多く専門的な知識が問われる試験が挙げられます。電験三種の試験も科目数が多く専門的な知識が求められるため、難易度は高くなっており、合格率も低いです。

基礎的な知識の応用が難しい

電験三種の試験は、知識へ並行して「問題を解く力」が求められます。これは問題を解くために知識を活用する能力のことを言います。そのため、過去問を何度も解くだけでは試験に合格しづらくなっているのです。

試験に合格するには「知識」・「解き方」を覚えるだけでなく、答えを出すまでの過程が大事になってきます。どのように問題の答えを出していくのか、考えをしっかりと理解するようにしましょう。

過去問をただ解くだけでは、合格するのは難しいです。なぜ、その答えになったのか過程を理解していくようにすれば、合格に近付けるでしょう。問題を解く際には1つ1つ流れを確認していきましょう。

試験に過去問からの出題が少ない

電験三種の試験は、過去問が出題されることが少なくなっています。そのため、過去問をひたすら解いただけでは本試験で対応することできないでしょう。あくまでも、知識を活用して問題を解くことが大事です。

もし、過去問に似た問題が出題されたとしても、本質の部分をしっかりと理解していけないと問題が解けないでしょう。このことが、電験三種の難易度を高めている理由と言えるでしょう。

他の試験では、過去問を多く解くことで合格できる試験もあります。ただ、電験三種に関しては、過去問と合わせて解いていく過程もしっかりと理解しましょう

科目合格前提の受験者も多い

過去のデータから電験三種の合格率の中でも、「全科目の合格率」・「科目別の合格率」には大きな差があります。全ての科目を1回で合格して、電験三種に合格する方は非常に少なくなっているのです。

1回の試験で全ての科目を合格することが難しいため、1年に1つ以上の科目に合格を目指して、数年かけて資格を取得しようと考える方が多くなっています

試験の全科目の合格率が約8%と低い試験で難易度が高いので、最初から時間をかける手段を取る方もいるのでしょう。それだけ、電験三種の試験が難しいと言えます。

1度で試験に合格したいと考える方もいるはずですが、難しい試験のため焦りは禁物です。試験に合格するために、1つずつ知識を深めていきましょう。

電験三種の本当の難易度

本当の数値。

ここまで、電験三種の試験が難しいとお伝えてしてきました。試験の合格率が約8%となっていますが、より詳しく電験三種の試験の難易度について見ていきましょう。

電験三種の合格率が約8%ですが、本当の難易度はどうなっているのか気になります。様々な視点から本当の難易度を知っていきましょう。

科目合格制度で難易度が低下?

電験三種の試験にある科目合格制度とは、受験した年に合格した科目が、翌年・翌々年まで免除になることです。1つの科目に合格した場合は、その科目が2年後の試験まで免除を受けることができます。

この科目合格制度があることで、数年に掛けて試験に合格する考えができて、無理せずに合格を目指せる試験と言えるでしょう。電験三種の試験は出題範囲が広めではありますが、数年あれば勉強を進める可能です。

しかし、専門性の高い内容となっているため、しっかりと試験対策が必要となっています。1度で全ての科目を完璧にしなくても良いですが、それぞれの科目の専門性が高いため、気を抜かずに試験勉強を行いましょう。

電験三種は合格点さえ突破すれば良い

電験三種の試験は科目ごとの合格点が基準があります。その基準は100点満点中60点以上となっており、合格点を満たしていれば良い試験になっています。全体の6割の点を取ることができれば合格できます

一定の人数しか合格できない試験の場合は、どんなに点数が高くても合格者数に達していれば合格できないため、合格する人数が決まっている試験などと比べると、合格へのハードルが高くないと捉えることもできるでしょう。

電験三種の試験は合格の基準となる点に達していれば、その科目が合格になるのです。もし、1つでも合格した科目があれば、翌年・翌々年はその科目が免除になります。

電験三種の科目別合格点の推移

ここでは、電験三種の各科目である「理論」・「電力」・「機械」・「法規」の合格基準点について過去の5年分のデータを紹介します。

試験の年度 理論 電力 機械 法規
令和元年度 55 60 60 49
平成30年度 55 55 55 51
平成29年度 55 55 55 55
平成28年度 55 55 55 54
平成27年度 55 55 55 55

4つの科目の中でも「法規」の合格点は例年低い傾向にあります。「法規」は暗記が中心の勉強になるため、4つの科目の中でも最後に取得すると良いでしょう。

電験三種には受験資格が存在しない

電験の試験には「第一種」・「第二種」・「第三種」の3つが存在しています。この3つの試験には受験資格がなく、誰でも受験が可能になっています。試験に合格することは難しいですが、誰にでも合格の可能性があるのです。

学歴・実務経験が問われないため、受験するハードルはあまり高くないと言えるでしょう。電験に興味を持った方はまずは3つある種の中で最も難易度の低い第三種の取得を目指すとよいでしょう。

電験三種の効率的な勉強法

勉強の方法。

電験三種の試験には受験資格がないため、「第一種」から誰でも受験が可能です。今後、電気の業界で仕事を行っていこうと考えている方は、「第三種」から取得すると良いでしょう。

そこで、電験三種の合格を目指す方にとって、大事となる勉強法・対策方法について紹介していきます。

電験三種の試験科目と出題方式

電験三種は4つの科目に分かれており、各科目からそれぞれ問題が出題されます。

以下が、電験三種の試験内容である「出題される内容」・「問題数」・「配点」になります。

試験科目 出題される内容 問題数・配点
理論 電気理論・電子理論・電気計測など A問題14問×各5点・B問題3問×各10点
電力 発電所・変電所・送電線路の設計など A問題14問×各5点・B問題3問×各10点
機械 電気機器・照明・自動制御など A問題14問×各5点・B問題3問×10点
法規 電気法規・電気施設管理など A問題10問×各6点、B問題3問×各13~14点

電験三種の試験時間については、「理論」・「電力」・「機械」の3つが90分、「法規」だけ65分となっています。

「問題数」・「配点」の部分では、「理論」・「電力」・「法規」の配点がA問題各5点、B問題各10点です。しかし、「法規」のみはA問題6点、B問題13〜14点と他の科目と異なっています。

試験問題の解答方式は「マークシートの五肢択一方式」です。出題形式は「計算問題」・「正誤判定問題」・「穴埋め問題」となっています。

科目別合格を生かして攻略

電験三種の資格を取得する方法として、毎年科目ごとに合格数を増やしていき数年かけることをおすすめします。1度に全ての科目を合格するのは大変なため、最初から数年かけて資格を習得するように考えておきましょう。

また、取得する科目の順番としては、「理論」・「電力」・「機械」・「法規」が良いでしょう。受験者によって、順番は異なる可能性がありますが、オーソドックスな受験科目の順序として参考にしてみてください。

「理論」は計算問題の難易度が高い

「理論」の科目では「オームの法則」・「キルヒホッフの法則」などの法則・定理のみならず、「磁気回路」・「三相交流回路」・「電子回路」なども出題されます。

出題される問題は計算問題が多く、難易度が高くなっています。計算問題を解くために必要な公式・定理をしっかりと活用できるかが、合格点に近付くカギになるでしょう。

「電力」は専門用語に注意

「電力」の科目では計算問題だけでなく、発電方式の特徴・効率の違いなどの問題が出題されることが多くなります。様々な発電方式の違いを覚えるためには、根気強さが必要でしょう。

また、送配電設備に関する問題では日頃耳にすることのない専門用語が出題されます。専門用語に慣れながら、各用語をしっかりと暗記していきましょう

「機械」は身近な設備からの出題

「機械」の科目では電気機器に関する問題が多く出題されます。その中でも内線で使われる機械については、生活に身近なものが多くなるでしょう。

日常の生活で身近なものが出題されるため、試験対策がしやすい科目と言えます

「法規」は暗記中心

「法規」の科目では、電気設備技術の「基準」・「解釈」・「電気事業法」などに関する問題が出題されいます。問題解く際は空欄の穴埋めが多くなり、暗記していく勉強になるでしょう

ただし、B問題の出題は計算問題が多くなるため、しっかりと試験対策を行うようにしましょう。

電験三種の勉強時間は1000時間

電験三種の勉強時間の目安は、初学者の方で約1000時間となっています。これは全く知識・経験がない状態で全ての科目を合格しようとした場合です。

仮に「平日1時間」・「休日2時間」で勉強を行った場合、約2年3ヶ月ほど掛かります。もし、毎日3時間ほど勉強した場合は、約11ヶ月ほどになります。

毎日、コツコツと勉強したとしても長期間が掛かるため、毎年科目ごとに合格を積み重ねていく方法をとるという方も多いのです。

文系は数学・物理の基礎を定着させよう

電験三種の試験の勉強をする方で文系の場合、専門的な知識を覚えるために行うべきことがあります。その勉強法を行うことは、基礎部分を固める大事な役目になります。

それは、中学・高校のレベルの数学・物理の基礎部分の勉強を始めることです。いきなり、専門的な知識を覚えようとしても頭に入ってこないでしょう。まずは、数学・物理の基礎から学んでいくようにすると良いです。

科目ごとに合格していくことを計算して勉強は1年以上前から行い、時間・気持ちに余裕を持っておきあしょう。もし、不安に感じる場合はもっと前から勉強を始めると良いです。

早期に参考書から問題演習に移行する

試験勉強する際には、参考書を完璧に覚える必要はありません。参考書を一言一句覚えようとしても、体力的・精神的に最後まで持たないでしょう。

ある程度の知識を学んでから、早めに過去問などの問題演習を行うようにしましょう。

早めに問題演習を行う理由は、出題される問題の傾向が把握して要点が掴めるからです。やみくもに問題を解いただけでは意味はありません。要点を掴むことができれば、学習効率がグッと上がりやすくなるでしょう。

電験三種試験対策のおすすめ参考書

次に電験三種の試験対策でおすすめの参考書を紹介しましょう。

おすすめの参考書は、「みんなが欲しかった!」シリーズです

  • みんなが欲しかった! 電験三種 理論の教科書&問題集
  • みんなが欲しかった! 電験三種 電力の教科書&問題集
  • みんなが欲しかった! 電験三種 機械の教科書&問題集
  • みんなが欲しかった! 電験三種の10年過去問題集 2020年度
  • みんなが欲しかった! 電験三種 法規の教科書&問題集
  • みんなが欲しかった! 電験三種 はじめの一歩
みんなが欲しかった! 電験三種 理論の教科書&問題集 (みんなが欲しかった! シリーズ)
3300円
みんなが欲しかった! 電験三種 理論の教科書&問題集 (みんなが欲しかった! シリーズ)
3300円
みんなが欲しかった! 電験三種 電力の教科書&問題集 (みんなが欲しかった! シリーズ)
3300円
みんなが欲しかった! 電験三種 電力の教科書&問題集 (みんなが欲しかった! シリーズ)
3300円
みんなが欲しかった! 電験三種 機械の教科書&問題集 (みんなが欲しかった! シリーズ)
3300円
みんなが欲しかった! 電験三種 機械の教科書&問題集 (みんなが欲しかった! シリーズ)
3300円
みんなが欲しかった! 電験三種の10年過去問題集 2020年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)
2970円
みんなが欲しかった! 電験三種の10年過去問題集 2020年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)
2970円
みんなが欲しかった! 電験三種 法規の教科書&問題集 (みんなが欲しかった! シリーズ)
3300円
みんなが欲しかった! 電験三種 法規の教科書&問題集 (みんなが欲しかった! シリーズ)
3300円

「みんなが欲しかった! 電験三種 理論の教科書&問題集」は、 初学者・独学者のために分かりやすいです。教科書はフルカラーで優しい言葉でまとめられています。

また、コンパクトで図・板書でフルカラーとなっており、理解しやすい内容になっています。問題集は各設問にレベルの難易度を表示されて、メリハリのある勉強ができるでしょう。

「みんなが欲しかった!シリーズ」は、大手資格予備校「TAC」が出版しています。シリーズとして出版されているので、全ての科目対策が共通しており効率良く勉強を進めることができるでしょう。

みんなが欲しかった! 電験三種 はじめの一歩 (みんなが欲しかった!はじめの一歩シリーズ)
2200円
みんなが欲しかった! 電験三種 はじめの一歩 (みんなが欲しかった!はじめの一歩シリーズ)
2200円

電験三種合格者の勉強方法の一例

電験三種の試験に合格できる勉強時間の例としては、工業高校卒業で電気工事会社で働いている方であれば、「平日1時間以上」・「休日5時間以上」の勉強で全科目の合格が2年6カ月で可能になります。

一方、初学者で始めた40代の社会人の場合は、「毎日2時間以上」・「休日5時間以上」の勉強を行い、全科目合格に5年ほど掛かります。やはり、未経験の方で電験三種の全科目を合格するには、相当な時間が必要です

未経験の方が電験三種に合格するためには、時間以外にも高いモチベーションを持ち続けることが大事です。

電験三種取得のメリット

メリットは何か。

上記で、電験三種の勉強方法・おすすめの参考書などを紹介しました。難しい資格である電験三種ですが、しっかりとした勉強を行えば合格は可能です。また、分かりやすい参考書を使うことで効率的に勉強ができるでしょう。

最後に電験三種を取得するメリットについて、解説していきます。電験三種の全科目に合格するためには、相当な時間・労力が必要となりますが、資格を取得するだけのメリットがあるのかという点が受験勉強を開始するのに際して重要な判断基準になることは間違いないでしょう。

将来的にも需要が安定する

高圧受変電設備の保安管理を行う会社は、電験三種の資格保持者が必要となります。これは、規則によって定められている事項であり、電気主任技術者資格保持者は会社にとって必要不可欠な存在になります。そのため、会社にとって電験三種の保持者は重宝されるのです。

電験三種は将来的にも仕事が無くなる可能性が極めて低い職種です。資格を取得するのことは大変ですが、取得後の仕事は安定するでしょう。

転職・就職の際に有利に働く

電験三種は、国家資格で難易度が高くなっています。そのため、資格を取得すると専門的な知識・スキルを証明できるので、強力な武器になるでしょう。資格を保有していることは、自らの自信にも繋がるはずです

転職・就職の際には、企業の面接などでアピールポイントになります。他の資格を持っていない方と比べると、有利になるでしょう。難易度の高い資格で会社からすると、必要な人材です。

資格手当で給料アップ

国家資格の電験三種は難易度が高く、会社から高く評価されます。試験の受験資格は無く、誰でも受けることが可能ですが非常に難しい資格です。

その分、資格があることで資格手当が付く会社もあります。更に、実務経験を積むことで給料が上がる可能性が高いでしょう。電験三種の資格は知識・スキルの証明をするだけではなく、給料面でも優遇されることも期待できます。

第一種・第二種の取得でキャリアアップ

電験三種の資格を取得することは大変ですが、多くのメリットがあります。また、上位の資格である「電験二種」・「電験一種」の取得すると、今以上に活躍できる場面が増えて、給料が高くなる可能性があります。

また、転職・就職の際に電験三種の経験に合わせて「電験二種」・「電験一種」の取得を目指していると伝えると、好印象を得られます。

通信講座で電験三種を最短取得

電験三種はここまでみてきたように数年をかけて取得する人の多い難関資格です。しかし、実際には通信講座を有効活用することで学習効率を高め、最短で試験に合格することが可能です

特にユーキャンの電験三種対策講座は安めの受講価格で充実の6冊のメインテキストやわかりやすいと評判の副教材を用いて学習することができます。さらにスマホでの動画講義などの学習サポート体制を利用することも可能で、ユーキャンの講座を利用して一発合格できたという方もいます

\公式サイトはこちらをチェック!/

電験三種の合格率についてまとめ

電験三種の合格率についてまとめ

  • 科目合格率は30%、全体合格率は8%が目安
  • 毎年科目合格を重ねる形式でも取得できる
  • 電験三種の資格習得は就職・転職に有利
  • 電験三種の試験には受験資格がない
  • 電験三種の勉強時間は未経験の方で約1000時間が目安

この記事では電験三種の合格率について、様々な項目に分けて紹介しました。

電験三種の難易度は高くなっており、簡単には合格することはできませんが、試験に合格して資格を習得すれば大きな武器になるでしょう

試験に1度で合格することは難しいですが、数年かけて資格の習得を目指すという方法でも問題ないでしょう。学習効率を高めるために通信講座を利用することもおすすめです。

人気記事
この記事に関連するタグ