クレアールの公認会計士講座の評判は?口コミや料金体系まで実態を調査!

更新日時 2020/04/02

「クレアールの公認会計士講座って他の予備校と比べてどうなんだろう…」

「クレアールの講座のメリット・デメリットが知りたい!」

このように思っている方も多いのではないのでしょうか?

公認会計士は経済界の最高峰の資格とされており、試験の難易度は非常に高いです。そのため、ほとんどの受験生の方が独学ではなく予備校や通信講座を活用して合格を目指しています。

しかし、いざ講座選びをしようとしても、数が多くてどれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

そこでここではクレアールの公認会計士講座の特徴・価格から評判まで、他社と比較しつつ徹底解説します!

これを読んでクレアールの特徴をしっかりと把握し、自分にあった講座で公認会計士試験合格を目指しましょう!

クレアールの公認会計士講座をざっくり説明すると

  • 講座費用が格段に安い!
  • 重要論点に特化した「非常識合格法」
  • 担任制による手厚いサポート体制
  • 自分に最適なコースが選べる

クレアール公認会計士講座の特徴は?

電卓とペン クレアールの公認会計士講座の特徴を簡潔に表すと、次のようになります。

  • 講座費用は相場より格段に安い
  • クレアール独自の分析に基づいた「非常識合格法」
  • 種類が豊富な経験別コース構成
  • 初学者対象のインターネット特特生試験で最大35%OFF
  • 無駄のないコンパクトなテキスト
  • 担任制による安心のサポート
  • 公認会計士試験合格者による質問対応

クレアール公認会計士講座のサービスの中でも、「非常識合格法」「充実したサポート体制」が特徴的と言えます。

非常識合格法とは、「合格必要得点配点範囲」に徹底的に絞ったカリキュラムに沿ったクレアール独自の学習方法です。出来る限り勉強時間を短縮したい方にとっては、非常に有難い設計になっています。

また、クレアールは担任制を採用しており、受講生の進捗具合等に応じて親身になってアドバイスをしてくれます。他にも試験合格者による質問対応も受け付けているなど、合格サポート体制が充実していると言えるでしょう。

このように魅力的な側面が多くありますが、大手予備校よりも受講生の数が少ないことなど、受講生が不安を抱いてしまうような残念なポイントも無いわけではありません。

それでは、以下ではクレアールの公認会計士講座について、他社と比較しながら詳しくみていきましょう。

クレアールの非常識合格法とは

公認会計士試験では本番試験で満点を取らずとも、合格ラインである7割前後の問題が解ければ合格できるようになっています

こうした試験の特性を捉え、勉強する範囲を出題頻度・重要度の高い内容に絞っているのがクレアールの非常識合格法なのです。

この学習ノウハウを得られることがクレアールを受講する大きなメリットとなりますが、実は講座を受講しなくても非常識合格法のノウハウを手に入れる方法があります

なんとクレアールでは現在、先着100名様限定で非常識合格法の考え方を記した書籍を無料プレゼントしているのです

長年の指導経験に基づく勉強ノウハウを学べるまたとないチャンスなので、公認会計士を勉強される方であれば是非とも手に入れておきましょう!

クレアール講座の費用を他社と比較

コインと紙幣 ここでは、クレアール公認会計士講座の価格を他社と比べてみます。

クレアールの公認会計士講座の受講料は、他社よりも格段にリーズナブルです。

クレアール以外の大手公認会計士講座の初心者対象の2年コース料金は、一般的に780,000円から850,000円ほどかかってしまいます。

対してクレアールの通信講座の費用は、標準講座である「2年スタンダード合格コース」の初心者対象価格で540,000円となっています。ちなみに費用は簿記資格の取得具合で異なり、簿記一級取得者の場合は470,000円です。

このように、クレアールの講座価格はかなり安いと言えるでしょう。この理由として、クレアールは資格の学校TACや資格の大原などと違って通学授業を行なっていないことがあげられます。

通学授業を行っている予備校の場合、校舎の維持費や多くの講師を抱えていることでどうしても価格が高くなりがちです。通信に特化しているクレアールだからこそ、安くても質の高いサービスを提供できているのだと言えるでしょう。

クレアール講座の教材を他社と比較

複数の本

続いて、クレアールの公認会計士通信講座の教材の特徴を他の講座と比較しつつ確認していきましょう。

無駄なく重要事項を固められる

一般的なスクールでは、試験範囲の論点を網羅的に学習し、それを記憶した上で解答力を養成していく学習方法が多いです。一方クレアールでは、非常識合格法を採用しています。

非常識合格法は上でも紹介したように、過去の出題実績論点と頻出度等の分析から重要論点を絞り込み、それについてしっかりと正確な記憶を植え付ける学習方法です。

教材のボリュームが多いとマスター仕切れなかったり、繰り返す時間がなかったりします。非常識合格法は科目別の必要勉強時間の短縮にもなるため、効率的に試験に合格することができると言えるでしょう。

合格に必要な範囲だけに絞ったテキスト

公認会計士試験は出題範囲が膨大であるため、限られた時間内で全ての論点をマスターすることはほぼ不可能と言えるでしょう。

クレアールのテキストは重要な論点のみに特化しているため、他のスクールのと比較して薄くなっています。

このテキストを使うことでコアとなる知識を理解し繰り返し覚え、重要性が高い論点を確実に落とさないようにすることができるのです。

背景の細かい知識は授業の補足や答案で記憶・練習することができます。しかし、基本論点さえしっかりとマスターしていれば、その知識を応用して試験問題を解答することができることはおさえておきましょう。

効率的な「Vラーニングシステム」

クレアールには、非常識合格法のカリキュラムに基づいた独自の「Vラーニングシステム」が存在します。

Vラーニングシステムでは「単元別講義」で学習した後、「解決マスター講義」で過去問題や答案の問題の題材として問題を解く際の思考プロセスを学びます。その後、問題集など用いて得点能力を上げるための演習を行います。

これが基本的な学習の流れとなりますが、クレアールは個人の学習の習熟度などに応じて学習ルートを変更することも可能です。

Vラーニングシステムは単元ごとに個人に合わせて効率的に学習できるようなシステムと言えるでしょう。

学習到達度に応じた正誤問題集

クレアールの問題集は講義・テキストに準拠した正誤問題集となっています。

アウトプット力強化、課題の把握に適する良問揃いの問題集となっています。この問題集を繰り返し利用することで学んだ内容を定着させることができます。

さらに、スマホやタブレットでも見れるので、自分の学習到達度に応じて段階的に学習を進めることができると言えるでしょう。

論点別の過去問演習

過去問を解くことで試験の傾向を読み解いたり、自分の学習不足な部分を知ることができるため、過去問演習は非常に重要です。

クレアールの過去問は出題論点別に作られており、問題ごとに「重要度」「難易度」「制限時間」の記載があるため、それを利用したメリハリのある勉強が可能になっています。

また、全問に解説講義映像がついており、復習を効率的にできるチェック欄も装備されていることもポイントです。

本試験に活きる答練

答練とは、クレアールが作成したオリジナルの本試験予想問題のことです。

クレアールでは、基礎・応用力答練で基礎を徹底的に身につけたあと、直前答練・公開模試で本試験への対応力を養成できるようになっています。

基礎・応用答練について

基礎・応用力答練では、講座受講や問題演習で培った基礎力の確認を行います。問題は全てテキストで扱った内容から出題されます。

この答練を通じて、自分の理解が不足している部分に気づき、今後の学習で何を意識すべきかを把握することができます。

さらに受講生の答案から、採点した講師自身が選出した優秀答案のコピーが配られるため、それらを活用して合格に向けて学習を進めることもできると言えるでしょう。

直前答練・公開模試について

クレアールの直前答練・公開模試は、本番同様の形式・試験時間で行われます。大学教授や現役公認会計士による出題のため、出題論点や難易度などは本試験さながらであると言えるでしょう。

模擬試験は、本番と同じような雰囲気で受けられる会場受験と、自宅で手軽に受けられる自宅受験から選べます。

料金は、短答式公開模試が3,000円(税込)、論文式公開模試が5,500円(税込)となっています。

詳細な成績表も出されるため、直前答練・公開模試を受けることで試験の事前準備を整えられますね

クレアールの講義動画について

机の上のパソコン ここでは、クレアールの映像講義動画について確認していきましょう。

隙間時間で講義を視聴できる

クレアールの講義は、一単元約30~90分に区切られており、通学・通勤の移動時間や家事の合間などの隙間時間でも学習を進めやすくなっています。

学習経験者などにとっては、講義を全て視聴するよりも自分の理解不足な点や聞きたい論点をピンポイントで学習したほうが勉強時間を節約できると言えるでしょう。

高品質で長時間再生可能な映像

クレアールの講義はクロマキー合成という特殊な映像合成技術を使って撮影しています。

これによって、高い品質で動画を視聴することができます。また配信用の映像のファイルサイズを小さく変換しても画質の劣化が少なくなっているので、画像が粗くて内容が読めないといった心配はないでしょう。

また、クレアールの映像は音声も含めて低いビットレートを実現しています。これによってデバイスに通信容量制限がある場合や回線速度が遅い場合でも安定して長時間視聴できるのです

追加料金なしで全てのデバイスで視聴可能

クレアールの全コース・全講義映像は、Windowsパソコン、Andriodパソコン、Andridスマートフォン、Androidタブレット、iPhone、iPad、iPod touchすべてのデバイスで視聴できます。

料金は全て受講料に含まれており、追加料金が不要であることも魅力的です。

これによって、家にいない時でも講義を受けることができ、学習時間を最大限に活用できますね。

早見再生も可能

クレアールの公認会計士講座は、最大2倍速までの倍速再生が可能です。

これによって自分にあった速度で、時短学習が可能になっています。なお、早見再生は集中力を高める効果もあると言われています。

映像以外にも資料や音声データもダウンロード可能

クレアールでは、講義映像のほかにも、全ての講義の音声データをダウンロードすることも可能です。

音声データを携帯音楽プレイヤーに転送すれば、外出先でも学習が可能になっています。標準速度以外にも1.5倍速音声データも収録されているので音声だけを早聴きですることもできます。

また講義で使用するパワーポイント等の資料は、受講者自身でPDF形式でダウンロードすることも可能となっています。

映像授業のメリット

予備校という選択肢がある中、なぜ通信講座が選ばれるのでしょうか?以下に映像授業の主なメリットをあげていきます。

  • 映像授業なら聞き逃しがあっても繰り返し視聴できる

教室授業だと何か一つを聞き逃すと授業の続きがわからなくなってしまう可能性が高いです。しかし映像授業は繰り返し視聴可能なので、そのような心配はいりません。

  • 講師が統一されているため教え方や力量にばらつきがない

教室講義が主体となっている予備校は講師の力量の差によってレベルが異なってしまうことがあります。しかし映像授業だと一流講師が全受講生に同一レベルの講義を提供してくれます。

クレアールでは一流講師がわかりやすく解説

クレアール公認会計士講座の講師は、一流の公認会計士や大学教授など、受験指導10年以上の教師が中心となっています。

最近の公認会計士試験問題は範囲が多様化しており、実務的な内容が多く出題されるようになって来ています。

したがって、過去の試験に精通している教授や現役の実務家の講義は本試験に直結すると言えるでしょう。

充実した合格サポート体制

握手 「クレアールは通信講座であるため、サポート体制が不十分なのでは?」と感じる方もいらっしゃるかと思います。しかし、クレアールの合格サポート体制は非常に充実しているため、その心配は不要だと言えるでしょう。

受験生一人一人をしっかりサポート

クレアール公認会計士講座は、合格に向けてのサポート体制が徹底されています。

クレアールは毎月一回学習ガイダンス動画を配信しています。この動画では、合格のための学習スケジュールや科目ごとにやることの目安を具体的に提示しています。

さらに担任制を採用しており、受験生それぞれの学習の進捗や意見に基づいて担任が的確なアドバイスをしてくれます。校舎には自習スペース、教室、ロッカーが完備されており、受講生は全て利用可能となっています。

万全な体制で質問に対応

クレアールでは電話やインターネット通話、メールで公認会計士合格者が受講者の質問に個別に答えてくれます。いずれも回数無制限で予約不要となっています。

わからない問題は聞くことで早めに解決し、より効率的に学習を進められると言えるでしょう。

合格後の就活サポートシステム

クレアールは、公認会計士試験に合格した後に、就活先の決定までの個別サポートもあります。

個別サポートでは、自分にあった就職先や就職活動で必要なテクニカルな部分もしっかりフォローしてくれるため、試験合格後も安心ですね。

その他にも就活サポートのための各種セミナーが定期的に開かれています。 セミナーの内容は、面接対策やエントリーシート対策、OBOGによる講演など多岐に渡ります。

初学者対象のインターネット特特生試験

クレアールは、初学者向けの自宅で受験可能な特特生試験を実施しています。

試験の受験料は無料で試験内容は簡単な作文試験となっています。 入学を強制するものではないため、公認会計士を目指す方は試しに受けてみてはいかがでしょうか。

実施期間は毎年2月で、2020年は2月1日(土)から2月26日(水)でした。試験の結果等によって特定のコースが最大で一般価格の35%OFFになります。

クレアール公認会計士講座の合格率は?

ハイタッチする二人の男性 公認会計士講座選びに迷っている方々にとって、クレアールの合格者数や合格率などの合格実績は気になるポイントだと思いますが、クレアールの公認会計士講座は合格率を公表していません。

しかし、そもそも合格率を出している公認会計士講座はありません。また通信講座の場合、受験生の合否追跡が難しく、合格率を正確に把握することはほぼ不可能となっているのです。

したがって、クレアールが合格実績を公表していないことに不安感や違和感を覚える必要はないと言えるでしょう。

ちなみにクレアールの公認会計士講座のウェブサイトやパンフレットには、多数の合格体験記が掲載されています。

そのため、クレアールの通信講座を利用して合格した方が非常に沢山いることは確実だと言えるでしょう。

クレアール公認会計士講座の残念な点

物思いに耽る女性 続いて、クレアール公認会計士講座を他の講座を比較した時の惜しい点を上げていきたいと思います。

大手予備校よりも受講生の数が少ない

クレアールは、資格の学校TACや資格の大原などの大手スクールよりも受講者が少なく、規模が小さいです。

また、授業が全て通信講座であるために校舎も1つしかないこともあり、予備校に比べて勉強仲間を増やすことは難しいと言えるでしょう。

ただし、通信ゼミに参加して受講生や講師の方と会ったりすることでデメリットを克服することも可能です。また、クレアールで会計士試験を突破したOBと話すことで不安を解消することもできます。

質問や相談をしたい方はクレアールの充実したサポートシステムを利用することも可能です。また、勉強仲間が多いことは必ずしも試験合格に直結するとは限らないことも押さえておきましょう。

薄いテキストに不安を抱く方も

クレアール公認会計士講座のテキストは他社のものと比べ、はるかにコンパクトです。

通常ではテキストが厚いほど合格するために有利であると考えがちなので、特に初学者の方で長時間勉強していると、教材の薄さに不安を感じてしまう方もいるでしょう。

しかし、重要な部分を徹底的にマスターすればその知識を応用して試験問題を解くことはできるのです。

また講義ではテキスト以上の内容も扱うため、しっかりと受講すれば細かい知識も学習することは十分に可能であると言えるでしょう。

クレアール公認会計士講座のコース一覧

パソコンと勉強する人 ここではクレアール公認会計士講座のコースを紹介していきます。

クレアールでは学習可能時間によってコースが異なります。勉強をしたいペースや試験を受けたいタイミングなどに応じて自分に最適なコースを選ぶことができるようになっています。

学習可能時間 コース名 初学者対象価格(割引込)
1日に2~3時間 3年スタンダード合格コース 462,000円
ストレート春短答合格コース 242,000円
1日に3時間程度 ハイスピード型短答・論文トータルサクセスコース 432,000円
1年目:1日に2~3時間、2年目:1日に3~5時間以上 2年スタンダード合格コース 432,000円
1日に5時間以上 1年合格全力投球コース 412,000円

コースに付随する代表的な教材は以下の通りです。

  • 映像講義
  • 講義音声(ダウンロードして利用)
  • 講義資料(ダウンロードして利用)
  • テキスト
  • 実力養成問題集
  • 論点別短答式過去問題集
  • 答案練習
  • 優秀答案
  • 公開模擬試験

これらのコースは初学者、簿記三級修了者、簿記二級修了者、簿記一級修了者が対象となっており、取得資格に応じて価格が異なります。ストレート春短答合格コースと2年スタンダード合格コースは簿記一級修了者は対象外なので注意しましょう。

全てのコースで、1回目の受験で合格された方には5,000円分の図書カードが合格祝いとしてプレゼントされます。その他にもコースによって様々な特典があります。

また、コース選びに迷っている方は、ぜひクレアールに直接問い合わせてみてください。合格アドバイザーなどがあなたの現在のレベルを分析し、ぴったりな講座を提示してくれます。

他の資格取得者向けにも

公認会計士試験には特定の科目が免除される制度が存在します。クレアール公認会計士講座では、科目免除制度を利用される方向けのコースも存在します。

これらのコースは対象別に規定の科目を除いて組まれているので、無駄な勉強をすることなく合格を目指すことができます。また、コース料金も通常よりリーズナブルになっています。

例えば、税理士資格を持っている方は、1年合格全力投球コース、2年スタンダードコース、ハイスピード型短答・論文サクセスコースから選ぶことができます。

上記3つのコースでは、短答式試験では財務会計論、論文式試験では租税法がカリキュラムから除かれています。

クレアールの公認会計士講座がおすすめな人

喜ぶ女性の後ろ姿 公認会計士講座は多く存在しますが、特にクレアールの公認会計士講座が向いているのはどんな人なのでしょうか?

クレアールの通信講座をおすすめできない人

クレアールの講座の特徴を考えると、次のような方々は他講座の受講を検討するのが良いと思われます。

  • 通学制の予備校を希望する人
  • 受験生が多い環境で学習したい人
  • 全ての論点を網羅的に勉強したい人

クレアールの講座は全て通信制で、校舎で講義を受ける通学コースは存在しません

予備校に通学して公認会計士試験合格を目指したい方は、資格の学校TACや資格の大原などの公認会計士講座を受講することをおすすめします。

クレアールの講座を受講した場合、一人で勉強する時間がほとんどを占めると予想されます。

なので、多くの受験生がいる環境で勉強したい方や、受験勉強仲間を沢山増やしたい方は、通信講座のクレアールにはあまり向いていないと言えるでしょう。

またクレアールの講座や教材の特徴として、重要で頻出な論点のみを徹底的におさえることがあげられます。

あまり重要でない論点でも、他の生徒が学習しているかもしれない論点をやっていないことに不安に感じる方は、より学習範囲の広いカリキュラムの講座が向いているかもしれません。

クレアールの通信講座をおすすめできる人

クレアールの講座の特徴を考えると、次のような方々は短期間で合格が狙えるクレアール通信講座を受講することに向いていると言えるでしょう。

  • 社会人や学生など試験対策のための時間が限られている人
  • 絞られた学習範囲のカリキュラムで勉強したい人
  • リーズナブルな価格で公認会計士講座を受講したい人
  • 質問サポートを積極的に利用するつもりの人

クレアールの公認会計士講座は重要性が高い論点を確実に定着させる勉強法を取っています。

したがって、なるべく短時間で無駄なく試験勉強を行いたい方はクレアールの通信講座に向いていると言えるでしょう。社会人や学生の皆様は通勤・通学時間を利用して効率的に試験勉強を進めることができます。

また、クレアールは他の公認会計士講座よりも格段にリーズナブルになっているので、出費を抑えて公認会計士試験合格を目指したい人にもマッチしていると言えます。

さらに無制限の質問対応という万全のサポート体制もクレアールの魅力なので、そのシステムを利用すればするほど有利になると言えるでしょう。

クレアール公認会計士講座の口コミ・評判

親指と吹き出し クレアールの公認会計士講座に対して多くの口コミ等が寄せられています。口コミ・評判は、これから公認会計士講座を受講しようとしている方にとって非常に参考になること間違いなしです。

ここでは、クレアール通信講座を受講した方のリアルな声を確認していきましょう。

働きながら公認会計士試験に合格できた

クレアールの公認会計士に対する口コミの中で、仕事と勉強を両立させて公認会計士に合格できた社会人の声が多く確認できました。

ここではその一部を抜粋してご紹介します。

  • 社会人である私が、学生や勉強に専念している受験生と対等に渡り合うためには、効率的な勉強方法が必要不可欠でした。クレアールではネット環境があればどこでも授業を視聴でき、倍速再生にも対応しているため、時間を有効に使いたい私には適していました。

  • 私は社会人として0から勉強をスタートさせました。クレアールは社会人を明確なターゲットにされており、合格者に占める社会人の割合が高いことが魅力的だと思います。

  • 私にとって仕事を辞めずに合格できる環境があることが重要でした。クレアールは他社と比べて、テキストも薄くて授業回数も少なかったので両立ができて良かったです。

効率的な学習法が自分にあっていた

口コミの中で、クレアールのコンパクトな教材と効率的な非常識合格法を賞賛する声が多かったです。この勉強法が自身に合っていると感じた場合はクレアールの公認会計士通信講座を受講することをおすすめできます。

  • クレアールの教材は量が多くないため理解を重視した勉強ができ、応用力がついたと思います。本試験で過去に解いたことがない問題が出てもその場で考えて対応することができました。

  • 基礎を固めるためには、知らない問題を半分正解するより、知っている問題を全正解出来るようになる方が近道です。余計なものには手を出さず、クレアールのテキスト・問題集を繰り返し解くことで効率よく学習できました。

  • 大手予備校の教材は範囲を広くカバーし膨大な量の講義や暗記が要求されてしまい不必要な時間がかかってしまうように思われます。クレアールではテキスト・講義がコンパクトにまとまっており、講義が倍速で聞けるため、復習に多くの時間を割くことができました。

サポート体制がしっかりしていた

合格者の声から、クレアールが親身に受験生をサポートしていることが伝わりました。

  • 受講してみて良かった点は、メールでの質問が随時できることです。教材等で疑問を持ったことは質問し、質問することで自分の頭の中を整理すると良いでしょう。

  • 24時間いつでもメールで質問できることがよかったです。回答は迅速で丁寧ですし、疑問が残れば何度でも確認できます。「自分の質問に回答してもらえる」ことは、孤独な受験生活の中で、とても力になりました。

  • 講義で使われたパワーポイントの資料を、PDFでダウンロードできたのが便利でした。質問しやすいだけでなく、サポート体制がしっかりしていることが良かったです。

クレアールの公認会計士講座まとめ

クレアール公認会計士講座まとめ

  • リーズナブルな値段で講座を受講!
  • クレアール独自の非常識合格法で早期合格を目指す
  • 充実したサポート体制で不安を解消

今回はクレアールの公認会計士講座について説明しました!

クレアールは、金銭面・時間面において効率よく試験勉強を進めたい方に特におすすめできる講座です。

公認会計士を目指しており、どの講座を受講しようか悩んでいる方々が多くいらっしゃいますが、費用対効果・カリキュラム・学習サポートということを総合して判断すれば後悔することはないでしょう。

クレアールの公認会計士講座に興味を持った方は、この機会にぜひ一度チェックされてみてはいかがでしょうか。