MOSは独学合格も可能なの?初心者から使える対策法やおすすめテキストを紹介!

更新日時 2021/06/24
この記事は専門家に監修されています ITベンチャーCTO 矢野 雄己

「MOSの資格は独学でも取得できるの?」

「MOSのエキスパートはどれくらい難しいの?」

このような疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

MOS検定はマイクロソフトオフィスのwordやExcelなどを使いこなせる証明となる資格です。

事務職としてのスキルを高めたい人や就職・転職活動を控えている人にとっては大きな武器となる資格です。

こちらの記事では、 「MOS検定に独学で合格することができるのか」や「おすすめの対策法」 について解説していきます!

MOSの独学についてざっくり説明すると

  • 独学で合格を目指すことは十分に可能
  • 2~3か月ほどの勉強期間を設ければ、合格できる
  • しっかりと目標を定めて勉強のスケジュールを立てる必要がある

MOS試験には独学合格できるのか?

勉強の風景

そもそもMOS試験に独学で合格している人はいるのでしょうか?

実は、MOS試験に独学で合格している人は一定数います。 独学で勉強すれば講座を利用するよりも安い費用で合格を狙えます。講座の受講費用を抑える代わりに複数回受験して合格しようと考えている人がいるようです。

独学は講座費用を抑えられるというメリットがありますが、確実性と合格までにかかる時間の長さに関しては懸念が残ります。

確実に合格を目指したい方はパソコン教室や通信講座の受講がおすすめです。実際に、独学者よりパソコン教室や通信講座の受講生の方がMOS試験の合格率も高いと言われています。

これらの講座は質が高く合格実績も良いです。そのためパソコンが得意でない人であればMOS対策講座を利用すると安心です。

自分の勉強の進捗具合やパソコンスキルに応じて勉強方法は変えていくと良いでしょう。

MOSの合格率と難易度の関係

MOS試験の合格率は決して低くはありません。

公式には合格率は公表されていませんが、スペシャリストの合格率は約80%・エキスパートの合格率は約60% と言われています。

また、パソコンスクールに通った場合、合格率は90~95%にまで高まると言われています。

つまり、MOS試験は受験者の半分以上の人が受かっている試験なのです。

ただしこの合格率は必ずしもMOS試験が簡単であることを意味しているわけではありません。

MOSの全国一斉試験は月に1度あり、随時試験はさらに多く実施されているため、MOSは受験のチャンスが非常に多いのです。

年に一度しか受験のチャンスが無い他の資格試験とは性質が違い、MOSは受験のチャンスも多いため、何度か試験を受けているうちに出題に慣れ、合格率も高くなることが考えられます。

独学での検定合格に必要な勉強時間

スペシャリストに合格するために必要な勉強時間は、各人のパソコン運用の経験に応じて変わってきます。

パソコンをほとんど使ったことがない初心者の場合は合格までに約80時間の勉強が必要です。

一方で会社や学校等でパソコンをよく使用している方は、パソコン操作にある程度慣れているはずです。そのような方は30時間前後の勉強時間で合格できるでしょう。

他の資格試験に比べれば、そこまで長い勉強時間は求められないため初学者でも気軽に勉強を開始できる点がMOSの魅力の一つです。

MOS試験の詳しい勉強時間は以下の記事をご覧ください。

エキスパートの独学合格も可能?

スペシャリストよりも難易度が高いエキスパート試験でも独学合格は可能です。

ただし、普段マイクロソフトオフィスを使っている人であっても、試験対策を全くせずに受験すれば合格するのは極めて難しいでしょう。

試験では普段は使わないような機能に関するスキルも求められるため、自信がある人でもしっかりと試験対策を行うべきです。

なお、合格までに必要な勉強時間の目安はExcel初心者の場合は80時間程度、Excel経験者の場合40時間程度とでしょう。

独学で対策するメリット

豚の貯金箱

こちらのトピックでは、独学で対策を行うメリットを解説します。

費用を抑えて挑戦できる

独学の最大のメリットは、パソコン教室や通信講座などを利用するよりも圧倒的に安い費用で合格を狙える点です。

参考書や問題集などの書籍代や模試代、受験料などにはお金がかかりますが、パソコン教室や通信講座と比べると低い費用で済むことがほとんどです。

パソコン教室や通信講座を利用すると十数万円ほどかかってしまうこともあります。しかし、独学であれば多くても数万円の出費で済みます。

パソコンに関する知識を既に身に着けており「とにかく安い費用で合格を目指したい」と考えている人はまず独学で挑戦してみると良いでしょう。

学習量をこまめに調節できる

学習量を自分でこまめに調整できる点は独学のメリットです。

例えば、自分が苦手な範囲を重点的に勉強したり、逆に事前知識がある分野を手短に済ますなど柔軟に対応することができます。独学では自分に合わせた効率的な勉強が可能です。

また学習スケジュールを自分で組むことができる点も独学のメリットです。パソコン教室などでは、予めカリキュラムが決まっているため予定があっても欠席しづらいでしょう。しかし、独学なら仕事などで急な予定が入った際にも対応できます。

独学で勉強することに慣れていて、自分のペースで勉強を進めていきたいと考えている人は、独学で挑戦してみるのも良いでしょう。

独学でMOSを目指すデメリットは?

すっとぼけた顔

MOS試験対策の独学のデメリットも把握しておきましょう。

初心者だと勉強が一切進まない

PC初心者がMOSを独学しようとすると、「そもそも分からないところが分からない」「テキストの基本用語が理解できない」という状態に陥る可能性が高いです。

このように最初のとっかかりがない状態で独学してしまうと、いくら時間をかけても一向に勉強が進みません。

全くの初心者の方がMOSを独学しようとすると途方もない時間と労力がかかってしまうのです。

学習スケジュールの管理が難しい

独学では学習スケジュールの管理を一人で行わなければならなりません。

自分で学習スケジュールを立てると実現不可能な計画を立ててしまったり、インプットとアウトプットのバランスが悪く演習が不足してしまったりする恐れがあります。

このように、学習スケジュール管理を失敗してしまうと非効率な勉強になってしまいます。その結果、試験を受ける前から絶望的な状況になってしまうことが少なくありません。

特にMOSは合格率が高いため、普段からWordやExcelを使用している人は「そんなに勉強しなくても合格できるだろう」と油断してしまう人が多くいます。

その結果、結局不合格になるというケースも多いため経験者であってもしっかりと学習スケジュールを立てることを意識しましょう。

モチベーションの維持もポイントに

独学の際にはモチベーションを維持することも重要です。

MOSに合格するためにも数ヶ月の勉強時間は必要です。途中で手を抜いたり集中力を損なうことなく、継続して努力する姿勢が求められます。

独学の場合は一緒に合格を目指す仲間の存在が身近にいないため、目標を共有できずモチベーションの維持が難しくなりがちです。

また、パソコンの操作に慣れていない人やマイクロソフト初心者は、テキストの内容を簡単に理解できず知識が身に付かない部分もあるでしょう。

分からないポイントが溜まっていくと次第にモチベーションが失われて、その途中で挫折してしまう危険性があるため、注意しましょう。

独学での受験が向いている人

勉強の風景

すでに関連資格を取得している人

すでにパソコンやIT関連の資格を取得している人の場合であれば、パソコン操作に慣れているケースが多いため、MOSの対策もスムーズに進むでしょう。

パソコンやIT関連の資格とは、具体的には「P検定」や「ITコーディネーター」などの資格です。これらの試験に合格しており、高いITリテラシーを備えている人であればMOSの勉強もしやすいです。

また、普段の仕事などでWordやExcelを使用することが多い人も独学での受験が向いていると言えます。

このように、関連資格を取得しているなどパソコンスキルが高い人は、独学で挑戦してみてください。

難関試験に独学合格したことのある人

パソコン関係の資格に限らず他の難関試験に独学で結果を出したことがある人は独学向きと言えます。

資格試験以外でも、例えば大学受験などで予備校を利用せずに自力で合格した経験がある人も独学向きです。

難関試験を独学で合格した経験のある人は勉強慣れしており、どのくらいのペースでインプットをするべきかといった勉強スケジュールの管理が一人で行えます。また試験直前期の焦りなどもすでに経験していて、精神的な面でも安定しているでしょう。

独学の経験があり勉強慣れしている人であれば、まずは独学で挑戦してみるのが良いでしょう。

独学におすすめなMOSのテキスト

多くの参考書

MOS対策テキストWord/Excel365&2019

MOSのテキストや問題集は多数市販されていますが、その中でもオススメなのがこちらの2つです。

  • 「MOS対策テキスト Word365&2019(日経BP社)」
  • 「MOS対策テキスト Excel365&2019(日経BP社)」
MOS対策テキスト Word 365&2019
1430円
MOS対策テキスト Word 365&2019
1430円
MOS対策テキスト Excel 365 &2019
1430円
MOS対策テキスト Excel 365 &2019
1430円

なお、価格は税込みで1430円です。

このシリーズは最新版の2019年のWord試験に対応しており、MOS試験の出題範囲を完全に網羅しています。

テキストには模擬テストも収録されています。過去問が発表されていないMOS試験の対策をする上では、非常に有益なテキストとなっています。

テキスト選びに迷った場合、以上のテキストを購入することをオススメします。

テキスト選びで注意したい点

テキストは自分のパソコンスキルのレベルや事前知識に合わせて選ぶ必要があります。

他のパソコン関係の資格を取得していてパソコンやITに関する勉強をしたことがある人であれば、自分の好みのレイアウトのテキストを選ぶなど少し気を付ければテキスト選びで失敗することはありません。

ただし、初学者の場合は慎重にテキストを選ぶべきです。

いきなり難しい参考書やレベルの高い参考書を選んでしまうと、基本的な操作や機能等は知っている前提でテキストの内容が進んでいくため、挫折につながりやすいです。

つまり、自分のレベルに合った教材を使うことが勉強する上で非常に重要なのです。

MOS2016とMOS2013の違いに気をつける

MOS試験は、MOS2016とMOS2013のバージョンに分かれており、どちらを受験するかによって選ぶテキストが異なります。

また、PowerPointやExcelなど、ソフト別にも分かれているため自分が受験を目指している科目を間違えないように気をつけましょう。

同じシリーズの教材を揃える

資格試験の勉強をする際には、できるだけ同じシリーズの教材で統一するのが基本となります。

違うシリーズの教材を使うと勉強の内容に重複や漏れが生まれてしまう恐れがあります。また、それぞれの教材で説明の切り口が違うことで勉強が混乱してしまうこともあります。

その結果、せっかく一度理解したはずの内容であってもまたインプットし直さなければならず、非常に非効率的な勉強になってしまいます。

そのため特段の事情がない限りは同じシリーズの教材で統一して勉強を進めていきましょう。

勉強サポートアプリも使ってみよう

現在ではMOS対策に使えるアプリも多く存在しています。積極的に活用していきましょう。

スマートフォンで勉強できる教材を用いることで、通勤中の電車やバスの中でも勉強ができるようになり隙間時間の有効活用ができます。

アプリを利用することで、電車やバスの中で勉強する際にわざわざ大きく重い紙媒体の参考書を持ち運ぶ必要がなくなるというメリットもあります。

具体的には以下の3つのアプリがオススメです。

  • MOS 一般対策
  • エバーノート
  • YouTube

それぞれのアプリについて詳しく紹介していきます。

MOS一般対策

このアプリでは一問一答形式のMOS対策問題に取り組むことができます。

アプリを作成したのは現役のパソコン教室講師なので、非常に内容が濃い問題が揃っています。

一問一答なので隙間時間でも勉強しやすい点が魅力的です。

エバーノート

エバーノートはノート代わりに使うことができるメモアプリです。

スクリーンショット機能を活用すれば、問題の回答や解説をそのまま画像として保存することも可能です。

また、エバーノートでは同期ができるためパソコンでメモした内容をスマートフォンで見ることもできます。

普段の勉強で間違えたところをメモしておけば、移動中に簡単に復習が可能です。

YouTube

YouTubeは動画共有アプリです。

動画を通してExcelなどの操作法や機能について学べます。

わかりやすい動画はチャンネル登録をしておけば、次回以降もすぐに見られるようになります。

独学での勉強の進め方

一人の旅路

こちらのトピックで、独学での勉強の進め方について解説します。

ダブル合格を目指すのかを検討する

MOSを受ける前に、他のパソコン系の資格をダブル取得するのかをまず決めましょう。

MOSを他の試験とダブル受験する場合、これらは試験範囲が重なっている場合も多いため、うまく勉強すれば少ない勉強量でダブル取得を狙えます。

ダブル受験する試験としては、MOS2016とMOS2013の組み合わせが代表的ですが、その他にも以下のような資格がオススメです。

  • ビジネスキーボード

  • 文書処理能力検定ワープロ

  • 文書処理能力検定表計算

  • 日商PCデータ活用3級

  • 日商PC文書作成3級

このように様々な資格と相性が良いMOSですが、パソコンの使い方等に慣れていない場合は、まずMOSの試験対策に専念すると良いでしょう。

まずはMOSに合格して、手応えを掴んでから他のパソコン系資格の取得を狙うのもアリです。

試験日までのスケジュールを練る

合格を目指す日を予め決めておき、その目標に向かって勉強のスケジュールを立てることが重要です。

例えば、WordやExcelに使い慣れていない社会人であれば、3ヶ月程度の勉強期間は設けるべきです。

試験日まで残り1ヶ月しかないといった場合は、その回の試験での合格はほとんど不可能なので、無理をせず一旦見送り次の機会での合格を目指すべきです。

このような場合は、2~4ヶ月くらい先の試験で合格を目指す勉強のスケジュールを立て直しましょう。

スケジュールを立てる際にはゆとりを持たせておき、突発的な予定が入ったとしても対応できるようにしておくと良いです。

ただし、勉強期間だけ長く取っておいて、モチベーションが持続していなければ質の低い勉強になってしまいます。

勉強の質が低いとどれだけ長期間勉強しても合格することは難しいため、注意する必要があります。

まずはテキストを読み込む

勉強法はそれぞれにあった方法があるため、こちらのトピックの内容を参考にして各自で工夫を重ねていってください。

ダブル受験の場合でもMOSしか受けない場合でも、最初は基本情報や基礎知識のインプットを行いましょう。

まずはテキストを1週間程度かけて一通り読み、++わからない問題はその場ですぐに解説を読むことがおすすめです。++解説を読んでも分からない問題は、そこで徹底的に勉強するのではなく一旦飛ばしてしまいましょう。

最初は分からなくても、2周目以降に繰り返し読むことで徐々に理解できるようになります。

試験の1週間ほど前になったら、テキストに付属している模擬試験を解いていきましょう。

多くの問題に触れることで、本番でも対応できる力と実践的な力が身に着いていきます。

まずはスピード感をもって読み進める

テキストを初めて読む段階では、分からない論点や問題が出てきて当然です。

そのため、分からない論点にぶつかってもあまり気にせずにテキストを読み進めていきましょう。

1周目の読み込みの際には、全体像や基本的な操作を理解することを意識すれば問題ありません。

細かな部分の理解については、繰り返しテキストを読んだり問題に取り組んだりすることで自然と追いついていくため不安に思う必要はありません。

テキストは分からなかった箇所を中心に最低でも3周は読みましょう。

目立った疑問点や不安点を無くしてから、演習問題に取り組むようにすると良いでしょう。

実践問題を解いて実践力UP

インプットをこなしていざ実際に問題を解いてみると、自分の知識に抜けがあったり解釈が間違っていたということは往々にして有り得るものです。

ここで間違いが多くても集中力を切らすことなく、間違っていたポイントについていかに時間をかけて復習できるかが、合否を分けると言えます。

復習する際には、間違っていた範囲のテキストをじっくりと読み直し、似た問題が出てきたときには「同じ間違いをしない」「絶対に間違えない」ことが何よりも大切です。

過去問は公開されていないため、練習問題はテキストに付属している模擬試験などに取り組むと良いでしょう。

MOS資格を取得するメリットは?

明るい電球

こちらのトピックで、MOSを取得するメリットについて解説します。

MOSは仕事に直結するスキル

MOSの勉強を通して学んだことは、マイクロソフトオフィスの円滑な使用に役立ちます。

MOSに合格できるレベルになると、パソコンを使う際には自分が使いたい機能をスムーズに判断・使用できるため、仕事上のストレスも軽減できるというメリットがあります。

特に事務職ではMOSで得たスキルを活用できるでしょう。

パソコンスキルの低い人が事務職を目指しても採用される可能性は非常に低いため、MOSの資格を持っていると就職や転職で有利に働くでしょう。

Excelを高いレベルで使いこなせる人材はかなり貴重なので、採用選考の場で大きな武器になることは間違いありません。

受験自体のメリットの大きい資格

MOS試験は例え一発で合格できなくても、勉強する過程で着実にパソコンのスキルは向上しているでしょう。そのため、MOSを受験するメリットは十分にあります。

MOSの勉強の過程で身に着けたパソコンスキルや知識は、どの企業に行っても通用する貴重なものです。

そのため、合格するということはもちろん重要なことですが、それ以上にしっかりとしたパソコンスキルを習得することに注力すると良いでしょう。

履歴書でも恥ずかしくない立派な資格

MOSは仕事上のスキルや事務能力の高さを証明する資格であるため、就職や転職・昇進の際に高い評価をしてもらえるでしょう。

またMOSは非常に知名度が高く社会的な信用度も高いことから、履歴書に堂々と書くことができます。MOS資格を持っていることで、自分をより魅力的にアピールすることができます。

このように、MOSを取得することによるメリットは非常に大きく、さらに難易度が高いエキスパートを取得できれば自分の市場価値を大きく上げることができるでしょう。

独学と通信講座はどっちがおすすめか

電話しながら窓の外を眺める男性

パソコン操作に慣れない人は特に通信講座がおすすめ

MOS資格は合格率が比較的高いため、独学でも十分合格できる資格であるといえます。

費用も抑えられるため、パソコン操作に慣れている人はこの選択肢で受験してもいいでしょう。

しかし、パソコンに慣れていない人が独学で勉強を始めると危険です。最初はわからない部分が多いため、独学だと疑問点がたまっていきます。

そのような人は通信講座の受講をおすすめします。正しい操作方法で繰り返し演習できるようになっており、初心者でも無理なく実力をつけられるようになっています。

モチベーションを保ちながら安心して学習を進められるでしょう。

おすすめはユーキャンのMOS講座

MOSの通信講座は種類が豊富にあり、これから勉強を始めようという方は、どれを選べばいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

講座を選ぶ際には教材のわかりやすさと学習サポートの充実度で選ぶことをおすすめします。

この基準を踏まえた上で、一番良いとおすすめできる講座がユーキャンのMOS講座です。

ユーキャンはパソコンの操作画面を手順ごとに提示してわかりやすく説明しているテキストとなっており、初心者でも無理なく学習を進められます。

また、テキストのわからない部分は「学びオンライン プラス」という講義動画を受講することで、疑問を解消することもできるので、理解を確実に深めることができます。

MOSの学習が不安な方はぜひユーキャンのMOS講座を受講してみてはいかがでしょうか?

MOSの独学対策法まとめ

MOSの独学まとめ

  • 他の難関試験に合格したことがある人は独学向き
  • スマートフォンで勉強できるアプリなども有効活用しよう
  • テキストと問題集を使い、インプットとアウトプットをバランスよく進めていこう

MOSは非常に認知度が高く社会的な信用度も高い資格なので、取得することによるメリットは非常に大きいです。

また、難易度はそこまで高くないため、エキスパートの難易度でも独学で合格を狙うことが可能です。

独学で進める場合は、合格目標を決めてしっかりとした勉強スケジュールを立て、モチベーションを維持するように工夫することが大切です。

取得メリットが多く様々な企業で活用できる使い勝手の良い資格なので、興味がある人はぜひ取得を目指してみてください!