【2020最新】MOS対策通信講座・パソコン教室ランキング|人気13社を調査!

「MOSの講座の受講を検討しているが、どれを受講したらよいのかわからない…」

このように考えている方も多いのではないでしょうか。

MOSの講座は通信講座とパソコン教室に通学する2つのスタイルがあります。通信講座とパソコン教室にはどちらにも一長一短がありますが、この記事では両者を取扱ながら、最適な講座選びができるように全13社を比較しました。

この記事では、現在存在する全てのMOS対策講座について、

  • 価格・費用
  • 教材のわかりやすさ
  • 学習サポート
  • 講座のバリエーション
  • 会社の信頼度

の5つの観点から各講座を評価していきます!

1位:ユーキャン

ユーキャン

ユーキャンのMOS講座の特徴

  • 講座費用は安め
  • 理解しやすい図解テキストとオンライン解説講義
  • 質問制度も充実していて安心
  • 講座のバリエーションも豊富

ユーキャンのMOS講座は講座価格の安価さと教材のわかりやすさ、サポート体制の充実度など総合的に見て多くの人に最もおすすめできる講座です。

通信講座でMOS対策を行う場合、パソコンの操作方法がわからないことが講座を受けただけで解決できるかという点が不安という人が多いです。しかし、ユーキャンのMOS講座ならテキストとガイドブックに加え、動画講義まで付属しているため、わかりやすさはピカイチです。

さらに、万一わからない点があっても講師に質問できる制度もあるため、安心です

\おすすめNo.1講座はこちら!/

ユーキャンの評価項目

ユーキャンのMOS講座はMOS2016スペシャリストWordコース・Excelコースで16,000円と単科講座としては安めといえます。ユーキャンのMOS講座は他にもエキスパート試験対策講座やPowerPoint講座なども提供されており、いずれも受講価格設定は安めの部類です。

また、MOS2016 スペシャリストWord&Excel両方コースは29,000円で受講でき、個別に単科講座を受講するよりも3,000円以上お得になっているため、一気にWord試験にもExcel試験にも合格したいという人にはユーキャンの「両方コース」を受講することでコスパよく試験対策をすることも可能です

ユーキャンのMOS講座はメインテキストとガイドブックの他、模擬問題5回分を収録したCD-ROMとオンライン動画解説講義もついています。

テキストは完成度の高い「FOM出版」対策テキストを使用しています。このテキストは操作しているパソコンの画面の図を豊富に提示しながら手順の一つ一つについて解説されるので初心者の方でも理解しやすいと評判です

また、万一テキストだけではわからない箇所があってもユーキャン受講生専用のオンラインサービス「学びオンライン プラス」が受講できます。この動画講義ではテキスト内にあるWord・Excelのそれぞれ50の操作について動画で実際の手順を確認することができます。これを利用すれば解説テキストの理解をより早く、確実に理解することが可能です。

ユーキャンのMOS講座では質問対応制度も整っています。一日一人当たり3回までという制限はあるものの、万一わからなくても質問できるということは通信講座を受講する際には安心材料となるでしょう。

また、MOSスペシャリスト対策コースやエキスパート対策コースの単科講座は標準受講期間は1カ月と設計されています。しかし、受講開始から3カ月以内ならサポートが受けられるという点でも、ユーキャン講座は安心して受講できます

MOSの試験種類は豊富ですが、ユーキャンでは試験のほぼすべてに対応した講座を提供しています

MOS試験ではMicrosoft Office2013ExcelバージョンのWord及びExcelそして、Microsoft Office2016バージョンのWord及びExcelを受験する人が多いですが、ユーキャンではそのうち、いずれにも対応した講座が準備されています。

また、他社の場合、WordやExcel講座があっても、PowerPoint講座まではないという場合もありますが、ユーキャンではMOS2016のPowerPoint試験対策専用講座がしっかりと準備されています

ユーキャンはMOS以外の講座も多数提供しており、会社の信頼性は極めて高いです

ユーキャンでは2015年12月からMOS講座を開講しており、それ以来教材の質の高さと開講講義の豊富さはMOS受験者の支持を集めてきました。

MOS自体で430万人以上の方が受験しており、常に注目度の高い資格ですが、ユーキャンのMOS講座受講者数も既に3万人を超えているという実績を誇ります

ユーキャンのMOS講座受講者のうち、約80%がWordとExcel「両方」コースを受講していることからは、受講者の多くが学習開始の時点からユーキャンのMOS講座に信頼を置いていることが伺えます

ユーキャンのMOS講座受講者の口コミ(一部抜粋)

学習スタイルが非常にマッチした

パソコンをビジネスレベルで活用できず、就職の場面で非常に悔しい思いをすることがあり、MOS取得を決意しました。

私の場合、パソコンスクールに通学する時間がなかったため、知名度の高さと教材が自分に合っていそうという理由からユーキャンのMOS講座の受講を決意しました。

紙のテキストに慣れていた私にとって、ユーキャンの紙媒体テキストのお陰で不慣れなExcelの操作に集中することができました。

模擬問題付きだから実践的だし自信がついた!

ユーキャンのMOS講座には実際にパソコンを操作しながら解く形式の全5回の模擬試験問題が付属していて、単に解説講義やテキストで勉強するよりも実践的な学習ができました。

模擬試験でもいい点が出るようになったお陰で自信を持ってテストに臨むことができ、実際に見たことのあるような問題が出て試験本場でも心理的有利を保つことができたお陰で無事合格できました。

\おすすめNo.1講座はこちら!/

2位:たのまな

たのまな

たのまなのMOS講座の特徴

  • 講座費用は安め
  • DVDと副読本での学習
  • 安心の「合格保証付き」コースも

まず、たのまなの通信講座は受講価格が約1万円からという安さが魅力的です

また、副読本テキストとDVD講義は要点がコンパクトにまとまっており、合格に必要なことを要領よく学ぶことができます

本当に合格できるのか心配という人であっても、Word&Excelコースなら「合格保証付き」で、合格するまで何度でも質問できるため安心です

たのまなの評価項目

たのまなのMOS講座はWord2016単科講座の場合、税込価格で11,407円となっています。これはMOS講座としては比較的安価なユーキャンのMOS単科講座と比較しても安いといえます。

そのため、価格の安さで講座を選ぶ場合には、たのまなの講座は魅力的といえるでしょう。

たのまなのMOS講座はDVDに収録された解説講義と副読本テキストを中心に進んでいきます。このDVD講義のお陰でテキストだけではわかりにくい複雑な操作も理解しやすいと評判です。

ただし、付属のDVD講義は上巻で約65分・下巻で約63分で必要な操作がコンパクトにまとまっているため、WordやExcel初心者の方にとっては講義ペースが早いと感じられる可能性もある点には注意が必要です。

たのまなの講座では副読本やDVDではMicrosoft Officeの操作方法に関する解説の他、就職・転職に向けて役に立つアドバイスも収録されています

また、MOS試験のWordとExcelどちらの科目も対策できる「Word&Excelコース」の場合、合格保証付きであるため、合格するまで何度でも質問が可能です。

このように、学習サポートが手厚いところはたのまなの魅力的な点といえるでしょう。

たのまなのMOS講座の強みは対応している科目種類が豊富という点です。

2016・2013バージョンのWordとExcelに対応した講座があるのはもちろん、2019対応版のWord・Excelの他、Access対策講座まで存在します

さらに、PowerPoint対策講座も2013・2016・2019に対応した各バージョンがあるため、PowerPointの対策をしっかりしたいという人にはたのまながおすすめできます。

MOS講座を探している方に取ってたのまなという名称は聞き慣れないかも知れませんが、たのまなのMOS講座は1万5,000人以上の合格者を輩出しているヒューマンアカデミーのノウハウの取り入れています

そのため、ヒューマンアカデミーの講座の実績も含めて考えるとたのまなの信頼性は高いと評価できます。

たのまなのMOS講座受講者の口コミ(一部抜粋)

充実の講座に納得

当初はどの講座を受講しようか迷っていましたが、受講を続けるにつれ、理解が深まっていくのを感じました。副読本とDVDの内容が、初心者の自分にも徐々に浸透してくるのを感じたため、正しい学習方法だったのだと実感しています。

ずっとパソコンが苦手という意識がありましたが、勇気をもって挑戦したお陰で自信がつきました。

しっかりと技術も身につくコスパのよい試験

たのまなのMOS講座は他社の講座と比較して安価であったため、受講することにしました。

実際に受講してみると、単にMOS試験の対策となるだけでなく、仕事でも使えるようなエッセンスに富んでいて受講してよかったと感じています。

3位:TAC

TAC

TACのMOS講座の特徴

  • 講座費用は高め
  • 通信コースと通学コースがある
  • 特に通学コースがサポートも手厚い

TACは多数の資格試験講座を開講していることでも、抜群の知名度を誇りますが、MOS講座も通学コースと通信講座コースの2つを提供しています

受講価格は相場よりも高めという点が惜しいですが、教材は質・量ともに充実の内容となっています

また、通学コースでは教室で専任講師から手厚い指導を受けることができるという点も魅力的です

TACの評価項目

TACのMOS講座は通学コースと自宅で動画講義を視聴するコースの2つに分けることができます。

通信講座の場合、例えば「自宅でマスターWord/Excel2016」というWord2016試験対策の単科講座で17,700円という受講価格です

MOS対策の通信講座の場合、11,000円から16,000円程度の講座が多く、TACのこの受講価格はやや高い水準であるといえます。

また、TACの特徴として、教室に通学し少人数の教室で授業を受けられるという講座も開講されていますが、こちらもパソコン教室と比較してもや高い価格水準になっています。例えば、「Word2016試験対策ビギナーズパック」の場合、77,000円という受講価格で約32.5時間の授業が受けられます

TACの通信コースでMOS対策をする多くの学習初心者が受講する「自宅でマスターWord/Excel2016」という講義は、オリジナルテキスト3冊・講義DVD5枚・チェックテスト3回となっています。MOS講座としてはボリューム感がありますが、充実の教材内容といえるでしょう。

テキストと問題集は単にWordやExcelの一般的な操作方法を解説するだけでなく、MOS試験に出題される試験範囲を網羅しています。テキストは2色刷りで白黒のテキストよりも見やすく、動画講義と合わせて視聴することで理解が深まります。

テキストと動画講義のサンプルはTACのWebページにも掲載されているため、受講する前に教材の質や自分との相性の良し悪しを確認することができます

TACの通信コースの場合、動画講義は双方向式のものでない、DVDでの授業となるため理解が不十分な点はすぐに解決するという訳にいきません

ユーキャンなどの通信講座の場合、質問対応制度が整っている点も魅力ですが、TACは通信講座では、こうしたメールやオンライン面談形式での質問対応制度が実施されていないため、この点はやや不安といえるでしょう。

TACの場合、通学講座に力を入れており、普段授業を受けている教室で専任講師に学習相談ができるなどの制度も整っているため、受講上の不安は少ないでしょう。

TACのMOS講座の大きな特徴は教室への通学コースと、DVDの授業を受講する通信講座コースがあるという点です。

通学コースの場合、教室は渋谷にあり、普段都内に通勤や通学で通っている人にとってはアクセスしやすい立地といえます。

通信講座コースの場合、講座としてはWordとExcelだけでなく、PowerPointとAccessも準備されています。ただし、対応している試験としては2016バージョンがメインになる点には注意が必要です

TACはMOS講座の他にも司法試験や公認会計士・国家公務員といった難関試験から情報処理系の各種資格まで幅広い資格試験対策講座を提供している予備校で、予備校としての信頼性は非常に高いといえます。

MOS講座も、特に通学コースの場合、専任講師から直接指導を受けることもできるため、受講していて安心感があるという人もいるようです。

TACのMOS講座受講者の口コミ(一部抜粋)

先生の解説・説明がわかりやすかった

Excel初心者で受講する前は本当に合格できるのか、心配でしたがTACのMOS講座は先生の解説がわかりやすかったので勉強でつまずかずにすみました。

講義の中で先生がワンポイント的なことも教えて頂けたので、講義も聞いていて面白かったです。

担当講師に質問できてよかった

私の場合、通学講座で受講していましたが、つまずいても気軽に講師い質問できたため、安心でした。講師の方々は本当に皆さん優しくて教え方も丁寧でした。

通学コースなら、授業について行けないということがないというところが魅力的です。

その他の講座の通信講座・パソコン教室の紹介

パソコンスクールAviva

Avivaは通学するスタイルのパソコン教室としては知名度が高い存在です。

パソコン教室で受講すると講師がすぐ近くにいるため、わからない点は気軽に質問できるためパソコン操作に不安がある人でも安心です。

1回90分・全11回の講義で34,800円という受講費用の高さがややネックとなりますが、それでもパソコン教室で学びたいという人からは支持を集めています。

Winスクール

WInスクールでは各種パソコン関係のスキルアップのための講座を用意されています。

授業は全て個人レッスンという形で行われるため、初心者の方でも時分のペースで学習できます。一発合格率99.3%の実績という実績は他のパソコン教室と比較しても非常にインパクトがあるといえるでしょう。

ハロー!パソコン教室

ハロー!パソコン教室は通学式でパソコンレッスンが受けられます。全国に約200校の教室があり、これまでに10年以上の指導実績があります

1レッスンあたり受講費用は1,500円で、同規模のパソコン教室としては最安値の価格となっている点も魅力的でしょう。

大原

大原はMOSの他にも公務員や各種会計・法律資格など、様々な資格対策講座を教室通学や映像授業・通信講座など様々なスタイルで提供していることで有名です。

MOS講座は通学コースでも、Web通信コースでも提供されており、Web通信コースでも電話やメールでの質問も可能で、模擬テストもついているという充実度です。

しかし、Web通信講座の「MOS Excel 試験対策コース」で受講費用は19,300円とMOS対策用の通信講座としては高めの価格設定となっています。

ディードットステーション

ディードットステーションは最初にコース料金を納めた後は月々わずか3,000円で通い放題のパソコン教室です。

MOS講座の場合、コース料金は55,000円(税込)と、通信講座に比べて高めの値段となってしまいますが、教材費も込みでパソコン教室でのサポートが受けられるという点を魅力と感じるMOS受験者からは一定の支持を集めています。

ヒューマンアカデミーパソコンアカデミー

ヒューマンアカデミーパソコン教室は平成12年から26年度のMOS試験で合計16,028人の合格者を輩出してきたという実績があります。

例えばWord2016講座の場合、基礎講座・応用講座で19,690円(税込み)・実践講座で16,170円・MOS試験対策講座で27,170円と個々の講座価格はパソコン教室としては比較的安価です。合格レベルに達するまでに複数の講座を受講することに、講座選びの手間と、受講価格がかさむことをそれほど気にしないという方には受講がおすすめできます。

パソコン教室「わかるとできる」

パソコン教室「わかるとできる」は日本各地に約200教室を展開しています。教室は街のデパートなどに併設されていることが多いため、通学しやすいという点はメリットといえます。

無料体験レッスンも受講可能であるため、一度自分でパソコン教室「わかるとできる」との相性を確認することも可能です。

isaPCスクール

isaPCスクールは合格保証付きであるという点が安心です。受講価格はMOS資格Word合格保証コースSpecialist資格で42時間の講座で102,000円という価格設定になっており、MOS Specialist講座で10万円以上という価格は高めという点は否めません

しかし、仕事でも活かせるMOS資格を確実に取得したいという強い気持ちで受講し、多くの方が、無事合格できてよかったという声を残して卒業しています。

パソコン市民講座

パソコン市民講座は月謝制をとっているため、早く合格しようという意識が働き、時間にして30時間、期間にして1ヶ月程度の短時間でMOS試験合格を果たす受講者の方もいるようです。

受講価格も1時間あたり1,500円という低価格であるため、コスパよく合格したいという人には特におすすめできます

学習スタイルは全国にあるパソコン教室で個別学習ペースで学習するという形式です。

Udemy

UdemyはMOSの他にも様々なオンライン授業を提供している学習アプリです。Udemyの「エクセル兄さん」の広告を目にしたことがあるという人もいるでしょう。

完全オンライン講義となりますが、1,730円という破格の受講価格で「MOS試験Excel対策オンライン講座」などのMOS対策講座が受講できるという点は魅力的でしょう。

\おすすめNo.1講座はこちら!/

通信講座とパソコン教室はどちらがおすすめ?

迷うマスコット MOS合格を目指している人にとって通信講座で学ぶか、パソコン教室で学ぶかは迷うところでしょう。

教室では、講師からわからない点を直接教わることができるため、安心感があるという点がメリットです。

ただし、教室に通う時間がかかったり、教室や講師の都合もあるため、勉強できる時間が限られるという点も考慮しないといけないという点はパソコン教室のデメリットといえるでしょう。

また、教室の整備費用や講師の給料に充てるために授業料が通信講座に比べて高めになってしまうというところもパソコン教室の難点です。パソコン教室は通信講座の2倍から10倍という場合もあるので、しっかりと対策すればそこまで難易度は高くないMOS試験対策にそれほどの金額をかけるべきなのかよく検討したいところです

一方、通信講座なら講師にわからないところをメールや面談で質問できるという点は変わらず、いつでもどこでも自分のペースで学習できるというメリットがあります。

特にユーキャンのMOS講座は学習初心者でもわかりやすい教材としっかりとした質問対応システムが整っているため、勉強していても途中で挫折することの少ない通信講座として非常におすすめできます。

MOS対策講座の受講費用比較表

名前 特徴 目安価格
ユーキャン 実績十分のNo.1おすすめ講座 16,000円
たのまな 費用の安さと講座の種類の豊富さが魅力 11,407円
TAC 通学コースも存在 17,700円
パソコンスクールAviva 知名度の高いパソコン教室 34,800円
Winスクール 個人レッスンだから安心感がある 64,000円
ハロー!パソコン教室 教室数の多さと費用の安さが強み 1パソコン教室としては安価レッスン1,500円
大原 様々なスタイルで受講可能 19,300円
ディードットステーション 通い放題だからたくさんPCに触れられる 55,000円+月額3,000円
ヒューマンアカデミー 複数の講座をステップアップしながら受講できる 16,170円から
パソコン教室「わかるとできる」 全国に約200教室を展開 約2,500円/時間
isaPCスクール 合格保証付きだから心強い 102,000円
パソコン市民講座 月謝制だから短期合格へのモチベーションが湧く 1,500円/時間
Udemy 破格の学習アプリ 1,730円

※上記の表では各社のMOS2016Word Specialist試験対策講座の価格を掲載しています。

費用面で比べるとやはりパソコン教室よりも通信講座の方が受講費用が高い傾向にあることがわかります。通信講座の場合は15,000円、パソコン教室の場合は35,000円~50,000円が相場といえるでしょう。

こうした価格面と、教材や指導の質などを総合的に考慮するとやはり通信講座、とりわけユーキャンのMOS講座はおすすめといえます

\おすすめNo.1講座はこちら!/

MOS試験の試験日程は?

MOS試験には全国一斉試験と随時試験の2種類があります。このうち、全国一斉試験は月に1~2回程、日曜日にパソコン教室等で試験が実施されています。

一方、随時試験は試験実施会場ごとに日程が異なり、週に1~2回程試験を実施する会場が多いです。ただし、中には毎日試験を実施している会場もあります

MOSは試験実施回数が多いことはチャンスが多いとも取ることもできますが、かえっていつ合格するのかという明確な目標を立てずにだらだらと勉強し、結局時間が経っても合格できずじまいという人も中にはいます

そのため、合格目標日を明確に定め、講座等も上手に利用して短期集中的に対策を進めるという対策方法が非常におすすめです。

おすすめのMOS講座についてまとめ

手帳とペン この記事では全13のMOS対策講座について比較しながら紹介してきました

中でもユーキャンのMOS講座は教材の質の高さと講座費用の安さを備えており、特におすすめの講座です

あなたに合った講座を利用して、着実にMOS試験の対策をし合格後はスマートにMicrosoft Officeを使いこなしてしまいましょう!

MOSのおすすめ講座まとめ

\おすすめNo.1講座はこちら!/