ネットワークスペシャリストの年収は低い?仕事内容から転職状況まで詳細解説!

「ネットワークスペシャリストの年収は低い?」

情報処理技術者を対象とする国家試験において、情報ネットワークに関する十分な知識と技術を有していることを証明するための国家資格であるネットワークスペシャリストですが、年収についての疑問に感じている方も多いようです。

そこで、インフラエンジニアとしての活躍が期待されているネットワークスペシャリストについて、年収や仕事内容、転職状況までわかりやすく解説します。

具体的な年収の実態については、労働時間との関係も指摘されるため、参考として、合格資格者を対象として求人募集されている年収の提示金額を掲載しています。

ネットワークスペシャリストの年収についてざっくり説明すると

  • ネットワークスペリャリストの求人募集年収は400万〜800万円
  • 主な仕事内容はネットワークシステムの管理、企画、設計・開発、運用、保守など
  • ネットワークスペシャリスト試験に合格することで、一部の国家試験の試験項目が免除される
  • 他の資格を取得し、エンジニアとしてスキルアップすることで転職時も、年収増額が期待できる

ネットワークスペシャリストはどんな資格?

重ねて置かれたスマートフォンと手帳

ネットワークスペシャリスト試験は、受験資格に制限はなく、年齢、学歴を問わずに誰でも受験することができます

平成29年度春期から実施されている現行の、情報処理技術者を対象とする国家試験において、情報ネットワークに関する十分な知識を有していることを証明するための国家資格の中でも、高度情報技術者試験として位置づけられています。

ネットワークスペシャリストとは、その名称の通り、情報ネットワークに関する専門的な知識と、通信に関わる固有技術の専門家として、情報セキュリティを含む情報ネットワークシステムの管理、企画、開発、運用、保守を担っています。

具体的には、情報ネットワークシステムのサービス活用を含むネットワーク資源の有効活用を通して、ネットワークの効率的な運用を実現し、組織的立場において下位に属する者の指導、教育を行い、システムの安全性を担保する活躍が期待されます。

また、顧客がネットワークサービスに要求する効率性や信頼性、安全性を踏まえたネットワークの企画、設計、構築、運用、保守までの幅広い分野を専門的な立場から指導するコンサルティングとしての業務を請け負うことも少なくありません。

各事業規模に応じた情報ネットワークシステムの企画から導入、構築、運用、保守、技術指導に至るまで、今日のネットワーク社会において、必須のエンジニア資格と言うことができます。

難易度はかなり高い

誰でも受験することができるネットワークスペシャリスト試験ですが、独立行政法人である情報処理推進機構が主催する情報処理技術者試験の中でも、ネットワークスペシャリスト試験(通称、NW)は、レベル区分4に分類されています。

資格偏差値は67と言われており、その難易度はかなり高く、情報技術者系の資格の中でも最高峰の難易度となっています。

これまで行われたネットワークスペシャリスト試験の平均合格率は約14%と、他の高度情報技術者試験の合格率と比べても低い数値となっていることからも、難易度の高さが伺えます。

その理由の一つとしてあげられるのが、ネットワークスペシャリスト試験における記述式問題の存在です。

ネットワークスペシャリスト試験における記述問題

ネットワークスペシャリスト試験は、これまで、毎年10月の第3日曜日に実施されてきました。他の情報処理技術者試験と異なり、ネットワークスペシャリスト試験は、秋期のみの年一回の実施となっています。

試験当日は、午前中に50分間と40分間の二回の四肢択一式の出題形式による試験が行われます。

その後、1時間の昼食休憩を挟んで、午後からは、90分間と120分間の記述式による試験が行われます。

記述式問題は、複数の出題問題から自分で回答する問題を選んで回答することができます。

設定されている回答時間中に論旨をまとめた回答を記述するためには、要点を理解した上で、熟練した記述力が求められます。

そのため、ネットワークスペシャリスト試験においては、記述問題に備えた勉強方法が重要と言われています。

ネットワークスペシャリストの年収は高い

二人の女性

仕事内容にもよりますが、転職の際のネットワークスペシャリストの年収は高い方だと800万円ほどの条件で求人が出されることがあります。

これは一般的なサラリーマンの平均年収が、およそ450万円、システムエンジニアの平均年収が550.8万円と言われていることと比較しても、年収は高いと言うことができます。

また、数あるネットワークエンジニア関連の資格の中でも、ネットワークスペシャリストは、需要に対しての供給が圧倒的に不足している状況にあります。

今後の情報ネットワーク社会の構築に向けた社会変化の情勢を考えると、ますます重要性が高まる技術分野として、その価値が高まることが予想されます。

企業によっては、資格手当として、給料に上乗せする形で毎月5,000円から10,000円前後の金額を支給する制度を設けていることも珍しくなく、キャリアアップを目指す上でもメリットの多い資格であると言うことができます。

他の情報技術者資格と年収を比較

ネットワークスペシャリスト資格の合格者は、他の情報技術者試験の合格者と比べても、高い年収で求人募集が行われている傾向にあります。

ネットワークスペシャリスト資格そのものが、他の情報技術者試験よりも難易度の高い試験であることはもちろんですが、IT技術の活用が求められる現代の社会情勢を背景として、その難易度に応じた年収を期待することができる資格と言えます。

確実な知識に加え、経験を重ね、より高度な技術を磨くことで、成長企業でのキャリアアップや、転職での年収アップの可能性が高まります。

参考までに、現在、合格資格者を対象として求人募集されている年収の提示金額を掲載します。

合格資格 求人募集年収
ネットワークスペシャリスト試験(NW)合格者 400万〜800万円
ITパスポート試験(IP)合格者 380万〜500万円
情報セキュリティマネジメント試験(SG)合格者 510万〜600万円
基本情報技術者試験(FE)合格者 350万〜600万円
応用情報技術者(AP) 合格者 450万円~650万円
エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)合格者 400万〜600万円
ITサービスマネージャ試験(SM)合格者 500万〜600万円
ITストラテジスト試験(ST)合格者 530万〜670万円
システムアーキテクト試験(SA)合格者 480万〜700万円
システム監査技術者試験(AU)合格者 500万〜700万円
プロジェクトマネージャ試験(PM)合格者 500万〜1,000万円
データベーススペシャリスト(DB)合格者 400〜600万円

年収1000万円越えは可能?

世界的なIT技術の普及を受けて、高まり続けているネットワークスペシャリストの需要に対し、日本国内では資格取得者の人数が追いついていない状態が続いています。

早期の体制構築を目指す外資系企業を中心に、IT技術による生産性の向上を目指す大企業などから、年収1,000万円を超える求人の掲載が始まっても不思議ではありません。

資格に加えて、経験を積むことで着実に実力を高めることができれば、期待以上の働きを示すことで、1,000万円を超える年収を手にする道が開けることになります。

そのためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

1000万円を超えるために必要なこと

ネットワークスペシャリスト試験に合格した力量を活かし、他の資格試験への挑戦を続けることで、最新の知識と技術の両面を鍛えることができます。

最新の技術が求められ続ける情報テクノロジー業界を支えるスペシャリストであり続けるためには、キャリアアップは欠かせません。

特に、世界中で認められているシスコ技術者認定試験に合格することで、情報ネットワークの設計技術者として、機器製品に関しても、世界が認める高い水準での知識と技術力を証明することができるようになります。

シスコ技術者認定試験は、2020年2月24日に改定され、エントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパート、アーキテクトの5つのレベルが定められています。

エントリーやアソシエイトを対象とする試験を受けるための受験資格は、特に定められていませんが、前提条件として、1年以上のPython プログラミングを含むソフトウェア開発経験が求められています。

現場の要望を理解し、トラブルシューティングを考慮した、障害に強いネットワーク環境の構築を可能とする知識と洞察力は、ネットワークエンジニアとしての地位と価値をさらに高めてくれることでしょう。

ネットワークスペシャリストの仕事内容

パソコンを操作する女性

利用者の要望に基づいて、物理的に張り巡らされた電気回線網の利用方法を安全面に配慮した設計を行う仕事を行います。

その後、設計されたシステムの構築や、保守業務。管理や運営を委託される場合もあります。

どのような部品で構築されているのか、安全面に配慮した上で、リスクとコストを勘案し、障害が発生した場合でも最適な通信環境を保持することができるように、経験を活かした活躍が期待される仕事です。

また、大型の情報ネットワークシステムを構築する場合には、数人のネットワークスペシャリストの協力が必要なだけでなく、業務を分担して活動することになる部下の指導、育成もマネジメント業務として付随します。

将来的な開発環境の移行を想定したネットワーク作りを提言するなど、コンサルティング的な立場から、企業のネットワーク環境を診断し、改善の機会を提供するための審査業務を担う職場でも活躍が期待されています。

ネットワークシステムの設計

情報ネットワークシステムの設計・開発は、ネットワークスペシャリストの代表的な業務の一つです。

顧客の要求事項を確認しながら、具体的な実現内容について現在の方向性を確認しつつ、安全面に十分に配慮した提案を行います。

当然のことながら、顧客から求められている環境を低コスト、短期間で構築するための設計能力が求められます。

また、明確に提示されなかった要求事項があると考えられる場合には、顧客が暗に示した要求事項が隠されている可能性を汲み取り、その必要性を考慮した上で、現在の設計に組み込むか否かの確認を図る洞察力が求められます。

次工程での構築作業をスムーズに進めるためには、顧客との対話を繰り返し、顧客が求めている情報ネットワーク環境の全体図を明らかにする必要があります。

ネットワークシステムの構築

前工程で、顧客との対話を通じて明らかになった顧客が要求する情報ネットワークシステムの実現に向けた構築作業を担います。

前工程の設計・開発業務が、まずは机上での設計・開発であることに対して、構築業務では、実際に回線などの必要な設備機器を配置しての物理的な配線作業を行うことになります。

情報ネットワークシステムの構築では、現在の情報ネットワーク環境を理解した上で、予測される将来のネットワーク環境への移行を考慮した増築や、改変の必要性に応じた見直し、一部変更を適宜行いながら、現実に即した作業が求められます。

その際、構築される新環境への移行に伴い発生が予見される負担を低減させるための取り組みや、トラブルが発生した際の対処に必要となる設備など、顧客の要求事項を満たすために行われる変更や修正が、顧客に正確に伝わるように配慮する必要があります。

また、豊富な業務経験と確かな知識を用いて、事前に定められている納期に間に合うように、予定されているスケジュールの期間内に構築作業を終わらせる力量が求められます。

ネットワークシステムの管理

情報ネットワークシステムの管理は、ネットワークスペシャリストの主な業務の一つです。

多くの場合、自分自身で設計し、構築した情報ネットワークシステムを最適な状態で維持するための継続的な管理を担います。

情報ネットワークシステムは、構築後の運用状況によっては、当初の設計・開発の時点では予期できなかったトラブルが発生することがあります。

偶発的に発生するトラブルを放置してしまうと、情報ネットワークシステム全体に影響が広がり、結果として、クライアントに多大な損失を与えてしまう原因となります。

大きなトラブルが起きないように、発生した不具合の原因を調査し、具体的な対策を実施するための分析を行うことで、ネットワークシステムの安全性を守ることにつながります。

安定した使用環境を守るための保守作業を行うとともに、社会情勢の変化に応じた改善策を提示することも、ネットワークスペシャリストに求められている業務の一つと言えます。

マネジメント能力も必要

情報ネットワークシステムの構築を行う場合、納期までの限られた期間内に作業を確実に終えるため、複数人のネットワークスペシャリストが協力して作業を進めることがあります。

そのため、共通の目標に向かって着実に前進するためのチームとして、効率良く作業を進めるためのマネジメント能力も必要となります。

また、ネットワークスペシャリストとして業務を始めると、設計・開発や構築段階から、部下に指導する立場での業務を求められることも考えられます。

上司として適切な指示と指導を行うためには、顧客に接するのと同様のコミュニケーション能力の発揮が求められることも少なくありません。

誰に対しても、ネットワークスペシャリストとしての現状の分析結果を踏まえて、どのように目標を達成するのかを明確にした上で、選択することが可能な方法の指導・説明を日頃から心がけると良いでしょう。

ネットワークスペシャリストによって転職が有利に

スマートフォンを扱う女性

転職を意識した場合、ネットワークスペシャリスト試験に合格していることで、情報ネットワーク全般に関する高い知識を習得していることを示すことができます。

そのため、ネットワークスペシャリストによって転職が有利に進むことの多い資格と言うことができます。

ネットワークスペシャリスト資格は、需要に対して、供給が追いついていない状況にあるため、ネットワークスペシャリスト試験に合格していることによって、即戦力として期待されることになるでしょう。

また、業種によっては、ネットワークスペシャリストとしての分析能力と、高い問題解決能力を評価され、現行の情報ネットワークシステムの有効性についての審査業務や、より効率的な仕組みへの改善提案を求められることもあります。

さらに、他のネットワーク関連の資格取得を目指すことで、転職を通じて、専門のネットワークエンジニアとしての地位を確立することも可能になります。

実際の求人状況

実際の求人状況としては、ネットワークスペシャリストは多くのIT関連企業から求められてる資格です。

具体的には、通信事業者や、システムネットワークサービスの提供企業をあげることができます。

特に、インターネットを活用した新サービスの導入を検討している企業では、システムネットワーク全般に精通している社内人財の採用を求めている場合が多く、ネットワークエンジニアとして責任ある仕事に従事することができるでしょう。

また、官公庁へのシステム開発を手がける企業では、入札条件を満たすために、ネットワークスペシャリスト資格の合格者が求められることがあります。

就職で持てば効果抜群

就職を希望する職種がIT関連企業であれば、在学中にネットワークスペシャリスト試験に合格することで、インフラストラクチャー系のエンジニアを目指していることを強くアピールすることができます。

実務経験の差から、在学中にネットワークスペシャリスト試験への合格を果たす学生は少ないため、意欲的な勉強の成果として、他の就職希望者よりも高い評価を得ることができるでしょう。

ネットワークスペシャリスト試験の合格後は、他の情報技術者試験の一部免除を受けることができる場合があります。

将来のキャリアアップに向けた勉強を続けることで、様々な職種から引く手数多のエンジニア人財を目指すことができるようになります。

資格取得のメリットとは?

拳を突き合わせる5人の手

ネットワークスペシャリスト試験は、経済産業大臣が認定する国家試験である情報技術者試験の中でも、最難関とされるレベル4に相当します。その合格の難しさに応じて、資格取得後のメリットが大きい資格と言えます。

ネットワークの知識が身につく

情報ネットワークの知識が身につくことで、現在のネットワーク環境が抱える問題点や、改善の方法を分析し、内在する問題を解決するための提案をすることができるようになります。

未経験分野の学習であった場合でも、転ばぬ先の杖として、学習を進めることができます。

ネットワークスペシャリストとして、ネットワーク全体を把握し、管理するための知識を得ることで、さらなるスキルアップを目指すことができるようになります。

責任ある立場を任せてもらえる

ネットワークスペシャリスト試験に合格することで、情報ネットワークの専門家として、所属する組織の中で責任ある立場を任せてもらえるようになります。

システム構築後の予期せぬトラブルへの対処など、業務内容に応じた対応を求められる機会が増えることで実務経験を重ねることで、将来のキャリアアップに繋がる技術の習得ができるようになります。

国家資格も一部免除してもらえる

難関と言われる試験に無事に合格し、ネットワークスペシャリストの資格を得られると、他の国家資格を受験する際に、一部の試験項目を免除してもらえるようになります。

この優遇措置によって、多くの試験において必須とされる試験科目が減免されることになり、他の国家資格の取得を目指す際の負担が大きく軽減されることになります。

複数の国家資格の取得が容易になることに加え、任官用件を満たす資格としての性質を併せ持っており、取得が困難な難易度に応じた、大きなメリットを持つ資格と言うことができます。

主だった優遇措置としては、次のような内容があります。

  • 中小企業診断士の1次試験科目の一部免除
  • 弁理士試験における論文式筆記試験選択科目の理工V免除
  • 技術士試験における第一次試験の専門科目「情報工学部門」の免除
  • ITコーディネータ試験の一部の試験科目が免除された専門スキル特別認定試験の受験が可能になる

その他、各独立行政法人の情報技術関連職員の任用資格として使用することができます。

インフラエンジニアとしてのネットワークスペシャリストの魅力

パソコンを見る男の子と女の子

情報ネットワークの設計・開発、構築、保守、管理において豊富な知識と、専門的な技術で通信を支えるネットワークスペシャリストのような職務をインフラエンジニアと呼ぶことがあります。

インフラエンジニアは、さらにサーバーエンジニアと、ネットワークエンジニアに大別することができます。

通信技術の発達と、社会環境の変化により、これまで想像もできなかった新しい価値観が次々と生み出され続けている私たちの生活の仕組みを陰から支える通信環境の担い手として活躍が期待されている役職が、インフラエンジニアです。

スマートフォンの世界的な普及を受けて、インフラエンジニアの仕事も爆発的に広がりを見せるようになりました。

今では、企業の枠を超えて、インフラエンジニアの果たすべき役割として、ITインフラの適切な整備と保守、管理が行われなければ、メールを始めとするインターネットの機能が失われてしまうほど重要な位置づけを占めています。

幅広いインフラエンジニアの仕事

インフラエンジニアの仕事は多岐に渡ります。

これまで、街の仕組みはライフラインと呼ばれ、特に、電気や水、物流、医療は街の機能を果たす上で欠かせない要素として扱われてきました。

このライフラインに、新たに加わったのが通信設備です。

私たちが日頃、当たり前のように使用している情報ネットワークシステムの代表とも言うべき、インターネットを無線環境で、スマートフォンから膨大な情報に接続することができるのも、インフラエンジニアに支えられてのことなのです。

未経験から挑戦できる強み

自分は文系だったからインフラエンジニアになるのは難しいに違いないと、勝手に思い込む必要はありません。

ネットワークスペシャリスト試験には、試験資格が設けられていませんので、誰でも合格を目指して挑戦することができます。

未経験でのネットワークスペシャリストの合格に必要とされている勉強時間は、およそ400時間から600時間ほど言われています。

しかし、情報処理技術者試験の常として、前年度の出題内容からの大きな変更は少なく、過去問を有効に活用することで、独学での合格を目指すことができる資格と言うことができます。

ネットワークスペシャリストの年収についてまとめ

ネットワークスペシャリストの年収についてまとめ

  • ネットワークスペリャリスト試験の難易度は高く、求人募集年収は400万〜800万円
  • 主な仕事内容はネットワークシステムの管理、企画、設計・開発、運用、保守など
  • ネットワークスペシャリスト試験に合格することで、一部の国家試験の試験項目が免除される
  • 他の資格取得と合わせてキャリアアップすることで年収1,000万円を目指すことができる

ネットワークスペシャリストは、情報ネットワーク環境の構築、維持のために求められる専門的な知識と技術を有していることを証明する国家資格です。

その価値も高く、難関と言われる試験に合格し、ネットワークスペシャリスト資格を得ることで、他の国家資格を受験する際に、一部の試験項目を免除してもらえるようになります。

勉強を重ねて資格の範囲を広げてキャリアアップすることで、1,000万円と言う更なる年収を目指すことができる理想的な国家資格として、あなたもネットワークスペシャリストを目指してみませんか?