エンベデッドシステムスペシャリストは転職で有利?年収や転職時の評価を徹底解説

「エンべデッドシステムスペシャリストって転職に役立つかな?」

「エンべデッドシステムスペシャリストはキャリア形成にどんなメリットがあるだろう?」

この記事を読まれているあなたは、上記のような疑問をお持ちなのではないでしょうか?

エンべデッドシステムスペシャリストとは、組み込みシステムを専門的に扱うエンジニア向けの資格となります。

資格の取得難易度は非常に高い部類に入りますが、取得できればIoT分野において即戦力と評価されることができます。

そんなエンべデッドシステムスペシャリストですが、資格を取得すれば転職活動にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

ここでは、エンべデッドシステムスペシャリストの有効性や、仕事内容から年収について解説していきます。

エンベデッドシステムスペシャリストの転職について説明すると

  • 資格は能力の客観的証明になる
  • 仕事に対するポテンシャルを感じてもらえる
  • 職種選択の幅を広げることができる

転職で資格が役立つ3つの理由

転職 エンべデッドシステムスペシャリストについて解説する前に、そもそも転職活動の際に何故資格が必要と言われるのかについて、3つの理由を説明していきます。

能力の可能性を評価してもらえる

転職活動における企業への応募は、一人として同じ境遇の人はいません。

前職が同じ業界で、即戦力になりえるような人もいれば、業界は未経験だけど新しい環境にチャレンジしたいという思いで応募される人など様々です。

基本的に転職採用は即戦力であるかを重視している場合が多いです。そのため採用担当者が、業界経験者を蹴ってでも「入社して欲しい」と思うような、PR材料を未経験者は用意しなければなりません。

転職先の業務に必要な資格をあらかじめ取得することができれば、たとえ業界未経験であっても入社後に仕事ができるのではないかというポテンシャルを認めてもらいやすくなります。

特に、未経験歓迎の会社に転職する際にはこの傾向が強くなります。企業にやる気を示すためにも、資格の取得は非常におすすめです。

能力を客観的に証明できる

面接において、「私は○○が得意です!」とPRしたとしても、それがどれほどのスキルになるのかが伝わらないといったケースも少なくありません。

厳しい見方をすると口ではいくらでも言えますので、面接の場でPRするのであれば客観的な評価基準が必要です。資格取得によって、能力を評価してもらいやすくなります。

具体例を挙げると、TOEICであれば英語の読解・リスニングスキルを評価してもらいやすくなります。また、MOSであればofficeソフトのスキルがあることを証明することができます。

第三者に向かって能力をPRする際に主観的評価は効果的ではありません。客観的に能力を評価をしてもらえる資格を取得することで、説得力を持たせるようにしましょう。

職種選択の幅が広がる

資格を取得できればそのスキルを求める企業も応募対象になりますので、職種選択できる幅が広がります。

例えば簿記の資格であれば、経理職を中心として、様々な業界から選択することができます。

また、資格を取得することで、たとえ業界未経験であったとしても業務遂行できる能力があるということの証明につながります。

そのため、業界未経験の職種にチャレンジする場合は特に資格を取得しておくことがおすすめです。

資格取得者は採用側からしてもメリットが大きいです。何故なら資格取得者は対応できる仕事の種類が多いので、採用後に会社の要望に合わせて部署を配置換えしたりと融通の利く存在になるからです。

エンべデッドシステムスペシャリストは転職に有利に働くのか?

有利 結論から言いますと、エンべデッドシステムスペシャリストは転職先から高い評価を受けます。そのため、就職・転職活動において有利な資格であると言えます。

以下でエンべデッドシステムスペシャリストが転職に強い点について、詳しく見ていきましょう。

エンべデッドシステムスペシャリストの評価

エンべデッドシステムスペシャリストとは、情報処理技術者試験の中でも高度情報技術者試験に分類されます。

そのため、取得するのが非常に困難とされており、合格した際にはそれ相応に、様々な点を評価される可能性が高いです。

ITスキルを評価される

エンジニア職として転職をする際に最も大切なのは、技術力がどのくらい高いのかを示すことです。

エンべデッドシステムスペシャリストはシステムの組み込みを中心としたITスキルを幅広く習得しますので、エンジニアスキルとして高く評価されやすく転職がしやすくなります。

企業側がエンジニアに技術力を求める理由としては、企業として技術面についての指導をする必要が無くなるため、教育コストを削減することができる、ということがあります。

さらに、即戦力として会社に利益貢献ができ、将来的にも活躍してくれると信頼を置けることも、理由として挙げられます。

エンべデッドシステムスペシャリストを取得できれば、十分即戦力として検討することができるレベルになりますので高い評価をもらうことができます。

IoT分野の関心を評価される

現代社会ではIoT化の動きが加速的に進んでいます。時代に取り残されないように業界・業種問わずIoTの導入検討を進めているのです。

そのため、IoTの導入という分野において、組込みシステムができるエンジニアが多く必要とされています。

エンべデッドシステムスペシャリストは組込みシステムを専門的に扱う資格になりますので、この資格を持って転職活動を行うことでIoT分野への関心を評価されることが期待できます。

また、現在のIoT知識についての知識だけでなく、今後も企業の利益となる様々なスキルを身につける努力をしてくれると判断されやすいため、将来性においても高い評価を受けやすい傾向にあります。

フリーランスの道に進む場合も有利

組込みエンジニアは、企業勤めだけではなくフリーランスとしての需要も増加傾向にあります。

単発契約で業務が行えるフリーランスで対応できれば、企業としても人件費コストを削減することができるからです。

しかし、フリーランスは自分で案件を獲得していかなくてはなりません。案件を獲得するには、クライアントに対して自分のスキルを評価してもらう必要があります。

エンべデッドシステムスペシャリストを取得することで、スキルの証明になり、また客観的に評価してもらいやすくもなります。そのため、契約の際に有利に働く資格と言えるでしょう。

資格を有効活用する秘訣

秘訣 転職活動では、せっかく資格を取得しても、ただ資格を持っているだけではPRとしてもったいないです。

それに関連するスキルをPRしたり、転職先を限定することで資格を最大限に活用することができます。

具体的にどのように資格を生かせば良いのか、以下で詳しく見ていきましょう。

転職先を絞る

エンべデッドシステムスペシャリストを活かせる主な就職先としてIoT市場があります。しかし、現在IoTに参入する業種はかなり増えており、組み合わせるハードの種類が多くあります。

そのため転職する際には、自分の得意な設計ができる業種に絞って活動することをオススメします。

今後の市場拡大が期待できる業界は、運輸・物流・娯楽や宿泊施設などです。また、技術的な部分だけでなく、 興味のある分野と絡めて転職先を決めるのも、一つの方法として挙げられるでしょう。

コミュニケーション能力を高める

エンべデッドシステムスペシャリストはエンジニアとして主に活躍することになります。実際の業務では、クライアントの要望をくみ取りながらシステムを組み立てていく必要があります。

エンジニアはモノづくりに没頭できると思われがちですが、実際にはクライアントとの話し合いを何度も行う必要があります。

そのため、お互いの考えをしっかりと反映したシステムを作るために、コミュニケーション能力が求められることになります。

エンジニアは自分の作りたいものを作る仕事ではありません。クライアントの要望に合わせたシステムを作ることが求められるので、意思疎通の力次第で、転職先の評価が大きく分かれることになるのです。

エンべデッドシステムスペシャリストの仕事内容

仕事 エンべデッドシステムスペシャリストは、主にハードウェア製造業や電子システム開発会社のエンジニアとして活躍しています。

仕事内容は主に3つに大分されます。まず、組込みシステムの開発における設計書や仕様書を作成します。

クライアントが希望する組み込みシステムの最適な機能仕様を実現するためには、どういう設計を組み込めばいいのかなどを打ち合わせして、仕様書を決定していきます。

次に、完成した仕様書などを基にして実際に開発から実装などの工程の実施を行います。具体的に言うと、マイクロプロセッサやシステムLSIを組み込んだ電子機器を開発しています。

この時に他の社員へ作業について指示したり、工程についてマネジメントしていくなどの能力が求められてきます。

最後に、システムが完成したら、開発環境の調整を行います。このようにして製品化していくことまでが、エンベッドスペシャリストの仕事です。

年収はどれくらいもらえる?

エンべデッドシステムスペシャリストとして働く場合、平均年収は400~600万円と言われています。

これはシステムエンジニアの平均年収である550.8万円、一般サラリーマンの平均年収454.5万円とあまり変わりません。

ですがエンジニアとしての実力をつければ、求人次第で1000万円以上をもらえるような事例もあります。そのため案件によっては、かなりの高年収になることもあります

実力をつけた状態で転職を行うことで給与の向上を図ることも夢ではありません。

エンべデッドシステムスペシャリストを取得することで、資格手当を支給してくれる企業もあります。そのような点も踏まえて、転職先を選ぶことも大切です。

エンベデッドシステムスペシャリストの転職についてまとめ

エンベデッドシステムスペシャリストの転職についてまとめ

  • 取得できれば高いITスキルの客観的な評価基準となる
  • IoT市場は幅広いため、興味のある分野に絞ること
  • 能力次第では高年収を狙うことも可能

エンベデッドシステムスペシャリストの転職事情について解説してきました。

資格は能力の客観的な評価基準になりますので転職活動においては積極的に取得することをオススメします。

能力評価に加えてポテンシャルを感じてもらえますのでライバルに差をつけることができます。また、転職できる業界の幅が増えますので自分の可能性も広げることができます。

エンベデッドシステムスペシャリストはエンジニアとしての高いITスキルを証明することができるので、IoT市場で活躍したいと考えている人には取得をオススメします!