情報セキュリティマネジメントのおすすめ勉強法 詳細な対策法・勉強時間まで解説

「情報セキュリティマネジメント試験の合格に必要な勉強時間はどれくらい?」

「情報セキュリティマネジメントの効率的な勉強方法が知りたい!」

このような疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

情報セキュリティマネジメントはIT業界だけでなく多くの企業で生かすことができる資格です。

多くの人が受験している人気資格ですが、オススメの勉強方法や必要な勉強時間は気になりますよね。

こちらの記事では、情報セキュリティマネジメント試験の様々な対策法について解説していきます!

情報セキュリティマネジメント対策についてざっくり説明すると

  • インプットとアウトプットのバランスが大事

  • 午前試験と午後試験でそれぞれ対策が違う

  • 独学でも合格を狙える!

  • 疲れていてもコツコツ毎日継続することが大事

情報セキュリティマネジメントの勉強法

赤ちゃんの疑問

情報セキュリティマネジメント試験は、情報セキュリティマネジメントの計画・運用・改善について高い見識を持っているかを見る試験で、組織の情報セキュリティを安全なものにするための基本スキル取得を目的とした資格です。

情報セキュリティマネジメント試験は、正しい勉強法をコツコツと継続していくことで合格に近付くことができます。

主に、インプットとアウトプットのバランスを取りながら勉強していくと良いでしょう。

こちらのトピックで、基本的な勉強法から勉強の際の注意点まで解説していきます!

バランスを意識して勉強を進める

勉強の基本的な流れはテキストや参考書を使いインプットをこなしてから、予想問題や過去問題を使いアウトプットを進めていくというかなりシンプルなものです。

特にIT試験未経験者で事前知識が無い人は、IT系の知識に対して抵抗感を覚える場合が多いです。

苦手意識や拒否反応を無くしていくためにも、テキストを何回も読み込んで知識を確実に定着させることが重要となります。

知識が定着した後は、予想問題や過去問題を解いてアウトプットをしていきましょう。

アウトプットを行うことで試験形式に慣れ、出題の傾向を掴むことができます。

アウトプットの過程で間違えた問題については、インプットができていなかったり自分の弱点となる論点です。

しっかりと現状を把握しつつ、それらの問題はテキストに戻って知識を見直す作業を繰り返し行いましょう。

午前・午後試験それぞれの対策

情報セキュリティマネジメント試験は午前の部・午後の部の2つに分かれており、それぞれ試験形式が異なっています。

そのため、知識を身に着けた後は午前と午後試験それぞれ個別の対策を打つ必要があります。

午前試験対策

午前試験は4択の中から1つを選んで回答するという非常にオーソドックスな試験です。

出題範囲の基本知識を中心にテキストでしっかり押さえて、しっかりとアウトプットをこなせば自然と対策ができます。

また、50問の試験を90分で解くため時間に余裕はありません。

1問あたりにかけられる時間は見直しなどを含めると1分程度となるため、スピーディーに解くことも心掛けましょう。

無駄な時間を削減するためにも見たことがない知識をなくしていきましょう。

知識が頭からスラスラと出てくるまで学習を進め、完成度を高めていくようにしましょう。

午後試験対策

午後試験は5ページ程度に渡る長文を読んでから、用意された設問に答える形式となっています。

実際の企業を想定したシチュエーションの会話文の空欄を埋める虫食い問題であったり、ケースごとの対策方法を選択肢からの中から選ぶ問題が主となっています。

そのため、知識だけではなく長文を素早く読む読解力が求められます。

過去問を通じて長文を素早く読みこなす練習を積み、身に着けた基本知識を実際の場面で適用できる応用力を鍛えておかないと本番で苦労します。

独学合格は十分可能

情報セキュリティマネジメント試験は合格率が比較的高く、難易度も易しめであるため独学での合格は十分可能です。

実際に独学で合格している人はたくさんいるため、事前知識があったり勉強時間を多く取れそうな人は独学で挑戦しても良いでしょう。

独学で進める際には、自分に合った参考書やテキストを選んでそれに沿って知識を入れていくことが重要です。

独学の注意点としては、勉強に集中できる環境が作りづらかったり、勉強計画をうまく立てられなかったりして結果的にはかどらないことがある点です。

そのため、モチベーションを維持しながら自己管理を徹底していくことも合格への大切な要素となってきます。

具体的には、勉強期間を決めておきその計画に沿ってやるべきことを目標として立ててコツコツと進めていくと良いでしょう。

こまめに勉強の進捗を確認して、計画通り進んでいるかを省みながら勉強していきましょう。

独学ではテキスト選びが大切

独学ではテキストの質がそのまま知識の習得具合に反映されるため、テキスト選びは合否を分ける非常に重要な要素です。

情報セキュリティマネジメントを独学する場合のおすすめテキストは、「ニュースペックテキスト 情報セキュリティマネジメント 2020年度」です。

価格は1980円、出版社はTAC出版です。

このテキストの特徴は、出題傾向を分析した上で基本分野を中心にしっかり学べる構成となっている点です。

頻出分野とそうでない分野もわかりやすく識別できる工夫がされているため、メリハリをつけた勉強も可能になっています。

初学者でも勉強の全体像をイメージしやすいように「スタートアップ講座」という項目が準備されており、初学者にも優しい構成になっています。

また、フルカラーで図が豊富に使われており、インプットがしやすくなっていることもこのテキスト特徴の1つです。

多くの問題も収録されているため、インプットとアウトプットを効率よくこなすことができる点もこのテキストの魅力です。

勉強の際に注意するべき点

働く男性

勉強は毎日行う

ITパスポートの勉強に限らず、資格の取得を目指す際にはとにかく毎日コツコツと勉強することが大切です。

勉強をやらない日を作ってしまうと、前日に習得した知識を忘れやすくなってしまったり、勉強の習慣も付きにくくなってしまうなど多くのデメリットがあります。

モチベーションの低い日であっても、一踏ん張りして勉強をすることを強くオススメします。

継続していくポイントとして、毎日小さな目標を作っておきそれを達成するために頑張ることでモチベーションを継続しやすくなります。

そのため、モチベーションを損なわないような無理のない勉強計画を立てることも重要と言えるでしょう。

スケジュールをしっかり管理する

合格には継続的な勉強が何よりも大切であるため、学習スケジュールを立てることで合格までの道筋が見え、勉強を継続しやすくなります。

試験範囲をきちんと把握して頻出論点を押さえ、どれくらいの勉強期間が必要であるかを把握することが大切です。

過去問題を分析して、頻出範囲や重要論点を中心にして学習スケジュールを立てると効率的な勉強ができます。

勉強の過程でスケジュールは随時確認し、必要に応じて微調整していくと良いでしょう。

過去問は正しく使うことで効果アップ

過去問はホームページや書店で問題集を買うことで入手することができます。

過去問をうまく活用して、いかに試験の問題形式に慣れて質の高い演習を積めるかが合否を分けます。

過去問は本試験レベルの問題を数多くこなすことができる非常に有益なツールなので、積極的に活用しましょう。

特に午後試験の長文形式では時間が限られている中で長文を正確に読まなければなりません。

過去問を通して、長文を早く正確に読む能力を鍛えることもが大事です。

過去問に関する注意点としては、情報セキュリティマネジメント試験は始まったばかりで歴史の浅い試験であるため過去問のストックが少ない点です。

重要度が低いからと言ってすぐに捨て問題にしてしまうのではなく、なるべく広く浅く勉強するようにしましょう。

つまずいた箇所はその場で解決

わからない論点にぶつかったときは、その都度テキストを見て確認するようにしましょう。

確認せずにそのまま放置しておくと、後々知識の穴としてたまっていき復習するときに「どのポイントでつまづいたんだっけ?」という状況になってしまいます。

復習をサボってしまうと、本番で問題に答えることができず、無駄な失点を重ねてしまうことになりかねません。

また、確認した後はその箇所に付箋をつけておくなどの工夫をしておきましょう。

こうすることにより、次に問題を解く時もすぐに確認できるようになり、知識の穴を作りにくくする効果もあります。

移動時間などの隙間時間も有効活用

インプットをする際に隙間時間を有効活用することで、より効率的に勉強することができます。

具体的には、通学や通勤などの移動時間などを使って参考書を読んだり、過去問の解説を読むなどすると良いでしょう。

ついついスマホでゲームや動画を見てしまい時間を浪費しがちな人は、生活習慣を改めてみましょう。

また、隙間時間にカフェなどにこもって集中できる環境を作れれば、問題を解いてアウトプットするのも良いでしょう。

ただし、問題演習をする際には本試験と同じように限られた時間の中で解くことで応用力が鍛えられます。

試験本番が近付いてきたら本番と同じ時間配分で模擬演習をこなし、その時現在の自力を測る作業はこなしておきましょう。

直前期の油断は禁物

試験が近付いてくると、浮ついた気分になって勉強に身が入らなくなってしまう人もいます。

そこで、気を引き締めるためにも試験直前は過去問や問題演習で間違えた問題や、自分の苦手な分野の穴埋めを中心に行うことを心掛けましょう。

特に、かなり前にインプットしたものは忘れてしまったものも多くあるので、それらをテキストを読み返して改めてインプットをし直しましょう。

この作業をすることで本番でのど忘れも防ぐことができます。

直前期に十分な実力がついていて合格ラインに到達できる自信があっても勉強は継続するべきです。

油断して勉強をサボり手を抜いてしまうことで、直前期にせっかく覚えた知識が抜けて実力が落ちてしまうことが十分あり得ます。

このようなもったいない事態を防ぐためにも、試験直前まで気を抜かずに勉強するようにしましょう。

未経験の場合は200時間の勉強が必要

キーボードの画像

情報セキュリティマネジメントの合格まで必要な勉強時間は、未経験で初学者の場合200時間が目安となります。

200時間をこなすとなると、1日3時間の勉強を毎日継続すると仮定した場合は2か月程度の勉強期間になります。

一方で、IT経験があり事前知識がある人の場合であれば50~100時間程度の勉強時間と言われています。

なお、試験範囲の知識をどれくらい持っているかどうかで勉強時間の個人差は出てきます。

ちなみに、ITパスポートを既に取得していて知識を豊富に持っている経験者は、短い勉強時間で合格を狙えます。

自分に必要な勉強時間を大まかに決めた後は、勉強計画を立てメリハリをつけて勉強を進めることが大事です。

勉強時間の配分に注意

人によって、勉強時間の配分をうまく調整して勉強する必要があります。

例えば初心者の場合は基本的な知識面が不足しているので、インプットに多くの時間をかけてじっくりと基礎知識を仕込んでいくべきです。

一方、ある程度IT知識に精通している人であれば、アウトプットに注力して実践力を高めていくと良いでしょう。

このように自分の実力を見極めた上で勉強時間をうまく調整することで、勉強の効率を上げることができます。

そのため、勉強の前にじっくりと配分を考えておくのをオススメします。

勉強時間は短縮可能

正しい方法で勉強することで勉強時間は短縮することができます。

自分流の勉強方法では非効率な方法になりがちで、結果的に無駄な勉強時間を多く費やしてしまうケースが多いのです。

なかなか勉強の成果が上がらず行き詰っている場合には、勉強法を見直し軌道修正することで勉強時間を短縮することができます。

基本的には、知識をインプットしながら段階を踏みながらアウトプットする勉強法が王道です。

そのため、自分の勉強方法に疑問を感じた場合は基本に忠実に勉強してみましょう。

試験の合格ライン

招き猫の画像

情報セキュリティマネジメント試験の合格ラインは、午前と午後の試験でそれぞれ6割以上の得点をすることです。

6割で合格できるため、逆に言えば4割は間違えられるのです。

6割はあまりハードルが高いとは言えないので、頻出論点や重要論点を押さえて勉強すれば、自然と合格ラインに到達できます。

勉強している過程でどうしても理解できない部分や何回やっても間違えてしまう分野が出てきた場合は、思い切って捨ててしまうのも一つの手段と言えます。

ただし、試験対策上有効な手段でも、情報セキュリティに関するスキルを高めるという本来の趣旨とはズレてしまう点には注意が必要です。

実務で生かしていくためにも、試験対策上捨てた論点も記憶の片隅には留めておくようにしましょう。

情報セキュリティマネジメント対策のまとめ

情報セキュリティマネジメント対策のまとめ

  • 合格ラインはそこまで高くないため、メリハリをつけた勉強が重要

  • 自分がわかりやすいテキストで勉強を進めよう

  • スケジュールをしっかり管理して適宜確認するようにしよう

  • 隙間時間もうまく使って試験直前まで勉強しよう

情報セキュリティマネジメントはそこまで難易度が高い試験ではないため、重要論点を押さえた勉強をすれば合格ラインに到達できます。

インプットとアウトプットを意識した勉強方法を意識することも重要です。

取得しやすい上に取得メリットも多くある魅力的な資格なので、ぜひ取得を目指してみてください!