宅建試験の勉強にDVDは必要ない?コスパやメリットを徹底考察!

更新日時 2019/08/26

宅建試験に向けて勉強を始めようと思っている方の中でも、DVDなどの教材を自分で購入して独学するか、通信講座や通学講座を受けるべきか迷っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、宅建試験の対策にDVD学習が有効なのかどうかについて考察していきます。

どのように宅建の勉強をするかお悩みの方も、この記事を参考にして自分に合った勉強方法を見つけてみてください。

宅建のDVD教材についてざっくり説明すると

  • DVDは宅建試験の勉強効率を高めてくれる
  • DVDに加えて問題集や過去問集を購入すると、費用がかなり高くつく
  • 費用対効果を考えると、DVD購入以外の選択肢を模索するのが良い

宅建試験にDVDは有効なのか

疑問を抱いている様子 宅建試験の勉強では、宅建業法やその他の法律に関することなど、暗記しなければならないことが膨大にあります。

かといって出題範囲を暗記さえすればいいというものでもなく、宅建試験は問題数が多いということもあり、1問ずつスムーズに解いていく技術や知識に対する深い理解度が必要になってきます。

そのため、問題集・過去問集などを利用して実際に問題を解いてみることも不可欠です。

宅建試験は容易に合格できる試験ではないので、適切な勉強方法でしっかり学習しなければなりません。

こうした実態もあるため、テキストだけで勉強しようとしても難しい単語がたくさん出てきたりして、勉強に慣れていない人には非常に困難な試験となります。

難しい文章をじっと読むよりも、DVDを視聴して勉強することで、講師の方の動きを見たり、情報が耳に入ってくる方が記憶に残りやすいものです

つまり、テキストでの勉強だけでなく、DVDも利用して勉強した方が学習効率はずっと高いと言って良いでしょう。

もちろんDVDではなくCDで販売されている場合でもそれは同様です。

DVD学習のメリット

宅建試験のDVD学習には、多くのメリットがあります。

時間を問わず勉強できる

DVDを利用することで、移動時間や家事をする時間など、場所や状況を選ばず自分の好きな時間に学習することができ、スクールなどに通う手間が省けます。

仕事などで忙しくて勉強する暇がないという方でも、このような隙間時間を利用して勉強することができるというのは非常に便利です。

質の高い講義を受けることができる

スクールに足を運ばなくてもプロの講師の方より質の高い講義を受けることができ、自力で難しいテキストを読むよりも内容の理解がよく進みます。

一度見て理解できない部分があった場合でも、繰り返し再生することで理解を深めることができますし、聞き逃した場合でも巻き戻すことが可能です。

宅建試験向けのDVDの費用

お金を無駄遣いしている様子

宅建試験用のDVDを購入するとなると、テキストと合わせて2~3万円程度と、そこそこの値段がかかります。

これらに加えて問題集や過去問集なども購入する必要があるため、合計するとかかる費用は4万円前後まで至ってしまいます。

かといって安価なDVDを適当に購入してしまっては、うっかり品質の低い教材を掴んでしまって勉強がはかどらない…という事態にもなりかねません。

安さを追求するのであれば中古を利用するという手もなくはないですが、過去の教材は最新の法改正に対応していないという点を考えると避けるべきです

宅建試験では多くの法律を網羅しなければならず、その年ごとの法改正に対応した教材が必須になってくるので、必ず最新の教材を入手しなければなりません。

独学者にDVDはおすすめしない

おすすめを提示している様子

宅建試験に臨むに当たり、独学で試験勉強をするという選択肢ももちろんあります。

独学という勉強方法を選ぶ方は、学習時間を自由に使えることの他に値段が安いという点を重視しているのではないでしょうか?

しかしながら、前述したようにDVDを購入するには相応の値段がかかってしまうため、「安い」というメリットがあるとは言い難いです。

DVDよりも通信講座の方がおすすめ

宅建試験用のDVDの購入を考えているという方は、独学で宅建の勉強をされている方だと思われますが、結局4万円前後という高額な費用がかかってしまうので、コスト面での独学のメリットはほぼなくなってしまいます。

DVDを含めた教材を自分で購入するよりも、通信講座を受講するのがおすすめです。

通信講座はコスパに優れる

宅建の通信講座は2~6万円で受講でき、DVDを店頭で購入するよりも安いという場合も多いです。

また、通信講座ではオンライン動画で講座を受講するため、忙しくて時間が取れないという方でもある程度は自由に勉強時間を使うことができます。

多くの講座でパソコン・スマホ・タブレットなど多くの機器に対応しており、自由度も高いです。

オンラインの動画配信だけではなく、DVDを教材にしている講座もあるので、ネット環境に不安がある人でも受講することができます。

通信講座を受講すれば、かかる費用も自分で教材を購入するのと同程度かそれより安い値段で済み、動画やDVDを利用することで時間を問わず講義を受けることができるため、効率よく勉強できます。

教材も充実している

通信講座の中身には、講義だけではなくテキストや問題集などの教材も含まれています。

宅建士は人気の資格であるため、店頭には非常に多くのテキストが並んでいて、「どれを買えばいいのかわからない…」という状態に陥ってしまったこともあるのではないでしょうか。

しかし、通信講座を申し込めばテキスト選びに悩むことはありません。

信頼できる講座機関が選んだテキストを使うので、安心して勉強することができます。

サポートも万全

それだけではなく、質問対応やスケジュール管理などのサポート体制も充実しています。

カリキュラムが組まれているため独学と比べたら時間的に自由度は低くなるものの、スケジュールが管理されていることで試験まで計画的にしっかり勉強できますし、もし講義やテキストで分からない部分があったとしても質問して解決できます。

また、最新の法改正の情報を提供してくれる点も大きなメリットです。

せっかく同等のコストをかけるのであれば、DVDを自分で購入して独学するよりも通信講座を受講した方がお得で効率的です。

宅建試験の通信講座を選ぶなら

宅建試験に向けて通信講座を受講するのであれば、圧倒的に「フォーサイト」の宅建講座がおすすめです

フォーサイトは受講生の合格率が全国平均の4.5倍以上という業界最高の合格実績を誇っている通信講座であり、質の高い講義や良質なテキストが特徴です。

また、受講して不合格になってしまった場合は受講料が全額返金されるなど、アフターケアも極めて太っ腹です。

受講しても「合格するかタダか」という選択肢しかなく、デメリットが全くない講座と言えるでしょう。

当然受講生からの評判も高く、2018年のオリコン満足度調査では1位を獲得しています。

宅建を目指されている方は、ぜひフォーサイトの宅建講座を一度ご覧になってみることを強くおすすめします!

フォーサイトの公式サイトはこちら

宅建試験向けのDVDまとめ

宅建試験向けのDVDまとめ

  • 宅建試験向けのDVDを視聴することで、テキストのみの勉強よりも効率的に学習でき、空き時間を利用して勉強することも可能など多くのメリットがある

  • DVDを自分で購入して独学するにはある程度のお金がかかり、通信講座にかかる費用と同等か高くつく場合があるため、通信講座を受講する方が圧倒的におすすめ

ここまで、宅建試験用のDVD学習の是非について解説しました!

独学で宅建試験に臨む選択肢ももちろんありますが、費用対効果を考えれば通信講座を受講した方がどう考えてもおすすめです。

これを機に一度宅建の通信講座をチェックしてみてはいかがでしょうか?