ホーム
社労士
FP
中小企業診断士
宅建士
行政書士
  1.  

クレアールの中小企業診断士講座の評判は?口コミから現在の実態を解説!

更新日時 2019/11/15

「クレアールの講座って他の通信講座と比べて実際どうなの?」

「クレアールの中小企業診断士講座のメリットやデメリットが知りたい!」

そんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

中小企業診断士試験の難易度は非常に高く、独学で合格を目指すのはかなり茨の道となってしまうでしょう。

しかし、予備校や通信講座を調べてみても、正直どこがどんな特徴を持っているのかよく分からないですよね

講座選びは試験の合否に大きく関わる大切なポイントなので、なんとなくで選んでしまうのは極めて危険です。

そこでここではクレアールの通信講座について、他の講座と比べた特徴や利点、正直惜しいポイントまで包み隠さず明らかにします

これを読めば、クレアールの通信講座があなたに合っているかどうかがハッキリ分かるはずです!

クレアールの診断士講座をざっくり説明すると
  • 講座費用は通信講座以上予備校以下
  • 独自の「非常識合格法」を持つ
  • 学習範囲を絞った効率的な勉強が可能
  • 非常に手厚い受講生サポート

クレアールの中小企業診断士講座の特徴

質問のイメージ

クレアールの中小企業診断士講座の特徴を箇条書きで並べるとこんな感じになります。

  • 講座費用は通信講座の中では高め

  • 最短合格が狙える学習範囲を絞った教材

  • ベテラン講師による質の高い講義

  • 予備校に近いサポート体制

  • 長年の指導実績を持つ信頼度抜群の講座

クレアールの特徴を一言で言い表すと「予備校と通信講座の中間」だと言えます。

校舎での質問対応や添削指導といった予備校に近いサポートを受けられる一方で、講義は全てスマホやPCで受講することができるので、いつでもどこでも勉強することが可能です。

このように見ると両者の良いとこ取りのように感じますが、講座費用が通信講座にしては高かったり、テキストの作りが甘かったりと、少々残念なポイントがあるのも事実です

また、クレアールは「非常識合格法」というオリジナルの教育理念を持ち合わせており、合格ラインギリギリを突破する無駄のない勉強法を体験することが出来ます。

クレアールの非常識合格法とは

ここではクレアールの大きな特徴である非常識合格法に着目し、その実態を解説していきます。

合格に特化した教育理念

非常識合格法では中小企業診断士試験の合格ラインが60%の得点率であることに注目し、学習範囲を一般的な範囲よりも大幅に削っています

範囲を絞った重点的な学習を行うことで、60点を安定して取ることを目指した勉強法ということです。

学習範囲は過去問研究を徹底的に行うことで絞っています。そのため、クレアールは他の通信講座と比べてかなり過去問を重視する傾向があります

考え方自体は極めて常識的なものですが、削り方がかなり大胆という意味で非常識なのでしょう。

実際クレアールのテキストは他社と比較しても薄く、圧迫感を感じることなく勉強に取り組むことが出来ます。

非常識合格法のノウハウ本を配付中

無駄なく最短合格を目指せる非常識合格法ですが、実はクレアールの講座を受講しなくてもそのノウハウを学ぶことが可能です

クレアールでは現在非常識合格法のノウハウを凝縮した書籍を無料プレゼントしています

長年の指導実績を持つクレアールの教育ノウハウを学ぶ絶好の機会なので、受験生であれば是非とも手に入れておきたいものです。

ただし無料プレゼントは先着100名様限定なので、無くならないうちに入手しておきましょう!

クレアールの中小企業診断士講座はどんな人におすすめ?

読書する子供 ここまでクレアールの特徴を簡単に見てきました。

ここからそれぞれの特徴をより具体的に見ていく前に、まずはクレアールがおすすめできる人・できない人を先回りしてお伝えします

クレアールがおすすめできない人

正直クレアール以外の講座を選んだ方が良いと思われるのは、次のような方々です。

  • 通学講座(予備校)をお探しの人
  • 講座費用の安い通信講座をお探しの人
  • フルカラーで図表の多い「読みやすい」テキストが好きな人
  • 出題頻度が低い箇所でもしっかり学びたい人

特に講座費用やテキストのクオリティは見逃せないポイントだと思います。

講座費用は安いものと比べると4~7万円ほど高くなってしまいます。コストパフォーマンスは決して高いと言えないでしょう。

テキストについては白黒で図表が少ないものとなっていますが、活字が並んでいても苦にならない方であれば問題ありません。

クレアールがおすすめできる人

クレアールの中小企業診断士講座がおすすめなのは、次のような方々です。

  • 最短合格を狙った効率的な学習がしたい人
  • クオリティの高い講義を受けたい人
  • 過去問演習を重視している人
  • 質問対応や添削指導といったサポートを受けたい人

特に添削指導がついた答案練習は2次試験対策にうってつけと言えます。

価格の安い通信講座でも講義のクオリティが高いものや質問対応が無制限なものはありますが、添削指導がついているものは珍しいです。

実際クレアールを選ばれる方の多くが、答案の添削指導に惹かれて受講しています。

クレアールの講座費用を他社と比較

コインの写真

クレアールの中小企業診断士講座には数多くのコースが用意されているので、一概に講座費用はいくらですと断定することは出来ません。

コースの価格帯は90,000円から200,000円以上と幅がありますが(期間限定割引込)、多くの方は添削指導までサポートが充実した150,000円前後のコースを受講される方が多いようです

中小企業診断士の通信講座の中には50,000円前後で受講できるものも存在するので、価格設定は少々高めであると言えるでしょう

ちなみにTACなどの大手資格予備校の受講料は250,000円から300,000円以上するので、予備校と比較すればかなり安いです。

また、合格者には50,000円から60,000円の合格祝賀金が贈呈されるのも見逃せないポイントです。

教育訓練給付制度も利用可能

クレアール中小企業診断士の主要なコースは全て教育訓練給付制度の対象講座となっています

したがって給付制度の条件を満たした方であれば受講料の20%をハローワークから受け取ることが出来ます

仮に講座費用が150,000円であった場合、30,000円の大幅割引が実施されることになります。

教育訓練給付制度についての詳細は厚生労働省の該当ページをご参照ください。

クレアール診断士講座の教材と他社の比較

スマホを見る人

クレアールの教材は他の通信講座と比べても特徴的な点が多く、好みが分かれるところです。

ここではクレアールのテキストや講義の特徴について紹介していきます。

簡素な作りのテキスト

クレアールのテキストはズバリ言ってしまうとシンプルで華がありません

これは内容面が良くないということではなく、読みやすくするための工夫がほとんどされていないということです。

まずテキストや問題集はほぼ白黒で構成されており、メリハリがあるとは正直言えません。

また、図表やイラストも他の通信講座と比べて少なく、視覚的な理解を助けてくれるような仕上がりにはなっていません。紙質も薄く、しっかりした作りとは言えないでしょう。

一方で内容面に関しては余計な情報を省いて重要事項が簡潔にまとめられています

ページ数も他の通信講座と比較して少ないので、テキストの厚みがなく持ち運びもしやすいです。

過去問演習は極めて充実

過去問対策といえば多くの予備校や通信講座では10年分も行えば十分といった感じで扱われますが、クレアールの場合過去問演習は16年分も用意されています

過去問の重要度は資格試験に臨む方々であれば誰もが知るところでしょう。

また、テキストも過去問集と見事に対応しており、過去問演習を通じて学んだ論点や間違えた箇所などをテキストでスムーズに確認することが出来ます

クレアールが過去問研究を徹底して行なっていることがよく表れている特徴の一つです。

スマホを使った問題演習も可能

クレアールに対して昔ながらの老舗というイメージを持つ方もいらっしゃるかと思いますが、実は中小企業診断士講座ではeラーニングシステムも充実しています

スマホで場所を選ばず講義動画を視聴できることはもちろん、「1000問ノック答練」というWEB問題集を活用していつでもどこでも問題演習を行うことが可能です

昨今ではeラーニングシステムを兼ね備えた通信講座が増えていますが、その流れに乗り遅れることなくクオリティの高い学習機能を用意してくれています。

担当講師の指導力が高い

クレアール中小企業診断士講座では各科目で担当講師が異なり、極めて専門性の高い講義を受けることが出来るようになっています

総勢9名にものぼる講師陣の豊富さは、他の通信講座には見られない大きな魅力だと言えるでしょう。

特に企業経営理論および運営管理を担当する古森講師は「非常識合格法」の考案者でもあり、中小企業診断士試験の全容を深く理解した試験対策の第一人者です。

ただし、講師は人によって合う合わないがあるものです。

講義は資料請求することで体験可能なので、受講前にまずは一度チェックしてみることをおすすめします。

受講生への手厚いサポートが魅力

喜ぶ人

クレアールは通信講座の中でも随一のサポート体制を誇ります。

難易度が高い中小企業診断士試験において、親身に寄り添ってくれるクレアールのサポートは大きな支えとなることでしょう。

質問は何度でも無料で対応

通信講座の中では質問回数に制限が設けられていたり、質問をするのに追加料金がかかったりするものも多いのですが、クレアールでは無料かつ無制限に質問をすることが可能です。

また、クレアールの本館に足を運ぶことで対面での相談も出来るようになっています。分からないことの質問だけでなく、学習スケジュールの設計といったことも相談することが出来ます。

本館は東京の水道橋にあるので、関東圏の方であれば足を運んでみるのも良いでしょう。

このような対面での相談は、通信講座でありつつも校舎を持つクレアールならではの利点です。

添削指導で2次試験対策もバッチリ

クレアールでは通信講座では珍しく添削による答案練習講座が用意されています

こうした添削指導を行なっている通信講座はクレアールの他にはユーキャンしか存在せず、通常は大手予備校でしか行われない貴重なサポートです。

クレアールの添削指導は1次試験でも2次試験でも実施されますが、特に有意義なのは2次試験の添削指導です。

1次試験はマークシート形式なのでそこまで添削のありがたみを感じませんが、2次筆記試験では添削により点数を貰える回答の作り方を学ぶことが出来ます

他の通信講座でも添削以外の方法で2次試験に向けた対策を行うことが出来ますが、記述式試験の対策で添削に勝る勉強法はないでしょう

クレアール中小企業診断士講座の合格率

悩む人

クレアールの中小企業診断士講座の合格率は公開されていません。

教育訓練給付制度の利用者のデータを参照することで、制度利用者の合格率を見ることが出来ますが、これによるとクレアール受講生の合格率は平均と比較してかなり高いことが分かります

具体的な数値では規定上ここでは公開しかねますが、気になる方は「教育訓練給付制度の検索システム」で該当講座をチェックしてみると良いでしょう。

また、クレアールの事業室長の方のお話によればクレアールの合格率は全国平均の2倍から3倍以上とのことです。

ただし、もちろん受講するコースなどによっても合格率は変わってくることも念頭に置いておきましょう。

クレアールを含め、どの通信講座でも中小企業診断士講座の合格率を公表していませんが、これは通信講座では全ての受講生の合格率を把握するのが極めて困難であることが主な原因だと言えます。

したがって合格率によって中小企業診断士講座を比較することは出来ないということを覚えておきましょう。

クレアール中小企業診断士講座の残念な点

勉強する人

冒頭でも触れましたが、クレアールにはお世辞にも褒めることの出来ない惜しいポイントがいくつか存在します。

ここではクレアールの他講座と比較した際のデメリットに注目して、具体的に見ていきましょう。

講座費用が高い

クレアールの通信講座を語るにあたって避けては通れないポイントです。

診断士ゼミナールやスタディングなど、50,000円から80,000円で受講できる高品質な通信講座がある中で、クレアールの講座費用は150,000円前後です。

また、上記の2講座よりもクレアールが明らかに優っている部分は「講師陣の豊富さ」と「添削指導の有無」だけです。そして、もちろん上に挙げた講座それぞれにもクレアールにはない魅力的なポイントがたくさんあります。

こうした事実を加味した上で、10万円近く高額なクレアールの講座をおすすめ出来るかといえば、なかなか難しいところではあります。

テキストの評判が悪い

クレアールのテキストの評判は、正直なところ芳しくありません。

昨今では多くの通信講座がテキストの読みやすさ・分かりやすさを競ってフルカラーでテキストを作成したり図表が豊富に用いた解説を取り入れています。

一方でクレアールのテキストは多少の図表は見られるものの、文字ベースの昔ながらの教材といった感じで、とても読みやすいものだとは言えません。

特にこれから勉強を初める方であれば、取っつきにくい印象を受けられる方も多いでしょう。

不合格の際の再受講割引が無意味

クレアールでは受講したものの不合格になってしまった方を対象に再受講の際の価格を45%割引しています

これだけ聞くと非常に良いサポートだと感じますが、実はクレアールでは一般の受講生の方も様々な期間限定割引を利用できる上に、これらの一般受講生が利用できる割引と再受講割引の割引率はほぼ変わりません

端的に言ってしまえば再受講割引の意味が無いということです。

なぜこのような仕組みになっているのかは謎ですが、これらの割引制度については受講前にきちんと確認しておくのをおすすめします。

公式ホームページが役に立たない

講座の内容とは全く関係のないところではありますが、講座を受講しようと考える受講生の大きな障害となる部分でしょう。

クレアールの公式ホームページで講座の情報を得ることは非常に困難になっています

講座内容や費用、割引情報やコース情報などがあちこちに点在しており、ホームページを見てどのコースを選べば良いのかを選ぶのは極めて困難となっています。

講座そのもののクオリティは高いだけに、非常に残念なポイントです。

一方で資料請求をすると、クレアールの魅力がよく伝わるパンフレットが受け取れるほか、コース毎の料金体系や各種割引制度も見やすくまとめられています。

したがって講座の受講を検討される場合は、まずは資料請求をした上で他講座と比較されるのが良いでしょう。

クレアール中小企業診断士講座のコース一覧

色鉛筆の写真

ここではクレアールの中小企業診断士講座のコースを紹介します。

クレアールのコースの分類は非常に細かいですが、大きく次の3つのコースに分けることができます。

コース名 基本価格 期間限定割引価格
1次2次ストレート合格スタンダードコース 200,000円 120,000円
1次2次ストレート合格パーフェクトコース 250,000円 150,000円
1次合格パーフェクトコース 150,000円 90,000円
2次合格パーフェクトコース 120,000円 108,000円

割引価格は数ヶ月おきに変わるので、必ず受講前にご自分でチェックしましょう。

ここに挙げたどのコースも1次試験は7科目のうち科目数を選んで受講可能です。つまり、例えば5科目だけに絞って受講もできるということです。

1次試験の科目数を減らすことで価格も下がり、1科目減らすごとにおよそ10,000円安くなります

このように、すでに学習をある程度進めた方であれば自分の苦手な科目に絞って受講することもできるようになっています。

ちなみにクレアールの大きなメリットである添削指導を受けたい方は、答練講座が豊富な「パーフェクトコース」を受講するのがおすすめです。

あわせて読みたい
[object Object]
{ "default": "" }
{ "default": "" }

クレアール中小企業診断士講座の評判・口コミ

夕日の写真

効率的な学習をすることができた

非常識合格法を掲げるクレアールですが、受講生の方の多くがクレアールの効率的な学習に対して好意的な意見を寄せていました。

ここではその一部を抜粋して紹介します。

  • クレアールの教材は論点ごとに整理されていたので、自分の弱点の補強に集中することができました。

  • クレアールのカリキュラムのみで合格することができました。時間的な面も含め、非常にコストパフォーマンスが高いと感じました。

添削指導でミスをなくすことができた

添削指導は2次試験対策に戸惑う受験生の道しるべになっていたことも、口コミから分かります。

ここでは添削に言及している口コミを紹介します。

  • 2次試験は記述式なので何をどう書けば良いか戸惑いますが、クレアールで短い記述の演習から徐々にステップアップして力をつけることができました。

  • 解答に加えるべきキーワードや文章構成の方法は、添削で指摘いただいたポイントを一つ一つ潰していくことで学ぶことができました。

親身なアドバイスが役立った

クレアールの魅力の一つである受講生サポートは、やはり利用者からの喜びも声を多く集めていました。

  • 地方在住でしたので直接学校に訪問するのが難しい中、メールで大変親身に相談に乗っていただけました。

  • 2次対策は間に合わないと思い悩んでいたが、事務局に相談してアドバイスをいただけました。アドバイスの通りに勉強を進めた結果見事合格でき、感謝しています。

クレアールに対する口コミは今回ご紹介したもののように熱量のあるものが多く、心の底から感謝している受講生の方が多いという印象を受けました。

クレアールの中小企業診断士講座まとめ

クレアールの通信講座まとめ
  • テキストは簡素だがポイントを絞った学習が可能!
  • 添削指導や親身な受講生サポートが魅力!
  • 受講するならパーフェクトコースがおすすめ!

クレアールの中小企業診断士講座について説明しました!

講座費用の高さやテキストの簡素さなど、他の通信講座と比べて惜しい点はあるものの、受講生からは高い評判を得ている通信講座であることが分かりました。

あなたもクレアールの中小企業診断士講座を受講して、中小企業診断士の資格を手にしてみませんか?

あわせて読みたい
[object Object]
{ "default": "" }
{ "default": "" }
人気記事