【2020最新】ボイラー技士通信講座ランキング|おすすめ6社を徹底比較!

更新日時 2020/08/10

ボイラー技士の通信講座を受講したいけど、情報が少なくてどれを選べばいいかわからない…

ボイラー技士の通信講座を選ぶ基準って何があるの?

ボイラー技士の資格取得を検討している人の中で、通信講座を使った勉強を検討している人も多いのではないでしょうか?

ネット上では、ボイラー技士の通信講座に関するページがほとんどないため、どの講座を取ればいいかわからないという人も多いと思います。

そこで、今回は資格Timesがボイラー技士講座を行っている主要6社の通信講座を徹底調査して、比較の際に重要となる

  • 講座費用の安さ
  • 教材のクオリティ
  • 学習サポートが充実度
  • 初心者にもわかりやすいか
  • 会社の信頼性

の5つの観点から、おすすめ通信講座をランキング形式で紹介していきます!

1位:ユーキャン

ユーキャン

ユーキャンのボイラー技士講座の特徴

  • 頻出事項に的を絞った効率学習!
  • 初心者でもわかりやすいテキスト!
  • 質問・添削のサポート体制も万全!
  • 開講30年の圧倒的実績!

\おすすめNo.1講座はこちら!/

ユーキャンのボイラー技士講座は、ボイラー技士2級の受験者を対象として開講されています。

ユーキャンの講座最大の売りは、初心者でもわかりやすく学べる工夫がたくさん施されたこだわりのテキストです。

写真や図を多く用いることで、難しい内容を直感的に理解しやすくしたり、内容を重要な部分に絞ることでやるべきことが明確になります。

これらの工夫により、学習面でのつまずきを最小限にとどめた上で、試験に生きる実力を最大限身につけることができるでしょう。

また、質問制度や添削などの学習面でのサポート体制も充実していることから、疑問点を素早く解消したり、弱点を発見して克服しやすい講座となっています。

ユーキャンの評価項目

ユーキャンのボイラー技士の講座価格は39,000円(税込)となっています。

これは、ボイラー技士の通信講座の平均価格である24,000円ほどと比較すると、少々高めの価格設定となっており、気軽に手を出せる値段ではありません。

しかしユーキャンのボイラー技士講座は、教育訓練給付制度の対象講座となっています。

これは、条件に該当することでハローワークから講座料金の2割を支給されるというもので、これを利用することでユーキャンの講座を31,200円というお得な金額で受講できるのです。

ユーキャンの講座を受講する際には、こちらに自分が該当しているかチェックしてみてください。

ユーキャンの講座の教材は、試験に頻出のポイントに的を絞ったテキストを採用しています。

これにより、受講者は試験で必要な内容を自然と吸収できるようになり、重要ポイントを重点的に身につけることができるのです。

また、学習内容の厳選に加えて、テキストは内容そのものをわかりやすく学べる工夫も随所になされています。

内容の要旨を簡潔に説明するわかりやすい説明文や、写真や図を多用して内容を視覚化することによって、内容を納得した形で習得できること間違いなしです。

ユーキャンは、質問対応・添削指導を中心に受講生の悩みを解消するための幅広いサポートを行っています。

特に質問対応では、試験に深く精通している講師陣が直接丁寧に回答してくれるため、質の高いフィードバックを受けることができるでしょう。

また、添削指導は全5回用意されており、弱点をコンピュータで客観的に分析してくれるため、自分では発見できなかったウィークポイントを効果的に発見して次の学習に活かすことができるのです。

他にも、質の高い予想問題をそろえた「総合模擬試験」で実践力をアップさせたり、重要な法改正等の情報を適宜配信することで、最新情報を頭に入れることができたりと充実のサポート体制が整っているといえます。

ユーキャンの講座は、知識ゼロでも短期の半年で合格できるように教材やサポート体制を充実させています。

教材は、本当に学習すべき部分を厳選することで、時間のない初心者でも効率的な学習ルートを歩めるようにサポートを行っています。

また、内容のイメージを文字だけでつかみづらいため、図や写真など資格情報を多めに入れることで、内容の本質を素早くつかめる工夫もなされているのです。

サポート体制に関しては、標準学習期間である半年の2倍にあたる1年間のサポートを実施しています。

これにより、学習に苦戦している初心者の方や、忙しくて思うような学習時間が取れない人も、ユーキャンの充実のサポートを合格までしっかり受けることができるでしょう。

ユーキャンはボイラー技士講座以外にも幅広い講座を展開しており、多くの講座で高い合格実績をたたき出しています。

よって講座全体のクオリティは非常に高いものとなっており、ボイラー技士講座もその例にもれず、非常に高いといえるでしょう。

また、ユーキャンのボイラー技士講座は30年の開講実績があることからも、信頼とクオリティの両方を兼ね備えているのです。

ユーキャンを実際に使った人の口コミ(一部抜粋)

添削指導が役立った

ユーキャンの講座の添削指導は特に役に立ちました!

この的確なアドバイスにより自信をつけることができ、その後の学習にも弾みをつけることができました。

\おすすめNo.1講座はこちら!/

2位:SAT

SAT

SATのボイラー技士講座の特徴

  • 圧倒的な価格の安さが魅力!
  • 理解しやすいフルカラーテキスト!
  • 充実のEラーニングシステムでスキマ時間を有効活用!
  • 挫折しにくい原田メソッドを導入!

SATは土木・電気系資格など、技術系の資格に特化した通信講座会社であり、ボイラー技士では2級の講座を開講しています。

SATの講座の大きな魅力として、圧倒的な講座価格の安さが挙げられます。

eラーニング講座では、8,580円(税込)と相場の半分以下の驚きの価格設定となっており、多くの人が手ごろに講座を受講できるといえるでしょう。

さらに、講座価格の安さに加え、テキストや講義など学習面のコンテンツも充実のクオリティに仕上がっています。

特にテキストは講師自らが執筆を行い、フルカラーのわかりやすいテキストに仕上がっていることから、学習を効率よく進められます。

SATの評価項目

SATのボイラー技士講座の価格は、eラーニング講座で8,580円(税込)であり、これは相場費用の24,000円と比較すると、約1/3という驚異の安さです。

また、DVDとeラーニングの両方を兼ね備えた講座でも21,780円と、相場費用を下回っており、すべての講座でお得に受講ができます。

よって、金銭的な不安で独学を検討している人も手を出しやすい通信講座であるといえるでしょう。

SATのボイラー技士講座のテキストはフルカラー仕様となっており、学習のポイントを視覚的に捉えやすくなっています。

これにより、学習内容が記憶に残りやすくなり、内容理解を大きく助けてくれるのです。

また、テキストは文章だけにとどまらず、図や写真をたくさん取り入れていることから、わかりづらい内容も直感的に理解することが可能です。

内容の本質をつかむことができるので、理解がよりスムーズに進むでしょう。

SATでは、挫折者が多いという通信講座の問題点を解消するため、目標達成の絶対的なノウハウを持つ「原田教育研究所」と提携しています。

「ボイラー技士合格」という目標の特化した講義と手法が用意されており、目標設定を明確化し、目的意識をもって勉強に取り組むことを強力にサポートする体制が整っているのです。

特に、目標設定用紙は特徴的であり、成功イメージから日々やることまで細かく記入できます。

これを詳しく書いていくことで、合格までのプロセスを明確に描くことができ、日々その目的に向かって努力できるようになるでしょう。

ゼロから学習を始める際は、どうしても学習に関する疑問がたくさん出てきます。

SATはそのような悩みに徹底的に寄り添った質問制度を構築しており、学習内容の悩みからやり方のコツまで幅広い相談にのってくれます。

特に、言葉で説明してもわからない疑問に対して、講師自らが個別に図解付きの説明資料を作成してくれるのは、他社にはないSATならではの大きな魅力でしょう。

これらの質問サポートを有効活用することで、初心者でも疑問を即座に解消することができます。

SATは建築・電気系資格など、技術系資格を中心に27資格の講座を展開しており、現場で活用する資格に特に強い通信講座会社です。

この領域特化により、現場系資格の取得方法に徹底的にアプローチして、質の高い教材を作り上げています。

会社全体の累計受講者は5万人を突破しており、多くの受講生を合格まで導いていることからも、そのクオリティの高さと信頼性がうかがえるでしょう。

SATを実際に使った人の口コミ(一部抜粋)

短期間で合格に導いてくれる最高の教材

市販のテキストは300ページを超えるものが多い中、SATは100ページしかなく、このスリムな教材が学習をスタートさせる決め手となりました。

テキストはその薄さだけでなく、1ページごとに図表が豊富に使用されていることから、非常に学習がしやすかったです。

3位:たのまな

たのまな

たのまなのボイラー技士講座の特徴

  • 試験傾向を徹底分析した教材!
  • 講座費用は一般的
  • サポート体制の不十分さが課題

たのまなのボイラー技士講座は、他の会社と同じく2級のみ開講されています。

たのまなの大きな売りは、試験傾向をわかりやすく分析したテキストであり、独学の参考書ではわかりづらい点も丁寧に解説がなされています。

また、テキスト1冊ごとに添削課題が付属しており、科目ごとに効果的な演習を積むこともできるのです。

価格は23,100円(税込)と、相場費用とほとんど変わらないことから、ベーシックな値段で講座を受講できるでしょう。

そんなたのまなの講座ですが、大きな課題としてサポート体制がほかの講座と比較して不十分であることが挙げられます。

講座の保証期間が8か月とやや短かったり、eラーニングシステムを活用したスキマ時間の学習がほとんどできなかったりと、場合によっては不自由に感じる要素が多いのも事実です。

よって、たのまなの講座を受講する際には、必ず他の講座と特徴を比較したうえで購入を検討するようにしましょう。

たのまなの公式サイトはこちら

その他の通信講座も紹介

リポーター ここでは上で紹介しきれなかったその他のボイラー技士通信講座を紹介していきます。

JTEX

JTEXは技能・技術系資格を中心に通信教育講座を開講している会社であり、これまでに200万人以上の受講生から利用されてきました。

JTEXのボイラー技士講座は2級のみに対応しており、価格は23,100円と比較的ベーシックな値段で受講することが可能です。

JTEXの大きな強みは、初心者にわかりやすいステップアップ式の解説にあり、出題傾向を分析したうえで、試験で必要な内容を丁寧に解説しています。

また質問対応の際には、第一線で活躍する講師陣が直接対応してくれるので、実力のある講師陣からじっくり指導を受けることができます。

日本ボイラ協会

日本ボイラ協会は学術団体としての機能を担っていたり、ボイラー等の検査・検定を行ったりと、ボイラーの技術専門機関としての役割を担っています。

日本ボイラ協会は、ボイラー技士2級の講座を開講しており、豊かな講師による丁寧な指導を受けられます。

講座価格は31,500円となっており、相場費用はやや高めといえるでしょう。

教材は実際の問題に対応したより実践的な内容の教材を使用しており、解説も充実していることも大きな魅力です。

スタッフサービスエンジニアリング

スタッフサービスエンジニアリングのボイラー技士講座は1級・2級の2種類の講座を用意しています。

1級は33,000円(税込)、2級は20,900円となっており、2級に関しては相場よりもややお得な価格で勉強をすることができます。

1級の通信講座はあまりないため、1級の対策を検討している人はぜひ講座の受講を検討してみるといいでしょう。

独学と通信講座はどっちがいい?

対談

ボイラー技士の中でも、通信講座が多く開講されている級の合格率は2018年で55.8%となっています。

試験自体も多肢選択式で知識を問う問題が多いため、独学での対策も立てやすく、比較的合格しやすいといえるでしょう。

しかし、ボイラー技士の内容は専門的なものも多く、そもそもの内容理解が難しいです。よって、初めての専門知識に抵抗を示してしまい、学習が思うように進まないという方は、通信講座での学習がおすすめです。

通信講座ならわかりやすい教材はもちろん、質問対応などつまずいた際のサポート体制も万全です。

よって、試験範囲の学習に少しでも不安のある方は通信講座で盤石の対策を取ることをおすすめします。

ボイラー技士の通信講座まとめ

ボイラー技士の通信講座まとめ

ここまでボイラー技士試験対策の講座について詳しく解説してきました。

この記事を参考に自分に最適な通信講座を見つけて、素晴らしい学習のスタートを切ってください!

人気記事
この記事に関連するタグ