スタディングのマン管・管業講座の評判は?口コミからわかる評判も併せて調査!

マンション管理士・管理業務主任者対策の時には、どの講座を選ぶのがいいの?

スタディングのマン管・管業講座って実際のところはどうなの?

マンション管理士・管理業務主任者試験は、試験範囲でも似てる部分が多数あることから、ダブル合格を狙う人が多数存在します。

よって、通信講座でもマン管・管業講座として、ダブル合格を最大限後押しする講座が多数存在するのです。

その中でも、今回はスマホ学習に特化したスタディングのマン管・管業講座について、価格・教材・スキマ時間での学習利便性など、多様な観点から講座の詳細を徹底検証していきたいと思います。

スタディングのマン管・管業講座についてざっくり説明すると

  • スマホ学習メインの講座!
  • スキマ時間を有効活用した学習ができる!
  • 教材のクオリティがとても高い!

スタディングの公式サイトはこちら

スタディングのマン管・管業講座の特徴

道路

スタディングはもともと「通勤講座」という名前で運営を行ってきましたが、2018年に名前を改定して現在の「スタディング」という名前の講座になりました。

スタディングのマン管・管業講座の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 価格は驚きの業界最安値
  • 管理業務主任者の内容もセットとなった講座
  • オンラインでの学習がメイン
  • わかりやすいWebテキストで勉強できる
  • 基本を復習するに最適なスマート問題集
  • スキマ時間を有効活用できる充実のサポート体制
  • モチベーションを上げる学習機能
  • 効率的な勉強を実現するカリキュラム
  • 充実の無料サンプル

スタディングのマン管・管業講座では、圧倒的な価格での講座提供と、範囲の重なることの多い管理業務主任者も同時に効率よく学べるカリキュラムが大きな特徴となっています。

価格に関しては、2つの資格を同時に対策できるにもかかわらず、他のマンション管理士単体の講座よりも安いパターンがあるなど、リーズナブルな値段での講座提供が売りとなっています。

また、スタディングはテキスト・講義・問題集など学習に必要なすべての教材をスマホ1つで提供しており、スマホ上での学習に徹底的にこだわった教材となっています。

よって、通勤時間帯や外出先でのちょっとした休み時間など、今まで学習が難しかった時間帯での学習が手軽に行えるようになっており、大きな魅力となっています。

しかし、スタディングの講座の欠点を上げるとすれば、スマホ学習に特化してるため、紙媒体のテキスト提供がないということです。

よって、本などに書き込んだりしながら学習を進めたいという人は別でテキストを買いそろえる必要があります。

このように、スタディングの講座は人によって合う合わないがあるので、自分がスマホメインでの学習を行いたいかよく判断したうえで、講座を選択することをお勧めします。

スタディングのマン管・管業講座の費用を比較

コイン

ここからは、これらのポイントをより詳しく掘り下げ、他社講座と比較しつつ見ていきましょう。

スタディング最大の魅力の1つに、圧倒的な講座価格の安さがあります。

スタディング「マンション管理士/管理業務主任者合格コース」の価格は、なんと36,800円という破格の安さとなっています。

これは、資格セットの講座の価格帯としては業界最安値となっており、相場価格と比較すると2万円以上安くなっています。

この安さの秘訣には、教室などの固定費や多くの講師陣の人件費など受講生の合格に関係ない諸費用を徹底的に減らしたこと、オンラインでの画期的な学習システムを開発したことによる運営コストの大幅削減の2つが大きく関係しています。

よって、スタディングのマン管・管業講座はかなりコスパのいいものであるといえ、お得にダブル合格を狙えるものとなっています。

再受講生へのサポートもあり

スタディングでは、残念ながら不合格になってしまった人が再度講座を受講しやすいようなサポートを用意しています。

具体的には翌年の講座料金を12,980円で提供しており、初回の約3分の1の価格で講座を受講できます。

受講生にとっては慣れ親しんだ講座で再び勉強したいという気持ちも強いと思うので、この制度はとても心強いです。

教育訓練給付制度の対象講座の対象外

教育訓練給付制度とは、諸条件を満たしたうえで厚生労働大臣指定の講座を受講・修了することで、講座の受講料の2割をハローワークから支給される制度のことを言います。

他の通信講座の会社の中には、この制度の対象講座と認定されて、より安価に講座を受けられるものも存在します。

しかし、スタディングのマン管・管業講座は教育訓練給付制度の対象からは外れています。

とはいえ、給付制度での割引価格とスタディングの講座の価格を比較しても、スタディングのマン管・管業講座のほうが安いことには変わりありません。

よって、価格面での諸々の不安は一切不要であると断言できます。

スタディングのマン管・管業講座の教材を他社と比較

積み上げられた本 ここではスタディングのマン管・管業講座のテキスト内容や、学習サポートの種類などについて他の講座と比較しつつ評価していきたいと思います。

スマホでの講座受講が基本

スタディングでは、通勤時間などあらゆる場面での学習を可能にするため、ビデオ講義を中心とした学習方法を採用しています。

そのため、スタディングの講義は忙しい人でも見ただけで内容の理解が深まるように、授業の質に徹底的にこだわっています。

視聴する中で内容のポイントを自然とつかみ、実力を上げていけるのは大きな魅力といえるでしょう。

忙しい中でも手軽に講義を見れる

スタディングの講座は1時間などまとまった時間を要する講座ではなく、1講義あたり5~7分となっており忙しい中でも手軽にスマホで視聴できる講義形態をとっています。

よって、電車でのわずかな移動時間や昼休みの少し空いた時間でまとまった内容の講義を見終えることができ、効率のいい学習を実現可能です。

また講義映像は倍速再生に対応しており、1.5倍速、2倍速での再生が可能となっています。

そのため、繰り返し講義を聴く際には2回目以降を倍速にして聞いていくなどの工夫が可能になります。

これらから、自分の時間軸に合わせた柔軟な講座受講が可能であるといえるでしょう。

わかりやすい丁寧な解説が売り

マン管・管業の講義では、合格のポイントをわかりやすい図解と丁寧な解説を通して理解することができます。

具体的には、マンション管理士・管理業務主任者の試験でネックになりがちな難解な法律内容の部分を納得したうえで理解しやすくなります。

これらのわかりやすい内容理解の講義に加えて、暗記の際のコツや試験での頻出ポイントも併せて解説してくれます。

そのため、試験で必要な内容をしっかり理解して、さらに正しく覚える方法までも伝授してくれる最高の講義であるといえるでしょう。

講義はスマホのノート機能で板書可能

スマホ学習の難点として、今までのように学習した内容をノートにまとめる機会が失われてしまうことが挙げられます。

しかし、スタディングでは「マイノート機能」が搭載されており、これによりメモしたいことをスマホ上などで簡単にまとめられるようになっています。

更に、メモした内容はスマホ上に自動で同期されいつでもメモ内容を確認することができる便利な機能となっています。

難問への対応講座も完備

スタディングでは、特に難所となりやすい区分所有法とマンション標準管理規約に絞った「難問解法講座」も展開しています。

この範囲では、特に問題文の内容が難しく回答まで持っていけないという悩みが多発しています。

そんな多くの受講生のために、スタディングでは問題理解の根本である出題意図を解説しそこから必要な知識を交えつつ問題を丁寧に解説していきます。

よって、多くの受講生のつまずきを強力にサポートする充実の態勢が整っています。

テキストもWeb上で完結

スタディングでは、テキストもオンラインを用いて提供しており、ここには講義の内容をベースとした補足事項や、重要な知識がまとまっていたりします。

授業の内容がうまくまとまっているため、ノートを取らなくても、このテキストを一目見るだけで授業内容を短時間で復習可能です。

紙のテキストのようにかさばることが少なく、外出先に手軽に持ち運びが可能なテキストとなっています。

紙媒体のテキストがない

スタディングはオンライン学習に特化した教材セットとなっているため、紙のテキストをもらうことができません。

よって、今までのように冊子を使った学習に慣れてきた人にとっては少々不便に映るかもしれません。

しかし、スマホのテキストは印刷をすることで利用可能なので、必要な場面には紙に書き込んだ学習も可能となっています。

整った紙のテキストじゃないと勉強がはかどらないという人以外は、この点はそこまでネックにはならないので安心してください。

演習用の問題集が充実

スタディングでは、オンライン上で基礎固めに便利な「スマート問題集」と重要範囲を厳選した過去問題集の「セレクト過去問集」が存在します。

これにより、アウトプットの質・量ともに高いレベルで保障されることになり、学んだ知識を効率よく試験で使える形にできるでしょう。

「スマート問題集」は講座の終了ごとに復習問題が出題され、出題は試験の頻出問題を中心に出されます。

さらには、解説も充実していることから基礎知識を確実に吸収できるしようとなっています。

「セレクト過去問集」はマンション管理士・管理業務主任者の過去問から頻出テーマを厳選した過去問集となっています。

丁寧な解説を読むことで、試験問題への実際のアプローチを理解することができ、合格へと近づくことができます。

教材の内容は手軽に資料請求可能

今までの内容を読んで、実際にどんな教材なのか気になったという人もいるのではないでしょうか。

そんな人は、まずスタディングの無料講座を試してみることをおすすめします。

ここではビデオ講座の初回内容に加えて、実際にテキストや問題集一式まで実際の学習に使用する教材が一式体験できるようになっています。

画期的なスタディングの学習スタイルを手軽に体験できるセットとなっていますので、一度試してみることをおすすめします。

充実した学習アプリのラインナップ

バレンタインチョコ スタディングは学習効率が劇的に向上する学習システムを用意しています。

しかし、豊富に用意されている機能も適切な使い方を知らないことには宝の持ち腐れとなってしまうでしょう。

ここでは、質の高い学習アプリの中でも特に使いこなせると学習が有利に進められる機能を3つ厳選して紹介します。

学習フロー機能

学習フロー機能は、勉強計画をスタディングが独自に提案してくれる機能となります。

普通だったら「今日何しようかな?」と悩むことも多いですが、このアプリを使えばその心配は不要になります。

学習定着を考えた最適な順番を提案してくれるので、提案内容に従って学習を進めていくことで自然と力を身につけることができます。

勉強仲間機能

勉強仲間機能は同じ資格取得を目指す仲間と知り合って互いの勉強の進捗が見れたり、励ましあったりできる機能となります。

通信講座の大きな弱点として、ライバルの直接的な存在がないため、モチベーションの維持が難しいということです。

しかし、このアプリを使えば身近なライバルの存在を意識できるようになり、仲間の勉強時間の数字などを見ながら自分の勉強のやる気に繋げられます。

問題横断復習機能

問題横断復習機能はレッスンごとの問題をまとめて復習できる機能となっており、以前に間違えた問題を分野をまたいで効果的に復習できるようになっています。

特に、直前期などの苦手を集中的につぶしたい時期の使用がおすすめであり、直前期の苦手の克服も時間をかけずに行えるので便利でしょう。

このような演習の効率化を図っているのも大きな魅力となっています。

スタディングのマン管・管業講座の合格率

荷物を運ぶ現場 スタディングのマン管・管業講座の合格率や合格数などの詳しい数字は残念ながら公表されていません。

しかし、これは通信講座業界の中では一般的な事実です。

大きな理由として、通信講座会社は校舎で生徒を管理していないため、生徒の結果を知る手段がメールなど非常に限られ、満足いくデータが集められないことが挙げられます。

自信がないから公開していないわけではないので、この事実を見た際に「あの通信講座会社は試験結果に自信がないから公開していないんだ」と誤解しないことが大事です。

実際スタディングのホームページには合格者の声として、多くの合格者の講座への感想が載っているので、講座を評価する際にはそちらを参考にするとよいでしょう。

スタディングのマン管・管業講座の惜しい点

悲しむ子供 ここまでの説明を聞く限り、スタディングの講座は圧倒的な低価格と質の良い講義を両立している完璧な講座に思えるかもしれません。

しかし、スタディングの講座も他社と比較して劣っているポイントは存在します。

紙の教材が存在しない

冒頭の内容でもお伝えしたように、スタディングの講座のテキストはWeb上での提供のみになります

よって、今まで慣れ親しんできた本を使った勉強ができません。

他の通信講座会社の場合、ほとんど紙でのテキストでの学習がメインとなるため、この点が引っかかってしまう人もいるかもしれません。

しかし、その場合には市販のテキストを使うことで問題を解決できます。

スタディングの講座は相場価格と比較してもかなり安い値段なので、市販テキストを買ったからと言って大きな値段の負担にはならないでしょう。

質問ができない

学習を進めるうえで、わからないポイントというのは必ず出てくるので質問をしたい人も多いはずです。

スタディングの講座は質問対応を行っていない点も残念なポイントの1つです。

しかしスタディングの講義は重要範囲に的を絞ったわかりやすい解説に定評があります。

よって、講義をしっかり聞いて自分のものにしていくことで、疑問は自然と改称していくでしょう。

スタディングのマン管・管業講座のコース一覧

フローチャート スタディングの講座の種類は管理業務主任者とのセット学習を行える「マンション管理士/管理業務主任者合格コース」の1つのみとなっています。

コースの詳しい内容については以下のとおりです。

  • 短期合格セミナー 1回
  • 基本講座(ビデオ・音声)75講座(合計37.5時間)
  • WEBテキスト(各基本講座ごと)
  • スマート問題集 75回分
  • セレクト過去問集 22回
  • マンション管理士難問解法講座 5回 計2時間半
  • 参照条文集(区分所有法1冊、標準管理規約1冊)

スタディングは基本講座を1回30分という短時間で受講できることが大きな特徴です。

また、講座ごとにスマート問題集できちんと復習できるので、実力を着実に身につけながら学習を進められる講座内容といえるでしょう。

スタディングのマン管・管業講座がおすすめな人

犬と女性 スタディングのマン管・管業講座は安さとスマホ学習のコンテンツが充実しているという点で大きな魅力です。

よって、質の高い講座として多くの人にとっておすすめできるものとなっています。

しかし、中にはスタディングの講座が合わないという人もいます。

そこで今回はそのようなミスマッチを防ぐために、スタディングの講座をお勧めできる人・そうでない人の特徴をわかりやすく解説していきます。

スタディングのマン管・管業講座をおすすめできない人

スタディングの講座内容を考慮すると、以下の特徴に当てはまる人はスタディングの講座をおすすめできません。

  • きちんと書籍を使って学習したい人
  • 質問回数が多い人

スタディングはスマホでの学習が1番の売りとなっているため、スマホでの勉強に抵抗がある人の受講はお勧めできません。

スマホを使った学習は合う人にはとことん合いますが、そうでない人にとってはきついでしょう。

また、質問ができないので、勉強中に質問をたくさんすると予想される人も受講をお勧めできません。

「紙のテキストもスマホ学習機能も両方欲しい!」とお考えの方は、分かりやすいテキストとスマホ学習機能を併せ持つフォーサイトのマン管・管業講座をチェックするのが良いでしょう。

スタディングのマン管・管業講座の受講をおすすめする人

スタディングの講座はクオリティの高いものであり、多くの人に受講をお勧めできます。

  • スキマ時間で効率よく学習したい人
  • 仕事で忙しい人
  • わかりやすい講義で学習を進めたい人

スタディング最大の特徴として、スキマ時間を活用したスマホ学習が挙げられます。

よって、通勤等の移動のスキマ時間を使って学習を進めていきたい人にとってはおすすめの通信講座となります。

また、一つ一つの内容を学ぶ時間が短いため、仕事の忙しい人の受講もおすすめです。

わかりやすい講義を短時間で受けられるので、忙しい中でも効果的に実力を身につけられること間違いなしです。

スタディングのマン管・管業講座の評判・口コミ

図書館 スタディングの講座の評判はおおむね高いものでした。

ここでは、そのような口コミの評価の中からいくつかの感想をジャンル別に分けて紹介していきます。

スマホでの勉強が便利だった

スタディングの通信講座最大の特徴である、スマホ学習を評価する声が多く挙がりました。

オンラインですので自宅でいつでも視聴でき、またスマートフォンで細切れに勉強できたのが、やっぱりよかったと思います。 スタディング合格者の声

動画による講習は期待通りで、毎日通勤時間利用致しました。どうしても市販の分厚いテキストを持ち歩く気にならなかった為、スマートフォンひとつで学習出来たのはとても便利でした。 スタディング合格者の声

場所を選ばす学習できる点が最大の魅力だと思います。基本的に講義は通勤時間、移動時間で受講し、復習は自宅で行うというスタイルで学習を進めました。 スタディング合格者の声

スマホ学習に関する口コミは、スタディングの評価でも断トツに多かったです。

使い方は人様々で、自宅での作業の合間に勉強をする人もいれば、通勤時間帯にこつこつ学習を進める人もいるようです。

忙しい人でも、高い学習成果を生み出せる講座であるといえるでしょう。

講義がとても分かりやすい

スタディングの自慢の講義クオリティについても、評価の声が続々と上がっていました。

スタディングの講座では、分かりやすい説明を動画と音声で進められるところが自分に合っていると思いました。 スタディング合格者の声

受講してみると「本当に衝撃でした」わかりやすく講義とはこういうものなんだなと思いました。 スタディング合格者の声

講義内容が、全く業務に携わってない私にも理解出来る説明であり、諦めずに頑張って進めることが出来ました。 スタディング合格者の声

竹原講師による口座開設は多くの人から、わかりやすく学習がはかどったといった声が多数挙がりました。

初心者にもわかりやすくかみ砕いた説明が売りとなっているので、慣れない内容でもスムーズに理解を深められるでしょう。

講義と問題集を組み合わせた学習が効果的だった

スタディングはインプット後のアウトプット教材が充実しているため、試験の実力を身につけるアウトプット学習もばっちり行えたという声が多く聞かれました。

講義と通勤問題集数回終えたところで実践的な過去問題集を解くので、効率的にインプット・アウトプットができる構成になっていると感じました。 スタディング合格者の声

休日である土日は、パソコンで、通勤時間中に一度は視聴したビデオを2倍速で再度確認したうえで、同じ講座のテキストを読み、その後スマート問題集と過去問集の演習を行った。 スタディング合格者の声

これらの口コミから、講義で学んだ内容をしっかりと問題集での演習を通じて確認することができるので、試験で活きる実力を効果的に身につけられるカリキュラムが整っているといえるでしょう。

スタディングのマン管・管業講座まとめ

スタディングのマン管・管業講座まとめ

  • 業界内でもトップクラスの安さを誇る!
  • わかりやすい講義とそれらをフォローする問題集が大きな魅力!
  • モチベーションを保つためのサポート機能も充実!

ここまでスタディングのマン管・管業講座について解説してきました。

多くの魅力を兼ね備えたスタディングの講座でぜひマンション管理士・管理業務主任者の勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

スタディングの公式サイトはこちら

人気記事
この記事に関連するタグ