管理業務主任者は独学できる?勉強法やおすすめスケジュール・テキストまで紹介!

更新日時 2020/02/26

「管理業務主任者って独学で合格を目指せるの?」

「独学で勉強を進める場合、どのような勉強法で進めればいいの?」

このような疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

管理業務主任者の合格率は概ね20%程度です。

この数字だけ見ると、「独学でもいけるんじゃないか?」と思う人が多いかも知れませんが、実際は簡単ではありません

こちらの記事では、管理業務主任者に独学で合格できるのか、またどのような勉強法で進めるべきなのかを解説します!

管理業務主任者の独学についてざっくり説明すると

  • 勉強時間は300時間が目安
  • テキストや問題集はコロコロ変えてはいけない
  • 自分が独学に向くかどうかをまず確認する
  • 独学はスケジュール管理などでつまずきやすいので注意

管理業務主任者試験は独学合格できるのか

女性の疑問

そもそも、管理業務主任者試験に独学で合格している人はどのくらいいるのでしょうか?

各予備校や通信講座が公表している合格実績のデータを見てみると、やはり高い合格率を誇り優れた数字が見て取れます。

しかし、ホームページなどで掲載されている数字以外でも、結果を予備校などに報告していない合格者も一定数隠れていることが予測されます。

つまり、学校が把握している合格実績以外の合格者が多くいることを考えると、合格者のうちかなりの割合が予備校・通信講座受講生であると予測でき、独学はかなりの少数派と言えるでしょう。

しかし、実際には管理業務主任者試験に独学で合格したという人もインターネット上の書き込み等では確認できるため、結論としては「独学はかなり難しいが、決して不可能ではない」ということが言えそうです。

管理業務主任者試験の難易度

管理業務主任者試験の合格率はおよそ20%程度で、5人に1人しか合格できない計算になります。

そのため、それなりに難易度は高いと言えます。

ちなみに、似た資格にマンション管理士がありますが、こちらの合格率は10%未満です。

なお、管理業務主任者試験の合格者の平均年齢は42歳程度となっています。

難易度が近いと言われる宅建士(合格率15~18%程度)の平均合格者年齢が35歳ほどであることを考えると、管理業務主任者試験は他の試験の受験者よりも社会人経験が長い人が受験しており、事前知識が豊富であると考えられます。

また、管理業務主任者試験には受験資格がなく、全てマークシート方式で解答します。

そのため、初学者でも取り組みやすく出題となっており、試験問題の文章を読んで正確に正誤を判定できるようになれば、実務経験など全く関係なく合格できる試験なのです。

まとめると、他の国家資格よりは比較的難易度は低く取得しやすいということです。

勉強時間はどれほど必要か

初学者の場合、合格までに約300時間の勉強が必要と言われています。

単純計算で、1日あたり3時間ほど勉強をするとした場合は、3カ月の勉強期間が必要になります。

もちろん忙しい社会人の方は1日3時間の勉強ができない場合もあり、実際に毎日3時間の勉強をするのはなかなか大変なことです。

そのような状況を加味すると、余裕を持って半年程度の期間を確保しておいたほうが良いでしょう。

3~6ヶ月くらいの期間なら一人でも勉強できそうな場合は、独学で合格を目指すことも可能と言えます。

しかし、もし不合格になってしまうと、当然もう一年勉強しなければならず、そのリスクまで考えると無理に独学で頑張るのはオススメできません。

独学で勉強するメリット

笑顔の男性

それでは、独学で勉強するメリットを見てみましょう。

出費が少ない

独学で勉強する最大のメリットです。

独学であれば、自分で準備する参考書や問題集などの書籍料や受験料だけよく、教材費や受講料が高く出費が増えがちな予備校や通信講座と比べると、はるかに低い費用で済みます。

具体的な金額だと、予備校などを利用すると数万円はかかってしまいますが、独学で最小限の教材で済ませれば1万円未満で合格を目指すことも可能になります。

独学が苦にならず、前向きに合格を目指す自信がある人や、宅建士などの勉強経験があって不動産関連に関する予備知識が豊富な人は、独学とトライしてみる価値はありそうです。

勉強量を自分で決められる

予めカリキュラムが組まれている予備校などと違い、自分のペースで学習を進めることができるのも独学のメリットです。

苦手な範囲を重点的に勉強したり、逆に得意分野を手短に済ませるなど、柔軟に勉強を進めることが出来るため自分で計画的に進められる自信がある人は独学が向きます。

予備校に通っていると家庭の都合や突発的な予定が入るなど、止むを得ず欠席してしまうこともあるかもしれません。

そうなると、せっかく払った高い受講料が無駄になってしまうので注意が必要です。

「あまりカリキュラムに縛られずに自分のペースでやりたいな」と考えている人は、まず独学で挑戦してみると良いでしょう。

主体的に学ぶ姿勢を得られる

独学で長い期間勉強することで、その後の人生においても主体的に何事も学ぶ姿勢を得ることが出来ます。

この姿勢は資格を取得してから実務で生かしていく際にも求められるものなので、独学で合格を掴み取った人は何かと主体的に行動できる人が多いのです。

主体性を得ることで、その後の生活においても「今の自分には何が足りていないのか」「そのためにできる解決策は何か」など、課題に向かって積極的に取り組めるスキルが身に付くでしょう。

特に、資格を生かして仕事をする場合、この能力やスキルがあれば、自分の業務にオリジナリティを出すことができるようになるため、周囲と差別化することができるのです。

独学で管理業務主任者を目指すデメリット

苦しむ男性

学習スケジュールを自分で作る必要がある

独学だと、学習のスケジュールもすべて自己責任となります。

自分でスケジュールを立てると、自分が思った以上にインプットが甘く、その結果問題演習の時に全然解くことができずにもう一回インプットをやり直さないといけないなどのトラブルが起きがちです。

このように非効率な勉強をしていると、当然合格は難しいでしょう。

独学だと演習が不足してしまったり、学習バランスが悪く勉強内容に過不足が起きてしまいやすいデメリットがあるのです。

一方、予備校や通信講座であれば、非常に効率的な学習カリキュラムが組まれているため、独学よりもはるかに合格率が高いのです。

また、独学だと外部からの注意がないと、直前期は時間を取れるから大丈夫と自分のスケジュールと学力を過信し、結果的にその直前期ではもう間に合わないといったことは非常に多いのです。

また、学習スケジュールを考えたり微調整したりする行為はなかなか手間がかかる作業であり、貴重な勉強時間を削ってしまうこともあるので注意が必要です。

やる気の管理が大変

独学の場合は、目標を共有できる人の存在を感じないため、モチベーションの維持が難しいデメリットがあります。

管理業務主任者は、難しい問題とそうでない問題の難易度の差がはっきりしています。そのため、演習の段階で「テキストで見たことがない問題多いなぁ」といった問題を見ると不安になることもあるでしょう。

このような不安な状況に陥った時に相談する相手がいないのはつらいものです。

加えて、高い正答率が求められる試験になるため、細かな法律の条文や違いにも神経質にならなければならず、大雑把な勉強では失点してしまう恐れがあり、その結果やる気を失ってしまう人も多いのです。

分からない問題や論点が出てきても、放置せずに自力で解決し、モチベーションを維持できる人でなければ独学は難しいと言えるでしょう。

管理業務主任者の独学が成功しやすい人は?

インテリな女性

関連資格を取得済である

管理業務主任者に関連が深い資格としては、宅建士やマンション管理士が挙げられます。

すでにこれらの不動産関連の資格を取得している場合は、不動産に関する予備知識が豊富にあるため、大きな滞りなく勉強を進められるでしょう。

また、これら不動産系の資格以外であれば、法律に特化した行政書士などの資格を持っている人が勉強する上で非常に有利になるでしょう。

特に、管理業務主任者とマンション管理士は出題範囲がほとんど被っているため、既にマンション管理士を取得済みの人は、空白期間を作らずに管理業務主任者の勉強を始めるべきです。

せっかく苦労して学んだ内容を生かすためにも、得た知識は有効活用しましょう。

独学で難関試験を突破したことがある

例えば行政書士や社労士などの難関資格を独学で合格した経験がある人は、管理業務主任者に独学で挑んでみる価値はあると言えます。。

このような経験がある人は、勉強することにルーティンにすることが苦にならず、いわゆる「勉強グセ」が身に付いています。

また、他力を頼らずとも自分で勉強を進めることができる上に孤独な勉強にも耐えることができ、自分なりのやりやすい勉強法が身に付いていることが非常に多いのです。

どのくらいのペースでインプットをすれば良いのか、またどれくらいの量をアウトプットしておくべきなのかを理解しているため、独学のハードルが下がると言えます。

また、資格試験でなくとも大学受験の際に独学で学力を身に付けて合格を掴み取った経験がある人も、独学に向いていると言えます。

このように過去に受験勉強や難関資格に挑んだ経験がある人は、貴重な経験を積んでいるため独学に向いている人が多いでしょう。

独学におすすめな管理業務主任者のテキスト

テキストと眼鏡

「みんなが欲しかった!」シリーズが人気

管理業務主任者のテキストは数多くありますが、オススメなのが「みんなが欲しかった!」シリーズです。

このテキストの導入部分となっている「はじめの一歩」編はマンション管理士と管理業務主任者の2つの資格の両対応となっており、管理業務主任者試験での重要度がセクションごとに記載されています。

また、基本となる「マンション管理とは何か」という概要が非常に分かりやすいため、初学者にとっては非常にわかりやすいテキストとなっています。

また、この「みんなが欲しかった!」シリーズは難解な言葉は表現は使わずに平易な文章でかみ砕いて説明されているのが最大の特徴です。

また、難しい論点や理解しにくい内容は図解されているため、初学者が初めに取り組むのに最適な教材と言えるでしょう。

事前知識が無くてもわかりやすい参考書なので、マンション管理士の試験は受けないけれども、「自分の住んでいるマンションの管理組合の役員になった際にマンション管理に関する法律について知りたい」という人が購入することもあるようです。

つまり、マンション管理に携わる人にとってはバイブル的な存在と言えるのが、この「みんなが欲しかった!」シリーズなのです。

なお、このテキストを理解した後に必要となる、合格に十分な知識量を備えたテキストは、マンション管理士用・管理業務主任者用・ダブル受験用の3種類あります。

将来的にダブル取得を目指すのであれば、迷わずにダブル受験用を買いましょう。

テキスト選びの注意点

テキストを選ぶ際には、自分の事前知識学力のレベルなど、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

宅建士やマンション管理士などの他の資格に既に合格していて、マンションや不動産に関する勉強を経験済みの場合は、自分好みの教材を選ぶなど、少し立ち読みなどして内容を軽くチェックすれば基本的には問題ありません。

しかし、初学者の場合は注意が必要で、慎重に教材を選ぶべきです。

いきなり上級者向けの難しい参考書を選んでしまうと、言葉のニュアンスなどが理解できている前提で話が進んでしまいます。

そのため、初学者は法律用語のニュアンスを取り違えてしまう危険性があるため、初級者向けでイラストなどが多くある簡単な参考書を使うべきなのです。

テキストを何冊も買うことはオススメしませんが、まず導最初は初学者向けテキストを買い、基本を押さえてから実践的なテキストを買い直すと良いでしょう。

参考書やテキストは、自分の知識量や自信の度合いに合わせて選択すると良いでしょう。

最新版の物の購入は必須

管理業務主任者試験では、法律が改正された部分から出題されるケースが多いです。

そのため数年前の古いテキストを使っていると、法改正に対応できずに間違って認識してしまうという危険があるため、必ず最新版のテキストを買うようにしましょう。

また、各出版社でも問題の傾向などを考えて作っているため、一見違いが分からなくても、試験の直前で差が分かるということもあるのです。

本のシリーズは途中で変えない

勉強をしていると、テキストに書いてある内容を理解することができず、それをテキストのせいにして、他社の別のテキストを購入するということはよくあることです。

しかし、どのテキストにも書いてあることや強調している重要論点は基本的に同じなので、教材を変えることにあまり意味はありません。

つまり、テキストを変えても難しい内容は理解できないままなので、できるだけ同じシリーズの教材で統一するのが基本となります。

テキストで「みんなが欲しかった!」シリーズを使うのであれば過去問題集も同じく「みんなが欲しかった!」シリーズを使うと関連ページなどがリンクしているため、非常に効率的に勉強することができます。

無駄に多くの教材に手を出してしまうと、それぞれの教材で説明の切り口が違ったりする影響で一度理解したはずのものでも混乱してしまう恐れがあるのです。

勉強補助アプリも活用しよう

現在では、大手予備校が配信している学習用のスマホアプリも多くあります。

これらのアプリをうまく活用することで、通勤通学中の電車・バスの中でも効率良く勉強ができるようになるでしょう。

また、スマホ一つあれば勉強できるため、狭い場所でも勉強できるだけでなく、わざわざ何冊もテキストや参考書を持ち運ぶ必要がなくなるため、体力的にもメリットがあります。

ついつい暇があればスマホでゲームなどしてしまう人は、無駄なアプリを消すなどして、寸暇を惜しんで勉強する習慣を付けましょう。

コツコツと地道に勉強する習慣を身に付けることができれば合格に大きく近付くことができるでしょう。

独学で合格する勉強法

勉強の風景

ダブル合格を目指すのかを決める

まず、管理業務主任者の合格を集中的に目指すのか、マンション管理士や宅建士とのダブルライセンスやトリプルライセンスを目指すのかを決めましょう。

特に、マンション管理士と管理業務主任者のダブル受験を考えている場合は、試験範囲がかなり重複しているため選ぶべきテキストが変わってきます。

マンション管理士と管理業務主任者は、一方を取得する場合とほとんど変わらない勉強量でダブル取得が狙えるので、基本的にはダブル受験がオススメです。

また、どちらか一方を取得しているともう片方の試験を受ける際に5点免除のメリットを受けることが出来るため、ダブル取得は前向きに検討するべきです。

さらに不動産のプロフェッショナルを目指す人は、宅建士も取得することで自分の価値を大きく高めることができます。

試験日までのスケジュールを考える

試験日から逆算して、綿密な勉強計画を立てることも合格を目指すうえで重要なことです。

多くの人は会社の業務や家庭内の用事などの予定があるので、どれだけ勉強時間を取れるかをあらかじめ考えておかなければなりません。

300時間程度の勉強時間が確保できそうにないときは、無理にその年の合格を目指すのではなく、来年以降にどのように合格を目指すのか予定を立てるべきです。

また、スケジュールを立てる際には、勉強時間・日程にはゆとりを持っておくことを心がけてください。。

ただし、勉強時間だけ長く取っておいても、モチベーションが持続していないと無意味なので、「量より質」を高めることを常に意識しましょう。

質の高い勉強をコツコツ続けないと知識として定着させることができないため、ダラダラと勉強するということが無いように注意する必要があります。

最初は止まらずにインプットを続ける

ここからは、それぞれに合った勉強法が必要なため、この内容を参考にした上で自分がやりやすいように勉強法を改良するようにしてください。

ダブル受験の場合でも、片方しか受けない場合でも、いきなり問題に取り組むのではなく最初は基本情報のインプットを優先しましょう。

その際に、先ほどおすすめした「みんなが欲しかった!」シリーズの参考書を使う場合には、1週間程度「はじめの一歩」の項目を読んで基礎を理解するようにしましょう。

理解できたら次のテキストを読み、勉強を進めていくのがおすすめです。

また、テキストは2~3回ほど読み、目立った疑問点などがなくなってから演習に入るべきです。しっかりとインプットが済んでいない状況で問題に着手しても当然のことながら理解できないからです。

過去問や一問一答を解いていく

基礎をインプットできたら、次の段階として過去問や一問一答などで実際に問題を解いてみましょう。

まずは本番と同じような四択問題ではなく、1つの選択肢に集中して取り組める一問一答から着手するのがおすすめです。

いざ問題を解いてみると、インプットしたはずの自分の知識に抜けがあったり、あるいは全然分からない問題に出くわしたりすることがあります。

このような状況になったときは、丁寧に時間をかけて理解を深めるべきです。

しっかりと復習をして着実に知識として覚えることで合格に近づくことができます。

もし適当に流してしまうと、あとで復習するときに「分からない問題はどれだっけ?」となってしまい知識の整理が出来なくなり非常に苦労します。

間違えてしまったら徹底的にテキストと問題の解説を読み直し、分からない論点を1つずつ潰していくことを心がけましょう。

一問一答がほぼ完璧に仕上がったら、ステップアップとして本試験と同様の四択問題に取り組んみ、実践力を身に付けると良いでしょう。

直前期は本番を意識した演習

直前期の2週間ほどの演習では、本番と同じように問題を解き進めてみましょう。

試験時間や自分の得意範囲、苦手範囲を考え、それぞれの分野での目標点を立てながら問題を解くと良いでしょう。

「この分野は基本レベル以外は捨ててるから問題ない」「この分野は絶対に得点する」という本番同様の心構えで解くことが重要です。

この段階で全体の8~9割程度の得点ができれば勉強量は十分と言えます。あとは得た知識を忘れないように本番まで手を抜かずに勉強をし、体調管理もしっかりと行いましょう。

管理業務主任者資格を取るメリット

やりがいと達成感

需要が毎年増え続けている

現在マンションの数は増え続けており、マンションの数に応じて管理業務主任者の人数は法律で定められているため需要が増えているのです。

マンションが増えている背景としては、相続税対策や投資目的の所有など様々ですが、今後もマンションの数は増えていくだろうと予測されています。

マンションが増え続けると比例して管理業務主任者の需要も高まるため、今後多くの場で管理業務主任者が活躍できるようになるでしょう。

安定して稼げる

前述したように、それぞれの管理会社には管理業務主任者の設置義務があるため、非常に解雇されにくいという特性があります。

また、管理業務主任者には独占業務があります。

管理委託契約に関する重要事項の説明、関連書類に記名・押印する業務が独占業務となっており、これは管理業務主任者にしか行うことが出来ません。

有資格者にしかできない行為があるということは、法律に守られているため、身分が非常に安定していることを意味しています。

つまり、管理業務主任者は非常に安定して仕事をしていくことができるわけです。

ダブルライセンスの選択肢が多い

管理業務主任者の出題内容は、マンション管理士や宅建士などとの共通点がとても多く、ダブルライセンスやトリプルライセンスが非常に狙いやすいです。

このように複数の関連資格を取得することで、自分の業務の幅を広げることにつながります。

その結果とより多くの仕事を、より高い専門性を持ってできるようになるため、自分のスキルだけでなく各方面からの信頼も得ることが出来ます。

マンション管理士は住民側に立つ仕事ですが、管理業務主任者は逆に管理会社に務めることの多い資格です。

両方の資格を持つと両者の視点を得られるため、トラブルが発生したときに多角的に原因を分析して解決できるようになるでしょう。

独学と通信講座はどっちがおすすめか

女性の写真

結局、独学で勉強する場合と通信講座を利用するのはどっちがおすすめなのでしょうか。

ここでは独学と通信講座のどちらを選ぶべきなのかを考察します。

通信講座の方がおすすめ

結論から言えば、管理業務主任者の難易度および独学者と比べた通信講座の合格実績の高さを考えれば、通信講座の方が圧倒的におすすめです

また、通信講座であればマンション管理士の合格も同時に狙うことが出来る場合が多いです。

もちろん管理業務主任者の学習だけに専念することも出来ますが、ダブル受験・ダブルライセンスの可能性を常に残しておけるのは非常に魅力的だと言えるでしょう。

管理業務主任者講座を選ぶなら

管理業務主任者の通信講座を開講している会社は複数存在しますが、その中でも資格Timesが自信を持っておすすめするのがフォーサイトの管理業務主任者・マンション管理士講座です。

フォーサイトは合格実績が圧倒的に優れている通信講座であり、受講生の合格率は管理業務主任者で全国平均の3.55倍、マンション管理士に至ってはなんと4.68倍です(2018年度試験実績)。フォーサイトでの学習がいかに効果が高いのかが分かる数字ですね。

さらにフォーサイトは不合格者に対する全額返金制度を実施しているので、万一試験に落ちてしまっても受講料が無駄になることはありません。

管理業務主任者の取得を検討されている方は、確実にチェックしておきたい通信講座だと言えるでしょう。

フォーサイトの公式サイトはこちら

管理業務主任者の独学勉強に関するまとめ

管理業務主任者の独学勉強に関するまとめ

  • 独学のメリットとデメリットをしっかり把握する
  • 質の高い勉強を意識する
  • とにかく毎日地道に勉強することが大事

管理業務主任者は、独学でも十分に合格を狙える試験レベルですが、決して簡単ではありません。

5人に1人しか受からないということを、まずは意識しましょう。

簡単な試験ではない分、取得メリットは多くあるため、是非前向きに取得を考えてみてください。

将来性も申し分ない資格なので、頑張って合格を掴み取りましょう!