大原のUSCPA講座の評判・口コミは?単位取得時の費用からカリキュラムまで解説!

更新日時 2022/03/30

「大原のUSCPA講座に興味があるけれど、実際の評判ってどうなの?」

「他社との比較や実際の評判を知ってから、大原のUSCPA講座を受講するか決めたい」

このような疑問などをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

資格関連の予備校として高い評判を得ている大原のため、USCPA講座に興味を持っている人もいるでしょう。

そこで、大原のUSCPA講座について他社との比較も交えながら徹底解説します。

講座の指針としている人もいるであろう評判についても紹介しますので、講座選びの参考にしてください。

大原のUSCPA講座についてざっくり説明すると

  • 大原のUSCPA講座の費用はお手頃
  • 人気の高いRoger講師が講義を担当
  • 試験に必要な知識が効率よく得られるテキストを使用

大原の公式サイトはこちら

大原のUSCPA講座の特徴

Googleのサイトが表示されたノートパソコン   大原のUSCPA講座の特徴として主に挙げられるポイントは以下の通りです。

  • 講座の費用はお手頃価格
  • 人気講師のRoger先生が講座を担当
  • 日本語と英語の両方の講義が搭載されている
  • テキストは合格に必須の論点がまとめられている
  • 単位取得の利便性はとても高い
  • 総仕上げにぴったりの問題演習
  • Webコースでは世界中どこからでも学習可能

特に注目すべき特徴は、アメリカで高い評判を得ている人気講師のRoger先生が講義とテキスト監修の両方を担当している点です。

テキストは、試験合格に必要な知識を効率よく獲得できるようにまとめられており、押さえるべきポイントをもれなく学べるため、合格までの最短ルートを走ることができるでしょう。

講義は、Roger講師が英語講義を担当しています。理解が難しい複雑なUSCPA試験の内容を、わかりやすく丁寧に紐解いていくので、スムーズに理解できるでしょう。

また、USCPA試験は英語の試験なので、語学面に不安がある人もいるかもしれません。しかし、大原のUSCPA講座では日本語のレジュメはもちろん、講義についても日本語でのフォローがなされています。

英語が苦手な人でも、安心してUSCPA試験の合格を目指すことができるような内容になっているため、語学力に不安という理由で諦めなくて良い内容になっているのです。

大原のUSCPA講座の料金を他社と比較

草の芽が生えたコイン 大原のUSCPA講座は、講座のコースそのものは1種類のみとなっており、映像とWebの受講形態を選択できるようになっています。それぞれの受講形態における講座価格は以下の通りです。

コース名 映像コース(税込) Webコース(税込)
フルパックコース 521,400円 499,400円

上記のそれぞれのコース価格のうち、Webコースの価格を他社の講座と比較してみると、以下のようになります。

会社名 コース名 価格(税込)
プロアクティブ eラーニングコース 264,000円
資格の大原 フルパック(Webコース) 499,400円
TAC 総合本科生(通信) 545,000円
Abitus ライトパック(eラーニング+通学) 563,500円

それぞれの会社の基本コースを価格順に並べた場合、大原は2番目に安い価格設定であることが上記の一覧表からわかります。

ただし、大原の受講料は受験資格に必要な単位を獲得できる内容になっています。講座を受講して修了すれば確実に受験資格が得られるため、この価格は大変安いと言えます。

具体的な単位取得の価格については、以下の項目で詳しく解説します。

単位取得時の価格も併せて比較

USCPA試験で最も重要なのは、必要な単位を取得することです。大学の単位だけでは受験資格が満たされていないケースも多く、受験資格を取得するところからスタートさせる必要があります。

一口に受験資格と言っても、一律というわけではありません。受験する州によって受験資格は異なり、当然必要な価格も変わるので注意が必要です。自分がどの州で受験するのかを、先に確認しておく必要があるのです。

今回は、数ある州の中でも特に多くの人が受験する2つの州に絞って価格を比較してみます。

ワシントン州での受験の場合

ワシントン州では、総取得単位は150単位以上、会計とビジネスでそれぞれ24単位以上取得という条件が設けられています。

今回は、会計とビジネスの単位はゼロの状態を想定して、それぞれの会社の講座価格を比較します。

講座名 価格
Abitus 763,000円
資格の大原 677,600円
TAC 840,000円
プロアクティブ 275,000円+4500ドル

上記の一覧表からわかるように、大原の価格は最安値に設定されています。ほかの会社と比べた場合、大原のUSCPA講座は費用面において大変お得であると言えるでしょう。

アラスカ州での受験の場合

アラスカ州では、4年制の大学を卒業し、さらに会計で15単位以上を取得という条件が設けられています。

今回は、4年制の大学は卒業していますが、会計の単位は全く取得していないという想定で、それぞれの会社の講座価格を比較します。

講座名 価格
Abitus 563,500円
資格の大原 499,400円
TAC 642,000円
プロアクティブ 275,000円+1250ドル

プロアクティブの場合、「1250ドル」がドル換算なので、レートによって価格に変動が生まれます。しかし、基本的にはプロアクティブの価格が最も安く、大原は2番目に安い価格と言えます。

アラスカ州での受験を希望している場合、大原のUSCPA講座価格はダントツに安いわけではありませんが、比較的リーズナブルな価格設定であるといえるでしょう。

大原のUSCPA講座の教材を他社と比較

積み重ねられた本 大原のUSCPA講座は、教材や講義内容にも受講者の視線に立った工夫がされています。

ここでは、具体的にどのような講義内容や教材を提供しているのかを解説します。

合格率88%を誇るRogerメソッド

大原のUSCPA講座で採用しているのは、Rogerメソッドです。

このメソッドで多くの方が合格をつかみ取っており、その合格率は全米で驚異の88%を誇ります。

平均的な合格率が半分程であることを踏まえると、この数字は非常に高い数字であるといえるでしょう。

Roger講師は20年以上の指導実績を基に、合格に必要なノウハウを徹底的に追及して提供しています。

大原のUSCPA講座は、驚異の合格率を誇るRogerメソッドを考案したRoger講師のもとで学習が進められる内容になっているため、安心感は絶大と言えるでしょう。

日英両方の講義を受講可能

USCPA試験は英語の試験ですが、受験生のすべてが英語が得意というわけではありません。

また、USCPAの初学者にとってはいきなり英語で学習を始めるということに、高いハードルを感じてしまうこともあるでしょう。

大原では英語が苦手な人やUSCPAを初めて勉強する人のために、日本語と英語の両方の講義を用意しています。

初学者でも安心の日本語講義

日本語講義は、初学者の内容理解を深めるために大原の専門講師が講義を担当しています。

講義動画はスマホやタブレットにも対応しています。自宅などの限られた場所だけではなく、外出先などでも学習が可能になっているので、好きな場所で知識を深めることができます。

また、1ユニットは15~30分程度と短めです。スキマ時間を利用して学習を進めることができる講義時間になっているので、繰り返し学習するときにも便利です。

Roger講師による英語講義

英語力がある場合には、Roger講師による講義をおすすめします。

内容は、20年以上積み上げてきた指導実績をもとに、試験で必須の内容がすべて盛り込まれた講座です。

知識を身に着けるための工夫もちりばめられているので、合格への最短ルートを歩むことができるでしょう。

1ユニットは5~25分程度と短めに設定されています。リスニングが苦手な人のために、英語の字幕機能と再生スピード調節機能が付いているので、じっくり講義の内容を視聴することができます。

ただし、日本語による字幕はついていないという難点があるため、ある一定程度の英語力教科は必須であるといえるでしょう。

必須事項がまとめられたテキスト

大原のテキストは、合格に必要な事項が簡潔に分かりやすくまとめられています

また、暗記のための語呂合わせも収録されています。テキストの中身は英語ですが、英語が苦手な人でも簡単に楽しく覚えられるように工夫されているので、苦痛を感じることなく暗記できるでしょう。

更に、重要なポイントや論点については、練習問題が用意されています。

ここでは、初学者でも理解しやすい丁寧な解答・解説もついているので、わからない部分がそのままになってしまうということはなくなるでしょう。

本試験完全対応の問題演習付き

大原のUSCPA講座では、USCPA試験独特の形式に対応した問題演習もついています。

具体的には、パソコンでの電卓操作への慣れが必須である「択一式問題」やプルダウンで多くの問題を選択していく「事例形式問題」に対応しており、幅広い問題形式の演習を積むことができます。

これにより、本番では問題内容のみに集中することができるようになり、問題をスムーズに解き進められるようになる効果が期待されます。

6000問を超える膨大な問題量

大原のUSCPA講座で提供している問題演習は科目別のアウトプット形式で6000問を超える膨大な量が用意されており、アウトプットの機会がとにかく豊富です。

解きたい問題数や問題の種類を細かく指定しながら、良質な演習を行えるため、効率よく本番の形式に慣れることができるでしょう。

また、間違った問題や今まで解いたことがない問題などの指定も可能であり、苦手克服や幅広く学習したい場合にも大変役立つ仕組みになっています。

SmartPathで実力管理も万全

問題演習にはSmartPath機能が搭載されており、これを活用することで自分の受験のタイミングを正確に計ることができます。

具体的には、自分のスコアと歴代合格者のスコアを比較することが可能です。何度も問題演習に取り組むことで、自分のスコアがどれくらい歴代合格者のスコアに近づいているのかがわかります。

歴代合格者と自分のスコアを確認すれば、どのタイミングで受験すれば良いのかが明確になります。

合格に必要な知識や実力が充分身についた状態で、試験を受験することができるのは嬉しい機能と言えるでしょう。

講師からの日本語サポートが魅力

画面が真っ黒のノートパソコンとコーヒー USCPA試験は英語の試験のため、講義の内容も英語がほとんどです。しかし、大原では、専任講師による日本語サポートが充実しています。

具体的にどのような内容なのか、以下の見出しで詳しく解説します。

丁寧な質問対応

大原のUSCPA講座では、日本語と英語の両方の講義についての質問に対応してくれる点が大きな魅力です。

メールで担当講師がわかりやすい内容を基に対応してくれるので、疑問点もスムーズに解消できるでしょう。

USCPAは海外の試験ということもあり、周りに質問できる環境を整えることが難しいため、受験生にとっては非常に頼もしいサポートであるといえます。

複雑な受験手続も手厚くフォロー

USCPA試験は、内容そのものも大変難しいという特徴がありますが、受験までの手続きも日本の資格試験と比較して複雑です。

試験そのものはアメリカの試験なので、受験に必要な情報を得ることも一筋縄ではいかず、インターネット等で受験情報を入手しようとした場合も英語サイトであることが多いでしょう。

その一方、大原では、職員がUSCPA試験の受験手続のアドバイスをしてくれるので安心です。スムーズに受験ができるように助けてくれるので、申し込みの段階でつまずいてしまうということはありません。

ライセンス取得も安心のサポート

USCPA試験に合格した後、ライセンス取得を考える人も一定数存在しますが、必要な情報を入手するのは困難です。

大原では、ライセンス取得に必要な情報を紹介してくれます。

NASBA(全米州政府会計委員会)の公式承認サービスの紹介もしてくれるので、本気でライセンス取得を目指す人も安心して学習を進めることが可能です。

多数の合格者を確認可能

ガッツポーズをする人 講座選びの指針として、合格率などの実績を参考にしている人は一定数存在します。しかし、大原の場合はUSCPA講座に関する合格者などの具体的な数字は未公開です。

ただ、USCPA講座のサイトでは、受講生の喜びの声が多数掲載されていることから、一定数の合格者をコンスタントに輩出していることが伺えます。

また、大原ではUSCPAと内容が似ている公認会計士試験や税理士試験で他社を圧倒する優れた合格実績をたたき出している点も、USCPAの実績を見るうえで注目すべきポイントになります。

これにより、簿記や財務などの基本知識をしっかりと身に着けられる指導メソッドが確立できていえるため、指導内容に対する信頼は抜群であるといえるでしょう。

大原USCPA講座の注意すべきポイント

両手を挙げたお化けの人形

テキストは基本英語

大原のUSCPA講座では、基本的にRogerテキストを使用して学習を進めていきます。これはRoger講師が作成したテキストであり、内容はすべて英語です。

付属として、日本語で内容を補足したレジュメはついてきますが、講義そのものは英語のテキストを使用して進んでいくという特徴があるため、英語が苦手な人にとっては内容を理解しづらいでしょう。

日本語のテキストで理解を深めてから、本格的に学習を進めたいという場合には、Abitusの講座を受講することをおすすめします。

Abitusの気になる詳細は以下の記事をチェック!

単位取得が前提の講座

大原のUSCPA講座は1種類しか存在せず、会計18単位とビジネス6単位が含まれたカリキュラム=です。

必要単位数をほとんど取得できていない人にとってはありがたいコースと言えるかもしれません。

しかし、すでに何単位か取得している人にとっては、大原のUSCPA講座はあまりお得とは言えないでしょう。本来の価格よりも余分に支払うことになるという人も出てくる可能性があります。

必要単位をすでに何単位か取得している場合は、取得単位数別にコースが用意されている他社の講座を検討することで費用を安く抑えられるでしょう。

大原のUSCPA講座のコースは1種類

ノートに書き込みをする人 大原のUSCPA講座は、フルパックコースの1種類のみです。受講スタイルによって金額は以下のように異なりますが、講座の内容については同じです。

コース名 金額(税込)
フルパックコース(映像通学) 521,400円
フルパックコース(Web) 499,400円

大きな特徴として、追加費用なしで、会計18単位とビジネス6単位がリーズナブルな費用で取得可能な点が挙げられます。

これにより、高くなりがちなUSCPA講座の受講料を安く抑えることができるのです。

内容面では、初学者や独学者向けになっているため、初めての人でもスムーズに学習を進めることができるでしょう。

また、フルパックコース受講者限定で追加単位取得のオプションが設けられています。

受験条件を満たすための取得単位が足りないという場合には、このオプションを有効活用してくことがおすすめです。

大原のUSCPAコース受講がおすすめな人

こぶしを挙げる人たち

大原のUSCPA講座に向いている人の特徴

大原のUSCPA講座受講に向いている人の特徴として、以下のようなものが挙げられます。

  • 本場アメリカでの実績が豊富な講座内容で学習したい人
  • 豊富な問題演習をこなして実力を身に着けたい人
  • 受験準備に関する手厚いサポートを受けたい人

大原のUSCPA講座は、本場アメリカで高い実績を誇るRogerメソッドを採用しており、効率よく学習を進めることができるでしょう。

よって、信頼あるメソッドのもと学習を進めたいという方には受講をおすすめします。

また、問題演習は大変豊富に用意されているため、本番の形式にしっかりと慣れておきたいという人も受講をおすすめします。

大原の講座受講時に気を付けるべき人も

大原のUSCPA講座受講の際に気を付けるべき人は以下の通りです。

  • 日本語中心で学習を進めたい人
  • 必要単位数をある程度取得している人

大原のUSCPA講座には、日本語の講義動画も用意されています。

しかし、メインテキストは英語なので、英語が苦手な方や日本語で学習したい方には向いていません。

また、大原のUSCPA講座は、必要な単位数に応じてコースを選択できないという難点があるため、必要単位をほぼ取得している人にとっては、あまりお得とは言えないでしょう。

大原のUSCPAコースの評判・口コミ

コーヒーと椅子

ここでは、大原のUSCPA講座の評判・口コミを多様観点から紹介していきます。

手ごろな価格で単位を取得できる

大原の大きな魅力である手ごろに単位を取得できる点が多くの人から評価されていました。

外国語学部卒で受験に必要な会計単位を持っておらず、他の予備校よりも手ごろな費用で単位をそろえられそうだったからです。 大原喜びの声より

私は大学で会計・ビジネスの単位を取得しておらず受験資格がなかったため、必要単位から取得できる点が魅力的でした。 大原喜びの声より

米国公認会計士の受験には会計やビジネス関連の単位が必要であり、学習を通じて単位が取得できる大原のカリキュラムはとても魅力で、他校よりもコストパフォーマンスに優れているとの印象を持ちました。 大原喜びの声より

USCPAを受験するにあたって単位が足りない状況からスタートする人は多数存在するため、単位取得のコスパがよいことは非常にありがたいといえるでしょう。

よって、手軽に単位を取得したいと考えている人はぜひ大原のUSCPA講座を受講することがおすすめです。

高い信頼性や講座クオリティが選ぶ際の決め手に

公認会計士試験対策でも高い評価を得ている大原の信頼性や講義のクオリティが、講座選びの際の大きな決め手となったとの声が多く挙がりました。

また、その授業及び教材のクオリティが非常に高いことを知っていたため、今回も大原であれば間違いなく効果的かつ効率的な勉強ができると信じ、大原に決めました。 大原喜びの声より

単位取得に追加料金が必要なく、講義自体も良心的な価格であったということと、友人からの評判が良かったため大原に決めました。 大原喜びの声より

会計関連の専門学校で先ず頭に思い浮かんだのは大原だったのですが、最初のカウンセリングで梅田校の大島先生のご対応がとても丁寧で解り易かったことが、大原を選んだ決め手となりました。 大原喜びの声より

大原のこれまでの高い講座の実績が評価された結果、多くの人がUSCPA講座で学習を始めようと決断しています。

アメリカでも実績のあるRogerメソッドを基にした高い講座クオリティを誇る講座であることから、前評判通り非常に学習がしやすい講座であるといえるでしょう。

大原のUSCPA講座についてまとめ

大原のUSCPA講座についてまとめ

  • 本場アメリカで実績が高いRogerメソッドで学習ができる
  • 英語と日本語の両方の講義について質問対応をしてくれる
  • 講座の価格は大変リーズナブル

大原のUSCPA講座について解説してきました。

本場アメリカで高い実績を誇っているRogerメソッドで学習できるので、まじめに講座に取り組むことで高い確率で合格を勝ち取ることができるでしょう。

また、大変リーズナブルな価格で受講できる点も魅力的です。本気で合格を考えているのなら、ぜひ大原のUSCPA講座の受講を考えてみてください。

大原の公式サイトはこちら

本ページはアビタスの素材を使用しております。