ケアマネージャーの選び方は?仕事内容や要支援者との相談内容についても詳しく解説!

更新日時 2020/05/23

「良いケアマネージャーの探し方や選び方はどのようにすればいいの?」

「ケアマネージャーの仕事内容などについて知りたい!」

このような疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

ケアマネージャーは介護や福祉の現場では欠かせない人材で、多くの場面で活躍しています。

現在ケアマネージャーを探している人の中には、どのように探せばいいのか、どのような選び方をすればいいのか迷っている人も多いでしょう。

こちらの記事では、ケアマネージャーの探し方のポイントだけでなく、仕事内容についても詳しく解説します!

ケアマネジャーの選び方についてざっくり説明すると

  • ケアマネの仕事内容を把握し、自分たちのニーズに合っているかを確認しよう

  • 知識やスキルだけでなく、人柄面も重要

  • 実際に利用している利用者の口コミなども参考にすると良い

  • ケアマネの変更はできるため、もしもの時も安心

ケアマネージャーってどんな仕事?

青空と疑問

ケアマネージャーの正式名称は「介護支援専門員」 と呼び、介護保険に基づいて介護サービス利用者に対してケアマネジメントを行うことが主な仕事内容です。

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーの主な役割は、要介護者や要支援者が介護保険サービスを受けられるようなケアプランの作成やサービス事業者との連絡調整です。

また、利用者やその家族に対して適切な介護サービスの提案をすることや、介護保険の申請代行も仕事内容の一部です。

様々な業務がある中で、ケアマネージャーの最も特徴的で重要な業務は「ケアプランの作成」です。

ケアプランを作成する際には、サービスを受ける人が抱える課題などを把握して、自立した日常生活を送れるようにサポートできるよう配慮しなければなりません。

また、最初にケアプランを作成するだけでなく、しっかりと実施されているかどうかをチェックすることもケアマネージャーの大切な仕事です。

ケアマネージャーの受験資格

ケアマネージャーになるためには、難易度が高い介護支援専門員試験に合格しなければなりません。

しかし、受験するためには介護・医療・福祉の何らかの国家資格を持ち、5年以上かつ900日以上の実務経験を積んでいる必要があります。

また、ケアマネージャー試験は介護系の資格の中では難易度が高い部類に入るため、ケアマネは豊富な知識と経験を併せ持っている場合が非常に多いです。

しかし、経歴や資格が違うと当然得意分野も人それぞれであるため、それぞれのケアマネージャーがどんな特徴を持っているかをしっかりと確認することが大切です。

ケアマネージャー選びは難しいが非常に大切

ケアマネの仕事内容は、介護サービスを行う上で必要不可欠な存在であり高齢化が進む社会おいて大きな役割を果たしています。

介護保険サービス利用するために必要な作業のほとんどを代行してくれるため、要支援者やその家族が良い生活を送れるかはケアマネの腕にかかっていると言えるのです。

そのような要因もあって、経験と知識が豊富で実績もあるケアマネは多くの人から選ばれやすく、それに伴って仕事も多忙になりがちです。

ケアマネージャーはどうやって選べばいいの?

話し合う人たち

要支援者は地域包括センターのケアマネが担当することになりますが、要介護者は居宅介護支援事業者のケアマネが担当するという違いがあります。

その中で、サービスを受ける側は自由にケアマネージャーを選択することができます。

以下では具体的に、どうやってケアマネージャーを選べば良いか、その方法について解説していきます。

介護保険課や地域支援包括センターで探す

ケアマネの選び方や探し方に迷う人は多いですが、まずケアマネを探す場合は役所や地域支援包括センターを利用することになります。

介護支援利用者の住んでいる役所地域包括センターに行くことで、居宅介護支援事業所のリストや「ハートページ」という冊子をもらうことができます。

ハートページの居宅支援者の一覧ページには、居宅支援者の名称、所在地、電話番号、受付時間、ケアマネの人数、休業日、併設サービスなどの詳細な情報が載っています。

ハートページを参考にしながら事業所を選ぶのが、選び方や探し方の基本となります。

併設サービスからケアマネを選ぶ

併設サービスとは、訪問介護事業所やデイサービスのことを指しています。

居宅介護支援事業者の90%が併設型であるため、利用したいデイサービスがある場合は「そのサービスと併設している」という点から介護支援事業者を選ぶことも可能です。

このような方法でケアマネージャーを選ぶこともできるため、事業所の細かいサービスについても把握することが大事となってきます。

医者との相談や口コミによっても選べる

役所や地域支援包括センターを利用しない選び方や探し方もあります。

担当してもらっている医者との相談やアドバイスを介して、その医者と連携の取れているケアマネを紹介してもらうことも可能です。

また、同じ地域で介護サービスを利用している人の評判を参考にしてケアマネを選ぶことも可能なので、積極的に情報を集めると良いでしょう。

友人や知人に介護業界従事者がいる場合はケアマネ選びのアドバイスをもらうこともできるため、人脈を利用して有益な情報を集めると良いケアマネに巡り合える可能性が高まります。

取得資格や得意分野も含めてケアマネージャーを探そう

ケアマネの中でも、どの資格を取得してどのような仕事をしてきたかにより、得意な分野が異なります。

そのため、受けたいサービスの内容と照らし合わせて、その分野が得意だというケアマネを見つける選び方や探し方があります。

また、要支援者の病気の状況や要介護度によって選ぶべきケアマネージャーの特徴が変わってくるため、しっかりと経歴や資格については確認しておくと良いです。

ケアマネージャーを探す時のポイントは?

ひよこの群れ

ケアマネと信頼関係を築けそうかを重視しよう

ケアマネージャーを選ぶ時には、その人の能力や知識だけでなく、信頼できる人柄かどうかなども併せて確認するべきです。

具体的には以下の点をしっかりとチェックすると良いでしょう。

  • 話を親身になって聞いてくれるか
  • 自分の抱えている不安や悩みを相談しやすいか
  • 専門的な用語を使わずに理解しやすい説明をしてくれるか

また、介護保険制度について精通している一般人は多くないため、不明な点や不安な点を相談した時に丁寧にアドバイスしてくれるかも重要です。

実際に面談をしたり、説明を受けてみる

自分に合うと思われるケアマネージャーを見つけたら、ケアプランの原案作成もかねて最初の面談を行うことができます。

その際に重要事項について説明してもらえますが、納得できるまで説明をしてもらえるかどうかを確認してください。

同時に、知識が豊富かどうか、こちらの疑問が解決するまで丁寧に対応してくれるかどうかを注意深く観察することが大切です。

面談で気にすべき点

面談で気を付けるべき点はいくつかありますが、例として以下のようなポイントを意識すると良いでしょう。

  • 要支援者とその家族の疑問や質問への対応が早いか
  • 説明がわかりやすく、専門用語を多用しないなどの気遣いができるか
  • 希望や現在の状況を正確に把握し、ケアプランに反映させる能力があるか
  • 介護サービスの料金のことや介護費用など、お金の話をした上で提案してくれるかどうか

このような点を意識することで、面談によって信頼のおけるケアマネージャーを選ぶことができるでしょう。

面談の重要さ

ケアマネージャーとの面談は1回だけでなく、介護サービスの利用中に何度も行われます。

この面談はケアプラン作成に必要な情報をケアマネに伝える機会でもあるため、時間をかけてじっくりと行うようにしましょう。

要支援者やその家族にとっては、自分たちの要望を伝えてどのような介護サービスが行われるのかを理解する重要な機会です。

ここで「よく分からないから」という理由で適当にケアマネに全て任せてしまうと後々問題やトラブルになってしまうため、自分の疑問が解決するまで話しましょう。

経験や知識量も大事

自身の担当となるケアマネが、介護サービスの専門的な知識を持っているかどうかが、ケアマネ選びの重要な要素です。

介護サービスに加えて、支援サービスに関しても知識があるかどうかもしっかりと確認をしましょう。

当然、知識が多ければ多いほどこちらの疑問に対応できる範囲が広くなるため、様々な面で信頼を置けます。

知識の面以外にも、「どのような業界でどれだけ経験があるか」はケアマネの得意分野の把握の面で知っておくべきですし、優れたケアプランを作成できるかという点にも直結してきます。

基本的に、実務経験が豊富なベテランのケアマネは幅広い分野に精通しているため頼れるケースが非常に多いです。

新人を選ぶことにもメリットはある

とはいえ、ベテランを選んだ際にもデメリットはあります。

ベテランは知識や経験が豊富で、施設との結びつきも広い点が大きな強みですが、担当件数が多くフットワークがあまり軽くない点がネックです。

一方、新人はそれに比べて担当件数がまだ少ないため、すぐに対応してくれるような余裕のあるケースがほとんどです。

しかし、当然のことながらケアマネとしての知識や経験の面はベテランと比べると劣ってしまいます。

このような不安はもちろんあるため、経験の長いケアマネージャーを選ぶことが無難におすすめです。

同じ地域に住んでいるかどうか

要支援者の健康や体調は常に変化するため、すぐに対応できるかどうかも重要なポイントです。

そこで、担当ケアマネが近所や同じ地域に住んでいるかどうかを確認すると良いでしょう。

同じ地域に住むケアマネであれば、緊急時に連絡を入れた際にも、すぐに対応をしやすいというメリットがあります。

また、同じ地域であれば事業所の評判を聞く機会が多く、施設の雰囲気を感じやすいという強みもあります。

さらに、同じ地域に住むケアマネージャーであれば、要支援者の住む地域内での医療や介護の施設とのネットワークが強固である、という強みもあります。

ケアマネの対応力の高さは非常に大切

介護の現場では、要支援者やその家族が急いで連絡をしたい事案が発生したり、要支援者の様態が急に変わったりすることが十分起こり得るため、緊急時に迅速な対応ができるかどうかは非常に大切です。

そのため、そういった緊急の際には臨機応変に対応してくれるフットワークの軽いケアマネを選べると理想的と言えるでしょう。

迅速に対応くれるかどうかを判断するためには、事業所の営業時間や休日、休憩時間などの確認をしておくべきです。

安心してサービスを利用するためにも、このような細かいポイントまで確認しましょう。

複数の介護事業者とつながりがあるか

ケアマネは、介護・医療・福祉分野の資格を持ち、なおかつ実務経験が5年以上なければ受験資格を得られません。

そのため、ケアマネージャーは一般的に、自身の資格を取得する分野において専門性の高い知識を有していることになり、安心して仕事を任せられるでしょう。

このように高い専門性を持っているケアマネは、適切なアドバイスができると同時により専門性の高い事業所との結びつきがある場合が多いです。

つまり、広いネットワークを生かして要支援者の要望に適した事業所を多くの選択肢の中から提案してくれることが期待できます。

このように、非常に専門的な部分までネットワークを持っている場合があるため、ケアマネージャーの経歴をチェックすることが大事なのです。

一般社団法人の掲げるケアマネの倫理観

一般社団法人「日本介護支援専門委員会」はケアマネージャーが遵守すべき倫理的なルールを掲げています。

ケアマネは社会的に重要な役割を果たしていることから高い倫理観が求められる職業です。

そこで、この倫理綱領をきちんも守っているかどうか、そもそも倫理綱領を把握しているかどうかを聞いてみることで、良いケアマネかどうかの判断材料となるでしょう。

日本介護支援専門員協会の定める倫理綱領の詳細

それでは、ここで12条ある綱領のいくつかご紹介します。

  • 自立支援
  • 利用者の権利擁護
  • 専門的知識と技術の向上
  • 公正・中立な立場の堅持
  • 社会的信頼の確立
  • 秘密保持
  • 法令遵守
  • 説明責任
  • 苦情への対応
  • 他の専門職との連携
  • 地域包括ケアの推進
  • より良い社会づくりへの貢献

このように、ケアマネージャーとしてあるべき姿などを示した内容となっています。

ケアマネとうまく付き合っていくにはどうしたらいいの?

冴えない顔の人

利用者の希望をしっかり伝えることが大切

利用者や家族の中には「ケアマネージャー任せていれば大丈夫だろう」という、受け身で考える人がいます。

このような姿勢だと、症状に応じて適切な介護サービスを受けるのが難しくなってしまいます。

家族が利用者とどのような関わり方を望んでいるのか、どのような悩みを抱えているのかなどをケアマネージャーに知ってもらうことがケアプラン作成の際にも関わるため、希望を伝えることは非常に重要です。

要支援者について詳しく知ってもらう

サービスを受ける人の生い立ちや好き嫌い、体調面や気をつけるべき点、利用者の家族についてなど様々なことを知ってもらうことが、ケアマネージャーと良い信頼関係を築く際に大切になってきます。

ケアプランの作成に関しても、性格や体調面、家族のことまで知ってもらった方がニーズを満たしたケアプランを作りやすくなります。

金銭的なことは少し話しづらいですが、介護サービスに費やすことのできる費用についての話し合いも重要です。

あらかじめ話し合っておくことで、予算の面も含めて安心してサービスを利用することができます。

わからないことはすぐ質問する

サービスの利用に関して、分からないことや不安なことが出てきた場合はその場ですぐに相談して解決ことが大切です。

ケアプランについて利用者も詳しく知っていることで、不満や不都合が生じた時に変更して欲しい所を伝えることができるようになり、お互いに気持ちよく利用することができます。

また、要介護者やその家族が不安に感じている点をケアマネも把握していないと、的確なケアプランの作成やサービスの提案ができなくなってしまいます。

分からない箇所は遠慮せずにちゃんと質問するようにしましょう。

ケアマネにも感謝を伝えよう

ベテランになるほど、ケアマネは多くの利用者を抱えていて多忙なケースが多いです。

仕事とはいえ、ケアマネも人間なので印象の良くない人やむかつく人とは関わりたいとは思いません。

そのため、しっかりとケアマネに感謝の気持ちを伝えることで、相手にも良い印象を持ってもらえます。

当然、自分の生活をサポートしてくれるパートナーとは良い関係を築けると生活が豊かなものになります。

しっかりと感謝を言葉にして伝えるようにしましょう。

ケアマネを変えることもできる

どれだけ良く考えてケアマネを選んでも、実際にサービスを受ける中で対応に不満を感じることが起こり得ます。

また、ケアマネの中にはむかつく人も残念ながらいるため、良い関係を構築できない可能性もあります。

このような実情があるため、いつでもケアマネの変更が可能です。

また、その際には利用している介護サービスを引き継ぐことも可能です。

ケアマネの変え方

ケアマネの変え方は以下のような方法があります。

  • ケアマネージャー本人か居宅介護事業所に変更の申し入れをする

  • 別の居宅介護支援事業所に相談をする

  • 地域支援包括センターや市町村窓口にケアマネージャーの変更の相談をする

変える際には、具体的に困っていることや要望を伝えて、再度変更が生じないように気を付けるべきです。

ケアマネージャーの作るケアプランってどんなもの?

様々なチェック事項

ケアプランは介護の基盤

ケアプランとは、介護サービスを受ける際の利用計画書のことで介護や支援のベースとなる重要なものです。

作成にあたっては、介護保険制度に関する広く専門的な知識が必要になるため、ケアマネなどの介護のプロに依頼しなければなりません。

また、要介護者の心境や、どんなサポートが必要か、どんな生活を送りたいかなどの要望を聞くことが非常に大切となります。

そのため、サービス利用者側との円滑なコミュニケーションを取って、課題などを共有することが必要です。

ケアプラン作成の手順

ケアプランがなければ、介護を受ける側もどのようなサービスを提供されるのかが分からず困惑してしまいます。

そこで、ケアプランの作成は以下のような手順で行われます。

要支援者や家族の要望を把握する

支援者や家族の要望を聞くことを「インテーク」 と呼びます。

介護サービス利用者側の要望を把握し、家庭環境や要支援者の体調などを把握する面接や問診のことです。

本人や家族が誤った情報を伝えたり遠慮してしまうと、マッチしないケアプランになってしまい後々問題になってしまうため、しっかりと要望は伝えるようにしましょう。

ケアプラン原案を実際に作る

インテークで利用者の情報を聞き取り利用者のニーズを把握した後は、仮のケアプランを作成します。

仮のケアプランをベースにしながら、受入可能なサービス事業者と連絡調整を図ったり、利用者に希望と相違ないかを随時確認していきます。

要望や介護施設の受け入れ状況などを踏まえながらプランを練り直して、実際にケアプランを作成していくという流れになります。

担当者会議を行い、ケアプランを実際に作る

ケアマネの作成したケアプラン原案を基にして、介護サービス提供者・ケアマネ・要支援者とその家族の間による担当者会議が設けられます。

このサービス担当者会議で、プランの検討や承認を行うことことになります。

ここで、会議の出席者全員の承認を受けられれば、ケアプランは完成となり、晴れて介護サービスを受けることができます。

ケアプランの見直しを行う

ケアプランは作成して終わりではなく必要に応じて見直しがされるため、見直しのためにサービス担当者会議が定期的に行われます。

また、サービスを受けている被介護者の心身状態が変化した際にもプランの変更がされる場合もあります。

ケアプランを更新する際に評価基準になるのは、ケアプランがどれだけ要支援者の自立支援に貢献したかどうかです。

ケアプラン更新の「PDCA」

PDCAとは品質管理などの継続的改善手法のことで、Pはplan、Dはdo、Cはcheck、Aはactionを指しています。

つまり、ケアプランを立案してサービスを提供し、その内容や成果を分析し、それを踏まえてケアプランの見直しを行う、ということです。

この過程を通じてより良いケアプランを作成していくことになります。

むかつくケアマネはいるか?

むかつく人たち

こちらでは、実際にあったトラブルやむかつくケアマネの事例を紹介します。

前述したようにケアマネの変更は可能なので、不安や信頼できないケアマネを選んだしまった場合は変更も検討しましょう。

連絡対応の面が不十分

ベテランで知識や経験も豊富なケアマネは多くの利用者を抱えているため、仕方がない面もあるかもしれません。

しかし、利用者にとって連絡がつきやすく、すぐに対応してくれるケアマネは非常に心強い存在です。

また、電話対応であっても実際にあった時と同じように丁寧に対応してくれるかどうか、という点も大事です。

面談の時にしっかりと連絡の取りやすさは確認するべきでしょう。

明らかに知識不足

新人ケアマネならまだしも、数年やっても介護に関する知識が圧倒的に不足しているケアマネもいます。

このような知識がないケアマネージャーだと介護保険の手続きなどを間違えてしまったという事態が起きかねません。

充実した介護生活を送れるためにも、ケアマネージャーの知識面は非常に重視しすべきポイントであると言えるでしょう。

ケアマネージャーの選び方のまとめ

ケアマネジャーの選び方のまとめ

  • 緊急時にすぐに動いてくれるか、相談には乗ってくれるかを確認しよう

  • 良い信頼関係を築けそうになければ、そのケアマネは選ばないほうが良い

  • もしもの場合に備えて、同じ地域に住んでいるケアマネに担当してもらうと安心

  • 良い関係を築くためにも、コミュニケーションを密にして感謝の言葉はしっかり伝えよう

ケアマネージャーの仕事内容は多岐にわたるため、一人で多くの介護者をサポートしているケアマネは多忙であることをまず理解しましょう。

ケアマネを選ぶ際には、コミュニケーションをしっかり取れそうか、自分たちが求めているサービスを提供してくれそうか、もしものときにはすぐ対応できそうかなどを確認するようにしてください。

また、いい関係を築くように努めればお互いに気持ちよく過ごせるため、気配りは忘れないように心がけましょう。