ユーキャンのケアマネージャー講座の評判は?価格やサポート・口コミも全て公開!

更新日時 2020/05/23

「ケアマネージャーの講座が取りたいけどどれが良いかわからない!」

「ユーキャンの通信講座が良いと聞くけど具体的にどんな特徴があるの?」

などの疑問を持つ方が多いと思います。

ケアマネージャー試験の対策といっても様々な講座があり、それぞれの特徴を知らないと自分にあった講座を選べなくなってしまいます。

また、独学で勉強できるという声も多くあるため、講座を取る必要性を理解できていない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は他社との比較を用いながら、ユーキャンのケアマネージャー講座の特徴を詳しく解説していきます。

結論から言うと、ユーキャンのケアマネージャー講座は非常におすすめできます。この記事を読んでなぜお勧めであるか、しっかりと理解していきましょう!

ユーキャンのケアマネージャー講座をざっくり説明すると

  • 他の通信講座と比較すると費用が高い
  • わかりやすいテキストと充実の副教材
  • 勉強計画が立てやすく効率的に勉強できる
  • 勉強時間にある程度ゆとりのある人や初学者に特におすすめ

ユーキャンのケアマネージャー講座の特徴

本とペン

まずは大まかにユーキャンのケアマネージャー講座の特徴を見ていきましょう。以下のような強みがあります。

  • サポートしてくれる期間が6ヶ月と長い
  • そのため比較的費用がかかる
  • 合格までのしっかりとしたカリキュラム
  • 丁寧で初学者でも安心なテキスト
  • 親切な添削で着実に実力アップ
  • スマホでも勉強に役立つサービスが充実
  • いつでも受けられるウェブテスト
  • 解説動画で何度も確認ができる
  • 気軽に質問ができるウェブシステム
  • 合格率が非常に高い
  • 教育訓練給付制度にも対応

さすがは通信講座では一番の知名度を誇り、確かな合格実績もあるユーキャンです。非常にサービスが充実していると言えます。

配布される教材のクオリティもとても高く、初学者でも安心して勉強を継続できる内容となっています。

それでは、ユーキャンのケアマネージャー講座について以下で詳しくみていきましょう。

ユーキャンのケアマネージャー講座の費用を他社と比較

ペンとコイン

ケアマネージャーの資格取得には大きな費用がかかります。受験費用だけでなく研修にもお金がかかってしまうのが理由です。

そのため、独学に不安があり、通信講座を受講したいけどできる限り費用を抑えたい!と言う方が大半でしょう。

そういった方のために、ここでは他社と比較しながらユーキャンの通信講座の費用について説明していきます

他社の通信講座と比較

会社 費用(税込) 期間
ユーキャン 49,800円 6ヶ月
たのまな 33,000円 3ヶ月
ニチイ 34,783円 6ヶ月
三幸福祉カレッジ 27,500円 2ヶ月
資格の大原 58,000円 4ヶ月

このようにしてみるとユーキャンの通信講座は比較的費用が高いと感じるかもしれません。

しかし、ユーキャンは勉強をサポートしてくれる期間が6ヶ月と他の通信講座に比べて長いと言うことも見て取れます。

仮に他の会社が6ヶ月のサポートを行った場合には、ユーキャンよりも受講料が高くなってしまいますよね。このように、ユーキャンの講座の費用はサポート期間のわりにお得であると言う特徴があります。

さらに、ユーキャンの講座は教育訓練給付制度の対象になっているので、受講料金の20%が返ってくる場合があります。

しっかりとサポートしてくれて、なおかつ費用が抑えて受講ができる、と言う強みがユーキャンの講座にはあるのです。

通学講座と比較すると

通信講座と並んで、資格取得の際に人気であるのが通学講座です。比較して費用を見ていきましょう。

スクール名 費用(税込) 期間
藤仁館医療福祉カレッジ 165,800円 16回
三幸福祉カレッジ 165,000円 11回
日本キャリアパスアカデミー 153,318円 23回
ニチイ 70,125円 4回+自宅学習
資格の大原 86,000円 12回

通学講座の中にも多くの種類があり、サポートしてくれる期間が長いものから、効率よく短期取得を目指すものまで様々です。

見ていただいてわかるように、通学講座では通信講座に比べて圧倒的に費用が高くなってしまいますね。

ケアマネージャー試験は仕事をしながら受験勉強をする人が多い、と言う点でも通学講座はあまりおすすめできません。

仕事の都合でスクールに通えなかった、といった日が出てきてしまうこともあります。自分で好きな時間に行えるような勉強法を選ぶ方が多くのメリットがあるでしょう。

自分で勉強する時間をコントロールできる通信講座という形態でありながら、長期的にサポートしてくれ、かつ費用も安く済むという点でユーキャンがおすすめと言えます。

ユーキャンのケアマネージャー講座の教材を他社と比較

かわいいねこ

ユーキャンに申し込むとすぐに教材が郵送されるのですが、その内容は非常に充実しています。

それぞれのテキストに役立つ情報が盛り込まれており、合格を目指す際には必要不可欠なものばかりです。

それでは、教材セットにはどのようなものがあるのか、具体的に見ていきましょう。

理解しやすいメインテキスト

メインテキストは、それぞれの分野に合わせて6冊が送られてきます。

それぞれが非常に丁寧に作り込まれており、情報の網羅性も適切です。また、初心者でも安心して取り組めるような工夫が随所に見られるような構成になっています。

文章だけでなく、イラストや図も豊富に掲載されており視覚的に理解がしやすいです。

さらに、重要なポイントが一目で分かるようにピックアップされているコーナーもあります。試験に出るところをしっかりと勉強できる内容になっており、効率的に合格を目指せるでしょう。

総じて、初学者でもわからない部分が出てこないように、疑問をすぐに解消できるようなテキストになっています。

また、ケアマネージャー試験の出題傾向を分析し、重要な200項目をしっかりと習得できるような厳選問題も掲載されています。

この一冊で、知識のインプットから演習によるアウトプットまでも行える、そんなテキストになっています。

副教材も充実

テキストとともに様々な副教材がセットでついてきます。

具体的には以下のようなテキストが同封されています。

  • 気軽に使える「出るケアベスト200」
  • 勉強の指針となる「ガイドブック」
  • 合格に欠かせない「過去問題集」
  • 専門的な知識を扱う「資料集」
  • 添削関係書類

特に「出るケアベスト200」は過去の出題傾向から重要事項を200個抑えた、総復習に最適な優れものです。

持ち運びに便利な大きさなので通勤時間や空き時間に気軽に勉強ができるだけでなく、試験の直前に復習をするといったときにも重宝します。

また、ケアマネージャー試験に合格するためには、過去問の学習が欠かせません。出題傾向の把握やケアマネージャー試験の独特な言い回し・形式に慣れるためにぜひ活用しましょう。

ユーキャンの過去問集は非常に解説が丁寧なのが特徴です。何度も繰り返し練習し、復習を繰り返すことで確かな実力がつくような内容になっています。

添削指導で実力アップ

テキストの学習を終え、ある程度知識を蓄えたら、巻末のチャレンジ問題に取り組んでみましょう。テキスト一冊につき一つずつ用意されています。

このチャレンジ問題は自分の知識量を試す場であるだけでなく、添削課題でもあります。

添削課題をユーキャンに送ると、コンピューターで徹底的に分析された後に講師陣による添削が行われ、詳しい解答解説とともに返却されます。

このようにして添削をしてもらい、解答解説で復習することで、知識を確実に定着させていくことができます。

また、解答解説とともに、講師から手書きのコメントも同封されます。ユーキャンのケアマネージャー講座のレビューを見ても「講師のコメントでモチベーションを維持できた」という投稿が多いです。

ユーキャンではこのように、実力アップだけでなく勉強を安心して続けられるような工夫も凝らされているのです。

学びオンラインプラスを活用しよう

ユーキャンの受講者限定で「学びオンラインプラス」というウェブサービスを利用できます。このウェブサービスには多くの機能があるので、ぜひ活用しましょう。

まず、目標とする試験日を設定すると、テキストの進め方や添削提出日を設定してくれる、自動スケジューリング機能があります。

ケアマネージャー試験の受験者は仕事をしながら勉強をする人が大半です。そういった人が毎日の勉強時間を確保するのに、この機能が大いに役立ちます。

また、スマホを利用して簡単にテストを行える機能も備えています。

忙しい人にとって、この機能で隙間時間を勉強時間に変えられるのは非常に心強いですね。「出るケアベスト200」と併用するのもおすすめです。

さらに、このウェブサイトからユーキャンの講師陣に気軽に質問をできる機能も備えています。

自分で勉強をしているときには、疑問点が出てきてもすぐに解決できないことは多いですよね。そういったときに気軽に質問ができるのは非常にありがたいです。

これらの機能を利用すれば、合格の可能性は少しづつ高くなっていきます。ユーキャンの講座を受講した際には、ぜひ有効に活用してください。

最新の情報も届けてくれる

ケアマネージャー試験は、法改正によって試験の内容が多いに変わるといった特徴を持つ試験です。

そのため常に情報を取得しながら勉強を進める必要があるのですが、最新の情報を独学者が得るのは非常に難しいですよね。

どこから情報を得れば良いかわからず、無駄な時間を使ってしまいかねません。

ユーキャンでは法改正があった際には、受講者にそのような最新情報をいち早く教えてくれます。具体的には、どのような改正があり、どう問題が変わるのかをまとめた冊子を郵送で送ってくれます。

ユーキャンの受講者は常に最新の情報に基づいたテキストで勉強を進められます。これは、市販のテキストで学習をする独学者には不可能です。

ユーキャンの通信講座で勉強をしている人の方が、実際の試験で有利な対策をしている、と言えるでしょう。

ユーキャンが最も学習計画を立てやすい!

いいね

ケアマネージャー試験は合格率が10〜20%と難易度が高い試験と言えます。介護系の資格としては最難関でしょう。

加えて、多忙な仕事をこなしながら勉強をする人も多いです。そういった方々は、勉強時間がしっかりと取れない傾向があります。

そのため、合格をするためには、毎日コツコツと勉強を継続できるような学習のスケジュールを組む必要があります。独学の場合、この部分が最も労力を有するでしょう。

ユーキャンが他の講座と比較して最も優れている特徴は、試験日から逆算してやるべきことが明確なカリキュラムが組まれているという点です。

以下で詳しく見ていきましょう。

長期的な勉強をサポート

ユーキャンでは、合格をするためにどのようなステップで学習を進めていくかを決めてくれています。具体的には、この月にこのテキストをやる、といったように定められています。

全6冊のテキストが順番になっているので、どの分野から学んでいくと効果的であるかが明確である、という特徴もあります。

また、テキストごとにある添削課題の期限も決められています。いつまでに、どこまで進めなければいけないかがわかりやすいので、自然と自分を律せる通信講座です。

さらに、テキストでしっかりインプットした後に過去問に取り組む時期や試験直前にやるべきことについても、ユーキャンはしっかりと教えてくれます。

ユーキャンの定めるスケジュールに沿って勉強をすれば、効率的に合格できる力を身につけられる、そんな講座と言えるでしょう。

ユーキャンなら毎日コツコツ勉強できる

ユーキャンの通信講座では、長期的な勉強計画だけでなく、毎日すべきことについても示してくれます。

ユーキャンのテキストでは、目安として1日1レッスンを進めることが決められています。「毎日これだけ進めればOK」ということを明確に示してくれているのです。

また、テキストには1日の目安勉強量ごとに区切りをつけてくれています。毎日勉強を進めやすいように工夫がされているので、安心して取り組めますね。

テキストだけでなく、学びオンラインプラスによってスマホで隙間時間に勉強がしやすいという点も、日々勉強を積み重ねることに役立ちます。

隙間時間に簡単に勉強ができるシステムがあるので、勉強しない日が出にくいといった特徴があります。

また上述のように、添削課題の提出日が決められていることから、毎日どれだけ勉強をしなければいけないかが明確である、という点もユーキャンの講座のおすすめポイントと言えるでしょう。

ユーキャンのケアマネージャー講座の合格率は?

excel

ユーキャンは受講者のケアマネージャー試験の合格率を公表していません。これはどの講座でも基本的にそうです。

しかし、公式サイトによると合格者の7人に1人はユーキャンの受講者だそうです。

この数字を見て「それってすごいの?」とピンとこない人も多いと思います。

そういう人は、「ケアマネージャー試験は独学者が非常に多くいること」、「ユーキャンだけでなく多くのケアマネージャー講座が存在すること」を想像してみてください。

いかにユーキャンの合格率が高いか」、「ケアマネージャー講座の中でどれだけユーキャンのシェアが高いか」が理解できると思います。

実際にユーキャンは、2001年から2018年までで80,184人のケアマネージャーを輩出しています。

また、近年難化傾向にあるケアマネ試験の合格率は10〜20%です。これほどまで合格率が低い理由は、試験が難しいというよりは独学者の割合が非常に多いことが要因と考えられます。

ケアマネージャーは介護や医療の多忙な仕事をしながら試験勉強をする人が多数です。その中で独学者が多いのであれば、勉強時間が足りなくて不合格になるのは必然ですよね。

実際に、ケアマネ試験の資格試験偏差値は55と、内容自体が資格試験のなかでも格段に高いわけではありません。講座を利用して毎日しっかり勉強できれば、受かる可能性は高いと言えるでしょう。

ユーキャンのケアマネージャー講座の惜しい点

本棚

資格合格のためには自分にあった講座選びが非常に大事になってきます。

さらに講座を受講するとなると費用が非常に大きくなってしまいます。しっかりと良くない点も考慮して選びたいですよね。

非常におすすめできるユーキャンのケアマネージャー講座ですがもちろん惜しい点も存在します。以下で詳しくみていきましょう。

質問の返事が遅い

「通信講座といえばユーキャン」と言えるほど知名度が非常に高く、受講者も同じように多いので仕方ない部分はありますが、質問したらすぐに解説してくれるわけではありません。

質問はウェブからいつでもできますが、その返答に少し時間がかかる場合があります。

その変わりとして、一つ一つの質問に対して経験豊富な講師陣がしっかりと返答し、詳しく解説をしてくれます。

講師の数も限られているので、一人一人にしっかりと返答し、最高のサービスを提供するには多少時間がかかるのはしょうがないと言えるでしょう。

添削や質問の回数に限りがある

上記した添削指導ですが、6冊のテキストの巻末添削課題と総合模試試験の7回までの制限があります。

また質問は1日3回までの制限があります

わからない点があったり、解説をしっかりと教えて欲しい部分があった時などに、物足りなく感じてしまう人もいるかもしれません。

これも質問の返信が遅いことと同様に、知名度があり、母体が非常に大きいため仕方ないと言えます。

経験豊富な講師陣であっても、一人一人に最高のメッセージを送れるようにするのにはこれが限界なのでしょう。

添削でも同様に、その代わりとして非常に丁寧に解説をしてくれます。

また、少ないと感じるこの添削回数7回も他のケアマネージャー対策講座よりは多いです。7回も講師が添削してくれる講座はユーキャンだけです。

ユーキャンのケアマネージャー講座のコース一覧

道

ユーキャンのケアマネージャー通信講座のコースは一つしかありません。6ヶ月のサポートで49,800円の費用がかかるコースです。

通信講座の受講を検討している人の中には「複数のコースから選べないと不安だ」と感じる人が多いかもしれません。

しかし、裏を返せば、自分に最適なコースがどれであるのか迷う必要がないということでもあります。

一見高額に感じるユーキャンの講座も、49,800円のなかに役に立つ複数の教材の費用が含まれており、他のテキストを購入する必要がないのでお得と言えるでしょう。

そもそも、ユーキャンのケアマネージャー通信講座は、他にコースを作る必要がないほどこのコースが充実しています。

非常に理解しやすいテキスト、充実の副教材、勉強のスケュールを明確に立ててくれるサービス、講師への質問・添削システム、スマホ勉強の機能などなどメリットが非常に多い講座です。

このコースに従って勉強をしていれば間違いなく合格できるような、完成度の高いコースと言えるでしょう。

ユーキャンの通信講座はこんな人におすすめ

スマホと女

基本的に、ケアマネージャーの試験を受験しようとしている人全員にユーキャンのケアマネ講座はお勧めできますが、特に以下のような特徴を持つ人は受講を決断して良いでしょう。

  • 長期的なスパンで余裕を持って勉強がしたく、かつ費用を抑えたい人
  • 独学の際に学習スケジュールの設定が苦手な人
  • 自分の立てたスケジュールが正しいか不安で、勉強の進め方を教えて欲しい人
  • 質問できる環境や、しっかりと解説をしてくれる講師がいて欲しい人
  • 仕事が忙しく、スマホなどで隙間時間を有効に活用したい人
  • どんなテキストを使えば良いかわからない人

このような人はユーキャンの講座を受講して、毎日学習を進めていけば、合格する可能性が非常に高くなると言えます。

こんな人にはおすすめできない

逆に、以下のような特徴を持つケアマネ受験者は、別の講座を受講したり、独学をした方が良い場合があります。

  • 試験まで勉強できる時間が4から5ヶ月以下の人
  • すでにケアマネージャー試験に関しての知識をかなり取得している人
  • 独学で何らかの試験を突破した経験があり、自分を律して勉強ができる人
  • 通信講座にかかる費用をとにかく抑えたい人
  • スクールに通わなければ自分を律することができず、勉強をする環境づくりから始めたい人

ユーキャンのケアマネージャー講座は基本的に6ヶ月のスパンで、初学者でも合格できるように計画が組まれています。

それぞれの講座の特徴を理解した上で、自分にあった勉強法を確立するのが、試験合格には肝心です。

ユーキャンのケアマネージャー講座の評判・口コミ

パソコンと男

ここまで解説してきたように、ユーキャンのケアマネージャーはたくさんのメリットがあり、非常におすすめできます。

しかし「本当にユーキャンがそんなに良いの」とまだ受講すべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そういう人には実際に利用した人たちの評判や口コミを参考にするのがおすすめです。

以下で、ユーキャンのケアマネージャー講座のレビューをいくつか紹介していきます。

ユーキャンはテキストが特に親切

子育てをケアマネージャーの試験の勉強時間に当てて合格した人もいるようです。多忙な方でもしっかりと合格できるような親切なテキストについての評判を紹介します。

  • 産休を生かし、ケアマネの資格をとりたくて大手で安心感のあるユーキャンを選びました。特にテキストは要点が明確でわかりやすく、子育てで忙しくても勉強をスムーズに行えて一発合格できました。

  • この講座だけでケアマネ試験に合格しました。ユーキャンのテキストは内容が非常に的確だったと言えると思います。合格率の低いケアマネ試験ですが、ユーキャンは力になってくれると思いますよ。

勉強が苦手でも続けられた

ケアマネージャー試験に関して全く知識がない状態からでも合格をできる人も多くいるようです。またユーキャンの講座にはモチベーションを維持できる工夫も多くあります。

  • チラシをみてユーキャンの通信講座を受講してみましたが独学するよりもずっと良かったと感じています。テキストごとの試験がメリハリとなり勉強のモチベーションを維持できました。

  • ユーキャンの講座は添削回数が多く解説も丁寧でした。また、公表と共に送られてくる講師の先生の直筆メッセージも暖かく、勉強の励みになりました。

ユーキャンなら勉強計画が立てやすい

独学で合格できなかった人でもユーキャンでコツコツと勉強して合格した場合もあるようです。毎日勉強を継続できるので、合格率の低いケアマネージャー試験ではやはり講座の受講がおすすめです。

  • 独学で挑戦したのですが不合格でした。次は絶対に受かりたくてユーキャンの受講を決めました。毎月の進捗状況がわかりやすいので、コツコツ勉強をしてケアマネ試験に合格することができました。

  • テキストや資料がわかりやすく、毎日時間を決めて5ヶ月ほど勉強を継続できました。その後は家庭の事情で勉強をできなかったのですが、またユーキャンで挑戦して見たいと思っています。

ユーキャンのケアマネ講座についてまとめ

ユーキャンのケアマネージャー講座まとめ

  • 長期的なサポートをしてくれるため費用は比較的高い
  • 教材の内容は充実しており、勉強計画も立てやすい
  • 添削や質問の返答が丁寧で実力アップがしやすい
  • スマホを使って勉強できたりと、隙間時間を活用できる工夫がなされている

ここまで読んでいただいた方には、なぜ冒頭でユーキャンのケアマネージャーが非常におすすめであると結論づけたのか、理解していただけたと思います。

ユーキャンのケアマネージャー講座には、試験に合格するために必要な要素が漏れなく詰め込まれているといっても過言ではないです。

講座の受講を躊躇っている方のほとんどが、費用についての不安を抱いていると思います。

しかし、独学をして不合格になってしまっては元も子もありません。実際に、独学をして不合格になり2、3回と受験したが結局受からなかった人もざらにいます。合格率の低さがそれを物語っています。

皆さんもぜひ、ユーキャンの講座を受講し、有効に活用して一発合格を狙ってください!