ケアマネージャーってどんな仕事?年収や実際の業務・役割・受験資格についても解説!

更新日時 2020/05/23

「ケアマネージャーって実際にはどんな仕事なの?」

「ケアマネージャーになるためにはどうすればいいの?」

などといった疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ケアマネージャーの仕事内容や資格を取得するメリット、給与などについて詳しく解説していきます。

これを読めば、ケアマネージャーの仕事内容はもちろんですが、ケアマネージャーになるための方法や、資格取得後の生活のイメージもできるはずです。ぜひ読みすすめてください。

ケアマネージャーの仕事についてざっくり説明すると

  • 利用者に合わせたケアプランをたてるのが主な業務
  • 医療や福祉、介護をむすびつける役割
  • 一般的な介護福祉士よりも年収が上がる

ケアマネージャーの仕事内容

介護

ケアマネージャーの資格は、医療・福祉・介護のいずれかの国家資格を持っている方で、それにたずさわる業務を5年以上経験した方などが受けることができる民間資格であり、国家資格ではありまん。

また、介護サービスはもちろんですが、介護保険についても熟知していなければできない仕事でもあるので、介護保険のプロフェッショナルともいえます。

そこで、ケアマネージャーの仕事とはどういったものなのか、解説していきましょう。

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、正式には「介護支援専門員」と呼ばれ、介護を必要とする方と介護サービスを提供する方との架け橋のような役割を仕事とします。

介護保険制度では、個人によって受けられる介護サービスの内容が異なります。ケアマネージャーは、介護保険制度の範囲内でケアマネジメントをおこなわなくてはいけません。

介護保険制度を熟知したうえで、個人個人に合ったケアプランをたてるのが、ケアマネージャーの一番の仕事になります。

ケアマネジメントの役割

ケアマネージャーの仕事として大部分を占めるのが、「ケアマネジメント」です。

ケアマネジメントとは、医療・福祉のサービスとそれを必要とする方を結びつけるために、間に入る役割のことをいいます。

障害を抱えた方や体が思うように動かない方たちが、自立して健康的な生活を送るため、さまざまな問題をどう解決していくのか、本人や家族と相談し合いながら個人に合ったサービスの提供を受けることができるよう、調整していきます。

公正中立な立場で考える必要がある

良質なケアマネジメントには、本人や家族の意見や希望がしっかりと含まれていることが大切です。そのためには、介護を必要としている方と事業所側のどちらよりでもなく、中立な考え方をしなくてはいけません

要介護者やご家族よりの考え方をしてしまっては、事業所への配慮がなくなります。逆に事業所よりの考え方をしてしまうと、事務的になったり要介護者が望むサービスの提供が難しくなるでしょう。

ケアマネージャーには、事業所の選定だけではなく、さまざまな場面でもどちらよりでもない公正中立な立場を心がけて、仕事をする必要があります。

依頼者・利用者への訪問や面談

ケアマネージャーは、依頼者やサービスを利用する方の自宅へ訪問・面談を行って、今の正確な状況を把握する必要があり、これを「モニタリング」といいます。

法令によって、月1回利用者の自宅訪問が決められています。利用者にとって、十分なサービスを受けることができているのか、今の状況を自分の目で確認をしながらケアプランを立てる参考にします。

利用者の状況を把握することは必須ともいえますが、もし家族が離れた場所に住んでいる場合は、ご家族へは電話で状況の報告や相談といった対応になることも多いです。

施設入所希望者のサポート

基本的に、ケアマネージャーは自立を促すため、デイサービスなどの介護サービスを提供するプランをたてるのが役割です。

しかし、施設へ入所を希望する場合は、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどへの入居支援もケアマネージャーの仕事のひとつになります。

利用者と施設・事業所との架け橋であり仕事の内容は幅広いため、柔軟に対応をしなくてはいけません。

事務手続きを行う

介護サービスには、医療保険のように自己負担分と介護保険から支払われる分の2つがあります。ケアマネージャーの仕事として、介護保険から支払われる介護給付の請求に大切な「給付管理票」の作成も重要な業務です。

ケアマネージャーが利用者別に作成した「サービス利用表・サービス利用票別表」と、サービスを行った事業所が提出した「サービス提供表・サービス提供表別表」をもとに、「給付管理票」を作成し、国民連合保険団体連合会に提出します。

国保連は、事前にサービスを提供した事業所から、介護給付費の請求とそれにかかる明細書が届いているため、給付管理票と照らし合わせて問題がなければ事業所に給付されます。

もし、給付管理票が作成されないと、サービスを提供した事業所には介護給付費が入金されません

また、市区町村から受けるサービス事業や施設と、利用者や家族との連絡調整などもケアマネージャーの役割となるので、事務手続きや予定の調整などといったデスクワークが多い仕事でもあります。

申請援助や手続き代行

ケアマネージャーは給付管理票のほかにも、「要介護認定」を受けるための申請手続きの代行もおこないます。

要介護認定がなければ介護保険の利用ができず、自費でサービスを受けることになります。ケアマネージャーには、介護サービスの提供が必要な方に対し、迅速に要介護認定の手続きをすることも業務です。

また、介護保険の変更や更新の申請、市区町村で提供している配色サービスなどといったサービスの申込みなどもケアマネージャーが代行することもあります。

もし利用者が自分で手続きができるようであれば、自宅へ赴き手続きのサポートをすることもあるので覚えておきましょう。

医療機関との連携

自宅で介護サービスを必要とする方のなかには、同時に医療の助けも必要という方は多いです。医療ニーズが高い方が、在宅で介護サービスを受けながら暮らしていくためには、病院などと密につなぐ必要があり、その役目はケアマネージャーが担います。

また、入院し退院後には介護が必要になるというケースも少なくありません。そういった場合も、ケアマネージャーが間に入りスムーズに在宅介護で生活ができるよう、本人・家族・病院・そして介護サービスを提供する事業所をつなげるのがケアマネージャーです。

ケアマネージャーは、介護サービスを提供する事業所や施設はもちろん、もしものときに24時間対応してくれる病院・施設など把握しておくことが大切です。

ケアマネージャー資格を取得するメリット

うれしい

ここまで、ケアマネージャーの仕事内容を解説してきました。これまで介護職として働いていた方にとって、全く違う仕事内容に驚いたという方もいるでしょう。

大変そうだな」とマイナス面として感じてしまったかも知れませんね。

ケアマネージャーの仕事内容は、聞けば聞くほど責任が重く感じる方もいるかも知れません。しかし、ケアマネージャーの資格を取得するメリットは大きいです。確認していきましょう。

年収増加も目指せる

ケアマネージャーとして働くことで、収入面では次のようなメリットがあります。

  • 一般的な介護職員より給与が高くなる
  • 経験年数によって年収がアップする
  • 施設の方が居宅よりも給与が高い

ケアマネージャーの資格の取得条件上、20代前半での取得は難しいです。そのため、ケアマネージャーとして働き始めるのは、早くて20代後半、もっとも多いのが30代後半から40代といわれています。

そのため、年齢では給与の差はあまりありません。その代わり、ケアマネージャーとしての経験年数によって給与が大きく異なる傾向にあります。

つまり、経験年数が長いと給与が高いので、30代の方が40代の給与よりも多くもらうこともあるということです。

また、在宅で介護サービスを受ける方の居宅ケアマネージャーとして働くよりも、施設でケアマネージャーとして働く方が給与は高い傾向にあります。

就職・転職にも有利

ケアマネージャーの資格を取得することで、就職・転職にとても有利に働くでしょう。ケアマネージャーの資格は、10~20%しか合格しない難関といえる試験です。

そのため、資格を持っているというだけで、たとえケアマネージャーにならなかったとしても、自分のスキルや専門性の高さの証明になります。

ケアマネージャーの資格は、自分の就職・転職活動における武器にもなるのです。

柔軟に働ける

一般的な介護職の方に比べて、時間の融通が利きやすいのもメリットが大きいでしょう。

利用者の自宅に訪れるのは基本的に昼間、しかも自分と利用者のスケジュール相談をしながらなので、夜勤などといったこともありません。子供の行事に参加したい場合は、その日に訪問業務を入れないということも可能です。

また、基本デスクワークなので仕事の進み具合も自分次第という面も、時間の融通が利きやすいという部分でもあります。

ケアマネージャーにはどんなやりがいや魅力があるの?

ケアマネージャーは、介護保険制度を利用しながら介護サービスなどを必要としている方のケアプランをたてます。

自分がたてたプランによって、利用者や家族の状況にいい変化が見られた場合、とてもやりがいを感じる方も多いです。

また、難しいケースに遭遇したとしても、誠心誠意対応したことで利用者も家族も、事業所・施設なども納得するいい形で解決したときに、「やっててよかった」と思う方も多いようです。

ケアマネージャーになるためには

スキルアップ

仕事は責任も重くるものの、やりがいも感じられるケアマネージャーになるためには、そうすればいいのでしょうか。

ケアマネージャーになるためには、試験に合格することが必須です。そこで、ケアマネージャーになるための試験について解説しましょう。

試験情報について

ケアマネージャーになるためには、各都道府県より管理されている「介護支援専門員実務研修受講試験」で合格しなくてはいけません。

試験の概要としては、以下のようになるので確認しましょう。

項目 内容
受験資格 医療・福祉・介護系の国家資格を持ち、5年以上かつ900日以上の実務経験
試験形式 マークシート形式5択選択問題
試験分野 介護支援分野と保健医療福祉分野の2つ
試験日程 例年10月中旬
試験時間 120分
問題数 介護支援分野:25問・保健福祉サービス分野:35問
受験料 6,600円~14,400円 ※東京都は12,800円

受験資格に関しては、このほかにも「生活相談員・相談支援員などの業務を5年以上かつ900日以上の実務経験がある」という方も、受験資格を得ることが可能です。

試験の日程や、受験料に関しては各都道府県によって異なります。また、試験を受けるためには期日までに登録しなくてはいけないので、ケアマネージャーに興味がある方は、まず試験日程や試験受付期日を確認しましょう。

研修の受講も必要

試験に合格したからといって、すぐにケアマネージャーになれるわけではありません。試験に合格したあとは、研修を受ける必要があります。

研修では、ケアプランの作成やコミュニケーションの取り方などさまざまです。実践的なものが多く、研修自体は計87時間、各都道府県が実施し研修にも費用がかかります。

東京の場合は、前期8日間、実習3日間、後期7日間の計18日間かけて行います。各都道府県によって日程など異なるので必ず確認しましょう。

研修を無事修了すると、介護支援専門員登録簿に登録申請後、証書を交付してもらうことでケアマネージャーとして働くことができます。

難易度は高い

試験は全部で60問のマークシート方式なので、決して多くはない問題数です。しかし、介護福祉資格の中でもケアマネージャ試験は難関です。

2018年から始まった、ケアマネージャーの質の向上を目指す厳格化にともない、試験問題の難易度は高くなっているといわれています。

また、高齢化は進んでいるため、介護系の仕事の需要も増えているのに対し、ケアマネージャーの需要自体は、減りも増えもしないという話もあります。

そのため、1人にかかる業務の負担が増えていくといってもいいでしょう。1人1人のケアマネージャーとしての質の向上が必要であり、求められているともいえます。

合格率は高いのか

ケアマネージャーの資格は国家資格ではないとはいえ、ケアマネージャーとしての質の向上のため、受験資格は厳しくなり試験自体の難易度は高くなっています。

気になる合格率は以下のようになります。

実施年度 合格率
2019年 18.5%
2018年 10.1%
2017年 21.5%
2016年 13.1%
2015年 15.6%

「介護支援専門員実務研修受講試験」が厳格化されたのは、2018年からです。つまり厳格化実施後、初回の試験の合格率が10.1%と低く、2016年と比べると3%も合格率が減少しています。

2019年には合格率が上昇してはいますが、平均合格率は15%前後と狭き門であることがわかりますね。

どんなふうに勉強すればいいの?

ケアマネージャーの資格は、基本的に独学でも学ぶことが可能です。過去問やテキストも販売されているので活用しましょう。このほかにもアプリやe-ラー二ングといった、学習ツールもあります。

ただ、働きながら学ぶというのは予想以上に大変なものです。そのため、独学では効率が悪いと感じる方は、通信講座や各種スクールを利用するのもおすすめです。

自分の状況にあった学習方法を選びましょう。

効率よく合格を目指すなら通信講座

働きながら受験勉強をする人は、スケジュール管理の面で苦労する場合が多いです。そのためスクールよりも通信講座の受講をおすすめします。

資格Timesが最もおすすめする通信講座は「 ユーキャンのケアマネージャー講座」です。なぜユーキャンが非常に優れているのか、その主な理由として以下の3つが挙げられます。

  • 学習サポートを非常に手厚く行ってくれる
  • 知名度が高く、非常に信頼できる会社である
  • 学習計画を立てやすい講座なので社会人でも安心

どれもケアマネージャー試験に一発合格するには非常に重要な要素です。

「どの通信講座が良いかわからない」と悩みを抱えている方には強くおすすめできる内容となっています。

気になる方は是非一度講座内容を確認してみるといいでしょう。

ケアマネージャー の年収はどのくらい?

お金

ケアマネージャーとして働くと、年収はどれくらいになるのでしょうか。収入は生活に直結するものなので、確認しておくことは大切です。

また、ケアマネージャーの収入は働き方によっても異なるため、働き方についてもふれていきましょう。

ケアマネージャーの月収

ケアマネージャーの月収は、働く地域や事業所、施設などによっても大きく異なります。目安としてですが、以下の表にまとめました。

給与形態 金額
月給 26万5000円
日給 14万8700円
時給 12万6500円

あくまで平均的な目安の月収ですが、一般的な介護職員にくらべ、平均月収は高めです。そしてケアマネージャーは年齢よりも経験年数を重要視する傾向にあり、経験年数が増加するにしたがい、収入は増えていきます。

働き方について

ケアマネージャーの活躍の場は主に次の3つになります。

  • 居宅介護ケアマネージャー
  • 施設ケアマネージャー
  • 地域包括支援センター

このほかに、主任ケアマネージャーといった役職で働く方もいます。詳しく解説していきましょう。

居宅ケアマネージャー

居宅ケアマネージャー」とは、在宅で介護サービスなどの提供を受ける方やその家族と、サービスを提供する事業所などとの連携を図るのが主な仕事になります。

また、要介護認定から介護保険の利用額の管理などといった事務仕事も行うため、利用者や家族との距離が近いのが特徴です。

そして、基本的に利用者やその家族とのコミュニケーションは自宅に訪問をして行うので、自分でスケジュールを組みやすく時間の融通が利きやすいというのも、他にはない働き方になります。

施設ケアマネージャー

介護保険施設で働くのが「施設ケアマネージャー」です。

施設ケアマネージャーは、施設の枠組みに合わせて入所している方の状況などを判断しケアプランをたてるのが主な仕事内容になります。

雇用としても、施設で働く場合は福利厚生など雇用条件などもよく、居宅ケアマネージャーよりも収入が高い傾向があります。

ただ、居宅ケアマネージャーに比べて時間の自由度は低いです。

地域包括支援センター

地域包括支援センターで勤務する場合は、その地域に住んでいる高齢者を対象に「介護予防ケアプランの作成」や「総合相談」などといったことを行います。

自立できている高齢者に対し、要介護となるのを防ぐために支援を行い、生活に対しての相談などを受けます。

居宅や施設のケアマネージャーとは違い、独りになりがちな高齢者とコミュニケーションをとったり、日常生活や健康状態の把握などといった要介護になる前の支援が主な仕事内容になります。

主任ケアマネージャーとして活躍する人も

主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)を目指す人もいます。

主任ケアマネージャーは、ケアマネージャーの上級資格です。なるための要件は地域ごとに異なりますが、おおむねケアマネージャーとしての実務経験が5年以上、そして養成研修を受けた方などといった条件をクリアした方だけが取得できる資格です。主任ケアマネージャーも、国家資格ではありません。

基本的に、他のケアマネージャーの統括という役目を担っているので、業務としてはケアマネージャーへの助言や指導、介護・医療・福祉などさまざまなネットワークの構築などといったことが主な業務になります。

就職先・職場はどういったところか

ケアマネージャーの就職先は、居宅・施設ケアマネージャーになるのか、それとも地域包括支援センターで働きたいのかによって異なります。

居宅ケアマネージャーになる場合は、居宅介護支援事業所へ働くことになり、その事業所は病院や通所サービスなどと併設されているケースも少なくありません。

また、施設ケアマネージャーの場合は、介護老人保健施設特別養護老人ホーム、そして介護療養型医療施設などがあります。

ケアマネージャーになりたての頃は、わからないことも多く回りのケアマネージャーに相談するケースも多いです。

そういった意味では、多くのケアマネージャーが働く居宅介護支援事業所の方が、アドバイスを受けやすい環境であるといえます。

ケアマネージャーはどのようにして選べばいいの?

ケアマネージャー

家族にケアマネージャーの助けが必要になった場合、できれば良いケアマネージャーと出会いたいと思うものです。

そこで、ケアマネージャーの探し方や、良いケアマネージャーを見つける方法など解説します。良いケアマネージャーを見つける方法がわかれば、おのずとどんなケアマネージャーが必要とされるのかわかるはずです。

ぜひ読み進めていきましょう。

ケアマネージャーの探し方

ケアマネージャーを探すときには、地域包括支援センターや居宅介護支援事業所へ相談する方法があります。

まず最初に、介護を必要とする人が住んでいる地域の介護保険課や、地域包括支援センターへ行き、居宅介護支援事業所の一覧や「ハートページ」をもらいましょう。

ハートページを発行していない自治体もあります。その場合は、介護保険課や福祉課に相談する方法もあります。

もし病気などによって介護を必要となった場合は、かかりつけ医に相談して紹介してもらうというケースも多いので、覚えておいてください。

良いケアマネージャーの選択方法

ケアマネージャーとはどうしても距離が近くなるものです。介護を必要とする本人はもちろんですが、支える家族としても心配ごとを相談することも多いため、ケアマネージャーとの相性は大切です。

良いケアマネージャーを選ぶポイントは、次のようなものがあります。

  • 笑顔が多いなど、人柄がよく信頼関係を築けそう
  • 要介護者だけではなく、家族ともコミュニケーションをとる
  • 素人でも説明がわかりやすく、親身になってくれる
  • 専門的な知識が豊富である
  • 連絡がとれやすい

やはり、ケアマネージャーは専門的な知識は当然ですが、コミュニケーション能力や、人柄などが重要ポイントになります。

一度介護を必要とした場合、ケアマネージャーとは長い付き合いになることも多いです。印象が冷たく相談しにくいと感じるようでは、良好な関係を築くことは難しいでしょう。

もしケアマネージャーと折りが合わないという場合は、ケアマネージャーは所属している事業所などへ相談し変更することもできます。

ケアマネージャーの仕事についてまとめ

ケアマネージャーの仕事についてまとめ

  • ケアマネージャーは、医療・福祉・介護の架け橋
  • 利用者のケアプランを作成し自立を助ける
  • 試験は難関だが資格を取得することによって収入アップ

今回は、ケアマネージャーの仕事内容や資格試験についてなど解説をしました。

ケアマネージャーの仕事内容は、どのようなケアが最善か利用者によってケアプランをたて、自立した生活を支えることです。

医療や福祉、介護などさまざまな場面で架け橋となり、利用者のためにマネジメントを行います。

自分のスキルを磨きたい、もっと利用者と向き合った仕事がしたいという方におすすめです。

責任は重いものの、やりがいを感じられる仕事でもあるので、これを機会に、ケアマネージャーへの道を進むべく資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。