ケアマネージャー資格の試験は難易度が高いの?偏差値や最短で合格する方法も紹介!

更新日時 2020/05/23

「ケアマネージャーの難易度や合格率を知りたい!」

「試験は難しいと聞いたけど、偏差値で言うとどのくらいなんだろう」

こんな疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

ケアマネージャーの資格は確かに難しい内容ですが、数字や偏差値で表してもらわないと具体的なイメージがつかめませんよね。

そこでこの記事ではケアマネージャーの難易度について、合格率や偏差値など数値に表しながら詳しくご紹介していきます

おすすめの勉強法も解説しますので、読み終わった頃にはどのように勉強を進めれば良いかがわかるようになっているはずですよ。

ぜひあなたのステップアップにお役立てください!

ケアマネージャーの難易度についてざっくり説明すると

  • ケアマネージャーの難易度は介護系資格の中では高いほう
  • 専門的な分野を広く勉強する必要があるので対策はしっかりと
  • ケアマネージャーは今後需要がますます増えるため人気資格である
  • 独学でも良いが通信講座がおすすめ

ケアマネージャー試験は難しいと聞くけどホント?

疑問を抱える女性

ケアマネージャーになるためには、「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格する必要があります。

「介護支援専門員実務研修受講試験」の合格率は10~20%程度と難易度がやや高く、これが「ケアマネージャー試験は難しい」と言われる要因です。

とは言え、例えば難関資格と呼ばれる社労士の合格率(8%前後)と比べるとそこまで高いわけではありません。しっかり対策をして臨めば十分合格できる試験です

ケアマネージャーの試験は範囲が広くて専門的

質の高いケアマネージャーの需要が高まっていることから、ケアマネージャー試験は専門内容から広く出題されるようになりました。それにより難易度も上がってきています。

ケアマネージャー試験の合格ラインは毎年変化しますが、概ね7割程度を正解すれば合格となります。

出題内容の全てを完璧に解く必要はありませんので、そう考えると少し気持ちが軽くなりますね。

ケアマネージャー試験の出題分野

ケアマネージャー試験に出題される分野は、大きく分けて3つです。

  • 介護支援分野
  • 保健医療サービス分野
  • 福祉サービス分野

それぞれの内容を解説します。

介護支援分野

ケアマネージャー試験の「介護支援分野」では、介護保険制度要介護認定についての基本的な知識が問われます。「居住」や「施設」の知識も必要です。

特に「要介護認定」「審査判定基準」については確実に得点すべき分野です。重点的に勉強しておくと良いでしょう。

介護支援分野の問題は、全25問の出題です。

保健医療サービス分野

ケアマネージャー試験の「保健医療サービス分野」は、全20問の出題です。

主に疾病や障害、急変時の対応やターミナルケアについての問題が出ます。高齢者の特徴に対して十分な理解が必要ですので、勉強する際は注意が必要です。

介護現場で経験を積むと、自分が担当したケアマネージメントのケースを想定して勉強できます。少しでも介護の実務経験があったほうが有利でしょう。

福祉サービス分野

ケアマネージャー試験の「福祉サービス分野」は全15問の出題です。

福祉サービス分野では、面接においてのコミュニケーション技術の知識が必要です。また、地域密着型サービスについても深く理解しておかなくてはなりません。

介護保険が利用できる居宅・施設サービスも熟知することが求められますので、幅広く勉強しておいてください。

他にも、福祉用具や生活保護法についての問題もよく出題されます。

時間との戦いでもある

ケアマネージャー試験は、上記のような内容が計60問出題されます。試験時間は120分なので、1問あたり2分程度しか持ち時間がありません。時間との戦いになるでしょう。

特に選択問題は、5つの選択肢の中から複数の正解を選ぶ形式です。消去法で考えることが難しいため、高度な専門知識が要求されます。

時間短縮のためには問題を素早く正確に読み解く力も必要です。事前に練習問題を何回も解いて、出題形式に慣れておいてください。

ケアマネージャー試験を受けるための受験資格

ケアマネージャー試験は、2018年度から受験資格が変更になりました。現在の受験資格は以下の通りです。

  • 国家試験、法定資格などの実務経験が5年以上、かつ900日以上あること
  • 相談援助業務に、5年かつ900日以上従事していること

上記いずれかの条件に当てはまれば、ケアマネージャーの試験を受けることができます。つまり「未経験者は受験できない」ということです。

超高齢化社会に備えてケアマネージャーの能力向上が求められる

2025年には団塊の世代が一斉に75歳以上になります。日本の高齢化が一段と進みますので、今後は介護や医療の重要度が今よりもさらに増すことが予想されます。

こうした背景から要介護者と介護、医療サービスの橋渡しとなるケアマネージャーの役割も、重要視されるようになりました。

これからはより一層、ケアマネージャーの能力向上が求められます。そのためケアマネージャー試験の受験資格も厳しく定められるようになったのです。

ケアマネージャー試験は年々難しくなっている

ケアマネージャー試験は、第一回目(1998年)の試験の合格率は44%でした。

しかし近年は合格率が10%~20%程度で推移しています。年度によって難易度は多少変化するものの、以前と比べて格段に難しい試験になっていると言えます

近年は受験資格が厳格になり、受験のハードルも上がっているにも関わらず、この合格率です。ケアマネージャー試験がどれだけ難しくなっているかがわかりますね。

ケアマネージャー試験の偏差値はどのくらい?

ケアマネージャー試験を偏差値で例えると、大体偏差値55~60程度だと言われています。中堅以上の大学受験偏差値レベルですね。

ケアマネージャー試験は近年難しくなってきていますから、推定偏差値も比較的高く見積もられるようになってきています。

しかし先ほども触れましたが、合格率は10%~20%と年度によって幅があります。推定偏差値を鵜呑みにすることなく、十分な対策をして本番に臨んでください。

ケアマネージャー試験の合格率はどのくらい?

合わさるこぶし

ここで改めてケアマネージャー試験の合格率を詳しく見ていきましょう。

ケアマネ試験の合格率は約10~20%

ケアマネージャー試験の過去5年間の合格率のデータは以下の通りです。なお2019年度については台風19号の影響で34県のみの実施となっています。

実施時期 合格率 受験者数 合格者数
第22回(2019年10月13日) 18.5% 30,509人(34県) 5,644人(34県)
第21回(2018年10月14日) 10.1% 49,332人 4,990人
第20回(2017年10月8日) 21.5% 131,560人 28,223人
第19回(2016年10月2日) 13.1% 124,585人 16,280人
第18回(2015年10月11日) 15.6% 134,539人 20,924人

参考サイト:厚生労働省 第22回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について

2018年度のデータを見ると、合格率が激減しているのがお分かりいただけるでしょうか。

2018年度は、ケアマネージャー試験の受験資格が厳しくなった年です。それまで13万人前後いた受験者が、一気に5万人以下まで激減しました。また、それに伴って合格率も急激に下がっているのがわかります。

近年の合格率は15%程度

ケアマネージャー試験の合格率は約10~20%とされていますが、近年は15%程度で推移しています。

ただ年度によって開きがありますので、10~20%と幅を持って考えておいたほうが良いでしょう

ケアマネージャー試験は、他の介護系の資格と比べると難易度が比較的高い試験です。

しかし介護系以外の資格と比較するとそこまで難しい試験ではありません。例えば比較的難易度が低いと言われるFP2級の試験は、合格率は25%程度とされています。

ケアマネージャー試験も、しっかり対策をすれば十分合格できる試験だと言えます。

ケアマネージャー試験の合格に必要な点数

ケアマネージャー試験の過去5年分の合格ラインは以下の通りです。

実施時期 介護支援分野(総得点25点) 保健医療福祉サービス分野(総得点35点)
第22回(2019年10月13日) 15点 24点
第21回(2018年10月14日) 13点 22点
第20回(2017年10月8日) 15点 23点
第19回(2016年10月2日) 13点 22点
第18回(2015年10月11日) 13点 25点

上記の表を見ると各分野それぞれ、どの年度も概ね正答率60~65%以上が合格ラインになっていることがわかります

このように年度によって、合格点は変化するので合格するための一つの目安としては7割以上の得点をたたき出すことがあります。

正答率70%というのは「介護支援分野」「保健医療福祉サービス分野」の両方で獲得する必要があり、例えば片方で満点を取ってももう片方の得点率が7割に満たない場合は合格とは見なされません。

そのため、苦手分野を作らないよう、まんべんなく勉強しておく必要があります。

ケアマネージャー合格までに必要な勉強時間

ケアマネージャー試験の合格までには、10ヵ月~1年程度の勉強時間が必要だと言われています。

ケアマネージャー試験は毎年10月の第二または第三日曜日に実施されますので、前の年の10月、遅くとも受験する年の1月から勉強を開始してください

広く専門的な知識を頭に叩き込む

ケアマネージャー試験は非常に広く専門的な知識が問われます。全ての内容をしっかり詰め込むように勉強を進めていきましょう。

ほとんどの受験者が働きながら勉強することになりますが、毎日続けることが重要です。一日のうちに何時間も勉強するのは難しいと思いますので、余裕を持った学習計画を立てていきましょう

ケアマネージャー試験受験者の内訳

ケアマネージャー試験は2018年度の受験資格改正によって、十万人近く受験者が減少しました。

受験者の性別の内訳を見ますと、圧倒的に女性が多いです。これは、ケアマネージャーが看護系の資格であることが影響していると思われます。

また合格者の職業を見ていくと、52.6%が介護福祉士、18.0%が准看護師・看護師となっています。専門的な知識や業務経験が必要ですので、自動的にこうした職業の比率が高くなる傾向があります。

ケアマネージャー資格が具体的にどれだけ難しいのか

ステップアップする人

ケアマネージャーの資格が難しいと言っても、単体で考えるとわかりにくいですよね。

ここでは、ケアマネージャーの難易度を他の資格と比較しながら考えていくことにしましょう。

介護福祉士と比較した場合

まずはケアマネージャーの資格を、介護福祉士と比べてみましょう。

介護の現場では、介護福祉士とケアマネージャーの資格を両方取得している人が多いと言われています。

受験資格で比べると

介護福祉士の受験資格は「実務経験が3年以上であること」です。

ケアマネージャーは「実務経験5年以上」が受験資格ですので、この点だけ見ても、介護福祉士の資格よりもケアマネージャーのほうが難しい資格であると言えますね。

試験内容や合格率で見てもケアマネージャーのほうが難しい

次に試験の解答方式で比べてみましょう。

介護福祉士試験は「5つの選択肢から正解を一つ選ぶ」形式なのに対し、ケアマネージャーの試験では「回答を複数」選ばなければなりません。同じ選択問題でもこの差は大きいですね。

また合格率を見ても、介護福祉士は例年60%以上の方が合格しています。一方ケアマネージャーは10~20%くらいしか合格できていません。

合格ラインもケアマネージャーが高い

ケアマネージャーの試験は、全体の70%以上の正答率が合格ラインの目安といわれています。それに比べ、介護福祉士は6割程度の正答率で合格できると言われています。

試験内容、合格率、合格ラインともに、介護福祉士よりケアマネージャーのほうが難しい試験であると言えます

その他の人気資格との難易度比較

ケアマネージャーの資格は、介護系の資格の中では難関と言われています。

しかし他の分野の資格とも比べてみないと具体的な難易度がイメージしづらいですよね。

ケアマネージャーの資格の難易度を、介護分野以外の人気資格とも比べてみることにしましょう。

日商簿記

経理関係の資格として人気の「簿記」ですが、2級の合格率は10~30%程度だと言われています。

簿記1級ですと合格率は10%前後とされていますので、ケアマネージャー試験は簿記1級と2級の間くらいの難易度と言えるでしょう

ただ、受験資格のハードルの高さを比べるとケアマネージャー試験のほうが難易度は確実に高いと言えます。

ちなみに簿記3級の合格率は40~50%程度です。

FP技能士(2級)

FP技能士2級の合格率は、学科が40~50%、実技が50〜60%だと言われています。

ケアマネージャーの合格率は高くても20%ほどですので、FP技能士と比較するなら間違いなくケアマネージャー試験のほうが難易度が高いと言えます

介護分野以外の資格と比べても、ケアマネージャー試験のレベルがいかに高いかわかりますね。

ケアマネージャーが他の介護系資格に比べて人気な理由とは?

話し合う男女

ケアマネージャーは難関試験で知られていますが、介護系の資格の中ではトップクラスに人気がある資格です。これは一体どうしてなのでしょうか。

他の介護資格よりも待遇が良い

ケアマネージャーの資格に人気がある一番の理由は、待遇面です。

ケアマネージャーの平均基本給は、他の介護職とそこまで差はありません。しかし「平均手当額」「平均一時金」が高く、ここで他の職種との給与差が出ます

またケアマネージャーの常勤として5年以上の実務経験を積んだ後に研修を受けると、「主任ケアマネージャー」に昇格することができます。つまり管理職を目指しやすいのです

女性でもキャリアアップしやすい

ケアマネージャーの業務環境はここ数年でかなり変化してきており、2021年には居宅事業所を管理する業務はケアマネージャーに限定されることが決まっています。

そのためケアマネージャーは今後さらにニーズが高まっていくことが予想されるのです。

またケアマネージャーの多くは女性です。女性がキャリアアップをするための職業としても、ケアマネージャーは人気があります

就職・転職にも有利

ケアマネージャーの仕事を大手求人サイトで検索すると、月給25万円以上の求人が常にいくつも出ていることがわかります。

今後、日本はさらに高齢化が進んで行きますから、介護人材の確保が必須となります。ケアマネージャーの待遇は、今後もっと手厚くなっていくかもしれません

これからケアマネージャーの仕事で就職や転職を考える方は、ぜひ高い業績を上げている事業所を選ぶようにしてください。業績が良い事業所は給料も高い傾向がありますので、より良い待遇を得ることができます。

昇格・昇給に繋がりやすい

ケアマネージャーの仕事は常に需要がある状態です。

そのため基本給に各種手当を含んだ平均月収は約35万円と、介護系の中でもかなり高くなっています。

ケアマネージャーは主に介護現場での仕事となりますから、介護スタッフを兼ねることでさらに給与アップを見込めます。

夜勤手当や残業、休日出勤手当も一般の介護職より多いので、介護現場で働くならケアマネージャーの資格を取っておくとかなり有利でしょう

試験に合格しても実習を受ける必要がある

ケアマネージャーは、試験に合格しただけでは業務に就くことができません。試験に合格した後に「介護支援専門員実務研修」を受ける必要があります。

介護支援専門員実務研修は、実際にケアマネージャーとして働いている先輩と利用者訪問をしたり、居宅サービス計画の作成などを実際に行っていく研修です。

研修を終えることでより質の高いケアマネジメントができるようになりますので、しっかり研修を行って立派なケアマネージャーになりましょう!

ケアマネージャーは独学で合格できるのか

たくさんの本

ケアマネージャーの試験勉強を独学で行いたいと考えている方もいるかもしれませんね。

果たしてケアマネージャー試験の対策は独学でもできるのでしょうか。

独学合格を目指す際に気をつけるべきこと

ケアマネージャー試験の対策は、独学でもできないことはありません。

ただケアマネージャー試験は、法改正に伴って試験範囲や試験問題の変更が多い試験です。しっかりアンテナを張り、最新情報を常に入手していく必要があります

また、ケアマネージャは科目ごとの合格点を超えるために広い範囲の理解が必要となります。

この際つまずくことも想定されるので、必ず質問できる人を確保しておく必要があります。

学習計画の設定が何より重要

ケアマネージャーを目指す方のほとんどは働きながら勉強を進めることになりますから、限られた時間で計画的に学習していくことが求められます。

そのためには学習計画の作成が最も重要で、これは独学でも同じことです。しかし、資格試験の勉強計画をいきなり自力で立てるのは難しいですよね

通信講座では学習計画が最初からカリキュラムとして用意されていますので、勉強にのみ集中することができますよ。

頻出分野を抑えて、重点的に勉強する

ケアマネージャー試験は、70%以上の正答率で合格になります。全問正解する必要はありませんので、7~8割くらいの正答率を目指して対策をしてください。

ポイントを抑えて効率良く勉強しよう

ケアマネージャー試験は「介護支援分野」と「福祉医療サービス分野」、それぞれで7割以上正解する必要があります。

まんべんなく勉強するのはもちろんですが、頻出分野をおさえてしっかり得点できるように対策をしましょう

またケアマネージャー試験には、正答率が非常に低い問題が毎年必ず出ます。

もし試験当日に「これはかなり難しい!」と思う問題が出たら、それは一旦飛ばしておきましょう。

過去問を繰り返し解き傾向を掴む

ケアマネージャー試験の対策をする際、過去問は必ず解いてください。なるべく早いうちから過去問を解いて、回答形式に慣れておくことをおすすめします。

繰り返し何度も過去問を解くと、頻出の分野が大体わかってきます。

一度間違えた問題もテキストに戻って復習し、知識を入れ直していきましょう。そうすることで得点につなげる力がついてきます。

ケアマネージャー試験対策におすすめのテキスト

独学の勉強をする際には一人で内容を理解する必要があるため、わかりやすい説明を備えたテキストの存在が欠かせません。

今回資格Timesでおすすめするテキストは「ゼロからスタート! 馬淵敦士のケアマネ1冊目の教科書」です。

ゼロからスタート! 馬淵敦士のケアマネ1冊目の教科書 (KADOKAWA「1冊目の教科書」シリーズ)
1650円
ゼロからスタート! 馬淵敦士のケアマネ1冊目の教科書 (KADOKAWA「1冊目の教科書」シリーズ)
1650円

この本は指導実績1000人越えの馬淵トップ講師がケアマネ試験の合格を強力にサポートする1冊となっています。

具体的には介護保険法をはじめとした法律の内容を初心者でもわかりやすいように図解を用いて丁寧に説明することで、初心者でも内容をつかみやすいようになっています。

ほかにも見やすいレイアウトなど様々なメリットが豊富に存在する1冊となっているため、とてもおすすめできます。

ケアマネージャー試験対策には通信講座がおすすめ

ケアマネージャー試験の独学は、いくつかのポイントを押さえることで可能となっていますが、実際は働きながらそのようなポイントを意識して勉強を進めていくのはとても難しいです。

通信講座では、このような弱点を補い受験生をサポートするために、合格のために必要なカリキュラムが組まれており、講座内容をこなしていくことで合格に近づけるものとなっています。

よって、忙しい人は特に通信講座を使った効率的な学習をおすすめします。

今回数ある通信講座の中でも特にユーキャンの講座をおすすめします。

特徴としてイラストや図を豊富に使用したわかりやすいテキストと、やるべきタスクが明確化されているカリキュラム構成があり、忙しい中でも短時間で実力をアップできるような工夫がなされています。

気になる人はぜひ一度講座内容を確認してみてください。

ケアマネージャーの難易度まとめ

ケアマネージャーの難易度まとめ

  • ケアマネージャー試験の合格率は10~20%と低い
  • 偏差値に換算すると55~60程度
  • 確実に合格するためには1年くらいの勉強期間が欲しい
  • 独学はポイントを押さえてやらないと厳しい選択

ケアマネージャーの資格は非常に人気がありますが、その分試験が難しく、対策も独学では難しい面があります。

確実に合格を狙うためには、独学だけではなくぜひ通信講座も検討してみてくださいね

しっかり勉強してケアマネージャー試験に合格し、介護分野で役立つ人材になりましょう!