ケアマネージャーは独学だと難しい?試験対策や勉強法・おすすめの通信講座も紹介!

更新日時 2020/05/23

「ケアマネージャーの試験は独学で合格できるの?」

「自分が独学に向いているのかわからない・・・」

このような悩みや不安を持つ人は多いと思います。

ケアマネージャーは、介護を必要とする人と介護サービスを提供する事業所などを橋渡しする役割を担っています。また、高齢社会においてニーズの高まっている資格でもあります。

このように需要のあるケアマネージャーですがその試験は難しく、毎年多くの人が不合格で終わっているのも事実です。

そこで今回は、ケアマネージャーの試験が独学で合格可能かどうかや、独学の際に重要な勉強法などについて解説していきます。

ケアマネージャーの独学ついてざっくり説明すると

  • ケアマネージャーの資格試験は予備校でも独学でも受験できる
  • 独学の場合は、コスト削減が可能になる
  • 十分な学習計画と意欲がないと独学でケアマネージャー資格に合格するのは難関である

ケアマネージャー試験は独学合格可能か

女性の画像

ケアマネージャーを志望する場合、「介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネージャー試験)」に合格する必要があります

このケアマネージャー試験への対策は予備校や通信教育などを利用するのが通常で、独学で合格することはかなり難しいとされています。

ただし独学に関して適性がある人物であれば、決して不可能ではありません

試験そのものも難易度が次第に高まってきており、制度の改正によって試験範囲や出題問題傾向も多様化されている状況です。そのためプロ講師による講座の受講をする人が増えています。

間違った問題を振り返りつつ確実な理解ができるのであれば、独学でも試験対策はできますが、独学に自信がない場合は、確かな知識を持った先人のアドバイスなどを活かして時間を有効に使うことが望ましいでしょう。

一発合格を目指すのならば通信講座を受けるのも効率的です。

独学勉強法でのメリットは?

本の画像

ケアマネージャー試験を合格するには、どのような勉強を進めるかにもよります。通常ならば、予備校などに通うことを勧められます。

しかし独学で勉強する場合にも、それなりにメリットが考えられます。ここでは、ケアマネージャ-試験への独学をする際のメリットをご紹介します。

取得にかかる費用を抑えられる

ケアマネージャー試験を独学で勉強するメリットは、何よりもコスト面の削減ができることです。

もし通信講座、対策講座などを受講した勉強法の場合には、テキスト代や教材費の加算だけではなく、通学の際の交通費や通信費など諸費用も上乗せされます。

しかし、独学だけで勉強方法を進めれば、自分に必要な参考書や問題集の購入費はあるものの、トータルで考えて費用は少なく済み経済的でもあります。

自分の生活や知識量に合わせて対策できる

ケアマネージャー試験対策を独学で行うメリットとして、自分のライフスタイルに合わせた計画が立てられることです。また、状況によっては知識量をコントロールした学習計画も可能です。

例えば、受験対象者が既に関連した資格保有者なら既に理解して重複している場合もあり得ます。あるいは現場で働きながら勉強するという方も多いのが、この資格受験者の特徴です。

看護師としての知識や経験を活かし、ポイントを抑えた勉強方法を行った結果、合格点に届いたという方もおられます

また、独学で勉強を進めていく際に大きなウェイトを占めるのがスケジュール管理の部分です。

しかしそれは意外と難しくて、集中できる状況や環境にもよります。そのため、独学だけでの受験は極めて厳しいとも言われています。

様々な対策問題集や参考書がある

ケアーマネージャー試験を独学するメリットは、参考書や問題集を選べる自由度の高さにあります。

ケアマネージャー資格取得のためのテキストは書店で多く見つけることができ、手軽に購入が可能です。

学習計画さえしっかり立てて、怠らずに勉強を続けることで、合格点に至ることも夢ではありません。

過去問を解きながらテキストで確認を繰り返すという勉強法が資格試験対策の基本です。

また、介護保険制度の改正により、試験問題の出題傾向も変化しています。最新版テキストを購入することはマストと言っていいでしょう。

独学でケアマネージャーになるのが難しいと言われる理由

クエスチョンの画像

独学での勉強方法でケアマネージャー資格を取得する際には、いくつもの困難に遭遇するでしょう。

合格できるかどうかのポイントは、それらを上手にクリアすることだと言えます。ここでは、独学でのケアマネージャー資格の勉強方法が難しい主な理由をご紹介します。

学習計画の組み立てが難しい

ケアマネージャ資格取得の勉強方法として独学が難しいとされている理由の中で、最も顕著なのが、計画通りにうまくいかない点です。

特に普段から仕事があり、働きながら資格取得の独学勉強方法を選択した人に多い理由です。

日々の仕事との兼ね合いなどで勉強時間が変動してしまうからです。モチベーションの維持をコントロールできなくなり、とん挫することになってしまいます。

また、テキストや過去問などを解いていく勉強法が主体となり、最新の情報を取り入れた勉強が難しくなります。。

もし通信講座などを利用していれば、勉強計画の確立がしやすくなり、合格までの過程が明確になっていきます。

十分な学習支援体制が整っていない

独学での勉強法が難しい理由として、学習体制が不備な点もあげられます。

例えば、過去問の対策をしている時に、間違えや理解ができない個所が見つかったとしても、誰かにすぐ質問ができないデメリットが生じます。

結局自分で調べることになり時間効率が悪くなります。遂にはほったらかしにしてしまうことも考えられます。

しかも、ケアマネージャー試験は出題範囲が広く、専門的知識を要するため、理解不足が多くなれば、それだけ得点が伸び悩んでいくことになります。

理解できてない部分を重点的に押さえた勉強法をすることで、点数が伸ばせて時間効率も良くなりますが、独学だとその実行が困難になります。

もし通信講座などを利用していれば、専門のスタッフや講師へ質問ができるシステムが整っているはずです。自宅にいながらもそれができる利点は大きいと言えます。

モチベーション維持が難しい

ケアマネージャ資格試験の独学勉強法が困難になる理由として、モチベーションの維持ができないこともあげられます。先述したように、普段は仕事をしながら勉強する人がほとんどです。

このことから、独学は勉強できる時間や日程が確保できる場合と、ついほったらかしにしてしまう日との落差が生じやすいです。

また、独学では周りの状況や試験の最新情報を得にくいため、どうしても周りが見えずやる気が上がりづらいです。

試験範囲が広いためモチベーションをコントロールしながら長時間勉強する必要があります。

独学者は自分にあった参考書選びが大切である

ケアマネージャー資格試験は幅広い知識の理解が必要となります。そのため、独学勉強法をするのであれば、自分なりに使いやすい参考書や問題集を見つけること がポイントとなります。

近年では書籍をネットで購入する方も多いはずです。しかしそれだけでは、実際に自分の肌に合う本かどうかは判断できません。必ず書店に出向いて自分でさっと一読だけでもしておくことが大切です。

その時に、自身にあった情報量、わかりやすい解説が載っているのかなどを確認しておくことで、その後の効率やモチベーション維持にも影響していきます。

どんな人が独学に向いてるの?

サクセスの画像

ケアマネージャー資格試験を続けるにあたって、できれば講座・講習などに通ったり通信教育を受けることをおすすめしますが、中には、全くの独学でも平気だという方もいます。

そのような独学に適性がある人物には、どのような特徴があるのかをご紹介します。

介護職としての基礎知識や業務経験がすでにある人

ケアマネージャー資格試験を独学で勉強することが適しているのは、やはり現場経験者及び現役で介護職をこなしている方です。

出題範囲が広く専門的であるため、すでに介護職として働く経験を持っている方は、自然と専門用語、関連性の高い法律、基本知識を実践でマスターしている ことのほうが多いからです。

それに、試験対策用に選ぶ参考書などにも影響が出てきます。自分が理解できない苦手分野の情報量に詳しい参考書などをチョイスしやすく、効率的な勉強計画も立てやすいというメリットがあります。

独学で試験を合格した経験のある人

ケアマネージャー資格試験の独学での勉強法が向いている方は、過去に何かしらの独学経験があるタイプです。

例えば大学受験の際に予備校には一切行かず、自分だけでコツコツ勉強してきた経験があり、合格をしているのであればなおさらです。独学のコツや適性がある と言えます。

独学への意識も高く目標も明確化でき、長期的な学習計画を打ち出せます。もちろん仕事を続けながらという方もいるはずです。

それでも隙間時間を見つけながら、自分に合った効率の良い学習ができるでしょう。

独学におすすめのケアマネージャーの参考書・テキスト

参考書の画像

参考書を選ぶときの注意点

勉強の際の参考書は適当に選んでしまうと後で自分に合わなかった・情報が古くて使えないなど困ることがよくあります。

ここでは参考書選びの際に絶対押さえておきたいポイントを2つ紹介します。

合格には最新のテキストが必須

ケアマネージャー試験の特徴として、「制度改正や法改正に伴って出題される内容が多様に変わる」ということが挙げられます。

このような試験内容の変化に対応するためには、最も新しく改訂されたテキストを使う必要があります。古いテキストだと、改正前の情報が掲載されている場合もあるため非常に危険です。

テキストを選ぶ際には、分かりやすさや情報量といった内容ももちろん大事ですが、「どの年度の試験に対応しているのか」といった点にも気を配りましょう。

テキストと問題集・過去問はセットで購入すべき

テキストと問題集は必ず一緒に購入するようにしましょう。問題演習のできるテキストであればなお良いです。

また、このときに過去問題集も一緒に買ってしまうことをおすすめします。いずれ必ず必要になってくるものなので、買いに行く手間が省けます。

後述しますが、テキストで知識をインプットしたら問題を解いてみることや特に問題演習に力を注ぐことなどが大切です。スムーズに移行できるようにテキストだけでなく問題集も手元に置いておきましょう。

おすすめ参考書を使って勉強しよう

ケアマネージャー試験では専門的な知識を幅広く吸収する必要があります。しっかりとインプットを行うために、できる限り理解がしやすいテキストを選択しましょう。

資格Timesがおすすめするテキストは「ゼロからスタート!馬淵敦士のケアマネ 1冊目の教科書」(KADOKAWA出版)です。

このテキストは全ページフルカラーになっており、初学者にとっても抜群に分かりやすい内容になっていることが特徴です。

また頻出ポイントが明確で、特に重要な事項には図解を用いて解説してくれます。

「どのテキストが良いかわからない」といった方はまずこの本を手に取ってみてください。

スマホで勉強ができるってほんと?

ケアマネージャー試験対策用に参考書を選ぶことは必要ですが、それ以外にも無料でweb上で公開している試験対策用サイトがあることも知っておくとよいでしょう。

例えばweb上には、ケアマネージャー試験の問題演習ができるように、e-ラーニングも整っていて、そのほとんどが無料で使うことができます。

ただしその一方で注意点もあります。無料で手軽だということがかえって隙を与えてしまうという点です。

時間やモチベーションの管理ができない場合が多いので、しっかりと計画を練って、途中で諦めたりしない意志の強い人のほうが向いています。

独学の勉強は具体的にどう進めればいいの?

子供の画像

独学一人で学習計画を整えなければならないため、最初の取り組み方と、それをどう維持していくかによって変わってしまいます。

何があっても計画を進める強い意志を持っていなければなりません。では、ケアマネージャー資格試験を独学で行う際の、具体的な進行方法についてご紹介します。

まずはざっくりと学習計画を立てる

ケアマネージャー資格試験だけに言えることではありませんが、何かしらの試験を受けるための学習計画は、特に労力がかかってしまう独学において最重要項目だと自覚する必要があります。

スケジュールの決め方には個人差もありますが、最も適切な方法として、試験の日から逆算し細切れに目標を作り上げるのもよいでしょう。いつまでに何を達成させるのかを決めて勉強方法を組み立てます。

また、自分の現レベルから考えて足りない部分を整理しておくことで、一日にやるノルマが設定しやすくなります。

これらを総体的に捉えて、自分のライフスタイルそのものを見直すことにもつながっていきます。

科目数を絞って集中的に勉強する

ケアマネージャー資格試験の独学勉強方法として、科目数を厳選して集中するやり方も有効的です。

特に自分が苦手な分野を考慮しながら、重要度や先順位をつけながら学習を進めることです。

長期的計画をざっくりと立てたら、それを細分化し小さなゴールを決め、一つづつ達成していくように進行するとよいでしょう。とにかく理由を見つけてさぼらないよう、机に向かう習慣を欠かさないことです。

勉強計画の後半で暗記科目に取り組む

独学勉強法のコツとして、暗記科目は後回しにするというのも方法の一つです。あまり早い時期に暗記科目をやると、かえって受験直前に忘れてしまいがちです。

せっかく覚えたのにやり直すのは二度手間になってしまいます。まずは問題を解く力をつけることが大切です。

そのためにも、苦手な科目を重点的に何度も復習する時間を持つべきです。そのように早いうちから問題を解く習慣を持てば、出題パターンに慣れていきます。

自分が苦手で曖昧なところをチェックしながら、試験直前にも重点的に勉強をするように心がけましょう。暗記ものはその中間の時期にやっておくようにします。

全ての科目で、繰り返し勉強をする必要がある

ケアマネージャー資格試験は合格率が低く、しかも出題範囲の中での暗記量がとても多くて専門的内容がほとんどであることなど、かなりハードルが高い試験です。

知識のインプットはもちろん、問題を何度も解いて復習を重ねていくことがポイントです。

ミスが多い不得意な個所は特に何度もやり直しましょう。つまり両方とも大事な作業だと思って取り組むことです。

問題は満点を取る必要はない

ケアマネージャー資格試験は合格率が低く難易度が高いです。独学で挑むのは険しい道のりです。ただ暗記を繰り返す勉強法だけでは能率がよくありません。

偏りすぎた勉強法はよくありませんが 、すべてを解けるようになろうとする必要がないことは知っておくとよいでしょう

過去の試験問題を研究すれば、試験の出題範囲の傾向が掴めます。特に独学にこだわって進めるのであれば、試験範囲の絞り込みを必ずしておきましょう。

頻出分野の理解を特に重点的に行う

先述してあるように、ケアマネージャー資格試験の勉強方法は、出題傾向の絞り込も必要となります。どのような出題が多いのかを知っておくことで応用力が付くようになります。

何度も過去問を解いて刷り込み式の学習を重ねれば、出題傾向が多少変わったとしても、それは想定範囲内として解答できるようになります。

ケアマネージャーの試験の場合、ひっかけ問題や文章から読み取れる情報の少ない問題も登場します。

そのような問題に時間を掛けないようにするには、できるだけ得点源となる問題は確実にこなせるようにしておくことです。

また、法改正による問題出題傾向の変更も考えられます。最新情報のチェックも怠らないようにしましょう。

問題演習をしてアウトプットすることに力を注ぐ

資格試験の勉強の基本は、とにかく刷り込み式の学習です。何度も問題を解いていき、ひたすら復習を重ねるのが、長いようでいて最も効率のよい勉強方法です。

しかも得点をあげる方法としても有効的です。問題演習は時間が許される限りたくさんこなして、実際に問題を解くという経験をすることです。自分の理解が足りてない部分を重点的に補強していきましょう。

過去問演習には特に力をいれる

参考書に掲載されている問題を完璧にすることは大切です。しかし実際には過去問を重点的に勉強するようにシフトすることも忘れないようにしましょう。

テキストの演習問題はほんの触りだと思っておき、実践的な問題を解く力は、やはり過去問題集を購入して使うようにします。

何周もやり直しながら、不得意な部分を重点的に復習しておくと、本番で必ず得点につながります。

ケアマネージャーは独学でなるのは厳しいの?難易度は?

ノートとペンの画像

ケアマネージャーの資格試験はやはり独学でこなすのは無理なのでしょうか?まずはその難易度をあらかじめ知っておく必要があります。

その上で、自分は独学で進めるのか、それともスクールなどに通うのかを選択することをおすすめします。では、ケアマネージャー資格試験の難易度についてご紹介します。

ケアマネージャーの合格率はどのくらいなのか

ケアマネージャー資格試験の合格率はどのくらいなのでしょうか?これは概ねで10~20%とされています

実際に介護職として現役で、ある程度知識がある人でも難関な資格だと言えます。介護や福祉の資格の中で、かなり難易度が高めです。

理由の一つとして考えられるのは、受験者のほとんどが普段から忙しい介護の仕事をしつつ、わずかな隙間でしか勉強時間を確保できない実情が挙げられます。

独学の場合の勉強量

ケアマネージャー資格試験のために充てる勉強時間、その平均は一般的に毎日2~3時間で、期間としては半年ほどが多いようです。

その出題範囲も介護支援分野、保健医療サービス分野、福祉サービス分野など幅広くて暗記量も膨大にあります。さらに、専門的な知識や用語もたくさん登場するため、勉強時間はどうしても多くなりがちです。

合格するためには、自分ができなかった苦手分野や問題への復習をどれだけ重ねたのか、その量に関わってくると言えます。

ケアマネージャー資格を取るとどんな良いことがあるの?

goodの画像

ケアマネージャーの資格を取得したとしたら、その後にはどのような利点が生まれてくるのでしょうか?ここではケアマネージャー資格取得後のメリットについてご紹介します。

キャリアアップや収入増につながる

ケアマネージャーの資格を取るというのは、一般的な介護職の中で、1つの到達点であるといえます。

それは、無資格や未経験からいきなり挑戦できるような資格ではないことや、取得するまでのハードルが高いことが理由です。

そのため、この資格を取得することで収入にも影響が出てきます。平均的介護職の月収は一般的に30万円前後です。

しかし、ケアマネージャーになれば約35万円以上になるとされています。それに、現場で過酷な労働をすることよりも、事務的作業が中心となってくるためこの金額はかなり魅力的であるといえます。

就転職時にも有利

ケアマネージャー資格を所持していると、介護業界では専門的知識やスキルを得ている人物として高く評価されます。

転職する際にも、企業側から特別に手当が出ることもあったり、昇進にもつながりやすいというメリットが生まれます。

柔軟に働くことができる

ケアマネージャーの主な仕事は、介護サービス利用者宅への訪問やケアマネジメントの事務作業です。

これらは昼の時間帯に行われています。その際には、訪問時間などを自分の都合で調整ができるようになります。

仕事にある程度の自由度が利いてきます。夜勤もほぼなくなり時間的な融通が効いてきます。自分の家庭のことや子育てとの両立も考えたら、特に主婦の方にもおすすめしたい資格です。

活躍の幅が広がる

ケアマネージャーの資格を取得すれば、さまざまな活躍が期待できます。例えば、居宅介護支援事務所にてケアプラン作成を主にすることができます。

また、キャリアによっては地域包括支援センターでも働けたり、現場職だった状況からデスクワーク中心になり、心身的にも負担が軽減されていきます。

ますます高齢化社会になる中で、在宅介護のニーズが高まっていることから、需要はより大きくなっているというメリットがあります。

ケアマネージャーは独学と通信講座どっちがおすすめ?

勉強している画像 独学で勉強するべきか通信講座で勉強するべきかはその人が置かれている状況次第といえます。

看護・福祉に関する知識が一定数ある人や、自分で勉強のペースをつかめそうだという人は独学で学習するとよいでしょう。

費用負担が軽くなり、自分のペースで勉強できます。

しかし、なかなかやる気が続かなかったり、一人での内容理解に不安を抱えている人も多いでしょう。

そのような人には学習サポートの豊富な通信講座での学習をおすすめします。

通信講座はわかりやすいテキストや幅広い学習サポートがついている場合が多く、スムーズに学習が進みやすいでしょう。

また、通信講座はたくさん存在しますが、その中でもおすすめといわれている講座を使うことで受験の成功確率が大きく上がります。

資格Timesではそのような講座の中でもユーキャンの講座をおすすめします。

初学者でも手の付けやすいわかりやすいテキストや考え抜かれた合格のためのカリキュラムが大きな売りとなっています。

勉強に不安のある方はぜひ通信講座の受講も検討してみてください!

ケアマネージャー独学についてまとめ

ケアマネージャー独学についてまとめ

  • ケアマネージャー資格試験の勉強は予備校や通信教育がおすすめ
  • 独学するのであれば、かなりの覚悟と計画性を持って取り組むこと
  • 介護職の将来は課題も多いが需要も多く必要な資格とされている

ケアマネージャー資格試験は介護職を行う人々にとっても、是非取得をしておきたいものです。専門職としてのステイタスを認定してくれるので、取得後の大きな利点も生まれてきます。

ただしその試験内容や出題範囲が幅広く、しかも専門性が高いことで難関な資格の部類とされています。もし受験を希望するようであれば、あらかじめ計画的に進めていくことが大切です。

独学にしろ予備校や通信教育を受けるにしても、適切な計画を忘れないようにしましょう。