ケアマネージャー試験の勉強法は?合格までの勉強時間やいつから勉強すべきかも解説!

更新日時 2020/05/26

「ケアマネージャーに興味があるけど、合格するにはどのくらい勉強すればいいの?」

「ケアマネージャー試験に合格するための勉強法が知りたい!」

ケアマネージャーになりたいと思っている方の多くは、このような疑問をお持ちなのではないでしょうか。

この記事では、ケアマネージャー試験に合格するための勉強法について、具体的に解説しています。どうやって勉強したらよいかわからないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

効果的な勉強法を知り、ぜひケアマネージャー試験の合格を目指していきましょう!

ケアマネージャー試験の勉強法についてざっくり説明すると

  • 合格するためには長期的な勉強スケジュールを考えることが大切
  • 試験勉強は1月から計画的に始めるのがおすすめ
  • ケアマネージャー試験は難易度が高い試験であるため、独学が不安な場合は通信講座を受講しよう

ケアマネージャー合格には勉強スケジュールが大切

女性と手帳

介護支援専門員を意味するケアマネージャーの試験は合格率が10~20パーセントであり、介護系の資格の中では難易度が非常に高いと言えます。

過去5年のケアマネージャーの合格率などを表にまとめました。

実施時期 合格率 受験者数 合格者数-
第22回 令和元年度(2019年) 18.5% 30,509人 5,644人
第21回 平成30年度(2018年) 10.1% 49,332人 4,990人
第20回 平成29年度(2017年) 21.5% 131,560人 28,223人
第19回 平成28年度 (2016年) 13.1% 124,585人
第18回 平成27年度 15.6% 134,539人 33,539人

このように、ケアマネージャー試験は合格者数が少なく、難易度の高い試験です。

ケアマネージャー試験は受験資格が厳しいこともあり、働きながら試験勉強をすることが大半です。そのため、勉強方法には注意を払わないといけません。

具体的には、合格するための長期的な学習スケジュールと、毎日の勉強時間の確保が必要になってきます。

いつから何を勉強するかという学習スケジュールを立てる際には、現在のライフスタイルで無理なく学習できるかどうかという点に注意しましょう。

自分で学習スケジュールを立て、実行するのが難しいという人は通信講座を利用することで、効果的に対策をすることができるのでおすすめです。

通信講座は学習スケジュールが初めから決まっており、それに沿って勉強していけばよいからです。

独学で勉強を進めて、このままで合格ができるのか不安だという人も、通信講座の受講を検討してみると良いでしょう。

ケアマネージャー試験の出題範囲

出題範囲をしっかり確認することは試験対策において非常に重要となります。

どの分野でどのくらい勉強時間を取るのかやどのような順番で勉強していくのかなどが明確になり、学習計画が立てやすくなるからです。

ケアマネージャー試験は以下の3分野から出題され、計60問が出題されます。

  • 介護支援分野から25問

  • 保健医療サービス分野から20問

  • 福祉サービス分野から15問

また、時事問題や制度改正に伴って見直された問題など、過去問には出てこない問題も出題されます。

こういった試験の情報を得るためにも、出題範囲についての最新の情報を収集したり、模試を受けたりすることは重要です。

特に、介護支援分の要介護認定の部分は頻出であるため、確実に得点源にできるよう、しっかり勉強しましょう。

いつから勉強を始めるべき?

悩む女性

ケアマネージャー試験に受かりたいならいつから勉強を始めるのがよいのでしょうか。

結論を言うと、受験を決めたタイミングから勉強をし始めるのが一番良いです。そして、勉強をしながら自分に合った勉強法を確立するのがベストです。

ケアマネージャー試験は難易度が高い試験です。また、仕事が忙しい人は毎日の勉強時間が長く取れない場合も多くあります。そのため、余裕を持って勉強を始めるに越したことはありません。

時間がないという人は、短い勉強時間でもいいので毎日勉強を継続することが大切です。そのような勉強方法は、短い時間だとしても継続的な勉強時間の確保ができるため、長期的に知識を記憶できることに繋がるからです。

また、ケアマネージャー試験は専門的な知識を幅広く問われる暗記重視の試験です。

そのため、なるべく長い期間にわたって勉強を継続するようにしましょう。そのことで、より知識を定着させることができるので、合格する可能性が高まります。

1月から4月にかけての勉強方法

勉強する子供

ケアマネージャー試験は毎年10月中旬の日曜日に行われますが、具体的に何月から勉強を始めるのがよいでしょうか。

試験範囲の広さや合格率のことを考えると、年が変わった1月の段階から勉強を始めることがおすすめです。

まずは、毎日少しでも勉強して、勉強する習慣を作ることに集中するのがよいでしょう。

1月から4月の時期の具体的な勉強法としては、テキストを読み込むことで基礎知識の詰め込みを行うことがおすすめです。

早い段階で過去問に取り組み試験内容を知ろう

テキストを一周読み終えたら、アウトプットの段階に移ります。具体的には問題集を解くという勉強法を始めましょう。

問題集をある程度解き終わったら、次に分野別の過去問に取り組みます。分野別の過去問も、できる限り早く始めた方がよいでしょう。

理由としては、ケアマネージャー試験は5つの選択肢から複数の回答を選ぶという複雑な形式をとるという点が挙げられます。

これに早い段階で慣れることが合格する可能性を高めることに繋がるのです。

また、早い段階から頻出分野を知ることにより、集中的に勉強をすべきポイントがわかるというメリットもあります。

ケアマネージャー試験の時間は120分、問題数は60問と余裕のある時間設定ではありません。問題を解く際には必ず時間を計りましょう。一問に時間をかけすぎないように意識すると本番でも役立ちます。

5月から8月末にかけての勉強法

勉強する女性

テキストや問題集の2週目に入り、復習を始めるような勉強法はいつからすべきでしょうか。

適切な時期は5月から8月末にかけてです。この時期には、テキストでは自分が暗記できていないところ、問題集では自分が間違えてしまった問題を中心に取り組むことで、苦手分野をなくすことに力を注ぎましょう。

問題集と過去問を中心に勉強しよう

テキストを2周やり終えたら、アウトプットをより一層重視する勉強法に変えていきます。

テキストや過去問をやり終えたら、間違えた問題の解説をしっかり読み込んだり、間違えた部分のテキストを読み直したりしましょう。

そのように一問づつ復習を積んでいくことで、得点は少しずつ伸びていきます。

また解く時には、介護支援分野、保健医療福祉サービス分野の両方で7割以上得点することを目標にしましょう。

両方の分野で7割以上を得点するためには、苦手な分野をなくすことが重要なのです。

以下に、過去5年分の分野別の合格基準点をまとめました。

実施時期 介護支援分野 保健医療福祉サービス分野
第22回(2019年) 15/25 24/35
第21回(2018年) 13/25 22/35
第20回(2017年) 15/25 23/35
第19回(2016年) 13/25 22/35
第18回(2015年) 13/25 25/35

このように、過去の合格基準点から見て、確実に合格するためには7割以上の得点が必要になってきます。

模試の受験がおすすめ

テキストと過去問だけでは、演習量は十分だとは言えません。ケアマネージャー試験は制度改正に伴って出題される問題が多様に変わっていくという点にも、しっかりとした対策が必要です。

模試はその変化に沿って問題を作っていくため、模試を受けることによってより本番に近い問題を解くことができます。

模試を解いたあとは、間違えた部分の解説を熟読したり、テキストの見直しをしたりしてしっかり復習し、模試を最大限に活用しましょう。

9月から試験直前の勉強法

問題を解いている女性

過去問や模試を何回も反復する勉強法を始める時期はいつからがよいのでしょうか。

9月までには過去10年分の過去問をやり終えているのが望ましいと言えます。そして、9月からは、これまで以上に過去問や模試を解いていくことを中心にしていきましょう。

また、自分が過去に間違えた問題や試験に頻出する分野については、この期間に知識の入れ直しをしましょう。そして、知識が身に付いているかを確認するようにしましょう。

さらに、過去問分析もしっかり行いましょう。過去問を解いていく中で、自分の不得意な分野がわかるはずです。

頻出分野だけではなく、自分が苦手な分野を徹底的に解き直し、正解できるようになるまで過去問を繰り返すことが効果的です。

もっと短い期間で受かるためには

走ろうとしている女性

独学が得意な人は自分に合った勉強の仕方についてのノウハウを既に持っているので、過去問とテキストの反復だけで受かる場合もあります。

しかし、合格率の低さを考えると、長い学習期間をキープして勉強を始めるに越したことはありません。ただ、そうするともちろん勉強期間はかなり長めになってしまいます。

ネットで調べると1ヶ月や2週間で合格したという記事もありますが、鵜呑みにすべきではありません。このような体験談は、もともと知識があった人、暗記が得意な人など特殊な事情を持った人のケースであることがほとんどです。

また、そもそも本当にそのような短期間で受かったかの真偽自体も不明なのです。

短い期間で受かりたいと思うけれども仕事が忙しくてうまく時間が取れない人や、独学で不安が残る人には、効率的に学べる通信講座でのケアマネージャー試験対策をおすすめします。

通信講座を利用すれば、独学と比較して、短い期間で受かることが必ずできると言えます。

合格するまでにかかる費用

勉強にかかる費用については、独学の場合はテキスト代や模試の受験料だけでよいため費用を抑えることができます。

その一方で、講座を受講する場合には、テキスト代、模試の受験料に加えて数万円の学費がかかります。

さらに、ケアマネージャー試験の受験手数料も、都道府県によって違いますが約1万円ほどかかってしまいます。例えば、東京都の場合は12,800円です。

しかし、「費用が安いから」と安直に独学を選択してしまうと、場合によっては当初の想定よりも費用がかさんでしまうこともあります。

独学でしっかりとした対策が出来ずに2回、3回と不合格になってしまう人は少なからずいるのです。

何年にもわたってテキスト代、模試の受験料、本番の受験料がかかってしまうため、講座を受講するよりも費用が高くなってしまうことがあり得ます。

費用の面からしても、自分に合った勉強方法で余裕を持った勉強時間を確保し、一発合格を狙うことを目指すのが賢明だと言えます。

試験勉強のモチベーションを下げないためには

女性の後ろ姿

ケアマネージャー試験の勉強は1年弱続きます。そのため、どうしてもモチベーションが保ちにくいことに悩む方もいるのではないでしょうか。

そこで、試験勉強のモチベーションを保つための秘訣をご紹介します。

テキストは最低限に絞る

勉強を始めたときには、テキストを何冊も用意したくなるかもしれません。しかし、それはおすすめできない方法です。

テキストはまず1冊に絞り、そのテキストをしっかり最後まで読み込むことが大切です。何冊もテキストがあると、どれもこれも中途半端に手をつけてしまう状態になり、勉強が進んでいる実感がわきにくくなります。

また、同じ内容の説明でも、テキストによって使われている表現が違う場合があります。

何冊も同時にテキストを読み進めると、このようなニュアンスの違いに引っかかり、内容がしっかり理解できなくなってしまう恐れもあるのです。

ですから、まずは一冊のテキストで内容をしっかり理解することが大切です。

一冊のテキストを読み終わり、それでも物足りなさを感じたり、もっと深く理解したいと思ったりした段階で、別のテキストを買い足すのがよいでしょう。

モチベーションを保ちやすいのは通信講座

独学で勉強することのデメリットは、わからない部分、苦手な部分があっても常に自分で克服しなければならないという点です。そのことがモチベーションを下げてしまうきっかけにもなることがあります。

しかし、対策講座にもよりますが、通信講座の場合はわからない部分を質問できるサービスがあるため、いつまでもわからないところに手こずらないで勉強を進めていくことができます。

また、無理のない勉強スケジュールが組み込まれていること、定期的に教材が送られてくることなど、通信講座はモチベーションを上げるためにはぴったりのシステムなのです。

おすすめはユーキャンの講座

資格Timesが最もおすすめする、ケアマネージャーの通信講座は「ユーキャンのケアマネージャー講座」です。

このユーキャンの講座が他社の対策講座と比べて突出する点として、主に以下の3つが挙げられます。

  • 学習サポートが非常に充実している
  • 会社の知名度・信頼性が抜群に高い
  • 学習計画が立てやすい工夫がある

上記してきたように、ケアマネージャー試験に一発合格をするための対策には、これらは必要不可欠な要素です。

これらをバランスよく、かつ高水準に満たしている点から、ユーキャンはどんな人にもおすすめであると言えます。

ケアマネージャー試験の勉強法についてまとめ

ケアマネージャー試験の勉強法についてまとめ

  • テキストを読み終えたら、アウトプットするために問題集や過去問を解こう
  • 過去問を解く際には、介護支援分野、保健医療福祉サービス分野の両方で7割以上得点できるレベルを目指そう
  • 短い期間で合格したい場合は、通信講座を受講しよう

ケアマネージャー試験の勉強法についてご紹介しました。

ケアマネージャー試験は合格率が10〜20%と難易度が非常に高い試験です。そのため、長期的に学習スケジュールを考えて計画的に勉強をすすめる必要があります。

また、独学では自信がないという方、一発合格したいという方、短い期間で合格したいという方は、通信講座の受講を考えてみることをオススメします。

今回ご紹介した勉強法を参考にして、自分にあった勉強方法を確立し、一発合格を勝ち取って下さい!