スタディングの税理士講座の評判は?口コミから分かる実態を調査!

更新日時 2020/05/18

「スタディングの税理士講座の良いところだけじゃなく悪いところもしっかり知りたい!」

税理士の予備校・通信講座をお探しの方の中には、このように感じていらっしゃる方も多いかと思います。

税理士は会計系の国家資格の中でも最高クラスの難易度を誇り、合格者の大半が予備校や通信講座を使って勉強しています

一方で、税理士の予備校や通信講座を探してみても数が多すぎて、どの講座が自分に合っているのか区別がつかないですよね。

そこでここではスタディングの税理士講座に注目して、講座の特徴や他社と比べて優れている点、正直惜しいポイントまで包み隠さず明らかにします!

スタディングの税理士講座をざっくり説明すると

  • 最も安い税理士講座!
  • スマホ学習機能は業界最高水準!
  • 働きながらでもスキマ時間で勉強できる!
  • 口コミ評判も抜群の大人気講座!

スタディングの公式サイトはこちら

スタディングの税理士講座の特徴

笑顔の女性 スタディング税理士講座の特徴を整理してまとめると、次のようになります。

  • 講座費用は業界最安値
  • スマホ学習に特化した通信講座
  • 講義・テキストの質が極めて高い
  • 学習サポート機能も充実
  • 人気6科目を受講可能(簿財・法人・国税・消費・相続)
  • 冊子教材はオプションで購入可
  • 理論の記述も対策可能
  • 不合格でもそのまま次年度コースを継続受講可能

スタディングの特徴の中でも際立っているのが「スマホ学習に特化した通信講座である」ということと、「講座費用が極めて安い」ことの2点です。

スタディングを利用することでスマホを使っていつでもどこでも勉強することができるので、なかなか勉強時間の取れない社会人の方を中心に絶大な人気を集めています

また講座費用の安さも注目すべきポイントであり、各社のあらゆる割引制度を考慮してもスタディングよりも低価格な税理士講座は存在しません

このように魅力的な特徴を持つスタディングですが、一方で事業税や固定資産税など受験者数が少ないマイナーな科目については講座が開講されていないので、これらの科目を受験しようとお考えの方は注意する必要があります。

それではこれらのポイントについて、他社の講座とも比較しつつ詳しく見ていきましょう!

スタディング税理士講座の費用と他社の比較

コインを持つ人

何度も強調しているようにスタディングは業界最安値の税理士講座ですが、その安さは他の講座とは比べ物になりません

一般に大手予備校に通う場合、受講料の相場は一科目あたり15~20万円であり、5科目の合格を目指すと80万円前後の費用がかかるのが普通です。

比較的費用が抑えられる通信講座でも1科目あたり7~10万円となっています。通信講座の場合、5科目で40万円前後の費用がかかるケースが多いです。

対してスタディングでは簿財2科目で54,980円、その他税法科目は1科目あたり45,980円で受講することができます。

つまり、スタディングで5科目を受験した場合の出費は192,920円になるということです。

このようにスタディングと他社の価格差は目を見張るほど大きいのです。

ちなみにスタディングではWEB教材がメインとなっているので、冊子版の教材が欲しい場合はオプションで購入する必要がありますが、冊子版教材は1科目あたり14,800円なので、オプションを全て追加しても依然として圧倒的に安くなっています。

※冊子版オプションでは問題集や実力テストなどが冊子版として提供されます。

教育訓練給付制度の対象ではない

スタディングの税理士講座はどのコースも教育訓練給付制度の対象とはなっていません

この制度は年収など一定の条件を満たしてかつ厚生労働大臣認可講座を受講・修了することで講座受講料の2割をハローワークによって負担してもらえるという制度です。

そのため教育訓練給付制度を活用して講座を受けようと考えていた方は気をつける必要があるでしょう。

ただし給付制度を利用するための条件はなかなか厳しい上に、制度を使わずともスタディングの受講料はずば抜けて安いのでそこまで気にするポイントではないでしょう。

スタディング税理士講座の教材を他社と比較

勉強する子供

スタディングの教材は他社の税理士講座とは大きく性質が異なり、スキマ時間でも快適に勉強できるように様々な工夫がなされています。

講義やテキストは全てスマホでも問題なく学べるようにこだわり抜かれており、低価格ながら極めてクオリティの高いものとなっています

ここではそんなスタディングの教材の特徴について詳しく見ていきましょう。

カリキュラムはステップアップトレーニング方式を採用

スタディングの講座の進め方は、わかりやすい基本講座で論点をばっちり学習した後に、4段階のアウトプット学習で実力を徹底強化します。

特に、アウトプットはスマート問題集を使った基本講座の内容チェック・個別テーマの練習をするトレーニング・より範囲を広げてテーマ別に演習を進めていくテーマ別演習・最後には本番を想定した実力テストの4段階の充実の構成となっています。

よって、確実に本番に生きる実力を身につけることができるため、非常に考えられたカリキュラムであることがうかがえるでしょう。

学びやすさを追求した講義動画

スタディングは講座の設計段階からスマホで学習することが想定されており、単に従来の教室講義を録画しただけの通信講座とは全く異なります

移動時間でも快適に勉強できる

多くの通信講座や予備校の通信コースでは、講師が画面に映されたテキストに書き込んだりしながら講座が進めていく形式が一般的です。

そのため受講生の方は講義を観ている間も基本的にテキストを手元に用意しておくことが求められていました

一方でスタディングではスライドを用いて講義が行われるので、受講生の方はテキストを持つことなく画面だけに集中することが出来るようになっています

そのため電車内などのテキストを持てないようなタイミングでも、全くクオリティを落とさずスマホで講義を受けることが出来るのです。

講義時間がコンパクト

スタディングの講義はスマホで隙間時間に視聴されることを予め想定して作成されているので、1つ1つの講義時間が5~10分と非常にコンパクトになっています

そのため例えばお風呂が沸くのを待っている間などのちょっとした時間でも手軽に講義を受けることが出来るでしょう。

記憶に残るスライド講義

スタディングではスライドを用いて講義が行われるので、テキストを画面に映し出す従来の講座よりもより学びやすくなっています。

スライドの内容は講師の話している内容に合わせて次々と入れ替わるので、「今はテキストのどの部分を話しているのか」といった余計なことを考えることは一切ありません。

さらにスライドにはアニメーションのように動きがついているので、税理士の勉強の際は人物関係やお金の動きをより直感的に捉えることが出来るでしょう。

分かりやすくて便利なWEBテキスト

スタディングのテキストはスマホでいつでも確認できるWEBテキストです。

テキストは講義中に閲覧することは少なく、基本的には講義で学んだ内容を補強したり、問題演習でつまづいた内容を確認したりなど、補助教材のような形で活用することになります

WEBテキストなのでもちろんフルカラーであるほか、難解な内容も図やイラストを用いて非常に丁寧に解説してくれているので、補助教材と言いつつテキストを読み込むだけでもかなり勉強になるでしょう

テキストの内容は検索もできる

スタディングの便利な機能としてテキスト内容の検索機能があります。

忘れてしまった内容や確認したい事項が出てきた時も、スタディング内で検索することで一瞬で該当箇所にたどり着くことができるので、テキストをあれこれ遡ったりする必要はありません。

このように利便性も追求されており、スマホでもストレスなく勉強することができるでしょう。

スマホ学習システムは最高水準

スマホを触る女性

今やスマホで講義が観られるのは当たり前となっていますが、スタディングのスマホ学習機能はそれだけに止まりません。

ここではスタディングの優れた学習機能を確認していきましょう。

ノートやペンを持ち歩く必要なし

スタディング税理士講座の講義画面

スタディングのスマホ学習機能の中でも、最も受講生に好んで使用されているのがマイノート機能です。

マイノート機能では講義中などでも上記画像のようにPCやスマホ上でノートをとることが可能です。

また、普通に書き込みを行うだけでなく、テキストの一部を取り出して貼り付けたりなどもできるなど、重要な情報をパパッと自分好みにまとめられるので復習にも大変便利です。

問題演習機能でアウトプット量も確保

インプットした知識はアウトプットを重ねることで記憶に定着させることができます。

したがって税理士試験に合格するためには十分なアウトプット量が求められますが、スタディングではアウトプットの機会も非常に豊富です

以下はスタディングの問題演習機能一覧です。自分のレベルや学習したい内容に合わせて最適な演習を行うことができるようになっています。

問題演習機能 内容
スマート問題集 標準的な問題集
トレーニング 論点別頻出問題
テーマ別演習 論点別上級問題
実力テスト 本番レベルの問題
理論暗記ツール 穴埋め形式で理論暗記
問題横断復習 苦手問題の対策

もちろんこれらは全て手元のスマホを使って隙間時間に行うことができるので、いつでもどこでも知識のブラッシュアップができるでしょう。

ちなみに、テーマ別演習や実力テストには解説講義もついているので、間違えた問題の補強もバッチリです。

記述力もしっかり養える

税理士試験は記述式試験なので、記述力をつけることも忘れてはなりません。

スタディングでは「理論記述練習」が用意されており、PDF教材を印刷して実際に記述式問題を書いて解く練習も行います

この内容は理論暗記ツールと結びついており、ここで上手く正解できなかった内容も理論暗記ツールを使って復習することができるようになっています。

学習レポートで進捗を可視化

スタディングでは勉強した内容や勉強時間などが全て自動で記録され、グラフとして可視化されます。

毎日記録をつけたりせずとも自分がどの分野をどれくらい学習したのかが分かるので、学習進捗の確認やスケジュール管理も容易でしょう

また、日々の頑張りが目で見える形で現れるので、モチベーションの維持にも役立つ機能です。

勉強仲間の繋がりは合格後も生きる

スタディングの面白い機能として、ツイッターなどのSNSのように他のスタディング受講生と繋がることができる「勉強仲間機能」が存在します。

勉強仲間機能を使うことで、志を共にする他の受講生の頑張りを見て刺激を受けたり、自分の学習状況を他の人にシェアしてモチベーションを高めたりすることができるでしょう。

またスタディング卒業生の中には、合格者インタビューで「勉強仲間のコネクションが将来役に立つ」と話していた方もいらっしゃいます。

税理士は特に人脈が大事になってくる職業なので、勉強仲間の繋がりが意外なところで役立つこともあるかもしれません。

スタディング税理士講座の合格率は?

喜ぶ子供

スタディングでは合格率を公表していません。これは税理士講座に限った話ではなくスタディングの他の資格講座でも同様であり、そもそも会社として合格率の算出を行っていないのです。

そもそも校舎に受講生を集めていない通信講座においては、受講生の受験状況を知る手段が乏しく、合格実績を正確に集計することは非常に難しいという事情があります。

事実、通信講座で合格率を算出している会社はほとんどありません。

ここで注意しておきたいのが、どの会社も「合格実績が良くないから合格率を隠している」というわけではないということです。

実際、スタディングの公式HPには極めて沢山の合格者の声が寄せられています。

もちろん全体の受講者数などは分からないので合格率が高いかどうかは判断しかねますが、多くの方がスタディングの税理士講座を使って合格を掴んでいるというのは紛れもない事実だと言えるでしょう。

スタディング税理士講座の惜しい点

驚きのイメージ

スタディングは価格が非常に安いにも関わらず、隙間時間で効率的に学べる非常に質の良い教材を提供しており、一見すると文句なしの税理士講座であるかのように思えます。

しかし他の予備校や通信講座と比べてみると、スタディングにも至らないポイントがいくつか存在します

ここではスタディング税理士講座の他講座と比較して残念なポイントを確認していきましょう。

マイナー科目講座は開講していない

ご存知の通り、税理士試験では全11科目が用意されており、そのうちの5科目に合格することで税理士試験に合格できる、というシステムになっています。

一方でスタディングで受講できるのは以下の6科目であり、残りの5科目については講座が開講されていません

  • 簿記論・財務諸表論
  • 法人税法
  • 相続税法
  • 消費税法
  • 国税徴収法

上記以外の科目で受験しようと考えていた場合は、その科目を他の予備校などで勉強する必要が出てきてしまうでしょう。

ただ、そうは言ってもスタディングで開講されている6科目は税理士試験の中でも人気の高い科目ばかりであるので、実際に受験したい科目がなくて困るケースは珍しいでしょう

更に言えばスタディングである程度科目合格を重ねておけば、残り科目で予備校を利用した場合も合計費用を大きく抑えることができるので、複数の会社の講座にお世話になることは必ずしも悪いことだとは言い切れないでしょう。

講師に質問することはできない

スタディング税理士講座では質問サービスがありません

したがって学習内容で分からない箇所に直面した場合は、講義やテキストを通じて理解していく必要があります。

とは言え講義では初学者の方でも理解できるように非常に丁寧に解説してくれる上、簡単な疑問であればテキストの検索機能ですぐに確認することもできるので、質問できないからといって実際に困る機会はほぼないでしょう

スタディング税理士講座のコース一覧

選択肢のイメージ

ここではスタディング税理士講座のコースを一覧で紹介します。

価格やオプション実施の有無については時期によって変わるので、受講前には一度確認しておくのが良いでしょう。

コース名については「合格コース」を「合格」、「総合コース」を「総合」といった形で略記しています。

また、法人税法や国税徴収法などの税法科目については、どの科目も料金体系は一緒なので、まとめて「税法」としています。

コース名 価格
簿財2科目合格2020-2021年 54,980円
簿財2科目総合2020-2021年 64,800円
簿財2科目フル2020-2021年 74,980円
簿財2科目冊子オプション 23,500円
税法合格2020-2021年 45,980円
税法総合2020-2021年 55,980円
税法冊子オプション 14,800円

いずれのコースも2020-2021年度合格目標となっており、万一不合格になってしまった場合でも講座内容を更新してもう一年受講することが可能です

総合コースには合格コースに含まれていない「直前対策講座」が入っていますが、基本的にはどの科目も合格コースで十分合格が狙えるようになっています

簿財2科目にのみ見られるフルコースは、初学者向けに「入門講座」がついているものとなっています。簿記の知識について全くの初学者であれば、フルコースを受講するのも一手でしょう。

いずれの価格も他社と比較してかなりお得な金額での受講が可能となっています。

スタディングの税理士講座はどんな人におすすめ?

握手の写真

ここまでスタディングの税理士講座についてその特徴や魅力を確認してきましたが、それではスタディングの講座が向いているのはどのような人なのでしょうか

ここではスタディングがおすすめできる人・できない人を確認していきましょう。

スタディング税理士講座がおすすめできない人

スタディングの講座の性質を見ると、次のような人は他の税理士講座を検討した方が良いと考えられます。

  • 私生活でスマホを触る時間がほとんどない人
  • 酒税法などのマイナー科目の講座を探している人
  • 質問対応を行っている講座を選びたい人

特にスマホを使うことに慣れていない人の場合、スタディングの良さが生かしきれない可能性が高いです。せっかくの便利な機能も、活用できなければ無いのと同じになってしまいます。

また、税理士試験は内容が難しいので「質問ができる講座を選びたい」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。この場合もスタディングは選択肢から外れてくるでしょう。

スタディングがおすすめできる人

スタディングの特徴を考えれば、次のような人には非常におすすめな税理士講座だと言えるでしょう。

  • 費用面での負担を軽くしたい人
  • スマホを活用して隙間時間に勉強したい人
  • 仕事が忙しくまとまった勉強時間がなかなか取れない人
  • 評判の良い通信講座を利用したい人

税理士試験は長期戦であり、合格までに5年ほどかかってしまうことも珍しいことではありません。そのため、毎年予備校で何十万円も出費していては身がもたないというものです。

その点、スタディングを活用することで劇的に費用を抑えることができるので、受講生への負担は大きく軽減されるでしょう。

また、社会人として働きながら税理士の勉強をされるという方にも、通勤時間などの隙間時間に学習を進められるスタディングは極めておすすめです。

さらに、まとまった時間が取れなくても勉強できることは、毎日勉強を継続しやすいということにも繋がります。

長期間コツコツ勉強を続けていくためには、スタディングのような継続しやすい講座の力を借りることが非常に大切になってくるでしょう。

スタディング税理士講座の評判・口コミ

合格のイメージ

スキマ時間に勉強できる

スタディングは「スキマ時間に税理士になる!」というコンセプトを掲げていますが、受講生の方の口コミを見ると、それが講座にしっかりと反映されていることが非常によく伝わってきました。

ここではその一部を抜粋してご紹介します。

  • 通学する時間もかからず、スマホがあればいつでも講義が受けられる環境が、やはり勉強時間の確保に繋がったと感じています。スキマ時間を生かしたい方には手放しでおすすめできる講座です!

  • 通勤時間の電車内、ジムで運動中など、空いた時間を無駄にしないでその時々のスタイルで勉強できたことが素晴らしかったです。

  • 理論暗記ツールはボリュームが絶妙な上に、スマホの画面をタップするだけでキーワードを隠すことができるので、周回学習をするのにこれ以上の教材はないと感じました。

長期間継続することができる

スマホで手軽に勉強できることで、忙しい中でも続けやすかったという声も多く見られました。

また、勉強仲間機能を使った交流もモチベーションの維持に効果を発揮することが伺えました。

  • 3人の子供を育てながらの受験だったので、勉強時間は夜しか取ることができませんでした。そんな中でも、スタディングは自分の時間・ペースで勉強できたので良かったです。

  • 子供の稽古の待ち時間や朝起きてすぐなど、1分でいいからとスタディングの学習ツールを開くよう心がけることで、コツコツと勉強を進められたと感じています。

  • 長丁場の試験である税理士試験ではモチベーションの維持に苦労しました。スタディングでは勉強仲間機能があったので、日々の勉強時間を記録したり、受講仲間に対してコメントしたりすることで、継続して勉強する意欲を保つことができました。

低価格でも心配なし

スタディングの受講を決められた方の中には、値段があまりにも安過ぎて正直不安だったという声も少なからず見られました。

しかし以下の口コミでも言及されているように、どの方も受講後はその質の高さを認めていることが確認できます。

  • 以前は安過ぎることに不安を感じていましたが、実際に自分が使ってみて、これなら信頼できると思いました。講義も非常に分かりやすく、毎日動画を楽しみながら観ることができました。本当にコスパの良い教材だと思います。

  • びっくりするほど安いと思いましたが、スライドを使った講座スタイルが非常に分かりやすく、無事に簿記論・財務諸表論ともに一発合格することができました。

スタディングの税理士通信講座まとめ

スタディングの税理士講座まとめ

  • 圧倒的に低価格なコスパ最強の税理士講座!
  • スキマ時間で勉強できるので継続もしやすい!
  • 多忙な社会人の方からの評判も抜群!

スタディングの税理士講座について説明しました!

スタディングの教材や学習システムは極めて優れており、「受講料が安いから…」という理由で選んでも全く問題ない講座だと言えるでしょう。

あなたもスタディングの税理士講座を受講して、スキマ時間を生かして効率よく勉強を進めてみませんか?

スタディングの公式サイトはこちら

人気記事