がくぶんの日ペンボールペン習字講座の評判は?費用や教材・口コミを全て解説!

更新日時 2020/04/24

「がくぶんが実施している"日ペン ボールペン習字講座"の評判って実際どうなんだろう…」

「がくぶんの"日ペンのボールペン習字講座"の受講を考えているけれど、講座の良いところと悪いところの両方を知っておきたい」

このようにお思いの方もたくさんいると思います。

「キレイな字を書きたい」「自分の書く字に自信がなくて、恥ずかしい」と思っている方はたくさんいます。そしてキレイな字を書けるようになるための講座はたくさんあります。

そのため、それぞれの講座の特徴を知ってから受講を考えたいと思っている方は多いことでしょう。

そこで、今回はがくぶんが提供している「日ペン ボールペン習字講座」に着目して、どんな特徴を持った講座なのかや講座の優れているポイント、さらに悪いポイントまで紹介していきます。

この記事を読めば、がくぶんの日ペン ボールペン習字講座に関してバッチリです。

がくぶんの「日ペン ボールペン習字講座」についてざっくり説明すると

  • 1日20分のレッスンで字が上手くなる
  • 達人級の講師陣からの的確なアドバイスを受けられる
  • 受講期間内に終わらなくても無料で延長ができる
  • 本当に字が上手くなるか不安な人もいる

日ペンのボールペン習字講座公式サイトはこちら

日ペン ボールペン習字講座の特徴

ペンとノート

日ペン ボールペン習字講座は、がくぶんが提供している「ペン字・ボールペン字講座」のことを指します。

日ペン ボールペン習字講座の主な特徴をあげると以下のようになります。

  • ペン字指導85年の歴史のある講座
  • がくぶんの中で最も人気の高い講座
  • 1日20分のお手軽レッスンで無理なく継続できる
  • 受講者に合わせた最短ルートで上達をアシスト
  • 始めて6日で効果を実感できる
  • 楷書だけではなく、行書も学ぶことができる
  • テキストの読み書きだけではなく、DVDを使って学ぶこともできる
  • 講師陣から優しく丁寧な完全個別アドバイスが貰える
  • もし6ヶ月の受講期間が過ぎても、+6ヶ月無料で期間延長可能
  • 講座終了後も楽しみながらペン字を継続できる
  • 本当に字が上手くなる

がくぶんの「日ペン ボールペン習字講座」は、楽しく学ぶことができ、実用性が高いということで、創業95年のがくぶんが誇る数多くの講座中で、なんと、人気講座ランキング1位を取っています。

また、がくぶんと優秀な講師陣による添削サービスや受講期間の無料延長など、手厚いサービスも高い評判を得ています。

その一方で、講座の費用が高いことなどが理由で、なかなか受講に踏み切れない人も多いみたいです。

キレイな字を書くことは、あなたの自信となります。キレイな字は、相手にあなたの気持ちとあなたの人柄を伝えてくれます。

がくぶんの「日ペン ボールペン習字講座」を受講して、綺麗な字が書けるようになれば、文字を書くことが楽しみな毎日に変わります。

日ペン ボールペン習字講座は85年の歴史を誇る

がくぶんは、今から85年以上前も昔の昭和7年にボールペン字の通信講座をスタートさせました。

「日ペン」の愛称のある日本ペン習字協会は、ペン字教育業界をリードし続け、これまでに100万人以上の指導実績を誇ります。その指導ノウハウは、2,000社近い企業でも新人研修に採用されるなど、社会的に高い評価のある協会でもあります。

歴史が深く、信頼と実績のあるがくぶん日本ペン習字協会が手掛けた「日ペン ボールペン習字講座」は、一人ひとりに合わせて確実に上達してもらうことを心掛けており、これまでに100万人を超える受講者がいます

以下から、がくぶんが実施している「日ペン ボールペン習字講座」の特徴について詳しく解説していきます。

日ペン ボールペン習字講座の費用を他社と比較

数える札束

がくぶんの日ペン ボールペン習字講座の費用は、一括送料込みで29,800円です。この講座期間は標準で6ヶ月です。

分割払い(17回)の場合は、初回2,186円 + 1,900円 × 16回 = 32,586円一括払いより少し高額となっています。インターネット申込では、分割回数を2回、6回、12回、17回から選ぶことができます。

【日ペン ボールペン習字講座の教材内容】

  • テキスト全7巻 (ひらがな・カタカナ・数字・楷書・楷書2・行書・実用)
  • スタディガイド
  • 付録テキスト (筆ペンの書き方)
  • トレーニングブック2冊
  • 成績カード
  • 添削課題提出用紙集
  • ソフト下敷き
  • 課題提出用封筒
  • 硬筆書写ハンドブック

さらに、優れた講師陣による添削・指導サービスを全12回受けることができます。

このようにがくぶんの「日ペンボールペン種字講座」の教材内容は盛りだくさんとなっています。

ユーキャン 「楽しいボールペン習字講座」と比較

ボールペン字関連の講座は多数存在していますが、ボールペン習字に絞れば、ユーキャンが実施している「楽しいボールペン習字講座」があります。

このユーキャンの「楽しいボールペン習字講座」の費用は、一括・分割共に31,680円となっています。がくぶんと比較しても、金額に大きな差はありません。

また、ユーキャンの講座は受講期間が10ヶ月です。がくぶんより4ヶ月も長いです。

ユーキャンの方が長くサポートしてくれて良いという見方もできますが、受講する内容が多すぎて、教材内容が膨らんでいるとも言えます。シンプルかつ手っ取り早く、字が上手くなりたいと思えばがくぶんの方が向いているかもしれません。

  • 短期間で集中して受講したい方 → がくぶん ボールペン習字講座
  • じっくり、たくさん学びたい方 → ユーキャン 楽しいボールペン習字講座

それぞれ、自分の目的に合わせて講座を選択すると良いでしょう。

日ペン ボールペン習字講座の教材の魅力

並んだ洋書

がくぶんの「日ペン ボールペン習字講座」の魅力として、提供される教材が優れているところがあります。字がキレイになるために、考え抜かれ、作られた教材です。

ここでは、提供される教材の特徴を解説していきます。

無理なく1日20分で継続しやすい

80年以上の実績を持つ日本ペン習字協会がお手本執筆と監修したテキストは、1回のレッスンをたったの20分を目安として作られています。

そのため、仕事の合間、家事の合間、起きて朝食までの時間、寝る前など、スキマ時間を活用して、無理なく継続できます。

2∼4ページごとに「何日目の学習範囲」という目安が書いてあるため、学習スケジュールが立てやすく、継続しやすいと受講生から大変好評です。

レッスンは、テキストに印刷されている師範直筆の薄字をなぞるところから始まります。こうすることで書き始めの位置や中心の位置を自然と覚えることができます。

はじめて1週間で効果を実感できる

この講座では、はじめの1週間でひらがなのレッスンを徹底的に行います。ひらがなは、日頃書く文章の約70%を占めると言われています。

そのため、レッスンをはじめて1週間でひらがなをマスターすれば、日頃書く文章の上達が見込めます。実際に、多くの方から「1週間で字が上手くなった」という評判を受けています。

その後は、「カタカナ・数字」・「漢字を主とした楷書」・「行書」とレッスンは続いていきます。ここまでの基礎が終われば、手紙やはがきなど実践的な書き方にも取り組んでいき、悪筆やクセ字の方も、美しく書ける自信がついていきます。

見やすく・使いやすいテキストの工夫

この講座のテキストは、キレイな文字を書けるようになるために最適な訓練が行えるように最大限の工夫を凝らして作られています。

例えば

  • 大きく書くから、線や字形がよくわかる
  • 書きやすさを意識したテキストの判型・紙の厚さ
  • 読みやすく、見ているだけで美文字ポイントを掴める
  • お手本が見やすいレイアウト
  • 細かな練習のポイントを記載
  • 段階別なぞり書きでぐんぐん上達

などがあります。テキストの大きさだけではなく、書きやすい厚みまで意識して作られたこだわりのテキストとなっています。

美しい文字のコツがわかりやすい

美しく、キレイな文字には書くためのポイントがあります。そこが各文字ごとに丁寧に説明されているのが、ボールペン習字講座テキストの大きな特徴です。

このテキストに書いてある美文字ポイントを意識しながら練習すれば、確実に書く文字がキレイになります。その美文字ポイントとは、例えば

  • 止め・はね・払いの区別がはっきりしている
  • 部分の大小の差が適切
  • 書き始めがしっかりしている(特にカタカナ・漢字)
  • 一点一画が整っている(点や線の位置・長さ)
  • 線と点が譲り合っている・バランスが取れている
  • 適切な間隔・フトコロが空いている

線をまっすぐ書けることが重要

美しく・キレイな文字を書くことに見落としがちなポイントは、縦横の線をまっすぐ書けることです。このテキストでは、美文字を書くための、まっすぐ線を書くことの重要性を伝えてくれたあとで、その練習を徹底して行います。

このように、がくぶんの「日ペン ボールペン習字講座」では字がキレイに書けるようになる"本質"を学ぶことができ、そのレッスンを徹底して行います。

付属教材にはDVD・筆ペン講習がついている

がくぶんの日ペン ボールペン習字講座の付属教材には、見るだけで上達のコツがつかめるDVDが付いています。美しく文字を書くための共通ルールや抑えるべきポイントを、丁寧にかつ伝わりやすく解説しています。

DVDを見て見本の字をイメージするだけで、書く文字が美文字に繋がります。DVDの内容はテキストに即しているので、あわせて学習すれば、学習効率UPは間違いありません。

また、ペンの持ち方や字を書く時の正しい姿勢のポイントなど、映像で丁寧にレクチャーしてくれるので、ペン字の基本を身に付けることができます。

ペンの持ち方が変わるだけで、ペン先を滑らかに動かすことができたり、余計な力が入らなくなり、字がキレイになります。

筆ペンも上達できる

ボールペン習字講座の応用編として、付属教材の筆ペン教材を用いて、筆ペンの使い方を学ぶことができます。

使いこなすのが難しいと思われがちな、筆ペンですが、ちょっとしたコツを覚えれば、誰でも筆ペンで、美しく書くことは可能です。筆ペンの使い方をマスターすれば、年賀状や封筒の表書きなど、実生活に活かすことができます。

日ペン ボールペン習字講座のサポート体制

話し合う学生

字の良し悪しは、なかなか自分で判断することができません。最も手っ取り速い方法は、「他人に見てもらうこと」です。

普段何気なく書いている字だからこそ、自分のクセがどこにあるのかを客観的に判断してもらえます。そのクセを的確に指摘してくれるのが日ペン ボールペン習字講座の優秀な講師陣です。

ここでは、がくぶんの「日ペン ボールペン習字講座」のサポート体制に関して詳しく見ていきます。

選りすぐりの講師陣による添削・指導サービス

日本ペン習字協会の支部は全国に1,000以上あり、選りすぐりの講師陣が最初から最後まで責任をもって、面倒を見てくれます。

字を上達させるプロフェッショナルとまるで直接対面しているかのような"生きた指導"を自宅に居ながら受けることができるので、たくさんの受講者が大満足の口コミを寄せています。

この添削・指導サービスは全12回受けることができ、添削してもらうたびに字はグングン成長します。

きめ細かいアドバイスが貰える

提出課題は、講師が丁寧に添削し、個人ごとのアドバイスを添えて返却されます。自分の上達ぶりがわかるとともに、個別のアドバイスもらえることでモチベーションがUPします。

個人の上達レベルに合わせて的確なアドバイスをもらえるので、スピード上達が間違いありません。

また、学習中にわからないことが出てきたら、いつでも質問をすることができます。指導経験豊富な講師陣が丁寧に回答してくれるので、疑問点をその都度解消することができ、安心して学習を進めることができます。

名前・住所の添削は有り難い

がくぶんの「日ペン ボールペン習字講座」では、普段の生活で最も書くことが多い名前・住所の添削を手厚く行ってくれます。受講開始1ヶ月を目処に上達していきます。

また、個人専用の名前・住所のお手本を日ペン師範直筆が作成してくれます。この見本は、講座終了後も生涯役に立つでしょう。

手紙や封筒の表書きだけではなく署名など、普段の生活で名前や住所を書くシーンは多いですから受講生の中でも好評です。

+6ヶ月間無料で期限延長が可能

日ペン ボールペン習字講座の標準受講期間は6ヶ月となっていますが、受講期間内に修了しなくても、その後、無料で6ヶ月間受講期間を延長することができます。

そのため、もし仕事や子育てに追われて、一定期間受講ができなくても大丈夫です。

早く取得したい方も。じっくり取得したい方も、自分のペースで受講することができます。

「硬筆書写検定」にチャレンジを

黒板に書かれた文字

がくぶんの「日ペン ボールペン習字講座」は「硬筆書写検定」に対応しています。字が上手くなったことを示す資格としてはもってこいです。

以下では硬筆書写検定について簡単に説明していきます。

「硬筆書写検定」は文部科学省が後援の資格

硬筆書写検定は、一般財団法人 日本書写技能検定協会の主催で実施されています。文部科学省も後援しているため、非常に信頼性の高い資格です。

試験は年に3回行われていおり、年齢・学歴等の制限もありません。級位は5級・4級・3級・2級・準1級・1級の6つに分かれています。

長い歴史の中で累計受験者は1,000万人にも及ぶ人気の資格です。

硬筆書写検定とボールペン習字講座の愛称は抜群

硬筆書写検定に合格するためには、美しい字をバランス良く配置し、課題の文章を読みやすく書く必要があります。

美しい字というのは、字形が整っている字のことを指します。さらに、字のバランスを整えるためには、字の大きさ・字粒・字間などを意識して書かなければいけません。

がくぶんの日ペン ボールペン習字講座ならば、この「美しい字を書くこと」と「字のバランスを整えること」の両方を学ぶことができます。

とはいえ、受講期間が終わって字を書かなくなると、途端に元の字に戻ってしまいます。

なので講座受講後もキレイな字を書く訓練を怠らないためや、講座を受講するモチベーションとして、硬筆書写検定の受験を目指してみてはどうでしょうか?

各級の取得レベルと合格率

各級の取得レベルと合格率を以下の表にまとめてみました。 小学校3級レベルから大学生・社会人レベルまできっちり分かれているため、自分に合ったレベルを選択し、受験することができます。

級位 求められるレベル 試験の合格率
5級 小学校3年生以上 94.9%
4級 中学生・高校生 88.2%
3級 中学生・高校生 63.7%
2級 高校生・大学生・一般社会人 46.7%
準1級 高校生・大学生・一般社会人 20.2%
1級 大学生・一般社会人 10.7%

※合格率は平成28年度データ

硬筆書写検定とボールペン習字講座の愛称は抜群

日ペン ボールペン習字講座で字が上手くなったことの示す指標として、硬筆書写検定は最適です。硬筆書写検定で合格するためのポイントは、「①:美しい字を書くこと」と「②:字をバランスすよく配置すること」です。

日ペン ボールペン習字講座では、この①と②をひらがな・カタカナ・数字から漢字の楷書・行書まで、美しい字をバランスよく配置して書くコツを丁寧に解説しており、効率よく美しい字を書けるようになります。そのため、検定と講座の愛称は抜群がと言えます。

硬筆書写検定では自分に合ったレベルを選択できるため、是非チャレンジしてみてください。また、「硬筆書写検定で〇級に合格する」と目標を定めて、日ペン ボールペン習字講座に取り組むのも良いでしょう。

日ペン ボールペン習字講座講座の惜しい点

悩める女性

どんな素晴らしい講座でも、良い点と悪い点は存在するものです。人気講座である日ペン ボールペン習字講座も例外ではありません。

ここでは、がくぶんの日ペン ボールペン習字講座の正直惜しいポイントを紹介していきます。

講座費用に躊躇をしてしまう

がくぶんの日ペン ボールペン習字講座の講座費用は29,800円です。字をキレイにするために3万円を出すことに躊躇する人は多いようです。

もし書いた文字が汚ければ、相手にマイナスの印象を与える可能性はあります。逆に書いた文字がキレイならば、相手にプラスの印象を与えることができます。

また、字のキレイさは一生ものです。講座費用に目がいってしまい、講座をあきらめてしまうのは少々もったいないと言えるでしょう。

分割払い(17回)にすれば、月々1,900円で済むのでおすすめです。

クセ字を直すのは困難

長年の字のクセは簡単に改善されるものではなく、「お手本がなければすぐに戻ってしまう」「さらっと書くと元の状態に戻ってしまう」という声が上がっています。

そのため、字を改善するには単に講座を受講すればいいというわけではなく、"キレイに書く"という意識が必要です。

「ローマは一日にして成らず」というように、気軽に受講できるのはこの講座の良い点ですが、結局は自分の意識次第ということです。

講座を受講して、字に対する意識を変えるという意味で、ボールペン習字講座の受講を大いにお勧めします。

日ペン ボールペン習字講座の評判・口コミ

話う学生

通信講座など実際に手に取って見ることができないものに関しては、実際に受講した人の感想・口コミなどを参考にすると良いことが多いです。 ここからは、多く見られた感想ごとに分けてレビューを紹介していきます。

名前・住所の見本・添削は重宝します

がくぶんの日ペン ボールペン習字講座の受講者の中で評判の高いのは、名前・住所の師範直筆の手本とその添削サービスです。普段書く機会が多いからこそ、受講者にとっては有り難いです。

書いた名前が褒められるようになり、名前を書くことに対して自信を持つことができるようになったという口コミが多いです。

  • 講座では自分の名前・住所の見本を頂けるのですが、もともと名前をキレイに書けるようになりたいと思っていたので、とても役に立ちました。子供にも「字がキレイだね」と言われて嬉しかったですね。

  • 名前を書くのが上手になったねとほめられ、字を書くのが好きになりました。

講師陣の添削が楽しみになる

がくぶんの日ペン ボールペン習字講座の講師陣は毎回丁寧で的確なアドバイスをしてくれます。手厚いサービス添削は全部で12回受けることができます。

何度も添削を受ける中で、「講師の方に次は褒められたい」というモチベーションで継続する方が多いようです。また、返却の際の講師陣の直筆のアドバイスの字のキレイさに感動することになるでしょう。

  • 自分では気づかない部分を図示して詳しく教えて頂いたのはためになりました。先生や同学の方と交流できたのも収穫だったと思います。

  • 先生のお手本が素晴らしくて、添削も丁寧だったため、どこを治せばよいのかが分かりやすく、続けやすかったです。仕事場でお客様に褒められます。

  • 毎回、親切な返答が届くのが楽しみで、励まされました。

資格・実生活にも生かすことができる

がくぶんの日ペン ボールペン習字講座で学んだことは資格の取得や実生活に応用できるという口コミも多数あります。

特に硬筆書写検定は、自分の字の実力を測るのにもってこいの検定です。

また、年賀状や手紙、封筒の表書きなど実生活にもすぐ応用が効きます。副教材として筆ペンの使い方もマスターできます。

  • 受講中に硬筆書写検定にも合格でき、先生のご指導には感謝しています。手紙は苦手でしたが、字と共に気持ちも変わり、年賀状も手書きにしたところ、皆から「字がきれいになった」とほめられました。

  • 勤務先で記入する重要書類に対して楷書・行書を区別して記入できるようになりました。速書きに対して行書での氏名記入が可能になり、サインに信頼性を発揮しています。

「字がキレイになった」と褒められる

がくぶんの日ペン ボールペン習字講座は、実際に効果が出ると評判が高いです。 身近な人に「字がキレイ」と褒められるのが一番のモチベーションとなるはずです。

また、1日20分で無理なく続けられ、教材内容も充実しています。

  • 一週間ぐらいで自分の字が変わっていったのが実感できました。DVDがあったのもわかりやすかったです。

  • 中学二年生の時からずっと悩んでいた字を直したくて、親に頼み込んで日ペンのボールペン習字講座に申し込みました。すっかり大人になった今、恥ずかしがることなくどこででも自信を持って字を書くことができるは日ペンのおかげだと感謝しています。

  • 今まで字に自信はなかったけれど、母から褒められるようになりました。

  • 1日大体20分程度で済み、忙しい私でもゆっくり長い期間ボールペン習字講座を学ぶことができました。

日ペン ボールペン習字講座についてまとめ

がくぶんの「日ペン ボールペン習字講座」についてまとめ

  • 受講開始1週間で結果が見える
  • テキストに上手くなる仕組みがいっぱい
  • "名前"と"住所"が上手く書けるようになる
  • 硬筆書写検定受験へチャレンジ

今回は、がくぶんの「日ペン ボールペン習字講座」について解説しました。

この講座では、1日たったの20分で継続しやすく、6ヶ月という短時間で確実に字がキレイに書けるようになります。

実際に字がキレイに書けるようになるのかと不安な声はありますが、がくぶんと優秀な講師陣たちの温かく、手厚いサポートがあるため、がくぶんを信頼して大丈夫でしょう。

あなたも、がくぶんの「日ペン ボールペン習字講座」を受講して、一生涯のキレイな字を手に入れてみませんか?

日ペンのボールペン習字講座公式サイトはこちら

人気記事