電気工事士はきつくてやめとけって本当?ブラック資格の実態や転職事情まで解説!

「電気工事士の仕事はブラックできついって本当?」

「電気工事士の仕事はやめてとけって言われたけど、なぜ?」

このような疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

巷では「電気工事士の仕事はきつい」という意見があったり、インターネット上では経験者のものとみられる「電気工事士になるのはやめとけ」という書き込みも散見されます。

しかし、職人である電気工事士として働くメリットもあるため、噂を鵜呑みにするべきではありません。

こちらの記事では「電気工事士はブラックできつい」「やめとけ」と言われる理由について解説していきます!

電気工事士のつらさについてざっくり説明すると

  • 体力的にハードで、一人前になるまでがつらい
  • ブラック企業に入ると、仕事がハードな割に待遇が悪い
  • 早期に辞めてしまった経験者は「電気工事士はやめとけ」とアドバイスしがち
  • ホワイトな企業もあるため、良い職場を見つけることも大切

電気工事士の仕事環境はやめとけって本当?

大きな疑問

電気工事士の仕事がきついとき

電気工事士の仕事がきついと感じることは誰にでもあります。

こちらのトピックで、その理由を解説していきます。

会社がブラックと感じられるとき

電気工事士はいわゆる職人系の仕事なので、現場主義の風土が根強いです。

そのため、電気工事士の資格を取ったからと言って即戦力になれるわけではなく、実務経験の無い内は自力で仕事に慣れていかなければなりません。

レクチャーを受けたり現場で経験を積みながら初歩的な作業を覚え、次のステップとして複雑な作業を覚えていく必要があります。

しかし、実際にそうした知識や技術を丁寧に教えてくれる機会は少なく、実際に「見ながら学べ」という現場が多いのです。

このようなときに、自分の力不足を痛感して「つらい」と感じてしまう人が多いのです。

実際に、なかなか現場での作業を覚えられないのはつらいことではありますが、学んで実務を身に着けないと一人前にはなれません。

そこで、一人の職人として成長し収入アップも目指すというプラス思考を持ち、モチベーションを維持することが重要です。

仕事をつらいと感じる基準は人それぞれなので、しっかりと自分のキャリアを考えるようにしましょう。

体力的に苦しいとき

現場では立ちっぱなしでぶっ続けで作業をすることが多い上に、重い物を運んだり重い工具を持ち歩かなければなりません。

かなり体力的ににきつい仕事であるため、このような点で「やめたい」と感じたり経験者から「やめとけ」と言われてしまうのです。

電気工事士としてこれらの肉体作業は避けて通れないため、ある程度覚悟を決めるしかありません。

今は体力的につらくても、慣れていけばそこまでつらさを感じなくなるため、しっかりと自分のキャリアを考えておくと良いでしょう。

精神的に苦しいとき

電気工事士のような職人系の仕事をしていると、周りのプロの職人の仕事ぶりを見たときに自分の無力さに絶望してしまうことがあります。

また、ベテランの職人から叱られたり怒られたりすることで、モチベーションを失ってしまうこともあります。

このような叱責でへこんでしまい、現場での居心地も悪くなって精神的に追い込まれてしまう人もいます。

とはいえ、職人であれば誰しもが通る道であり、そのような経験から向上心を持って技術を学ぶことができるため、早く叱られずに済むような一人前の電気工事士を目指して努力するしかありません。

しかし、実際には全員がそのような体育会系な環境に耐えられるわけではないため、自分の向き不向きや適性を冷静に分析して考えるようにしましょう。

ホワイトな企業もある?

自分が見習いの頃にきつい思いをした経験ややめたいと思った経験を元にして、独立して働きやすい環境を自ら作っている企業もあります。

また、職人の二世として親の企業を引き継いだりした若い社長の企業では、働きやすいホワイトな企業も増えつつあります。

働きやすく、ホワイトな企業かどうかは求人内容や面接時の雰囲気から感じ取ることができるため、様々な情報を集めながら働きやすい企業を見つけると良いでしょう。

仕事がキツいときの解決法!!

癒しの植物

気持ちの持ち方を変える

仕事がきつく、長続きしそうにないと思い始めたときは、その会社に入社した経緯を思い出してみましょう。

結局は、その就職先を選んだのは自分なので「どうして入社したのか」を冷静に考えて、その会社に在籍するメリットや理由を考えてみましょう。

冷静に考えた結果そのまま仕事を続けたいと思った場合は、その会社で引き続き頑張るべきです。

また、そのまま頑張ると決断したのであれば、モチベーションを維持するためにも自分が会社に残る理由を念頭に置いた上で自分の技能を磨いていきましょう。

職人は誰しも見習いの時期はあり、腕はまだ未熟であっても自分なりにしっかり学ぶ前向きな姿勢を見せることが大切です。

さらに「今のつらい時期は将来の自分のための投資」であると考えて、耐え忍ぶことで人として成長できるでしょう。

転職をする

もちろん、職場環境が悪ければ転職するという選択肢もあります。

自分が会社に入った経緯を考えつつ、他の求人等と比較して様々な観点から決断しましょう。

転職をした方が良いと判断した場合は、他の会社の面接を受けるなど、積極的に転職活動をしていきましょう。

電気工事士の資格や技術・これまでの経験も生かすことができるため、転職という選択は決してネガティブなものではありません。

独立して会社を作る

自分の技術が高いレベルで身に着いており、一人前の職人であれば独立という選択肢もあります。

ベテランの先輩や職場の体質が自分に合わないと感じた場合は、思い切って独立することも考えておきましょう。

これまでとは違って営業活動をして案件を受注したり、従業員を雇う場合は事務処理の負担が増えたり大変な面もあります。

しかし、独立することでかっこいい職人になることができ、仕事の受注次第では年収も上がることが期待できます。

このように、自分の技能を生かしてのびのびと働きたい場合は独立も視野に入れておきましょう。

電気工事士を辞める

どうしても電気工事士という仕事が自分に合わなかったら、思い切って辞めるという選択肢もあります。

「電気工事士として働いていても学べるものがない」「他に自分に向いている仕事があるのではないか?」と考えた時は、他の業種へ挑戦するのも良いでしょう。

特に、若い内は貴重な時間を無駄にしないためにも、「自分に向かない」と感じたらスパッと辞めてしまうのもアリです。

資格があれば無職の心配は少ない

電気工事士のような職人は、人手が足りていません。

そのため、電気工事士の資格を持っていれば、転職を決意したときも無職となる心配は少ないです。

電気工事士の職場は、企業や一緒に働くメンバーによって環境は大きく異なります。

つまり、電気工事士資格を取得していれば働き口に困ることはなく、再び現場に復帰することも可能なのです。

「電気工事士を取る意味がない」というのはウソ

女性の疑問

電気工事士経験者で、仕事が合わなかった人は「電気工事士は取得しても意味がないからやめとけ」という人もいます。

しかし、その意見は全くの誤りであることを、こちらのトピックで解説していきます。

電気工事士取得のメリット

収入の安定が期待できる

電気工事士は国家資格であるため、社会的な信用度は高いです。

また、近年はソーラーパネルやオール電化、オリンピックに向けた建築ラッシュなどの影響もあり、多くの仕事が舞い込んできています。

平均年収も400〜500万と上昇傾向にあり、今後も緩やかに上昇していくでしょう。

やりがいがありかっこいい場面も

建物内の電気配線に関する問題は、建物が今後使われていく限りは切っても切り離せません。

一般人には理解できないような複雑な工事に携わることができるため、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

また、人々の生活を根本の部分から支えている職人というのはかっこいい存在であるため、多くの人から頼られるでしょう。

電気工事士で稼ぐために

電気工事士として稼いでいくためには、様々な関連資格を取って業務の幅を広げると良いでしょう。

企業で勤めている方であれば、着実に努力と実績を重ねて昇進を目指すと良いでしょう。

また、しっかりと経験を積んで十分な技術が身に着いたら、独立することも視野に入れると高い年収を狙えるようになります。

ブラックな企業であれば自分のスキルが上がっても正当な評価をしてもらえないケースがあるため、自分の待遇に不満がある場合は思い切って独立することも一つの選択肢として考えておきましょう。

電気工事士に向く人

喜ぶ人たち

電気や電気工事に興味がある人

理系出身で、電気や電気工事に興味関心がある人は電気工事士に向きます。

例えば、小さい頃から機会をいじるのが好きだったり、何かを作るのが得意だった人は適性があると言えます。

また、趣味で車やバイクをいじっている人も機械に関して知識を持っているケースが多く、電気工事士に向いています。

就職後もコツコツと学び続けることができる人

電気に関する事前知識があっても、現場に出ると自分の知らないことがたくさん出てきます。

そこで、自分が気になったことや分からない点があれば、自発的に学んでいく姿勢が求められます。

このように、コツコツと勉強することができて、就職後も自分の知識と技能を高める努力を継続できる人は電気工事士に向いています。

体力があり、根気強い人

「電気工事士はつらいからやめとけ」と言う人は、体力が不足していてか根気が無かった人とも言えます。

実際に、電気工事士は立ち作業や重い機材を運ぶ必要があり、体力的にハードな仕事です。

しかし、電気工事士を目指す時点で「そのような仕事である」ことは分かりきっていることです。

そのため、自分でその仕事を選んだ以上、体力的にも精神的に疲れていても常に学び続ける根気強さが求められます。

電気工事士のつらさのまとめ

電気工事士のつらさのまとめ

  • 職人系の仕事は体力的にかなりつらい面がある
  • 先輩の仕事ぶりを見ながら仕事を覚えなければならず、一人前になるまで時間がかかる
  • つらいと感じたら、うまく気持ちを入れ替えることが大切
  • 電気工事士を続けるメリットもあるため、我慢強く続ける姿勢も大切

電気工事士は「やめとけ」と言われるくらい一般的にハードな仕事ですが、悪い面ばかりではありません。

いくらでもつぶしが利き、やりがいも大きくかっこいい仕事なのです。

人の生活には欠かせないため高い需要が続く資格なので、機械が好きな人はぜひ電気工事士の取得を目指してみてください!

人気記事
この記事に関連するタグ