国家公務員(一般職・総合職)の通信講座・予備校おすすめランキング|人気12社を徹底比較

更新日時 2021/08/13

「国家公務員の通信講座・予備校にはそれぞれどんな特徴があるの?」

「おすすめの通信講座・予備校が知りたい…」

上記のような疑問・悩みをお持ちの受験者は非常に多いと思います。

国家公務員の試験は内容が専門的であるだけでなく、倍率も高い傾向にあるため難易度が高いことで知られています。

そのため独学での対策が困難であり、合格のためには通信講座・予備校を利用した試験対策を行うことがおすすめです。

そこで、今回は我々資格Timesが国家公務員の通信講座・予備校の分析を行い、特に大切な要素である

  • 講座費用
  • 教材の質
  • 学習サポート
  • 合格率
  • 会社の信頼性

の五つで徹底比較を行いました。

以降では、国家公務員のおすすめ通信講座・予備校をランキング形式で紹介します。

目次
  • 国家公務員のおすすめ通信講座・予備校

  • 国家公務員の通信講座・予備校を選ぶポイント

  • 国家公務員は通信講座と予備校どっちがおすすめ?

  • 国家公務員試験は独学で合格できる?

  • 次回の国家公務員試験日程

  • 国家公務員のおすすめ通信講座・予備校まとめ

国家公務員のおすすめ通信講座・予備校

以下では、国家公務員試験対策におすすめの通信講座・予備校をランキング形式で紹介していきます。

1位:アガルート

アガルート

アガルートの国家公務員講座の特徴

  • 内定者は受講料全額返金!
  • オリジナルテキストと講義動画がわかりやすい!
  • 多数の対策講座にオンライン指導も充実!
  • 多くの難関資格で高い合格実績を誇るアガルート!

アガルートの国家公務員講座の最大の特徴は、業界最高水準の内定者(合格者)特典です。

これは、アガルートを受講して見事公務員に内定した場合、支払った受講料が全額返金されるだけでなく、内定お祝い金として30,000円をいただけるという破格の制度です。

つまり、アガルートを使って合格した場合は、お金を払うどころかむしろ貰いながら国家公務員の内定を手に入れられるということになります。

また、もちろん教材やサポート体制も充実しているほか、総合職・一般職それぞれの試験対策として様々な講座を用意しており、試験内容・試験科目ごとに本格的な試験対策が行える点も強みです。

アガルートの公式サイトはこちら

アガルートの評価項目

アガルートの国家公務員通信講座には非常に多くのコースがありますが、その中でも最も代表的なものは以下の二つです。

  • 国家総合職カリキュラム:267,960円(税抜)
  • 地方上級・国歌一般職カリキュラム:168,630円(税抜)

両コースとも他社と比較して標準〜やや安めと言えるでしょう。

ただし、アガルートの講座では受講者が内定を獲得した場合、以下のような内定特典を受け取ることができるため、費用面でのサポートは非常に手厚いと言えるでしょう。

  • 内定獲得時お支払い金額全額返金
  • 内定お祝い金3万円支給

アガルートの国家公務員講座では、一般職・総合職の二つの講座において、「数的処理」「法律系科目」「専門記述」のそれぞれの試験科目に関しての教材を用います。

国家公務員の試験を知り尽くした講師が作成したオリジナルテキストは、学習する分野の厳選が素晴らしいです。同様に講義動画も合格に必要な情報が詰め込まれた内容となっています。

フルカラーの見やすいレイアウトでもあることから効率よく学習を進められ、短期学習での合格を目指すことが可能となるでしょう。

アガルートの国家公務員対策講座は、専門職・一般職両方で合格までの素晴らしいカリキュラムが組まれているだけでなく、充実した学習サポートも多数用意されています。

特に、アガルートのプロ講師が進捗の管理をしてくれる「マネージメントオプション」や直接答案指導などを行ってくれる「ラウンジ機能」は高い学習効率に直結する部分と言えるでしょう。

また、教養科目・専門科目それぞれに対策講座が用意されており、様々な受験者のニーズを満たしてくれる点も大きな魅力です。

アガルートは国家公務員対策講座について、受講者の合格率を公表していません。

ただし、他の難関資格講座の高い合格率・合格者専有率を考慮すると、公務員講座の合格率も高めであると考えられるでしょう。例として以下のような講座が挙げられます。(いずれのデータも令和元年度試験の結果)

  • 司法試験:合格者専有率34.8%
  • 行政書士:合格率72.7%
  • 宅建:合格率55.6%

合格率の項目で触れたように、アガルートは様々な難関資格講座で、多くの受講生を合格まで導いています。

すでに独自のノウハウが確立されており、それらが集約された教材・学習サポート体制は高い人気を呼ぶ要因となっています。

国家公務員講座も同様に非常に充実した内容となっているため、信頼性は非常に高いと言えるでしょう。

アガルートを実際に受講した人の口コミ(一部抜粋)

ここではアガルートの国家公務員講座の口コミ・評判を紹介します。

池田講師の人事院面接対策を受講し,講師との対話の中で,国家公務員や志望省庁の志望動機を深めることができた。この面接対策中にたどりついた自分の核となる思いを,人事院面接だけでなく官庁訪問でも貫くことで,まわった全ての省庁から高く評価していただき,内々定を獲得することができた。 アガルート 国家公務員内定者の声より

アガルートアカデミーの法律科目の講義は,国家総合職合格のために十分すぎる内容でした。官庁訪問は,3クールまで進み,4クール前に他の公務員試験を合格したので辞退しました。官庁訪問のために説明会にしっかりと出席して,志望する省庁等の欠かせない核となる部分をしっかりと踏まえて面接をすることが重要だと思います。また,事前にしっかりと志望省庁等の政策や志望動機をあるていど準備しておけば楽だと思いました。 アガルート 国家公務員内定者の声より

アガルートの国家公務員講座は「十分な対策の上で試験や面接に臨める」と口コミで評判でした。

また、面接対策や官庁訪問の対策もバッチリ行える点も高評価でした。

2位:伊藤塾

伊藤塾

伊藤塾の国家公務員講座の特徴

  • 費用は高め
  • 試験種ごとに質の高い演習・講義を積める!
  • 伊藤塾本科生の内定率は驚きの64%!
  • 伊藤塾は法律家・行政官育成の専門校!

伊藤塾の国家公務員講座は、64%と圧倒的に高い内定率が大きな特徴です。試験の合格率自体も非常に高い数字を実績として残しています。

全体内定率が30%弱であることを考えると、非常に大きな受講メリットがあると言えるでしょう。

試験の合格から面接対策まで、法律家・行政官育成を専門としている伊藤塾のノウハウが詰まった、充実の対策を行うことが可能な講座となっています。

国家公務員の省庁併願にも幅広く対応できるため、様々な受験者におすすめできる講座と言えるでしょう。

伊藤塾の公式サイトはこちら

伊藤塾の評価項目

伊藤塾からは試験の職種に合わせて様々なコースが開講されていますが、最も代表的なコースとその価格は以下のようになっています。(価格は税込)

  • 2020年開講 国家総合職コース 544,900円
  • 2020年開講 国家総合職+国家一般職・地方上級コース 580,000円

最もベーシックを受講するのにも50万円以上と、高めの価格設定になっていることがわかります。

ただし、伊藤塾ではハイレベルかつ本格的な対策を行うことができるため、価格以上の成果を提供してくれる講座と言えるでしょう。

試験の分析を重ねた末に生まれたテキストはもちろんですが、それ以上に伊藤塾は単元ごとに用意された講義の質が非常に高いと言えます。

特に国家公務員専門職試験対策コースに関しては、7人の講師が分野ごとに解説を行ってくれるため、基礎から応用まで迷わず習得することが可能です。

講義では解説と同時に問題演習を行うカリキュラムとなっているため、単元ごとに一つ一つ、確実に定着させることのできる内容と言えるでしょう。

伊藤塾の講義はまず、勉強技術講義から始まります。初めに試験対策の仕方や、内定に向けてやるべきことを明確にすることで、高い学習効率を実現することが可能となるのです。

また、最後の面接対策講座まで、それぞれの学習単元ごとに複数回の添削や模擬テスト形式の演習が用意されているため、得点力を自然にアップさせることもできます。

実際の試験対策だけでなく、面接カードの書き方の指導、模擬面接、省庁研究なども行ってくれるため、受講者思いの講座であると言えるでしょう。

上述のように、伊藤塾で本科生として学んだ人であれば64.3%という非常に高い確率で内定を獲得することができています。

内定率だけでなく、試験の合格率に関しても以下のような非常に高い合格実績を残しています。(2019年度)

  • 一次試験合格率:57.5%(全体合格率10.8%)
  • 二次試験合格率:86.0%(全体合格率46.5%)

伊藤塾は「真の法律家・行政官を育成する」をモットーにしていることからも分かるように、非常にレベルの高い国家公務員試験対策を行えます

試験内容の中でも特に「法律分野」に関する専門性は著しく高く、憲法・基礎法学ともに苦手をなくすことが可能でしょう。

他講座と比較して講師力も高く、得意とする分野に関しては無類の強さを発揮するため、信頼のおける会社と言えるでしょう。

伊藤塾を受講した人の口コミ(一部抜粋)

大学3年生の秋からという遅いスタートでしたが、伊藤塾の講義は要点がまとまっていたので、基本書などを使わず最短で実力をつけることができました。おかげで内定を勝ち取れたと思います。 伊藤塾 中央省庁内定者の声

伊藤塾の講義は試験に特化しつつも、周辺の知識もしっかりと教えてくれるので、効率良い学習をすることができました。特に行政法担当講師のおかげで、記述対策が容易に理解できました。 伊藤塾 財務省内定者の声

上記以外にも多くの受講者が国家公務員総合職として内定を勝ち取っているようです。

また「講義の内容が素晴らしかった」「官庁訪問に関してしっかりと対策を積めた」という口コミが非常に多く見られました。

費用の高さだけがややネックですが、本気で国家公務員総合職を目指す方にとっては、この上なくお勧めできる講座だと言えるでしょう。

3位:クレアール

クレアール

クレアールの国家公務員講座の特徴

  • 講座の料金は標準的
  • わかりやすく復習もしやすいオリジナル教材!
  • 非常式学習法と安心の合格ナビゲーション!
  • 資格受験指導歴50年以上の信頼できる会社!

老舗資格学校であるクレアールからも、国家公務員試験対策講座が開講されています。

最短合格を実現する「非常識合格法」に基づいた独自のカリキュラムや、合格ナビゲーションといった手厚い学習サポート体制がクレアールの最大の魅力です。

さらに、マルチデバイスで利用できる映像講義やオリジナルテキストなど、教材の充実度も高いと言えるでしょう。

クレアールの公式サイトはこちら

クレアールの評価項目

クレアールの国家公務員試験対策講座のコースは複数用意されており、コース概要や費用は以下のようになっています。

  • 1年合格行政系公務員併願コース:280,000円(税込)
  • 1年合格国家一般職コース:260,000円(税込)
  • 1年合格国税専門官・財務専門官コース:260,000円(税込)

これらに加えて3万円多く支払うことにより、受講期限を1年間延長できる「オプション安心保証」を受けることが可能です。

クレアールの公務員講座は、マルチデバイスで利用できる映像講義の視聴を中心として学習を行う点が特徴です。

わかりやすく・面白く伝えることに特化した講師の解説を、基本講義から復習まで詳しく聞くことができるため、着実な実力養成が可能です。

また、オリジナルテキスト「コンプリートシリーズ」や過去問題集「過去問フォーカスシリーズ」も実戦力を鍛えるために最適な内容となっています。

クレアールの「非常識合格法」では一般的なスクールと異なり、得点に直結する「合格必要論点」のみの重点的な対策を行います。

最重要部分を得点源にできるような、段階別カリキュラムが組まれているため、自分の志望先に特化した学習をすることが可能です。

また、「Vラーニングシステム」では講義映像だけでなくWebテストの受講も可能であり「合格ナビゲーション」「サポートシステム」「面接対策」なども利用できます。

総じて、受験生への非常に手厚いサポートが、大きな魅力の講座と言えるでしょう。

クレアールの国家公務員講座では、合格者の公表はされていません。

予備校ではなく通信講座であるため、受講者の結果について正確なデータを取るのは難しく、致し方ない部分と言えるでしょう。

一方で、クレアールはこれまで主に公認会計士講座・社労士講座などで高い合格実績を残してきたことも事実です。

「非常識合格法」をはじめとした合格ノウハウが確立されているため、安心して合格を目指せる講座と言えるでしょう。

上記のように、クレアールは50年以上もの間、資格試験対策の第一線を走ってきた講座会社です。

「幅広い視野と先見性を備え、奉仕の精神を持った人材の育成」をモットーに自慢の講師を揃え、多くの将来有望な人材を養成してきました。

公務員講座では、クレアールの蓄積された合格ノウハウを存分に体験できる内容となっているため、信頼性は高いと言えるでしょう。

クレアールを実際に受講した人の口コミ・評判(一部抜粋)

個性的な講師陣の講義が魅力だと思います。延々とDVDを見ていると何をやっているのか分からなくなる時がありますが、自然と気持ちの切替ができる内容でした。講義と対応した教材も、要点が絞られていてよかったです。 クレアール合格体験記 国家二種(内閣府)内定者

私が最も助けられたのはサポートシステムです。学習計画から面接対策まで、右も左も分からないときに先生に相談することができたため、本当に心強かったです。おかげで勉強を進めることに集中できました。 クレアール合格体験記 国家一般職内定者

これら以外にも、クレアールの質の高い講座のおかげで合格できた、という声が多数掲載されていました。

その中でも、やはり「充実の講義・教材」や「学習サポート・面接対策」が素晴らしく、恩恵を受けたという受験者が多数見受けられました。

4位:ユーキャン

ユーキャン

ユーキャンの国家公務員講座の特徴

  • 費用は業界最安水準!
  • 充実の教材に添削指導も豊富!
  • 通信講座最大手で高い安心感!

通信講座最大手であるユーキャンからも、国家公務員対策講座が開講されています。ただし、国家一般職対策のコースのみとなっているので注意が必要です。

最大の特徴は費用が非常に安く済む点でしょう。その上で充実した教材で学習ができるためコストパフォーマンスはかなり高いです。

さらに、13回の添削指導・質問機能とサポート体制も充実しています。

\ユーキャンの国家公務員講座はこちらをチェック!/

ユーキャンの評価項目

ユーキャンの国家公務員講座のコースは一つです。コース内容と費用は以下のようになっています。

  • 国家一般職・地方上級コース:89,000円(税込)

10万円を切る費用にもかかわらず、国家公務員の一般職にも対応した、専門的な対策ができるため、費用対効果に優れる講座と言えるでしょう。

ユーキャンの国家公務員試験対策講座では、教養10冊、専門9冊の19冊のメインテキストで学習を行います。

さらに、暗記ブック、予想問題集、過去問題集、論文書き方ノート、エントリーシートの書き方対策ブックと副教材も充実の内容です。

わかりやすい工夫が盛り沢山で、スムーズに理解ができるテキストであるため、適切な学習量で計画的に合格を目指せるでしょう。

ユーキャンの通信講座では、教養3回・専門9回・論文1回の計13回にわたって添削指導を受けることができます。

徹底的な分析に加えて適切なアドバイスもしてくれるため、効率よく実力アップすることができるでしょう。

Web学習機能で時間や場所を選ばず学習ができる点も、非常に心強いと言えるでしょう。

ユーキャンの公務員講座は他の通信講座と同様に、受講者の合格率・内定率の公表をしていません。

ただし、ユーキャンの講座は良質なテキスト、学習サポート、面接・論文対策など国家公務員試験対策に必要な要素を網羅的に取り揃えています。

その点で、受講生の合格率は比較的高めであると言えるでしょう。

業界最大手で、最も知名度の高い講座会社と言えるでしょう。

非常に多くの講座を開講し、それぞれで高い評価を得ています。試験を知り尽くした講師陣を擁している点でも高い安心感を誇る会社です。

実用資格の講座が有名ですが、FPや宅建士など、ビジネスの現場で役立つ資格の講座でも高い人気を誇っています。

\ユーキャンの国家公務員講座はこちらをチェック!/

5位:実務教育出版

実務教育出版

実務教育出版の国家公務員講座の特徴

  • 費用はかなり安め!
  • 理解しやすいテキストに手厚いサポートも!
  • 60年以上の歴史を誇る公務員対策のパイオニア!

実務教育出版の大卒程度公務員コースでは、地方上級だけでなく国家公務員一般職の試験対策をすることもできます。

費用が安めであることに加えて、非常に充実した教材内容・傾向を抑えた面接対策・模擬試験・eラーニングと様々な点で高水準な講座と言えます。

実務教育出版は公務員対策のパイオニア的存在であり、高い実績を誇る点も魅力の一つです。

実務教育出版の評価項目

実務教育出版の通信講座の中で、国家公務員試験対策をできるコースは以下になります。

  • 大卒程度公務員コース:91,300円(税込)

10万円を切っていることからもわかるように、かなり安めの価格設定と言えるでしょう。

その上で、試験対策として十分な内容となっており、コストパフォーマンスに優れた講座と言えます。

実務教育出版の通信講座では、試験に出題される内容ごとに教材が用意されており、科目ごとに網羅的に学ぶことが可能です。

基礎知識から丁寧に解説を行ってくれるため、初学者でも非常に取り組みやすいテキストになっています。

テキストで学ぶ内容をもとに演習を行うため、初めて学ぶ科目でもスムーズに理解することが可能です。

実務教育出版の通信講座では、専門の指導スタッフがそれぞれの受験者に対して親身に対応をしてくれます。

試験への疑問や学習の進め方、学習内容などの質問にしっかりと答えてくれるため、不安をなくして受験に臨むことができるでしょう。

さらに、数多くの演習問題で重要事項を繰り返し学習するカリキュラムが取られているため、特に実戦力の習得に有用な講座と言えるでしょう。

通信講座であるため、実務教育出版の公務員試験講座は、受講者の合格率を公表していないようです。

実務教育出版は公務員試験にフォーカスした講座会社であり、他講座のデータがないことから、実際の合格率は未知数といえるでしょう。

ただし、上記のように公務員試験対策として必要な要素をバランス良く備えているため、安心して合格を目指せる講座でもあります。

実務教育出版は、60年以上もの間公務員試験対策を行ってきた歴史のある会社です。公務員試験対策のパイオニア的存在と言えるでしょう。

試験傾向を知り尽くしており、非常に専門性の高い試験対策ノウハウを持っている会社と言えます。

信頼性は高いですが「国家公務員専門の対策コースがない点」「他の難関資格対策の実績がない点」などで、上記4会社には少し劣ってしまいます。

TAC

大手資格学校であるTACからも、公務員試験対策講座が開講されています。国家一般職を目指せる総合本科生コースでは、通信講座・通学講座の両方が開講されているようです。

  • 2年総合本科生 Web通信講座 430,000円
  • 2年総合本科生Plus Web通信講座 500,000円

※価格は全て税抜表示になります。

大手ならではの合格ノウハウで、高い信頼性を誇る講座と言えるでしょう。

Wセミナー

WセミナーはTACのブランドの一つです。TACの講座と異なり、国家総合職や外交官の試験対策も行える点が大きなメリットです。

TACの講座と同様に充実の内容になっており、専門性の高い試験でも合格できるような講座となっています。

Z会

Z会の公務員講座はTACと提携を結んでいます。TAC公務員講座の教材・講義を利用して学習が行えるため、内容のスムーズな習得が可能でしょう。

その上で、本格的な面接・論文対策、受験者ごとのスケジュール作成など、手厚いサポートがある点も魅力的です。

資格の大原

TACと同様に大手資格学校である資格の大原からは、国家公務員総合職・一般職それぞれに向けた対策講座が開講されています。

試験の合格だけでなく「内定」にもフォーカスしたオリジナル教材・政策研究ゼミなどで対策できる点が大きなメリットと言えるでしょう。

さらに、基礎編・応用篇・完成篇と計算された合格までのカリキュラムも特徴ですが、費用が高めに設定されているようです。

LEC

難関資格講座で高い評価を受けているLEC東京リーガルマインドからも、公務員対策講座が開講されているようです。

主に国家一般職対策に比重を置いており、講師力の高さが人気の理由となっているようです。

その上で、全国に配置されている担任講師が個別にサポートをしてくれ、面接対策まで行ってくれるため、高い合格実績を残しています。

東京アカデミー

東京アカデミーでは国家一般職・国税専門官・財務専門官などの公務員試験対策講座を行うことができます。

特に人物試験対策に優れた予備校であり、2019年度オリコン顧客満足度では一位に輝いています。

通信講座・通学講座から選べるだけでなく、科目ごとの対策など様々なコースが用意されているため、あらゆる受験者のニーズに応えることができるでしょう。

EYE

EYEは公務員試験に特化した予備校です。通学コース・通信コースの両方から選択することができます。

受講生の面倒見が非常に良く、手厚いサポートをしてくれる予備校として知られており、さらにオンラインでも質の高い講義の視聴が可能です。

シンプルコース、プレミアムコース10、プレミアムコース20などが用意されており、個別授業のコマ数に応じて最適なものを選べる点も大きなメリットです。

国家公務員の通信講座・予備校を選ぶポイント

国家公務員講座の選び方

国家公務員の通信講座・予備校は、主に以下の五つの点で比較をすると良いでしょう。

講座費用

もちろん、できる限り費用が安く済む講座の方が魅力的と言えるでしょう。ただし、「費用が安いから」という理由で講座を決めてしまうのは危険です。

費用が安くとも、自分にあった講座内容でなければ合格・内定からは遠ざかってしまい、結局お金の無駄に終わってしまいかねません。

国家公務員のように難易度の高い試験であれば、その弊害は顕著に現れてくるでしょう。

そのため「他の項目を比較した上で、より費用が安い方を選ぶ」というように、最後の決め手として比較材料にすると良いです。

教材のクオリティ

基本的に教材の内容に即して学習を進めるため、合否に直結するほど重要な部分と言えるでしょう。

メインテキストのクオリティはもちろん、「わかりやすい解説をする講義であるか」や「十分な演習をつめる副教材があるか」なども比較する必要があります。

それらだけでなく、国家公務員の講座を選ぶ際には「面接対策が十分にできるか」という点も重視すると良いでしょう。

学習サポートの充実度

学習サポートが充実した通信講座・予備校を選ぶことで、学習効率を大きく高めることができます。習得のスピードに大きく関わる部分と言えるでしょう。

充実した質問・添削サポートだけでなく、Web学習機能で隙間時間での学習ができる講座を選ぶと、最短合格達成する確率がグッと高まります。

また、国家公務員試験対策の講座では「面接カードの添削も行ってくれるか」という点も重視しましょう。試験合格後の内定確率が高まります。

受講生の合格率

受講生の合格率・内定率がなるべく高い講座を選びましょう。自分の合格可能性を直接的に高めることが可能になります。

ただし、通信講座の場合はその性質上、受講者の合否について正確なデータを公表できない場合も多いです。

そのような場合には、国家公務員講座以外の様々な講座を参考にして、開講している講座のクオリティを測ると良いでしょう。

会社の信頼性

信頼性の高い会社の講座を選択することで、講座内容に不安を抱くことがなくなり、安心して合格を目指すことが可能となります。

国家公務員試験は非常に難易度が高いです。そのため、会社が開講している他の難関試験講座の実績を参考にすると良いでしょう。

国家公務員と同様に、非常に難易度が高いとされる司法試験や社労士などの合格実績は、参考として適していると言えるでしょう。

国家公務員は通信講座と予備校どっちがおすすめ?

以降では通信講座・予備校それぞれのメリットと共に、おすすめな人の特徴について紹介をしていきます。

通信講座の方がおすすめな人

通信講座には「費用が比較的安く済む」「場所や時間を選ばず学習ができる」というメリットがあります。

一方で「自分1人で学習している時間が長い」というデメリットがあることも事実です。そのため以下のような人にはおすすめであると言えるでしょう。

  • 費用をなるべく抑えて講座を受講したい人
  • 忙しく働いており、通学はハードルが高い人
  • ある程度は自分1人で学習することができる人

国家公務員の通信講座には、教材の内容が素晴らしい上に学習のサポートが充実しており、さらにスマホ学習も備えている講座が多く存在します。

そのため上記のような人は、通信講座を受講することで安心して合格を目指すことができるでしょう。

\おすすめNo.1の国家公務員講座!/

予備校の方がおすすめな人

予備校に通う場合「一緒に勉強をしている人の姿が見える」「質問がしやすく返答も早い」「面接対策が通信講座より専門的」というメリットがあります。

反面「講座費用が高い」「通う必要がある」の2点でデメリットがあるでしょう。そのため以下のような人におすすめです。

  • 時間や日程に余裕がある人
  • 高い費用を払える金銭的余裕のある人
  • 試験合格後の人物試験対策を重視したい人

国家公務員を目指す人の中には現在大学生である人や、専業受験生である人も多数いるでしょう。

そういった方で金銭的に余裕があるのであれば、予備校を選ぶ方がメリットは大きいです。

\国家総合職への圧倒的な合格実績!/

国家公務員試験は独学で合格できる?

不可能と言っても過言ではないほど、困難を極めるでしょう。理由として、講座を受講して対策をする人が大半であるという点が挙げられます。

にもかかわらず、合格率は非常に低く、試験の倍率も高い傾向にあります。そのため、独学のみで対策を行った人に関しては5%も合格率は無いと考えられます。

また、試験範囲が膨大である、という点も独学合格を難しくしています。

講師を務める先生方は試験を知り尽くしたプロであり、得点に直結するポイントを把握しているため効率の良い学習が可能です。

一方で独学ではそのような内容の厳選ができないため、得点アップに繋がら無い勉強を長期間してしまいかねません。重要ポイントも忘れてしまいやすいです。

さらに、独学では臨場感のある面接対策を行うことができません。苦労して試験に合格しても、結局希望先に採用がされなければ意味がないでしょう。

以上の理由から高い費用がかかってしまっても、自身の将来のために講座を受講することを強くおすすめします。

次回の国家公務員試験日程

2021年度国家公務員試験は延期になっていましたが、人事院から延期日程が発表されました。

試験日程や合格発表日は以下のようになっています。

試験名 申込受付期間 1次試験 2次試験 最終合格発表日
総合職試験
(院卒者試験)
(法務区分を除く。)
3月26日(金)~4月5日(月) 4月25日(日) 筆記試験:5月23日(日)
政策課題討議試験・人物試験:6月3日(木)~6月11日(金)
6月21日(月)
総合職試験(大卒程度試験)(教養区分を除く) 4月2日(金)~4月14日(水) 6月13日(日) 人物試験:7月14日(水)~8月2日(月) 6月21日(月)
一般職試験
(大卒程度試験)
4月2日(金)~4月14日(水) 6月13日(日) 人物試験:7月14日(水)~8月2日(月) 8月17日(火)
一般職試験
(高卒者試験)
6月21日(月)~6月30日(水) 9月5日(日) 人物試験:10月13日(水)~10月22日(金) 11月16日(火)
一般職試験
(社会人試験(係員級))
6月21日(月)~6月30日(水) 9月5日(日) 人物試験:10月13日(水)~10月22日(金) 11月16日(火)
総合職試験
(院卒者試験)
法務区分
9月7日(火)~9月14日(火) 10月3日(日) 政策課題討議試験・人物試験:10月14日(木)・15日(金) 10月22日(金)
総合職試験
(大卒程度試験)
教養区分
7月30日(金)~8月23日(月) 10月3日(日) 政策課題討議試験・企画提案試験・人物試験:11月18日(木)~11月26日(金) 12月10日(金)

国家公務員のおすすめ通信講座・予備校まとめ

国家公務員のおすすめ通信講座・予備校

  • 1位:アガルート
  • 2位:伊藤塾
  • 3位:クレアール
  • 4位:ユーキャン
  • 5位:実務教育出版

ここまで、国家公務員のおすすめ通信講座や予備校について解説をしてきました。

国家公務員は難関な試験を突破するだけでなく、採用の際の面接対策も入念に行わなければなりません。

そのためプロの力を借りて合格・内定を目指すことが最適な選択と言えるでしょう。

皆さんも自分にあった講座を受講して、国家公務員としての内定を見事勝ち取ってください!

人気記事
資格Timesは資格総合サイト信頼度No.1