スタディングの危険物取扱者通信講座の評判は?講座内容や費用について解説!

更新日時 2020/06/04

「スタディングの危険物取扱者講座って評判は良い?」

「スタディングの危険物取扱者講座の詳しい内容が知りたい」

このように考える方も多いのではないでしょうか?

今回はそういった疑問にお答えするためにスタディングの危険物取扱者講座の教材内容や費用、さらに口コミまで詳しくまとめています

この記事を読めばスタディングの危険物取扱者講座の内容や受講のメリットやデメリットについて詳しく知ることができます。

スタディングの危険物取扱者講座をざっくり説明すると

  • 費用がかなり安い
  • 忙しい方でも合格可能なカリキュラム
  • ビデオ講座で効率的にインプット学習
  • スマホやパソコンでいつでも学習可能
  • 模擬試験で解答力アップ

スタディングの危険物取扱者講座の特徴

ベンチでパソコンを触る男性

スタディングの危険物取扱者講座についての特徴をピックアップすると以下のようになります。

  • 講座費用が格段に安い
  • テキストはWebテキストを使用
  • ビデオ講義で好きな時間に受講可能
  • スマホで学べるスマート問題集
  • 合格模試で本番さながらの試験
  • 法令暗記ツールで法令を完璧暗記
  • 短期合格セミナーで短期間合格を目指す
  • ホームページからお試し授業が受講可能
  • 乙種第4類に特化した講座

スタディングの危険物取扱者講座の最大の特徴は何といっても価格の安さです。しかしそれだけでなく仕事で忙しい社会人や学業で忙しい学生のためにも学習しやすいように工夫されています。

ビデオ講義は好きな時間に受講可能でスマホを使ったスマート問題集で通勤通学時間も学習可能です。

強いてスタディングの危険物取扱者講座のデメリットを挙げるとするならば、紙のテキストがないことです。

以下ではスタディングの危険物取扱者講座の教材内容や費用、口コミについてを他社と比較しながら詳しく解説していきます。

スタディング危険物取扱者講座の費用を他社と比較

コインとペンの写真

スタディングの危険物取扱者講座は税抜き4,500円で受講することができます。スタディングの危険物取扱者講座は乙種第4類のみに対応した講座ではありますが、それを考慮しても極めて安い受講費用です。

危険物取扱者講座の相場は10,000円~30,000円と言われる中で、スタディングの危険物取扱者講座の4,500円は破格の価格設定と言えるでしょう。

逆にここまで安価だと、「どうしてこんなに安いの?」と不安になる方もいるかも知れません。その点については、スタディングの危険物取扱者講座では合格に必要のないツールを極限まで削ぎ落した結果、コストが抑えられているのです。

つまり、スタディングの危険物取扱者講座は合格に必要なものしか扱っておらず試験に直結するための効率的な学習をすることができるのです。

また、ITの利用を中心とした講座であるため余計な人件費やテキスト費がかからないことも経済的な費用で講座を受講することができる理由の1つです。

お得なスキルアップ割引制度を利用

スタディングでは受講者の費用負担を出来るだけ抑えるために割引制度が実施されています

具体的には、過去にスタディングの特定の講座を受講したことがある場合は再びスタディングの異なる講座を受講する際に割引が受けられるという割引制度があります。

この制度を利用して過去にスタディングの講座を受講したことがある方は積極的に割引制度を利用しましょう。

また、初めてスタディングの講座を受ける場合でも危険物取扱者講座の他に気になる講座があれば合わせて受講することで割引を受けることもできます

スタディング危険物取扱者講座の教材内容を他社と比較

植木の写真

続いてスタディングの危険物取扱者講座の教材内容について他社と比較しながら解説していきます。

ビデオ講義で好きな時間に受講可能

スタディング危険物取扱者講座の講義は全てビデオ講義で行われます。そのため自分の好きなタイミングでどこでも受講することができます。

また、分からない箇所があれば何度でも見返すことができるのもビデオ講義の良い点です。

ビデオ講義は速度調節が可能

ビデオ講義では通常の速度で授業を受ける他に1.5倍速と2倍速で授業を受けることができます。短期間で効果的に知識をインプットするためには1.5倍速と2倍速の授業のどちらかを利用することがおすすめです。

また、通常速度で受講するという勉強スタイルや、速度を速めて複数回講義を受講するということも可能です。

ビデオ講義と連動したWebテキスト

Webテキストとはビデオ講義と連動して学習を進めるために作成されたオンラインテキストです。授業の重要箇所や試験対策に役立つ情報が掲載されており、学習を進めるのに大変役立ちます。

復習する際はパソコンなどを参照しながら行うことがおすすめです。

スマート問題集をスマホで利用

スマート問題集とはビデオ講義で学習した内容がしっかり頭にインプットされているかをチェックするためのツールです。

通信時間やる通学時間にスマホを利用しながら学ぶことができるのが最大の特徴です。

また問題を解くたびに自分の成績を確認することが出来、学習の進捗状況のチェックや自分の苦手分野を復習することができます。

法令暗記ツールで暗記も完璧

危険物取扱者試験の学習の中で法令は重要な科目になります。スタディング危険物取扱者講座では時間や場所を問わず学習できるようにWebテキストで作成されています。

このツールを使えば、覚えにくい暗記事項もスキマ時間を利用して確実に覚えることができます

毎日繰り返すことを通じて記憶を定着させ、法令問題を確実に得点しましょう。

合格模試で実践力アップ

スタディング危険物取扱者講座では本試験対策のための模擬試験が用意されています。過去10年の頻出問題を分析して作られた模擬試験なので、自分の実力を正確に測ることができます。

試験は本番の形式と同じ形式で問題が出題されるため本試験のため、普段の講義の受講よりも実践的なアウトプット力を培うことが可能です。

間違えた問題は必ず解説を読んで復習し、次に似たような問題が出題されても解答できるように知識を定着させましょう。

スタディング危険物取扱者講座を受講するメリット

スタートの構えをする人

次に、スタディング危険物取扱者講座のメリットについてまとめていきます。

講座費用が格段に安い

スタディングの危険物取扱者講座は業界最安値の講座なので他社の講座を受講するのと比較してかなりの節約になります。

もちろん価格が安いだけでなくビデオ講義の内容やコンテンツが充実しているのは間違いないため、コスパのよい講座といえるでしょう。

スタディングの危険物取扱者講座があったお陰で経済的な不安があるなかでも講座購入に踏み切ることができたという合格者の口コミも多く、スタディングの講座の信頼性は高いです。

スキマ時間でもスマホで効率的な学習が可能

スタディング危険物取扱者講座のメリットとしていつでもどこでも学べるスマート学習が挙げられます。

他社の講座と異なり学習の全てをオンラインで行うのでスマホ1つで簡単にかつ効率的に学習を進めることができます。

スタディング危険物取扱者講座なら短期間で効率よく学習することで合格が目指せるため、危険物取扱者試験の対策にあまり時間がかけられないという不安を抱えている人でも心配は少ないでしょう。

スタディング危険物取扱者講座の合格率?

発表を喜ぶ子供

残念ながらスタディング危険物取扱者講座では合格率が公開されていません

ただし、これはスタディング危険物取扱者講座に限ったことではなく他社の通信講座でも公開されていないことが多いです。

これには通信講座ではたとえ、受講者が合格していても合格したという情報を集めることが極めて難しいという事情が強く関わっています。したがって、合格率が発表されていないからと言ってスタディング危険物取扱者講座の実績を特段心配する必要はないでしょう

実際にスタディング危険物取扱者講座のホームページには多くの合格者の声を確認することができます。

ちなみに、危険物取扱者試験の乙種第4類の合格率は例年40%前後です。乙種の中でも合格率が低い試験ですが、その理由は難易度が高いからではなく十分対策することなく受験する人が多いことが原因といわれています。

そのため、安価なスタディング危険物取扱者講座を受講して確実に合格を目指すという戦略は非常におすすめです

スタディング危険物取扱者講座の惜しい点

こちらを見つめる犬 どんな講座にもメリットとデメリットが存在してしまうものです。

ここではスタディング危険物取扱者講座の受講の際にデメリットについても包み隠さず紹介していきます。

紙媒体のテキストがない

スタディング危険物取扱者講座ではビデオ講義、Wedテキストを使用して学習を進める形式であるため紙媒体のテキストや問題集がありません

いつでもどこでもスマホやパソコンがあれば学習可能なことはメリットでもありますが、紙での勉強に慣れている方にとっては最初は少し戸惑う可能性があります。

紙のテキストや問題集・暗記用手帳での学習の方が慣れているという人には、ユーキャンの危険物取扱者講座を受講することがおすすめです

ユーキャンの講座では初心者でもわかりやすい紙製のテキストや、独自の予想模擬問題集などが揃っており、受講者から支持されています。

乙種第4類にしか対応していない

スタディング危険物取扱者講座は乙種第4類のための講座であるため、乙種第4類以外の試験を受けたい場合には内容的に不向きという場合が多いです。

しかし、第4類の勉強内容は危険物取扱者試験の約80%を占めるので、第4類を学習することは危険物取扱者の試験全体のほとんどを学習することになります。こうした観点ではスタディングの講座でも危険物取扱者に必要な知識を包括的に学ぶことができるといえます。

ただし、甲種だけでなく、丙種の対策もしたいという人には甲種・丙種どちらにも対応しているユーキャンの危険物取扱者講座を受講することがおすすめです

スタディング危険物取扱者講座のコース一覧

大勢が図書館で勉強している写真

スタディングの危険物取扱者講座では、基本的には「危険物取扱者 乙種4類合格コース【2020年合格目標】」の1講座が提供されています。受講費用は税抜き4,500円です。

この1つの講座に学ぶべきことの全てが詰まっており、スタディグが自信を持っている講座といえます。

1つの講座で合格するためには十分な知識と問題練習量が含まれており、この講座を勉強開始時に購入してからは追加の教材を買い足す必要はありません。そのため、講座購入後はひたすら勉強に集中しやすい点はメリットといえるでしょう。

補修講義・更新版も存在

受講後の試験で万一、不合格になってしまった場合はスタディングの補修講義が追加で受講可能です。費用は税抜き2,000円とかなり安いので惜しくも不合格になってしまった時でもその悔しさを無駄にしてしまう心配は少ないでしょう。

また、スタディングの危険物取扱者講座の通常版講義を受けた方を対象に「【更新版】危険物取扱者 乙種4類合格コース【2020年合格目標】」という講座も提供されています。

更新版を合わせるとスタディングには2つのコースが用意されていることになりますが、更新版の講義は通常版を受けた方のみ受講可能であり、いきなり更新版の受講はできないので注意が必要です。

スタディングの危険物取扱者講座がおすすめの人

ハイタッチする人

これまでスタディング危険物取扱者講座の内容について解説してきましたが、人によって講座に向き不向きがあるのも事実です。

自分が講座に向いているのかどうかしっかり把握してから受講したいところです。

受講をおすすめできない人

スタディング危険物取扱者講座の教材や講義スタイルを考慮すると以下のような方にはあまり受講をおすすめできません。

  • 紙媒体のテキストで学習したい人
  • 危険物取扱者の甲種以外の試験にも合格したい人

スタディング危険物取扱者講座のは弱点はテキストや問題集が全てオンライン上にあることです。

いつでもどこでもスマホで学習可能なことは、スマホでも集中して学習ができる人にはメリットとなりますが、紙での学習に慣れている人にとっては戸惑う可能性があります

また、スタディング危険物取扱者講座は乙種第4類対策の講座であるためその他の甲種や乙種の第4類以外の受験を考えている方にとっては不向きであることも惜しい点です。

どんな人におすすめの講義?

  • 仕事や学業で忙しい人
  • 短期間で取得したい人
  • スマホやパソコンの利用に慣れている人

スタディング危険物取扱者講座はオンラインで行われるため、自分の好きな時間に好きな場所で受講可能という点は多きなメリットです。例えば学生なら休み時間や空きコマを利用しての学習が可能です。

また、スタディング危険物取扱者講座は頻出問題を中心とした試験に出る問題に要点を絞って学習するため短期間での合格が目指せます。

ビデオ学習やスマホを使った問題集を使用するので普段スマホを利用している方にとっては学習効率が良いこと間違いなしです

スタディング危険物取扱者講座の口コミ

スーツケースを持つ女の子

最後にスタディング危険物取扱者講座を実際に体験した受講者の声を聞いてみましょう。

ここでは、スタディング危険物取扱者講座を受講した方の中から特に参考になると思われる口コミや評判を紹介していきます。

費用が安く済んだ

スタディング講座の魅力の一つとして、受講価格が安いという点はまず挙げられるでしょう。実際に口コミでもこうした声が多く聞かれました。

  • ダメ元で受験するくらいなら受講価格の一番安い講座を利用して勉強してみようと思い受講しました。実際に受講してみるとスマホなどを利用してスキマ時間を有意義に扱えるスタディング危険物取扱者講座はとても役に立ちました。

  • 他社の講座よりスタディング危険物取扱者講座はかなり安いので、費用が抑えられました。講座の料金は安いのに教材内容やコンテンツがしっかりしていて、無事合格することができました。

ビデオ講義は有益だった

スタディングの講座では多くのビデオ講義を受講することになりますが、スタディングの動画講義は単に教室での講義を録画したものではなく、初めから動画講義として視聴されることが念頭に置かれています。

そのため、他社の通信講座の動画講義と比べても動画講義の質の高さへの評価は高いようです

  • 動画などもあり非常に解り易く、かつ、模擬試験や解答解説などが充実しており、操作導線も解り易く大変使い易いと感じました。

  • 最初に講義を一通り聞き流したので、勉強しなければならない範囲の全体を把握することができました。

スタディング危険物取扱者講座についてまとめ

スタディング危険物取扱者講座のまとめ

  • 業界最安値の講座
  • ビデオ講義で好きな時間に受講可能
  • スマート問題集でスキマ時間を活用しよう
  • 合格模試で実践力を鍛えよう

スタディング危険物取扱者講座について解説しました。

スタディング危険物取扱者講座は費用がリーズナブルなだけでなく、ビデオ講義やスマート問題集、法令暗記ツールや合格模試などコンテンツが充実しています

紙のテキストがないというのはデメリットではありますが、講義に慣れると学習効率は非常に高まります

講座選びに迷っている方は是非スタディング危険物取扱者講座の受講を検討してみてはどうでしょうか?

人気記事
この記事に関連するタグ