【2020最新】インテリアコーディネーター通信講座ランキング|人気7社を徹底比較!

インテリアコーディネーターのおすすめ通信講座を知りたい!

どの講座にすればいいか決められない!

インテリアコーディネーターの勉強を始めようとしている人の中には、このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

インテリアコーディネーターの通信講座は多くの種類が存在することから、1人で講座を全て確認し、自分に最適なものを選ぶのは難しいです。

その結果自分に合わない講座を選んで、なかなか実力が伸びないという結果になってしまう危険もあるでしょう。

そこで今回は資格Timesが総力を挙げて各社のインテリアコーディネーター通信講座を徹底分析し、特に重要な5つの指標である

  • 講座費用の安さ
  • 教材のクオリティ
  • 受講生への学習サポート
  • 初心者の学習のしやすさ
  • 会社の信頼実績

を基におすすめ講座をランキング形式で紹介していきます!

1位:ユーキャン

ユーキャン

ユーキャンの講座の特徴

  • 1日60分から無理なく合格を勝ち取れる!
  • 初学者も安心の充実カリキュラム!
  • 図面作成は解説動画でイメージをつかみやすい!
  • 手厚い添削指導で弱点克服をサポート!

\おすすめNo.1講座はこちら!/

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座最大の特徴は、初心者でも安心して学習を進められるシステムが整っていることです。

メインのテキストは、初心者でも安心して学習を進められるように図解やイラストがたくさん含まれており、つまずきやすい専門用語の解説も充実しています。

製図試験対策では、文字やイラストだけではつまずきがちなポイントをわかりやすい解説動画を用いることでスムーズに克服できます。

更に、演習を行う際には、豊富な種類で多様な演習が可能な問題集に加えて、計10回の充実した添削指導を受けることができます。

これにより、自分自身では気づけなかった弱点を見つけることができるので、実力アップに大きく役立つこと間違いなしです。

ユーキャンの評価項目

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座は59,000円(税込)の値段で受講可能となっています。

これはインテリアコーディネーター通信講座の相場価格である5万円程度と比較するとやや高めの値段だといえます。

しかし、ユーキャンの講座は高いクオリティを誇るので、講座の価値にしっかり見合う妥当な価格であるといえるでしょう。

また、この講座は教育訓練給付制度の対象講座となっています。該当した場合には20%の金額を補助してもらえるので、受講の際にはチェックすると良いでしょう。

ユーキャンのテキストは様々な工夫が施されており、受講者の学習を強力に後押ししてくれます

学習を開始する際には、内容の全体像をはじめに知ることでスムーズに学習に入るために、レッスン冒頭で各章ごとの学習内容をピックアップして紹介してくれます。

また、テキストの内容は過去問を徹底分析して出題頻度の高い内容を重点的に学べる構成となっています。

この内容の説明の際にはイラストや図がたくさん使われていることから、内容を具体的にイメージしながら学習を進められるでしょう。

ユーキャンでは受講生の学習をアシストする機能が豊富に整っています。

学習に関しては、基本のテキストに加えてミニテストや講義動画を簡単に視聴できるようになっており、スキマ時間での効果的な学習が可能です。

また、内容がわからずにつまずいた時には質問機能によって経験豊富な講師陣に直接質問することで疑問をすぐに解消することもできます。

演習の際には、添削を豊富に受けることができるため、回数をこなすことで自分の問題を解くときの癖や弱点を効果的に克服することができるでしょう。

このほかにも最新情報をタイムリーに伝えてくれたりと、あらゆる側面から強力なサポートを受けることができます。

ユーキャンの講座は1日60分の学習から気軽に受講が可能となっています。よって初心者でも抵抗感なく学習をスタートできるでしょう。

テキストは丁寧な解説と豊富な図解により、初めての方でも理解がスムーズに進み万全の対策を取れます。

また、多くの人が苦労する製図や論文などの2次試験対策では、初心者がつまずきやすいポイントも解説動画を使って簡単にイメージできるようになっています。

これらの丁寧なサポートが売りのカリキュラムにより、何もわからない状態からでも試験に十分受かる実力をつけられるのです。

ユーキャンといえば、芸能人を起用したユニークなCMなどがおなじみの通信講座会社です。

インテリアコーディネーター以外にも、難関資格から趣味系資格まで幅広い資格講座を展開しています。

これらの講座からは毎年多くの合格者が輩出されており、公式ホームページからも数多くの合格者の声が確認できます。

よって、資格試験の合格ノウハウはたくさん蓄積されており、それらを教材にも最大限活用していることから、信頼に値する会社であるといえるでしょう。

ユーキャンの講座を実際に使った人の口コミ(一部抜粋)

50代女性/初心者の私でも合格できた

今までは、デザインや建築に関する知識はほとんどなかったため本当に合格できるか不安でした。

しかし、ユーキャンはテキストが分かりやすいのはもちろん、欄外にここが重要とポイントが見やすく掲載されていたので、勉強すべき箇所が一目瞭然でした。

このわかりやすいテキストなら初心者からでも十分合格できると思います!

30代女性/無駄のないテキストがよかった

ユーキャンの講座テキストは、文字だけでなく写真や図表も使用されていたのでとても読みやすかったです。

また、頻出範囲に的を絞って教材が練られていたので、効率よく実力を身につけることができました。

\おすすめNo.1講座はこちら!/

ユーキャンの講座の詳細はこちらをチェック!

2位:ハウジングエージェンシー

ハウジングエージェンシー

ハウジングエージェンシーの特徴

  • 資格学校HIPSのノウハウを詰め込んだ講座!
  • 合格に必要な知識を凝縮したテキスト!
  • 手厚いサポート体制で安心して学習可能!
  • 2次試験は専任講師による添削付き!

ハウジングエージェンシーのインテリアコーディネーター講座最大の魅力は、何といっても資格専門学校HIPSのノウハウがこれでもかと詰め込まれていることです。

HIPSはインテリア・住関連資格に強い専門学校として知られており、インテリアコーディネーター試験の合格実績全国No.1を達成しています。

よって、講座の圧倒的な信頼性が大きな魅力であるといえるでしょう。

教材は合格ノウハウに基づいたオリジナルテキストとなっており、重要ポイントをしっかり学べるように構成されています。

また、初心者にうれしい質問体制も万全であり、テキストでわからないことは何度も質問可能です。

他にも添削機能や講座延長機能なども付いており、サポート体制も万全であるといえます。

ハウジングエージェンシーの評価項目

ハウジングエージェンシーの「インテリアコーディネーター資格試験合格対策通信講座」の講座価格は58,300円(税込)となっています。

この価格はユーキャン同様、相場の5万円前後の値段と比較するとやや高めの値段設定であるといえるでしょう。

試験ごとの対策コースも存在し、1次試験コースの価格は44,000円(税込)、2次試験コースの価格は49,500円(税込)から受講できます。

また、「インテリアコーディネーター資格試験合格対策通信講座」は教育訓練給付制度の対象となっており、受講料の20%がハローワークから支給してもらうチャンスなので、こちらも忘れずにチェックしておきましょう。

ハウジングエージェンシーは他の講座と比較して、特に2次試験対策の教材が充実しています。

図面の作成ポイントやその手順を詳しく解説したDVDや、論文の実際の採点例を基に、本番で押さえておきたいポイントをわかりやすく解説した論文テキストなど質の高い教材となっています。

これにより、2次試験対策に不安を抱えている方でも基礎固めから演習までばっちり対策でき、合格に大きく近づけるでしょう。

ハウジングエージェンシーの学習サポートは質問対応はもちろん、添削や学習スケジュールの相談まで幅広く対応しています。

特に専門スタッフによる学習相談は他と比較して優れているポイントであり、様々な悩みに丁寧に回答してくれます。

初めての勉強に不安を抱えている方でも安心して学習を進められるでしょう。

また、学習状況の確認も取ってくれるので、受講を忘れることなく計画的に進められるでしょう。

ハウジングエージェンシーの講座は上で紹介した教材や学習サポート体制を基に初心者が学習しやすい工夫が随所に凝らされています。

例えば1次試験対策テキストでは、本文中の気になるキーワードをその場で丁寧に解説してくれるため、内容を素早く理解できます。

また、読んで楽しめる豆知識も充実していることから、学習内容に飽きることなく楽しく学べるでしょう。

他にもスクーリング制度による試験直前の得点アップなど、初心者が不安になりがちな本番直前の総仕上げもばっちりです。

ハウジングエージェンシーはインテリア・住宅関連の資格に大きな強みを持つ会社です。

具体的には資格専門校HIPSを運営したり、問題集・参考書を30年以上出版していたりと大きな実績を残し続けています。

特にHIPSはインテリアコーディネーター資格試験の合格実績No.1という圧倒的な実績を残していることからも、この会社の信頼性の高さが伺えます。

ハウジングエージェンシーの講座を実際に使った人の口コミ(一部抜粋)

事務局からのアドバイスが役に立った

私は、過去問に早い段階から取り組み始めていましたが、具体的なやり方をあまり理解していませんでした。そんな時事務局からのアドバイスにより、過去問は最低3回は解く必要があるとわかりました。

たくさん解いたことにより知識も整理され、実力が大幅に上がりました。

基礎からとことん学べた

私は2次試験の製図が未経験だったため、ハウジングエージェンシーさんの講座を受けました。

ここで基礎をとことん学べ、演習量も十分確保できたことが合格の1番の秘訣だったと思います。

3位:フォーサイト

フォーサイト

フォーサイトの講座の特徴

  • お得な価格で講座を受けられる!
  • 合格ライン突破に特化した教材!
  • 次世代のeラーニングシステム「ManaBun」搭載!
  • 最近始まった新進気鋭の講座!

フォーサイトの公式サイトはこちら

フォーサイトのインテリアコーディネーター講座の大きな特徴は合格ライン突破に注力した質の高い教材です。

これにより、本当に必要な部分にしっかり時間を割いて効率の良い学習を行うことができます。

また、eラーニングシステムも充実しており、多様な学習形態をとれることも大きな魅力です。

フォーサイトの次世代eラーニングシステム「ManaBun」では講義動画やデジタルテキストはもちろん、学習スケジュール作成など勉強に必要な機能を多数搭載しています。

このように魅力の多いフォーサイトの講座ですが、講座が最近開講されたばかりという点は少し気になるポイントです。

まだ合格実績はでていないので、その点はやや懸念点として挙げられます。

フォーサイトの評価項目

フォーサイトの講座で最もベーシックである「バリューセット 2020年度試験対策(一次・二次試験対策講座)」の価格は42,130円(税込)からとなっており、これは相場価格と比較しても1万円ほど安い値段です。

また、試験ごとの単価講座も用意されており一次試験対策の講座の受講料は37,180円、二次試験対策の講座は29,480円となっています。

よって、フォーサイトの講座を受ける際には、バリューセットでお得に対策することがおすすめといえます。

フォーサイトは合格点主義のもと、教材内容から出題頻度の低いものをできる限り省くことで、本当に必要な知識を効率よく吸収できる教材構成を取っています。

これによりやみくもに知識を覚える手間が省け、必要最小限の時間で合格に向けた実力を身につけることができます。

また、この知識吸収を手助けするためにテキストはすべてフルカラーです。これにより、大事なポイントが一目瞭然となり、知識が頭に残りやすくなるのです。

フォーサイトはeラーニングシステム「ManaBun」には勉強に役立つ数多くの機能が搭載されており、スマホ1台で手軽に学習を行えます。

この機能の中でも、他社と比較して特に優れているのが学習スケジュール機能です。これは自分の生活スタイルをフォーム上に入力するだけで、アプリが自動で最適な学習スケジュールを作成してくれます。

さらには、学習の進捗管理もしっかり行えるので、自分の学習の足跡をわかりやすく理解できます。

スケジュール作成や管理を苦手としている人も多いので、非常にありがたい機能であるといえるでしょう。

フォーサイトのカリキュラムは、初心者が初めから無理なく学習を進められるように「レベルアップカリキュラム」を採用しています。

これは基礎の重点を置いた講義で知識の土台をきちんと固めた上で、知識の活用やより難しい範囲の学習に進んでいくというカリキュラムです。

優しいところから始めるので、初めからつまずくことが少なく合格への道筋を着実に歩めるでしょう。

フォーサイトのインテリアコーディネーター講座は最近始まった新しい講座なので、会社の信頼性に不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、フォーサイトはそのほかの難関資格で軒並み高い合格率をたたき出しており、資格試験全体における実績は圧倒的です。

このように、フォーサイトは資格試験の合格ノウハウをよく知っている通信講座会社であると評価できるので、インテリアコーディネーターでも高い実績をたたき出すことが期待されます。

フォーサイトの公式サイトはこちら

そのほかの通信講座も併せて紹介

リンゴと本

産業能率大学総合研究所

産業能率大学総合研究所のインテリアコーディネーター講座の受講料は1次試験と2次試験の対策が同時に行える総合コースで47,300円(税込)であり、標準的な価格設定であるといえます。

教材は資格の認定機関であるインテリア産業協会の教材を使って学習するため、信頼性ある教材でスタンダードな対策を行うことができるでしょう。

また、添削指導は7回ついているので、講師からのフィードバックも受けながら弱点を発見し、改善に役立てることもできます。

日建学院

日建学院は建築関係や不動産系の資格に特に強い予備校です。

インテリアスクールのHIPSの専門講師陣による丁寧な解説と相乗効果を最大限に引き出す日建学院オリジナルの学習サイクルにより、受講生の合格を強力にサポートする体制を築いています。

しかし、1次試験対策のWebコースの価格は275,000円と相場の5倍以上の価格となっており、高額な受講費用が大きなデメリットといえます。

この値段は通学講座でも同様なので、都合が悪くてスクールに通えない人以外は予備校への通学を選択したほうが無難であるといえます。

ハウジングインテリアカレッジ

ハウジングインテリアカレッジの講座費用は58,000円(税込)となっており、相場よりもやや高めの価格設定です。

講座の特徴として、ハウジングインテリアカレッジが長年の指導の中で蓄積したノウハウが指導教材に余すところなく含まれている部分にあります。

試験対策に特化した教材に仕上がっているといえ、さらに熟練の講師がポイントをわかりやすく指導してくれるので、実力を効果的に伸ばせる仕組みが整っています。

またメールサポートは24時間受付など、サポート体制も万全であり受講生の学習を強力に後押しします。

HIPS

HIPSは先ほど紹介したハウジングエージェンシーが運営している資格学校であり、インテリアや住宅系の資格対策に特に大きな強みを持っています。

HIPSはライブ授業がメインですが、HIPSが長年積み上げてきたノウハウを自宅でも簡単に受講できるようにeラーニングシステムが存在します。

しかし価格は1次・2次の試験対策の講座がともに154,000円(税込)と相場よりもかなり高い値段設定となっています。

よって、受講時には価格に見合う成果がきちんと得られる講座内容であるかよく考える必要があるでしょう。

通信講座選びで押さえておきたいポイント

笑顔の人々

自分に合った通信講座を選ぶには、事前に見るべきポイントを押さえておく必要があります。

ここではそれらのポイントを5つに分けて詳しく解説していきます。

講座費用の安さ

インテリアコーディネーターの通信講座の相場費用はおよそ5万程度です。通学講座では10~20万ほどの受講料がかかることも珍しくないので、お得に対策できるといえます。

選ぶ際は安さそのものに注目するのはもちろん、費用と比較して講座内容が充実しているかどうかのコスパ面もみる必要があるでしょう。

講座の本当の目的は合格できる水準の実力をつけることなので、この点に確認はとても大切になります。

教材のクオリティ

教材のクオリティを判断する際、特にイラストや図表が充実しているか・内容がスリムにまとまっているかの2点に着目することが大事になります。

特にインテリアコーディネーター試験は覚える内容が豊富なので、文字だけでなくイラストなども用いて内容をイメージすることで学習内容のマスターが早まります。

また合格に必要な知識を重点的に学べる構成になっていることで、その時々でやるべきことがはっきりし、無駄のない効率的な学習を実現できます。

学習サポートは万全か

通信講座は基本的に1人で進めるため、学習を進めていく上で壁にぶつかることも多々あるでしょう。

そんな時に講座の学習サポートが豊富についていることで、壁を一つ一つ乗り越えながら着実に前に進むことができます。

特に質問機能の充実度は注目したいポイントです。試験勉強中に1番つまずくのは学習内容の理解が追い付かない場面なので、質問制度が充実している講座を選ぶことでその都度疑問を解消できます。

初心者が学習を進めやすいか

インテリアコーディネーターは難易度の高い試験であるため、初心者が学習しやすい講座であるかどうかは、講座の実力を判定するうえで大きな指標になります。

これを判断する際には、教材の質やサポート制度など考慮すべきポイントが多くあるので、自分が特にどこでつまずきやすいかを考えて、その部分に大きな強みを持つ講座を選ぶことが学習をスムーズに運ぶ大きな秘訣です。

例えばテキストをうまく進められないと考える人は、わかりやすい解説や内容がまとまったテキストに強みを持つ講座を選ぶとよいでしょう。

このように、自分の弱点をきちんと補ってくれる講座を選ぶよう心がけましょう。

会社の信頼性

会社の信頼性は、講座のクオリティを客観的に図る大きな指標の一つです。

他の資格の実績が優れているか・その資格の分野に特に力を入れているかの2点に特に着目すると会社の信頼性を正確に判断できるでしょう。

会社のホームページをみることで比較的簡単に知れる部分なので、受講前には是非とも見ておくようにしましょう。

独学と通信講座どちらでの学習がおすすめ?

旅行に行く子供

インテリアコーディネーター試験は合格率が20%前後で推移しており、合格率は資格全体の中でも低い部類に位置付けられます。

よって、独学での対策は不可能ではありませんが、そこには困難も多く待ち受けているでしょう。

膨大な範囲を根気よく覚えたり、製図試験のアドバイスをもらう機会が少ないまま練習を重ねなければいけなかったりと苦労は多いはずです。

このように独学では非常に厳しい戦いになるので、途中でつまずいてしまうことが予想される人には通信講座の受講をおすすめします。

通信講座は上で説明してきたように、多くが学習者のスムーズな勉強を第一に考えて、テキスト構成やサポート体制にこだわりを入れた講座となっているので、学習における強力なサポートを受けられることは間違いないです。

また、学習面の充実度はもちろんメンタル面でもプロからのサポートを受けているという安心感により、合格までの長い期間を頑張りきることができるのも大きな魅力の一つです。

これらのことから、通信講座は多くの人にとっておすすめできる勉強方法といえるのです。

おすすめのインテリアコーディネーター講座まとめ

インテリアコーディネーターの通信講座まとめ

今回はインテリアコーディネーターの通信講座について、それぞれの講座の特徴をお伝えしました!

あなたにぴったりの通信講座を見つけて、ぜひインテリアコーディネーターの資格を手に入れてください!

人気記事
この記事に関連するタグ