アガルートの土地家屋調査士講座の評判・口コミは?講座の強み・弱みも合わせて解説!

更新日時 2020/07/05

アガルートの土地家屋調査士講座って他の講座と何が違うの?

アガルートの土地家屋調査士の長所と短所をしっかり知りたい!

このように思われている方も多いかと思います。

土地家屋調査士試験は難易度が高いため、通信講座の利用がおすすめです。しかし通信講座は複数あるため、それぞれの講座の特徴が正直よくわからないという方も多いです。

そこで今回は、アガルートの土地家屋調査士講座の特徴を詳しく解説するとともに、強みを他社との比較や実際の評判も含めて紹介していきます。

これを読めば、アガルートの土地家屋調査士についてはバッチリです!

アガルートの土地家屋調査士講座についてざっくり説明すると

  • 合格した場合は驚異の全額返金!
  • テキスト・講義動画のわかりやすさが大きな売り!
  • 講師への質問や相談がしやすい!
  • 合格率は全国平均の3倍以上と実績もある講座!

アガルートの公式サイトはこちら

アガルート土地家屋調査士講座の特徴

グラフを指さす女性 アガルートの土地家屋調査士の特徴をあげると以下のようになります。

  • 講座費用は相場と同じ~安い
  • 割引制度や合格特典が充実
  • テキストはフルカラーで効率よく学べる
  • プロ講師による講義動画
  • Facebookで何回でも無料質問できる
  • 合格率は全国平均の約3.5倍
  • 自分のレベルに合わせてカリキュラムを選べる
  • 9種類の単科講座から追加可能

アガルートの土地家屋調査士は、こだわりぬかれたテキストと手厚いサポートで高い評価を受けています。

受講生の合格率は34.1%と全国平均の9.68%に比べて非常に高く、通信講座の質の高さを証明しているといえるでしょう。

その一方で、紙のテキストしかない、会社設立から10年足らずで歴史が浅いといった弱点もあります。

以下ではアガルートのこれらの特徴について、他社の講座と比較しながら説明していきます。

アガルート土地家屋調査士講座の費用を他社と比較

ドル札

通信講座を受講する上で最大のネックになるのが価格かと思われます。ここでは、講座の種類ごとに費用を見ていきます。

主要な講座の価格

初学者向けの講座は3種類あり、価格は以下のようになっています。

入門総合講義 入門総合カリキュラム ダブル合格カリキュラム
入門総合講義
過去問解析講座・定規の使い方講座など
測量士補試験講義など
価格(税込) 184,800円 272,800円 305,800円

※ダブル合格カリキュラムは測量士補の講座もセット

中上級者向けの講座も3種類あり、価格は以下の通りです。

演習総合講義 演習総合カリキュラム 演習総合カリキュラム+過去問解析講座パック付
演習総合講義 〇(過去問なし)
実践答練など4つの単科講座
過去問解析講座
価格(税抜) 162,800円 217,800円 272,800円

土地家屋調査士講座の相場は20~30万円なので、相場より安くなっています。アガルートアカデミーでは、教室設置による賃料や人件費等を大幅に削減することで、業界最安クラスの受講料を実現しています。

その一方でテキストをフルカラーにするなど、通信講座の質に関わるコストは惜しみません。徹底した企業努力により実現した低価格だといえます。

お得な割引制度もある

2020年9月30日まで、2020年の合格を目標とする講座が30%引きとなっています。費用が高額な通信講座において30%引きはかなり大きく、例えば入門総合カリキュラムでは7万円ほど安くなっています。

また、再受講・再受験する方向けの割引制度など、講座を受講しやすい制度が数多く整っています。

詳しくは以下のようになっています。

  • 入門総合講義・入門総合カリキュラムを再受講する方は20%引き
  • 測量士補講座を受講して測量士補に合格した方は、入門総合講義・入門総合カリキュラムが5%引き
  • 土地家屋調査士を受験したことがある方は、入門総合講義・入門総合カリキュラムが10%引き
  • 宅地建物取引士・行政書士・司法書士に既に合格した方は、入門総合講義・入門総合カリキュラム・ダブル合格カリキュラムが10%引き

講座費用を安く抑えたい方は、これらの割引制度をぜひ利用しましょう。

合格すればさらに特典がある

総合講義や総合カリキュラムを受講して土地家屋調査士試験に合格した方は、支払い金額の全額返金と20,000円の合格お祝い金という特典を受けることができます。

ダブル合格カリキュラムを受講して試験に合格した方は、支払い金額の全額返金に加えて合格お祝い金が30,000円となります。

全額返金保証は、他の講座にはないアガルートオリジナルの制度です。役に立つ資格を取得できる上に全額返金してくれるのは非常に魅力的ですよね。

高額な通信講座を受講しようか悩んでいる方にも、アガルートの講座はおすすめです。

合格体験記の提出や合格者インタビューの出演といった条件がありますが、これらの特典は、受講する上での安心材料や合格へのモチベーションにもなるでしょう。

アガルート土地家屋調査士講座の教材の魅力

本とリンゴ

アガルートのテキストは、土地家屋調査士試験について熟知した講師が、合格に必要な事項を盛り込んだオリジナルテキストとなっています。

ここでは、アガルートの教材の特徴を具体的に見ていきましょう。

わかりやすいフルカラーテキスト

土地家屋調査士試験の出題範囲は民法や不動産登記法、土地の計算など初めはとっつきにくい内容が多いですが、アガルートのテキストは初学者でも理解しやすいよう設計されています。

まずテキストはフルカラーになっています。アメリカの心理学の研究によると、カラーの画像はモノクロの画像より長く印象に残るそうです。よって、アガルートのテキストは知識を脳に定着しやすくなっているのです。

また重要箇所をアイコンで目立たせることで、読みやすくなっています。文章だけではわかりづらい内容も、図表を使ってすっきりと整理されており、一目見て理解できるようになっています。

さらに、問題を解く際のポイントを一緒に載せることで、テキスト1冊に必要な情報が全て盛り込まれるようになっています。学んだ内容を問題を解く上でどう活かすか意識しやすいでしょう。

知識を効率的にアウトプット

アガルートのテキストには、問題の横にチェック欄を設けることで、効率よくリピート学習ができるように配慮されています。また、問題の裏に解答を配置されているため、問題を解く際に解答が見てしまうことはありません。

解説は必要十分な事項に絞られており、正答へたどり着くプロセスや参照すべき条文などがわかりやすくなっています。

またテキストと同じ文言が使用されているため、テキストの内容を思い出して知識を整理しやすくなっています。土地家屋調査士試験では紛らわしい不動産用語が多く出題されるため、知識の整理はとても重要です。

わかりやすい講義動画

講義を担当する中山祐介氏は、2012年に土地家屋調査士試験に全国1位で合格し、その後も試験の研究を行っている方です。講義は経験や研究に基づいており、間違えやすいポイントや頻出箇所まで解説してくれます。

また1講義30分程度なので、1つの講義を最後まで集中して視聴することが可能です。集中力が切れた、途中で用事が入ったという理由から視聴を途中で止めることが減り、知識を定着させやすくなります。

講義動画はインターネット環境があれば、スマホやタブレット、パソコンでいつでもどこでも視聴が可能です。音声のダウンロードもできるため、通勤中や家事をしている間に聴くなど、隙間時間を有効活用できます。

さらに、動画は最大3倍まで倍速再生できます。2回目以降は倍速で視聴することで、視聴時間を減らし効率よく勉強することが可能です。

徹底的な分析に基づくカリキュラム

アガルートでは、土地家屋調査士試験の講師や、司法試験なども取り扱う教材制作専門スタッフが、過去の試験を分析しています。カリキュラムはこの分析に基づいており、最短ルートで合格できるように工夫されています。

また、法改正にも迅速に対応しているのも魅力です。例えば、土地家屋調査士試験では民法が3問出題されますが、2020年度からは改正民法による出題となります。

アガルートでは改正を受けて、テキストをリニューアルし、講義動画の改正部分を取り直しました。独学では最新情報を入手しにくいことが難点ですが、アガルートは最新情報をしっかりと反映しているため安心です。

アガルートの土地家屋調査士講座のサポートを他社と比較

男性と女性

通信講座の最大の魅力は、プロのによるサポートを受けられることだといえます。ここでは、アガルートの土地家屋調査士講座のサポート体制について詳しく見ていきます。

Facebookで気軽に質問

Facebookのアガルートアカデミーのグループに加入すれば、疑問点を質問するとプロの講師が答えてくれます。この質問サービスは回数制限がないため、何回でも無料で利用できます

また、他の受講生の質問に対する回答も見ることができるため、新しい気づきなどがあるかもしれません。

どんなに教材がわかりやすくても、1人で勉強していれば疑問点が出てくるはずです。疑問点が出てきたらくよくよ悩まず、すぐに解決して勉強を進めるべきです。よって何回でも質問できるのは大きな魅力といえるでしょう。

定期的にカウンセリングを実施

2020年11月より、講師が月に1回、無料カウンセリングを行ってくれます。これは、学習の進捗状況を確認しながら、疑問点や悩みなどに答えてくれるというものです。

1人で勉強していると、様々な悩みが出てくるかと思います。その悩みをプロの講師に相談することでスッキリできるでしょう。時には励ましてくれるので、勉強のモチベーションを保つことができます。

ただしこれは本カリキュラム受講生限定で,入門総合講義だけの申込みの場合、カウンセリングはありません。また、この定期カウンセリングの利用は2021年10月までとなっているので気を付けましょう。

アガルート土地家屋調査士講座の合格率は?

グラフ

通信講座を比較する上で明確な指標になるのが、受講生の合格率です。受講生の合格率を公表しない通信講座も多いですが、アガルートははっきりと公表しています。

令和元年度の土地家屋調査士試験における、アガルートアカデミー基幹講座受験生の合格率は34.1%となっています。これは、全国平均は9.68%と比べると3.52倍の値です。

また令和元年度試験において、初めて受験する方の合格率は32.3%でした。土地家屋調査士試験に一発合格するのは極めて難易度が高いですが、約3人に1人が一発合格するのは、驚異の合格実績だといえます。

この高い合格率は、アガルートの講座の質が高いことを証明しています。

土地家屋調査士試験は合格に5年以上かかる人がいるくらい難易度が高い試験です。そのため、アガルートの通信講座を利用して効率良く確実に合格するのがおすすめです。

アガルート土地家屋調査士講座の惜しい点

子ども

どんなに素晴らしい通信講座でも、短所は存在します。ここでは、アガルートの土地家屋調査士講座の正直惜しい点を紹介していきます。

基本的に紙のテキストのみ

アガルートの通信講座では、基本的に紙のテキストを用いて勉強します。外出先で勉強したい方にとって、複数の紙のテキストをわざわざ持ち歩かなければならないのは、不便になるでしょう。

USBメモリオプションを申し込めば、テキストのPDFデータを閲覧したり視聴期限終了後の講義動画を視聴したりすることができます。ただし、このオプションは8~10万円ほど費用が追加で必要になるので注意が必要です。

2018年開講で実績が少ない

講座を運営するアガルートアカデミーは、2013年に誕生した比較的新しい会社です。土地家屋調査士講座も2018年に開講したばかりなので、歴史が浅く不安に感じる方もいらっしゃるかと思います。

ですが上記でも述べた通り、令和元年度試験のアガルートの合格率は30%以上と非常に高くなっています。開講したばかりでこれだけの実績があれば、今後の成長が期待できる講座といえるでしょう。

アガルートの土地家屋調査士講座のコース一覧

本

アガルートでは、豊富な種類の講座が用意されています。ここでは、アガルート土地家屋調査士講座における、それぞれのコースと選ぶ際のポイントについて説明していきます。

迷ったら総合講義・総合カリキュラム

どの講座を選べばよいかわからない方は、まずは総合講義・総合カリキュラムから選ぶとよいでしょう。

初学者向けのカリキュラム

受験経験がない、または受験経験があるが基準点に届いていない方は

  • 入門総合講義
  • 入門総合カリキュラム
  • 測量士補とのダブル合格カリキュラム

を受講しましょう。

入門総合講義は、筆記試験・午前の部の免除資格を持っている方が対象で、ゼロから合格に必要な知識を身につけることができます。

入門総合カリキュラムでは、入門総合講義に加えて役に立つ単科講座がセットになっており、価格もお得です。

ダブル合格カリキュラムは、1年で測量士補と土地家屋調査士の両方の取得を目指すことが可能です。

土地家屋調査士試験では、測量士補などの資格を保有していれば筆記・午前の部が免除されます。実際にほとんどの受験者が測量士補の資格を受験していて、この免除を受けています。

1から土地家屋調査士試験を目指す方は、価格もお得なダブル合格カリキュラムがおすすめです。

中上級者向けのカリキュラム

受験経験があり、基準点に届いてはいるが合格点に届いていない方は

  • 演習総合講義
  • 演習総合カリキュラム
  • 演習総合カリキュラム+過去問解析講座パック付

がおすすめです。

これらのカリキュラムでは、学習経験がある方が知識を総ざらいし、実力を合格レベルまで上げられるようになっています。また既に学習済みの基本事項を省くことで、効率良く勉強することが可能です。

こちらも、演習総合カリキュラムは演習総合講義に加えて、いくつかの単科講座がセットになっています。また、過去問解析講座をつけるか選ぶこともできます。セットにすれば価格がかなりお得になるのでおすすめです。

9種類の単科講座を選べる

上記の総合講義・総合カリキュラムに加えて、単科講座を追加で受講することができます。単科講座は以下の9種類があります。

  • 【午前の部】過去問7年分完全解説講座
  • 民法3問完全攻略講座【民法改正対応版】
  • 択一式過去問解析講座
  • 記述式過去問解析講座
  • 記述式過去問【実演】講座~8ヶ月スピード合格!の中里講師が実演&解説
  • 新・定規の使い方講座
  • [中山式]複素数計算
  • 書式ひな形対策講座
  • 実践答練

自分の得意不得意や学習の進捗状況によって、講座を追加するとよいでしょう。アガルートの通信講座では、自分で講座をカスタマイズできるのが大きな魅力となっています。

アガルートの土地家屋調査士講座に向いている人

勉強する人

ここでは、アガルートの通信講座の長所と短所を踏まえて、どんな人におすすめでどんな人におすすめできないか考察していきます。

アガルートの土地家屋調査士講座がおすすめできない人

アガルートの土地家屋調査士講座の受講は、以下のような方にはおすすめできません。

  • 主にデジタルテキストで勉強したい人
  • 歴史のある安心な講座で学びたい人

上記でも述べた通り、アガルートの通信講座は基本的にデジタルテキストがありません。

また、2018年開講と新しい講座であるため不安を抱く方もいるでしょう。そういった方は、他の実績ある通信講座も合わせて検討してみるとよいでしょう。

アガルートの講座をおすすめできる人

以下のような方には、アガルートの講座がおすすめです。

  • 通信講座にかける費用を抑えたい人
  • 自分のレベルに合わせて講座を選びたい人
  • わかりやすい教材で学びたい人
  • 手厚い個人サポートを求めている人

アガルートの通信講座費用は15~25万円であり、土地家屋調査士の通信講座としては安くなっています。また講座の種類が豊富なので、通信講座を利用しながら自分のペースで勉強したい人にもおすすめです。

テキストや講義動画もわかりやすくなっているため、初学者や勉強が苦手な方にもおすすめです。何か疑問や悩みがあれば、Facebookや定期カウンセリングを利用して気軽にプロの講師に質問・相談することができます。

アガルートの土地家屋調査士講座の評判・口コミ

評価

通信講座の質は、実際に受講してみなければわからないことが多いです。ですので、実際に受講した人の感想・口コミなどを参考にするとよいでしょう。

ここでは、多く見られた感想ごとに分けて感想を紹介していきます。

テキストで効率よく勉強できた

アガルートの通信講座では、テキストが読みやすく効率良く勉強できたという評価が多いです。

  • テキストはフルカラーで、白黒よりはるかに読みやすかったです。「CAUTION」や「HINT」といった、要点をまとめた項目があるのも良かったです。

  • テキストでは共通事項がその都度記載されているので、いちいち調べ直したりする必要がありませんでした。あとから自分で知識を整理することができたため、理解を深めることができました。

講義動画が面白くてわかりやすかった

口コミの中でも圧倒的に多かったのが、「講義動画が素晴らしかった」という声です。面白さとわかりやすさを兼ね揃えていると、高い評価を受けています。

  • 中山先生の講義は本当に楽しかったです。特に民法は、小芝居を使って具体的な例を教えてくれるので、内容をイメージしやすかったです。また1回分が短いため、聴きたい箇所をピンポイントで聴けて便利でした。

  • 全肢について解説してくれるのは画期的でした。動画での解説があれば誤解が減りますし、具体例や例え話などによって知識をしっかり身につけることができました。

質問制度やカウンセリングが役立った

Facebookでの質問サービスや定期カウンセリングによって、1人でも勉強を進められて合格できたという感想が多くあります。

  • Facebookの質問サービスでは、早ければ数時間以内に中山先生が疑問に答えてくれるので、すぐに解決して勉強を進められました。他校の質問制度は煩雑なこともあり、この差が今回合格できたポイントだと思います。

  • 中山先生のカウンセリングが、合格に大きく役立ちました。良い意味でのプレッシャーになったと共に、褒められるとやる気が上がりました。

アガルートの土地家屋調査士講座まとめ

アガルートの土地家屋調査士講座まとめ

  • 価格が安く割引制度や特典もあるお得な講座!
  • プロの講師によるわかりやすい講義動画が魅力!
  • Facebookで何回でも質問できる!
  • 歴史は浅いが高い合格実績を持つ!

ここまで、アガルートの土地家屋調査士講座について解説してきました。

アガルートの講座は、費用が相場より安い一方、教材が徹底的な分析に基づいてわかりやすく、手厚いサポートを受けられるのが特徴です。

開講は2018年とつい最近ですが、令和元年度の試験では素晴らしい結果を出しています。

あなたもアガルートの通信講座を受講して、土地家屋調査士への一歩を踏み出してみませんか?

アガルートの公式サイトはこちら